ブランノワール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ブランノワール
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年2月15日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[1-1-1-2]
総賞金1,561万円
収得賞金400万円
英字表記Blanc Noir
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
プチノワール
血統 ][ 産駒 ]
Singspiel
リッチアフェアー
兄弟 ローブティサージュステイオンザトップ
前走 2019/03/02 チューリップ賞 G2
次走予定

ブランノワールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/02 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 133323.256** 牝3 54.0 藤井勘一須貝尚介444(+2)1.34.7 0.634.5⑤⑥ダノンファンタジー
19/02/02 京都 10 エルフィンS OP 芝1600 10666.942** 牝3 54.0 福永祐一須貝尚介442(0)1.35.7 0.234.5アクアミラビリス
18/12/22 阪神 3 2歳未勝利 芝1600 15357.131** 牝2 54.0 福永祐一須貝尚介442(+6)1.36.6 -0.334.5クワイエット
18/11/11 京都 3 2歳未勝利 芝1600 11223.624** 牝2 54.0 C.ルメー須貝尚介436(-8)1.36.6 0.735.0⑪⑩マイネルウィルトス
18/10/20 京都 5 2歳新馬 芝1400 18112.813** 牝2 54.0 池添謙一須貝尚介444(--)1.22.7 0.034.8⑪⑪キセキノカガヤキ

ブランノワールの関連ニュース

 ★昨年の全日本2歳優駿を勝ったノーヴァレンダ(栗・斉藤崇、牡)は、伏竜S(31日、中山、OP、ダ1800メートル)で始動する。僚馬で1月6日に京都500万下(ダ1800メートル)を勝ったゴールドラグーン(牡)も同レースへ。

 ★チューリップ賞6着ブランノワール(栗・須貝、牝)は、矢車賞(4月29日、京都、500万下、芝2200メートル)を視野に入れる。僚馬で紅梅S5着ラフェリシテ(牝)は、君子蘭賞(23日、阪神、500万下、芝1800メートル)へ。

 ★萌黄賞を勝ったファイトフォーラヴ(栗・石橋、牡)は、葵S(5月25日、京都、重賞、芝1200メートル)に駒を進める。

 ★阪神JF13着ウインゼノビア(美・青木、牝)は、予定していたフラワーCを見送り、サンスポ賞フローラS(4月21日、東京、GII、芝2000メートル)へ目標を切り替える。

 ★10月6日の東京新馬(芝1400メートル)を勝って以来のブーザー(美・堀、牡)は、17日の中山500万下(芝1600メートル)で復帰。僚馬で1月27日の東京未勝利(芝1600メートル)を快勝したフォルコメン(牡)は、24日の中山500万下(芝1800メートル)に臨む。

【チューリップ】藤井“初重賞”6着も「すごく感謝」2019年3月3日() 05:05

 第26回チューリップ賞(2日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬に桜花賞の優先出走権 =出走13頭)JRA騎手としてデビュー日に重賞初騎乗となった藤井騎手のブランノワールは、勝ち馬の直後から競馬を進めて6着。鞍上は「ダノンファンタジーを見ながらレースを進めました。4コーナーでふわふわした割に離されず、よく頑張っています。こういうチャンスをいただけて、すごく感謝しています」と振り返った。

[もっと見る]

【チューリップ】藤井勘一郎騎乗のブランノワールは6着 藤井「よく頑張っています」2019年3月2日() 19:27

 3月2日の阪神11Rで行われた第26回チューリップ賞(GII、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、別定、13頭立て、1着賞金=5200万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎)が快勝した。タイムは1分34秒1(良)。



 JRA所属騎手としてのデビュー初日となった藤井勘一郎騎手が騎乗したブランノワール(5番人気)は、好位を追走して上位進出を目指したものの、最後の直線で伸び切れず6着に終わった。



 藤井勘一郎騎手「ダンノファンタジーを見ながらレースを進めました。4コーナーでフワフワした割に離されず、よく頑張っています」

★【チューリップ賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【斬って捨てる!】チューリップ賞 前走初角先頭馬は劣勢!前走非重賞戦3着以下敗退馬の連対ゼロ!2019年3月2日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、チューリップ賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走で芝マイル重賞に出走していた馬を除くと、前走3着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード

オープンクラスで2着以内の経験がある馬を除くと、前走5着以下敗退馬の連対例はみられない(2009年以降)

サムシングジャスト
ドナウデルタ

前走9着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ドナウデルタ

前走1秒0以上敗退馬の好走例は皆無(2009年以降)

ドナウデルタ

連勝中の馬を除くと、前走ダート戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ハニーウィル

【人気】
10番人気以下の連対例はみられない(2009年以降)
※10時30分現在の10番人気以下

ハニーウィル
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
サムシングジャスト

【脚質】
前走の初角通過順が1番手だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

メイショウショウブ
オーパキャマラード

【枠順】
5番人気以下、かつ8枠馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ8枠馬

ドナウデルタ

2枠の連対例はなし(2009年以降)

マルモネオフォース

馬番枠2番の好走例は皆無(2009年以降)

マルモネオフォース

馬番枠6番の連対例はゼロ(2009年以降)

シェーングランツ

【血統】
5番人気以下、かつ社台グループ生産馬の連対例は皆無(2009年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ社台グループ生産馬

ブランノワール
ハニーウィル
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
ドナウデルタ

グレイソヴリン系を除くと、ナスルーラ系種牡馬を父あるいは母父に配している馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アフランシール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】チューリップ賞 人気サイドの差し馬が優勢!中~外枠の伏兵にご用心!2019年3月2日() 10:10

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、チューリップ賞のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走芝1600m組が圧倒(2007年以降)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ブランノワール
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
オーパキャマラード
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【人気】
上位人気(1~5番人気)が強い(1998年以降)
※9時30分現在の1~5番人気

ダノンファンタジー
メイショウショウブ
シェーングランツ
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【脚質】
差し馬を重視すべき(2007年以降)

ダノンファンタジー
シェーングランツ
ノーブルスコア
サムシングジャスト
シゲルピンクダイヤ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
6~8枠が毎年のように馬券絡み(2007年以降)

ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2007年以降)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ハニーウィル
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

ディープインパクト×ノーザンダンサー系の配合馬が攻勢(産駒初出走以降)

ノーブルスコア
ブリッツアウェイ

クラシックを自身が勝利、もしくは産駒を輩出している種牡馬の産駒が好相性(近年の傾向)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ブランノワール
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ


【5項目以上該当馬】
シゲルピンクダイヤ(6項目)
ダノンファンタジー(5項目)
シェーングランツ(5項目)
ノーブルスコア(5項目)
サムシングジャスト(5項目)
ドナウデルタ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】チューリップ賞 2歳女王が及第点以上のデキ!オークス馬の半妹に逆転の目も!2019年3月2日() 09:40

チューリップ賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ダノンファンタジー
栗東CWで行われた1週前追い切りは、モヤで直線しか確認できなかったが、しなやかな脚捌きを見せ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを記録。同じくCWで実施した今週の追い切りでは、4F48秒ソコソコの猛ラップを余力残しでマークした。少し前進気勢が過ぎるような気もするが、走りに重め感はまったくない。及第点以上のデキとみる。

マルモネオフォース
最終追い切りは栗東CWで実施。馬場の外めを回って、マズマズのタイムを記録した。とはいえ、本来はもう少しメリハリがついたラップを刻んでくる馬。そのあたりを鑑みると、物足りない印象を受ける。上り目に乏しく、相手が一気に強くなる今回は割引が必要だろう。

ブランノワール
1週前、今週と栗東坂路にてアドマイヤリードを相手に併せ馬を実施。1週前はしっかりと追われて、ラスト1F11秒9の好ラップを記録。今週も手応えを残した状態で、スピード感ある走りを披露した。ただ、少し首のアクションに乏しく、前肢を思うように伸ばせていない印象。このあたりが解消されないと、ヒモ評価の域は出ない。

ハニーウィル
今週の追い切りは栗東CWで併せ馬を実施。後れをとったが、約1秒のハンディがあったことを勘案すると、深刻な問題ではない。ただ、前半から攻めたとはいえ、ラスト1Fのラップは13秒台半ば。水準以上の決め手が求められる今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問符が付く。ここは様子見が賢明だろう。

メイショウショウブ
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、僚馬を一気に突き放す上々のパフォーマンスを披露。同じくCWで実施した今週の併せ馬でもマズマズの走りを見せた。加速がついてからフワッとするシーンもあったが、許容範囲の部類。なによりも、内にモタれる面が解消された点は好感度が高い。いい状態でレースに臨めそうだ。

シェーングランツ
坂路と南Wを交えて、乗り込み量は十分すぎるほど。前回と比べて、直前の攻めを強化している点も評価できる。今週の併せ馬では後れをとったものの、自身のラスト1Fは12秒台半ば。ストライドを大きくとれているし、フォームも崩れていないので、過度に不安視する必要はない。心身のバランスが噛み合えば、逆転の目まである。

ノーブルスコア
今年に入って3走目ということもあってか、この中間は軽めのメニュー。栗東坂路で実施した最終追い切りでは併走遅れを喫したが、ケイコの見映えが実戦につながるタイプではないので、神経質にとらえる必要はない。馬場が荒れ始めた時間帯にしっかりと負荷をかけた調整を施している点は評価できる。勝ち切るまではどうかも、連下争いなら可能だろう。

ブリッツアウェイ
今週の追い切りは栗東坂路で併せ馬を実施。しっかりとした脚取りで、僚馬をアオる好パフォーマンスを示した。走破タイムは地味だが、柔らかい身のこなしでリズムよく登坂するさまをみるに、調子落ち&疲れは感じられない。力を出せるデキにある。

オーパキャマラード
栗東CWで行われた今週の追い切りの内容は、調教巧者の同馬にしては凡庸。併走遅れは仕方ないにしても、しっかりと攻めた割に上がりのタイムが物足りない。この馬なりに順調なのかもしれないが、大きな上積みまではどうか。今回は見送りが正解とみる。

アフランシール
先週末から栗東に滞在して調整。CWで実施した今週の追い切りでは、及第点以上のタイムを記録した。ただ、首と四肢の連動性に欠ける走りで見映えは今ひとつ。テンションが高い点も変わらない。こうした調教内容で結果を残している馬ではあるものの、阪神の芝1600mがフィットするかどうかについては疑問が残る。今回は厳しくマイナス評価としたい。

サムシングジャスト
帰厩後は栗東CWと栗東坂路を交えて、丹念な乗り込み。1週前ならびに今週の併せ馬では、悠々と僚馬を制した。ただ、行きたがる面を見せるのは相変わらず。落ち着いたあとの伸び脚は目を引くものがあるのだが……。いずれにせよ、リラックスして走れるかどうかが、好凡走のカギを握りそう。当日の気配には十分な注意を払いたい。

ドナウデルタ
1週前に栗東坂路でラスト2F24秒4-11秒9の好ラップを記録。今週の坂路追い切りでも、ラスト2F24秒0-11秒9のラップを余力残しでマークした。ただ、小柄な馬体を考慮してか、中間の乗り込み量は少なめ。そのぶん、詰めが甘くなる可能性も考えられる。動きと時計をそのまま評価して、連下の押さえまで、という扱いが妥当ではないか。

シゲルピンクダイヤ
2週前、1週前と2週続けて栗東坂路で後傾ラップを記録。今週の追い切りでは、ラスト2F24秒0-12秒1の好ラップを軽々とマークした。強い攻めを行っていない点は気がかりな半面、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。軽く扱えない1頭と言えよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブランノワールの関連コラム

閲覧 936ビュー コメント 0 ナイス 1

先週、豪華メンバーが揃った金鯱賞は、久々をものともせずダノンプレミアムが完勝。重要な3歳シーズンの大半を棒に振った影響が懸念されたが、強敵相手に勝利したことで、大阪杯から続く春のマイル~中距離G1戦線の主役に浮上したといえそうだ。

ダノンプレミアムの長所は何といっても、確実に好位から運べるレースセンスの高さだろう。スタートをスッと決めて折り合いも問題なく、いつでも勝負できるポジションを取れるので不利を受けるリスクも少ない。追われてからの反応もしっかりしており、馬群を捌ける強みもある。

近年の名馬でいえばキタサンブラックがそうだったが、やはり強さと同時に上手さも必要な時代。ダノンプレミアムは”上手さ”という点において、この路線では抜きん出た存在だ。順調にいけば大阪杯、さらにその後は安田記念宝塚記念など今後の路線は様々考えられるが、どこに出てきても有力だろう。同じくレベルが高かった中山記念組との対決も楽しみにしたい。


~ズブい馬をビッシリ追って動かす藤井勘一郎騎手

さて、先週のもう一つの話題といえば、デビューから2週目を迎えた藤井勘一郎騎手の活躍だ。デビュー週はやや流れに乗り切れていなかったが、先週は土曜日の新馬戦で14番人気のシュッドヴァデルを勝利に導くと、日曜日は3番人気カリボール、5番人気プリンスオブぺスカで連勝。土日で合計3勝3着2回の活躍を見せた。1~2番人気への騎乗がなかったことを考えても、上々の結果だろう。

まだ2週を終えた段階だが、騎乗ぶりを見ているととにかく”追える”印象が強い。初勝利はダートで500キロを超える馬を持って来たし、ズブいハーツクライ産駒のプリンスオブぺスカをビッシリ追って持って来たあたりを見ても、グイグイ追って動かす、いわば欧州&地方系騎手の印象だ。

半面、当たりが少しキツイ面があるので、繊細な馬や、レースセンスを生かしたいタイプには現状はイマイチフィットしていない。福永騎手で初勝利を挙げたロードカナロア産駒のブランノワールとは、レースを見ていてもあまり合っていないように見えた。

まだ決めつける段階ではないが、とりあえず大型馬やダート、あるいは芝の道悪やズブい馬に騎乗してきた際は、人気薄でも押さえておく必要がありそうだ。現状はそこまで人気になる気配もないので、馬券的な旨味も大きいだろう。


~折り合いに不安残すシャケトラ

さて、今週末も春G1に向けて重要なステップレースが行われる。

スプリングSは近年皐月賞路線の最重要トライアルといっても過言ではないが、今年に関してはやや様相が異なっている。メンバーレベルは決して高くなく、ココでどれだけクラシック級のパフォーマンスを見せられるか…というところだが、ファンタジストは距離が不安だし、そのほかの馬たちも一長一短。どの馬にもチャンスがある波乱含みの一戦となりそうだ。

一方の阪神大賞典は、前走1年以上の休み明けでAJCCを制したシャケトラが人気を集めそうだ。もっとも、この馬とてそれなりに不安がある。

確かに久々の実戦を勝ったとはいえ、今度は距離が一気に延びる。かつて天皇賞(春)を使った際は掛かってしまい競馬にならなかったように、折り合いにはかなり難しさのある馬で、実際AJCCでも道中は掛かるそぶりを見せていた。その前走から800mも距離が延びるわけで、しかも鞍上はテン乗りの戸崎騎手だ。果たしてガツンと掛かった時にどう制御するか…。幸いヴォージュロードヴァンドールといった逃げ馬がいるので、そのペース次第といったところだろうが、いずれにしても結構不安のある人気馬のように思える。

個人的に期待したいのは、岩田騎手に手が戻るアドマイヤエイカン。シンプルに言って『長距離の岩田』は怖い。アドマイヤエイカン自身もどちらかといえば弱敵相手の超スローで守る競馬をするよりは、強い相手にぶつけてタフな競馬をした方が持ち味が生きるタイプ。

かつては同じハーツクライ産駒のギュスターヴクライが、時の現役最強馬オルフェーヴルに土をつけたレース(というよりも当時は相手の失策に近かったが…)。過去5年で見ても、ハーツクライ産駒は4頭が連対しており、今年は同産駒のカフジプリンスとともに、激走に期待してみたい。

※いつも通り最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年2月26日(火) 19:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019弥生賞&チューリップ賞
閲覧 1,606ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


◇3月3日(日)中山11R 第56回 報知杯弥生賞(3歳、G2、芝2000m)

<登録馬>


【JRA所属馬:9頭】(フルゲート:18頭)

ニシノデイジー(C)中8週
この中間もいつもと同じように、3週前、2週前、1週前と強めに追われている。ただ併せ馬で行ってきた1週前追い切りが、今回は単走で行われ、走りを見ると首が高く体が伸びてしまっているように見えた。どこか走りが物足りない感じがする。

ラストドラフト(A)中6週
2戦目の前走で重賞勝ち。前走時の調教では年末年始の変則日程を挟みながらも、毎週しっかり追い切られていて、状態はかなり良かった印象。この中間も、毎回のように調教師自らが跨っての調整が施され、2週前、1週前と併せ馬で先着と順調な過程。近年外厩で馬を仕上げることが多くなっている中にあって、調教師の意地を感じる1頭でもある。

クリノガウディー(F)中10週
シンザン記念を回避してこのレースに登録してきたが、追い切りといえる速い時計はなく、軽めを先週土日に1本ずつ出しただけ。出走できる状況ではない。

ブレイキングドーン(D)中8週
この馬は、これまでレースの1週前、最終追い切りと強めに追われてきている。そのあたりは毎回馬体が増えているので絞らなければならないということもあるのだろう。ただ、それがパドックでのイレ込みに影響しているところもあるように思う。この中間も、1週前追い切りの動きを見ると重い感じがあり、この様子だと今回も最終追い切りは強めに追わないとならなくなりそうな状況。馬体重を取るか、イレ込みを取るか輸送もあるので調整が難しくなりそう。

カントル(B)中4週
昨年のダービー馬ワグネリアンの弟で、10月のデビュー戦から月1走のペースでレースを使われ、その度に上昇曲線を描いているように感じる馬。特に前走時は、間隔が詰まっていた割に入念に乗り込まれていて、パドックでもこれまでで一番良い馬体に見えた。1週前追い切りではM.デムーロ騎手騎乗でほぼ馬なりのまま楽に抜き去る好内容で、動きは引き続き良い。

サトノラディウス(B)中4週
デビュー前からそれほど抜けて良い時計が出る馬ではないが、併せ馬で多く追い切られて乗り込み量十分でレースに使ってきている。前走は関西への輸送を考慮してか1週前に強めに追っていたが、今回は関東圏での競馬ということで1週前は馬なりでの調整。それでも外を回って良い時計が出ており、調整は順調。あとは、最終追い切りで強めに追って良い動きなら力は出せそう。

ヴァンケドミンゴ(A)3ヶ月
前走の葉牡丹賞時はややウルサイ面を見せていたが、馬体に関しては使われるごとに締まってきている様子で、悪い感じはしなかった。この中間は間隔も空いており、新馬戦時のような坂路中心の調教内容で、1週前に一杯に追われて先着している。輸送もあるので、最終追い切りが軽めで良い動きなら理想的。

シュヴァルツリーゼ(C)4ヶ月
かなり乗り難しそうなところがあり、調教では右回りだと内にササる面を見せる馬。新馬戦は、左回りの東京で枠が大外だったのでジョッキーは外に逃避しないように終始ガッチリと押さえたままで、大変だったと思う。まともに走ればかなり能力のある馬だと思うが、1週前追い切りでも直線で内にササる面を見せており、今回は右回りの中山で前走以上に気をつけて乗る必要がある。ジョッキーの手腕が試されるところでもあり、相手がどうこうというより、まず他馬の邪魔をしないように真っ直ぐ走らせることができるか。いずれにしてもジョッキーはかなり大変だと思う。

メイショウテンゲン(C)中3週
前走時のパドックでは落ち着きがない感じだった。この中間は、1週前にCWを長めから併せ馬で追い切りられて時計は悪くない。阪神のアルメリア賞にも登録があるが、こちらに出走してくるようだと初の長距離輸送でのレースで、前走時のようにイレ込むような面が出てしまうことも考えられる。

ラバストーン(F)連闘
先週連闘で出走しており、また連闘で出走してきてもまともに走れることはない。


【地方馬:1頭】

ナイママ(F)中2週
前走時は追い切りの動きもイマイチで、パドックを見てもトモの踏み込みに力強さがなかった。この中間も、時計と言えるほどの強い追い切りも行われていない感じで、上積みが期待できる状況ではない。



◇3月2日(土)阪神11R 第26回 チューリップ賞(3歳牝馬、G2、芝・外1600m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ダノンファンタジー(B)3ヶ月
休み明けのとなるこの中間は、3週前から速い時計を出しており1週前追い切りでは川田騎手騎乗で強めに追われている。霧で見にくかったものの重め感はなく、良い仕上がりで出走できそうな動きだった。

シェーングランツ(B)3ヶ月
前走時は美浦のPコースでの追い切りで、走り慣れていないコースだったからなのか体が浮き上がってしまいそうな走りで、しっかり地面を掴めていない感じだった。この中間は南Wでの調整に戻してきていて、1週前追い切りでは3頭併せの内で手応えも良く、仕上がりは良さそう。

メイショウショウブ(B)3ヶ月
前走時のパドックではもう少しトモに筋肉がついてほしい馬体だった。この中間は2週前、1週前とジョッキー騎乗でCWを長めから追われ好時計。仕上がりは良さそう。

アフランシール(A)3ヶ月
アルテミスSの時は調教では物足りない時計ばかりで、パドックでもトモが寂しく映り出来がイマイチだった。前走時は南Wで良い時計が出ていて、パドックでもイレ込む手前のかなり気合いの入った好馬体での周回だった。この中間は間隔にも余裕があり、時計もしっかり出ていて引き続き好調をキープできている感じ。

オーパキャマラード(C)中3週
11月から使い詰めできており、前走時のパドックではうるさい感じも出ていた。それでも1週前に強めに追われていて、これで直前馬なりで良い動きなら。

ココフィーユ(C)中3週
前走はプラス体重も、小柄な馬でトモも寂しく映った。輸送のある関西圏での競馬では不安材料が多い。

サムシングジャスト(B)4ヶ月
休み明けになるがかなりしっかり乗り込まれていて、良い時計も出ている。成長も窺え、最終追い切りでの動きが良ければ。

シゲルピンクダイヤ(C)4ヶ月
休み明けなのでもう少し乗り込んでいても良い気もするが、1週前追い切りでは坂路で終い伸びており、調教時計は悪くない。

シャドウディーヴァ(C)中1週
休み明けの前走を使われて中1週で競馬となる。前走時のパドックではまだ体が緩いように見えたので、前走を調教代わりと考えることもできる。今回は輸送もあるので、最終追い切りは馬なりで流す程度で十分。そこで良い動きを見せてくるようなら

タニノミッション(D)中6週
3週前の自己条件を使う予定だったが、ザ石で回避。その後は1週前に1本時計を出しているだけで、一頓挫の影響がありそう。

ドナウデルタ(C)中7週
ここ2戦重賞に挑戦するも物足りない内容。馬体は悪くないが、この中間も強めの追い切りが少なく、ビシビシ乗り込めるようにならないと上積みは期待できそうもない。

ノーブルスコア(B)中3週
紅梅S、エルフィンSと使われて間隔も詰っているのでこの中間は軽めの調整。前走時はややウルサイ感じも覗かせていたが、毛艶が冴え出来良く見せていた。最終追い切りは馬なりでも、動きが良ければ期待できそう。

ハニーウィル(E)中3週
前走未勝利勝ちも、デビューから休みなく使われてきていて馬体重もだんだん減ってきている。良い状態で出走するには厳しそう。

ブランノワール(B)中3週
前走は調教内容が良かったので◎にしたが、当日パドックで馬体を見たら踏み込みも浅く馬場も向きそうもない感じで不安になった記憶がある。レースでは、予想外にしっかり走ってくれて2着は確保。この中間は、1週前に坂路で好時計が出ていて状態は良さそう。前走の馬場よりも今回の馬場のほうが向きそうなので、前走以上の好走に期待したい。

ブリッツアウェイ(D)中1週
前走時は調教内容も良くパドックでは馬体も締まって良い状態に見えた。この中間は、中1週で軽めの調整。これ以上馬体は減らしたくないので、前走の状態を維持するので精一杯になりそう。

マルモネオフォース(C)中2週
2着が続いていたが前走で待望の初勝利。大きめの馬の割にトモが寂しく、この中間も強めの追い切りはなく相手が一気に強くなる今回。まだ厳しそう。


◇今回は弥生賞&チューリップ賞編でした。早いもので今年のクラシックに向けてのトライアル戦が今週から始まります。近年はトレセン以上に設備の整った外厩施設が多くなり、牧場で仕上げて本番に直接向かうという馬も多くなってきました。調教内容を重視して予想する立場からすると、牧場でどんなトレーニングを積んできたのか分からない面も多く、少ない調教時計や最終追い切りの動きを見て判断しなくてはならないケースも多くなってきているように感じています。それでも昔に比べれば使える情報はたくさんありますし、便利になっている部分もあります。これからはもっと情報が片寄っていく時代になっていくでしょうし、調教を参考に予想するにしても時計だけではなく馬を見る目や頭の柔らかさが大事になってくるような気がしています。そんな中でもきっちりと対応できるように心がけていきたいと考えています。

それでは次回、阪神大賞典&スプリングS編(予定)でお会いしましょう。


※弥生賞&チューリップ賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年1月30日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年01月30日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(135)
閲覧 1,941ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、エルフィンステークス、アルデバランステークス、きさらぎ賞東京新聞杯の4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年02月02日(土) 京都10R エルフィンステークス
【“中央場所、かつ1600m以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [4-4-2-14](複勝率41.7%)
●なし [0-0-2-20](複勝率9.1%)
→2014年以前を含め、ローカル場やマイル未満のレースしか勝っていな馬は不振。特別登録を行った馬のうち“中央場所、かつ1600m以上のレース”において優勝経験があるのは、アクアミラビリスイルヴェントドーログレイスアンノーブルスコアブランノワールの5頭です。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1600m外×ロードカナロア×牝
→複勝率11.1%、複勝回収率16%


▼2019年02月02日(土) 京都11R アルデバランステークス
【“JRA、かつ1900m以上、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [2-3-2-10](複勝率41.2%)
●なし [2-1-2-34](複勝率12.8%)
→距離適性の高い実績馬は堅実。なお“JRA、かつ1900m以上、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験がなかった馬のうち、馬齢が6歳以上だった馬は2015年以降[0-0-1-27](複勝率3.6%)と苦戦しています。


▼2019年02月03日(日) 京都11R きさらぎ賞(NHK賞)

[もっと見る]

ブランノワールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 269ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
「春に三日の晴れなし」という言葉があるように、晴天が長く続きません。寒暖の差が大きい3月、体調の管理には気をつけましょう?ただ、懐の管理だけは難解?暖かくなるように頑張りましょう!?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中悔過】
第03期(2月24日~3月17日)7日間(中山記念~阪神大賞典:全12戦)

週末は、当てることができたのか?

土曜、G3オーシャンSでは、3頭を推奨。
(ナックビーナス、モズスーパーフレア、レジーナフォルテ)
馬番コンピの予想では、(12,5,14,11,7,2)狙いを参考にして、
12番ナックビーナス軸で勝負!
ワイド(12⇒2,6,7,9,14)馬連(9-12)
結果は、ワイドW的中!(220円/740円)

土曜「オーシャンS」の軸馬ナックビーナスは、逃げるモズスーパーフレアを2,3番手でマークしながら、直線で弾けて2着入線!選択した相手馬5頭中4頭までが、5着までに入線し、納得。反省点として、結果が堅い本命戦のため、期待ほどの利益が出せなかった。ただ、例年は荒れる傾向が強いレースなので、無理に馬券種等の変更はしないのが得策か!?




土曜、G2チューリップ賞では、4頭を推奨。
(シェーングランツ、ダノンファンタジー、ノーブルスコア、ブランノワール)
馬番コンピの予想では、(1⇒6,13,10,2,11)狙いを参考にして、
1番ダノンファンタジー軸で勝負!
馬連(1⇒6,7,1011,13)
結果は、的中!(馬連1,080円)

土曜「チューリップ賞」の軸馬ダノンファンタジーは、好位追走から迎えた直線入り口。進路が開かない場面はあったが、ラスト300㍍で馬場の真ん中へ持ち出してからは、ラスト1ハロン過ぎで楽々と先頭に立ち弾けて優勝!反省点として、馬券種の選択?または、資金配分?馬券種は馬単でも良かったかなぐらい?資金配分は、オッズを見ているだけに均一に出来ず、配当を均等にしてしまった。最後に、メンタル面の弱さ…反省です。



日曜、G2弥生賞では、3頭を推奨。
(カントル、ニシノデイジー、ラストドラフト)
馬番コンピの予想では、(1⇒2,3,8,4,5)狙いを参考にして、
1番ラストドラフト軸で勝負!
馬連(1⇒2,3,4)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「弥生賞」の軸馬ラストドラフト(7着)は、直線で馬群に沈む…(ノД`)・゜・。馬場状態は、読み通り”重馬場”にも拘らず、肝心な指名馬が惨敗…残念。反省点として、経験少ない馬場状態をカバーするには、ボックス買い?実際、ハイブリッド新聞の推定後半3ハロン上位5頭ボックスなら1着=後半4位、2着=後半2位、4着=後半1位、5着=5位でした。仮に馬連BOX 10点で32,600円でした。




【先週ブログのなかで推奨した結果】
オーシャンS=ナックビーナス(2着)、モズスーパーフレア(1着)、レジーナフォルテ(回避)
チューリップ賞=シェーングランツ(5着)、
ダノンファンタジー(1着)、ノーブルスコア(3着)、ブランノワール(6着)
弥生賞=カントル(5着)、ニシノデイジー(4着)、ラストドラフト(7着)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【中山牝馬S】(芝1800㍍戦牝馬)(ハンデ)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝1600 or 2000㍍)
②前走クラス(重賞組)
③前走9番人気以内かつ着差0.5秒以内
④中山(芝)実績(連対率50%以上)


今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:カリビアンゴールド、クロコスミア
②該当外:アッフィラート、ウインファビラス
③該当外:カワキタエンカ、デンコウアンジュ
④該当外:ミッキーチャーム、ランドネ、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイ

【該当馬のみ検証】
①芝1800㍍戦実績(連対率/複勝率)

アドマイヤリード①(3-2-1-3)56%/67%
ウラヌスチャーム①(1-1-0-1)67%/67%
ノームコア①(1-0-1-0)50%/100%
フローレスマジック①(2-1-1-1)60%/80%
フロンテアクイーン①(2-4-1-1)75%/88%

*消去データ(前走の牝馬限定戦で4角7番手以下かつ10着以下に敗退)に該当した、フローレスマジックを消去

【中山牝馬Sの有力馬】
アドマイヤリード、ウラヌスチャーム、ノームコア、フロンテアクイーン


【フィリーズレビュー】(芝1400㍍戦牝馬)(馬齢)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝14~1600㍍)
②前走コース(東京・中山・京都・阪神)
③前走3番人気以内かつ着差0.5秒以内
④前走脚質(上がり3ハロン1、2位)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:イベリス、エイティーンガール、ラミエル、
アスタールビー、ウォーターエデン、スマイルスター
②該当外:トロイメント
③該当外:アズマヘリテージ、ウインターリリー、メイショウケイメイ、ラブミーファイン
エイシンオズ、オトナノジジョウ、キュールエミヤビ、ノーワン、マジックリアリズム
④該当外:ココフィーユ、ジュランビル、ホウオウカトリーヌ、レッドアネモス

【該当馬のみ検証】
①芝1400㍍戦実績(連対率/複勝率)
②阪神(芝)実績(連対率/複勝率)

アウィルアウェイ①(1-1-0-0)100%/100% ②(1-0-0-0)100%/100%
キュールエサクラ①(2-0-0-0)100%/100% ②未出走
プールヴィル①(2-1-0-0)100%/100% ②(0-0-0-1)G1阪神JF 5着(着差0.4秒)

【フィリーズレビューの有力馬】
アウィルアウェイ、キュールエサクラ、プールヴィル



【金鯱賞】(芝2000㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞組)
②馬 齢(4、5歳中心)
③前走馬体重(480~520㌔)
④左回り実績(連対率50%以上)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:クリノヤマトノオー、ショウナンバッハ
②該当外:スズカデヴィアス、メートルダール
③該当外:サトノワルキューレ、タニノフランケル、リスグラシュー
④該当外:アルアイン、ペルシアンナイト

【該当馬のみ検証】
①芝2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
②中京(芝)実績(連対率/複勝率)

エアウィンザー①(4-4-1-0)89%/100% ②未出走
ギベオン①(2-0-0-0)100%/100% ②(1-0-0-0)100%/100%
ダノンプレミアム①(1-0-0-0)100%/100% ②未出走
ムイトオブリガード①未出走 ②(0-0-1-1)0%/50%
モズカッチャン①(1-0-2-0)33%/100% ②未出走

*連対率50%以上を基本なので、ムイトオブリガードを消去

【金鯱賞の有力馬】
エアウィンザー、ギベオン、ダノンプレミアム、モズカッチャン



【今週末の重賞レースの注目馬】
中山牝馬S=アドマイヤリード、ウラヌスチャーム、ノームコア、フロンテアクイーン
フィリーズレビュー=アウィルアウェイ、キュールエサクラ、プールヴィル
金鯱賞=エアウィンザー、ギベオン、ダノンプレミアム、モズカッチャン



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山牝馬S=中山(芝)1800=B(76)外枠有利。
フィリーズレビュー=阪神(芝)1400=D(69)内枠有利。
金鯱賞=中京(芝)2000=C(71)良なら外差し馬有利。


【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(オーシャンS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~6位までの6頭BOX 15点。
(12,5,14,11,7,2)BOX
結果 14⇒12⇒6
指数3位⇒1位⇒8位
結果は、的中もトリガミ…(ノД`)・゜・。(馬連520円)


(チューリップ賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2、3、8~10位までの5頭へ流して5点。
(1⇒6,13,10,2,11)
結果 1⇒13⇒7
指数1位⇒3位⇒6位
結果は、的中!(馬連1,080円)


(弥生賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。
(1⇒2,3,8,4,5)
結果 10⇒5⇒8
指数9位⇒6位⇒4位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。



【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(中山牝馬S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。


(フィリーズレビュー)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2位から
指数1、3~8位までの7頭へ流して7点。


(金鯱賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2、3位から
指数値50~46までの5頭へ流して10点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 清瀬のよっちゃん 2019年3月3日() 17:54
★・・今週の予想結果とPOGの結果及びPOG馬の特別登録・・★ 
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 18

写真は今週の競馬でビンゴの結果です




今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 早鞆特別 1000万下 ダート1,700

 ◎ ⑥ライナス        9着(6番人気)
 ○ ⑫マイネルオスカル   10着(1番人気)
 ▲ ⑨バクハツ        6着(13番人気)
 △ ⑬ウォーターシャウト  12着(11番人気)
1着・メイショウワザシを外し当り無し

ビンゴ馬:⑦ゼンノワスレガタミ 4着(9番人気)4着①マスを塗り潰し



阪神11R チューリップ賞 GⅡ 芝1,600

 ◎ ①ダノンファンタジー   1着(1番人気)
 ○ ⑤メイショウショウブ   9着(3番人気)
 ▲ ⑥シェーングランツ    5着(2番人気)
 △ ③ブランノワール     6着(5番人気)
単勝(130円)が当たり

ビンゴ馬:ハニーウィル    11着(12番人気)11着マスを塗り潰し



中山11R 夕刊フジ賞オーシャンステークス オープン 芝1,200

 ◎ ⑭モズスースーパーフレア 1着(1番人気)
 ○ ⑫ナックビーナス     2着(3番人気)
 ▲ ②ペイシャフェリシタ   4着(6番人気)
 △ ⑩ナインテイルズ     8着(10番人気)
単勝(310円)、馬単(1、010円)が当たり

ビンゴ馬:⑮スタークニナガ  14着(16番人気)14着マスを塗り潰し





日曜メインレースの予想結果です  


小倉11R 太宰府特別 1000万下 芝1,800

 ◎ ⑧エルビッシュ      9着(6番人気)
 ○ ②アンネリース      5着(2番人気)
 ▲ ①マルーンエンブレム   7着(4番人気)
 △ ⑥サヤカチャン      8着(9番人気)
1着・カレンシリエージョを外し当り無し

ビンゴ馬:⑧エルビッシュ    9着(6番人気)9着マスを塗り潰し



阪神11R 大阪城ステークス オープン 芝1,800

 ◎ ④トリコロールブルー   2着(1番人気)
 ○ ⑬ランガディア      8着(4番人気)
 ▲ ⑮クリノヤマトノオー   3着(3番人気)
 △ ⑩ボールライトニング   6着(6番人気)
1着・スピリッツミノルを外し当り無し

ビンゴ馬:⑧ジョルジュサンク 10着(14番人気)10着マスを塗り潰し



中山11R 報知杯弥生賞 GⅡ 芝2,000

 ◎ ③カントル        5着(3番人気)
 ○ ①ラストドラフト     7着(2番人気)
 ▲ ②ニシノデイジー     4着(1番人気)
 △ ⑧ブレイキングドーン   3着(4番人気)
1着・メイショウテンゲンを外し当り無し

ビンゴ馬:⑦ラバストーン   10着(10番人気)塗り潰し無し






★メインレースは、単勝が2レースと馬連が1レース当たりました・・・



★競馬でビンゴは、5マス塗りつぶす事が出来ました!



★POG馬の結果

土曜日


★中山競馬場11R報知杯弥生賞GⅡ(芝2,000)にカントル・牡・藤原英昭(栗東)が出走

※残念ながら、優先出走を得られず5着でした・・・



★POG馬の特別登録

日曜日


阪神競馬場11R報知杯フィリーズレビューGⅡ(芝1,400)にアウィルアウェイ・メス・高野友和(美浦)が登録
(収得賞金1950万円)

阪神競馬場11R報知杯フィリーズレビューGⅡ(芝1,400)にマジックリアリズム・メス・尾関知人(美浦)が登録
(収得賞金400万円)

※報知杯フィリーズレビューの登録頭数は23頭


中山競馬場11RアネモネステークスOP(芝1,600)にマジックリアリズム・メス・尾関知人(美浦)が登録
(収得賞金400万円)


中山競馬場11RアネモネステークスOP(芝1,600)にミディオーサ・メス・堀宣行(美浦)が登録
(収得賞金400万円)

※アネモネステークスの登録頭数は17頭




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=59fad79ce8&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 fedo_love 2019年3月3日() 09:13
チューリップ賞備忘録
閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 7

【予想】
◎1ダノンファンタジー×川田
△3ブランノワール×藤井
 5メイショウショウブ×池添
 6シェーングランツ×武
 10アフランシール×岩田康
 12ドナウデルタ×北村友
 13シゲルピンクダイヤ×和田
→馬連1軸に6組

【結果】
①ダノンファンタジー
②シゲルピンクダイヤ
③ノーブルスコア
④ドナウデルタ
⑤シェーングランツ
⑥ブランノワール
⑧アフランシール
⑨メイショウショウブ

【的中】
馬連1-13💮 200×10.8

【振返り】
リアルタイムでレースを見れなくて、スマホで馬体重まで確認して投票。連対候補3頭が二ケタ減、その中でノーブルスコアだけを切りました。あぶなかった。。。
録画で見ましたが、とても面白いレースでした。馬券を的中できたこともあって(苦笑)何度も見返しました。ダノンファンタジー、序盤行きたがって頭を上げて直線では前横をふさがれて、これでよく勝てたなぁと感心しました。昨日10戦5勝の川田騎手の手腕、お見事!驚いたのはシゲルピンクダイヤ。体重以上に大きく見せる馬体。後方2番手からこちらも直線前横ふさがれてたのに、大外に持ち出してからの末脚は目を見張りました。坂を上って急追したノーブルスコア。いち早く抜け出し行くかと思わせたドナウデルタ。結局体重大幅減の3頭が続いたことに。成長による馬体増がよしとされる3歳馬にあって、こういうケースもあるのですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブランノワールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブランノワールの写真

ブランノワール

ブランノワールの厩舎情報 VIP

2019年3月2日チューリップ賞 G26着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブランノワールの取材メモ VIP

2019年3月2日 チューリップ賞 G2 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。