ティアップワイルド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2006年4月20日生
調教師西浦勝一(栗東)
馬主田中 昇
生産者小林 仁
生産地浦河町
戦績48戦[12-6-5-25]
総賞金21,261万円
収得賞金10,270万円
英字表記T Up Wild
血統 ワイルドラッシュ
血統 ][ 産駒 ]
Wild Again
Rose Park
フォーティエース
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
ピンクシェイド
兄弟 アグネスラナップゴーゴーレイワ
市場価格
前走 2015/03/14 阪神スプリングJ G2
次走予定

ティアップワイルドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/03/14 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 135721.4812** 牡9 60.0 熊沢重文西浦勝一 528
(-12)
4.37.0 14.214.2⑩⑩⑫⑫サンレイデューク
15/01/17 中京 5 障害4歳以上オープン 芝3330 14572.11** 牡9 60.0 西谷誠西浦勝一 540
(+6)
-- ----⑤⑦⑭止レッドグルーヴァー
14/11/24 京都 4 障害3歳以上未勝利 芝2910 14112.511** 牡8 60.0 西谷誠西浦勝一 534
(+11)
3.14.5 -0.413.4タマモプラネット
14/11/03 盛岡 9 JBCスプリ G1 ダ1200 16--------6** 牡8 57.0 国分優作西浦勝一 523
(--)
1.10.0 1.0----ドリームバレンチノ
14/04/02 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 16--------10** 牡8 56.0 石橋脩西浦勝一 531
(--)
1.12.9 2.2----ノーザンリバー
14/03/18 高知 4 黒船賞 G3 ダ1400 12--------7** 牡8 57.0 石橋脩西浦勝一 533
(--)
1.28.9 1.3----セイクリムズン
14/02/02 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16612516.31615** 牡8 57.0 石橋脩西浦勝一B 534
(0)
1.25.0 1.637.0⑧⑨ゴールスキー
13/12/28 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 11--------4** 牡7 59.0 石橋脩西浦勝一 534
(--)
1.27.0 1.5----ドリームバレンチノ
13/12/08 中山 11 カペラS G3 ダ1200 165922.1912** 牡7 57.0 石橋脩西浦勝一 534
(0)
1.11.4 0.736.8ノーザンリバー
13/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16714219.61615** 牡7 57.0 石橋脩西浦勝一 534
(0)
1.37.0 1.738.0ベルシャザール
13/10/19 京都 11 室町S OP ダ1200 163613.4411** 牡7 59.0 池添謙一西浦勝一 534
(-6)
1.10.5 1.035.6⑦⑥スリーボストン
13/10/02 大井 10 東京盃 G2 ダ1200 15--------4** 牡7 56.0 石橋脩西浦勝一 540
(--)
1.11.8 0.8----タイセイレジェンド
13/06/13 門別 11 北海道SC G3 ダ1200 14--------3** 牡7 57.0 石橋脩西浦勝一 536
(--)
1.12.7 0.5----セレスハント
13/05/29 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------5** 牡7 56.0 石橋脩西浦勝一 534
(--)
1.28.4 1.0----テスタマッタ
13/04/29 名古 10 かきつばた記 G3 ダ1400 11--------1** 牡7 55.0 石橋脩西浦勝一 530
(--)
1.26.4 -0.4----ダノンカモン
13/04/10 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 16--------4** 牡7 56.0 石橋脩西浦勝一 533
(--)
1.12.2 0.5----ラブミーチャン
13/03/19 高知 4 黒船賞 G3 ダ1400 12--------3** 牡7 57.0 石橋脩西浦勝一 526
(--)
1.27.8 0.5----セイクリムズン
12/12/26 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 12--------1** 牡6 58.5 石橋脩西浦勝一 536
(--)
1.26.4 -0.6----ダイショウジェット
12/12/09 中山 11 カペラS G3 ダ1200 168154.015** 牡6 56.0 石橋脩西浦勝一 526
(0)
1.11.3 0.536.6シルクフォーチュン
12/10/20 京都 11 室町S OP ダ1200 16368.951** 牡6 58.0 池添謙一西浦勝一 526
(-2)
1.10.8 -0.035.2④④マルカベンチャー

⇒もっと見る


ティアップワイルドの関連ニュース

 2013年のかきつばた記念など交流重賞2勝のティアップワイルド(牡9歳、栗東・西浦勝一厩舎、父ワイルドラッシュ、母フォーティエース)は、3月19日付でJRAの競走馬登録を抹消し、今後は埼玉県三芳町の日本乗馬倶楽部で乗馬となる予定とJRA報道室より発表があった。

 ティアップワイルドは48戦12勝(うち地方13戦2勝)。獲得賞金は2億7949万6000円(付加賞含む)。重賞勝ち鞍は12年交流GIII・兵庫ゴールドトロフィー(園田)、13年交流GIII・かきつばた記念(名古屋)。14日の阪神スプリングジャンプ・JGII12着が現役最後のレースとなった。

ティアップワイルドの成績はこちら

【次走報】ティアップワイルド黒船賞へ2012年12月28日(金) 05:01

 ★…26日の交流GIII兵庫ゴールドTで重賞初勝利を挙げたティアップワイルド(栗・西浦、牡6)は、放牧を挟んで黒船賞(3月19日、高知、交流GIII、ダ1400メートル)に向かう。

 ★…菊花賞3着のユウキソルジャー(栗・服部、牡3)は、ダイヤモンドS(2月16日、東京、GIII、芝3400メートル)で戦列に復帰する。

 ★…愛知杯で重賞初制覇を果たしたエーシンメンフィス(栗・野中、牝4)は、京都牝馬S(1月19日、京都、GIII、芝1600メートル)で重賞連勝に挑戦する。

 ★…阪神Cで7着に敗れたアドマイヤセプター(栗・橋田、牝4)は、ノーザンファームしがらきでの放牧を挟み、高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)を目指す。11着のフラガラッハ(栗・松永幹、牡5)は阪急杯(2月24日、阪神、GIII、芝1400メートル)に、13着のマジンプロスパー(栗・中尾秀、牡5)は、シルクロードS(1月27日、京都、GIII、芝1200メートル)を視野に調整。

 サンスポ、エイト、夕フジ、Gallop 業界最大のボリュームを誇る『100人予想』! ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

 「サンスポ予想王TV」入会案内 ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

[もっと見る]

【室町S】ティアップワイルド快勝 2012年10月21日() 05:01

 室町S(20日、京都11R、3歳上オープン(混)(特指)、ハンデ、ダ1200メートル、1着本賞金2000万円=出走16頭)池添謙一騎乗の5番人気ティアップワイルド(栗・西浦、牡6、父ワイルドラッシュ)が、トップハンデ58キロをものともせずに快勝した。道中は好位のインをスムーズに追走。残り100メートルを切ったところで、馬群の中を力強く割って抜け出してきた。29戦9勝。1番人気マルカベンチャーがクビ差2着だった。なお、3着は3頭が同着で、中央競馬では約57年ぶり2度目の珍事となった。

池添謙一騎手「58キロを背負って狭いところを割ってくれた。強かったと思います」

◆ミルコ・デムーロ騎手(マルカベンチャー2着)「最後はいい脚を使っていますが、勝ち馬とは外を回っている分の差が出てしまった感じです」

幸英明騎手(ファリダット3着同着)「しまいはいい脚を使ってくれただけにもう少しうまくさばけていればと思いますが、なかなかあかなくて…。でも力のある馬ですね」

丸山元気騎手(タンジブルアセット3着同着)「最後までよく頑張りました。力をつけています」

小牧太騎手(ワールドワイド3着同着)「1200メートルでいいポジションを取りに行くと、どうしても最後がジリジリという感じになってしまうね」

[もっと見る]

【ジャニュアリーS】3者メーン談2012年1月8日() 05:03

柴田 きょうは紙面が少ないので手短に、と下村デスクから厳命されてます

片岡 なぬっ? ワシ、7日で44歳になったのに、家族から誕生日を忘れられてるグチを言おうと思っとったのに

板津 それは家で処理してください。サッサと行きますよ。◎はサウンドアクシスです

柴田 ハイペースになると読んで、差し馬狙いか

板津 そう。ジーエスライカーとクリスタルボーイの逃げ争いで、この馬がはまる展開。実績上位のティアップワイルドと2・5キロのハンデ差なら十分勝負になるでしょう

片岡 そうはいかん。たとえ57・5キロのトップハンデでも◎ティアップワイルドの優位は動かんぞ。中山は4戦して2勝2着2回と得意。石橋脩騎手もこの馬には全幅の信頼を置いているしな

柴田 ティアップワイルドはハンデが最後に響きそうで○にしました。◎はレディルージュ。逃げ2頭の直後につけて競馬ができるし、前走のカペラSで1分9秒台を出していて、時計勝負にも対応できます。芝ですが、重賞の北九州記念京阪杯でともに2着したことがある実力馬。54キロでオープン特別なら楽勝です

片岡レディルージュはワシも○やな。牝馬やけど好不調の波が少ない。確実に上位争いには食い込んでくるやろ

板津 ▲はファイナルスコアーです。中山ダート1200メートルは【4・5・2・3】と相性抜群。この馬も決め手があるので、サウンド同様に展開の利が見込めます

片岡 ▲デュアルスウォードは、数字の増減じゃなくてパドックでスッキリ見せとればOKや。太めのカペラS11着を使って、一変しておかしくないやろ

板津 僕も当初は▲に考えましたが、前走のプラス16キロは増えすぎの気が…。冬場ですし、馬体が絞れるか疑問で△にしました

柴田 穴っぽいところでは△アースサウンド。力は互角のはずですし、調子も上がっています

片岡 中央に移籍してきた実力馬★ジーエスライカーのスピードにも注目やな。柴田も板津も、当たったら誕生日プレゼント待っとるで

[もっと見る]

【カペラS】ケイアイガーベラ快勝! 2011年12月11日() 16:23

 第4回カペラステークス(11日、中山11R、GIII、3歳上オープン、別定、ダ1200メートル、1着本賞金3800万円=出走15頭)秋山真一郎騎手騎乗の2番人気ケイアイガーベラ(牝5歳、栗東・平田修厩舎)が2着ティアップワイルドに2馬身半差をつけ快勝した。勝ちタイムは1分9秒1(稍重)。

 今年は勝ち切れずにいたケイアイガーベラが強さを見せ10年プロキオンS以来となる重賞2勝目を飾った。道中は先頭に立つクリスタルボーイを見るような形で追走。そのままのポジションでコーナーを回り、直線へ。直線でも手応えは歴然で後ろから伸びてきたティアップワイルドらを寄せつけずに快勝した。

 連覇がかかっていた1番人気セイクリムズンは直線で伸び切れず5着に終わった。

 勝ったケイアイガーベラは父Smarty Jones、母アンナステルツ、母の父Danzig。通算成績18戦9勝(地方1戦0勝)。

[もっと見る]

【東京スプリント】セレスハント重賞2勝目 2011年4月20日(水) 17:14

 20日に大井競馬場で行われた第22回東京スプリント(11R、交流GIII、ダート1200メートル、4歳上、選定馬、別定、1着賞金2700万円)は、福永祐一騎手騎乗の8番人気セレスハント(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎)が直線の叩き合いを制し、快勝。勝ちタイムは1分10秒8(重)。

 1/2馬身差の2着には1番人気ティアップワイルド、アタマ差の3着には12番人気コアレスピューマが入った。

 前走からの一気の距離短縮でのレースとなったセレスハントだが道中は好位でレースを進め、直線では鋭い脚で逃げていたジーエスライカーをかわし、外から追い込んだティアップワイルドらの追撃も振り切り、勝利をおさめた。

 セレスハントに騎乗した福永祐一騎手は「最近は1400メートルがベストな馬だと思ったんですけど、長めの距離でも対応してくれる馬。今回は短い1200メートルでのレースでしたが、凄くスピードのある馬で楽にいいポジションが取れました。スムーズに直線も捌くことができましたし、あとは何とか踏ん張ってくれと思っていました。賞金も加算できましたし、秋にはもっともっと大きな舞台に立ってダート短距離戦線を引っ張ってくれることを期待しています」と喜びと今後への期待を語った。また、自身が23日から5月1日まで騎乗停止(JRA開催日4日間)になっていることについては、「自分の不注意で2週間騎乗停止になりましたが、修行してもっともっと大きくなって帰ってきたいと思います」と復帰後への意気込みをコメントした。

 勝ったセレスハントは父コロナドズクエスト、母エリモシンフォニー、母の父Blushing Groomという血統で通算成績35戦9勝(うち地方5戦2勝)。交流重賞は10年サマーチャンピオン(GIII)に続き2勝目となった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ティアップワイルドの関連コラム

閲覧 1,286ビュー コメント 0 ナイス 7

 兵庫ゴールドトロフィーは、ダートグレードでは数少ないハンデ戦で行われるレース。中央馬と地方馬のハンデ差が大きく、中央のトップハンデ馬は、2011年のスーニや2016年のドリームバレンチノのように、ハンデ59.5㎏を背負わされることもある。対して地方勢のハンデは軽く、同年のダートグレードで連対実績がなければ、51~54kgの軽ハンデで出走することが大半だ。

 このためこのレースは、地方勢が穴を開けることが多く、地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着こそないが、2着4回、3着7回という良績だ。確かに過去1年以内にダートグレードで3着以内の実績があった2010年のラブミーチャン(3着)、2012年のオオエライジン(3着)、2015年のポアゾンブラック(3着)、2015年のポアゾンブラック(3着)、2017年のラブバレット(2着)の活躍は当然かもしれない。デビューから無敗のオオエライジンの一度目の挑戦も3着だったが、この辺りも。まあ順当。

 しかし、2013年は6番人気のエプソムアーロンが2着と好走し、馬連1万1380円、3連単15万7590円の高配当になったこともあった。それ以外でも2014年に4番人気のジョーメテオが2着、7番人気のサクラシャイニーが3着、昨年も8番人気のイルティモーネが2着、サクラレグナムが3着と好走している。これらが人気薄で好走した地方馬の共通項は、【1】ハンデが51~53㎏だったこと、【2】近2走のどちらかで圧勝か、近2走とも連対していることだ。

 エプソムアーロンは前走で1.5秒差、サクラシャイニーは前々走で2.8秒差の圧勝。ジョーメテオ、イルティモーネ、サクラレグナムは近2走とも連対していた。つまり、ハンデ53kg以下、近2走のどちらかで1.5秒差以上の圧勝か、近2走とも連対している馬が穴メーカーとなる。

 逆に中央馬は、前々走のダートグレードで連対した、前走JBCスプリントの出走馬が最有力。その成績は過去10年で【2・3・0・0】。1着の該当馬は、2011年のスーニ、2015年のレーザーバレット。2着の該当馬は2012年のダイショウジェット、2015年、2016年のドリームバレンチノ。2011年のスーニーのように、前々走の東京盃2着、前走のJBCスプリント1着なら、シンプルに強いと言えるし、疲れもなくハンデが見込まれないのがここに繋がる理由だろう。

 さらに同年12月のカペラSに出走していた馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は【4・2・1・3】。1着の該当馬は、2012年のティアップワイルド、2016年のニシケンモノノフ、2017年のグレイスフルリープ、2018年のウインムート。2着の該当馬は 2010年のスーニ、2011年のセイクリムズン。3着の該当馬は、2017年のサイタスリーレッドだ。

 4着以下だった馬は、2012年のセイクリムズン(5着)、2013年ティアップワイルド(4着)、2016年のグレープブランデー(6着)。しかし、これらにはハンデ58Kg以上という共通項があった。カペラSは、中央では翌年の根岸Sまで短距離重賞がないために、GⅢとしては好メンバーが集う。だから、通用しているのだろう。ハンデ57.5Kgの馬は、積極的に狙っても良さそうだ。

 他では、同年のダートグレードで連対実績のある3歳馬も有力。それらの成績は、過去10年で【1・0・1・0】。該当馬は、2019年のデュープロセス(1着)と2010年のラブミーチャン(3着)だが、遡れば2009年にラヴェリータが3着、2008年にはスマートファルコンが1着と好走。ダートグレードで連対実績のある3歳馬がこのレースに出走してくることが稀だが、格の高いレースを連対している馬ほど、信頼できるだろう。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前々走のダートグレードで連対した、前走JBCスプリント出走馬。
 ・同年のカペラS出走のハンデ57.5kg以下馬。
 ・同年のダートグレードで連対実績のある3歳馬。

 ●穴馬候補
 ・ハンデ53kg以下、近2走のどちらかで1.5秒差以上の圧勝か、近2走ともに連対の地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2019年12月25日(水) 13:15 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫ゴールドトロフィー2019~
閲覧 1,742ビュー コメント 0 ナイス 5

 兵庫ゴールドトロフィーは、ダートグレードでは数少ないハンデ戦で行われるレース。中央馬と地方馬のハンデ差が大きく、中央のトップハンデ馬は、2011年のスーニや2016年のドリームバレンチノのように、ハンデ59.5㎏を背負わされることもあります。対して地方勢のハンデは軽く、同年のダートグレードで連対実績がなければ、51~54kgの軽ハンデで出走することがほとんど。

 このためこのレースは、地方勢が穴を開けることが多く、地方馬のこのレースでの成績は、過去10年で1着こそないものの、2着3回、3着6回という良績です。確かに過去1年以内にダートグレードで3着以内の実績があった2010年のラブミーチャン・3着、2012年のオオエライジン・3着、2015年のポアゾンブラック・3着、2017年のラブバレット・2着の活躍は当然かもしれません。デビューから無敗、地元園田の2011年オオエライジン(一度目の挑戦)も、3着とこのあたりは通用して当然でしょう。

 しかし、2013年は6番人気のエプソムアーロンが2着入線して、馬連1万1380円、3連単15万7590円の高配当になったこともありました。それ以外でも2014年に4番人気のジョーメテオ・2着、7番人気にサクラシャイニー・3着に入線したこともあります。これらの人気薄で好走した地方馬の共通項は、【1】ハンデが51~53㎏だったこと、【2】近2走のどちらかで圧勝していること、【3】内枠であること。

 エプソムアーロンは前走で1.5秒差、ジョーメテオは前走で0.9秒差、サクラシャイニーは前々走で2.8秒差の圧勝でした。また、この3頭とも3番枠以内でした。つまり、ハンデ53kg以下、近2走のどちらかで0.9秒差以上の圧勝、3番枠以内の地方馬が穴メーカーとなります。

 逆に中央馬はどのような馬が活躍しているのかというと、同年12月のカペラSに出走していた馬が最有力。過去10年のこのレースでの成績は【4・2・1・3】。1着の該当馬は、2012年のティアップワイルド、2016年のニシケンモノノフ、2017年のグレイスフルリープ、2018年のウインムート。2着の該当馬は 2010年のスーニ、2011年のセイクリムズン。3着の該当馬は、2017年のサイタスリーレッド

 4着以下だった馬は、2012年のセイクリムズン(5着)、2013年ティアップワイルド(4着)、2016年のグレープブランデー(6着)。しかし、これらにはハンデ58Kg以上という共通項がありました。カペラSは、中央では翌年の根岸Sまで短距離重賞がないために、G3としては好メンバーが集うため、ここでも通用しているのでしょう。中央のスピード競馬を経験している優位性もあるだけに、前走でカペラSに出走していたハンデ58Kgの馬は積極的に狙ってもいいでしょう。

 さらに同年のJBCスプリントで3着以内の馬も有力。それらの過去10年の成績は、【2・2・0・4】。1着の該当馬は、2011年のスーニ、2013年のドリームバレンチノ。2着の該当馬は、2009年のリミットレスビッド、2011年のセイクリムズン。4着以下だった馬は、2012年のセイクリムズン(5着)、スーニ(7着)、2014年のタイセイレジェンド(8着)、2018年のマテラスカイ(5着)と、こちらもハンデを58㎏以上背負わされていました。2011年のスーニのように3連勝もしているような馬ならば、ハンデ59.5Kgでも通用する場合もありますが、基本的にはハンデ58Kg以下が狙いでしょう。

 他では、同年のダートグレードで連対実績のある3歳馬も有力。それらの成績は、過去10年で【0・0・2・0】。該当馬は、2009年のラヴェリータ、2010年のラブミーチャンですが、2008年にはスマートファルコンが優勝しています。ダートグレードで連対実績のある3歳馬がこのレースに出走してくることが稀ですが、格の高いレースを連対している馬ほど、信頼できるでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のカペラS出走のハンデ58kg以下馬。
 ・同年のJBCスプリントで3着以内かつ、58kg以下馬。
 ・同年のダートグレードで連対実績のある3歳馬。

 ●穴馬候補
 ・ハンデ53kg以下、近2走のどちらかで0.9秒差以上の圧勝、3番枠以内の地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2011年12月9日(金) 21:58 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ 12月10・11日分
閲覧 451ビュー コメント 0 ナイス 7

みなさん、こんにちは!

笑えないくらい仕事が忙しく、楽しみにしていたJCにも行けず(涙)
仕事が落ち着いたので、今週から思い切り競馬を楽しみたいです♪

今週の日曜はカペラSが、小生にとってのG1です。
セイクリムズン
レディルージュ
トーホウチェイサー
ティアップワイルド
本命は勿論セイクリムズン。正直、変わり身は見込めそうにないけど、幸君なら。
相手は坂路の動きが一変したレディルージュトーホウチェイサー
あとはまだいい頃の出来ではないが、叩き2戦目は力を出せるティアップワイルド

阪神JF
サウンドオブハート
トーセンベニザクラ
イチオクノホシ
アンチュラス
中間のウッドの動きがいいサウンドオブハート本命。大外枠でも。
相手は関東馬で栗東留学組のトーセンベニザクライチオクノホシ
関西馬では一番動きが良く見えたアンチュラス

中日新聞杯は普通に堅い予想になりそう。
ダノン、ゲシュ、ユニの3頭は決まってますが、これから穴馬探してみます。


来週土曜に中山で愛馬サラガドゥーラが復帰する予定ですので、
今週中山行くかは未定です。
幸君来るし、JCとか行けなかったので行きたいけど、中山は遠い(T_T)

それでは今週末も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

ティアップワイルドの口コミ


口コミ一覧
閲覧 666ビュー コメント 0 ナイス 3

 予想の長期休養明けから今週の根岸Sで3戦目(今年3週目の予想)。そろそろ走り頃(本線で的中)の臨戦過程のはずですね!?

 フェブラリーSの前哨戦といわれる根岸S(1着馬に優先出走権)はどのくらいフェブラリーSと結びついているのかを過去のレースデータから分析してみたいと思います。

【次走フェブラリーS】
フェブラリーS1着:4頭
2020年
1着 モズアスコット  マイルCS14着→当該レース→フェブラリーS1着
2018年
1着 ノンコノユメ   チャンピオン9着→当該レース→フェブラリーS1着
2016年
1着 モーニン      武蔵野S  3着→当該レース→フェブラリーS1着
2012年
3着 テスタマッタ    東京大賞典 3着→当該レース→フェブラリーS1着

フェブラリーS2着:2頭
2017年
2着 ベストウォーリア JBCスプリント2着→当該レース→フェブラリーS2着
2012年
1着 シルクフォーチュン ギャラクシー3着→当該レース→フェブラリーS2着

フェブラリーS3着:3頭
2021年
2着 ワンダーリーデル 武蔵野S2着  →当該レース→フェブラリーS3着
2019年
2着 ユノライト    ギャラクシーS2着→当該レース→フェブラリーS3着
2017年
1着 カフジテイク   チャンピオン4着→当該レース→フェブラリーS3着

フェブラリーS4着:9頭
2021年
1着 レッドルゼル   カペラS2着  →当該レース→フェブラリーS4着
2020年
8着 ワンダーリーデル→4着
2018年
2着 サンライズノヴァ 師走S   2着→当該レース→フェブラリーS4着
2017年
3着 エイシンバッケン ファイナルS2着→当該レース→フェブラリーS4着
2015年
10着 グレープブランデー →4着
2014年
2着 ノーザンリバー  カペラS1着→当該レース→フェブラリーS4着
2013年
3着 セイクリムズン   兵庫GT5着  →当該レース→フェブラリーS4着
2012年
5着 ダノンカモン →4着
2011年
2着 ダノンカモン   大和S 1着→当該レース→フェブラリーS4着


フェブラリーS5着:2頭
2019年
1着 コパノキッキング カペラS1着   →当該レース→フェブラリーS5着
2014年
4着 ブライトライン  →5着


フェブラリーS6着以下:37頭
2021年
 4着 アルクトス    →9着
 6着 ヤマニンアンプリメ→10着
 8着 ヘリオス     →16着
 11着 スマートダンディー→12着
 12着 サクセスエナジー →15着
2020年
 5着 ワイドファラオ→12着
 11着 ミッキーワイルド→16着
2019年
 3着 クイーンズサターン師走S3着    →当該レース→フェブラリーS11着
 5着 ワンダーリーデル  →9着
 6着 ノボバカラ     →12着
 8着 サンライズノヴァ  →7着
2018年
 15着 メイショウウタゲ  →14着
 6着 キングズガード   →6着
2017年
 4着 キングズガード   →11着
 5着 ニシケンモノノフ →5着
 7着 ブライトライン  →10着
2016年
 3着 グレープブランデー チャンピオン8着→当該レース→フェブラリーS11着
 4着 タガノトネール →6着
 8着 マルカフリート   7・8着→不・14着
2015年
 2着 ワイドバッハ    チャンピオン6着→当該レース→フェブラリーS6着
 3着 アドマイヤロイヤル 武蔵野S  14着→当該レース→フェブラリーS12着
 4着 キョウワダッフィー →13着
 13着 サトノタイガー   →16着
 16着 シルクフォーチュン →15着
2014年
 1着 ゴールスキー   武蔵野S4着→当該レース→フェブラリーS10着
 3着 シルクフォーチュンカペラS3着→当該レース→フェブラリーS15着
 5着 アドマイヤロイヤル→14着
 8着 ドリームバレンチノ→9着
 9着 ダノンカモン   →7着
2013年
 2着 ガンジス      ギャラクシー1着→当該レース→フェブラリーS10着
 6着 テスタマッタ   →7着
 9着 ダノンカモン   →8着
 11着 タイセイレジェンド→14着
2012年
 2着 トウショウカズン  大和S   1着→当該レース→フェブラリーS13着
 6着 セイクリムズン→15着
 14着 エーシントップ→16着
2011年
 1着 セイクリムズン  カペラS1着→当該レース→フェブラリーS14着
 3着 ダイショウジェット師走S 9着→当該レース→フェブラリーS11着


 根岸Sの次走にフェブラリーSを選んだのは、2011年~2021年の11年間で延べ57頭。これは根岸S全出走馬の32.9%(57/173頭)にあたり、フェブラリーS出走を視野に出走してくるのは、それ以上の割合を占めていると考えられます。

 フェブラリーSに出走させる意欲で臨む陣営が多く、中には優先出走権をねらって出走してくる馬も多く、トライアルの要素も含んだレースとして、根岸SはフェブラリーSと結びつきが強いG3と言えます。

出走数(57頭)に対するフェブラリーSにおける成績は、

  4勝、2着2頭、3着3頭、4着9頭、5着2頭、6着以下37頭

上記のような内訳になっていますので

 勝率 7.0% 連対率10.5% 複勝率15.8% となります。

視点を変えて、11年間で 4勝、2着2頭、3着3頭 なら

 勝率36.4% 連対率27.3% 複勝率27.3% となります。


 今週のレースは根岸Sなので、フェブラリーSとの関連の分析はこの辺で止めておきますが、根岸Sに出走させる各陣営がフェブラリーSにも出走させようと考えていることを頭の片隅に置いておきたいものです。


 次に、根岸Sの出走馬の中で、リピーターをどのように扱うべきか、分析してみます。先週のAJCCではリピーターの3頭は予想通り1頭も馬券に絡むことができませんでしたので、根岸Sでもしっかり分析しておきましょう。


 過去11年間(2011年~2021年)にリピーターとして根岸Sで複勝圏内に入賞したのは次の延べ8頭です。

1着:1頭(再掲)
2011年
 1着 セイクリムズン57kg 霜月S 1着→カペラS  1着→フェブラリーS14着
 7着 セイクリムズン55kg 1600万下1着→ジャニュアリ3着→ポラリスS4着

                       根岸Sの成績→同年のフェブラリーS成績
 
                    リピーター:7・1着→不・14着

2着:2頭
2021年 (馬   名)     前々走     前 走      次 走
 2着 ワンダーリーデル56kg 南部杯  5着→武蔵野S  2着→フェブラリーS3着
 8着 ワンダーリーデル57kg 武蔵野S 1着→チャンピオン2着→フェブラリーS4着
 5着 ワンダーリーデル56kg AリーフS 3着→ジャニュアリ3着→フェブラリーS9着

                     根岸Sの成績→同年のフェブラリーS成績
                リピーター:5・8・2着→9・4・3着

2020年
2着 コパノキッキング58kg JBCスプリント2着→カペラS 1着→東京スプリント5着
1着 コパノキッキング56kg  AリーフS  1着→カペラS 1着→フェブラリーS5着

                      根岸Sの成績→同年のフェブラリーS成績
                   リピーター:1・2着→5着・不出走

3着:5頭
2018年
3着 カフジテイク57kg武蔵野S5着→チャンピオン7着→ながつきS5着
1着 カフジテイク56kg武蔵野S3着→チャンピオン4着→フェブラリーS3着
                   リピーター:1・3着

2016年
 3着 グレープブランデー58kg 武蔵野S5着→チャンピオン8着→フェブラリーS11着
 10着 グレープブランデー58kg 武蔵野S3着→チャンピオン9着→フェブラリーS4着
                  リピーター:10・3着→4・11着

2015年
 3着 アドマイヤロイヤル56kg 南部杯G1 3着→武蔵野S  14着→フェブラリーS12着
 5着 アドマイヤロイヤル57kg 南部杯G1 5着→武蔵野S  2着→フェブラリーS14着
                  リピーター:5・3 →14・12着

2014年
 3着 シルクフォーチュン56kg武蔵野S11着→カペラS3着→フェブラリーS15着
 不出走シルクフォーチュン  (武蔵野S11着→カペラS1着)→フェブラリーS5着
 1着 シルクフォーチュン57kg武蔵野S9着→ギャラクシー3着→フェブラリーS2着
                  リピーター:1・不・3着→2・5・15着

2013年
 3着 セイクリムズン58kgカペラS9着 →兵庫GT5着→フェブラリーS4着
 6着 セイクリムズン57kgカペラS5着 →兵庫GT2着→フェブラリーS15着
 1着 セイクリムズン57kg霜月S1着  →カペラS1着→フェブラリーS14着
 7着 セイクリムズン55kg1600万下1着 →ジャニュアリ3着→ポラリスS4着
                  リピーター:7・1・6・3着  →不・14・15・4着

 リピーターとして出走した延べ頭数が56頭で全体の32.4%(56/173)であり、リピーターが全体の約1/3を占めている出走数の割合からみれば、10頭前後が複勝圏内に入らなければなりません。
それよりは若干少ないものの8頭というのは比較的健闘しているといえます。

 また、11年間で8頭のリピーターがどのように入賞しているか、その分布をよくみると

  1着:1頭 2着:2頭 3着:5頭 合計:8頭 が複勝圏内に1頭ずつ8年にわたって入っています。

複数のリピーターが同時に複勝圏に入ったことがないことを覚えておいた方がいいかもしれません。

 特にリピーターは3着になる確率が11年間で5頭(45.4%)と飛び抜けているので、リピーターの中から3着候補を見つけることがキーポイントになるかもしれません。



【根岸Sにおけるリピーターの成績 2011年~2021年】

2021年 (馬   名)     前々走     前 走      次 走
 2着 ワンダーリーデル56kg 南部杯  5着→武蔵野S  2着→フェブラリーS3着
 8着 ワンダーリーデル57kg 武蔵野S 1着→チャンピオン2着→フェブラリーS4着
 5着 ワンダーリーデル56kg AリーフS3着→ジャニュアリ 3着→フェブラリーS9着
                    リピーター:5・8・2着→9・4・3着

【4着以下のリピーター】根岸S成績 → 同年のフェブラリーS成績
 5着 ブルベアイリーデ 9・5着
 6着 ヤマニンアンプリメ7・不・6着→ 不・不・10着

2020年
 2着 コパノキッキング58kg JBCスプリント2着→カペラS 1着→東京スプリント5着
 1着 コパノキッキング56kg  AリーフS  1着→カペラS 1着→フェブラリーS5着
                      リピーター:1・2着→5着・不出走
【4着以下のリピーター】根岸S成績 → 同年のフェブラリーS成績
 7着 ノボバカラ   16・10・6・7着→ 不・13・12着・不出走
 8着 ワンダーリーデル5・8着   →9・4着
 10着 カフジテイク  1・3・不・10着→3着・不・不・不


2019年
1~3着のリピーター該当馬なし

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 4着 モーニン    1・不・不・4着→1・12・不・4着
 6着 ノボバカラ   16・10・6着  →不・13・12着
 8着 サンライズノヴァ2・8着   →4・7着
 12着 ラブバレット  10・9・12着


2018年
3着 カフジテイク57kg武蔵野S5着→チャンピオン7着→ながつきS5着
1着 カフジテイク56kg武蔵野S3着→チャンピオン4着→フェブラリーS3着
                 リピーター:1・3着

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 6着 キングズガード 4・6着   →11・6着
 7着 モンドグラッセ 6・7着
 9着 ラブバレット  10・9着
 10着 ノボバカラ   16・10着   →不・13着


2017年
1~3着のリピーター該当馬なし

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
7着 ブライトライン  4・不・不・7着→5・不・不・10着
 9着 キョウエイアシュラ11・9着
 13着 グレープブランデー10・3・13着→4・11・不出走
 14着 タールタン    2・14着


2016年
 3着 グレープブランデー58kg 武蔵野S5着→チャンピオン8着→フェブラリーS11着
 10着 グレープブランデー58kg 武蔵野S3着→チャンピオン9着→フェブラリーS4着
                      リピーター:10・3着→4・11着

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 7着 レーザーバレット 6・7着
 8着 マルカフリート  7・8着
 9着 アドマイヤサガス 10・不・9着
 11着 キョウエイアシュラ9・11着
 12着 アドマイヤロイヤル5・3・12着 →14・12着・不出走
 13着 サトノタイガー  13・13着  →16着・不出走


2015年
 3着 アドマイヤロイヤル56kg 南部杯G1 3着→武蔵野S  14着→フェブラリーS12着
 5着 アドマイヤロイヤル57kg 南部杯G1 5着→武蔵野S  2着→フェブラリーS14着
                       リピーター:5・3 →14・12着

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 4着 ゴールスキー   1・4着  →10着・不出走
 11着 ジョーメテオ   6・11着
 16着 シルクフォーチュン3・不・16着 →2・15・15着


2014年
 3着 シルクフォーチュン56kg武蔵野S11着→カペラS3着→フェブラリーS15着
 不出走シルクフォーチュン  (武蔵野S11着→カペラS1着)→フェブラリーS5着
 1着 シルクフォーチュン57kg武蔵野S9着→ギャラクシー3着→フェブラリーS2着
                   リピーター:1・不・3着→2・5・15着

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 7着 テスタマッタ 3・6・7着   →1・7・不出走
 9着 ダノンカモン 5・9・9着   →4・8・7着
 12着 セイクリムズン2・1・6・3・12着→4・14・15・4着・不出走
 13着 セレスハント 14・不・10・不・13着
 15着 ティアップワイルド5・9・不・15着


2013年
 3着 セイクリムズン58kgカペラS9着 →兵庫GT5着→フェブラリーS4着
 6着 セイクリムズン57kgカペラS5着 →兵庫GT2着→フェブラリーS15着
 1着 セイクリムズン57kg霜月S1着  →カペラS1着→フェブラリーS14着
 7着 セイクリムズン55kg1600万下1着 →ジャニュアリ3着→ポラリスS4着
                 リピーター:7・1・6・3着→不・14・15・4着

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 6着 テスタマッタ   3・6着   →1・7着
 8着 ケイアイテンジン 13・不・不・8着→4着・不・不・不出走
 9着 ダノンカモン   5・9着   →4・8着
 11着 タイセイレジェンド4・11着  →不・14着
 12着 ダイショウジェット3・11・12着 →11・不・不出走
 13着 ヒラボクワイルド 12・13着  →11・不出走


2012年
1~3着のリピーター該当馬なし

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
 5着 ダノンカモン   2・5着 →4着・14着
 6着 セイクリムズン  2・1・6着→4・14・15着
 9着 ティアップワイルド5・9着
 10着 セレスハント   14・不・10着
 11着 ダイショウジェット3・11着 →11着・不出走
 12着 ヒラボクワイルド 12着   →11着


2011年
 1着 セイクリムズン57kg 霜月S 1着→カペラS  1着→フェブラリーS14着
 7着 セイクリムズン55kg 1600万下1着→ジャニュアリ3着→ポラリスS4着
                   リピーター:7・1着→不・14着

【4着以下のリピーター】根岸S成績  → 同年のフェブラリーS成績
6着 ワンダーポデリオ 5・6着
 9着 ビクトリーテツニー6・8・9着
 12着 ダイワディライト 12・12着
 15着 アグネスジェダイ 13・不・不・不・不・15着
 16着 スリーアベニュー 11・不・16着

 リピーターとして11年間で8回上位入賞を果たしていますが、下記に示したように、前回の出走と比較して斤量の増減は不問にしてもいいようです。

 ワンダーリーデル  57kg →56kg 斤量減で 8着→2着
 コパノキッキング  56kg →58kg 斤量増で 1着→2着
 カフジテイク    56kg →57kg 斤量増で 1着→3着
 グレープブランデー 58kg →58kg 同斤量で 10着→3着
 アドマイヤロイヤル 57kg →56kg 斤量減で 5着→3着
 シルクフォーチュン 57kg →56kg 斤量減で 1着→不出走→3着
 セイクリムズン   57kg →58kg 斤量増で 6着→3着
 セイクリムズン   55kg →57kg 斤量増で 7着→1着

 むしろ、臨戦過程(特に前走と前々走)に注目して能力や調子を見極め、前回と遜色ないか、伸びしろがあるかを取捨選択するかの判断材料にするべきだと思います。

 その際、忘れてはならないことがあります。リピーターの成績は、最近の2年間では連続2着ですが、11年前に唯一1着になったセイクリムズンを除き、3着が5回であり、リピーターは3着になる確率が高いということです。

 さらに、リピーターの年齢別の成績(傾向)も把握しておきたいものです。

【年齢別成績 全体・リピーター 2011年~2021年】
  4歳 2勝 2着2回(当然のことながらリピーターがいるわけありませんが、参考のため)
  5歳 4勝 2着4回(リピーター:1勝 2着1回 3着0回)
  6歳 4勝 2着2回(リピーター:0勝 2着0回 3着1回)
  7歳 1勝 2着1回(リピーター:0勝 2着0回 3着1回)
  8歳 0勝 2着2回(リピーター:0勝 2着1回 3着3回)


 今年のリピーターの出走馬は、次の4頭です。

年齢  馬   名    斤量   前々走       前 走         次 走
5歳  テイエムサウスダン57kg 武蔵野SG39着  兵庫GT G3 1着   
      2021:根岸S13着55kg 霜月S(OP) 3着   すばるS(L)1着    黒船賞G31着

6歳  ヘリオス     56kg グリーンCC(L)1着 霜月S(OP)1着   
     2021:根岸S8着56kg 室町S(OP)7着   霜月S(OP)1着     フェブラリーS 16着

7歳  タイムフライヤー  56kg スワンSG2 14着 霜月S(OP)9着     
2021年:根岸S3着57kg 武蔵野S 5着  チャンピオンG1 8着 かしわ記念G 9着

8歳  サクセスエナジー  58kg 東京盃1着      JBCスプリント7着    
    2021:根岸S12着  57kg JBCスプリント10着  兵庫GT 1着    フェブラリーS 15着


 この中から、2021年の出走当時と比べて能力が向上または維持しているか、近走の成績と臨戦過程を考慮して、昨年以上の成績を残せそうなリピーターを選んで印を打ちたいと思います。

 確率として、リピーターは3着候補として選びたいと思います。リピーターの上位入賞は実績から複数にはならないので1頭まで。根岸Sに初出走する馬たちと比較して同等以上と認められない場合は、連下以下の印も打たないのが予想の基本姿勢になります。


 では、今年の全出走馬を年齢別に並べてみます。

2022年
4歳
 出走馬なし

2022年 (馬  名)斤量   前々走       前 走      重賞成績(最格上レース)
5歳:4頭
 オーロラテソーロ 56kg 大阪スポーツ10着 りんくうS(OP)1着  ユニコーンS 12着
 スリーグランド  56kg 武蔵野SG35着  すばるS(L)3着    黒船賞G32着、
 タガノビューティー56kg 武蔵野SG36着  ギャラクシー(OP)3着 朝日杯FS4着
 テイエムサウスダン57kg 武蔵野SG39着  兵庫GT G3 1着   黒船賞G31着
   2021:根岸S13着55kg 霜月S(OP) 3着  すばるS(L)1着    昇竜S(OP)1着

6歳:4頭
 オメガレインボー 56kg 武蔵野SG33着  カペラSG33着    エルムSG32着
 ジャスティン   57kg クラスターCG34着セントウルG2(芝)16着 カペラSG31着
 トップウイナー  56kg 福島民友(L)13着  日経新春杯G2(芝)16着 プロキオンSG32着
 ヘリオス     56kg グリーンCC(L)1着 霜月S(OP)1着   
  2021:根岸S8着56kg 室町S(OP)7着   霜月S(OP)1着     フェブラリーS16着

7歳:5頭
 エアアルマス   57kg AリーフS(OP)9着 りんくうS(OP)3着   東海SG21着
 ジャスパープリンス56kg エニフS(L)1着   BCDマイル8着    国内重賞初挑戦
 ソリストサンダー 57kg 南部杯G1 3着   武蔵野S1着     かしわ記念G1 2着
 タイムフライヤー  56kg スワンSG2 14着  霜月S(OP)9着      エルムSG3 8着
  2021年:根岸S3着57kg 武蔵野S 5着   チャンピオンG1 8着   エルムSG3 1着
 モジアナフレイバー 56kg  JBCスプリント4着 ゴールドカップ(OP)2着  フェブラリーS6着

←東京大賞典3・9・9着
 レピアーウィット  57kg ポルックスS(OP)9着 師走S(L)6着     マーチSG33・1着

8歳:2頭
 サクセスエナジー  58kg 東京盃1着      JBCスプリント7着   フェブラリーS8・不・15着
  2021:根岸S12着  57kg JBCスプリント10着 兵庫GT 1着      霜月S(OP)1着
 リアンヴェリテ   56kg 武蔵野S12着 シリウスS15着 G3 10・4・15・13・7・5着

 同じ年齢同士の馬で比較して、リピーターの能力が初出走する馬たちと遜色ないかどうかを判断して印を打ちたいと思います。


5歳:4頭
  オーロラテソーロ 56kg 大阪スポーツ10着 りんくうS(OP)1着  ユニコーンS 12着
 △スリーグランド  56kg 武蔵野SG35着  すばるS(L)3着    黒船賞G32着、
 ×タガノビューティー56kg 武蔵野SG36着  ギャラクシー(OP)3着 朝日杯FS4着
 ×テイエムサウスダン57kg 武蔵野SG39着  兵庫GT G3 1着   黒船賞G31着 2021:根岸S13着
 

6歳:4頭
 ▲オメガレインボー 56kg 武蔵野SG33着  カペラSG33着    エルムSG32着
 △ジャスティン   57kg クラスターCG34着セントウルG2(芝)16着 カペラSG31着
  トップウイナー  56kg 福島民友(L)13着  日経新春杯G2(芝)16着 プロキオンSG32着
 ○ヘリオス     56kg グリーンCC(L)1着 霜月S(OP)1着   2021:根岸S8着

7歳:5頭
  エアアルマス   57kg AリーフS(OP)9着 りんくうS(OP)3着   東海SG21着
  ジャスパープリンス56kg エニフS(L)1着   BCDマイル8着     国内重賞初挑戦
 ◎ソリストサンダー 57kg 南部杯G1 3着   武蔵野S1着       かしわ記念G1 2着
  タイムフライヤー  56kg スワンSG2 14着  霜月S(OP)9着   エルムSG3 8着 2021年:根岸S3着
 ×モジアナフレイバー 56kg  JBCスプリント4着 ゴールドカップ(OP)2着 フェブラリーS6着
  レピアーウィット  57kg ポルックスS(OP)9着 師走S(L)6着    マーチSG33・1着

8歳:2頭
 △サクセスエナジー  58kg 東京盃1着   JBCスプリント7着 フェブラリーS8・不・15着 2021:根岸S12着
  リアンヴェリテ   56kg 武蔵野S12着 シリウスS15着 G3 10・4・15・13・7・5着

 年齢別に比較するとリピーター4頭中3頭に○△×の印がついてしまいました。ここから1頭だけに絞るとすると6歳のヘリオスを残すことになります。その理由は、レースの格にとらわれず、近走で連勝した馬が上位に入着することが根岸Sでは散見されるからです。

 改めて予想をまとめると、

 1. オーロラテソーロ 56kg 大阪スポーツ10着 りんくうS(OP)1着  ユニコーンS 12着
 2. レピアーウィット  57kg ポルックスS(OP)9着 師走S(L)6着  マーチSG33・1着
 3.×モジアナフレイバー 56kg  JBCスプリント4着 ゴールドカップ(OP)2着  フェブラリーS6着
 4.△スリーグランド  56kg 武蔵野SG35着  すばるS(L)3着    黒船賞G32着、
 5.▲オメガレインボー 56kg 武蔵野SG33着  カペラSG33着    エルムSG32着
 6.△ジャスティン   57kg クラスターCG34着セントウルG2(芝)16着 カペラSG31着
 7.○ヘリオス     56kg グリーンCC(L)1着 霜月S(OP)1着   2021:根岸S8着
 8.×タガノビューティー56kg 武蔵野SG36着  ギャラクシー(OP)3着 朝日杯FS4着
 9.◎ソリストサンダー 57kg 南部杯G1 3着   武蔵野S1着       かしわ記念G1 2着
 10. リアンヴェリテ   56kg 武蔵野S12着 シリウスS15着 G3 10・4・15・13・7・5着
 11.×テイエムサウスダン57kg 武蔵野SG39着 兵庫GT G3 1着 黒船賞G31着 2021:根岸S13着
 12. タイムフライヤー  56kg スワンSG2 14着  霜月S(OP)9着 エルムSG3 8着 2021年:根岸S3着
 13.△サクセスエナジー  58kg 東京盃1着  JBCスプリント7着 フェブラリーS8・不・15着 2021:根岸S12着
 14. トップウイナー  56kg 福島民友(L)13着  日経新春杯G2(芝)16着 プロキオンSG32着
 15.ジャスパープリンス56kg エニフS(L)1着   BCDマイル8着     国内重賞初挑戦
 16.エアアルマス   57kg AリーフS(OP)9着 りんくうS(OP)3着   東海SG21着
 

 データを信じるか信じないかは自分次第!

これでなんとか的中しますよう 幸運を祈ります。




※ 参考資料

【根岸Sの成績 2011年~2021年】

2021年:16頭
1着 レッドルゼル   カペラS2着  →当該レース→フェブラリーS4着
2着 ワンダーリーデル 武蔵野S2着  →当該レース→フェブラリーS3着
リピーター:5・8・2着→9・4・3着
 3着 タイムフライヤー チャンピオン8着→当該レース→かしわ記念9着

 他のリピーター
 5着 ブルベアイリーデ 9・5着
 6着 ヤマニンアンプリメ7・不・6着→不・不・10着

 他の次走フェブラリーS
 4着 アルクトス    →9着
 6着 ヤマニンアンプリメ→10着
 8着 ヘリオス     →16着
 11着 スマートダンディー→12着
 12着 サクセスエナジー →15着

2020年:16頭
1着 モズアスコット  マイルCS14着→当該レース→フェブラリーS1着
2着 コパノキッキング カペラS 1着→当該レース→東京S5着
リピーター:1・2着  →5着・不出走
 3着 スマートアヴァロンすばるS  3着→当該レース→プロキオンS11着

 他のリピーター
 7着 ノボバカラ   16・10・6・7着→ 不・13・12着・不出走
 8着 ワンダーリーデル5・8着   →9・4着
10着 カフジテイク  1・3・不・10着→3着・不・不・不

 他の次走フェブラリーS
 5着 ワイドファラオ→12着
8着 ワンダーリーデル→4着
 11着 ミッキーワイルド→16着

2019年:16頭
1着 コパノキッキング カペラS1着   →当該レース→フェブラリーS5着
2着 ユノライト    ギャラクシーS2着→当該レース→フェブラリーS3着
 3着 クイーンズサターン師走S3着    →当該レース→フェブラリーS11着

 他のリピーター
 4着 モーニン    1・不・不・4着→1・12・不・4着
6着 ノボバカラ   16・10・6着 → 不・13・12着
8着 サンライズノヴァ2・8着  →4・7着
 12着 ラブバレット  10・9・12着

 他の次走フェブラリーS
 5着 ワンダーリーデル  →9着
6着 ノボバカラ     →12着
 8着 サンライズノヴァ  →7着

2018年:13頭
1着 ノンコノユメ   チャンピオン9着→当該レース→フェブラリーS1着
2着 サンライズノヴァ 師走S   2着→当該レース→フェブラリーS4着
3着 カフジテイク   チャンピオン7着→当該レース→ながつきS5着
リピーター:1・3着

 他のリピーター
 6着 キングズガード 4・6着→11・6着
 7着 モンドグラッセ 6・7着
 9着 ラブバレット  10・9着
 10着 ノボバカラ   16・10着→ 不・13着

 他の次走フェブラリーS
 15着 メイショウウタゲ  →14着
 6着 キングズガード   →6着

2017年:16頭
1着 カフジテイク   チャンピオン4着→当該レース→フェブラリーS3着
2着 ベストウォーリア JBCスプリント2着→当該レース→フェブラリーS2着
 3着 エイシンバッケン ファイナルS  2着→当該レース→フェブラリーS4着

 他のリピーター
 7着 ブライトライン   4・不・不・7着→5・不・不・10着
 9着 キョウエイアシュラ 11・9着
 13着 グレープブランデー 10・3・13着→4・11・不出走
 14着 タールタン     2・14着

 他の次走フェブラリーS
 4着 キングズガード   →11着
5着 ニシケンモノノフ →5着
 7着 ブライトライン  →10着
 13着 グレープブランデー→10・3・13着→→4・11・不出走

2016年:16頭
1着 モーニン      武蔵野S  3着→当該レース→フェブラリーS1着
2着 タールタン     ファイナルS1着→当該レース→黒船賞3着
 3着 グレープブランデー チャンピオン8着→当該レース→フェブラリーS11着
リピーター:10・3着→→4・11着
 他のリピーター
 7着 レーザーバレット  6・7着
 8着 マルカフリート   7・8着
 9着 アドマイヤサガス  10・不・9着
11着 キョウエイアシュラ 9・11着
 12着 アドマイヤロイヤル 5・3・12着 →14・12着・不出走
 13着 サトノタイガー   13・13着   →16着・不出走

 他の次走フェブラリーS
 4着 タガノトネール →6着
 8着 マルカフリート   7・8着→不・14着
 12着 アドマイヤロイヤル 5・3・12着 →14・12着・不出走
13着 サトノタイガー   13・13着   →16着・不出走

2015年:16頭
1着 エアハリファ    武蔵野S  2着→当該レース→プロキオンS 14着
2着 ワイドバッハ    チャンピオン6着→当該レース→フェブラリーS6着
 3着 アドマイヤロイヤル 武蔵野S  14着→当該レース→フェブラリーS12着
                リピーター:5・3 →14・12着
 他のリピーター
 4着 ゴールスキー    1・4着   →10着・不出走
 11着 ジョーメテオ    6・11着
 16着 シルクフォーチュン 3・不・16着   →2・15・15着

 他の次走フェブラリーS
 4着 キョウワダッフィー →13着
 10着 グレープブランデー →4着
13着 サトノタイガー   →16着
 16着 シルクフォーチュン →15着

2014年:16頭
1着 ゴールスキー   武蔵野S4着→当該レース→フェブラリーS10着
2着 ノーザンリバー  カペラS1着→当該レース→フェブラリーS4着
 3着 シルクフォーチュンカペラS3着→当該レース→フェブラリーS15着
              リピーター:1・不・3着→2・5・15着

 他のリピーター
 7着 テスタマッタ    3・6・7着   →1・7・不出走
 9着 ダノンカモン    5・9・9着   →4・8・7着
 12着 セイクリムズン   2・1・6・3・12着 →4・14・15・4着・不出走
13着 セレスハント    14・不・10・不・13着
 15着 ティアップワイルド 5・9・不・15着

 他の次走フェブラリーS
 4着 ブライトライン  →5着
 5着 アドマイヤロイヤル→14着
 8着 ドリームバレンチノ→9着
 9着 ダノンカモン   →7着

2013年:16頭
1着 メイショウマシュウ ギャラクシー3着→当該レース→(休養10カ月)武蔵野S12着
2着 ガンジス      ギャラクシー1着→当該レース→フェブラリーS10着
 3着 セイクリムズン   兵庫GT5着  →当該レース→フェブラリーS4着
                 リピーター:7・1・6・3着  →不・14・15・4着
 他のリピーター
 6着 テスタマッタ    3・6着   →1・7着
8着 ケイアイテンジン  13・不・不・8着→4着・不・不・不出走
 9着 ダノンカモン    5・9着   →4・8着
 11着 タイセイレジェンド 4・11着  →不・14着
 12着 ダイショウジェット 3・11・12着 →11・不・不出走
 13着 ヒラボクワイルド  12・13着  →11・不出走
 他の次走フェブラリーS
 6着 テスタマッタ   →7着
 9着 ダノンカモン   →8着
 11着 タイセイレジェンド→14着
 

2012年:16頭
1着 シルクフォーチュン ギャラクシー3着→当該レース→フェブラリーS2着
2着 トウショウカズン  大和S   1着→当該レース→フェブラリーS13着
 3着 テスタマッタ    東京大賞典 3着→当該レース→フェブラリーS1着

 他のリピーター
 5着 ダノンカモン  2・5着 →4着・14着
6着 セイクリムズン 2・1・6着 →4・14・15着
9着 ティアップワイルド 5・9着
10着 セレスハント    14・不・10着
11着 ダイショウジェット 3・11着 →11着・不出走
12着 ヒラボクワイルド  12着  →11着

 他の次走フェブラリーS
 5着 ダノンカモン →4着
 6着 セイクリムズン→15着
 14着 エーシントップ→16着

2011年:16頭
1着 セイクリムズン  カペラS1着→当該レース→フェブラリーS14着
             リピーター:2・1着 →4・14着
2着 ダノンカモン   大和S 1着→当該レース→フェブラリーS4着
 3着 ダイショウジェット師走S 9着→当該レース→フェブラリーS11着

 他のリピーター
 6着 ワンダーポデリオ  5・6着
 9着 ビクトリーテツニー 6・8・9着
 12着 ダイワディライト  12・12着
 15着 アグネスジェダイ  13・不・不・不・不・15着
 16着 スリーアベニュー  11・不・16着

 他の次走フェブラリーS
  該当馬なし

 TERAMAGAZI 2013年10月2日(水) 22:05
大井最終Rでプラス18万円!!明日の【レディスP】爆アク... 
閲覧 310ビュー コメント 0 ナイス 2

---------------------------------------------------------
地方競馬では、トンでもなく連勝する馬が出る。

セイントメモリーは5連勝で「オーバルスプリント(G3)」(2着タイセイレジェンド)を勝ったけど、スマートジョーカーは8連勝して臨んだ「京成盃OP」は1番人気で5着(勝ち馬はセイントメモリー!)
さらに次走の「サンタアニタトロフィーOP」も8着惨敗(勝ち馬はセイントメモリー!)
4連勝中のハードデイズナイトは「東京盃(Jpn3)」を勝てるのか?
スマートジョーカーのようにカベにぶつかるのか?
セイントメモリーのようにカベを乗り越えて連勝を伸ばすのか?
焦点はこの一点。
今さらヤッテマッタ、テスタマッタやタイセイレジェンド、ティアップワイルド、セレスハントのジジイ連中のレースじゃないでしょ。

僕はサウスヴィグラス産駒ハードデイスナイトは重賞のカベを乗り越えて、5連勝すると思ってます!!
2着、3着はハッキリ言ってどうでもいい。
ハードデイスナイトが5連勝するか?
だけが焦点のレース。

ビートルズの「ア・ハードディズ・ナイト」
http://www.youtube.com/watch?v=zSm0M-BbVdY
をサブPCのYouTubeで観ながら、
メインPCで、地方競馬情報サイト
http://www.keiba.go.jp/index.html
で、レース観戦。
モチロン仕事をしながら。
-----------------------------------------------------------
ということを【ウマニティ】の予想コロシアムに書いたけど、
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

大井10R【第47回 東京盃】(Jpn2)

1着タイセイレジェンド(JRA)
2着テスタマッタ(JRA)
3着アドマイヤサガス(JRA)
4着ティアップワイルド(JRA)
5着アイディンパワー(船橋)
6着セレスハント(JRA)
7着ハードデイズナイト(川崎)

単勝  220円
3連複 540円
3連単 2,510円

結果は、昨年の勝ち馬で、JBCスプリント勝ち馬のタイセイレジェンド(1番人気)が、そのまま直線で後続を突き放し、2着テスタマッタに3.3馬身半差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着にアドマイヤサガスが入って、JRAで独占。
僕のイチ推し4連勝中のハードデイズナイト(4番人気)は、直線入るまで先行してたが、ズルズルと下がってしまい7着惨敗。
セイントメモリーにはなれなかった。

でも馬券は、ハードデイズナイトともう1頭選んで2頭軸3連複にしようと、テスタマッタかタイセイレジェンドか迷って内に〆切り!!!

…結果的に、馬券購入出来なくて「助かった!」ワケですが、うーん。微妙ですね。

で、今度は買い逃さないように大井最終「とかげ座特別」は早々と購入。
狙いは、名手・御神本騎乗の14グレートサミット(3番人気)
前走は、9着に負けてるけど、他にコレといった逃げ馬がおらず単騎逃げが約束されたようなメンバー構成。
大外14番枠も逆に包まれず逃げやすい、と見ました。
対抗が絞りきれないので、単勝、複勝で勝負!

1/2馬身差で惜しくも2着。単勝600円はハズレですが、
複勝220円的中!!

明日は大井競馬で【第10回 レディスプレリュード】(Jpn2)があります。
焦点は、TCK女王盃→マリーンC→スパーキングレディーの重賞3連勝中(ヴィクトリアマイル17着は芝だから参考外)の新女王メーデイア。
前売り単勝オッズは、何と1.0倍!!

2番人気のレッドクラウディアは、上記の重賞でメーデイアに3連敗。

3歳時は5連勝で牡馬を蹴散らし「東京ダービー」を勝ち「ジャパンダートダービー」はフェブラリーS勝ち馬のあのグレープブランデーの2着の輝きを取り戻せるのか?クラーベセクレタ。

関東オークスを5馬身差圧勝のアムールポエジー。

この辺りが、メーデイアの対抗馬ですが、見つけましたよ。超爆アナ馬を!
凱旋門賞馬バゴ産駒アクティビューティです!

TCK女王盃ではメーデイアの2着に健闘!
大井1800mは走りますよ。
前売りでは、単勝7番人気の50.3倍と超人気薄!

勝つのはメーデイアで仕方ないでしょうが、3連単の2着、3着付けすれば、スプリンターズSの爆マヤノリュウジンみたいな高配当も期待出来ます!!!

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年4月29日(月) 03:20
かきつばた記念Jpn3は、ダート最強世代の現7歳ティアッ... 
閲覧 208ビュー コメント 0 ナイス 1

ゴールドシップの敗戦が未だに夢か幻としか思えず、何をする気にもなれない今日この頃なワケですが、世間は通常に活動し、4・29(祝)も競馬は開催されます。




JRAでなく、即PATで馬券購入出来る地方競馬の予想をします。




名古屋では地方交流重賞jpn3の「かきつばた記念」があります。


2連覇中のセイクリムズンが出走しないのはサビシイですが、

JRAからは「ダート最強世代」と呼ばれる現7歳世代のティアップワイルドと

ダノンカモンが参戦します。


大注目ですよ!!!!!









名古屋10R 16:50発走

【第15回 かきつばた記念Jpn3】


「ダート最強世代」と呼ばれる現7歳世代。


「かきつばた記念」を連覇しているセイクリムズンを始め、トランセンド、ホッコータルマエ、テスタマッタ、ワンダーアキュート、ナムラタイタン、シルクフォーチュン、ティアップワイルド、ダノンカモン、エーシンモアオバー



JRA、地方交流重賞をことごとく勝利しています。


その最強世代であるティアップワイルド。


前走は、初のナイター競馬に戸惑って、4着に敗退しましたが、

小回りの名古屋コースは得意中の得意。


地方初参戦となる同じく最強7歳世代のダノンカモンが対抗。


「黒船賞Jpn3」で、セイクリムズンの2着に来たダイショウジェットが3番手。


前走、「東京スプリントJpn3」で、NAR年度代表馬ラブミーチャンの3着に来たセレスハント。


地方交流重賞にフィットしているHOWEVEW岩田康ジョッキー騎乗もプラス。


地元勢では、名古屋→【6・1・0・1】の名古屋最強馬サイモンロードが意地を見せるか。


いずれにしても、実質5頭立てのレースです。






◎1ティアップワイルド

○6ダノンカモン

▲2ダイショウジェット

注4セレスハント

△10サイモンロード






【3連複】 BOX (10点)

1、2、4、6、10







【馬連】BOX (10点)

1、2、4、6、10

[もっと見る]

⇒もっと見る

ティアップワイルドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ティアップワイルドの写真

投稿写真はありません。

ティアップワイルドの厩舎情報 VIP

2015年3月14日阪神スプリングJ G212着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ティアップワイルドの取材メモ VIP

2015年1月17日 障害4歳以上オープン 0着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。