今週の重賞レース

2021年9月26日( 産経賞オールカマー G2 神戸新聞杯 G2
京成杯オータムハンデ G3   日程:2021年9月12日() 15:45 中山/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 2

カテドラル

牡5 56.0 戸崎圭太  池添学 482(0) 1.32.0 15.4 7 33.9 ⑫⑨⑨
2 5 9

コントラチェック

牝5 55.5 大野拓弥  藤沢和雄 480(0) 1.32.0 クビ 36.8 12 35.2 ①①①
3 1 1

グレナディアガーズ

牡3 56.0 川田将雅  中内田充 460(0) 1.32.1 1/2 2.8 1 34.0 ⑧⑨⑨
4 7 13

スマートリアン

牝4 53.0 三浦皇成  石橋守 478(-2) 1.32.1 ハナ 21.1 9 34.6 ③④⑥
5 5 10

カラテ

牡5 57.0 菅原明良  高橋祥泰 532(+12) 1.32.2 1/2 8.4 3 34.4 ⑧⑦⑦
6 3 6

レイエンダ

セ6 57.0 津村明秀  藤沢和雄 488(-6) 1.32.3 クビ 158.2 15 33.8 ⑫⑫⑪
7 3 5

ステルヴィオ

牡6 58.0 横山武史  岩戸孝樹 500(0) 1.32.4 1/2 20.0 8 34.9 ③④③
8 4 7

マルターズディオサ

牝4 55.0 田辺裕信  手塚貴久 448(-2) 1.32.4 クビ 8.6 4 33.6 ⑮⑮⑭
9 4 8

ワイドファラオ

牡5 57.5 柴田善臣  辻野泰之 512(+4) B 1.32.7 78.1 14 34.9 ③⑦⑦
10 8 16

スマイルカナ

牝4 55.0 柴田大知  高橋祥泰 438(+6) 1.32.8 1/2 21.5 10 35.8 ②②②
11 2 4

グランデマーレ

牡4 55.0 藤岡康太  藤岡健一 512(+4) 1.32.9 1/2 9.2 5 35.4 ③④③
12 6 12

カレンシュトラウス

牡4 55.0 池添謙一  平田修 524(+10) 1.33.0 3/4 11.4 6 34.7 ⑪⑪⑪
13 8 15

アカノニジュウイチ

牝4 53.0 横山典弘  尾関知人 454(+6) 1.33.1 1/2 28.4 11 34.3 ⑯⑮⑮
14 2 3

ベステンダンク

牡9 56.0 武藤雅  安達昭夫 506(-16) B 1.33.2 クビ 166.2 16 34.5 ⑧⑭⑮
15 6 11

バスラットレオン

牡3 54.0 藤岡佑介  矢作芳人 482(-2) 1.33.3 1/2 6.2 2 34.8 ⑭⑫⑪
16 7 14

マイスタイル

牡7 57.0 横山和生  昆貢 462(-8) 1.33.5 1 1/4 52.1 13 36.3 ③③③
ラップタイム 12.3 - 11.2 - 11.1 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 11.4 - 12.4
前半 12.3 - 23.5 - 34.6 - 45.6 - 56.8
後半 57.4 - 46.4 - 35.2 - 23.8 - 12.4

■払戻金

単勝 2 1,540円 7番人気
複勝 2 310円 6番人気
9 870円 13番人気
1 150円 1番人気
枠連 1-5 840円 2番人気
馬連 2-9 24,320円 66番人気
ワイド 2-9 5,180円 59番人気
1-2 770円 5番人気
1-9 2,900円 41番人気
馬単 2-9 48,260円 131番人気
3連複 1-2-9 24,750円 92番人気
3連単 2-9-1 238,060円 823番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:320,338人(09月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【京成杯オータムハンデ2021予想】オール野芝の開幕週らしい高速仕様のコンディション!内めを上手に立ち回る馬が優位!

土曜日の中山芝のレース結果、近年の京成杯オータムハンデの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

今週は水曜日から金曜日にかけて、15ミリの雨量を記録。土曜日も雨がパラつく時間帯があった。だが、馬場に深刻なダメージを及ぼすことはなく、芝コースは終日良馬場(JRA発表)での開催。芝ならびに路盤の状態は上々で、経済コースを上手に立ち回った馬の奮闘が目を引いた。

3回中山開催終了後、3コーナー(内側主体)から4コーナー(ほぼ全体)を中心に大面積の芝を張り替えたうえに、秋競馬が始まるまでのインターバルも十分。ここ最近の天候不順を受けながらも、土曜日朝のクッション値は10.3(JRA発表)と、やや硬めの水準になっている。時計が出やすい仕上がりとみていいだろう。

事実、10R・汐留特別(2勝クラス・芝1200m)は勝ち時計こそ1分7秒9に過ぎないが、1~5着馬の上がり3ハロンはいずれも33秒台。11R・紫苑S(3歳牝馬限定G3・芝2000m)の決着タイムは1分58秒2で、コースレコードとは0秒4差。オール野芝の開幕週らしい高速仕様になっている。

日曜日の天気は不安定。雨が降って馬場の含水率が高くなれば、上がりを要する分だけ外差しの優位性が増す可能性もある。とはいえ、スタンド前の直線が追い風気味だったにもかかわらず、土曜日の芝競走における勝ち馬の4角通過順位はすべて5番手以内。状況が変わったとしても、外枠(7~8枠)の差し・追い込みタイプは狙いづらい。

従って土曜日に引き続き、道中で内めをうまく立ち回った馬が有利という捉え方がベター。待機勢を狙うのであれば、内め追走から馬群を上手に捌けそうなタイプとなろう。枠順については、内~中(1~5枠あたり)に軸足を寄せたほうが、好結果につながりやすいのではないか。

血統面に関しては、過去5年の京成杯オータムハンデを振り返ると、トニービンやディープインパクトの血を引く馬の活躍が目立ち、毎年のように上位を賑わせている。該当する馬には相応の評価が必要だ。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(1~5枠あたり)の要点をともに満たしているのは、②カテドラル、⑦マルターズディオサ、⑨コントラチェック。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
カテドラル ⑦マルターズディオサ ⑨コントラチェック
厩舎
の話

【京成杯オータムハンデ2021予想】グレナディアガーズ「斤量は見込まれたかなと思う」 カラテ「ひと雨あれば」

 ◆アカノニジュウイチ・尾関師「前走は着差以上に強い競馬。中山マイルをどうこなすか」

 ◆カテドラル池添学師「輸送は経験があるので大丈夫。あとは展開」

 ◆カラテ・高橋祥師「中山マイルに不安はない。ひと雨あれば」

 ◆カレンシュトラウス・平田師「(前走も)我慢してしっかりかわしてくれた。マイル適性は十分」

 ◆グランデマーレ・藤岡師「先行力はあるし、開幕週で時計が速くなることを想定した競馬になると思います」

 ◆グレナディアガーズ・中内田師「斤量は見込まれたかなと思う。賢い子ですし、輸送は心配していない」

 ◆コントラチェック・千島助手「中山ではそれぞれ違う距離で重賞を3勝して相性がいい」

 ◆ステルヴィオ・太田助手「喉の手術で長期休養明け。馬体はフィットしてきたし、気持ちも入ってきた」

 ◆スマイルカナ・柴田大騎手「シャキッとしていて春とは全然違う」

 ◆スマートリアン・石橋師「コース自体は問わない馬」

 ◆バスラットレオン・藤岡佑騎手「今後は控えることも視野に入れたい。馬体的には成長している」

 ◆ベステンダンク・安達師「中山はダメというわけではない」

 ◆マルターズディオサ・手塚師「中山のマイルが一番合う」

 ◆レイエンダ・津村騎手「追い切りは、特に気になるところもなく乗りやすかった」

 ◆ワイドファラオ・辻野師「つつかれた方がいいので内枠がいいです」

京成杯AHの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【京成杯オータムハンデ2021予想】混戦濃厚も、芝マイル重賞2着から参戦の5歳馬が中心

【ハンデ】

サマーマイルシリーズが創設された、2012年以降(新潟開催を除く)の3着以内延べ24頭の負担重量をみると、52キロから58キロまで幅広い。その一方、斤量増減に着目すると、前走で3着以下に敗れていたにもかかわらず、前走から斤量軽減のなかった牝馬が複勝圏入りしたケースはゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
⑦マルターズディオサ ⑨コントラチェック ⑯スマイルカナ

【前走使用距離】

2012年以降(新潟開催を除く)の1~3着馬の前走使用距離をみると、1400mから2400m(すべて芝競走)までバラエティに富んでいる。ただし、前走1400m出走馬の2着連対圏入りは、前走1着馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
⑤ステルヴィオ ⑧ワイドファラオ ⑨コントラチェック ⑮アカノニジュウイチ

【前走大敗馬】

2012年以降(新潟開催を除く)、前走10着以下から盛り返し、当レースで2着連対圏に入った馬は3頭。うち2頭は前走がG1戦、もう1頭は前走で芝2000mの重賞に出走していた。前走で2000m未満のG2以下戦を使用し、2ケタ着順だった馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
⑤ステルヴィオ ⑥レイエンダ

【サマーマイルシリーズ組】

2012年以降(新潟開催を除く)、サマーマイルシリーズ対象の重賞競走経由で2着連対圏入りを果たしたのは6頭。すべて5歳以上の馬だった。前走でサマーマイルシリーズ対象の重賞競走を使用していた、4歳以下の馬は例外なく3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
④グランデマーレ

【非重賞組】

2012年以降(新潟開催を除く)、前走非重賞組の2着連対圏入りは5頭。いずれも前走で単勝2番人気以内の高支持を集め、なおかつ2着以内に好走していた。前走が非重賞で単勝3番人気以下の評価を受けていた馬、ならびに非重賞3着以下からの参戦馬は過信禁物とみておきたい。

(減点対象馬)
③ベステンダンク

【マイル実績】

2012年以降(新潟開催を除く)の2着以内延べ16頭中14頭は、マイル重賞の5着以内経験馬。残りの2頭はともに中山芝1600mでの勝利歴を持っていた。当該コース未勝利、なおかつマイル重賞での善戦・好走歴を欠く馬が、首位争いに絡むのはかなり難しい。

(減点対象馬)
⑫カレンシュトラウス

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①グレナディアガーズ、②カテドラル、⑩カラテ、⑪バスラットレオン、⑬スマートリアン、⑭マイスタイルの6頭。最上位は②カテドラルとする。2012年以降(新潟開催除く)の年齢別で最多3勝(6連対)の5歳馬に該当。加えて、芝1600mの重賞2着から臨んだ5歳馬は【2.1.1.2】の好パフォーマンスを示している。本馬自身、今年に入ってから安田記念を除く3戦がすべて2着という、安定した成績を収めていることも好感度が高い。

同じく芝マイル重賞2着から参戦の5歳馬に当てはまる、⑩カラテを2番手に。昨年の2歳マイル王者①グレナディアガーズ、今春のニュージーランドTを快勝した⑪バスラットレオンも上位評価に値する存在。4戦連続連対中の⑬スマートリアン、キャリア豊富な⑭マイスタイルも侮りがたく、混戦が予想される。

<注目馬>
カテドラル ⑩カラテ ①グレナディアガーズ ⑪バスラットレオン ⑬スマートリアン ⑭マイスタイル

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【京成杯オータムハンデ2021予想】難解決着が続くハンデ戦 人気勢+あの激走ポイント重視の合わせ技で勝負!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

過去5年の勝ち馬のU指数順位は、10位、1位、10位、7位、6位。1位が期待に応えて勝つこともあれば、二桁順位の馬が勝ち切ることもあり、そこはさすがにハンデ戦といった様相。2~3着も含め、U指数的に絞り込むのが難解な印象を受ける。むしろ、ここ3年などは(18年)1番人気→3番人気、(19年)4番人気→5番人気、(20年)4番人気→3番人気決着と、下馬評的には平穏な決着が続くことからも、連はある程度割り切って上位人気勢からとするのが的中に近づくための第一歩と言えそうだ。

対して、好配の使者を託すゾーンは、20年ボンセルヴィーソ(7位、13番人気)であり、19年ジャンダルム(11位、10番人気)であり、17年ガリバルディ(9位、11番人気)でありといったところ。一見、何とも掴みどころがなさそうに映る面々だが、3番枠以内に入った人気下位の馬の中で指数最上位を徹底マーク、とすれば狙える馬たち。妙味を見出すとすればここだろう。

まず最初にピックアップするのは、U指数3位の②カテドラル。脚質から常にリスクを孕むキャラクターではあるものの、ここは上位人気の一角だろうし、3着内軸として信頼したい。U指数10位⑪バスラットレオンも有力。中山マイルでの好パフォーマンスが評価されて人気上位が想定されるが、同様に指数10位で人気に応え3歳馬Vを達成した16年ロードクエスト(55キロ)を思えば十分連対圏があっていい。あとは、年明けの若潮SがU指数的になかなかのレベルで、関屋記念2着からさらに上積みが見込めそうなU指数14位⑩カラテもマークを怠れない人気どころだろう。

一方、上位人気必至の11位①グレナディアガーズは、先述の⑪バスラットレオンとは2キロ差の56キロでここは危険視としたい。“U指数キラー”でもある3歳馬だが、牡馬で56キロはさすがに酷量と判断。

最後に、妙味どころとして、3番枠を引き当てた6位③ベステンダンクを挙げておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
カテドラル ⑪バスラットレオン ⑩カラテ ③ベステンダンク

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:320,338人(09月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【京成杯オータムハンデ2021予想】スプリント血脈に注目したいマイル戦、ディープインパクト産駒も人気不問で毎年好走

年に5回ある中山開催のなかで4回中山は野芝限定で行われる唯一の開催。昨年はロードカナロア産駒の4番人気トロワゼトワルが2連覇を果たすことになったが、同馬は一昨年に芝1600mのJRAレコード(現在)を更新する逃げ切り勝ちを収めていたように、まずは高速馬場への対応がカギと言えるだろう。また、スピード優位になることから1400m以下に実績のある馬が台頭しやすく、直近3年の勝ち馬においては父または母も芝1200mの重賞を制していた(ロードカナロア、メリッサ)。

ほか、昨年もハナ差2着でディープインパクト産駒のスマイルカナが入線していたが、同産駒が毎年のように上位を賑わすことも特徴のひとつ。なお、15年エキストラエンド、17年ガリバルディの2頭はともに11番人気と低評価ながら2着と好走していたので、ハンデ戦らしい人気薄の激走にも気を配る必要がありそうだ。

グランデマーレは、父ロードカナロア×母グランデアモーレ(母の父ネオユニヴァース)。同一馬とはいえ2連覇中と勢いのあるロードカナロア産駒。本馬も2戦目の葉牡丹賞をレコードタイムで制した実績があるように、この父の産駒らしく時計勝負は歓迎のタイプと言えるだろう。なお、母の父ネオユニヴァースは父として大波乱となった15年の勝ち馬フラアンジェリコを出している。1400m以下の実績こそないものの、前走は結果の出ていなかった左回りで5着と健闘していた成長ぶりを評価したい。

ステルヴィオは、父ロードカナロア×母ラルケット(母の父ファルブラヴ)。20年京王杯スプリングカップ・2着、20年スワンS・2着と1400mの重賞で好走している実績を評価しやすく、近親には04年アイビスサマーダッシュで2着となったタカオルビーもいる。中山競馬場は18年スプリングSを制するほか、18年皐月賞・4着、19年中山記念・3着と底を見せていない舞台。近走こそ不本意な競馬が続いているものの、随所に能力の高さを示しているだけに、得意の舞台で復活があっても何ら不思議はないだろう。

スマイルカナは、父ディープインパクト×母エーシンクールディ(母の父Distorted Humor)。本馬は全5勝を芝1600mで挙げているマイラーで、中山芝1600mでは20年フェアリーS、20年ターコイズSと重賞を2勝。昨年の京成杯オータムHでもハナ差2着と接戦を演じており、リピート好走が少なくないこと、ディープインパクト産駒が毎年入線していることを踏まえれば、やはり今年もぞんざいには扱えない。また、叔父エイシンヒカリと同様に、本馬も類まれなるスピードを活かしてこそのタイプに思える。

【血統予想からの注目馬】
グランデマーレ ⑤ステルヴィオ ⑯スマイルカナ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【京成杯オータムハンデ2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年9月13日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 トロワゼトワル 横山典弘 1:33.9 7.2 4 35.3 102.1
2 16 スマイルカナ 柴田大知 1:33.9 ハナ 5.4 3 35.6 102.1
3 2 ボンセルヴィーソ 木幡巧也 1:33.9 ハナ 45.1 13 35.2 102.1
4 7 ジャンダルム 藤井勘一郎 1:34.1 1 1/4 33.3 11 35.3 100.6
5 8 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 1:34.2 1/2 8.7 5 35.2 99.8
2019年9月8日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 トロワゼトワル 横山典弘 1:30.3 7.2 4 34.9 107.2
2 11 ディメンシオン 北村宏司 1:30.9 3 1/2 9.4 5 34.2 102.7
3 2 ジャンダルム 藤井勘一郎 1:30.9 クビ 28.2 10 34.2 102.7
4 3 カルヴァリオ 黛弘人 1:31.0 1/2 276.2 15 33.9 101.9
5 1 プロディガルサン 三浦皇成 1:31.0 アタマ 6.8 3 33.5 101.9
2018年9月9日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 ミッキーグローリー C.ルメール 1:32.4 3.3 1 33.5 100.1
2 14 ワントゥワン 戸崎圭太 1:32.5 3/4 6.4 3 33.0 99.3
3 2 ロジクライ 浜中俊 1:32.6 3/4 3.3 2 34.1 98.5
4 5 ロードクエスト 三浦皇成 1:32.6 ハナ 14.4 5 34.0 98.5
5 13 ゴールドサーベラス 柴山雄一 1:32.6 アタマ 19.7 8 34.1 98.5

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【京成杯オータムハンデ2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬レオアクティブ

東京でその歴史をスタートさせ、その後に舞台を中山に移した伝統のハンデ重賞。昭和の時代は、第32回(1987年)のダイナアクトレスによるレコード勝ちや、第34回(1989年)のマティリアルによる復活勝利など、印象深いレースが多く展開された。第45回(2000年)、第46回(2001年)は、シンボリインディゼンノエルシドと、藤沢和厩舎のマイルG1馬(後者はこのレースのあとにG1勝ち)が優勝。第47~48回(2002~2003年)はブレイクタイムが、第49~50回(2004~2005年)はマイネルモルゲンが、それぞれ連覇を達成している。高速決着になることも多く、第57回(2012年)はレオアクティブが当時の芝1600mの世界レコードとなる、1分30秒7という衝撃的なタイムを叩き出した。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:320,338人(09月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

京成杯オータムハンデ特集 バックナンバー