レッドサイオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 セ4 鹿毛 2016年4月17日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績11戦[4-0-4-3]
総賞金5,978万円
収得賞金2,400万円
英字表記Red Scion
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
レッドベルフィーユ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
マンダララ
兄弟 オープンマインド
前走 2020/07/19 函館記念 G3
次走予定

レッドサイオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165916.8812** 牡4 54.0 岩田康誠藤沢和雄458(-10)2.01.2 1.538.4アドマイヤジャスタ
20/07/05 函館 11 巴賞 OP 芝1800 10222.617** 牡4 56.0 C.ルメー藤沢和雄468(+16)1.48.8 0.935.3⑤⑤⑥⑥トーラスジェミニ
20/04/19 中山 12 春興S 3勝クラス 芝1600 12444.431** 牡4 56.0 C.ルメー藤沢和雄452(-8)1.34.7 -0.035.4⑦⑥⑥フォルコメン
20/03/15 中山 9 スピカS 3勝クラス 芝2000 118102.813** 牡4 55.0 L.ヒュー藤沢和雄460(+4)2.01.7 0.135.7⑤⑥⑤⑤ワイプティアーズ
20/02/23 東京 10 アメジストS 3勝クラス 芝2000 108103.523** 牡4 56.0 C.ルメー藤沢和雄456(-6)2.02.5 0.433.7⑥⑤④アトミックフォース
19/11/10 東京 9 tvk賞 2勝クラス 芝1800 10784.121** 牡3 55.0 北村宏司藤沢和雄462(-8)1.47.6 -0.033.4⑧⑦⑧ロフティフレーズ
19/09/28 中山 10 茨城新聞杯 2勝クラス 芝2000 15354.515** 牡3 54.0 丸山元気藤沢和雄470(+10)1.59.7 0.434.7⑩⑩⑦⑥ヒシヴィクトリー
19/07/21 函館 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 14586.931** 牡3 51▲ 団野大成藤沢和雄460(+6)1.48.0 -0.035.9⑤⑤フォルコメン
19/03/30 中山 5 3歳未勝利 芝2000 15112.511** 牡3 56.0 蛯名正義藤沢和雄454(-8)2.02.5 -0.135.1⑨⑧⑦⑤オセアグレイト
19/03/03 中山 6 3歳未勝利 芝2000 16352.213** 牡3 56.0 蛯名正義藤沢和雄462(0)2.05.6 0.137.4⑤⑥⑥⑥エターナルヴィテス
19/02/11 東京 6 3歳新馬 芝1600 162310.753** 牡3 56.0 蛯名正義藤沢和雄462(--)1.36.1 0.234.0⑪⑩テイクザヘルム

レッドサイオンの関連ニュース

 ★中京記念2着ラセット(栗・庄野、牡5)は、京成杯AH(9月13日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★函館記念4着トーラスジェミニ(美・小桧山、牡4)は札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)に向かう。12着レッドサイオン(美・藤沢和、牡4)は放牧し、去勢手術を受ける予定。

 ★巴賞2着ミラアイトーン(美・菊沢、牡6)は関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)を目標とし、除外ならBSN賞(同29日、新潟、L、ダ1800メートル)へ。

 ★福島テレビOPを制したトゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡5)は、北九州記念(8月23日、小倉、GIII、芝1200メートル)かキーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)を目標にする。3着カルヴァリオ(栗・吉岡、セン7)は、朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)へ。4着ダイシンバルカン(栗・吉田、牡8)は、UHB賞(8月16日、札幌、OP、芝1200メートル)か北九州記念に向かう。

 

【函館記念】レースを終えて…関係者談話 2020年7月20日(月) 04:58

 ◆和田騎手(バイオスパーク3着)「最後も狭いところを抜けてきたんですが…。ペースが流れていたので、脚が上がってしまいましたね」

 ◆木幡育騎手(トーラスジェミニ4着)「もう少しペースを抑えられればよかったが、バテずに頑張ってくれた」

 ◆団野騎手(レイホーロマンス5着)「もう1列前(の位置)が取れていればよかったんですが」

 ◆武豊騎手(ランフォザローゼス6着)「(内めの)枠を生かした競馬。最後まで踏ん張っていた」

 ◆藤岡佑騎手(カウディーリョ7着)「出たなりで流れに乗れました。4コーナーで狭くなったところで伸びかかったんですが」

 ◆池添騎手(ミスマンマミーア8着)「4コーナーで下がってきた馬のあおりを受けてしまったので」

 ◆横山武騎手(ベストアプローチ10着)「前走よりいい状態。広いコースの方が良さそう」

 ◆ルメール騎手(レイエンダ11着)「最後に止まったし、距離が少し長かった」

 ◆岩田康騎手(レッドサイオン12着)「ハイペースで最後は馬が嫌がっていた」

 ◆勝浦騎手(ニシノデイジー13着)「3コーナー手前で手応えがなかった。気持ちの問題としか思えない」

★19日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】函館記念2020 ジャンポケ・斉藤さん、林先生ほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2020年7月19日() 05:30


※当欄では函館記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑤カウディーリョ
ワイド
⑤-⑯マイネルファンロン

【林修】
注目馬
マイネルファンロン

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑨レッドサイオン
○④ランフォザローゼス
▲⑤カウディーリョ
△①レイエンダ
△②バイオスパーク
△⑮ナイトオブナイツ
△⑥ドゥオーモ
馬連流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑨→①②④⑤⑥⑮

【杉本清】
◎①レイエンダ
○⑩トーラスジェミニ
▲⑤カウディーリョ
☆②バイオスパーク
△⑬ニシノデイジー
△⑯マイネルファンロン
△⑫プレシャスブルー
△⑮ナイトオブナイツ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑫プレシャスブルー
○⑯マイネルファンロン
▲⑬ニシノデイジー
△①レイエンダ
△⑤カウディーリョ
△⑩トーラスジェミニ

【横山ルリカ】
◎⑤カウディーリョ

【小木茂光】
注目馬
バイオスパーク
ベストアプローチ
スズカロング
3連単フォーメーション
②⑧⑪→①②③⑤⑧⑨⑩⑪⑬⑯→②⑧⑪

【キャプテン渡辺】
◎⑯マイネルファンロン
ワイド・馬連
⑯-⑩トーラスジェミニ

【安田和博(デンジャラス)】
◎②バイオスパーク

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧ベストアプローチ
3連複フォーメーション
⑧-②③⑤⑩⑫-①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【ギャロップ林】
◎①レイエンダ
3連複2頭軸流し
①-⑧-②③⑤⑦⑨⑩⑫⑬⑯

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑧ベストアプローチ
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑤→①②③④⑦⑩⑫⑬

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬ニシノデイジー
単勝

馬単
⑬→⑫プレシャスブルー
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑫→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑭⑮

【浅越ゴエ】
◎⑨レッドサイオン
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→②⑤⑧⑪⑯

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑤カウディーリョ
3連単1頭軸流しマルチ
⑤→①②③④⑧⑩⑫⑬

【リリー(見取り図)】
◎③ミスマンマミーア
3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑧⑬⑯

【船山陽司】
◎⑧ベストアプローチ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤カウディーリョ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎②バイオスパーク
○⑤カウディーリョ
▲⑧ベストアプローチ
△①レイエンダ
△⑨レッドサイオン
△⑪スズカロング

【皆藤愛子】
◎⑩トーラスジェミニ

【高田秋】
◎①レイエンダ

【目黒貴子】
◎⑤カウディーリョ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【函館記念】厩舎の話 2020年7月17日(金) 04:59

 ◆アドマイヤジャスタ・須貝師 「前回、ホライゾネット(目穴部分をネットで覆った馬装具)で集中。今回も着ける」

 ◆スズカロング・橋田師 「前走は不完全燃焼。洋芝は合うと思う」

 ◆ドゥオーモ・藤岡康騎手 「乗りやすくて動きも良かったです」

 ◆トーラスジェミニ・堀内助手 「強めに追えた。ハナに行きたい」

 ◆ナイトオブナイツ・池添兼師 「去年の出走時より良くなっている」

 ◆ニシノデイジー・勝浦騎手 「いい雰囲気。時計もちょうどいい」

 ◆バイオスパーク・上床助手 「暑いのが苦手。涼しい気候はいい」

 ◆プレシャスブルー・石川騎手 「年齢とともに良くなっています」

 ◆ベストアプローチ・横山武騎手 「メリハリをつけた追い切りでいい動き。能力は高い」

 ◆マイネルファンロン・丹内騎手 「乗りやすかったし、状態は変わりないです」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師 「いい状態。馬場適性も悪くない」

 ◆ランフォザローゼス・藤沢和師 「動きは良かった。中距離でどんな競馬をするか」

 ◆レイエンダ・藤沢和師 「先週、今週としっかり調教できた。今度はいいと思うよ」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「動きは良かった。もう少し前で競馬ができれば」

 ◆レッドサイオン・藤沢和師 「前走は行きっぷりが悪かったのでブリンカーを着ける」

函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館記念】厩舎の話 2020年7月16日(木) 11:17

 アドマイヤジャスタ・須貝調教師「動きは悪くない。前走に続いてホライゾネットを着ける」

 ドゥオーモ・藤岡康騎手「間隔が詰まっているが、しっかり動けた。この感じなら良さそう」

 トーラスジェミニ・山田騎手「素軽くなっているし、体が締まってきた感じ。滞在が合っていて、中1週でも大丈夫」

 ナイトオブナイツ・池添兼調教師「前走は自分の競馬ができず。去年の出走時より状態はいい」

 ニシノデイジー・勝浦騎手「最近の成績がひと息だからどうかと思ったが、いい雰囲気だった。久々のコンビで楽しみ」

 バイオスパーク・上床助手「無理せず馬なりで。暑さが苦手なので涼しい気候はいいし、滞在で落ち着いている」

 プレシャスブルー・石川騎手「反応は良かったし、順調。年齢とともに良くなってきている」

 ベストアプローチ・横山武騎手「いい動き。前走は2年ぶりであの競馬だから、能力は高い」

 マイネルファンロン・丹内騎手「本当にいいときは掛かるぐらいの馬。状態は変わりない」

 ミスマンマミーア・寺島調教師「最後は伸びたし、しっかりやれた。馬場への適性も悪くない」

 ランフォザローゼス・藤沢和調教師「今週も動きは良かった。中距離でどんな競馬をするか」

 レイエンダ・藤沢和調教師「函館で走る馬は何度も走るし、今度はいいと思う。ここらで頑張ってもらわないと」

 レイホーロマンス・橋田調教師「鞍上に感触を確かめてもらった。少し前めで競馬をさせたい」

 レッドサイオン・藤沢和調教師「中1週で変わり身がありそう。実戦ではブリンカーを着ける」

(夕刊フジ)



函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館記念】追って一言 2020年7月16日(木) 04:56

 ◆アドマイヤジャスタ・須貝師 「動きは悪くないし、もっとやれていい。前回、ホライゾネット(目穴部分をネットで覆った馬装具)を着けて集中していたので、今回も着ける」

 ◆ナイトオブナイツ・池添兼師 「前走はこの馬の競馬ができなかった。1度使って、馬は去年の出走時より良くなっている」

 ◆プレシャスブルー・石川騎手 「反応は良かったし順調です。奥手のタイプですが、年齢とともに良くなっています」

 ◆ベストアプローチ・横山武騎手 「半マイルからメリハリをつけた追い切りでいい動き。前走は2年ぶりであの競馬ですから、能力は高い」

 ◆マイネルファンロン・丹内騎手 「本当にいいときは掛かるぐらいの馬。乗りやすかったし、状態は変わりないです」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師 「最後は伸びていたし、しっかりやれました。いい状態。馬場への適性も悪くない」

 ◆ランフォザローゼス・藤沢和師 「馬場が緩くて気にしていたけど、動きは良かった。中距離でどんな競馬をするか」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「ジョッキーに感触を確かめてもらう程度でしたが、動きは良かった。もう少し前で競馬ができれば」

 ◆レッドサイオン・藤沢和師 「中1週で変わり身がありそう。前走は行きっぷりが悪かったのでブリンカーを着ける」



函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドサイオンの関連コラム

閲覧 1,054ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月22日(日) 阪神11R 第67回神戸新聞杯(3歳G2・牡牝・芝2400m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

サートゥルナーリア(A)[4ヵ月:ダービー4着、東京芝2400m]
ダービー4着以来の休み明け。皐月賞時の休み明けと同じような感じで、約1ヶ月前から時計を出して入念に乗り込まれているこの中間だが、すべて単走での追い切りとなっているのがこれまでの調教内容と違う点。このあたりは、ダービー当日のテンションの上がり方を意識してのものだと思われる。この馬は能力が高いので、調教でも走り過ぎるところがあり、併せ馬を行うと調教助手でも押さえるのに苦労するぐらい(押さえられない)、力んで走り切ってしまう。単走に変えてきたのは、やはりその部分を考慮してのものだろう。1週前追い切り見てもルメール騎手が騎乗して走る気満々と言った感じの動きで、この走る気持ちをいい方に向けることができれば、力は1頭抜けていると思う。

ヴェロックス(B)[4ヵ月:ダービー3着、東京芝2400m]
ダービー3着以来のレースで、これまで通り3週前から週2本は速い時計を出してきていて、乗り込み量豊富で、調子は良さそう。2週前、1週前と強めに追われて好時計も出ていて、1週前の走りを見てもやや硬さは感じたものの、しっかりと伸びていて順調に調整されている様子を窺わせた。

レッドジェニアル(B)[4ヵ月:ダービー8着、東京芝2400m]
ダービー8着以来のレースで、3週前から時計を出してしっかり乗り込まれていて2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りはCWを長めからだったが、一杯に追われての内容で直線では併走馬を一気に突き放した。動きは重い感じもなく、仕上がりも良さそう。

シフルマン(B)[3ヵ月:京橋特別1着、阪神芝2000m]
3走前の若葉Sではヴェロックスには離されたが、ワールドプレミアとはそれほど差のない内容。その後2連勝して能力のあるところは見せてきた。今回は3ヵ月ぶりの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ていて、映像はなかったがこれまでのレース前と比べても時計は速く、大型馬でも仕上がりは良さそう。

ユニコーンライオン(D)[中8週:松前特別1着、函館芝2000m]
函館で2連勝して、そこから間隔をとっての参戦。間隔の割にトレセンでの本数は少なめで、1週前追い切りの動きを見ると先着しているが走りに硬さがあり、動きは物足りなく見えた。

ヴィント(E)[4ヵ月:ダービー14着、東京芝2400m]
抽選で出走できたダービー以来の出走。この中間は乗り込み量が豊富で、1週前にはジョッキー騎乗で先着も時計は物足りず。時計的には2勝馬のままで、大きな格上挑戦といった感じ。

カリボール(C)[中1週:野分特別2着、阪神芝2000m]
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれてきていて状態は良さそうだった。この中間は、中1週で速い時計は出ていないが坂路では軽く乗られていて、最終追い切りの動きを見て反動がないかを判断したい。

ジョウショームード(E)[中2週:玄海特別5着、小倉芝2000m]
夏場も使われてきている馬で、この中間は調教の時計もかかってきていて上積みはなさそう。

レッドサイオン(C)[中8週:1勝クラス1着、函館芝1800m]
函館で2連勝してその後は函館と美浦で調整されており、乗り込み量は豊富。時計的にはそれほど目立つところはないが、1週前には同厩のセントライト記念出走組と併せ馬を行い、気合いの入った見劣らない動きを見せていて調子は良さそう。

ワールドプレミア(C)[6ヵ月半:若葉S2着、阪神芝2000m]
若葉S後は、春のクラシックには出走せず休養。春に無理をしなかったためか、この中間は3週前から併せ馬で強めに追われており、しっかり乗り込めるようになってきた。ただ、動き自体は1週前追い切りではまだ重たい印象もあって、使われて良くなる感じかもしれない。

キタサンバルカン(E)[中4週:出雲崎特別4着、新潟芝2000m]
重賞でも条件戦でもなかなか勝ち切れないところのある1勝馬。この中間の調教内容を見ても物足りない時計しか出せておらず、状態自体に問題があるようにも思う。



◇今回は神戸新聞杯編でした。
秋競馬も始まり、来年のクラシックに向けて素質馬たちが続々とデビューしてくる季節となりました。JRAの新馬戦といえばほとんど全てがお昼前後に各競馬場で行われています。“新馬戦キラー”というキャッチコピーを頂いているだけあって、新馬戦を中心に予想を行っている私としては、お昼はゴールデンタイムのようなもの。10分(2場開催時は15分)ごとに違う競馬場で順番にレースが行われていくあの時間は、メインレースが順番に行われていく時間とは違う独特の楽しみがあります。
そんな昼時を過ごしていていつも思うことがあるのですが、それはお昼の新馬戦3レースの勝ち馬を当てる馬券を発売したら面白いのではないかということです。“メイクデビュートリプル”とか“メイクデビューWIN3”なんて名前で、それぞれの競馬場の指定した新馬戦(3場開催時はそれぞれの競馬場で1Rずつ、2場開催時はそれぞれ1+2R)の勝ち馬を当てる馬券で、今行っている『2歳単勝』よりもインパクトがあるのではないかと思っていますがどうでしょうか? WIN5よりも当てやすく、かつ不確定要素が多い新馬戦ならではの大荒れも期待できて、お昼の目玉になるのではないかと思います。
このコラムで書いたところでそれほど影響力がある訳ではないとは思いますが、こういったアイディアのタネが面白そうだと思った方々それぞれの発信によって何らかの形でJRAに届き、いつかそんな馬券が発売される日が来たりしたら幸せですね。

それでは次回、スプリンターズS編(予定)でお会いしましょう。


神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年9月12日(木) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019セントライト記念
閲覧 1,572ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月16日(祝月) 中山11R 第73回セントライト記念(3歳G2・芝2200m)

【登録頭数:22頭】(フルゲート:18頭)


<地方馬>

ミューチャリー(B)中8週
ダートではJRA馬相手でも好勝負していて能力は高い。この中間はここを目標に、2週連続併せ馬で好時計先着と、仕上がり状態はかなり良さそうなので、あとは芝でどれだけ走れるか。


<賞金上位順>

ニシノデイジー(B)4ヵ月
休み明けのこの中間はいつも通りの坂路と、工事中の南Wに変えてPコースというメニューでの調整。コースが違うのでPコースでは時計がでて当然ではあるのだが、それでも乗り込み量多く、終いの時計も出てと、状態面の良さと仕上がりの良さには期待が持てそう。

リオンリオン(C)4ヵ月
ダービー以来の休み明け。この中間は函館、栗東とWコースで追い切られて乗り込み量は豊富。もともと時計はかかる馬だが、1週前の動きを見ると気合いが入っていて、調子は悪くはなさそう。最終追い切りで終いの時計が出ているようなら、良くなってきそう。

メイショウテンゲン(A)4ヵ月
この馬もダービー以来の休み明け。函館から乗り込まれて栗東に移動してからも速い時計を3本。1週前にはジョッキーが騎乗して併せ馬で追い切られて先着と、仕上がりは良さそう。

ランフォザローゼス(D)中3週
前走の札幌記念時はほとんど乗り込まれずに出走していて、今回はそこを叩かれての2戦目。上積みはありそうだがしっかり乗り込まれずにレースを使ったことで、逆に反動が出るということもあり得る。

ザダル(B)4ヵ月
前走(延期のあった)プリンシパルSでも◎にした馬。調教での動きがかなり良く見える馬で、今回の1週前は坂路での追い切りだったが、休み明けでも動きは力強く、状態は良く映った。

サトノルークス(A)4ヵ月
休み明けでも、乗り込み量は多く1週前には併せ馬で先着しており仕上がりは良さそう。

ナイママ(C)4ヵ月
ダービー以来の休み明け。乗り込み量は少ないが1週前の追い切りでは良い時計が出ていて悪くはなさそう。

オセアグレイト(A)中8週
長い距離を使われてきて3連勝中。この中間はジョッキー騎乗で2週連続坂路で好時計が出ていて、この先の大目標に向けて権利を取りにきている感じ。

タガノディアマンテ(B)4ヵ月
休み明けで、2週前、1週前には併せ馬で先着という調整過程。春は間隔が詰まっていて疲れもあったと思うが、今回は休み明けで調子が良さそう。


<以下、12頭抽選対象で8頭出走可能>

アドマイヤスコール (C)中10週
この中間は3週連続併せ馬で追い切られていて、前走時よりも終いの時計がかかっている。まだ物足りない内容。

アトミックフォース (C)中5週
休み明けの前走時は調教の時計も物足りなかったが、1週前追い切りの時計は良くなっていて、少し上積みはありそう。

エターナルヴィテス (B)中5週
この中間は坂路で時計を出し、時計も前走時よりも良く、好状態をキープできている感じ。

エフェクトオン (C)中4週
この中間は南Wに戻しての調整。前走時の坂路の時計に比べると、南Wでの時計はやや物足りない。

エングレーバー (A)中4週
休み明けの前走を使われての叩き2戦目。この中間も坂路、CWと好時計が出ていて上積みがありそうな感じ。

サトノラディウス (D)4ヵ月半
春の前2走は重賞で少し力が足りない内容。休み明けのこの中間は乗り込み量は多いものの、併せ馬では遅れが続き特に変わったような感じはない。

ショウナンバルディ (E)中10週
この中間は坂路で乗り込まれてきているが、時計的に物足りないところあり。

シークレットラン (C)4ヵ月
プリンシパルS以来の休み明け。1週前追い切りでは好時計で併せて先着も、乗り込み量がかなり少なくその点がどう出るか。

マテリアルワールド(F)中2週
2月から休みなく使われてきていて、1週前追い切りでは3頭併せて追い切られて遅れていて疲れがありそう。

モズベッロ (D)中7週
休み明けの今回、休む前ほどの時計も出ておらず、使われてからのほうが良さそう。

ルヴォルグ (A)中5週
前走札幌で休み明けを使われて2勝目。この中間も美浦に戻って乗り込まれ、1週前追い切りでも好時計が出ていてさらに上積みがありそう。

レッドサイオン(C)中7週
2連勝となった前走から間隔が空いて乗り込み量は豊富だが、ジョッキー騎乗で追い切られていてもあまり良い時計も出ておらず、この中間は物足りない内容。


<除外対象馬>

ブラッドストーン(C)中10週
除外対象も乗り込み量は豊富で状態自体は悪くなさそう。



◇今回はセントライト記念編でした。
今年も夏競馬最終日に新潟競馬場に出かけてきました。
今年は声をかけてあった佐藤洋一郎さんを埼玉で拾っての6人旅。
詳しくは洋一郎さんのサンスポコラム(https://race.sanspo.com/keiba/news/20190904/etc19090412340004-n1.html)で書いてくれているので、そちらをご覧頂けたらと思います。
今回、洋一郎さんに声をかけたのは個人的に知り合って10年ほど、サンスポのコラムは30年近く読んできていて一線を退いてからは少し元気がないと感じる(同世代の競馬記者たちが亡くなったり、若いPOG仲間が亡くなったり、他にも体調を崩して競馬場に来られなくなってしまった馬仲間がいたりとかなり落ち込んでいたことも重なって)ことが多くなってきていたからです。
洋一郎さんの書く文章には何か引き込まれるものがあります。まだまだたくさん文章を書いてもらいたいというのが一番の願いで、それには本人の心が元気でなくては始まりません。ちょっと“おっちょこちょい”なところはありますが、年齢(年齢不詳を売りにしているので公表しませんが)を考えると、体と頭はとても元気。あとは気持ちの問題だと思い、これまでもウマニティのイベントやオフ会には必ず声をかけて連れ出してきていました。
洋一郎さん自身、新潟は5年ぶりだったそうで、現役時代とは違う形での旅だったのでかなり刺激を受けたようでした。何より冒頭のサンスポコラムでは“洋一郎節”も飛び出ていましたし、何か役に立てたのではないかと思っています。
それにしても、家族旅行が『旅打ち家族』になっていたり、小学生が馬券を買っているようなことになっていたり(※未成年者は馬券を購入することも譲り受けることもできません)と、ブッ飛んだ話になっていましたが……(^^;
そんな旅行中も、月曜日の午前中までに月刊誌の原稿を「大ちゃん(ウマニティ編集長)に頼まれているから」と朝5時まで頑張って書き上げていたり、待ち時間でウマニティの地方競馬の予想を打ち込んでいたりと、そんな姿を見て安心した思いと、まだまだ元気に文章を書いてもらえるようにこれからもできる限りサポートしていこうという思いになりました。
旅のエピソードはたくさんあるので、また機会があればこのコラムでお話しできたらとも思っています。



それでは次回、神戸新聞杯編(予定)でお会いしましょう。

セントライト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年7月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】函館で好騎乗連発!注目のルーキー騎手/クイーンS展望
閲覧 1,568ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は東西で重賞が2レース。

中京記念は3頭出走した3歳馬のワンツー決着。勝ったグルーヴィットロードカナロア産駒らしい絶妙な立ち回りで直線抜け出し接戦を制した。まだG1クラスになると足りない気もするが、センスの良さは今後も大きな武器になりそうだ。

一方、人気で敗れたプリモシーンはラストで伸びを欠いたが、人気を背負った分早めに動いた不利もあったように見えた。地力の一端は示した一戦で、文字通り負けて強しということで良さそうだ。当初本命予定だったクリノガウディーは結局3番手にしてしまったが、意外なことに今回が重賞初騎乗だった森裕太朗騎手の冷静な手綱も光った。もともと知名度以上に腕の立つジョッキーだ。

函館2歳Sは、新種牡馬キズナ産駒のビアンフェが最内枠を生かしての逃げ切りで完勝。もっともこちらはやや例年よりも低調なメンバー構成で、馬場や枠順の恩恵を最大限に生かした勝利だった。

キズナ産駒は早くも重賞初制覇となったが、総じて産駒はセンスとスピードがあり、逆に言えば今後の伸びしろが課題になってくる。ディープインパクトキズナに続く父仔3代ダービー制覇の期待が懸かる種牡馬だが、どちらかといえばマイル以下でスピードを生かすタイプが増えそうだ。初勝利、2勝目までは比較的早くても、クラシックの足音を聞く頃には距離の壁に当たるかもしれない。


~好騎乗連発!注目のルーキーとは?

さて、いよいよ夏競馬も後半戦に入るが、新種牡馬の動向とともに気になるのが、今年デビューした新人ジョッキーたちである。今年は前評判も非常に高かったが、実際に乗れる騎手が多い印象だ。

その筆頭格は、既に20勝を挙げている斎藤新騎手だろう。デビュー週にポンポンと2勝を挙げると、以後も順調に勝ち星を重ね、乗り馬の質も日を追うごとに上がっている。最近は人気馬に乗ることも多く、ルーキー騎手ながら穴で狙うよりも人気で買う機会の方が増えてくるかもしれない。いずれにしても、乗れる新人騎手というのは間違いなさそうだ。

ただ、個人的に気になるルーキー騎手は別にいる。その騎手こそ、函館開催では6勝を挙げる活躍を見せ、目下売り出し中の団野大成騎手だ。

団野騎手の騎乗にはこれまでも何度か唸らされている。初勝利を挙げたタガノジーニアスでは好位の馬群に収まり、直線は外から差し切り勝ち。新人らしからぬ、落ち着いた騎乗だった。函館で穴をあけたファンシャンでは、好スタートから上手く位置を取り直線はインの馬群を捌いて10番人気ながら3着と好走した。

そして先週の競馬では、まず土曜5Rの芝2000m戦でモイに騎乗し最後方から脚を伸ばし6番人気ながら2着と好走、返す刀で土曜6Rの芝1200mでは、ホッコーメヴィウスの末脚を生かし外から差し切った。そして極めつけが日曜8Rの芝1800m。ややズブさのあるレッドサイオンに騎乗すると、道中は馬群でじっくり脚を溜め、4角からスパート。ロスなく最終コーナーを回りつつ加速をつけると、直線では粘るルメール騎乗、単勝1.8倍のフォルコメンを差し切ってみせた。ゴール後には思わずガッツポーズが飛び出すほどで、本人にとっても会心の騎乗だったのではないか。

団野騎手の新人らしからぬところは、差し馬での好走の多さだ。普通、新人騎手や若手騎手といえば減量を生かして主に短距離での逃げ先行に活路を見出す。だが、団野騎手の場合はむしろ脚を溜めて差して来るパターンが多い。その証拠に1200m以下での勝ち鞍が少なく、これまで8勝中僅か1勝のみ。これは他のルーキー騎手と比較しても極端に少ない。

斎藤新騎手→20勝中6勝が1200m以下
岩田望来騎手→11勝中6勝が1200m以下
団野大成騎手→8勝中1勝が1200m以下

以上を見ても明らかだろう。

レースぶりを見ていても脚を溜めるのが上手く、バランスが非常に良いように見える。だから馬の伸びが良く、持っている脚を上手く引き出している印象だ。これから開催は札幌へと移るが、今の調子ならば札幌のダート1700mや芝の1800m・2000m・2600mあたりで狙ってみても面白そうだ。幸い斎藤新騎手や岩田望来騎手ほど人気馬に乗る機会も少ないだけに、馬券的な妙味もありそうだ。何より、団野騎手自身も「中距離が得意」と口にしている。飛躍の夏に期待すると同時に当コラム読者の皆様は、いち早く団野騎手で儲けてほしい。


クイーンステークスはスタミナよりもスピードが生きるレース

さて、今週の重賞は2つ。アイビスサマーダッシュは例年外枠有利のレースで、今年もまずは枠順が重要になるだろう。当然外枠が売れるのだが、それでもなお外枠が儲かる状況。単純な予想だと言われようと、誰に何を思われようとも遠慮なく外枠を、単純思考で狙う方が正解に近づく。

開幕週の札幌ではクイーンSが行われる。こちらは開幕週ということでスピードが重要になる一戦。マーメイドS他、2000m以上の重賞での実績はあまりアテにならず、むしろ1800mでの先行好走歴、そしてマイル以下での実績に注目したい。

上位人気想定の中では、中距離を2連勝のサトノガーネット、中長距離での実績が目立ち1800mだと後方からの競馬になるウラヌスチャームより、マイル重賞勝ちの実績があるミッキーチャームや、小回りでの対応力が高いフロンテアクイーンの方が良いということになる。その中でも、安定感抜群で馬群も捌けるフロンテアクイーンは今回も有力とみる。前走は外枠で流れに乗れず、得意条件に戻れば堅実に駆けてくれるのではないだろうか?

いずれにしても、今週は3場とも開幕週。じっくり馬場を見てから週末の勝負に臨みたい。


※重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

レッドサイオンの口コミ


口コミ一覧

ストーミーシー

 はたと止まる 2020年7月19日() 01:14

閲覧 201ビュー コメント 0 ナイス 12

 阪神まで遠征したからには、ただでは帰れないと思う。
 幸い、幸が空いてるので。

 岩田康は函館の最終Rかもめ島特別でレッドフィオナで逃げ切りとした。(^£)
 あのくらいのクラスのレースだと、先手を取ったもの勝ち的なレースが多い。
 これで、勝っちゃったから、函館記念のレッドサイオンは、アタマはないかなぁ。

 函館記念を的中させるには、手を広げないといけないだろうなぁ。


 岩田の息子もムーンチャイムに乗せてもらえる。大外なほうがいいと思う。
 これで、函館記念の資金を作れるかだな。


 

 浪花のクマ 2020年7月18日() 22:06
函館記念/中京記念 最終決断
閲覧 299ビュー コメント 0 ナイス 9


トヨタ賞中京記念 GⅢ
◎ ⑥ ペプチドバンブー
〇 ⑮ ギルデッドミラー
▲ ⑩ プリンスリターン
△ ⑦ ケイアイノーテック
× ④ トロワゼトワル
☆ ⑬ ラセット

◎昨夏から勝って、着外、勝って、着外を
繰り返して、昇級を登ってきたペプチド
バンブー、順番から今回は勝つ・・

馬連
⑥⇒⑮⑩⑦④⑬・・総ながしも


農林水産省賞典 函館記念 GⅢ
◎ ⑪ スズカロング
〇 ⑤ カウディーリョ
▲ ⑩ トーラスジェミニ
△ ② バイオスパーク
× ① レイエンダ
× ⑧ ベストアプローチ
☆ ⑨ レッドサイオン

◎前走は直線の不利が・・連闘、軽量51k
スズカロングが穴を・・

3連複軸2頭
⑪⑤⇒⑩②①⑧⑨

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2020年7月17日(金) 01:01
函館記念
閲覧 258ビュー コメント 0 ナイス 12

函館記念

7月19日日曜日 芝2000M GⅢ 3歳以上ハンデ
函館競馬場

サンデーサイレンス系    4-5-5
ヘイルトゥリーズン系    2-3-2
ノーザンダンサー系     2-1-0
ナスルーラ系        2-0-0
ミスタープロスペクター系  0-1-3

傾向として
重賞でGⅢなら3着以上、GⅡは4着以内
前走が巴賞で着順はそれほど気にならない  
4歳世代が頭数が今まで少ない出走ながら5連対なので注意
3歳世代の出走は3頭で3着1回だけで今年は登録もなし
1番勝利が多いのは5歳で4勝
ただ高齢馬でもそれなりに健闘しているので切り捨ては出来ない
二桁人気でも3連対なので切り捨てできず
但し1番人気は不振2連対、ハンデ頭は3連対でこれも不振

出走馬の個人的な評価

57
レイエンダ
(スタートが決まらないとしんどい馬なので時計の掛かる馬場は向いていると思うが、ただコーナー4つになるのでこの辺がさらに不安要素となるが)

56
トーラスジェミニ
(逃げれば馬場がどうであれしぶといということかな、ただし今回は距離延長で間隔がきついので、流れは良くても疲労が心配かな)

ニシノデイジー
(前走の大敗が気になるが差しの方が力が出せるのか、ただ小回りなので後ろ過ぎても届かないが、地力もあるので勝ててもおかしくはないんだけど)

ベストアプローチ
(長期故障離脱と去勢明け2戦目とまだ間隔きついので状態がどうかだが、距離延長と最終週の馬場で時計が掛かればチャンスはあるかも)


55
カウディーリョ
(今回逃げるかどうかが気になるが、札幌で勝利もあるし4歳で強くなっている途中でもあるので伏兵ですね)

バイオスパーク
(今回重賞で力を出せるかどうか、最近はOPでも堅実なので信頼度も出てきたし洋芝経験もあるし道悪も問題ないので、狙い目の馬ですが)

マイネルファンロン
(この条件が得意で今回も個人的な期待馬。上手く先行できれば穴をあけれそうなんですが)

54
プレシャスブルー
(前走人気薄で激走したので今回も気になるが新潟コースが他の馬より合ってただけの可能性もあるので、ただ札幌で勝利もあるから、洋芝は得意かも)

レッドサイオン
(叩き2走目で不気味な馬。前走着外ですが1番人気だったのでまだ見限るのは早い感じです)

53
ドゥオーモ
(基本的に前回みたいなスローペースは向かない馬。洋芝経験もあるし函館勝利もあるので上がりが掛かる展開か馬場になれば差してきてもいいと思う)

52
ミスマンマミーア
(タフな馬場が得なので洋芝は向いているしハンデも軽いので、嵌まれば怖い1頭)

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドサイオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 12:23:17
ラボ水、○相手
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月16日(木) 11:30:40
マーク、10番人気以下の関東馬×
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月5日() 11:56:10
Co win5

⇒もっと見る

レッドサイオンの写真

投稿写真はありません。

レッドサイオンの厩舎情報 VIP

2020年7月19日函館記念 G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドサイオンの取材メモ VIP

2020年7月19日 函館記念 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。