テイエムサウスダン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
テイエムサウスダン
テイエムサウスダン
テイエムサウスダン
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2017年1月21日生
調教師飯田雄三(栗東)
馬主竹園 正繼
生産者グランド牧場
生産地新ひだか町
戦績16戦[7-1-1-7]
総賞金6,352万円
収得賞金7,000万円
英字表記T M South Dan
血統 サウスヴィグラス
血統 ][ 産駒 ]
End Sweep
Darkest Star
ムービングアウト
血統 ][ 産駒 ]
Langfuhr
ルネッサンスファウンド
兄弟 オマツリマンボヴィグラスムーヴ
前走 2021/11/13 東京中日S杯武蔵野S G3
次走予定

テイエムサウスダンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/11/13 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 162417.999** 牡4 57.0 岩田康誠飯田雄三 544
(+8)
1.35.9 0.937.2⑤⑤ソリストサンダー
21/09/23 浦和 11 オーバルスプ G3 ダ1400 12--------1** 牡4 55.0 岩田康誠飯田雄三 536
(--)
1.24.6 -0.4----ティーズダンク
21/05/03 名古 11 かきつばた記 G3 ダ1400 12--------2** 牡4 57.5 福永祐一飯田雄三 539
(--)
1.25.8 0.6----ラプタス
21/03/16 高知 3 黒船賞 G3 ダ1400 12--------1** 牡4 56.0 岩田康誠飯田雄三 543
(--)
1.27.6 -1.6----スリーグランド
21/01/31 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1661210.2413** 牡4 55.0 石橋脩飯田雄三 546
(+2)
1.23.4 1.136.8④④レッドルゼル
21/01/11 中京 11 すばるS (L) ダ1400 16477.951** 牡4 56.0 浜中俊飯田雄三 544
(-2)
1.23.4 -0.336.5④④アヴァンティスト
20/11/22 東京 11 霜月S OP ダ1400 162344.1133** 牡3 55.0 丸山元気飯田雄三 546
(+26)
1.23.2 0.436.7ヘリオス
20/06/13 阪神 11 天保山S OP ダ1400 168157.8414** 牡3 53.0 M.デムー飯田雄三 520
(+2)
1.24.7 2.438.5⑤⑦サヴィ
20/05/03 京都 10 端午S OP ダ1400 16124.417** 牡3 58.0 M.デムー飯田雄三 518
(-6)
1.24.9 0.438.3サトノラファール
20/03/08 中京 10 昇竜S OP ダ1400 10773.611** 牡3 57.0 M.デムー飯田雄三 524
(+8)
1.23.8 -0.137.2アウトウッズ
19/12/18 川崎 11 全日本2歳優 G1 ダ1600 13--------5** 牡2 55.0 M.デムー飯田雄三 516
(--)
1.42.5 0.6----ヴァケーション
19/11/27 園田 10 兵庫JGP G2 ダ1400 12--------1** 牡2 55.0 M.デムー飯田雄三 514
(--)
1.28.0 -0.2----メイショウテンスイ
19/10/20 京都 8 なでしこ賞 1勝クラス ダ1400 10666.641** 牡2 55.0 M.デムー飯田雄三 514
(0)
1.23.6 -0.236.7アルコレーヌ
19/09/14 阪神 2 2歳未勝利 ダ1200 87711.051** 牡2 54.0 鮫島良太飯田雄三 514
(+2)
1.11.8 -1.336.4サウンドサンビーム
19/07/21 中京 2 2歳未勝利 ダ1200 137106.937** 牡2 54.0 和田竜二飯田雄三 512
(-4)
1.14.3 1.538.8デンコウリジエール
19/06/15 阪神 5 2歳新馬 ダ1200 1281212.154** 牡2 54.0 和田竜二飯田雄三 516
(--)
1.14.3 1.337.7ジェネティクス

テイエムサウスダンの関連ニュース

 11月25日の園田7Rで行われた第23回兵庫ジュニアグランプリ(2歳、交流GII、ダート・右1400メートル、12頭立て、1着賞金=3000万円)は、ミルコ・デムーロ騎手の2番人気セキフウ(牡、栗東・武幸四郎厩舎)が好位追走から直線馬群を割って抜け出すと、コンバスチョンとの競り合いを制し先頭でゴール。これで未勝利→なでしこ賞に続く3連勝を飾った。タイムは1分29秒7(稍重)。

 クビ差の2着にはデビューから無傷の2連勝中だったコンバスチョン(1番人気)、さらに3馬身差の3着に大井所属のプライルード(5番人気)が入った。

 兵庫ジュニアGPを勝ったセキフウは、父ヘニーヒューズ、母シヤボナ、母の父Kingmamboという血統。北海道浦河町・バンブー牧場の生産馬で、馬主は中辻明氏。通算成績は5戦3勝(うち地方1戦1勝)。重賞は初制覇。兵庫ジュニアGPは武幸四郎調教師は初勝利、M・デムーロ騎手は19年テイエムサウスダンに次いで2勝目。

★【兵庫ジュニアGP】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【古馬次走報】ビアンフェはシルクロードSへ 2021年11月17日(水) 04:53

 ★エリザベス女王杯7着のアカイトリノムスメ(美・国枝、牝3)は近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る。年内は休養の見込み。

 ★武蔵野S2着エアスピネル(栗・笹田、牡8)はチャンピオンズC(12月5日、中京、GI、ダ1800メートル)へ向かう。同6着タガノビューティー(栗・西園、牡4)は引き続き石橋騎手で同レースに参戦。同9着テイエムサウスダン(栗・飯田雄、牡4)は兵庫ゴールドT(12月22日、園田、交流GIII、ダ1400メートル)へ。

 ★スプリンターズS7着で13日に発走調教再審査に合格したビアンフェ(栗・中竹、セン4)は、シルクロードS(1月30日、中京、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★福島記念9着バイオスパーク(栗・浜田、牡6)は中日新聞杯(12月11日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。アルゼンチン共和国杯10着アイスバブル(栗・池江、牡6)は同レースとチャレンジC(12月4日、阪神、GIII、芝2000メートル)の両にらみ。

 ★産経賞セントウルS12着ボンボヤージ(栗・梅田、牝4)は京阪杯(28日、阪神、GIII、芝1200メートル)へ。

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】武蔵野S2021 チャンピオンズカップの前哨戦!射止めるのは誰!? 2021年11月13日() 05:30


※当欄では武蔵野Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【原奈津子】
◎①タガノビューティー
○④テイエムサウスダン
▲③ワンダーリーデル

【天童なこ】
◎⑯ソリストサンダー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎③ワンダーリーデル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】武蔵野S2021 曹操は抜けた勝率を弾き出したあの馬から相手3頭で勝負! 2021年11月12日(金) 17:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今週の担当レースは東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス G3です。多士済々のメンバー構成で、軸馬決めはもちろん、相手の絞り込みもかなり難解な印象を受けますが、こんなレースこそ、競走馬の能力を100%重視して馬券対象を導き出す曹操ROBOTIPの出番です!

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

先週担当した京王杯2歳ステークスはデータが少ない2歳戦のため、例外的に血統指数を50%加えましたが、今回は3歳以上のレースなので通常の設定に戻して勝率予測の算出を行います。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した武蔵野S全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑭エアスピネル    28.76%
2 ⑮ダイワキャグニー  13.40%
3 ③ワンダーリーデル  12.12%
4 ⑩ブルベアイリーデ  8.65%

5 ⑬サトノアーサー   5.53%
6 ⑥スリーグランド   5.53%
7 ①タガノビューティー 4.52%
8 ⑫ワイドファラオ   3.72%
9 ⑯ソリストサンダー  3.53%
10 ⑦レピアーウィット  3.42%
11 ⑤ヒロシゲゴールド  2.61%
12 ⑪オメガレインボー  2.30%
13 ④テイエムサウスダン 2.12%
14 ②リアンヴェリテ   1.49%
15 ⑨スマッシャー    1.22%
16 ⑧バスラットレオン  1.08%


エアスピネルの勝率が際立っていますね!2位のダイワキャグニーにダブルスコア以上の差をつけてのトップ評価となりました。
平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位4頭がその対象になり、その4頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りとなります。

 ⑭ >> ⑮③ > ⑩

馬券は勝率断然の⑭エアスピネルを堅軸と信頼して、まずは⑭の単勝、そして馬連で⑮ダイワキャグニー、③ワンダーリーデル、⑩ブルベアイリーデへ流した計10,000円(4点)で勝負します。

単勝

4,000円

馬連(流し)
⑭-⑮③⑩
3点×2,000円=6,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】武蔵野S2021 タガノビューティーをトップに、2番手ソリストサンダーらが続く 2021年11月12日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2011年以降の3着以内馬延べ30頭の年齢をみると、3歳から7歳の範囲で収まっている。ただし、前走で2着以下に敗れていた7歳馬の最高着順は3着止まり。2着連対圏に届きそうで届かない状況が続いている。

(減点対象馬)
リアンヴェリテ ③ワンダーリーデル ⑬サトノアーサー ⑭エアスピネル ⑮ダイワキャグニー

【所属】
2011年以降、栗東所属馬の【8.10.10.88】に対し、美浦所属馬は【2.0.0.40】と苦戦。しかも、後者の2勝はともに前走1着の3歳馬。勢いがないうえに鮮度も欠く関東馬は割引が必要だろう。

(減点対象馬)
レピアーウィット ⑮ダイワキャグニー

【前走着順】
前走の着順については、JRA重賞なら9着以内、地方交流重賞は5着以内、非重賞の場合は4着以内がひとつの基準。2011年以降、これ以外のステップで臨んだ馬はいずれも3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
リアンヴェリテ ③ワンダーリーデル ⑧バスラットレオン ⑨スマッシャー ⑭エアスピネル

【前走人気】
前走の単勝人気に関しては、JRA重賞であれば6番人気以内、それ以外ならば4番人気以内が目安。2011年以降の1~2着全馬がこの条件を満たしていた。

(減点対象馬)
リアンヴェリテ ⑤ヒロシゲゴールド ⑧バスラットレオン ⑪オメガレインボー ⑫ワイドファラオ ⑬サトノアーサー ⑮ダイワキャグニー


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、①タガノビューティー、④テイエムサウスダン、⑥スリーグランド、⑩ブルベアイリーデ、⑯ソリストサンダーの5頭。

トップには①タガノビューティーを推す。2011年以降、前走がOP特別、かつ上がり3ハロン最速で勝っていた馬は【3.1.1.5】と半数が複勝圏内に到達。本馬自身、当該コースで【3.2.1.1】という堅実な成績を収めていることも好感が持てる。

昨年の当レースで2着好走の実績を評価して、⑯ソリストサンダーを2番手に。以下は、④テイエムサウスダン、⑥スリーグランド、⑩ブルベアイリーデの3頭横並びの位置づけとしたい。

<注目馬>
タガノビューティー ⑯ソリストサンダー ④テイエムサウスダン ⑥スリーグランド ⑩ブルベアイリーデ

[もっと見る]

【武蔵野S】厩舎の話 2021年11月12日(金) 04:57

 ◆エアスピネル・笹田師「東京マイルはベストだと思う。何とかタイトルを取りたい」

 ◆オメガレインボー・安田翔師「東京の1600メートルなら集中力はもつと思います」

 ◆サトノアーサー・池江師「砂に適性を感じる。左回りのマイルはいいと思う」

 ◆スマッシャー・吉岡師「ひと回り大きくなってパワーもついた。一番合う条件だと思う」

 ◆スリーグランド・高橋忠師「レースぶりから距離の融通性は出ている。いい結果が出れば」

 ◆ソリストサンダー・高柳大師「前走は前残りの展開。東京マイルはいい。何とかタイトルを」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師「(ハナに)行く馬が他にいるなら好位で競馬すればいいと思う」

 ◆タガノビューティー・西園師「東京コースは相性がいい。鞍上もこの馬を分かっている」

 ◆テイエムサウスダン・飯田雄師「距離が1ハロン延びてどうかも、引っ掛かる馬ではないからね」

 ◆バスラットレオン・武村助手「普段の走りからダートでもやれると思う。通用していい」

 ◆ヒロシゲゴールド・北出師「速い時計、芝スタートなど課題は多い。ここは試金石だと思う」

 ◆ブルベアイリーデ・杉山晴師「東京のマイルは勝ち鞍もあって、条件は合うと思います」

 ◆リアンヴェリテ・中竹師「直前輸送では結果が出ないので(水曜輸送で)滞在競馬にした」

 ◆レピアーウィット・堀師「舞台はいいが、追い切りでの反応や息の悪さなどがどうか」

 ◆ワイドファラオ・辻野師「脚抜きのいい馬場より少し乾いた馬場の方がいい」

 ◆ワンダーリーデル・安田翔師「大事に使われていて馬も若いです」

武蔵野Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

テイエムサウスダンの関連コラム

閲覧 266ビュー コメント 0 ナイス 0

 全日本2歳優駿の前哨戦となる兵庫ジュニアグランプリ。2歳最初のGⅢ・エーデルワイス賞は、過去10年で過去10年で地方馬が7勝2着7回と優勢。次のGⅢ・JBC2歳優駿は地方馬が1着4回、2着は6回とほぼ五分五分(2012年~2021年終了現在)。しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が1着が1回2着1回と中央馬との逆転現象が起こる。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの1勝クラスが行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからだ。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて、大きな上昇を見せるからだろう。

 実際に過去10年の中央の優勝馬を見ても、2011年こそ前走2勝クラスで2着のゴーイングパワーが勝利しているが、同馬はこのレースが初ダートだった馬。それ以外は全て2勝馬が制している。2着馬もほぼ2勝馬で、1勝馬で2着だったのは、2017年のアスターソードと2020年のレディバグのみ。ただし、2017年は中央のダート2勝馬がこのレースの優勝馬ハヤブサマカオーの1頭しか出走していなかった年だった。

 遡れば2008年に1戦1勝馬のアースリヴィングが2着したことがあるが、同馬は新馬戦で9馬身(1.5秒差)の圧勝を収めていた馬。2020年の2着馬はレディバグも1戦1勝馬で、新馬戦で5馬身差(0.8秒差)の圧勝を収めており、1勝馬でも初ダートや新馬戦を圧勝した馬ならば連対する場合もあるが、基本的には2勝馬が有力ということ。

 ゴーイングパワーのように今回が初ダートの馬が優勝する場合もあるが、これは走らせてみなければわからない面もあるのも否めない。実際に2016年にアズールムーンが「フットワークがダート向き」などと評価され、1番人気に支持されたが、5着に敗れたこともあることを考えると、本命候補には向かないだろう。

 また、前走ダートの1勝クラスで2着だった馬もこのレースでは不振で、過去10年では3着が精一杯という状況下。このタイプはそれなりに人気になるが、点数を絞りたければ消してしまうのもひとつの手段かもしれない。

 本命候補にはやっぱり、前走1勝クラスの勝ち馬がお薦め。その中でも最有力なのは、オキザリス賞やなでしこ賞など、前走ダ1400mの特別戦を勝利している馬だ。その成績はオキザリス賞が東京ダ1400m戦として2013年度に復活して以降、なでしこ賞が京都ダ1400m戦として2014年度に復活して以降、【4・3・1・0】と複勝率100%だ。

 1着の該当馬は、2015年のサウンドスカイ、2017年のハヤブサマカオー、2018年のデルマルーヴル、2019年のテイエムサウスダン。2着の該当馬は、2016年のハングリーベン、2018年のオルトグラフ、2019年のメイショウテンスイ。3着の該当馬は、2020年のゼンノアンジュだ。

 また、このレースは比較的本命サイドで決着していることが多いが、前走1勝クラスを勝利した馬がこのレースで敗れることによって、高配当が発生している。特に2014年は、キャプテンシップの凡走によって、馬複3万2290円(3連単60万3300円)の大波乱となった。前走500万下の勝ち馬が信頼するに足りないようであれば、いっそ波乱に賭けてみるのも悪くない。

 中央の2勝馬が凡走した場合にはいくらでも荒れようがあるが、そういう場合には地方馬がよく穴を開けているのがポイント。キャプテンシップが凡走した2014年のワン、ツーを決めたのも浦和のジャジャウマナラシ(7番人気)と門別のオヤコダカ(6番人気)だった。

 また、芝のレースで2勝のアズールムーンが凡走した2016年も、勝ったのは門別のロードジュレップ(6番人気)。これらの共通項は、地方のオープン以上のレースで連対実績があることと、前走で3角2番手以内の勝ちに行くレースをしていること。そういう地方馬の一発には注意しよう。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前走、オキザリス賞かなでしこ賞を勝利した馬。
 
 ●穴馬候補
 ・地方のオープン以上のレースで連対実績がある馬。
  (前走で3角2番手以内が条件)

 ●2着以内は消し
 ・前走で中央の未勝利戦に出走か1勝クラスで2着以下だった1勝馬(今回が初ダートの馬を除く)


登録済みの方はこちらからログイン

2021年1月24日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年01月24日号】特選重賞データ分析編(238)~2021年根岸ステークス~
閲覧 1,808ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 根岸ステークス 2021年01月31日(日) 東京ダ1400m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京、かつオープンクラスのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [6-7-7-44](3着内率31.3%)
×なし [1-0-0-44](3着内率2.2%)

 コース適性が最大のポイント。2014年以降の3着以内馬21頭中20頭は、前年に東京競馬場の重賞やオープン特別で善戦していました。他場のレースを主戦場としてきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→テイエムサウスダンブルベアイリーデメイショウテンスイワンダーリーデル
主な「×」該当馬→アルクトスサクセスエナジー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の距離が1600m以上」だった馬は2014年以降[6-2-4-20](3着内率37.5%)
主な該当馬→アルクトスワンダーリーデル

[もっと見る]

2020年12月1日(火) 15:39 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫ジュニアグランプリ2020~
閲覧 1,099ビュー コメント 0 ナイス 2

 全日本2歳優駿の前哨戦となる兵庫ジュニアグランプリ。2歳最初のGⅢ・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が6勝2着8回と優勢。次のGⅢ・北海道2歳優駿は地方馬は1着4回、2着4回と中央馬とほぼ五分五分(2011年~2019年終了現在)。しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が1勝2着3回と中央馬との逆転現象が起こる。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの1勝クラスが行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからだ。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて、大きな上昇を見せるものだからだ。

 実際に過去10年の中央の優勝馬を見ても、2011年こそ前走2勝クラスで2着のゴーイングパワーが勝利しているが、同馬はこのレースが初ダートだった馬。それ以外は全て2勝馬が制している。2着馬もほぼ2勝馬で、1勝馬で2着だったのは、2017年のアスターソードのみ。ただし、2017年は中央のダート2勝馬がこのレースの優勝馬ハヤブサマカオーの1頭しか出走していなかった年だ。

 遡れば2008年に1戦1勝馬のアースリヴィングが2着したことがあるが、同馬は新馬戦で9馬身(1.5秒)差の圧勝を収めていた馬。つまり、1勝馬でも初ダートや新馬戦を圧勝した馬ならば勝つ場合もあるが、基本的には2勝馬が有力ということ。

 しかし、今回が初ダートの馬は、ゴーイングパワーのように優勝する場合もあるが、走らせてみなければわからない面もあるのは否めない。2016年にアズールムーンが「フットワークがダート向き」などと言われ、1番人気に支持されたが、5着に敗れたこともあるだけに、本命候補にはお薦めしない。

 また、前走ダートの1勝クラスで2着だった馬もこのレースでは不振で、過去10年では3着が精一杯という状況下。このタイプはそれなりに人気になるが、点数を絞りたければ消してしまうのもひとつの手段かもしれない。

 本命候補にはやっぱり、前走1勝クラスの勝ち馬がお薦め。その中でも最有力なのは、オキザリス賞やなでしこ賞など、前走ダ1400mの特別戦を勝利している馬だ。その成績はオキザリス賞が東京ダ1400m戦として2013年度に復活して以降、なでしこ賞が京都ダ1400m戦として2014年度に復活して以降、【4・3・0・0】と連対率100%だ。

 1着の該当馬は、2015年のサウンドスカイ、2017年のハヤブサマカオー、2018年のデルマルーヴル、2019年のテイエムサウスダン 。2着の該当馬は、2016年のハングリーベン、2018年のオルトグラフ、2019年のメイショウテンスイだ。

 他では、前走の北海道2歳優駿(現JBC2歳優駿)で3着以内も有力。北海道2歳優駿の上位馬は、全日本2歳優駿に直行することが多いが、ここに出走してくれば十分に信頼が出来る。過去10年の該当馬は、2010年の2着馬カネマサコンコルドのみだが、遡れば2009年のラブミーチャン、2007年の優勝馬ディアヤマトもこのレースを優勝している。また、前記該当馬は全て地方馬で、中央馬で該当する馬はゼロだった。

 また、このレースは比較的本命サイドで決着していることが多いが、前走1勝クラスを勝利した馬がこのレースで敗れることによって、高配当が発生している。特に2014年は、キャプテンシップの凡走によって、馬複3万2290円(3連単60万3300円)の大波乱となった。前走500万下の勝ち馬が信頼するに足りないようであれば、いっそ波乱に賭けてみるのも悪くない。

 中央の2勝馬が凡走した場合にはいくらでも荒れようがあるが、そういう場合には地方馬がよく穴を開けているのがポイント。キャプテンシップが凡走した2014年のワン、ツーを決めたのも浦和のジャジャウマナラシ(7番人気)と門別のオヤコダカ(6番人気)だった。

 また、芝のレースで2勝のアズールムーンが凡走した2016年も、勝ったのは門別のロードジュレップ(6番人気)。これらの共通項は、地方のオープン以上のレースで連対実績があることと、前走で4コーナー先頭の勝ちに行くレースをしていること。そういう地方馬の一発には注意しよう。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前走、オキザリス賞かなでしこ賞を勝利した馬。
 ・前走の北海道2歳優駿(現JBC2歳優駿)で3着以内だった馬。
 
 ●穴馬候補
 ・地方のオープン以上のレースで連対実績がある馬。
  (前走で4コーナー先頭の勝ちに行くレースをしていることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

テイエムサウスダンの口コミ


口コミ一覧

11月13日(土) 武蔵野S

 ちんぺー 2021年11月13日() 11:55

閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 13

レース判定を見ると、荒れる要素が多く、大波乱と想定する。

◎14番 エアスピネル
○01番 タガノビューティー
▲03番 ワンダーリーデル
△10番 ブルベアイリーデ
×04番 テイエムサウスダン
×06番 スリーグランド
×12番 ワイドファラオ

特に03番は、単複差の観点や、断層の観点から、特に期待したい。

 末三 2021年11月13日() 08:18
年末までG1レース連チャンや♪ とりあえず第56回デイリー杯2...
閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 9

今週から年末のホープフルステークスまで中央競馬はGⅠレース

連チャンですね。

 ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪



いつものことながら、ミニバスの試合と練習で、まともに競馬は

できませんが、とりあえず予想と調教評価でも。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 



東京 11R 第26回 武蔵野Sより

【末三調教評価】

A評価 ・・・ オメガレインボー ダイワギャグニー テイエムサウスダン

B評価 ・・・ ヒロシゲゴールド ブルベアイリーデ レピアーウィット

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち


【末三予想】

◎ 11番 オメガレインボー

〇 15番 ダイワギャグニー

▲  5 番 ヒロシゲゴールド

3連複6頭ボックス11-15-5-4-10-7番で


阪神 11R 第56回 デイリー杯2歳Sより

【末三調教評価】

A評価 ・・・ ソネットフレーズ

B評価 ・・・ ドグマ

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち


【末三予想】

◎  1 番 ソネットグレース

〇  3 番 ドグマ

▲  6 番 セリフォス

馬券は3連複4頭ボックス1-3-6-2番で

さぁ、それで張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

[もっと見る]

 うま歴41 2021年11月13日() 00:18
武蔵野S テイエムサウスダン 岩田Jk
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 5

父でもせがれでもOK 一ヶ月くらいねらって見ようと思います。先ずは第一戦は
武蔵野Sのテイエムサウスダン複勝でいいでしょう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

テイエムサウスダンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

テイエムサウスダンの写真

テイエムサウスダン
テイエムサウスダン
テイエムサウスダン

テイエムサウスダンの厩舎情報 VIP

2021年11月13日東京中日S杯武蔵野S G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

テイエムサウスダンの取材メモ VIP

2021年11月13日 東京中日S杯武蔵野S G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。