ヴォージュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヴォージュ
写真一覧
抹消  青鹿毛 2013年5月15日生
調教師西村真幸(栗東)
馬主杉山 忠国
生産者明治牧場
生産地新ひだか町
戦績26戦[7-1-2-16]
総賞金13,004万円
収得賞金4,500万円
英字表記Vosges
血統 ナカヤマフェスタ
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
ディアウィンク
ギュイエンヌ
血統 ][ 産駒 ]
タニノギムレット
スギノトヨヒメ
兄弟 モンファロンオーヴェルニュ
前走 2019/04/28 天皇賞(春) G1
次走予定

ヴォージュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 134468.412** 牡6 58.0 和田竜二西村真幸522(+4)-- ----⑬止フィエールマン
19/03/17 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 117814.858** 牡6 56.0 和田竜二西村真幸518(-4)3.09.1 2.640.0シャケトラ
19/01/06 京都 10 万葉S OP 芝3000 92223.351** 牡6 55.0 和田竜二西村真幸522(+10)3.10.3 -0.035.1ユーキャンスマイル
18/12/01 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 14224.7311** 牡5 56.0 丸山元気西村真幸512(0)3.47.6 2.438.5リッジマン
18/11/04 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1281249.2107** 牡5 55.0 藤岡康太西村真幸512(-10)2.34.2 0.533.6パフォーマプロミス
18/09/02 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 14583.927** 牡5 56.0 藤岡康太西村真幸522(+10)2.44.2 1.639.8リッジマン
18/08/04 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 146107.351** 牡5 56.0 藤岡康太西村真幸512(+2)2.40.4 -0.635.5アドマイヤエイカン
18/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 163690.4147** 牡5 54.0 藤岡康太西村真幸510(-4)2.30.1 0.434.9ウインテンダネス
18/05/12 京都 11 都大路S OP 芝1800 14696.047** 牡5 56.0 M.デムー西村真幸514(+4)1.45.5 0.934.6⑨⑩サンマルティン
18/04/15 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 164710.764** 牡5 54.0 丸田恭介西村真幸510(-16)2.01.4 0.638.0④④マイネルサージュ
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 184751.51311** 牡4 54.0 国分恭介西村真幸526(-2)2.00.0 0.734.7⑤⑤④メートルダール
17/11/18 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 15475.9210** 牡4 55.0 川田将雅西村真幸528(+10)2.02.1 0.736.2ブラックバゴ
17/08/06 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 13338.456** 牡4 55.0 松若風馬西村真幸518(0)1.58.5 0.936.8タツゴウゲキ
17/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 12565.539** 牡4 55.0 内田博幸西村真幸518(+4)1.58.9 0.737.1ゼーヴィント
17/06/17 東京 11 ジューンS 1600万下 芝2000 11554.521** 牡4 57.0 内田博幸西村真幸514(+2)1.59.1 -0.134.4プロディガルサン
17/05/21 京都 11 下鴨S 1600万下 芝2000 11444.531** 牡4 56.0 松若風馬西村真幸512(+6)1.58.2 -0.034.8スズカルパン
17/04/22 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 11226.522** 牡4 57.0 内田博幸西村真幸506(-26)1.59.2 0.034.8レアリスタ
17/01/08 京都 10 寿ステークス 1600万下 芝2000 1077----** 牡4 56.0 川田将雅西村真幸---- ------ロードヴァンドール
16/12/10 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 9446.646** 牡3 53.0 川田将雅西村真幸532(+8)2.27.0 0.735.3マイネルサージュ
16/11/13 京都 10 修学院S 1600万下 芝2000 13687.843** 牡3 53.0 M.バルザ西村真幸524(+6)1.58.8 0.235.7ストロングタイタン

⇒もっと見る


ヴォージュの関連ニュース

 平成最後のGI天皇賞・春が28日、京都競馬場で13頭によって争われ、ルメール騎乗で1番人気フィエールマンが叩き合いを制して2度目のGI制覇。史上最少キャリア(6戦目)Vを達成し、ルメールは史上3人目の8大競走完全制覇を成し遂げた。クビ差2着は6番人気のグローリーヴェイズ。

 ゴールデンウイークの熱気に負けない、火の出るような叩き合いが繰り広げられた。約400メートルにわたる攻防を制して新時代の長距離王に名乗りを上げたのはフィエールマン。“平成最後”の盾を手にしたルメール騎手が笑みをこぼした。

 「激しい戦いでした。外から競りかけられても、また頑張ってくれた。次も楽しみですね」

 スタートがひと息で、序盤は中団後方で折り合いに専念。「長い距離なので、最初はリラックスさせたかった。それができたら、ポジションを上げていけるというイメージでした」という狙い通り、2コーナー付近で進出を開始した。2周目の3コーナーで早くも先頭に並びかけると、4コーナーで並びかけてきたグローリーヴェイズとの猛烈な競り合い。一旦は詰め寄られたが、残り100メートル付近で突き放し、最後はクビ差抜け出した。

 名手は、これで保田隆芳(故人)、武豊に次ぐ史上3人目の8大競走完全制覇を達成。桜花賞、皐月賞に続くGI3連勝を果たすと、直後の京都12Rを制し、JRA通算1000勝にも王手をかけた。平成最後の中央競馬となる29日は、新潟で5鞍に騎乗。大台到達が期待される。

 フィエールマンはデビュー6戦目でのVで、菊花賞に続いてレース史上最少キャリア記録を更新。今年初戦のAJCCは中間に微熱があるなど、万全とはいえない状態で2着に敗れた。ただ、レース後の疲れはなく、しっかりと乗り込みを消化。手塚調教師が「菊花賞前ぐらいのデキに戻るかなという感じはありました」と抱いた自信どおりの強さだった。

 淀の夕焼けの先に、ロンシャンの空が少し見えたかもしれない。凱旋門賞(10月6日、仏パリロンシャン、GI、芝2400メートル)には登録済み。手塚調教師が「いろいろな選択肢があります。凱旋門賞も選択肢に入れながら」と話すように今後は流動的だが、ルメール騎手はちゃめっ気たっぷりに見通しを語った。

 「(凱旋門賞でも)チャンスはあると思います。母はフランスで走った馬だし、(フィエールマンも)フランスが好きかも。馬場も料理もね」

 初めての斤量58キロ、3200メートルと厳しい条件を乗り越えてつかんだ栄冠。果てしない伸びしろを感じさせる4歳馬が日本馬の悲願をかなえるのは、間もなく訪れる令和元年かもしれない。 (山口大輝)

★28日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら

★競走中止

 (4)ヴォージュはゴール手前で和田騎手が下馬。右前浅屈腱不全断裂と診断された。

★入場&売り上げ

 天皇賞・春の売り上げは191億7728万1000円で前年比96・9%とダウン。今年のGIで売り上げダウンは桜花賞に次いで2レース目。一方、京都競馬場入場者は7万3662人で前年比106・3%のにぎわいだった。

フィエールマン 父ディープインパクト、母リュヌドール、母の父グリーンチューン。鹿毛の牡4歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績6戦4勝。獲得賞金3億5689万3000円。重賞は2018年GI菊花賞に次いで2勝目。天皇賞は手塚貴久調教師が初勝利。クリストフ・ルメール騎手は18年・秋レイデオロに次いで2勝目。馬名は「気高く、勇ましく(音楽用語)」

【U指数的分析の結論!】天皇賞(春) 指数上位が安定!指数1~2位+指数97.0以上の組み合わせを推奨! 2019年4月28日() 09:32

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数上位は比較的安定しており、100.0以上の馬が毎年2頭以上馬券に絡んでいる。103.0以上になると破壊力が増し、該当馬は勝率37.5%、複勝率62.5%、単勝回収率162.5%、複勝回収率290.0%。

指数100.0以上

ユーキャンスマイル

指数103.0以上

該当馬なし

<ポイント②>
指数の低い穴馬の一発の多いレースで、97.0~99.9の馬の複勝回収率は152.0%。ただし97.0未満は【0.0.0.26】と低迷。

指数97.0~99.9

エタリオウ
リッジマン
ヴォージュ
カフジプリンス
グローリーヴェイズ
パフォーマプロミス
フィエールマン
ケントオー
クリンチャー
ロードヴァンドール

指数97.0未満

チェスナットコート
メイショウテッコン

<ポイント③>
指数1~2位+超人気薄という決着が多いことを踏まえ、指数1~2位+全頭という組み合わせの馬連フォーメーションを購入すると回収率389.3%。相手を指数97.0以上に絞ると回収率492.3%。

指数1~2位+全頭の馬連フォーメーション買い目

⑧⑨+①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬

指数1~2位+指数97.0以上の馬連フォーメーション買い目

⑧⑨+②③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】天皇賞(春) 前年のステイヤーズS勝ち馬は劣勢!前走の単勝人気も要チェック!2019年4月28日() 09:28

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の天皇賞(春)の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前年のステイヤーズS勝ち馬の好走例はゼロ(2008年以降)

リッジマン

前2走ともに5着以下、かつ1秒0以上の敗退を喫していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

チェスナットコート
リッジマン
クリンチャー

【人気】
8番人気以下、かつ5~8枠馬の好走例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の8番人気以下、かつ5~8枠

カフジプリンス
ケントオー
ロードヴァンドール

前走の単勝人気が8番人気以下だった馬の連対例はなし(2008年以降)

チェスナットコート
ケントオー
ロードヴァンドール

【枠順】
3~8枠、かつG1勝利経験がない7歳以上馬の連対例はゼロ(2008年以降)

パフォーマプロミス
ケントオー

馬番枠5番、9番、10番の好走例は皆無(2008年以降)

メイショウテッコン
ユーキャンスマイル
フィエールマン

【血統】
キングカメハメハ産駒の好走例はみられない(産駒初出走以降)

ユーキャンスマイル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
エタリオウ
ヴォージュ
グローリーヴェイズ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【天皇賞・春】最新ナマ情報2019年4月28日() 05:07

◆騎手に託して…〔1〕チェスナットコート

 4ハロン64秒5-15秒2で登坂。パワフルな脚取りが目を引いた。貝澤厩務員は「元気がいいし、ここまで予定通りの調整メニューをこなしてきた。最内枠が当たったけど、ジョッキーがどう乗ってくれるか」と期待した。

◆入念に万全期す〔2〕エタリオウ

 角馬場で入念に体を動かしてから、4ハロン64秒4-15秒7で登坂した。友道調教師は「ブリンカーを浅くした効果は競馬に行ってみないとわからないけど、ペースは流れそうだしスムーズに運べると思う」と力を込めた。

◆前走の状態維持〔5〕メイショウテッコン

 角馬場で体をほぐしてからCWコースを1周。馬体の張りが目を引いた。中塚助手は「すごくよかった前走の状態を維持しています。精神面の成長が大きい。自分のリズムで運んで、頑張ってほしい」と楽しみにする。

◆平成最後驚かす〔8〕パフォーマプロミス

 角馬場で体を温めてから、坂路でしまいを伸ばして4ハロン63秒5-14秒2をマーク。瀬戸助手は「7歳なので大きく変わりませんが、状態はいいと思います。平成最後のGIでアッと言わせられれば」と意気込んだ。

◆長距離適性高い〔9〕ユーキャンスマイル

 角馬場でじっくりと体を動かして、大一番に備えた。「体はメリハリがついていい感じ。トモ(後肢)がしっかりしてきたことで、真っすぐ走れている。気性的にも体型的にも長距離適性は高い」と友道調教師。

◆「体調は100%」〔12〕クリンチャー

 素軽いフットワークで、4ハロン64秒0-16秒0で登坂。宮本調教師は「思い通りに調整できたし、体調に関しては100%。あとは三浦騎手に任せるだけ。去年は3着で悔しがっていたので頑張ってほしい」と期待した。

◆状態すごくいい〔13〕ロードヴァンドール

 ゆったりとしたペースで坂路を4ハロン71秒8-17秒2で上がった。昆助手は「もともと使って良くなるタイプで、疲れがくるよりもパンとした。メンタルもしっかりしてきたし、馬の状態はすごくいい」と胸を張った。

◆叩いて上向き〔3〕リッジマン

 角馬場の運動で決戦に備えた。久保智助手は「やるごとに上向いて、前走時より良くなっています。体重もプラスで出せそう。瞬発力勝負より上がりがかかった方がいいので、展開と相手関係ですね」とポイントを挙げた。

◆落ち着き払い〔4〕ヴォージュ

 運動で汗を流して最終調整を終えた。余田助手は「落ち着きがあって、いい意味で変わりないですね。阪神より京都の方がいいし、展開が向いてくれれば。枠もいいところだし、和田騎手に託すだけです」と話した。

◆状態前走以上〔6〕カフジプリンス

 坂路を4ハロン62秒2-15秒0で力強く駆け抜けた。武村助手は「状態に関しては前走以上の感じ。スタミナはあるので、前走のようによどみないペースで流れてくれれば。バテない強みを生かしたい」と希望を口にした。

◆スムーズなら〔11〕ケントオー

 角馬場で汗を流してから、坂路を4ハロン66秒7-15秒7で駆け上がった。西橋調教師は「状態面は変わりなくきている。距離は大丈夫だし、しまいは脚を使ってくれる。スムーズな競馬で力を発揮してほしい」と語った。

★天皇賞・春の出馬表はこちら

[もっと見る]

【血統アナリシス】天皇賞(春) 菊花賞2着馬にチャンスあり!”メジロ”などの血脈を後押しに上位進出を狙うディープインパクト産駒!2019年4月27日() 16:00

日曜日に行われる天皇賞(春)の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


チェスナットコート
本馬の父ハーツクライは当レースにおける重要サイアーのひとつ。ヘイローのインブリードを有し、ノーザンダンサー系とミスプロ系を組み合わせた母を持つ点は、2016~2018年にかけて3年連続上位争いを演じたシュヴァルグランと共通。母系にリボー系種牡馬を内包しているところは、2015年の2着馬フェイムゲームを想像させる。状態ひとつで、昨年(5着)以上のパフォーマンスを示しても、何ら不思議はない。

エタリオウ
父のステイゴールド天皇賞(春)で3頭(4勝)の勝ち馬を輩出。サンデーサイレンス系×米国型ノーザンダンサー系配合馬の相性も悪くなく、血統構成面で大きな不安材料は見当たらない。父×ダート血統の組み合わせをみるに、本質はスピードの持続力を活かしたいクチ。ゆえに、瞬発力を問われる展開となった菊花賞の敗戦を過度に気にする必要はない。持続力を求められる競馬になれば、チャンスは十分にある。

リッジマン
父はどちらかと言えば短距離色の濃いスウェプトオーヴァーボード。だが、ダート16Fの勝ち鞍があるダマスカス4×3のクロスと、母父父ニジンスキーの血が効いているのか、本馬は長距離でも対応可能のタイプに仕上がっている。一方で、サンデーサイレンス非内包馬の当レースにおける成績は下降線の一途。きょうだいと近い親族の顔ぶれもインパクトを欠き、活力面の後押しも期待できない。ここは様子見が賢明だろう。

ヴォージュ
父の父ステイゴールドは当レースにて複数の勝ち馬を輩出。父のナカヤマフェスタ凱旋門賞で2着に好走、母父のタニノギムレットは底力を伝えることで定評のあるブライアンズタイムの直仔というように、タフな競馬質にマッチする血統構成と言えよう。ただ、持久力に長けているぶん、速い上がりを求められる競馬ではパンチが足りない現状。スタンダードな馬場や展開では苦しく、上がりを要する流れ、もしくは道悪など何らかの恩恵が欲しい。

メイショウテッコン
父であるマンハッタンカフェは、2011年の勝ち馬ヒルノダムールや、2010年に16番人気の低評価を覆して3着入りを果たしたメイショウドンタクを輩出。サンデーサイレンス系×米国型ミスプロ系配合馬の相性も悪くない。よって、相応のレース適性を持ち合わせているとみていい。BCスプリント勝ち馬である祖母の半兄をはじめ、さかのぼるとG1活躍馬が多数出ているファミリーゆえに、母系の底力も不足なし。最も得意とする我慢比べになれば、面白い存在だ。

カフジプリンス
産駒初出走以降、毎年のように上位進出馬を送り出しているハーツクライを父に持つ点は好印象。当レースと相性が良い、パワーとスピードを兼備した米国牝系を有するところも好感が持てる。ただ、本馬は母父が属するロベルト系の影響が強く、上がりを要する競馬で持ち味を発揮するタイプ。ゆえに、軽い芝の瞬発力勝負では後れをとりやすい。持ち味を最大限に活かすためには、自身から動いて持続力勝負に持ち込む、もしくは消耗戦の展開が望ましい。

グローリーヴェイズ
母父がスピード型のスウェプトオーヴァーボードゆえに、本質的には中距離レンジがベターだろう。ただし、3代母は牝馬三冠を成し遂げたメジロラモーヌ。メジロの血脈により、相応のスタミナが補完されていることを忘れてはならない。短距離ベースの母父を擁し、母系にノーザンテーストやクリアアンバー、ネヴァービートなどが潜んでいる点は、2016~2017年に連覇を果たしたキタサンブラックキタサンブラックの父と本馬の父は全兄弟)を想起させる。侮りがたい1頭だ。

パフォーマプロミス
ステイゴールド産駒は天皇賞(春)で過去4勝。母父のタニノギムレットが属するロベルト系の当レースにおけるパフォーマンスも悪くはない。伯母にオークス馬のシルクプリマドンナ、一族に天皇賞(秋)を制したヘヴンリーロマンスを擁する牝系に関しても上質と言えよう。そもそも本馬自身、日経新春杯を制しているのだから、相応のコース適性を持っていることは疑いようがない。持ち味を存分に活かせる持続力勝負になれば、浮上の余地は十分にある。

ユーキャンスマイル
母父のダンスインザダークは、本邦屈指の長距離砲。サンデーサイレンス系×キングマンボ系の配合は、2005年の優勝馬スズカマンボの逆パターンにあたる。一見すると好配合のようにも思えるが、天皇賞(春)におけるキングカメハメハ産駒の好走例はゼロ。父あるいは母父にダンスインザダークを配する馬の相性もすこぶる悪い。そのあたりを踏まえると、中心とするには頼りない印象。近走の内容をそのまま評価しての連下扱いが正解ではないか。

フィエールマン
スーパークリークを輩出した父系に、ファバージ系×リュティエ系を重ねた、欧州要素満載の母。その母にディープインパクトを配することで、各要素のバランスが絶妙の万能タイプに仕上がっている。天皇賞(春)で不振傾向のディープインパクト産駒ではあるものの、菊花賞3着以内の経験がある馬に絞れば、好走確率はグンとアップ。加えて、過去の父産駒の好走馬よりもスタミナ面の裏付けがある点も心強い。この舞台でも上位争い可能とみる。

ケントオー
ダンスインザダーク×トウカイテイオーという組み合わせ。体力にまかせた持久力が最大の武器で、全体時計あるいは上がりを要する競馬が適している。その一方で、瞬発力を求められると今ひとつ。ゆえに、開幕まもない京都の芝コースがプラスに作用するとは思えない。そのうえ、父産駒の天皇賞(春)におけるパフォーマンスも芳しくなく、今回は厳しい戦いになるのではないか。

クリンチャー
父であるディープスカイの産駒は、パワーに長けたタイプが多く、主にダートで活躍。その父に、スタミナ&パワー特化型のブライアンズタイム(ロベルト系)の肌馬を組み合わせているのだから、持久力を問われる競馬では滅法強い。一方で、速い上がりを求められるとモロいタイプなのも事実。持ち味を活かすには、昨年3着時と同様に一定以上の持久力を必要とする競馬になるか、あるいは早めに動いて我慢比べに持ち込むことが必須と言えよう。

ロードヴァンドール
馬力と持続力に長けた、ストームキャット×リボー系配合の母に、ダイワメジャーを重ねることで、上質の機動力を実現。ただし、パワー色の強い牝系の血脈が影響しているせいか、速い上がりを求められると今ひとつ。スピード型サンデーサイレンス系を父に持つ馬の当レースにおける成績も芳しくなく、今回の舞台は適性外の印象を受ける。得意のかたちに持ち込んだとしても、馬券圏内には至らないのではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】天皇賞(春) 菊花賞馬が絶好の仕上がり!日経賞を制したアノ馬も上位争いを意識できる状態!2019年4月27日() 13:30

日曜日に行われる天皇賞(春)の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


チェスナットコート
栗東坂路で実施した1週前追い切りでは、カフジプリンスに後れをとったものの、4F自己ベストをマーク。今週の坂路追いでも、加速ラップを記録した。2週続けて併走遅れを喫した点は褒められたものではないが、この馬にしてみれば平常運転。動き自体は悪くなく、攻め不足の前回を叩いてセオリー通りに上向いているのは間違いない。力を出せるデキとみる。

エタリオウ
前走後は栗東に滞在して調整。2週前のCW追いではマズマズの時計を記録。1週前にCWで実施した3頭併せは、モヤで道中の走りこそ確認できなかったものの、前を行くポポカテペトルをきっちり捉えてゴール。坂路で行われた24日の追い切りでも、好反応を見せるなど、調教映えしないこの馬としては、しっかりと動いている印象を受ける。いい状態で本番を迎えることができそうだ。

リッジマン
1週前に栗東CWで実施した単走追いは、折り合い重視の内容ながら、マズマズの伸び脚。同じくCWの最終追いでも、軽快な走りを見せた。ただ、この中間は長めの追い切りが少ないうえに、緩めの調整が大半。テンションが上がりやすい馬とはいえ、淀の長丁場、それもG1に臨むことを踏まえると、物足りなさを感じてしまう。上位圏内までには届かないのではないか。

ヴォージュ
この中間は前回に引き続き、プールと栗東坂路と交えて調整。3週続けてビッシリと追われるなど、かなり負荷をかけている印象。その甲斐あってか、1週前の併せ馬では追走先着、今週の単走追いでも集中した走りを見せた。字面の時計こそ地味だが、雰囲気は決して悪くない。1度叩いて着実に良化している。

メイショウテッコン
1週前に栗東CWで実施した3頭併せでは、持ったまま楽に抜け出し、あっさりと形勢を逆転。ゴールまで脚勢は衰えず、ラスト1F11秒台の好ラップをマークした。栗東坂路で行われた最終追いでは、キレイな後傾ラップを記録。終い重点の内容とはいえ、上々の加速を見せた。前回の気配も良かったが、脚捌きの軽さという点では今回のほうが上かもしれない。上位争いを意識できる状態とみる。

カフジプリンス
栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、先行していたとはいえ、パートナーのチェスナットコートをアオる上々のパフォーマンス。今週の坂路追いでは、チェスナットコートの後ろにつけ、軽く促されると楽な手応えのまま先着を果たした。時計も悪くなく、良い調教過程を踏んでいる印象。状態は高値で安定している。

グローリーヴェイズ
南Wで実施した1週前追いでは、調教駆けする3歳馬を相手に大きく追走して、外から並びかけるという意欲的な内容。手応えで見劣りはしたものの、最後まで脚勢が衰えなかった点は評価できる。同じく南Wで行われた直前追いは、3頭併せの中で我慢する調教を消化。少し掛かる面を見せたものの、折り合いがついたあとの走りは至ってスムーズ。いい仕上がり具合ではないか。

パフォーマプロミス
栗東CWで実施した1週前追いでは、大きく追走する意欲的な内容を消化。追走遅れを喫したものの、及第点以上の時計をマークした。今週の本追い切りはポリトラックで軽めの調整ながら、折り合い良く軽快な脚捌きを披露。上体と四肢が連動した走りは見映えがする。なにより、ムキになる面が消えている点は好印象。上位争いに食い込んできてもおかしくない。

ユーキャンスマイル
1週前に栗東CWで行われた3頭併せでは、長めからしっかりと攻めて2頭に先着。及第点以上のタイムを記録した。ただ、内にモタれる素振りを見せていた点は気がかり。鞍上に促されると矯正できたようなので、杞憂に終わるかもしれないが……。栗東坂路で実施した最終追いも、安定感のない走りで見映えは今ひとつ。いつも通りと言ってしまえばそれまでだが、G1で中心に据えるには心許ない印象。連下の押さえ評価が妥当ではないか。

フィエールマン
南Wで実施した1週前の3頭併せでは、抜群の行きっぷりを見せ、軽く仕掛けられると、あっさりと僚馬を制圧。同じく南Wで行われた最終追い切りは、折り合い重点の内容ながら、4F51秒近辺、ラスト1F12秒台半ばの好ラップをマークした。伸縮力に富んだフォームで駆け抜けるさまは目を引くものがある。絶好の仕上がり。

ケントオー
この中間はいつも通り栗東坂路で調整。ただし、1週前までの時計に目立つものはなく、最終追い切りのラップも平凡。その最終追いは、尻ステッキを連打されるも反応が薄く、最後は失速する始末。いつもと比べて、四肢の可動域が狭く、手先だけでテケテケ走っているように映る。上り目は望めそうになく、今回は見送りが賢明だろう。

クリンチャー
1週前に栗東CWで長めから積極的に攻め、及第点のタイムをマーク。栗東坂路で実施した最終追いでは、序盤こそモタモタしていたものの、手前を決めると小気味の良い脚運びを見せた。やや気負い気味ではあるが、いい頃の躍動感ある走りが戻りつつあり、状態は着実に上昇している。軽んじて扱えない1頭と言えよう。

ロードヴァンドール
栗東CWで実施した1週前追いでは、馬場の外めを回って好タイムを計測。同じくCWで行われた最終追いでも、集中力あふれる走りを見せ、バランスのとれた好ラップを記録した。一時期のズブさがなくなり、この馬らしい前進気勢が出てきている印象。稽古の良さを実戦で活かせるようなら、残り目あっても不思議はない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴォージュの関連コラム

閲覧 444ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、28(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)は、1番人気にフィエールマン(単勝2.8倍)、2番人気エタリオウ(同3.3倍)、3番人気ユーキャンスマイル(同6.4倍)、4番人気クリンチャー(同9.2倍)、5番人気メイショウテッコン(同9.2倍)と、4歳勢を中心に上位の支持を集め全13頭がゲートイン。
ハナを奪ったヴォージュが前半1000mを59.8秒(推定)で通過。2番手にロードヴァンドールが続き、以下はメイショウテッコンカフジプリンスチェスナットコートパフォーマプロミスと続き、直後の7番手をフィエールマンが追走。後方にかけて、グローリーヴェイズクリンチャーユーキャンスマイルリッジマンケントオーと続き、さらに10馬身ほど離れた最後方にポツンとエタリオウの態勢で、1周目のスタンド前を通過していきます。
1コーナーを迎えるとここからペースダウンとともに、徐々に隊列は凝縮。向こう正面に出た頃には先団7~8頭がひと塊になって3コーナーへと向かいます。
3コーナーで、代わって先頭はメイショウテッコンとなり、そこに差なく2番手にカフジプリンスが続く態勢。3~4コーナー中間で、今度はそのカフジプリンスが先頭代わり、といった具合に出入りが激しい展開に持ち込まれると、外を通ってフィエールマングローリーヴェイズ、さらには最後方からエタリオウと、これら4歳勢も競りかけ直線へ。
直線入り口ではあっという間にフィエールマンが堂々の先頭へ。ピタリとマークするように伸びた6番人気グローリーヴェイズとともに、後続との差を2馬身ほどに拡げていきます。この2頭による叩き合いから離されたエタリオウは、ジリジリとしか伸びず。直線半ばで、完全に2頭による一騎打ちとなった第159回天皇賞(春)は、内フィエールマン、外グローリーヴェイズの手に汗握る攻防が続きます。そして、離れた3番手争いも内パフォーマプロミスと外エタリオウの接近戦の様相。
前を行くフィエールマングローリーヴェイズの2頭による馬体を並べての凌ぎ合いは、ゴール前まで続きますが、これをクビ差封じたフィエールマンが優勝。菊花賞に続きG1・2勝目をあげています。2着グローリーヴェイズから6馬身離された3着には、こちらも併せ馬でのゴールインに持ち込まれる際どい争いをクビ差制した8番人気パフォーマプロミスが入っています。
公認プロ予想家では、nigeプロ覆面ドクター・英プロ山崎エリカプロら計12名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週は、27(土)新潟3Rでの◎○▲パーフェクト的中や、29(祝月)新潟6Rスカイポート的中を決めると、この日の京都6Rでは×レコードチェイサー(単勝57.3倍)-◎ケイアイサクソニー(単勝26.4倍)で的中。馬単1220.4倍を含め計23万5,780円払戻しのビッグヒットを披露しています!3日間トータル回収率は123%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、28(日)京都1Rの◎エイシンポジション(単勝21.1倍)的中計16万2,720円払戻しを筆頭に、京都10Rの◎ヴァニラアイス(単勝13.5倍)、G1天皇賞(春)の◎フィエールマンなどの予想を披露。週トータルでは、回収率176%、収支12万8,740円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
先週は、28(日)京都5Rでの◎○▲パーフェクト的中に、G1天皇賞(春)での○◎▲的中と高精度予想を披露。週トータルでは、回収率248%のトップ成績をマークし、2週連続プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
27(土)は新潟2R東京7R。28(日)は京都10R東京12Rと、2日連続で高額払い戻しをマーク!週間トータルでは、回収率127%、収支19万2,830円の大幅プラスを達成し、2週連続プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
27(土)に新潟6Rでの73万5,600円払戻し、28(日)に東京4Rでの27万8,800円払戻し、29(祝月)に京都6Rでの10万6,800円払戻しをマーク!週間トータルでは、回収率178%、収支トップの56万6,200円の大幅プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(179%)、いっくんプロ(145%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(125%←2週連続週末プラス)、はははふほほほプロ(115%)、豚ミンCプロ(112%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(112%←2週連続週末プラス)、きいいろプロ(111%)、馬侑迦プロ(107%)、山崎エリカプロ(107%←3週連続週末プラス)、セイリュウ1号プロ(106%←2週連続週末プラス)、あおまるプロ(106%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年4月25日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019天皇賞(春)&青葉賞
閲覧 1,862ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


~~4月28日(日) 第159回天皇賞(春)(G1、4歳以上・芝3200m)~~


<優先出走馬>

メイショウテッコン(A)中4週
休み明けの日経新春杯時は、最終追い切りも軽くパドックではお腹のあたりに余裕もあったが、前走の日経賞時は最終追い切りで坂路をビッシリと追われ、しっかり仕上げてきた感じだった。この中間は、いつも通り1週前にCWを長めから併せ馬で追い切られていて、直線内からスッと伸びていた。前走から、引き続き良い状態をキープできている印象を受けた。出来は良さそうなので、あとは内枠に入って前走のような自分の競馬ができれば、しぶとい。


<賞金上位順>

リッジマン(C)中5週
この中間もCWで本数を多めに乗られているが、長めからの追い切りがない。1週前追い切りの動きを見ても、内を回っている割に外を走る他厩舎の馬たちとは勢いが違い、物足りなく映った。

パフォーマプロミス(C)中10週
今回騎乗予定の北村友騎手とはレースでは初めてのコンビとなるが、調教では17年グレイトフルS(1着)の1週前追い切り、昨年のアルゼンチン共和国杯(1着)の1週前と最終追い切り、そして昨年の有馬記念(14着)の最終追い切りと、何度も跨っており、この馬の騎乗自体初めてではない。調教とはいえ、2回勝っているレースの直前に調教をつけていることを考えると手は合っているのかも。この中間は2週前、1週前と同騎手騎乗で追われている。1週前は、併せ馬で遅れていてやや不安な点はあるが、最終追い切りでどんな感じに仕上げてくるか最終追い切りの動きを見て判断したい。

ヴォージュ(D)中5週
この中間も坂路で乗られているが、前走時よりも時計がかかっていて動きを見ても前に伸びきれてなく力強さがない。

ユーキャンスマイル(B)中9週
間隔に余裕があり、毎週のように長めから併せ馬で追い切られて順調に調整されている。1週前には岩田騎手騎乗で追い切られて、内に併せても右にササる面も見せず真っすぐ走れており、状態面の不安はない。

クリンチャー(C)中5週
昨年の有馬記念時のパドックではまん丸い感じで、前走時のパドックではお腹のあたりに余裕がある感じと、まだまだ本来の出来まで戻ってきていないという印象だった。前走時は最終追い切りで強めに追われていたが、この中間は1週前追い切りで強めに追われている。動きも前走時よりは良くなっている印象で、これで最終追い切りもビッシリと追ってくるようなら変わり身もありそう。

カフジプリンス(A)中5週
前走時のパドックでは、ここ2戦とは違ってスッキリした感じの馬体に見えたので、だいぶ馬体が締まってきていたのではないかと思う。この中間も、坂路で好時計が出ていて上積みが期待できそう。

ロードヴァンドール(A)中5週
近走は調教で目立つ時計が出ていなかったり、併走で遅れたりと物足りない内容が多かった。前走時は、併せ馬で3週連続先着していて、坂路での時計も良く、好走時の調教内容に近いものがあった。この中間も引き続き好時計が出ていて、1週前追い切りの動きを見ると、楽な手応えで重心が低い走りになってきている。馬がガラッと変わった感じで、今回は前走よりもかなり良さそう。

ケントオー(F)中5週
10月の京都大賞典から月1ペースでレースを使われてきていて、この中間は坂路での時計がかなりかかっている。どちらかというと調教では速い時計の出る馬なので、疲れが出ているのかもしれない。

チェスナットコート(D)中4週
海外帰りで休み明けの前走時。追い切りの動きは重い感じはなかったが、パドックではまだ緩い感じに見えた。この中間は、1週前追い切りの動きをみると時計は出ているが併せ馬では遅れていて、まだピリッとした感じがない。

プリンスオブペスカ(C)中3週
ここ2戦とも最終追い切りでは併せ馬で先着。この中間は間隔もないので軽めの調整となっている。最終追い切りでここ2戦のように併せ馬で先着してくるようなら、良い状態で出走できそう。


フィエールマンエタリオウグローリーヴェイズの3頭に関しては「プロ予想最前線ニュース」にて公開予定です。



~~4月27日(土) 第26回青葉賞(3歳G2・芝2400m)~~


ウーリリ(D)中4週
休み明けの前走時は、+16kgでパドックでもやや余裕がある感じにも見えた。この中間はそれほど間隔が詰まっている訳ではないのに、前走馬体が大きく増えていたわりに調教内容が軽め。コース追い中心の厩舎だが2週前、1週前と坂路での追い切りで、前走を一度使われてさらに上積みを期待という調教内容ではない。

ランフォザローゼス(B)3ヶ月半
休み明けの今回は、1ヶ月ほどトレセンで乗り込まれていて1週前追い切りの動きも前走時よりは行きっぷりが良い感じで仕上りは良さそう。

アドマイヤスコール(B)中8週
この中間も、これまでと同じように併せ馬での調教をこなしており、2週前、1週前と遅れることなく時計も優秀。状態もいつも通り良さそう。

カウディーリョ(C)中3週
休み明けの前走時は馬体も大きく増えていたが太め感はなく、レースでは後方で折り合いもつき直線での追い比べを制して2勝目。ただパドックではイレ込みがかなりきつかったので、新馬戦、アイビーS時のように落ち着きがほしい。

サトノラディウス(B)中7週
前走の弥生賞時は、パドックで雨を気にしている感じで集中力がなかった。調教内容は良かったので、当日の雨で集中力を欠いた面がレースでも悪いほうに出てしまった感じ。この中間も、入念に乗り込まれていて調教内容は悪くなく、状態面の不安はなさそう。

タイセイモナーク(C)中6週
休み明けの前走時(1着)はかなり入念に乗り込まれていて、パドックでも毛艶が良く出来はかなり良かったと思う。この中間は坂路での調整で、前走時の調教内容と比べると物足りないので、反動が出ているのかもしれない。

ピースワンパラディ(B)中6週
この中間もこれまでと同じような調教内容で、時計も優秀。1週前追い切りでは力強い走りで、引き続き調子は良さそう。

リオンリオン(D)中4週
前走時のパドックでは、外めを周回していて出来も良かった。この中間は1週前に坂路で軽めの調整。これ以上馬体は減らしたくないはずで、今回は関東圏への輸送が控えている。大きく馬体が減る可能性があるので、その辺りを考慮しての調整という可能性あり。

アルママ(B)中4週
この中間も柴田大騎手が騎乗し、いつも通りの調教内容。引き続き調子は良さそう。

キタサンバルカン(A)3ヶ月
この中間も坂路での調整。それほど時計の出る馬ではないが、今回の1週前追い切りではかなり速い時計が出ている。動きも、ラスト突き放すかなり良好なもので、休み明けでも出来は前走以上かもしれない。

セントウル(D)中4週
調教では時計の出る馬だが、この中間はこの馬にしては乗り込み本数が少なく、1週前の坂路での時計も物足りず。

ディバインフォース(B)中4週
ここ2戦はかなり入念に乗り込まれていたが、この中間も追い日以外も坂路でそこそこの時計で乗られていて、引き続き調子は良さそう。まだトモの筋肉が寂しい印象を残すので、その辺りに筋肉がついてくればもっと走ってきそう。

トーセンカンビーナ(C)中7週
角居厩舎所属のわりには、CW中心にしたり、坂路主体に変えたりと、調整内容が定まらない感じがある馬。この中間はCW中心の内容に再度変えてきた。角居厩舎流の調教内容だが、これまでこの内容で結果が出ていないので、時計は出ていても動きを見てみないと判断が難しい。

バラックパリンカ(D)中3週
小柄な馬だが、前走時のパドックではそれほど細い感じもなく見えたが、これ以上馬体は減らしたくない感じ。今回も関東への輸送があり、この中間は軽めの調整で上積みはどうか。

ピンシェル(C)3ヶ月
前走で芝2400mの未勝利戦を勝っての参戦も、1月からの休み明け。能力はあると思うが、前走時のパドックではまだまだ絞れそうな感じにも見えた。この中間は乗り込まれてはいるものの、坂路での時計がこの馬としては少しかかっている印象。大きな馬の休み明けでもあり、まだ体に余裕がありそうで使われてからのほうが良さそう。

マコトジュズマル(C)中3週
年末から使い詰めできているが、安定した成績で前走時のパドックでもかなり良さそうな感じだった。調教ではそれほど走る馬ではないので、1週前の遅れも気にしなくても良さそう。再度の関東圏輸送もあり、上積みを望むのは酷かもしれないが、調子自体は悪くはなさそう。


◇今回は天皇賞(春)青葉賞編でした。
前にもこのコラムで、現代競馬においては馬の調教に関して外厩が占める割合がかなり高くなってきている、という点について触れました。実際に、桜花賞皐月賞とトライアルを使わない、「休み明けの馬」が勝ちました。そして、今週の天皇賞(春)でも「休み明けの馬」が人気になりそうです。今後もこのようなケースはかなり増えていくと思います。調教方法は、オーナー、厩舎、馬によってもそれぞれ違うので、これが正しいと決めつけてしまうことは良くないと思います。頭を柔らかくして柔軟に対応できるようにしてくことが、大事だと思います。
そして最終追い切り、パドックで好状態の馬を見抜く力をつけていくことが、我々予想する側にとって大切だと考えています。“良い馬”を見抜くために誰にでもできることは、まずそれを見る人間が良い状態であること。これが一番大事です。経験や知識を頭に詰め込む前に、良いコンディションで馬を眺めてみて、自分なりの発見や発想を積み重ねていくことが、本当のナレッジとなっていくのではないかと思います。

それでは次回NHKマイルC&京都新聞杯編(予定)でお会いしましょう。


天皇賞(春)青葉賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年4月23日(火) 16:00 覆面ドクター・英
天皇賞(春)2019
閲覧 3,492ビュー コメント 0 ナイス 25



皐月賞で本命に推したヴェロックスは、ぶつけられての2着。当たりましたが勝ってくれていれば稼ぎが5倍くらいになっていたので、残念でした。寄られた時に、水車ムチで追い払ってくれたら良かったんですけどね(笑) 桜花賞シゲルピンクダイヤも2着、大阪杯キセキも2着と、決して2着を当てにいっているわけではないのですが、毎度の2着。いい線いってはいても、そろそろガツンと大ホームランが欲しくなってくるというのが本音です。

春の天皇賞は、ステイヤー不遇の時代だけに出走頭数も登録の段階で既にフルゲート割れ。メジロマックイーンが母父として再評価されたように、長距離戦を含め様々な条件でレースをすることは未来のために重要だと思いますが、なんせ早期デビューしてスピード重視の時代でしたからね、近年は。ただここ数年は馬場を軟らかくするようになり、京都も高速ステイヤー向きではなくなって傾向が変わって来ている印象もあります。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 エタリオウ:「最強の1勝馬(1-7-0-2)」と言われ、父ステイゴールドもシルバーコレクターと呼ばれていたように、強敵に食らいつくも勝てないところはたしかに似ているのかもしれない。シャケトラ離脱での押し出された1番人気となりそうだが、菊花賞2着の実績はあるも、京都3200mは正直あまり向いている条件ではないのではとの印象。

2番人気想定 フィエールマン凱旋門賞にも登録した昨年の菊花賞馬だが、その菊花賞が1周目がキャンターのようなスローで、実質マイル戦のような戦いで勝った馬。本質的には中距離馬と思われる。能力でまたどうにかしてしまうのかもしれないが、ステイヤーではないうえに、AJCCでシャケトラに負けての2着と突き抜けた能力でもなさそうで、微妙。

3番人気想定 ユーキャンスマイルエタリオウと同じ友道厩舎の馬で菊花賞3着、万葉S2着、ダイヤモンドS勝ちとステイヤー路線の王道を進んでいる。が、こういうステイヤーは春の天皇賞では、一流の中距離馬に能力で負けたりもする。

4番人気想定 グローリーヴェイズ菊花賞5着だが母メジロツボネの名から分かるように、母母はメジロライアン×メジロラモーヌというメジロ伝統のスタミナ血統。菊花賞はステイヤーの流れではなく5着止まりだったが、昔よりレベルが落ちるとはいえ、日経新春杯を勝っての参戦。ディープインパクト×スウェプトオーヴァーボードの血統的字面から、スタミナが無いと思われて人気にならないならありがたい、楽しみな一頭。

5番人気想定 メイショウテッコン:楽に逃げるとしぶとい、距離に融通の利くタイプだが、マンハッタンカフェ産駒は春の天皇賞でことごとく結果が出ていないし、同型ロードヴァンドールとの兼ね合いも課題。日経賞では楽逃げで今回人気のエタリオウを封じたが、ここはあまり妙味無いか。

6番人気想定 クリンチャー:昨年のこのレースの3着馬。スタミナのある馬だが、海外遠征後は掲示板にも載れず、本来の粘りが見られない。気持ちが途切れてしまったようで、一変期待は難しいのでは。

7番人気想定 ロードヴァンドール:距離うんぬんより逃げられるかどうかの馬。メイショウテッコンとのハナ争いでやり合うと思われ、どちらにも厳しい流れになるのでは。

8番人気想定 カフジプリンス:1年半近く休んでからの3戦目の阪神大賞典では2着して、能力が落ちていないことをアピールしたが、デビュー以来ずっと京都より阪神向きの馬。矢作厩舎に一生懸命良い馬に乗せてもらっている中谷騎手も、大一番ではイマイチでは

9番人気想定 パフォーマプロミス:昨秋のアルゼンチン共和国杯を強い勝ち方で制したが、有馬記念は惨敗、京都記念はいまひとつの内容での4着。ゲートでもたついたり、直線で先頭に立つとソラを使ったりと、名門藤原英厩舎でも手を焼いていると想像する馬だが、能力はあり、ヒモにはぴったりでは。

10番人気以下想定
ヴォージュ:札幌日経オープン(2600m)と万葉S(3000m)勝ちの、よくいる三流ステイヤーで、G1では要らない。

チェスナットコート:昨秋にメルボルンCなどオーストラリア遠征を経験してきたステイヤーだが、昨年の春の天皇賞5着時より勢いが無い今年、着順上がるとは思えず。

リッジマン:ローカル2600mが得意で、昨年末のステイヤーズSの勝ち馬だが、ステイヤーズSを勝つようなスタミナたっぷりのタイプは......。天皇賞(春)の過去の歴史みてわかるように来ない。

ケントオー:かつては「ステイヤーの血が騒いだ!!」と穴で狙えたダンスインザダーク産駒(リアルシャダイもそうだったが)だが、重賞実績がほぼ無く(3年近く前の中京記念3着のみ)、大駆けは期待できず。

プリンスオブペスカ藤井勘一郎騎手と手が合うようで3月に1000万下勝ちと準オープン3着してきたが、特に「3200mで」という感じでもない格下馬で厳しいのでは。


<まとめ>

有力:グローリーヴェイズエタリオウフィエールマン

ヒモに:パフォーマプロミスユーキャンスマイルカフジプリンス

無事なら人気となっていたであろうシャケトラの骨折、予後不良は残念。春の天皇賞はこれまで向かなかったマンハッタンカフェ産駒で、阪神大賞典は強い競馬で疲れも残りそうで、しかも行きたがる気性だけに、人気で消して距離短縮の宝塚記念で狙おうと思っていたのですが......。全馬、元気でいて欲しいものです。

[もっと見る]

2019年3月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】先週は1~2番人気馬の騎乗ゼロで3勝! 藤井勘一郎騎手の考察/阪神大賞典展望
閲覧 1,006ビュー コメント 0 ナイス 1

先週、豪華メンバーが揃った金鯱賞は、久々をものともせずダノンプレミアムが完勝。重要な3歳シーズンの大半を棒に振った影響が懸念されたが、強敵相手に勝利したことで、大阪杯から続く春のマイル~中距離G1戦線の主役に浮上したといえそうだ。

ダノンプレミアムの長所は何といっても、確実に好位から運べるレースセンスの高さだろう。スタートをスッと決めて折り合いも問題なく、いつでも勝負できるポジションを取れるので不利を受けるリスクも少ない。追われてからの反応もしっかりしており、馬群を捌ける強みもある。

近年の名馬でいえばキタサンブラックがそうだったが、やはり強さと同時に上手さも必要な時代。ダノンプレミアムは”上手さ”という点において、この路線では抜きん出た存在だ。順調にいけば大阪杯、さらにその後は安田記念宝塚記念など今後の路線は様々考えられるが、どこに出てきても有力だろう。同じくレベルが高かった中山記念組との対決も楽しみにしたい。


~ズブい馬をビッシリ追って動かす藤井勘一郎騎手

さて、先週のもう一つの話題といえば、デビューから2週目を迎えた藤井勘一郎騎手の活躍だ。デビュー週はやや流れに乗り切れていなかったが、先週は土曜日の新馬戦で14番人気のシュッドヴァデルを勝利に導くと、日曜日は3番人気カリボール、5番人気プリンスオブぺスカで連勝。土日で合計3勝3着2回の活躍を見せた。1~2番人気への騎乗がなかったことを考えても、上々の結果だろう。

まだ2週を終えた段階だが、騎乗ぶりを見ているととにかく”追える”印象が強い。初勝利はダートで500キロを超える馬を持って来たし、ズブいハーツクライ産駒のプリンスオブぺスカをビッシリ追って持って来たあたりを見ても、グイグイ追って動かす、いわば欧州&地方系騎手の印象だ。

半面、当たりが少しキツイ面があるので、繊細な馬や、レースセンスを生かしたいタイプには現状はイマイチフィットしていない。福永騎手で初勝利を挙げたロードカナロア産駒のブランノワールとは、レースを見ていてもあまり合っていないように見えた。

まだ決めつける段階ではないが、とりあえず大型馬やダート、あるいは芝の道悪やズブい馬に騎乗してきた際は、人気薄でも押さえておく必要がありそうだ。現状はそこまで人気になる気配もないので、馬券的な旨味も大きいだろう。


~折り合いに不安残すシャケトラ

さて、今週末も春G1に向けて重要なステップレースが行われる。

スプリングSは近年皐月賞路線の最重要トライアルといっても過言ではないが、今年に関してはやや様相が異なっている。メンバーレベルは決して高くなく、ココでどれだけクラシック級のパフォーマンスを見せられるか…というところだが、ファンタジストは距離が不安だし、そのほかの馬たちも一長一短。どの馬にもチャンスがある波乱含みの一戦となりそうだ。

一方の阪神大賞典は、前走1年以上の休み明けでAJCCを制したシャケトラが人気を集めそうだ。もっとも、この馬とてそれなりに不安がある。

確かに久々の実戦を勝ったとはいえ、今度は距離が一気に延びる。かつて天皇賞(春)を使った際は掛かってしまい競馬にならなかったように、折り合いにはかなり難しさのある馬で、実際AJCCでも道中は掛かるそぶりを見せていた。その前走から800mも距離が延びるわけで、しかも鞍上はテン乗りの戸崎騎手だ。果たしてガツンと掛かった時にどう制御するか…。幸いヴォージュロードヴァンドールといった逃げ馬がいるので、そのペース次第といったところだろうが、いずれにしても結構不安のある人気馬のように思える。

個人的に期待したいのは、岩田騎手に手が戻るアドマイヤエイカン。シンプルに言って『長距離の岩田』は怖い。アドマイヤエイカン自身もどちらかといえば弱敵相手の超スローで守る競馬をするよりは、強い相手にぶつけてタフな競馬をした方が持ち味が生きるタイプ。

かつては同じハーツクライ産駒のギュスターヴクライが、時の現役最強馬オルフェーヴルに土をつけたレース(というよりも当時は相手の失策に近かったが…)。過去5年で見ても、ハーツクライ産駒は4頭が連対しており、今年は同産駒のカフジプリンスとともに、激走に期待してみたい。

※いつも通り最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年3月13日(水) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019阪神大賞典&フジテレビ賞スプリングS
閲覧 1,235ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


3月17日(日) 第67回 阪神大賞典(G2、4歳以上、芝3000m)


【登録頭数:11頭】(フルゲート:16頭)

リッジマン(D)
今回は有馬記念以来のレース。休み明けでも成績の良い馬ではあるが、好走している時と比べるとこの中間はCWでの時計が物足りない。

シャケトラ(A)
前走1年1ヶ月ぶりのレースを勝ち、今回はその反動が出ないか心配なところだったが杞憂となりそう。前走時もしっかり乗り込まれており、パドックでも骨折明けにはとても見えないくらいのデキに映ったが、この中間も1ヶ月前からいつも通り坂路とCWでこの厩舎流の調教過程。内容に関しても文句なし。

ヴォージュ(A)
1月から間隔が空いたが、この中間は坂路のみで調整されており速い時計も出ている。過去このような調教内容で調整されている時は成績も良く、調子も良さそう。

アドマイヤエイカン(B)
この中間は小林徹、畑端、岩田と3週連続ジョッキー騎乗で追い切られていることもあり、CWで速い時計が出ている。ジョッキー騎乗で調教されている時はレースでの成績が良いことが多く、その点今回は期待できるかもしれない。

ステイインシアトル(B)
前走は8ヶ月ぶりのレースだったが、3週連続併せ馬で先着と時計もしっかり出ていて、マイナス体重での出走。出来は悪くなかったと思う。今回も少し間隔は空いたが、この中間も入念な乗り込みで良くなっている感じはあり。得意の阪神コースも味方するかもしれない。

サイモンラムセス(E)
前走は中1週での出走で、小倉大賞典の時よりも物足りない時計。もう少し待っての出走の方が良かったと個人的には見ていて、今回も中1週で状態が回復している感じはしない。

コルコバード (C)
もう少し乗込みたい感じもあるが、1週前に併せ馬でいつもの時計が出ていて仕上りは悪くなさそう。

ロードヴァンドール(C)
近走は調教でも物足りない時計が多かったが、この中間は坂路中心に乗り込まれて3週前、2週前、1週前と併せ馬で先着。良い方向に変わってきている感じがある。

ソールインパクト(B)
近走は調教師が追い切りで跨る機会が増えてきているが、この中間は2週前、1週前と連続で調教師騎乗で追い切られていて、今回は特に気合いが感じられる。

ケントオー(C)
好調時は坂路でかなり速い時計が出ていた馬なので、近走の時計を見ると全然物足りない。それでも、ここ数戦は全体の時計は出るようになってきていて、あとは終いの時計が出るようになってくればというところ。そうなれば、もっと変わってくるかもしれない。

カフジプリンス(C)
長期休養明け3戦目になるが、前走1600万で3着と少しずつ良くなっている傾向にある。


3月17日(日) 第68回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2、3歳、芝1800m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:16頭)

ファンタジスト(A)
休み明けの今回、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて仕上りは良さそう。今回は初めてコーナー4つのコースでの競馬だが、折り合いさえつけば息を入れることもできるだろうし、このようなコースの方が向いているかもしれない。

クリノガウディー(B)
弥生賞にも登録はしていたが当時は時計もほとんど出していなくて、使える状況ではなかった。そこから2週で2本速い時計を出していて、ここに向けて順調に調整されている感じ。

ディキシーナイト(A)
この中間は間隔にも余裕があり、乗り込み量も豊富。1週前にはアーモンドアイに併入と時計も出ていて、調教内容も良い。

タガノディアマンテ(B)
この中間は前走以上の乗り込み量で、1週前にCWを併せ馬で先着と上積みが期待できそう。

エメラルファイト(B)
この中間は乗り込み量こそ多くないが2週前、1週前と南Wで好時計が出ていて調教内容は前走より良い。今回は関東での競馬で、長距離輸送を気にしないで調整できる点も良い。

コスモカレンドゥラ(D)
休み明け。調教の内容を見ると、もっとビシビシ追われている方が良いと思うが。

シークレットラン(C)
3戦連続10kg以上馬体重増。これ以上増えるのは良くない。2週前、1週前と一杯に追われているので、その辺りのことを考えての内容だろう。時計も出ていて先着もしているので調整内容としては悪くない。

ヒシイグアス(A)
未勝利、若竹賞と連勝中。この中間はCW中心の追い切りで2週前、1週前と前走以上の時計が出ている。前走よりも良い調教内容。

ロジャーバローズ (B)
この中間はこの厩舎流の調整内容で順調に調整されている。1週前には併せて先着と仕上がりも良さそう。

アンクルテイオウ(B)
前走未勝利勝ちでこの中間は間隔を空けてきたが、乗り込み量も多くいつも通りの内容で順調そう。

カラテ (E)
デビュー戦から使い詰めで前走小倉遠征で未勝利勝ち。1週前追い切りは併せ馬で遅れていて、上積みは期待できない。

キュアン(D)
休み明け。1週前追い切りで速い時計を出す馬だが、今回はジョッキー騎乗の割には時計がそれほど速くない。

ゲバラ(D)
この中間は1週前に坂路を併せ馬で追い切られて時計は出るようになってきたが、併走遅れで特に良くなった感じはない。

ニシノカツナリ(B)
この中間は単走での調整だが、南Wを馬なりで速い時計が出ていて前走よりも良さそうな感じ。

フィデリオグリーン(D)
年末から今年にかけてかなり詰まったローテーション。大きな馬で使い減りしない馬ではあるが、1週前の時計を見ても前走時とそれほど変わらず。上積みは厳しそう。

モズベッロ (B)
坂路で好時計の出る馬で、無理のないローテーションでここまで使われてきている。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて、使われつつ良くなっている感じ。

ユニコーンライオン(C)
かなり大きな馬だが新馬戦でも◎にしたように、調教では好時計の出る馬。素質はあると思うがまだ体を持て余している感じで、良くなるのはもう少し先かもしれない。

リバーシブルレーン(D)
今回は休み明けで乗り込まれているが、調教の内容を見ると単走のみで時計ももうひとつ詰めたいところ。ここを使われてからの方が良さそう。

リーガルメイン(D)
デビューから3戦、この馬は1週前にCWを併せ馬で追い切られてきていてこれまではすべて先着していた。今回はジョッキー騎乗で追い切られたものの、先着しておらず、また2週前追い切りでも遅れと、その辺りが気になるところ。



◇今回は阪神大賞典&スプリングS編でした。
私の勤めている会社では、年に1度「ストレスチェック」を行っています。これは「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業所では2015年12月から年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられたことによるもの。当コラムを読んで頂いた方の中にも、この「ストレスチェック」を行っているという方も多いと思います。
私に関してはほとんどストレスが無いという診断結果でした。昨年もそのような感じだったと記憶していますが、本人もそれほどストレスを感じていることはないと思っているので、間違ってはいないと思います。なぜこのストレス社会で真逆の結果が出ているのか考えてみると、何よりも好きなことができていることが大きいと思います。やらなければならないこともかなり多く忙しい日々ではありますが、それ以上に自分がやりたいことをやれていることが、ストレスを溜めこまないひとつの理由になっているのかもしれません。やることが多いとうまくいかないことがあっても次から次へ気持ちを切り替えていかなくてはならず(JRAの予想が外れても、地方競馬、香港競馬にこのコラムと、次から次へと気持ちを切り替えていかないと進んでいけないので)、悩んでいる暇がないということもあるかもしれませんが(^^;。
とにかく、何より周りの人たちに恵まれているからこそ好きなことを遠慮なくできているわけで、これからも周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れないよう生きていきたいと思っています。



それでは次回、高松宮記念編(予定)でお会いしましょう。


阪神大賞典、フジテレビ賞スプリングS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年1月9日(水) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/28~1/5)岡村信将プロがG3シンザン記念◎○的中計17万超!G3京都金杯ではセイリュウ1号プロの計66万超をはじめ的中多数!
閲覧 1,110ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、5(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、6(日)には京都競馬場でG3シンザン記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、バラついたスタートでの幕開け。最内からタニノフランケル、さらにコズミックフォース、5枠両頭あたりが先行策をとります。ハナを奪い切ったタニノフランケルは、2番手コズミックフォースに対し1馬身半差ほどのリードを保って、前半1000mを59.9秒(推定)のペースで通過。1番人気マウントゴールドは中団、2番人気タイムフライヤーは後方からの競馬でレースは後半戦へ。とここで、外を回ってステイフーリッシュが進出を開始。遅れてタイムフライヤーも大外からポジションを上げにかかると、馬群は徐々にペースアップしながら3、4コーナーへ。直線を向いても先頭をキープする9番人気タニノフランケルに、コズミックフォースステイフーリッシュと並び掛けますが、コズミックフォースは直線半ばを迎えたところで苦しくなって後退。代わって7番人気ステイフーリッシュが先頭に躍り出ます。そこへ、外を通った後続各馬がどっと押し寄せる展開。最後はハンデ戦らしくゴール前で密集するなか、中団から力強く伸びて制したのはトップハンデのウインブライトでした。3番人気での勝利で、重賞4勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロはははふほほほプロ金子京介プロくりーくプロ蒼馬久一郎プロ馬侑迦プロら、計6名が的中しています。
 
G3京都金杯は、カツジバリスといったところが出遅れ。こちらもばらついたスタートとなるなか、好スタートは外枠勢のツーエムマイスターアサクサゲンキマイスタイルトゥラヴェスーラパクスアメリカーナあたり。この中からツーエムマイスターが先頭に立って、前半800mを47.5秒(推定)で通過していきます。1番人気のパクスアメリカーナは好位の外目を追走。各馬4コーナーを回って直線へ。先頭のツーエムマイスター目がけて横並びで迫る、グァンチャーレアサクサゲンキマイスタイルの3頭。5番人気マイスタイルがこの争いから抜け出そうと脚を伸ばしますが、直後に迫るパクスアメリカーナも手応え十分。結局、ゴール手前50mでマイスタイルを外から交わし去ったパクスアメリカーナが、1番人気の支持に応えて優勝。重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ導師嵐山プロ馬っしぐらプロ山崎エリカプロ、ほか計15名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、大外枠から逃げたコパノマーティンが軽快なラップを刻み、前半800m47.3秒(推定)を計時。1番人気アントリューズ、2番人気ミッキーブリランテ、3番人気ハッピーアワーら人気どころを、比較的後方に従える形で、引き続きコパノマーティン先頭の隊列のまま4コーナーを回ります。内~馬場の中ほどにかけて横に広がった追い比べの中から、脚色良く抜け出したのは最内を突いた4番人気ヴァルディゼール。外を通っては、ミッキーブリランテ、10番人気マイネルフラップも目立つ末脚でこれに迫ります。勢いでは、完全に勝ったかに見えた外2頭でしたが、並び掛けられてから再び突き放そうと応戦するヴァルディゼール。二枚腰の伸びでマイネルフラップミッキーブリランテらの追撃封じてみせたヴァルディゼールがクビ差優勝。連勝で重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ田口啄麻プロおかべプロら、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
5(土)にG3中山金杯的中、中山9R的中などの活躍を披露。6(日)には、G3シンザン記念での◎ヴァルディゼール-○マイネルフラップ馬連1点的中を含む計17万3,400円払戻しのスマッシュヒットを筆頭に、中山1R他での的中を記録。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率137%をマーク。収支12万9,600円プラスを達成しています。前週28(金)もトータルプラスを計上し、2週連続の週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
5(土)京都9Rで◎ヴァルディノート(単勝14.7倍)から的中をマークすると、G3京都金杯では3連単985.8倍を的中させ、週末トータル回収率トップの382%(収支7万9,110円プラス)をマーク!2019年のプラス発進を決めました。前週28(金)もトータルプラスで終えていて、これで2週連続週末プラスとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)は中山7R的中などできっちりプラスを決めると、6(日)もG3シンザン記念での◎マイネルフラップ(単勝32.7倍)複勝1点勝負的中を披露し、連日のプラスをマーク。週間トータル回収率202%を記録しました。これでG1ホープフルS的中などで回収率100%達成の28(金)を挟み、回収率100%以上は9週連続継続中。最高の形で2019年のスタートを切っています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)G3京都金杯、同京都12Rと的中をマーク。6(日)にも京都10Rでの◎ヴォージュ(単勝23.3倍)的中などを披露した先週は、トータル回収率120%をマークしています。28(金)の回収率114%を挟み、3週連続週末プラスを継続中。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(213%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(199%)、【U指数】3連単プリンスプロ(154%)、エース1号プロ(153%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(142%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(116%)、くりーくプロ(107%)、サラマッポプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴォージュの口コミ


口コミ一覧

天皇賞(春)備忘録

 fedo_love 2019年4月28日() 19:02

閲覧 115ビュー コメント 0 ナイス 9

【予想】
◎10フィエールマン/ルメール
〇2エタリオウ/デムーロ
▲12クリンチャー/三浦
▼7グローリーヴェイズ/戸崎
△9ユーキャンスマイル/岩田
 4ヴォージュ/和田
 5メイショウテッコン/福永
 6カフジプリンス/中谷
 13ロードヴァンドール/横山典
→馬連ボックス2,7,9,10,12、3連複10を軸に取捨し25組

【結果】
①フィエールマン
②グローリーヴェイズ
③パフォーマプロミス
④エタリオウ・・・
⑤ユーキャンスマイル
⑦カフジプリンス

⑩クリンチャー
⑪メイショウテッコン
⑫ロードヴァンドール
中止ヴォージュ

【的中】
馬連7-10💮 400×17.8

【振返り】
キレイに揃ったスタートのあと、スルスルと最後方に下げたエタリオウ。脚をためるためだったのか?早く前に立つと気を抜くから?それにしても、下げすぎでは??とイヤな予感。。1周したところでペースを上げて最終コーナーで3番手群まできて直線に入り、さぁ行けーーー!と叫び、並んでいたパフォーマプロミスを差すので精一杯か・・と思ったら、・・あれ??差し返されてる・・、抜けない、、、、3連複が夢散してしまいました。。。デムーロ騎手の戦略またしてもハマらず、ちょっと深刻になってきました。
フィエールマンは、強かったですね。終始好位をキープし最後の叩き合いにも動じず。ルメール騎手は平成最後にG1を3連勝で8大競走を完全制覇、お見事の一言。
2着のグローリーヴェイズ。ある血統派の方の『メジロの血がスタミナをもたらす』の言葉が残り、大外だった菊花賞5着も評価して印を上げました。戸崎騎手に乗り替わりましたが手が合ったのでしょう、楽勝ムードのフィエールマンをマークして叩き合いに持込み、見せ場をつくってくれました。戸崎騎手は本当ならシャケトラに騎乗するはずでした。・・・シャケトラが背中を押したのかな、これがシャケトラだったなら・・・、仕方のないことですが、そんな思いにふけってしまいました。
3着のパフォーマプロミス。体重がアルゼンチン杯で1着になった時以上に落としていたので気にはなったのですが、7歳だし、パドックで細く早歩きな感じだったので、スルー。。恐れ入りました。レース後にROBOTIPの予想を見たらしっかり△印が。今日の投票金額でシミュレーションしたら、〇万超の今までで経験したことのない高配当でした。。。ガックシ。。。。。
期待した京都巧者のクリンチャー、ユーキャンスマイルが残念。とくに前者は得意のコースで惨敗、負のイメージが尾を引きそうです。あとは逃げ馬が全滅でした、格が違いましたかね。ヴォージュは大丈夫かな?

(追記)
エタリオウ
デムーロ騎手「道中はこの馬なりにリズムよく運べてうまくいったが、直線では脚があがってしまった」
友道調教師「今の馬場を考えると、前半にあの位置からでは厳しい」
うーん、しっくりいっていない・・・。

 モズ@ 2019年4月28日() 18:54
天皇賞(春)回顧
閲覧 234ビュー コメント 2 ナイス 15



12.9-11.5-11.6-11.6-12.2-
12.2-12.5-13.8-13.3-12.4-
12.5-12.3-11.7-11.6-11.0-11.9

後ろを離して逃げたいヴォージュに
メイショウテッコンが
思いのほか付いて行ってしまい、
この時点で先行馬にとっては厳しい流れ。




1着フィエールマン

単純に、
中~長距離向きの末脚がどうこうと
考えすぎだったと反省。

この手の馬は距離云々関係なく、
追い出しを我慢できる競馬になれば
問題なく弾けてくるんだなと再確認。

早めに追い出す運びさえ回避できれば
どの条件でも走ってきそう。



2着グローリーヴェイズ

勝負所で先に動いて
待つ運びになったのが結構勿体ない。

展開自体は完璧に合っていたので、
仕掛けを我慢できていれば
逆転も十分あったのではと思ってしまう。



3着パフォーマプロミス

ステイゴールド仲間の
エタリオウが下手に乗られての
3着だった感は否めないが、

この馬唯一の武器だった
一瞬の脚が生かせる流れで、
力は発揮できたんじゃないかと思う。



4着Mデムーロ騎手

本当どうしちゃったの?としか言えない騎乗。

もうそれ以上言うことがないです。



11着メイショウテッコン

レース前からテンションが高かったせいか、

序盤で思った以上に前に競りかけて
終盤もまったく我慢が利かずに失速。

ただただ逃げ馬に
プレッシャーをかけるだけの競馬になったので、
ヴォージュにとっては嫌な運びになってしまった。

[もっと見る]

 りのりん 2019年4月28日() 15:13
天皇賞 ふざけます。
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 8

皆様こんにちは(*´ω`*)

お久しぶりでございます。

クッソ忙しい中、ようやくGWという事で余裕が出来ました_(:3 」∠)_

久々の投稿なのでマジメに予想しようかと思いましたが、やっぱり変化球にしますw

天皇賞
エタリオウ◎
ヴォージュ◯
二頭軸マルチ
1.5.7.8.9.10.13 42点

なぜヴォージュ…そう思う方ばかりでしょう…

万葉Sの時の印象が強いんです。

斤量ハンデある中、京都の3000逃げ切れてます。

勝ちまではいかなくとも、複勝圏内には、と期待してます。

そして和田騎手

忘れたころに爆弾投下してくれますから、それこそ忘れてはいけない1人ですよね!

フィエールマンはもちろん有力ですが、最近ルメール どうしたの?ってほど裏切られてるので任せられません。

昨日今日と勝ててませんので、それも気になります。

ユーキャンスマイルは、エタリオウと迷って外したのでかなり有利視してます。

かたくやるならエタリオウとユーキャンの1.2着でフォーメーションしたいですが、今回はおふざけ半分ですので・:*+.\(( °ω° ))/.:+

そんなこんなで、これからまた復活視野なので、今後ともよろしくおねがい致しますm(_ _)m


それでは皆様、ご武運を!!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴォージュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ズンドコシマル   フォロワー:2人 2016年12月27日(火) 09:16:25
次走絞って来てほし~の あき☆(ヽ´ω`)

ヴォージュの写真

ヴォージュ

ヴォージュの厩舎情報 VIP

2019年4月28日天皇賞(春) G1中止
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴォージュの取材メモ VIP

2019年3月17日 阪神大賞典 G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。