モルトベーネ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
モルトベーネ
モルトベーネ
写真一覧
抹消  栗毛 2012年3月24日生
調教師田中淳司(北海道)
馬主有限会社 二風谷ファーム
生産者櫛桁牧場
生産地浦河町
戦績34戦[7-3-3-21]
総賞金17,346万円
収得賞金6,300万円
英字表記Molto Bene
血統 ディープスカイ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
アビ
ノーブルエターナル
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
クイーンズメモリー
兄弟 マイネルグラシューエターナルムーン
前走 2019/08/11 エルムステークス G3
次走予定

モルトベーネの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/11 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1445215.5149** 牡7 56.0 服部茂史田中淳司472(-22)1.43.9 2.037.9⑧⑧⑩⑨モズアトラクション
19/01/20 中京 11 東海S G2 ダ1800 1368184.01113** 牡7 56.0 藤岡康太松永昌博478(+12)1.54.2 4.440.0④④インティ
18/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16714117.01214** 牡6 56.0 蛯名正義松永昌博466(0)1.36.6 1.937.3⑤⑤サンライズノヴァ
18/10/08 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 1623109.7146** 牡6 59.0 蛯名正義松永昌博466(+8)1.24.3 0.936.9⑦⑦サンライズノヴァ
18/08/12 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1481329.3109** 牡6 56.0 秋山真一松永昌博458(-18)1.43.5 1.537.6⑥⑦⑦⑨ハイランドピーク
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 162322.763** 牡6 56.0 秋山真一松永昌博476(+2)1.52.9 1.138.9④⑤テイエムジンソク
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 163662.21313** 牡5 57.0 秋山真一松永昌博474(+4)1.50.9 0.836.7ゴールドドリーム
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 16118.145** 牡5 57.0 秋山真一松永昌博470(+2)1.51.6 1.538.0⑪⑪⑪⑧テイエムジンソク
17/09/30 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 16235.4411** 牡5 57.5 M.デムー松永昌博468(+4)2.05.1 1.238.5⑤⑤④④メイショウスミトモ
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 165107.331** 牡5 56.0 M.デムー松永昌博464(-6)1.49.9 -0.336.2⑥⑤④⑤ロンドンタウン
17/03/30 名古 11 名古屋大賞典 G3 ダ1900 9--------4** 牡5 54.0 M.デムー松永昌博470(--)2.03.8 1.3----ケイティブレイブ
17/02/12 京都 10 アルデバラン OP ダ1900 127105.031** 牡5 55.0 M.デムー松永昌博476(+8)1.57.7 -0.236.4マイネルクロップ
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 162496.3122** 牡5 56.0 秋山真一松永昌博468(+2)1.53.3 0.136.9グレンツェント
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 164888.4116** 牡4 56.0 小牧太松永昌博466(0)1.51.0 0.937.4④④④④アポロケンタッキー
16/10/23 東京 11 ブラジルC OP ダ2100 1651031.3811** 牡4 54.0 柴田大知松永昌博466(+16)2.10.6 1.738.1④⑥ミツバ
16/07/17 中京 11 ジュライS OP ダ1800 128113.119** 牡4 56.0 武豊松永昌博450(-2)1.53.3 2.338.2マスクゾロ
16/06/26 阪神 10 花のみちS 1600万下 ダ1800 167143.821** 牡4 57.0 蛯名正義松永昌博452(-10)1.49.8 -0.336.7テイエムジンソク
16/05/08 東京 10 ブリリアント OP ダ2100 153427.965** 牡4 53.0 蛯名正義松永昌博462(-6)2.10.9 0.538.2⑦⑧⑧⑨アポロケンタッキー
16/02/14 小倉 11 門司S 1600万下 ダ1700 155910.951** 牡4 53.0 松若風馬松永昌博468(+4)1.43.0 -0.336.2トラキチシャチョウ
16/01/23 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1800 127104.631** 牡4 56.0 M.デムー松永昌博464(+2)1.52.7 -0.336.7⑤⑤サンタエヴィータ

⇒もっと見る


モルトベーネの関連ニュース

 ◆藤岡佑騎手(サトノティターン3着)「1コーナーで挟まれて一列下げる形に。あそこがスムーズだったらね。長くいい脚を使ってくれたし、小回り自体も苦にしなかった」

 ◆福永騎手(レッドアトゥ4着)「(マークする)相手を間違えた。グリムが相手だと思って外を回る形を取ったけど、結果的に内に入れたほうが良かったかも」

 ◆国分恭騎手(リアンヴェリテ5着)「マルターズアポジードリームキラリがやり合う形なら良かったが、そうにはならず自分から動く形に。よく頑張ってます」

 ◆池添騎手(タイムフライヤー6着)「うなって走っていたし、血統もそうだけど走りもダート向き。一回使っていれば勝ち負けできた」

 ◆武豊騎手(グリム7着)「馬の感じは良かった。これまで経験がない速い流れでも大丈夫と思っていたんだけど…」

 ◆岩田康騎手(テーオーエナジー8着)「自分の形に持ち込めたけど、まだ状態が戻り切ってないのか」

 ◆服部茂騎手(モルトベーネ9着)「馬体が減った(22キロ減)影響はあった」

 ◆古川騎手(サングラス10着)「ペースが速くて脚を使わされた」

 ◆坂井騎手(ドリームキラリ11着)「終始プレッシャーがきつかった」

 ◆柴山騎手(メイショウスミトモ12着)「流れが速くついて行けなかった」

 ◆松岡騎手(リーゼントロック13着)「腰がはまらず追走に苦労した」

 ◆菱田騎手(マルターズアポジー14着)「一歩目でつまずき、行くのがしんどくなった」

【U指数的考察】エルムS 連軸は指数4位以内から!指数下位の食い込みに要注意!2019年8月11日() 10:00

エルムSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証


<ポイント①>
指数上位の安定度はそれなりに高く、指数1~4位の馬が揃って2着連対を逃した年はない。

指数4位以内

テーオーエナジー
モズアトラクション
サトノティターン
グリム

<ポイント②>
指数上位馬が幅を利かせやすい一方で、指数9~13位馬が毎年のように上位に食い込んでいる。穴メーカーになるケースもあるので、侮れない存在といえよう。

指数9~13位

マルターズアポジー
モルトベーネ
サングラス
リーゼントロック
レッドアトゥ

<ポイント③>
指数96.5未満の馬が2頭以上絡んだ年はゼロ。穴を狙うとしても、指数96.5未満の馬同士の組み合わせは控えめにしたほうがいいかもしれない。

指数96.5未満

マルターズアポジー
モルトベーネ
タイムフライヤー
サングラス
リーゼントロック
レッドアトゥ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】エルムS 前走4角8番手以降の馬は割引!牝馬とNAR所属馬は期待薄!2019年8月11日() 09:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のエルムSの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。



【全般】
牝馬の好走例はなし(2008年以降)

レッドアトゥ

NAR所属馬の好走例は皆無(2008年以降)

モルトベーネ

前走でJRAのG1~G2戦に出走していた馬の連対例はなし(2008年以降)

タイムフライヤー

【人気】
前走で北海道エリアのダート1700mのオープン特別(JRAのレースに限る)に出走、かつ当レースで3番人気以下だった馬の馬券絡みはゼロ(7~8月の開催となった2012年以降)
※8時00分現在の3番人気以下、かつ該当馬

モズアトラクション
メイショウスミトモ
サングラス
リーゼントロック
ハイランドピーク

単勝オッズ帯15.0~19.9倍の連対例はなし(1999年以降)
※8時00分現在の15.0~19.9倍

マルターズアポジー

前走で条件戦に出走、かつ今回8番人気以下の好走例は皆無(2008年以降)
※8時00分現在の8番人気以下、かつ前走条件戦出走馬

レッドアトゥ

【脚質】
前走の4角通過順が8番手以降だった馬の好走例はなし(2008年以降)

サングラス
レッドアトゥ

【枠順】
1~3枠、かつ5番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降の札幌開催)
※8時00分現在の5番人気以下、かつ1~3枠の馬

マルターズアポジー
テーオーエナジー
ドリームキラリ

8枠、かつ5番人気以下の連対例は皆無(2008年以降の札幌開催)
※8時00分現在の5番人気以下、かつ8枠の馬

ハイランドピーク

【血統】
父ナスルーラ系の連対例はゼロ(2008年以降)

モズアトラクション
レッドアトゥ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サトノティターン
グリム
リアンヴェリテ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】エルムS 連勝中のアノ馬が上々のデキ!マーキュリーCを制したゼンノロブロイ産駒も仕上がり順調!2019年8月10日() 16:30

日曜日に行われるエルムSの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


マルターズアポジー
2日に坂路でラスト2F23秒9-12秒1の好ラップを記録。札幌への移動を挟み、ダートコースで行われた今週の追い切りでも軽快な走りを披露した。調教巧者だけに過度の評価はできないものの、無理なく抑えが利いて、ラストまでしっかり脚を伸ばしているところは好印象。このままテンションを維持できるようであれば、怖い1頭になるかもしれない。

テーオーエナジー
函館W主体に調整。1週前に大差先行の2頭を追走する意欲的な併走を消化。終いバテたものの、息をつくるという意味では悪くない。その効果もあってか、今週のW追いでは上々の伸び脚を見せた。頭の位置は少し高いものの、首をきっちり使って前に推進力が向いている点は好感が持てる。少なくとも前回より気配はいい。

ドリームキラリ
最終追いは札幌ダで併せ馬を実施。パートナーのリーゼントロックを突き放し、及第点以上のタイムを記録した。約2カ月半ぶりの割に調教本数は少なめだが、それは昨年(2着)も同様。この馬らしい前進気勢あふれる走りを展開しているし、フットワークも力強い。自身のパフォーマンスを出せる態勢とみていいだろう。

モズアトラクション
前走後は短期放牧を経て、函館ダで調整。1週前に終いまでしっかり攻めて、マズマズの上がりタイムをマーク。今週は終い重点の調整を施し、上々の反応を示した。前肢を駆使した柔らかいフットワークは見映えがする。この状態をキープできれば、侮れない存在になりそうだ。

モルトベーネ
門別坂路で行われた最終追いでは、35秒7-23秒7-12秒1の好ラップを計時した。中央在籍時も坂路で動く馬だったが、それは移籍後も健在の様子。状態面に不安はなさそうなので、あとはモチベーションの問題。自分のリズムで運べない際は、無抵抗のまま終わることが少なくない馬。そのあたりを加味すると、相手が揃う重賞では積極的に手が出ない。

サトノティターン
最終追いは札幌ダで併せ馬を実施。前を行く2勝クラスを余力残しで追い詰め、最後は鞍上が手綱を引っ張ったまま、僚馬に歩調を合わせる格好でゴールした。引っ掛かっている訳ではないのだが、巨漢馬ゆえにパワーを開放するタイミングが難しい。調子自体は悪くないので、あとは展開がハマるかどうか。それが大きな焦点となる。

タイムフライヤー
函館Wで実施した1週前追いでは、及第点の時計をマーク&併走相手のレッドアトゥを一蹴。今週のW追いでも、上々のラップを計時した。少しイライラした素振りを示しているところは減点材料だが、それを差し引いても気配は水準以上。約半年ぶりの休み明けを感じさせないデキにある。

メイショウスミトモ
この中間は函館ダートで調整。1週前、今週と2週続けて6Fから攻め、ともにマズマズのタイムをマークした。緩めの調整過程だった前回と比べると、いい調教を積んでいる印象を受ける。ただ、今回は札幌への輸送が控えており、大きな上積みまではどうか。それなりの走りを見せるかもしれないが、善戦の域を超えるイメージは湧いてこない。

サングラス
札幌ダートで調整を進めているが、中間の字面を見る限り、思うように時計が詰まってこない印象。最終追いの気配もイマイチで、いい頃のような推進力のある走りは見られなかった。1度叩いたぶんの上積みは見込めるかもしれないが、過度の評価は禁物。前走以上のパフォーマンスを望むのは難しいだろう。

リーゼントロック
最終追いは、札幌ダでドリームキラリを相手に併せ馬を実施。直線では我慢を利かせようと、鞍上が意図的に手綱を引いたこともあり、アッサリと置き去りにされた。それはいいとしても、終いに軽く促された際の反応が薄く、反抗できないままゴールした点は気がかり。今回は厳しくマイナス評価としたい。

レッドアトゥ
7月下旬に函館入り。その後はWコースの併せ馬主体に調整が進められている。ただ、最終追いの反応は今ひとつ。攻め駆けしないタイプではあるが、兎にも角にもズブい面が目についた。いずれにせよ、消耗することなく、追走できるかどうかがポイント。そのうえで、展開に身をゆだねるほかない。

グリム
1週前に格下相手とはいえ、大差追走から外を回して悠々と併入。4日には3頭併せを消化するなど、間隔が詰まるにもかかわらず、負荷をかけた調教を順調に消化している点は好感度が高い。最終追いは軽めの内容ながら、狙ったラップを無理するところなく刻んでおり、ほぼ陣営の思惑通りに仕上がっている様子。順調とみていいだろう。

ハイランドピーク
2週前に函館ダで追い切りをこなしたあと、札幌へ移動。入厩後はダートコースで追われ、1週前、今週と2週続けて及第点のタイムをマークした。少し力強さが足りないように映る一方で、身のこなしは俊敏。持ち味の回転鋭いフットワークも戻りつつある。少なくとも雰囲気は前回以上。反撃あっても不思議はない。

リアンヴェリテ
前走後、札幌に移動。ダートコースで行われた1週前追いでは、余力残しで合格水準のタイムを記録。同じくダートで実施した最終追いでは、序盤から小気味良い走りを展開。最後までタレることなく駆け抜けた。鞍上の合図に対する反応も良く、心身ともに状態は高い水準で推移している。上々の仕上がり。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】エルムS 前走1800m超の重賞出走馬が好調!4角中団以下から上位に食い込むのは至難の業!2019年8月10日() 16:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるエルムSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走1800m超の重賞(中央、地方不問)出走馬が好調(7~8月の開催となった2012年以降)

マルターズアポジー
サトノティターン
タイムフライヤー
グリム

【人気】
2~5番人気の回収率が高め(2008年以降)
※土曜日15時30分現在の2~5番人気

マルターズアポジー
モズアトラクション
タイムフライヤー
リアンヴェリテ

7~9番人気が好調(2008年以降)
※土曜日15時30分現在の7~9番人気

ドリームキラリ
サトノティターン
レッドアトゥ

【脚質】
先行勢が圧倒(2008年以降)

マルターズアポジー
テーオーエナジー
ドリームキラリ
グリム
リアンヴェリテ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
中枠(4~7枠)が狙い目(2008年以降の札幌開催)

モルトベーネ
サトノティターン
タイムフライヤー
メイショウスミトモ
サングラス
リーゼントロック
レッドアトゥ
グリム

【血統】
近年は、パワーもしくはスタミナ型のサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が優勢(近年の傾向)

テーオーエナジー
モルトベーネ
タイムフライヤー
メイショウスミトモ
グリム
リアンヴェリテ

近年は、ノーザンダンサー系やミスプロ系を父もしくは母父に持つ馬の活躍が目立つ(前走から距離短縮のローテで臨んだ馬、または前走で1番人気に支持された馬が攻勢)

マルターズアポジー
テーオーエナジー
モルトベーネ
サトノティターン
レッドアトゥ


【4項目以上該当馬】
マルターズアポジー(4項目)
サトノティターン(4項目)
タイムフライヤー(4項目)
グリム(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【エルムS】厩舎の話2019年8月9日(金) 05:06

 ◆グリム・野中師 「先週ある程度やっているし、輸送もあるのでしまいをサッと。動きとしてはいいよ」

 ◆サトノティターン・上原助手 「札幌に入ってからずっと動きはいい。これで前がやりあう流れになれば」

 ◆サングラス・古川騎手 「追い切りはしまい重点。反応は良かったので、展開が向けば」

 ◆タイムフライヤー・松田師 「きょう(水曜)の(乾いた)馬場で速い時計はなかなか出ないから。血統、調教の動きからもダートは合う」

 ◆テーオーエナジー・宮師 「休み明けだけど体は十分できています。小回りはいいと思う」

 ◆ドリームキラリ・坂井騎手 「順調に使えなかったぶん、動きに硬さがある」

 ◆ハイランドピーク・石井助手「先週みたいにモタれなかったし、良くなっている感じはある」

 ◆マルターズアポジー・菱田騎手 「かなりいい動きだった。ハイペースがいい馬なので、同型がいても関係ない。行くだけ行くつもり」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「時計はもう少し速くても良かったけど、先週しっかりやっているからね」

 ◆モズアトラクション・河北助手 「時計は思い通り。涼しいのもあって体調は変わらずいい」

 ◆モルトベーネ・田中淳師 「実績は遜色ありませんので、流れをつかめばチャンスがある」

 ◆リアンヴェリテ・山本助手 「輸送するとイレ込んで消耗してしまうタイプ。滞在だとそれがないぶん、やりやすい」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「動きはもうひとつだし、年齢的なものも少し感じる。後ろから運んでどこまで」

 ◆レッドアトゥ・松田師 「エンジンがかかったときのトップスピードはここでも通用する。牡馬と走っても能力的には遜色ないと思う」

★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルトベーネの関連コラム

閲覧 1,444ビュー コメント 0 ナイス 12



先週は、21(日)に中京競馬場でG2東海S、中山競馬場でG2AJCCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2東海Sは、1番人気のテイエムジンソクが単勝1.3倍の支持を集めゲートイン。そのテイエムジンソクが、サルサディオーネとの先手争いを制して1コーナーで先頭に立つと、その後はペースを落としてマイペースの逃げを展開。終始1馬身ほどのリードをキープし、2番手に2番人気ディアデルレイを従えて直線へ。依然手応え十分といった感じで、鞍上の古川騎手が横をちらりと確認してから追い出しを開始すると、苦しくなって後退するディアデルレイに代わって2番手には13番人気の伏兵コスモカナディアンが浮上します。後続はやや引き離され、3番手にモルトベーネが伸びてきた頃には既に大勢は決した構え。遥か前を行く2頭の争いは、テイエムジンソクコスモカナディアンを3/4馬身下し悠々と先頭で駆け抜け決着。テイエムジンソクが重賞2勝目を手にしています。2着コスモカナディアンから6馬身差の3着には、6番人気モルトベーネが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロスガダイプロほか、計6名が的中しています。
 
G2AJCCは、ダンビュライトショウナンバッハトミケンスラーヴァらが出を窺うところへ、1コーナーまでにマイネルミラノがこれを制して先頭へ。前半1000mを61.3秒(推定)のスローペースで通過すると、単独2番手ダンビュライトとなって徐々にペースアップ。3番手トミケンスラーヴァ以下は、ここから大きく離れての追走で縦長の隊列となります。マイネルミラノ先頭のまま、直後にダンビュライト、3~4コーナーで押し上げたミッキースワローが3番手に続く形で直線に入ると、残り200mを切ってダンビュライトが先頭へ。1番人気ミッキースワローは、道中外々を回りながら押し上げたことが堪えたか、抜け出したダンビュライトとの差をなかなか縮めることが出来ず。2番手で粘り込みを図るマイネルミラノをようやく捉えられるか、といった脚色で残り100mを通過。結局、2番人気ダンビュライトが早め先頭から先頭を譲らずゴールし、重賞初制覇を飾っています。2馬身差の2着にはミッキースワローが入り、そこから1/2馬身差の3着には8番人気マイネルミラノが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ山崎エリカプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
21(日)の京都12Rで、◎ゼットマックイーン(単勝205.3倍)からの馬連1000円分的中で、26万5,800円払戻しのビッグヒット!20(土)にも◎プエルタデルソル(単勝32.3倍)からの馬連的中(17万6,800円払戻し)の中京6Rなどで活躍を見せた先週は、2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率320%(←トップ)、収支37万1,480円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
日曜メインはG2東海S京都11RG2AJCCと3連続的中!特に◎○▲パーフェクト的中(馬券は馬連のみ)となったG2東海Sでは、8万5,200円の払戻しを達成しています。土日2日間では、トータル回収率191%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)は、中京11Rでの▲サトノプライムルドルフィーナアガスティア的中などの活躍を披露。翌21(日)は、中京10R京都10RG2東海Sなどで好調予想を連発し、2日間ともに回収率100%超を達成しました。週末トータル成績では回収率122%を記録しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(190%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(137%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(134%)、岡村信将プロ(112%)、サラマッポプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月21日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/東海ステークス G2(スガダイプロ)
閲覧 1,497ビュー コメント 0 ナイス 9



 ウマニティ公認プロ予想家陣の絶対的エース、スガダイさんが今年の当欄初登場。本日はフェブラリーSにつながる前哨戦の東海ステークスを予想してもらいます。今年は134レース予想して回収率102%のプラス収支を記録中と、年が変わってもさすがの安定感を誇示。“常勝のカリスマ”が下した結論を、おおいに参考にしてください。
 本命は「初のG1挑戦だった前走が勝ちに等しい内容だった」⑧テイエムジンソク。「今回のメンバーでは力が違い過ぎる。素直に相手探しと割り切りたい」と別格の評価を与えました。対抗は「近2走はいずれもロスの大きい競馬を強いられた」①ローズプリンスダム。「レパードSを勝ったときのようなロスの少ない競馬ができれば上位を狙える」との判断です。単穴は昨年の2着馬③モルトベーネ。以下、⑥コスモカナディアンと⑨ディアデルレイを押さえ、馬券は馬連・3連複1頭軸流し⑧→①③⑥⑨勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年12月7日(木) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/2~12/3)覆面ドクター・英プロ、岡村信将プロらが大幅プラスをマーク!!
閲覧 1,134ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、3(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは、アポロケンタッキーが当日に出走取り消しとなって15頭立てで発走時刻を迎えます。初G1挑戦のテイエムジンソクが単勝4.8倍で1番人気に推され、以下サウンドトゥルーケイティブレイブアウォーディーカフジテイクまでが単勝ひとケタ台。ノンコノユメロンドンタウンゴールドドリームコパノリッキーと、ここまでが単勝10倍台で続く混戦オッズを形成して全馬ゲートイン。
先手争いは最内枠を利してコパノリッキーが楽々制して1コーナーへ。2番手にはやや行きたがりながらテイエムジンソクが被せていき、ケイティブレイブモルトベーネがその直後。ロンドンタウンが掛かり気味に押し上げてこれに続き、グレンツェントアウォーディーローズプリンスダムメイショウスミトモカフジテイクゴールドドリームミツバサウンドトゥルーノンコノユメキングズガードとなって向こう正面に出ていきます。前半1000mを61.6秒(推定)の比較的ゆったりとしたペースで通過。依然マイペースで運ぶ先頭のコパノリッキーを目がけて、各馬が差を詰めにかかり徐々に馬群は凝縮していきます。
3~4コーナーを通過して、内コパノリッキー、外テイエムジンソクの2頭横並びの態勢で、ケイティブレイブアウォーディーらも好位から徐々に進出を開始。2番人気サウンドトゥルーは最後方の馬群の中から進路を探す展開となって、直線の攻防を迎えます。
前を行く2頭の叩き合いはどちらも譲らず。食い下がるコパノリッキー、これを捉えんとテイエムジンソクの白熱のバトルが続きます。2番手グループのケイティブレイブアウォーディーあたりはこの2頭との差をなかなか詰められずのまま残り100mを通過していきます。ここで、鋭い伸び脚で迫ったのは8番人気に甘んじていたフェブラリーS覇者のゴールドドリームでした。鞍上R・ムーアの激しいアクションに応えるようにグイグイと伸びて、ゴール前で内の2頭をまとめて飲み込むとそのままクビ差差し切ってV!今年のJRAダートG1を連勝で飾っています。2着にはゴール直前でコパノリッキーを交わしたテイエムジンソクが入り、同じくクビ差の3着には9番人気のコパノリッキーが逃げ粘っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロ西野圭吾プロイータン育成プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(日)G1チャンピオンズカップを、◎サウンドトゥルーテイエムジンソクコパノリッキーの3連単1584.9倍含む的中で、計15万9780円の払戻しを記録。週末2日間トータルでは、回収率309%、収支19万460円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
2(土)阪神7Rの◎フリーフリッカー的中、3(日)中京1Rの◎クォーターバック的中、同阪神11Rでの◎サトノアリシア的中など、随所に◎高精度予想を披露。週末トータル回収率120%、収支10万590円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
3(日)阪神9Rでは◎ヒシコスマーからの3連単3265.6倍を含め、計35万9,460円払戻しのビッグヒットをマーク!週末トータルでは回収率114%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
2(土)の中京11Rで13万2,000円、3(日)中山2Rで12万6,200円、同阪神9Rで23万9,800円と3本のスマッシュヒットを披露!週末トータルでは回収率111%を達成しています。
 
 
 
この他にも、イータン育成プロ(116%)、河内一秀プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年12月3日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(チャンピオンズカップ G1)
閲覧 1,085ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『チャンピオンズカップ G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎ゴールドドリームで勝率は比較的高めの24.5%と出ています。現在7番人気(単勝10倍台)ですから期待値的にも申し分なしですね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎ゴールドドリームで、2位にダブルスコアを付けての勝率トップという評価。穴っぽいところでは、ディープスカイ産駒の▲モルトベーネが浮上してきています。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎はゴールドドリーム(勝率25.1%)。また、2位も○カフジテイクの順で評価されているようです。穴馬△モルトベーネはここでも上位評価。

【まとめ】
今週も、◎ゴールドドリームカフジテイクの1位・2位評価全ロボ一致の見解となりました。ただ、「U指数」をベースにした評価ですから、当然“評価外”となるJBCクラシックを筆頭とした交流重賞戦績が存在するわけで......。うーん、悩ましいところですね。個人的には、上位評価2頭に関していえば○カフジテイクのほうに期待しているのですが、果たして結果やいかに!?今からレースが楽しみです(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年11月28日(火) 17:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズC・2017
閲覧 3,104ビュー コメント 0 ナイス 14

JCは、調教軽かったキタサンの疲労と差し馬場を考慮して最終的に本命打ったシュヴァルグランの単勝を結構持っていて嬉しかったのですが、キタサンへの馬単もたっぷり持っていただけに、最後キタサンが3着に落ちてがっかり(レイデオロの通用はまだ先で有馬で買おうと消して大失敗)。WIN5も4レース目を1番人気コウエイエンブレム1点で通そうとして2番人気ニットウスバルに負けて2着と残念なWIN4止まり。あれで263万つくのなら2レース目のモズアスコットのところを1点にしての最初の欲かかないバージョンで直さないままで行けばよかったのですが(あまりにも人気だっただけに前詰まったりしないかと期待して欲かきすぎて)、なかなかうまくいかないものです。


さて今週はチャンピオンズカップ。前身がジャパンダートダービーのダートチャンピオン決定戦で、中京1800mでの4度目(その前の6回が阪神ダート1800m、更にその前が東京2100m)となります。この3つの競馬場の中で中京が最も差しにくいコースだとは思いますが、騎手もその意識からか前が激しくやり合い案外差しが決まったりという結果のここ2年でした。

それでは恒例の1週前全頭診断を。

アウォーディー:JBCクラシックはまだ1番人気になるんだなあと逆にちょっと意外(結果も4着)だった。昨年6連勝で迎えこのレース2着だった時とは勢いが違い、7歳秋。高齢までパワー優位のダートだとやれるものだが、スピード問われる条件だけに消しまでありか。

ノンコノユメ:去勢してから慌てて使い過ぎたのもあり不調が長かった。ようやく上向いてきた感があり本命を打った前走武蔵野Sでは、よく追い上げて4着だったがここは脚質的に向かず。(できれば使わないで)2月の東京2戦で期待。

カフジテイク:5歳秋で前走得意条件(2月のフェブラリーSで1番人気になったくらい)で5着とやや勢い無くなってきた感もあり。あとはあまりダート追い込み馬に合っていない福永騎手でなく、四位騎手あるいは小牧騎手あたりならヒモで期待できるが。

テイエムジンソククロフネ産駒の数少ないダート重賞勝ち馬(ダート勝ち数は多いが重賞勝ちほとんどない種牡馬)だが、強力な先行力ある上がり馬。G1だからと手の合う古川吉騎手を降ろさなければ好勝負必至。

キングズガード:乗り方ひとつで距離はもつタイプとみて1800mでも本命を打った前走のみやこSだったが勝負がついた頃に差してきて3着。C・デムーロ騎手あたりに乗り替わって、前で折り合わせられたら期待できるのだが馬主、厩舎的にもそれは無さそう。

コパノリッキー:JBCスプリントでも2着と予想通り短距離適性もあったが、この2年は1番人気7着、3番人気13着とここが期待できないために短距離を使ったのかもしれず惨敗もあるだろう。ただ、つかみどころのない馬で中間の調教が良さそうなら、香港馬がよく大レース前に短距離を使いやる気を引き出すように、更なるG1勝利上積みもあるか。

ゴールドドリーム:昨年のこのレースで2番人気12着と惨敗。2月のフェブラリーSは勝つも、以降さっぱりで、調教の動きは良いのだが、復活するとしてもここではないのでは。

ピオネロ:オープンに上がってからも強い相手にも2着や3着できるのだが弱い相手にも勝ち切れない馬で、6歳秋のここで激走するかといえば難しいのでは。

サンライズソア:3歳のサンライズ2騎の勝ち切れないが安定して上位に来るほうで、母がスペシャルウィーク×ビハインドザマスクの芝でも期待できそうな配合。頭はないまでもそれなりに好走期待できるのでは。

アスカノロマン:昨年のこのレースで3着と激走したが、以降一度も馬券圏内無く衰えてきたのだろう。

サウンドトゥルー:昨年の勝ち馬で、一昨年も3着と芝スタートでなければ左回りは歓迎で、JBCクラシックも勝って勢い保っておりセン馬だけに衰え少なく好走必至。

アポロケンタッキー:昨年はこのレースで5着した後に東京大賞典を巨漢馬得意な内田博騎手で勝ったが、薬物検出(ステロイド)があり、関節炎や喘鳴症などどこか問題あるのでは。もう薬物使用はできないだろうから、実力があるのはわかっているが安定した状態は作りにくいのでは。

ロンドンタウンエルムSではテイエムジンソクを退けたタイムが札幌1700mなのに1分40秒9(重馬場)というすごい時計で、勢いのままコリアCではクリソライトに勝って(韓国G1でも相手はG3レベルか)連勝中。じわじわ強くなるカネヒキリ産駒らしく、ここでもやれる力つけてきた。

グレンツェント:1月の東海S制覇までは破竹の勢いだったがそれ以降はネオユニヴァースらしい気難しさが前面に出てきたか、さっぱりのスランプに陥ってしまい、ここでいきなり復活するのは難しそう。

ケイティブレイブ:出遅れて差して帝王賞を勝ってしまったり、元々はハイペース逃げで好走したりの強引な競馬が合う馬で強引な騎手の方が合いそうだが・・。

ミツバ:かつては追い込み馬で、横山典騎手の大逃げでオープン勝ちしてからは再度差し競馬で7月には交流重賞マーキュリーCも勝った。2番人気だったシリウスSはひどく行きっぷりが悪く8着。期待されなかった前走JBCクラシックはやる気を見せて7番人気3着と、つかみどころ無い感じの馬だが基本後方からとなりやすいだけに初の中京はあまり向かなそう。

メイショウスミトモ:遅咲きの馬で6歳秋でシリウスSを11番人気で勝ってしまったが(ヒモで好走期待していたが5番人気の私の本命を差し切ってしまい、頭まで来ないでよ、という前走)、フロックでなく父ゴールドアリュールで母もダートのオープン馬ロングプライドを出している血統構成からも3着くらいにきてもおかしくない。

メイショウウタゲ:前々走のオープン特別のブラジルCは、プリサイスエンドという血統からか2100mだと人気にならず本命を打って6番人気(11.5倍)稼がせてもらったが、前走武蔵野S8着はそんなものかなあという結果で強敵相手に一発ある感じではない。

トップディーヴォ:8月の新潟(BSN賞)でオープン勝ちを果たしシリウスSでも4着と好走したが、▲打った前走シリウスSは、手綱が外れて放馬という、タイヤ外れるルパン三世なみのびっくり除外(笑)。力つけてきているのだがあまり買いたくない経過。

サンライズノヴァユニコーンSは4馬身突き抜けるも1番人気のJDDでは6着と期待を裏切り、秋の始動戦のグリーンCCは古馬相手にきっちり勝つも武蔵野Sは1番人気で12着とムラ馬な感じ。地力はあり後方からズドンと激走あるのかもしれないが、買わない。

モルトベーネ:2月にアルデバランS(オープン特別)、4月にアンタレスS(G3)勝ち。父ディープスカイに初重賞をもたらしたが、この2戦ダメで期待薄。

スリータイタン:8歳にして準オープン勝ちでオープン入りしたものの、ここはスピードも問われ厳しい。

ローズプリンスダム:11番人気でレパードS勝ちした3歳馬だが、秋の始動戦のみやこSで出遅れて7番人気7着とそれなりの結果で、あまり買い要素無し。


<まとめ>
有力:テイエムジンソクサウンドトゥルー

[もっと見る]

2017年9月30日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第297回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~シリウスステークス G3
閲覧 839ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「シリウスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、マスクゾロピオネロの2頭。
第2グループ(黄)は、ブライトアイディアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のキクノソルまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、トップディーヴォから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノゴールドまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと第1グループ~第2グループに1.2の溝がありますが、大きな差ではなく混戦の分布となっています。

昨年の1着、2着、4着馬が出走してきた今年のシリウスステークス
3着馬のアポロケンタッキーが東京大賞典を制覇し、よりクローズアップされてしまいますが、昨年のシリウスステークスは間違いなくハイレベルなレース。昨年からの伸びしろがポイントになると見ています。

私の本命は◎ミツバとしたいと思います。
昨年は緩い流れで後方の大外、4角の時点でノーチャンスといえるほどの差がありました。1年経った今、近走のレースでは完全に1ランク上の強さを見せ、本格化を迎えている印象。脚質も終い一辺倒から自在性が加わりました。今年もメンバー的にそれほどペースは流れなさそうですが、今のミツバなら抑え込んでくれると期待しています。

以下、○ピオネロ、▲マスクゾロ、△モルトベーネに印を打ちます。

【3連単フォーメーション】

12

3,6,13

3,5,6,11,13

12

3,5,6,11,13

3,6,13

3,6,13

12

3,5,6,11,13


計36点

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルトベーネの口コミ


口コミ一覧
閲覧 177ビュー コメント 0 ナイス 2

2019年8月11日(日)2回新潟6日・1回札幌6日
★五黄大安『吉数』枠2・5・8馬②⑤⑧⑫⑮⑱
新潟11R(15:45)芝1600
第54回関屋記念(GⅢ)
【時系列出目】
「枠」
◆該当なし
「馬」
◆該当なし(馬番⑩注)
 〓
【demedas】
「枠」
★8サンマルティン、ハーレムライン、トミケンキルカス
☆7ミッキーグローリー、ミエノサクシード、ファストアプローチ
*3サラキア、ソーグリッタリング
*6リライアブルエース、フローレスマジック
「馬」
★⑱トミケンキルカス
☆⑪リライアブルエース
*⑫フローレスマジック
*⑮ファストアプローチ
*③ケイデンスコール


札幌11R(15:25)ダ1700
第24回エルムS(GⅢ)
【時系列出目】
「枠」
◆7レッドアトゥ、グリム
「馬」
◆該当なし(馬番②③注)
 〓
【demedas】
「枠」
★4モルトベーネ、サトノティターン
☆3ドリームキラリ、モズアトラクション
*5タイムフライヤー、メイショウスミトモ
*1マルターズアポジー
*6サングラス、リーゼントロック
「馬」
★⑤モルトベーネ
☆③ドリームキラリ
*⑧メイショウスミトモ
*①マルターズアポジー
*②テーオーエナジー

 Roger 2019年1月20日() 15:01
東海ステークス適性指数&能力指数
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 2

■R-INDEX(レース適性指数)
1.⑦アンジュデジール 186
2.⓹スマハマ 168
3.④インティ 165
4.⑧モルトベーネ 144
5.③チュウワウィザード 125

■D-INDEX(距離能力指数)
1.④インティ 149
2.⑧モルトベーネ 144
3.⓵グレンツェント 127
4.⑦アンジュデジール 122
5.⑨シャイニービーム 115

■最終ジャッジ
1着候補・・・④インティ ⑤スマハマ
2着候補・・・⑦アンジュデジール
3着候補・・・⑧モルトベーネ ③チュウワウィザード
      ①グレンツェント ⑩コスモカナディアン ⑥アングライフェン

[もっと見る]

 tntn 2019年1月17日(木) 00:40
東海Sの乗る乗らん! 
閲覧 156ビュー コメント 38 ナイス 155

**************************
2019年の中京競馬開幕を飾る東海ステークス!

あっち行ったりこっち行ったりのこのレース。
ここに落ち着いて6年経過。過去2年は2着に穴!

東海Sの乗る乗らん!
※鞍上は確定版 ☆=過去勝利数。
--------------------

【継続騎乗】
アスカノロマン☆。。。。☆太宰啓介
アンジュデジール。。。。☆横山典弘
インティ。。。。。。。。☆武豊
サルサディオーネ。。。。。丸山元気
スマハマ。。。。。。。。☆藤岡佑介
チュウワウィザード。。。。川田将雅
ミツバ。。。。。。。。。☆福永祐一
メイショウスミトモ。。。☆古川吉洋

【乗替わり】
アポロケンタッキー。。。。-
アングライフェン。。。。。-
カゼノコ。。。。。。。。。-
クインズサターン。。。。。四位洋文
グレンツェント☆。。。。。Fミナリク
コスモカナディアン。。。。-
サングラス。。。。。。。。-
シャイニービーム。。。。。-
タムロミラクル。。。。。。-
マイネルバサラ。。。。。。-
モルトベーネ。。。。。。。藤岡康太

--------------------

3走前から会長騎乗【インティ】未勝利から5連勝!準OPでも0.8秒差圧勝!

変わらず典さん【アンジュデジール】JBCL制覇から、チャンピオンズC4着ならここでは上。

デビューから3着を外さない【チュウワウィザード】前走名古屋大賞典も川田さんと。

明け4歳の【スマハマ】グリムレベルの強さ!佑介お手馬。休み明けだけが。。。

【クインズサターン】武蔵野S2着の時の四位さん手戻り!らしい走り期待。

※穴指名※
【モルトベーネ】昨年3着。勝ち経験ある康太に久々手戻り!
【コスモカナディアン】一昨年2着馬。。。鞍上決まってないので。。。姫でもぅ。(n*´ω`*)

***********

アメリカJCCの乗る乗らん!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=9c7b8e3323&owner_id=4a85df85ef

**************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルトベーネの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

モルトベーネの写真

モルトベーネ
モルトベーネ

モルトベーネの厩舎情報 VIP

2019年8月11日エルムステークス G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モルトベーネの取材メモ VIP

2019年8月11日 エルムステークス G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。