ランガディア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ランガディア
ランガディア
ランガディア
ランガディア
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2014年1月27日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[5-0-0-7]
総賞金6,341万円
収得賞金2,250万円
英字表記Langadhia
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
マリーシャンタル
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダイナカール
兄弟 ファントムライトシャルルマーニュ
前走 2019/06/16 米子ステークス (L)
次走予定

ランガディアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/06/16 阪神 11 米子S (L) 芝1600 116716.188** 牡5 56.0 松若風馬木村哲也476(-4)1.35.6 0.933.8⑪⑪オールフォーラヴ
19/04/29 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 162313.9616** 牡5 54.0 戸崎圭太木村哲也480(+10)2.00.4 1.835.0④⑤メールドグラース
19/03/03 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 157137.348** 牡5 54.0 浜中俊木村哲也470(-10)1.46.7 0.635.0⑪⑪スピリッツミノル
19/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 16249.258** 牡5 54.0 北村宏司木村哲也480(+2)1.59.5 0.335.4④⑤④⑥ウインブライト
18/11/03 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 10225.121** 牡4 55.0 北村宏司木村哲也478(-4)1.58.8 -0.133.5⑦④⑥パイオニアバイオ
18/09/01 新潟 10 弥彦特別 1000万下 芝1800 12684.431** 牡4 57.0 北村宏司木村哲也482(0)1.46.6 -0.234.8ウインイクシード
18/06/09 東京 10 江の島特別 1000万下 芝1600 9222.614** 牡4 57.0 C.ルメー木村哲也482(0)1.32.9 0.233.8⑤⑥ミュージアムヒル
18/05/06 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 12113.714** 牡4 57.0 H.ボウマ木村哲也482(+2)1.34.1 0.233.2④④レッドオルガ
18/02/11 東京 12 4歳以上1000万下 芝1600 14573.511** 牡4 57.0 R.ムーア木村哲也480(+18)1.34.1 -0.033.2⑥⑥アオイシンゴ
17/04/08 中山 11 NZT G2 芝1600 16125.7313** 牡3 56.0 戸崎圭太木村哲也462(-12)1.37.2 1.235.6⑫⑪⑫ジョーストリクトリ
17/02/19 東京 6 3歳500万下 芝1600 16487.041** 牡3 56.0 内田博幸木村哲也474(+6)1.34.7 -0.134.7④④ブリラーレ
16/08/07 新潟 5 2歳新馬 芝1800 18242.911** 牡2 54.0 戸崎圭太木村哲也468(--)1.50.0 -0.134.2アルーフクライ

ランガディアの関連ニュース

日曜日に行われる関屋記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


マイネルアウラート
帰厩後はポリトラック主体の調整。最終追いでは、先行するかたちから手応えを残したまま、パートナーの2勝クラスに前を譲ることなく並んでゴールした。この馬なりに動いているとは思うが、約4カ月ぶりの割に乗り込み量は少なめ。相手強化の重賞に臨むことを考えると、物足りなさが残る。狙うなら次戦以降ではないか。

ヤングマンパワー
南Pで実施した今週の併せ馬では、直線で僚馬に置かれかけたが、なんとか食らいついて同入。ただ、相手はほぼ馬なりの状態。それも2歳未勝利馬とあっては、褒められたものではない。年齢的に稽古で見映えがしなくなっているとはいえ、不満を感じる内容であるのは確か。調教面からの強調材料は見当たらない。

ケイデンスコール
帰厩後は栗東坂路で調整を重ね、1週前のCW追いではビシッと攻めて、上々の伸び脚を披露&及第点のタイムを記録。今週の坂路追いは流す程度の内容ながら、ラスト1F12秒0の好ラップをマークした。鞍上の合図に対する反応が良く、終いにかけての首をしっかりと使った走りは見映えがいい。万全とは言えないまでも、休み明けとすれば合格点レベル。動ける態勢とみる。

オールフォーラヴ
栗東坂路で実施した25日の追い切りでは、4F50秒5、ラスト1F12秒0の好タイムをマーク。31日にも坂路でラスト1F12秒3を記録した。今週のCW追いでは、少し反応の甘さを見せたものの、最後までしっかりと脚を伸ばしている。顎と四肢の連動がバラつき気味ではあるが、回転鋭い脚さばきをみるに、過度に不安視する必要はない。状態は良さそうなので、あとは実戦で気分を損ねず走れるかどうか。それが最大の焦点となる。

サラキア
1週前に栗東CWでラスト1F11秒台半ばの好ラップを記録&3勝クラスに追走先着。今週の坂路追いは反応を確かめる程度の内容ながら、ラスト2F24秒5-11秒9という、上々のラップをマークした。少し体の進行方向が右に向いている点は気になるが、追ってからの反応は俊敏そのもの。良い意味で前進気勢も高い。いい感触でレースに臨めるのではないか。

ソーグリッタリング
最終追いは栗東CWで軽めの内容。とはいえ、14-13-13の均等ラップを無理なく刻んでいるあたり、精神的にいい状況とみてよさそう。2週前と1週前に長めから3頭併せを行い、相応のタイムを記録しているので、負荷が足りないということもない。しいて難点を挙げれば、1週前追いで後れをとったことだが、それは前回の最終追いも同様。一連の好調維持で臨めそうだ。

ロードクエスト
前走後も栗東滞在にて調整。字面の内容はパッとしないが、それはいつものこと。美浦坂路→移動→栗東芝と、やり繰りに苦労した前回と比べて、CW主体にメニューを順調に消化している、今回のほうが内容的には評価できる。最終追いでは右にモタれる気配を出したが、これも平常運転。急上昇とは言えないまでも、毛嫌いするほどの状態ではない。それなりのマークは必要だろう。

エントシャイデン
間隔が詰まることもあって、30日は栗東坂路で軽めの調整に留めたが、2日にCWで長めから併せ馬を消化。同じくCWで行われた最終追いは、お釣り残しで追走併入(やや優勢)を果たした。手前のスイッチに手間取っているところは気になるものの、気合をつけてからの加速は上等の部類。暑い時季の中2週ながら、しっかりと調整を積めている点も評価できる。この馬なりの上積みは見込めそうだ。

ディメンシオン
この中間は栗東坂路中心の調整。1週前に2F24秒2-12秒1の好ラップを記録。今週の追い切りは、確認程度の内容ながら、ラスト2Fは24秒8-11秒9を計時した。完歩がバラつき気味の一方で、後肢の力強い蹴り込みは牝馬とは思えないほど。活気の良さが目につき、いい意味で荒々しい。テンションを維持できれば、面白い存在になるかもしれない。

ロシュフォール
前走後は放牧を挟んで直接、新潟に入厩。4日にダートコースで6F追いを消化。今週は芝コースで併せ馬を行い、マズマズの伸び脚を示した。ただ、頭が高く気難しさを見せているところは美浦調整時と同じ。脚さばき自体は悪くないので、あとは新潟の環境に馴染めるかどうかが、好凡走のカギを握りそう。当日の気配には注意を払いたい。

リライアブルエース
1日に栗東坂路で4F52秒5、ラスト2F24秒5-12秒1のタイムをマーク。7日の坂路追いでもマズマズの上がりタイムを記録した。派手な動きを見せているわけではないが、止まりそうになったところで、鞍上のゲキに応じて、もうひと踏ん張りしていたあたりは好印象。大幅な上積みは望めないまでも、好調の域にある。

フローレスマジック
短期放牧先から、そのまま新潟入り。芝コースで行われた今週の併せ馬では、先を行くランガディアを追い、同入に持ち込んだ。ただ、馬体が並んだ際に、行きたがっていたところを抑えたせいか、追ってからの反応はイマイチ。稽古にムラがあるタイプとはいえ、感心しない内容だった。滞在慣れが進めば、そのぶん良化を見込めるかもしれないが……。追い日時点の雰囲気では手が出ない。

ミッキーグローリー
帰厩後は坂路主体に丹念な調整。25日と31日にバランスのとれた好ラップを余力残しでマーク。今週の併せ馬では、しっかり追われた3勝クラスを相手に悠々と先着を果たした。仕掛けてからの反応に、まだ良化の余地はありそうだが、スピードに乗ったあとの力強い脚取りは目を引くものがある。攻め量の不足もなく、動ける仕上がりとみていいのではないか。

ミエノサクシード
間隔が詰まることもあり、1週前は速い時計を出さず、4日に栗東坂路でサラッと流す程度の内容を消化。CWで行われた最終追いも、5Fからほぼ馬なりの調整を施した。軽めのメニューではあるが、キビキビとした身のこなしと、リズミカルな脚さばきをみるに、デキ落ち&疲れはなさそう。状態は高いレベルで安定している。

ファストアプローチ【出走取消】

サンマルティン
とにかくテンションの高さと集中力のなさが目立つ馬。それゆえ、放牧先から新潟へ直行し、滞在調整を施している点は好感が持てる。ただ、今週のダートコースで行われた追い切り気配はイマイチ。脚さばき自体は悪くないものの、頭の位置が高く、そのぶん前肢を有効に使えていない。このあたりが解消されないと、変わり身まではどうか。

ハーレムライン
帰厩後は坂路で順調に調教を重ね、2週前と1週前に及第点のタイムを計時。今週の併せ馬では、2勝クラスを相手に楽々と追走先着を果たした。4Fタイムは自己ベストの51秒3。ジョッキー騎乗とはいえ、優に合格点が与えられる。少し気の悪さを出しているが、この馬にしてはマシなほう。軽んじて扱えない1頭だ。

トミケンキルカス
この中間は坂路とポリトラックを交えて調整。1週前に、長めからハードに攻めてマズマズの時計をマーク。今週は終いだけ軽く伸ばす調教を施し、先行同入(やや優勢)でゴールした。ただ、調教巧者の同馬にとって、この程度の内容は平常運転。相手強化の重賞で上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。



ウマニティ重賞攻略チーム

【関屋記念】特別登録馬2019年8月4日() 17:30

[もっと見る]

【米子S】厩舎の話2019年6月14日(金) 05:04

 ◆アンコールプリュ・大江助手 「今はカイバ食いも安定。オープンでもやれる能力の持ち主」

 ◆オールフォーラヴ・片山助手 「ムキになる面が解消。自在性が出てきた今ならマイルはいいと思う」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「この時期はいい馬だし、雨馬場ならなおいいからね」

 ◆コスモイグナーツ・高橋祥師 「状態面は変わりない。楽に先手が取れるようなら」

 ◆ストーミーシー・押野助手 「体調は良さそう。雨が降って少し時計がかかってくれれば…」

 ◆ディメンシオン・藤原英師 「素質の良さに成長が追いついてきたが、叩いてからの方がいいかも」

 ◆ヒーズインラブ・仲田助手 「一回使って体に張りが出たし、距離がマイルに戻るのもいい」

 ◆ベステンダンク・安達師 「今はマイルから1800メートルぐらいが合いますね」

 ◆ランガディア・木村師 「レースにいってわがままな面があるので、修正しながら調整。距離を短くして乗り方も考えたい」

 ◆リライアブルエース・矢作師 「前回もいい競馬だったし、デキは変わりなくいい。良馬場がいいので、馬場はあまり渋ってほしくない」

 ◆ワンダープチュック・河内師 「いい状態をキープできているし、雨馬場だと道中で折り合うので歓迎のタイプ」

[もっと見る]

【米子S】追って一言2019年6月13日(木) 05:02

 ◆アンコールプリュ・大江助手 「今はカイバ食いも安定して、攻め馬もコンスタントにやれる。オープンでもやれる能力の持ち主」

 ◆オールフォーラヴ・片山助手 「ムキになる面が解消されて、状態もよくなってきた。自在性が出てきた今ならマイルはいいと思う」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「この時期はいい馬だし、雨馬場ならなおいいからね。前走もこの馬なりには伸びて、着順(7着)ほど悪くない」

 ◆コスモイグナーツ・高橋祥師 「状態面は変わりない。楽に先手が取れるようなら」

 ◆ストーミーシー・押野助手 「来週(パラダイスS)と両にらみだが、体がすっきりして体調はよさそう」

 ◆ディメンシオン・藤原英師 「坂路の攻めはいい動きだった。素質のよさに成長が追いついてきたが、今回は休み明けで10キロ増ぐらい。叩いてからの方がいいかも」

 ◆ヒーズインラブ・仲田助手 「攻めはいつもいい動き。1回使って体に張りが出たし、距離がマイルに戻るのもいいでしょう」

 ◆ベステンダンク・安達師 「前回はいい形の競馬ができていた。以前は1400メートルぐらいがいいタイプでしたが、今はマイルから1800メートルぐらいが合いますね」

 ◆ランガディア・木村師 「レースにいってわがままな面があるので、修正しながら調整。距離を短くして乗り方も考えたい」

★米子Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】新潟大賞典 平成最後のJRA重賞!ヒキが強いのはダレ!?2019年4月29日(月) 09:40

※当欄では新潟大賞典について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【杉本清】
◎⑥ロシュフォール

【小木茂光】
注目馬
ランガディア
メートルダール
ロシュフォール
3連単フォーメーション
③⑤⑥→①②③④⑤⑥⑦⑧⑬⑮⑯→③⑤⑥

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑯ルックトゥワイス

【守永真彩】
◎⑯ルックトゥワイス
3連複1頭軸流し
⑯→③⑥⑦⑬⑮

【目黒貴子】
◎⑯ルックトゥワイス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】新潟大賞典 前走OP特別4着以下敗退馬の巻き返しは望み薄!8歳以上の高齢馬も苦戦傾向!2019年4月29日(月) 09:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の新潟大賞典の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走G1出走馬を除くと、8歳以上馬の好走例は皆無(2009年以降)

ショウナンバッハ
スズカデヴィアス
エアアンセム

斤量57.5キロ以上を課されたトップハンデ馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ミッキースワロー

前走条件戦出走馬の連対例はなし(2009年以降)

ロシュフォール
メールドグラース

前走でオープン特別に出走、かつ4着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ランガディア
サンデーウィザード
アウトライアーズ
クリノヤマトノオー
ドレッドノータス

前走で0秒3以上の快勝劇を演じていた馬の連対例は皆無(2009年以降)

メールドグラース

【枠順】
馬番枠15番の好走例はなし(2009年以降)

メールドグラース

馬番枠8番、12番、13番の連対例は皆無(2009年以降)

ブラックスピネル
アウトライアーズ
クリノヤマトノオー

【血統】
父ナスルーラ系の好走例はゼロ(2009年以降)

クリノヤマトノオー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
メートルダール
アストラエンブレム
ダッシングブレイズ
ルックトゥワイス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ランガディアの関連コラム

関連コラムはありません。

ランガディアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 2

もう、済んでしまったけど一応どんなんだったかで載せとくね。ま、ハズレてるのやけどね。( ´艸`)


━━━━ 6月16日(日) ━━━━


東京11R
ユニコーンS(G3)

◎ 6番 デアフルーグ
○ 8番 デュープロセス
▲ 3番 ヴァイトブリック
△ 14番 ノーヴァレンダ
△ 1番 ワイドファラオ
△ 4番 エルモンストロ
△ 11番 ダンツキャッスル

三連複軸1頭流し

軸:6
相手:1, 3, 4, 8, 11, 14

ハズレ~ 相手のBOX馬券ならば三連複、三連単共に的中🎯なんやけど・・・・

3連複
1-8-11 5,510円 16番人気

3連単
1-8-11 22,120円

---------------------------------------


阪神11R
米子S

◎ 6番 キョウヘイ
○ 11番 リライアブルエース
▲ 7番 ランガディア
△ 4番 ストーミーシー
△ 1番 ディメンシオン
△ 2番 ワンダープチュック
△ 5番 オールフォーラヴ

三連複軸1頭流し

軸:6
相手:1, 2, 4, 5, 7, 11

ハズレ~ ❾がありませんがな。
---------------------------------------


函館11R
函館スプリントS(G3)

◎ 11番 アスターペガサス
○ 2番 ペイシャフェリシタ
▲ 1番 サフランハート
△ 10番 カイザーメランジェ
△ 7番 ダイメイフジ

三連複軸1頭流し

軸:11
相手:1, 2, 7, 10

ハズレ~ ⓭がない。 


ということで失礼しました。それではまた来週。✋

 fedo_love 2019年4月29日(月) 17:23
新潟大賞典備忘録
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 10

【予想】
◎6ロシュフォール/ルメール
〇5メートルダール/福永
▲16ルックトゥワイス/北村友
▼3ランガディア/戸崎
△1ミッキースワロー/横山典
 8ブラックスピネル/三浦
 9サンデーウィザード/津村
 13クリノヤマトノオー/和田
 15メールドグラース/レーン
→3連複6を軸に26組

【結果】
①メールドグラース
②ミッキースワロー
③ロシュフォール
④ルックトゥワイス
⑤ブラックスピネル
⑥クリノヤマトノオー
⑨メートルダール
⑮サンデーウィザード
⑯ランガディア

【的中】
3連複1-6-15💮 100×60.9

【振返り】
△印の最後に加えたメールドグラースに助けられました。好走続きだけど新潟で、昨日は好騎乗だったけどレーン騎手でどうかと思ったんですが、序盤もいい手ごたえで、直線に向いてからは他の追込み馬たちが混み合う前に一足早く進出、最後まで脚をもたせて平成最後の重賞を勝ちとりました。
ミッキースワロー。休み明け・最大斤量でここはひと叩き?と思いましたが、なんのなんの混み合った中に空いたわずかなスキを突いて猛然と追い込み、ロシュフォールをハナ差で振り切りました。横山典騎手も平成最後に魅せてくれました、さすが!楽しみなコンビが戻ってきました。
ロシュフォール。後ろ過ぎるかな?と思うもそこはルメール騎手、こちらも混み合う馬群をうまく抜け出して脚を伸ばして安定の3着確保。
馬券的には、時節柄コレがきたら・・・なんて考えて、クリノ《ヤマトノオー》に期待したんですが、直線で左右を挟まれぶつかって不利を受けてしまいました、それでも6着、惜しかったなぁ。。

[もっと見る]

 ゼファー 2019年4月29日(月) 14:03
第41回 新潟大賞典GⅢ
閲覧 217ビュー コメント 0 ナイス 6

<馬場状態>

サークル<馬場研究会 の通りです。

<展開>

予測ラップ
13.0-11.9-12.0-12.1-12.5-12.3-11.8-11.5-10.9-11.7=1.59.4
嫌いなSペースの切脚勝負戦
ただし、重賞だけに残り4Fから、11秒台へ
このポイントを意識して馬券を検討してみる。

<馬券>

ロシュフォール:◎&▲
アメジストステークスがここと同じ4Fからペースアップの流れで、
次位より0.6秒も速い33.2で完勝
1600万勝ち上がりで、ハンデ55kgは他より1kg重いが、ハンディキャッパーの評価
ルメールJならスッと出して、良い位置から末の切脚を繰り出す。

ランガディア:〇
前走・前々走は、右回りで度外視
新潟巧者の戸崎Jで、3番枠を活かして先行して脚を伸ばす

ルックトゥワイス:△
底力が有り好きな馬だが、Sペースの2000mでは、武器の我慢力が活きない
大外枠でも有り、差し届かない分、3着

ハンデ戦だけに、3着は総流しで勝負!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ランガディアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ランガディアの写真

ランガディアの厩舎情報 VIP

2019年6月16日米子ステークス (L)8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ランガディアの取材メモ VIP

2019年4月29日 新潟大賞典 G3 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。