会員登録はこちら
中山グランドジャンプ J G1   日程:2018年4月14日() 15:40 中山/障害4250m

レース結果

中山グランドジャンプ J G1

2018年4月14日() 中山/障害4250m/12頭

本賞金:6,600万 2,600万 1,700万 990万 660万


レコード:4分46秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 6

オジュウチョウサン

牡7 63.0 石神深一  和田正一 510(+4) R4.43.0 1.5 1
2 7 9

アップトゥデイト

牡8 63.0 林満明  佐々木晶 534(-2) 4.45.4 大差 2.3 2
3 3 3

ニホンピロバロン

牡8 63.0 白浜雄造  田所秀孝 486(-10) 4.46.8 14.1 3
ラップタイム
前半
後半

■払戻金

単勝 6 150円 1番人気
複勝 6 110円 1番人気
9 110円 2番人気
3 140円 3番人気
枠連 5-7 130円 1番人気
馬連 6-9 130円 1番人気
ワイド 6-9 110円 1番人気
3-6 230円 3番人気
3-9 230円 2番人気
馬単 6-9 200円 1番人気
3連複 3-6-9 290円 1番人気
3連単 6-9-3 570円 1番人気

中山グランドジャンプのニュース&コラム

【中山GJ】オジュウ重賞9連勝!3秒6もレコード更新
 第20回中山グランドジャンプ(14日、中山11R、J・GI、障害4歳上オープン国際、定量、芝・外4250メートル、1着本賞金6600万円 =出走12頭)石神深一騎乗で1番人気のオジュウチョウサンが、ハイペースと他馬に絡まれる厳しい展開をあっさりと克服して大差勝ち。重賞9連勝、J・GI5連勝を達成した。タイム4分43秒0(良)は従来のものを3秒6も塗り替える圧巻のレコード。記録ずくめのVを成し遂げ、絶対王者の強さを誇示した。2秒4差の2着が2番人気のアップトゥデイト。 場内からわき上がる万雷の拍手と歓声。桁外れの快挙を、誰もが祝福した。最強ジャンパー、オジュウチョウサンが一度の飛越ミスもない完璧なレースで圧勝。レコードを3秒6も塗り替え、力の違いを見せつけた。 「道中はアップトゥデイトに離されないように乗りました。途中で絡まれたりして楽な競馬じゃなかったけど、(勝負どころまでの)3800メートルぐらい走ってあの手応え。引っ張り切れずに先頭に立ちました」 天性のセンスに加え、底なしのスタミナで大楽勝。石神騎手も相棒の進化を口にした。他馬が次々とバテる中、1頭だけスイスイと障害をクリアする姿はまさに怪物だ。ゴール後には、疲れ果てたライバルたちも歩み寄って祝福。王者の走りを惜しみなくたたえた。 体調不良で当初予定していた前哨戦を使えず、直行のローテ。その不安も杞憂(きゆう)に終わった。宿敵アップトゥデイトに2秒4の大差。J・GI5連勝に重賞9連勝、障害の最多獲得賞金と記録だらけのVだ。 「完勝でしたね。調教できない時期もありましたが、“この馬なら”と思ってやってきた」と和田郎調教師。海外遠征の可能性は低く、「もう、勝ち続けるしかないですね」と連勝継続を唯一の目標に掲げた。 昨年は年度代表馬にも投票があったハードル界の大横綱。殿堂入りも現実味を帯びてきた。次の照準は中山大障害(12月22日、中山、J・GI、芝4100メートル)3連覇。オジュウチョウサンの時代はまだまだ続く。 (片岡良典)★アラカルト ◆3連覇でJ・GI5勝目 中山GJ3連覇は2005~07年のカラジ(豪州)に次いで2頭目。J・GI5勝も史上初。 ◆獲得賞金 障害レースでの5億3307万3000円は、ゴーカイの5億224万4000円を上回る障害レースでの新記録。 ◆重賞9連勝 平地も含め、テイエムオペラオーがマークした8連勝を上回るJRA新記録。また、障害重賞9勝もコウエイトライの8勝を上回る単独1位。 ◆払戻金 馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単の各式別でJRA・GIの史上最低払戻金額を更新。オジュウチョウサン 父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエス。鹿毛の牡7歳。美浦・和田正一郎厩舎所属。北海道平取町・坂東牧場の生産馬。馬主は(株)チョウサン。戦績22戦12勝(うち障害20戦12勝)。獲得賞金5億3307万3000円(すべて障害)。重賞は2016・17年J・GI中山グランドジャンプ、16年J・GIII東京ジャンプS、16・17年J・GII東京ハイジャンプ、16・17年J・GI中山大障害、17年J・GII阪神スプリングジャンプに次いで9勝目。中山GJは和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに16・17年オジュウチョウサンに次いで3勝目。馬名は「家族名より+冠名」。
2018年4月15日() 04:07

 521

【中山GJ】アップ2着…相手の強さに脱帽
 第20回中山グランドジャンプ(14日、中山11R、J・GI、障害4歳上オープン国際、定量、芝・外4250メートル、1着本賞金6600万円 =出走12頭)またしてもオジュウチョウサンの牙城を崩せなかった。2番人気アップトゥデイトはオジュウの動きを見ながらハナを奪ったが、道中でマイネルクロップに絡まれる厳しい展開となり、2着を確保するのがやっとだった。 「いいペースで行ったし、手応えがなくなっても頑張ってくれたが、完敗でした」と林騎手。佐々木調教師は「(アップの)レコードを3秒6も短縮したんでしょ? 馬が良くなっていたし、負かすなら今回しかないと思ってやってきたが、馬なりでかわされてしまったよ」と相手の強さに脱帽していた。
2018年4月15日() 04:06

 407

【中山GJ】レースを終えて…関係者談話 
 ◆白浜騎手(ニホンピロバロン3着) 「外回りに出たときに、前の2頭を射程に入れたけど、相手も強かった」 ◆高田騎手(ルペールノエル4着) 「厩舎がいい状態に仕上げてくれて、持てる力を出し切ってくれた」 ◆中村騎手(テイエムオペラドン5着) 「やろうと思っていた競馬はできた」
2018年4月15日() 04:05

 357

【中山GJ】アップトゥデイト2着…林満「勝った馬が強かった…完敗」
 4月14日の中山11Rで行われた第20回中山グランドジャンプ(障害4歳以上オープン、J・GI、芝・外4250メートル、定量、12頭立て、1着賞金=6600万円)は、石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)が3連覇。タイムは4分43秒0(良)。アップトゥデイトが2015年にマークした従来のレコードを3秒6更新するレコードV。 残り6戦での引退を表明している林満明騎手騎乗の2番人気アップトゥデイトは2着に敗れ、昨年の中山大障害で敗れたオジュウチョウサンにリベンジを果たすことはできなかった。 林満明騎手「いいペースで行っていましたからね。手応えがなくなっても頑張ってくれるのがこの馬のいいところですが、勝った馬が強かったです。完敗でした」★【中山グランドJ】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年4月14日() 20:27

 536

中山グランドジャンプのニュースをもっと見る >

【中山GJ】J・GI5連勝へ!オジュウ好反応12秒9
 J・GI5連勝&重賞9連勝を狙う“ハードル界のレジェンド”オジュウチョウサンは、Wコースで5ハロン68秒1、1ハロン12秒9。馬なりながら、目標にしていた馬をゴール後には追い抜き、しっかりと負荷をかけられた。 「反応は良くなってきているし、(しまいを)伸ばした感じも良かった。息遣いは悪くなく、馬体重も前走と変わりなくいけそう。100%の状態に近づきつつあるかと思います」と、和田郎調教師は休み明けでのGI挑戦に自信を示した。13日に中山競馬場へ移動。障害練習を行って大一番に備える。★中山グランドジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月12日(木) 05:06

 692

【中山GJ】追って一言
 ◆アップトゥデイト・佐々木師 「馬は元気いっぱい。競馬の形は決まっているし、ハイペースに持ち込みたい」 ◆クランモンタナ・熊沢騎手 「動きはよかった。前走を使った上積みはあると思う」 ◆サンレイデューク・難波騎手 「1回使って状態は上向き」 ◆シンキングダンサー・武市師 「前走を使って良化」 ◆テイエムオペラドン・浜田師 「状態はいい。距離延長もいい」 ◆ニホンピロバロン・田所秀師 「順調。休み明けの前走は評価できる内容」 ◆マイネルクロップ・畠山師 「障害は平地より集中して走れている」 ◆メイショウアラワシ・安達師 「前走はいい競馬。中間も順調」 ◆ルペールノエル・高田騎手 「いい状態。この馬のリズムで走らせたい」★中山グランドジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月12日(木) 05:05

 685

【中山GJ】オジュウ3連覇へ「今週の調教で100%に」
 中山大障害連覇など、障害重賞8連勝中のオジュウチョウサンが、中山グランドジャンプ3連覇を狙う。昨年同様に阪神スプリングJで復帰予定だったが、体調が整わずに自重。ぶっつけで臨むことになった。和田郎調教師は「乗り出してからは順調にきています。先週の追い切りも、障害を飛ばしたのも問題なかったですね。やることはいつもと同じ。今週の調教で100%に近いところまで持っていければ」と、馬の力を信頼していた。★中山グランドジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月11日(水) 05:01

 786

【中山GJ】オジュウチョウサン、障害重賞V9へ好感触
 2年連続で最優秀障害馬に輝いているオジュウチョウサン(美・和田郎、牡7)が、J・GI5連勝&障害重賞9連勝のかかる中山グランドジャンプ(14日、中山、芝4250メートル)に向けて1週前追い切りを行った。 主戦の石神騎手がまたがってWコースでの併せ馬。濃い霧のために計時できなかったが、「5ハロン68秒くらい。前に馬を置いて直線で並んでかわし、ゴール後もしっかり動かしました。乗り込むごとに走りに力が入って良くなっています」と、和田郎調教師は好感触を伝えた。★オジュウチョウサンの競走成績はこちら
2018年4月5日(木) 05:00

 1,423

中山グランドジャンプの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月14日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv126 
110円 11,000円
Lv117 
290円 4,350円
Lv115 
110円 1,100円
Lv115 
110円 1,100円
Lv110 
110円 11,000円

的中情報をもっと見る >

中山グランドジャンプ過去10年の結果

2017年4月15日() 中山競馬場/障4250m 天候: 馬場:
2016年4月16日() 中山競馬場/障4250m 天候: 馬場:
1着 オジュウチョウサン 石神深一 4:49.4 6.5倍 111.0
2着 サナシオン 西谷誠 3 1/2 1.3倍 110.1
3着 メイショウアラワシ 森一馬 48.9倍 107.9
2015年4月18日() 中山競馬場/障4250m 天候: 馬場:
1着 アップトゥデイト 林満明 4:46.6 12.0倍 112.1
2着 ソンブレロ 高田潤 大差 15.7倍 109.7
3着 サンレイデューク 難波剛健 2 1/2 7.9倍 109.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山グランドジャンプの歴史と概要

中山グランドジャンプは、1934年に障害の重賞競走として創設され年2回施行されていた中山大障害の春の競走を前身とし、1999年に障害競走にグレード制が導入されたと同時に競走名が中山グランドジャンプに変更され、J・GIに格付けされた。年10戦有る障害重賞競走の中で2戦目に当たる。

中山グランドジャンプの前身・中山大障害は、中山競馬倶楽部理事長・肥田金一郎が東京競馬倶楽部(現在の東京競馬場)の東京優駿大競走(日本ダービー)に対抗して発案した。

2000年より国際招待競走となり同時に競馬番組で唯一障害競走が第11競走で編成、当日のメインレースとして施行される。

日本の障害競走の春のチャンピオン決定戦であり、JRAの年間競走の中で最も長い距離で施行される。また優勝タイムも5分近くかかるため、日本国内の競馬では優勝タイムが遅い競走のひとつである。

グレード制施行後の優勝馬には、メジロファラオゴーカイビッグテーストカラジスプリングゲントマイネルネオスマジェスティバイオなどが名を連ねる。


中山グランドジャンプの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

中山グランドジャンプの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月19日(
札幌記念 G2
TV西日本北九州記念 G3

競馬番組表

2018年8月18日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2018年8月19日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る