今週の重賞レース

2021年4月10日( サンスポ杯阪神牝馬S G2 ニュージーランドT G2
2021年4月11日( 桜花賞 G1
夕刊フジオーシャンS G3   日程:2021年3月6日() 15:45 中山/芝1200m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 4 8

コントラチェック

牝5 54.0 丸山元気  藤沢和雄 480(+6) 1.08.4 33.4 11 34.3 ②②
2 2 3

カレンモエ

牝5 54.0 北村友一  安田隆行 458(-6) 1.08.4 ハナ 2.4 1 34.3 ②②
3 2 4

ビアンフェ

セ4 56.0 藤岡佑介  中竹和也 548(-12) 1.08.6 1 1/4 15.0 6 34.9 ①①
4 3 6

ヒロイックアゲン

牝7 54.0 石橋脩  加藤和宏 494(+8) 1.08.7 アタマ 65.5 14 34.3 ⑤⑥
5 4 7

カイザーミノル

牡5 56.0 横山典弘  北出成人 468(+6) 1.08.7 アタマ 13.7 3 34.5 ④④
6 8 15

ダイメイフジ

牡7 56.0 田辺裕信  森田直行 522(-2) 1.08.8 クビ 22.4 8 34.5 ⑤④
7 5 10

ヴェスターヴァルト

牡4 56.0 富田暁  加藤征弘 470(-2) 1.08.8 クビ 28.7 10 34.2 ⑦⑦
8 8 16

ラヴィングアンサー

牡7 56.0 勝浦正樹  石坂公一 500(-6) 1.08.9 クビ 15.0 5 34.0 ⑫⑩
9 6 11

アストラエンブレム

セ8 56.0 石川裕紀  小島茂之 486(+10) 1.09.0 1/2 25.3 9 34.2 ⑪⑩
10 3 5

アンヴァル

牝6 54.0 藤岡康太  藤岡健一 466(-2) 1.09.0 アタマ 40.1 13 34.4 ⑦⑩
11 7 14

アイラブテーラー

牝5 54.0 横山武史  河内洋 440(-8) 1.09.0 クビ 22.4 7 33.6 ⑯⑬
12 7 13

アウィルアウェイ

牝5 54.0 三浦皇成  高野友和 476(-12) 1.09.0 アタマ 13.8 4 33.8 ⑭⑬
13 1 2

アルピニズム

牡4 56.0 C.ルメー  金成貴史 502(0) 1.09.0 ハナ 3.4 2 34.4 ⑦⑦
14 6 12

キングハート

牡8 56.0 木幡巧也  尾形和幸 502(-10) 1.09.2 1 1/4 168.7 15 34.5 ⑩⑨
15 5 9

エイティーンガール

牝5 54.0 大野拓弥  飯田祐史 450(-4) 1.09.3 1/2 36.1 12 34.3 ⑬⑬
16 1 1

ナリタスターワン

牡9 56.0 笹川翼  野口寛仁 462(-12) 1.11.8 大差 406.5 16 36.5 ⑭⑯
ラップタイム 11.9 - 10.7 - 11.1 - 11.4 - 11.2 - 12.1
前半 11.9 - 22.6 - 33.7 - 45.1 - 56.3
後半 56.5 - 45.8 - 34.7 - 23.3 - 12.1

■払戻金

単勝 8 3,340円 11番人気
複勝 8 530円 11番人気
3 120円 1番人気
4 420円 7番人気
枠連 2-4 1,360円 4番人気
馬連 3-8 4,550円 16番人気
ワイド 3-8 1,720円 19番人気
4-8 6,820円 71番人気
3-4 880円 6番人気
馬単 8-3 16,050円 46番人気
3連複 3-4-8 18,650円 67番人気
3連単 8-3-4 168,680円 531番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:309,037人(04月11日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【オーシャンステークス2021予想】カレンモエ「追い切りは反応も良く、非常にいい動き」 アウィルアウェイ「中山1200mは一番合う」

 ◆アウィルアウェイ・高野師「前走のマイルは長かった。相手は強いけど、中山の1200メートルは一番合っています」

 ◆アストラエンブレム・小島師「最近カイ食いも安定。適性がなければ前走は勝てていない」

 ◆アルピニズム・金成師「持ち時計を詰める必要があるけど、雨が降るのは問題ない」

 ◆アンヴァル・藤岡師「中山は初だけど右回りだし、小回りに近いので合うかも。時計が速くなっても差しの展開なら」

 ◆カレンモエ・北村友騎手「追い切りは反応も良く、非常にいい動きでした。まだ良くなっている段階ですが、ここでいい結果が出れば」

 ◆ダイメイフジ・森田師「自在性があるし、中山コースは合っている。馬なりで気分良く走れる展開になってほしい」

 ◆ビアンフェ・中竹師「去勢して若干落ち着きが出たし、ゲート入りなどがスムーズになれば。能力を出し切れれば」

 ◆ラヴィングアンサー・石坂公師「父(石坂正師)のところで今年2戦しているのでどうかと思いましたが、状態に何の不安もありません」



★夕刊フジ賞オーシャンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【オーシャンステークス2021予想】4項目オールクリアは、テンハッピーローズ、ストゥーティ、タイニーロマンスの3頭

【性別】

2011年以降の性別成績は、牡・せん【7.5.9.89】、牝【3.5.1.41】。好走率における性別での大きな開きはない。その一方で、牝馬の好走は前走が5着以内、または前走で4番人気以内の支持を集めていた馬に限られる。牝馬を狙う場合は前走の人気と着順に注意したいところだ。

【馬齢】

2011年以降の3着以内延べ30頭の馬齢をみると、4歳から8歳までの範囲。ただし、7~8歳の2着連対圏入りは、過去のオーシャンSで馬券に絡んだことがあるリピーターホースのみ。押さえておきたい傾向のひとつといえよう。

【前走着順】

前走の着順については重賞なら問わないが、非重賞の場合は4着以内が目安。2011年以降、これ以外のステップで臨んだ馬は2着連対圏に届いていない。なお、前走条件戦組の好走は芝1200mで連対率100%だった馬に限定される。そのあたりには配慮が必要だ。

【距離実績】

2011年以降の2着以内延べ20頭のうち19頭にオープンクラスの芝1200mでの勝利経験があった。例外は2014年の優勝馬スマートオリオン1頭のみ。同馬のそれまでの中山芝1200m成績は【2.3.0.0】。2着連対を逃したことがないコース巧者だった。オープンクラスの芝1200mで勝ち鞍がない馬は、過去の当該コース戦績をしっかりチェックしておきたい。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、アイラブテーラーダイメイフジビアンフェの3頭。最上位にはビアンフェを挙げたい。2011年以降、前走スプリンターズS組は【0.1.1.3】と、約5カ月の休み明けを思えば合格点レベルの成績。強豪集うG1で急流を経験して臨む今回、スムーズに運ぶことができれば巻き返しの余地は十分にある。

近10回、前走がオープンクラスで5着以内だった牝馬は3勝を含む7連対と活躍。それに該当するアイラブテーラーを2番手に。リピーターが目立つレースゆえに、当レースで3着2回をマークしているダイメイフジも軽くは扱えないだろう。

<注目馬>
ビアンフェ アイラブテーラー ダイメイフジ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【オーシャンステークス2021予想】U指数的には順当なレースゆえに上位馬を素直に信頼してOK!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

結論から言うと、このレースはU指数的には順当で、指数上位馬の信頼度はきわめて高い。直近6年は連続して1、2位のいずれかもしくは両方が馬券圏内に好走(直近3年は指数100以上の1位が100%馬券絡み)。2019年は3位以内でワンツー、2020年は1~3位が上位3着を独占というように、安定して高いパフォーマンスを披露している。4~5位の成績も悪くないので、馬券派上位勢を中心に組み立てていくスタンスでまったく問題ない。

まずは、U指数1位のグルーヴィット(101.5)を推奨する。登録時点では除外対象(1頭の回避待ち)ながら、安定感抜群の指数100以上の1位であり、2位に2.3の指数差を付けている“凄馬”でもある。千二ではまだ底を見せていないので、出走が叶えば2年ぶりの重賞制覇の可能性は十分にあるだろう。

次に注目したいのは、今回と同じ中山芝1200mを舞台に行われたスプリンターズSで3着に好走した実績を持つ3位のアウィルアウェイ(98.3)。常に人気以上に好走するタイプなので、軽視は禁物だ。以下、デビュー以来一度しか4着以下に敗れたことのない5位のカレンモエ(98.0)、好調・横山武史騎手への乗り替わりが不気味な2位のアイラブテーラー(99.2)まで押さえておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:309,037人(04月11日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【オーシャンステークス2021予想】父Mr. Prospector系×母の父Danzig系が2連覇中

昨年はロードカナロア産駒としても初出走となった1番人気ダノンスマッシュが2着に1.1/2馬身差を付けて快勝。大まかに見れば、一昨年の勝ち馬モズスーパーフレア(父Speightstown)に続いて、父Mr. Prospector系×母の父Danzig系という血統構成の馬が2連覇を達成したことになる。なお、17年の勝ち馬メラグラーナ(父Fastnet Rock)も父Danzig系×母の父Mr. Prospector系なので、先述した2頭の父系と母系を入れ替えたような血統構成と言えるだろう。

近年はMr. Prospectorのスピード強調しやすい傾向にあり、直近5年の勝ち馬および3着以内に好走した15頭のうち9頭が父または母の父がMr. Prospectorの直系。また、少し遡るとサクラゴスペルが13・15年と隔年で勝利しているが、同馬はMr. Prospectorの近親(3代母Lillian RussellがMr. Prospectorの半妹)にあたる血統馬だった。

カレンモエは、父ロードカナロア×母カレンチャン(母の父クロフネ)。母カレンチャンは12年高松宮記念や11年スプリンターズSを制したスプリンターで、本馬はレコード決着となった12年スプリンターズSの1着馬が父、2着馬が母というロマンあふれる血統馬だ。重賞初挑戦となった前走京阪杯では、差し馬が台頭するなか正攻法の立ち回りで2着に好走。今年、2連覇をかけて多数出走するロードカナロア産駒のなかでも、最有力候補と言って差し支えないだろう。

グルーヴィットは、父ロードカナロア×母スペシャルグルーヴ(母の父スペシャルウィーク)。3代母エアグルーヴは競走馬としても繁殖牝馬としても優秀で、この牝系は本馬と同じキングカメハメハ系との配合でドゥラメンテやルーラーシップといったG1馬を出してきた。ただし、このファミリーは気性面での課題を抱える馬が多く、エキサイトしやすい性格が祟って昨今は距離適性も短くなりつつある。また、渋った馬場は苦にしないだけに、雨が降って時計がかかる展開になったほうが狙いやすい。

ダイメイフジは、父アグネスデジタル×母ダイメイダーク(母の父ダンスインザダーク)。父アグネスデジタルの血統構成が父Mr. Prospector系×母の父Danzig系となるので、父系自体が要所を抑えた血統と言えるだろう。本馬は芝ダート問わずに中山1200mを得意としており、オーシャンSにおいても18・19年と2年連続で3着に好走した実績を持つ。半姉ダイメイプリンセスも一線級のスプリンターとして息の長い活躍をしていたので、本馬も7歳とはいえ得意舞台であれば侮れないか。

【血統予想からの注目馬】
カレンモエ グルーヴィット ダイメイフジ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【オーシャンステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年3月7日() 中山/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 ダノンスマッシュ 川田将雅 1:07.4 2.0 1 34.0 106.6
2 10 ナックビーナス 横山典弘 1:07.6 1 1/2 5.4 3 34.4 104.6
3 1 タワーオブロンドン C.ルメール 1:08.1 2.5 2 34.4 99.4
4 5 グランドボヌール 城戸義政 1:08.1 ハナ 177.6 11 34.5 99.4
5 6 キングハート 北村宏司 1:08.4 1 3/4 39.0 6 34.6 96.3
2019年3月2日() 中山/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 14 モズスーパーフレア C.ルメール 1:07.1 3.1 1 34.8 108.6
2 12 ナックビーナス 大野拓弥 1:07.3 1 1/4 3.2 2 34.4 106.6
3 6 ダイメイフジ 松岡正海 1:07.7 2 1/2 15.6 7 34.4 102.4
4 2 ペイシャフェリシタ F.ミナリク 1:07.9 1 1/2 12.5 6 34.3 100.4
5 9 ショウナンアンセム 津村明秀 1:08.1 1 1/4 82.3 13 34.8 98.3
2018年3月3日() 中山/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 キングハート 北村宏司 1:08.3 31.3 10 34.3 102.3
2 13 ナックビーナス 横山典弘 1:08.3 アタマ 5.1 2 34.1 102.3
3 10 ダイメイフジ M.デムーロ 1:08.4 1/2 5.0 1 33.7 101.2
4 9 ネロ F.ミナリク 1:08.4 ハナ 9.8 6 34.9 101.2
5 4 ビップライブリー 戸崎圭太 1:08.4 クビ 6.5 4 34.4 101.2

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【オーシャンステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2013,2015年の優勝馬サクラゴスペル

関東圏における、高松宮記念への最終ステップレースで、関東馬を中心に快速自慢が集う。重賞に昇格した第1回(2006年)は、地方競馬の船橋所属のネイティヴハートが単勝万馬券の低評価を覆しJRA重賞初制覇。続く高松宮記念でも5着に好走した。第5回(2010年)の覇者キンシャサノキセキは、次走の高松宮記念も勝ってG1ウイナーに。中山芝1200m巧者として活躍したサクラゴスペルは、第8回(2013年)、第10回(2015年)の隔年制覇を達成している。オープン特別時代の勝ち馬のなかには、その後に高松宮記念馬となるシンコウフォレストショウナンカンプの名前も含まれる。

歴史と概要をもっと見る

夕刊フジオーシャンS特集 バックナンバー