ベイビーステップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ベイビーステップ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2014年4月12日生
調教師菊川正達(美浦)
馬主大塚 亮一
生産者杵臼牧場
生産地浦河町
戦績34戦[4-1-5-24]
総賞金6,951万円
収得賞金1,350万円
英字表記Baby Step
血統 タイキシャトル
血統 ][ 産駒 ]
Devil's Bag
Welsh Muffin
カルテブランシェ
血統 ][ 産駒 ]
ゴールドアリュール
シェナンドアリバー
兄弟 カルテベイビーベイビーシャンク
前走 2020/05/10 緑風ステークス
次走予定 2020/05/31 目黒記念 G2

ベイビーステップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/10 東京 9 緑風S 3勝クラス 芝2400 1651043.7103** 牡6 55.0 福永祐一菊川正達490(-6)2.24.2 0.435.2ゴールドギア
20/03/20 阪神 11 尼崎S 3勝クラス 芝2200 107717.875** 牡6 55.0 岩田望来菊川正達496(+4)2.13.8 0.934.8⑤⑤⑤⑤ミスディレクション
20/02/23 東京 10 アメジストS 3勝クラス 芝2000 107754.184** 牡6 57.0 和田竜二菊川正達492(0)2.02.6 0.534.1④④アトミックフォース
20/02/02 東京 10 早春S 3勝クラス 芝2400 134425.496** 牡6 55.0 武藤雅菊川正達492(+2)2.25.4 0.734.5⑪⑪⑩⑨ボスジラ
19/11/30 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 136965.61012** 牡5 56.0 大野拓弥菊川正達490(0)3.48.5 2.437.6⑪⑪⑪⑩モンドインテロ
19/10/26 京都 10 古都S 3勝クラス 芝2400 7448.944** 牡5 57.0 岩田康誠菊川正達490(0)2.30.5 0.134.5プリンスオブペスカ
19/10/06 東京 9 六社S 3勝クラス 芝2400 152328.6814** 牡5 55.0 木幡巧也菊川正達490(0)2.26.7 0.934.8アフリカンゴールド
19/06/16 東京 10 町田特別 2勝クラス 芝2400 11784.931** 牡5 55.0 M.デムー菊川正達490(+4)2.25.3 -0.635.6ラボーナ
19/05/26 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 98913.954** 牡5 57.0 武藤雅菊川正達486(-4)2.24.0 0.534.1⑤⑥⑧⑧バレリオ
19/05/05 東京 8 4歳以上1000万下 芝2000 81142.973** 牡5 56☆ 武藤雅菊川正達490(0)2.01.9 0.233.4カヴァル
19/04/14 中山 9 鹿野山特別 1000万下 芝2000 1671369.51212** 牡5 55.0 岩田康誠菊川正達490(-4)2.00.4 1.034.9⑩⑩⑨⑨ダンサール
18/12/23 中山 9 グッドラック 1000万下 芝2500 1636101.91312** 牡4 55.0 岩田康誠菊川正達494(+4)2.37.2 0.936.1ヴァントシルム
18/12/02 中山 12 3歳以上1000万下 芝2500 87712.878** 牡4 57.0 北村友一菊川正達490(-4)2.36.1 1.536.4ロサグラウカ
18/11/10 京都 7 3歳以上1000万下 芝2200 82274.074** 牡4 57.0 岩田康誠菊川正達494(+2)2.15.0 0.535.2⑥⑥⑧⑧アイスバブル
18/09/01 札幌 12 日高特別 1000万下 芝2000 16611167.5119** 牡4 57.0 小崎綾也菊川正達492(0)2.04.9 1.337.6⑬⑫⑬⑮カリビアンゴールド
18/08/26 札幌 12 WASJ4 1000万下 芝1800 1481461.2108** 牡4 58.0 桑村真明菊川正達492(+4)1.51.3 1.036.3⑪⑪⑪⑩スマートエレメンツ
18/08/12 札幌 10 HTB賞 1000万下 芝2000 88814.556** 牡4 57.0 四位洋文菊川正達488(-4)2.04.0 1.335.4⑥⑥⑥⑤レッドローゼス
18/07/22 函館 10 松前特別 1000万下 芝2000 114420.257** 牡4 57.0 岩田康誠菊川正達492(+4)2.00.4 1.134.6⑦⑦⑧⑥レイエンダ
18/04/22 京都 9 比良山特別 1000万下 芝2200 97714.861** 牡4 54.0 岩田康誠菊川正達488(0)2.13.8 -0.034.1④④⑤⑤ラルク
18/03/11 中山 9 館山特別 1000万下 芝2000 138138.657** 牡4 57.0 内田博幸菊川正達488(-4)2.03.1 0.835.9⑤④④フリージングレイン

⇒もっと見る


ベイビーステップの関連ニュース

【目黒記念】特別登録馬

2020年5月24日() 17:30

【斬って捨てる!】ステイヤーズS2019 中9週以上かつ前走敗退馬の好走ゼロ!2400m以上の実績もチェックポイントのひとつ! 2019年11月30日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、ステイヤーズSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走1着馬を除くと、前走で京都または東京以外のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ヴァントシルム
ネイチャーレット
モンドインテロ
ララエクラテール

芝2400m以上の勝利経験、または芝2500m以上の重賞で3着以内の経験がない馬の連対例はみられない(2008年以降)

サンシロウ
メイショウテンゲン
レイホーロマンス

前走で条件戦に出走、かつ6着以下に敗れていた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ネイチャーレット

前走1着馬を除くと、中9週以上のローテで臨んだ馬の好走例はみられない(2008年以降)

ヴァントシルム
ネイチャーレット
モンドインテロ
ララエクラテール

【人気】
8番人気以下、かつ美浦所属馬の好走例はゼロ(2008年以降)
※10時00分現在の8番人気以下、かつ美浦所属馬

ネイチャーレット
ベイビーステップ

【脚質】
前走で非重賞戦に出走かつ敗退、なおかつ4角通過順が2番手以内だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

ベイビーステップ

前走が非重賞戦1着あるいはG2格以上のレースに出走していた馬を除くと、前走の4角通過順が10番手以降だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

モンドインテロ

【枠順】
馬番枠6番、10番の好走例は皆無(2008年以降)

メイショウテンゲン
リッジマン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
オジュウチョウサン
チェスナットコート
アルバート



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】ステイヤーズS2019 人気サイドが堅実!トニービンまたはノーザンテースト内包馬を警戒! 2019年11月30日() 10:10

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、ステイヤーズSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【人気】
不良馬場だった2011年を除くと、2010年以降は1~4番人気のうち最低2頭が3着以内
※9時30分現在の1~4番人気

オジュウチョウサン
ヴァントシルム
リッジマン
アルバート

【脚質】
連対馬のほとんどが最終4角7番手以内(2007年以降)

オジュウチョウサン
ヴァントシルム
サンシロウ
メイショウテンゲン
チェスナットコート
ベイビーステップ
ララエクラテール

※近走の内容を参考に想定

【枠順】
1~5枠が優勢(2007年以降)

オジュウチョウサン
ヴァントシルム
サンシロウ
エイシンクリック
ネイチャーレット
メイショウテンゲン
レイホーロマンス

馬番別では1~5番枠が攻勢(2007年以降)

オジュウチョウサン
ヴァントシルム
サンシロウ
エイシンクリック
ネイチャーレット

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2012年以降)

オジュウチョウサン
ヴァントシルム
サンシロウ
ネイチャーレット
メイショウテンゲン
レイホーロマンス
チェスナットコート
ベイビーステップ
アルバート
モンドインテロ
ララエクラテール

トニービン内包(5代内)馬の好走が目立つ(近年の傾向)

ヴァントシルム
エイシンクリック
チェスナットコート
アルバート

ノーザンテースト内包(5代内)馬の活躍が顕著(2011年以降)

オジュウチョウサン
ヴァントシルム
サンシロウ
エイシンクリック
アルバート
ララエクラテール


【4項目以上該当馬】
ヴァントシルム(7項目)
オジュウチョウサン(6項目)
サンシロウ(5項目)
エイシンクリック(4項目)
アルバート(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】ステイヤーズS2019 紅一点のハービンジャー産駒に一発の予感!このレース3勝のアドマイヤドン産駒が一変ムード! 2019年11月30日() 09:40

ステイヤーズSの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


オジュウチョウサン
アルゼンチン共和国杯から中3週。美浦Wで行われた今週の本追い切りでは、前回以上の負荷をかけ迫力のある動きを披露した。秋に2度使われたことで、着実に状態は上向いている。得意とする持久力勝負に持ち込むことができれば、平地の重賞制覇も夢ではない。

ヴァントシルム
11月上旬からトラックと坂路を織り交ぜて入念に乗り込まれている。軽やかな身のこなしをみるに状態は悪くなさそう。ただオープン入り後の2戦は思うような走りができていない。揉まれずに運べれば、という条件付きの狙いとなる。

サンシロウ
27日に美浦坂路で行われた追い切りは、促されると外にモタれてしまう案外な内容。2勝クラスでは堅実に走っているものの、格上の重賞で好走を期待できるほどの状態にあるとは考えにくい。1つでも上の着順を拾うことができれば御の字ではなかろうか。

エイシンクリック
栗東CWで実施した今週の追い切りでは、前半から飛ばして6F79秒台後半のタイムをマーク。終いは少々要したものの元気のあるところを見せた。しかし2勝クラスからの格上挑戦、しかも重賞で通用すると思わせるだけの気配にあるかというと疑問が残る。苦戦は免れそうにない。

ネイチャーレット
11月上旬から美浦のポリトラックで調整を重ね、今週の本追い切りではスピード感のある走りを示した。この馬なりに状態は良さそうだが、順調にレースを使えていない現況を鑑みると、いきなり上位争いまではどうか。積極的には手が出ない。

メイショウテンゲン
栗東CWの併せ馬では3週続けて劣勢の格好となってしまってはいるが、相手はいずれも調教巧者。過度に気にする必要はない。自身の6Fタイムは及第点レベルで脚取りもしっかりしており、状態は決して悪くない。組み合わせはグンと楽になるので、うまく噛み合うようであれば怖い1頭になりそうだ。

レイホーロマンス
中2週が続くタイトなローテーションながら、栗東坂路で行われた今週の追い切りでは、ラスト2F24秒7-12秒3の加速ラップを余力残しで記録。軽快な脚さばきで登坂するさまから、状態はすこぶる良さそう。寒い時期に良績を残しており、牡馬相手の長丁場であっても侮れない存在といえよう。

チェスナットコート
栗東坂路で実施した今週の併せ馬では、ラスト1Fに13秒0を要してしまい、リーゼントロックに後れを取ってしまった。いかに調教映えしないタイプとはいえ、パートナーは8歳馬だけに印象が悪い。相手関係こそ楽になるものの、まだ復調途上の感が強く、今回も苦しいレースになりそうだ。

ベイビーステップ
自己条件から中4週。美浦Wで攻めを積み、今週の本追い切りでは活気のある動きを披露した。秋に2度使われた効果はうかがえるものの、3勝クラスで勝ち負けに持ち込めていない現状。さすがに別定G2の舞台は荷が重い。先々につながるレースができれば、といったところか。

リッジマン
この中間は栗東CWで念入りに調整。1週前にしっかりと負荷をかけ、当週は輸送を考慮して軽めのメニューながらも動きは至ってスムーズ。前回と比べて気配は明らかに上向いている。昨年制した舞台に戻れば、巻き返しの余地は十分にありそうだ。

アルバート
栗東CWで行われた1週前追いでは、レースでも手綱を取る予定のO.マーフィー騎手がまたがり、6F80秒台半ばのタイムを悠々とマーク。長期休養明けを1度叩いた効果がうかがえる。今週の坂路追いの走りも力強く雰囲気は上々。3連覇を果たした得意のレースで一変してもおかしくない。

モンドインテロ
南Wで3週連けて併せ馬を消化。当該週は外のセダブリランテスに遅れたものの、相手は懸命にシゴいていたのに対し、こちらはほぼ馬なり。5Fタイムは優に合格点だし、この馬らしい素軽さを見せていることからも力を出せる態勢にある。軽視は禁物だ。

ララエクラテール
栗東CWで行われた今週の併せ馬は、ステッキを数発入れるとジワジワと伸びて先着。終い1Fを12秒ソコソコにまとめており、仕上がり自体は悪くなさそう。ただ、昨秋以降は馬券対象になっていないうえに、約半年ぶりの実戦。なおかつ格上挑戦の重賞とあっては評価を上げるには至らない。ここは静観が妥当ではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】ステイヤーズS2019 指数4位以内が中心!前走G1・G2出走の高指数馬が狙い目! 2019年11月30日() 09:20

ステイヤーズSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2015年こそ指数6位以下の馬が上位を独占したが、基本的に指数上位の安定度が高いレース。それ以外の年は指数1~4位のうち、最低2頭が馬券に絡んでいる。

指数1~4位

チェスナットコート
リッジマン
アルバート
モンドインテロ

<ポイント②>
馬券を構築する際に、頼りになるのは前走で高格式のレースに出走していた高指数馬。なかでも、指数4位以内かつ前走G1~G2戦出走馬の期待度が高い。

指数4位以内かつ前走G1~G2戦出走馬

チェスナットコート
リッジマン
アルバート

<ポイント③>
指数下位で複勝圏内に入った馬の大半が4歳馬。5歳以上かつ指数7位以下の好走例はみられない。

5歳以上かつ指数7位以下

オジュウチョウサン
サンシロウ
エイシンクリック
ネイチャーレット
ベイビーステップ
ララエクラテール



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ステイヤーズ】厩舎の話 2019年11月29日(金) 05:05

 ◆アルバート・橋口師 「久々の前走は絞るのに苦労したが、今回は動いている」

 ◆ヴァントシルム・須貝師 「攻めは順調。前走は疲れが残っていただけに度外視」

 ◆エイシンクリック・坂口助手 「使いつつ動きも良化。距離は未知だが、じっくり構えて」

 ◆オジュウチョウサン・和田郎師 「走る相手と併せて、よく伸びていた。切れ味勝負にならなければ」

 ◆サンシロウ・柄崎師 「相手は強くなるけど、長い距離で安定している」

 ◆チェスナットコート・坂井騎手 「最近は成績がひと息で、動きもいい頃と比べると…」

 ◆ネイチャーレット・根本師 「背腰の疲れで放牧明けになり、いい頃に比べると見劣りする」

 ◆ベイビーステップ・菊川師 「いい感じに仕上がった。距離は初めてだが、適性はある」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師 「中間の動きもよく、中山や長距離もいいと思う」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「時季的なものもあるのか、今は稽古の動きはいい」

 ◆ララエクラテール・今野師 「体全体を使っていい動き。雨でも降って時計がかかれば」

 ◆リッジマン・庄野師 「少しずつ上向いています。昨年勝っているようにスタミナ勝負なら」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「いい状態。この距離を試してみます」



ステイヤーズSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベイビーステップの関連コラム

閲覧 2,006ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


12月23日(日) 中山11R 第63回 有馬記念(3歳以上G1、芝2500m)

【フルゲート16頭】

<ファン投票上位馬>

レイデオロ(B)(中7週)
この馬は馬体重の増減がないかマイナス体重の時はこれまで負けナシ。逆に負けているレースは海外か馬体重が増えている時と、馬体の増減で結果が分かれていて、一つのデータとして使えるかもしれない傾向あり。実際、パドックではいつもうるさい面を見せているので馬体が減ってしまうほうが普通で、イレ込んでいても馬体が増えていたらもともとがかなり太かったと考えても良いのだろう。前走時もパドックでうるさい面を見せていたが、レースは流れて折り合いをつけるのには絶好の展開。普通のレースができれば能力の高い馬なので強い勝ち方ができるが、悪いほうに出てしまう可能性もある。それでも安定した成績を残せているのは、コンビを組んでいるルメール騎手の手腕によるところが大きい。この中間に関しては、2週前にこれまで一度も追い切りで走ったことのないPコースで追い切ったというところが気になるくらいで、1週前追い切りの南Wでの内容は手応えも良く悪くない感じだった。あとは最終追い切りでテンションが高くなり過ぎないような内容なら問題なさそう。

オジュウチョウサン(B)(中6週)
何だかんだで11連勝中とある意味凄い馬。この中間は有馬記念一本に絞っての調整で2週前、1週前追い切りの動きを見ると、追われてしっかり伸びていて出来は良さそう。障害をたくさん勝っている馬にしては、重心が低い走りで調教だけなら文句なし。

サトノダイヤモンド(D)(中3週)
ジャパンCからの中3週での参戦。1週前時点での動きは、走りに勢いがなく若い時には持ったまま一気に突き放すくらいの走りだった馬で、状態面というよりは年齢的な衰えのような感じ。

キセキ(C)(中3週)
この秋は使われるごとに馬が良くなっている感じと前走時にコメントしたが、さすがに今回は秋4戦目で、しかも前走かなり速い時計で走ったこともあり、前走時ほどの勢いがない。この秋は状態が良いので馬に走る気はあるが、体がそれについて行けていない感じで、気持ちと体のバランスが取れていないように思う。

ミッキーロケット(C)(中7週)
この馬に関しては、休み明けの天皇賞(秋)を好走後、出走を予定していたジャパンCを前に筋肉痛で回避していることから状態面が一番気になるところ。乗り出してからの日数では間に合う計算だが、1週前追い切りの動きを見ると最後のもうひと伸びが足りない感じ。相手が調教駆けする馬で、先週のレースでも勝っていたりと勢いはあったとは思うが......。最終追い切りでどこまで変わってくるかといったところだが、思っていたほどは悪くない感じ。

シュヴァルグラン(AA)(中3週)
昨年と同じローテーションで、前走のジャパンC4着からの臨戦。それでも昨年勝った時よりも時計は縮めているので、この馬も良く走っているほうだと思う。この中間は、いつも通り1週前はCWを併せ馬の内に併せての追い切り。ただ、違ったのは追い出されてからの反応がこれまでに見たことのないような伸びで、相手を突き放していた点。併せた相手もこれまでとは違ったとはいえ、もともと調教では走らない馬で、かつて調教では見せたことがないような伸び脚を披露している。叩き3戦目でガラッと変わっているのかもしれない。

マカヒキ(C)(中7週)
前走時は馬体が大きく減っていた割には緩い感じに見えて、反動が出て調子が戻るのに時間がかかっていたのかもしれない。ジャパンCは回避したが、調教はジャパンCの日から時計を出し始めていて乗り込み量は豊富。調子も戻りつつある感じで、1週前追い切りの動きはまだ終いに首が高くなっていて物足りないが、坂路で速い時計が出るようになってきていることは良い傾向にある。

モズカッチャン(B)(中5週)
前走のエリザベス女王杯はステップレースを使えなかったことも影響したか、パドックではお腹のあたりに余裕のある馬体に映った。そして、そのあたりが最後の伸び脚に響いた可能性も。他にも、好走時は1週前に坂路で好時計が出ていることが多く、前走時の1週前追い切りはかなり物足りない時計だった、などの不安点があった。その点、今回は1週前に坂路で良い時計が出ていて、好走時の内容と言って良さそう。前走からの変わり身が期待できそう。

クリンチャー(B)(中10週)
凱旋門賞以来のレースとなり、普通に考えれば疲れはあると思うがタフな馬でこの中間も2週前、1週前とCWを長めから追われて順調そう。それでも目に見えない疲れがあるとは思うのだが......。見た目の印象は悪くない。

ブラストワンピース(C)(中8週)
前走の菊花賞では◎にした馬で状態は良かった。勝負どころからのコース取り次第では、もっと上の着順に来ていてもおかしくなかったと思うが。この中間は、馬場状態の違いはあるにせよ時計の出る馬としてはやや物足りない時計で、1週前追い切りの動きを見ても前走時のような迫力がない。残り1週でどこまで変わってくるかといったところ。


<以下、賞金上位馬>

スマートレイアー(D)(中5週)
東京大賞典に出走するという話もあったが、最終的に戸崎騎手で有馬記念に出走。1週前追い切りの動きを見ると、走りやすそうな馬場だったが走りに力強さがなく......。この馬の良い時だったら、もっと楽に速い時計が出ていたハズ。

サウンズオブアース(E)(中3週)
前走時もそうだったが、良い時はもっとビッシリと追われてかなり速い時計を出していた馬。それが、1週前追い切りの動きを見ても、中3週ということもあってか動きに勢いが感じられず。引退レースとなるので最終追い切りはビッシリ追ってくるとは思うが、変わり身はなさそう。

パフォーマプロミス(B)(中6週)
アルゼンチン共和国杯を勝っての参戦で、ローテ-ションに余裕があり乗り込み量も豊富。最終追い切りは軽めでも、スッと伸びるようなら前走のようなレースが期待できそう

リッジマン(B)(中2週)
前走が休み明けだったこともあり、中2週での参戦も1週前追い切りの動きからは疲れは感じられない。叩き2戦目での上積みがありそうで、蛯名騎手なので内枠に入ったりしたら少し怖いかもしれない。

サクラアンプルール(A)(中7週)
昨年と同じく天皇賞(秋)からの参戦だが、今年のほうが強めの追い切りが1本多く、1週前追い切りでは直線ビッシリと追って手応えに余裕がありながら突き放す内容と、かなり良かった。昨年は不利もあったし、もともと中山は得意なので状態の良さで一発も。

ミッキースワロー(D)(中3週)
前走時は調教の動きも良かったので初の左回りでも好走したほうだと思う。もともと頭の高くなる走りだが、1週前追い切りの動きからは前走時のような力強さが感じられなかったので、最終追い切りでどこまで変わってくるか。


<以下、除外対象馬>

ハッピーグリン(D)(中3週)
中3週でもう一度北海道から輸送してのレースとなるとかなり厳しい条件となる。除外対象でも使う予定で調整されていると思うが、JRA馬よりはハンデがある。

プラチナムバレット(E)(中4週)
この秋は大敗続き。この中間も乗り込まれているが併せ馬では遅れが目立ち、1週前追い切りの動きを見ても力強さはなく、終いで首が上がり気味で物足りない動き。

ベイビーステップ(F)(中2週)
美浦の坂路では好時計の出る馬だが、まだ1000万下クラスの格下馬。ただ坂路で時計が出たからといってレースで走る訳ではなく、相手も強すぎる。



◇今回は有馬記念編でした。
この前ダービーが終わったかと思ったらもう有馬記念がきてしまった――そのくらい時間が経つのが早く感じます。
ところでこの有馬記念、年間で3000レース以上行われるJRAのレースの中で、この有馬記念だけが唯一違う点があります。そう、明日12/20(木)にテレビでも放映されることから皆さんもご存知の通り、枠順(馬番)が公開抽選で決定されるということです。天皇賞(秋)このコラムでも書きましたがJRAのHP(Q33)には『各競走における馬番(枠順)は、公開抽選で行われる一部GI競走をのぞき、全てコンピュータにより自動的に決定されます』と書かれています。枠順の決定(地方競馬、海外競馬、その他の公営競技の枠順がどのように決定されているかは分かりません)に関しては誤解されている方がかなりいて、変な情報に惑わされないようにするためにもそのあたりのことは知っておいたほうが良いと思います。まあ、普通に考えても3場開催の場合、土日で72レースも行われるところをすべて抽選していたらいくら時間があっても足りないでしょうからコンピュータに任せるのも分かりますし、馬券の売り上げにもかなり貢献していると思います。JRAも景気が悪くて馬券の売り上げが悪かったら(ましてや、今年は25日前(一般的な給料日前)の開催で、売り上げ的にも厳しくなりそう)、枠順を公開抽選で行うようなことはしないと思いますが、このような形で枠順を抽選するということは1年を通しての馬券の売り上げが好調だったということの裏返しでもあると思います。日本の競馬は馬券が売れて成り立っているので、これだけ競馬が盛り上がるのは馬券を買ってくれている1人1人の競馬ファンがあってのもの。ブームにならなくて良いので、競馬の楽しさを知っている人たちが来年も同じように楽しめる環境であり、世の中であることを願って、今年の有馬記念を楽しみたいと思っています。


それでは次回ホープフルS編(予定)でお会いしましょう。



有馬記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月19日(水) 10:00 覆面ドクター・英
有馬記念2018
閲覧 2,681ビュー コメント 0 ナイス 11



WIN5の4つ目まで当たり、「2週連続いただき!」と思っていた5つ目の朝日杯FSのグランアレグリアは、残念ながら敗れてしまいましたが、桜花賞に向けて別に能力的には問題なく順調であればやれる馬だと思っています。中山10Rで10万馬券的中していたこともあって、M.デムーロのギリギリセーフな斜行ラフプレーにも、そう腹立たしく思わず、さらりと流せました。競馬雑誌で見ていた、田口プロの参戦もあり、JRDBからの参戦も楽しかったし、ドンドン競馬関連の著名人には期間限定でもウマニティに参加してもらって、競馬自体を盛り上げていってくれるといいですね。会員を分割して複数の予想パターンを提供して、毎週的中!と言い放つ予想会社にも是非参加してもらいたいものですがね(笑)

有馬記念というと「年末だなあ」という風物詩的なレースですが、その後にホープフルSや東京大賞典も控えているので、クリスマスのビッグイベントという捉え方が今の時代にはあっているのかもしれません。前日に結婚式でのスピーチを頼まれており、御祝儀に有馬記念の馬券も入れてあげる予定です。ここで当てて、式への参加者から競馬やってみようかな、という人もたくさん現れてくれますように――今年はそんな思いも込めつつの有馬記念、ドカンと当てたいと思っています。

それでは、恒例の全頭診断へ

1番人気想定 レイデオロ:前走の天皇賞(秋)は1週前追い切りでガタついて止めたりがあり、状態不安で評価を下げたが、完勝。母母母のウインドインハーヘアはディープインパクトの母でもあり、そこに母父シンボリクリスエスのパワーや父キングカメハメハの高い総合力などが加わる血統構成で、昔と違い一流馬があまり出てこない有馬記念なら人気でも楽勝か。

2番人気想定 キセキ:天皇賞(秋)で今回本命視されているレイデオロの3着。JCでは規格外のアーモンドアイにこそ敗れたものの、この馬自身も高速馬場とはいえ、すごい時計で走っており実力は本物。4歳の暮れは一番充実する時期でもある。

3番人気想定 ブラストワンピース:ダービーでも菊花賞でも本命を打った高素質馬だが、皮肉なことにその2戦のみ負けているという馬。潜在能力は高いが、有馬記念は器用さも求められる中山2500mということで……。また“逆”になるのかもしれないが、消して妙味か。

4番人気想定 オジュウチョウサン:障害で9連勝、平地で500万下と1000万下を連勝してきて、ファン投票でも人気を集めての参戦。障害戦馬券好きの私としては、頑張って欲しい気持ちはもちろんあるが、実力以上に人気のある馬というのは消して妙味の典型例。中山だと立ち回り重視で通用してもおかしくないのだが……。

5番人気想定 モズカッチャン:昨年のエリザベス女王杯勝ち馬で、今年は3着。衰えはそうみられずやれても良いが、まだ人気になりそうであまり妙味はないか。

6番人気想定 シュヴァルグラン:JCではスタミナ生かしてどうにかアーモンドアイの牙城を崩してくれないかなあと期待したが、高速決着で完敗は致し方なし。昨年3着、一昨年6着とあまり中山は得意ではないが、今回は相手がかなり楽になっており、来年以降も海外含めて現役続行宣言あり。妙味たっぷり。

7番人気想定 ミッキーロケット:春のグランプリ宝塚記念は7番人気ながら本命を打ち、WIN5も当てさせてもらった恩義のある馬。昨年の日経新春杯を勝っていることなどから、頭は無くてもヒモには入れたい馬という位置付け。

8番人気想定 サトノダイヤモンド:一昨年のこのレースでキタサンブラックを鋭く差し切り、どれだけ強くなるんだろうと感じさせた馬だったのだが、海外遠征後にすっかりしぼんでしまい(ノド鳴りが不振の原因と思っているが)、これが引退レースとなるよう。ただ昔と違い、引退レースもあまりにもしょぼいレースだと種付け料や繁殖牝馬にも影響するので、こんな人気なら是非ヒモには入れたい馬。

9番人気想定 ミッキースワロー:昨秋のセントライト記念で現在もG1路線でそれなりに上位に来ているアルアインを鋭く差し切った割に、その後はいまひとつ。ただ、中山なら別馬のように走る馬で、スタミナもあり、今回のレースでの最大の惑星はこの馬か。

10番人気以下想定 
パフォーマプロミス:1月の日経新春杯と11月のアルゼンチン共和国杯を勝ち、5月の目黒記念でも3着とこのくらいの距離の上位馬で、6歳暮れの割にキャリア浅くヒモにはいいのかもしれないが……。前走を勝ってしまっただけに、もうちょっと人気にもなってしまいそうで。

マカヒキ:本質的にはダービー馬とはいえマイラー寄りで中山2500m向きではない。ただ人気次第で、ヒモ穴くらいにはいい(ダービー馬には失礼かもしれないが)。本当にこのくらいの人気なら買えるのだが、果たして・・・・・・。

クリンチャー菊花賞前に凱旋門賞は向くのではとコラムで書いていた馬だが、海外遠征を前にやる気がしぼんでしまった。凱旋門賞も負けるだろうなあ、と思って見ていたが、やはりその通りの結果に。まずは、その気持ち面が課題の状況。

サクラアンプルール:中距離だと激走のある馬だが、この距離ではあまり期待できないのでは。

リッジマンステイヤーズS勝ちで、印象以上に高齢馬に感じてしまうのだが、実際にはまだ5歳の暮れ。ヒモに入れてもいいのかもしれない。

ハッピーグリン:ホッカイドウ競馬からの参戦で、夏の函館での巴賞3着、札幌での1000万下をしっかり勝ちきったりと楽しみな部分はあるが、今秋3回目の移動はさすがにお釣りがないのでは。

スマートレイアー:8歳暮れまで走る丈夫で頑張り屋さんの牝馬で、逃げたり差したり距離も幅広く活躍してきたのだが、今年は結果出ておらず。買える要素は見当たらない。

プラチナムバレット:昨年5月の京都新聞杯勝ち以降は不振続きで、ここで急に頑張れるとは思えない。

サウンズオブアース:引退間近では。長らく頑張ってきたし、調教ではまだやれそうなところを見せている馬だが、実戦ではさっぱりとなってしまった。

ベイビーステップ:1000万下で掲示板に載れないような馬で、いくらなんでも厳しいのでは。


<まとめ>
有力:レイデオロ

ヒモに:キセキシュヴァルグランミッキーロケットサトノダイヤモンド

穴で:ミッキースワロー

人気で消し:オジュウチョウサンブラストワンピース

[もっと見る]

2017年2月10日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年02月10日
閲覧 1,345ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年2月11日()の凄馬!>
極凄馬
小倉12R 脊振山特別
キラージョー(+6.2)

極凄馬
東京8R 春麗ジャンプS
オースミムーン(+5.6)

極凄馬
東京5R 3歳未勝利
ベイビーステップ(+5.1)

極凄馬
小倉1R 3歳未勝利
フィルムフランセ(+4.3)

超凄馬
東京11R デイリー杯クイーンC G3
レーヌミノル(+3.9)

超凄馬
東京2R 3歳未勝利
ロジバレー(+3.5)

超凄馬
小倉2R 3歳未勝利
ウイナーズロード(+3.4)

超凄馬
小倉6R 4歳以上500万以下
アヴェーヌモン(+3.4)

超凄馬
京都3R 3歳未勝利
メイショウエイコウ(+3.1)

超凄馬
東京1R 3歳未勝利
⑦ジュングレイド(+2.6)

超凄馬
東京7R 4歳以上500万以下
タイセイプレシャス(+2.1)

超凄馬
京都7R 4歳以上500万以下
⑧カジノスマイル(+2.1)

超凄馬
京都8R 4歳以上500万以下
ドルチェリア(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年2月12日、集計数:27,711レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ベイビーステップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 32

おっは~♪

今日は5鞍で勝負!

昨日は余計な一鞍追加してしまった挙句のノーホーラで焼き鳥状態。

今日こそは当てないと干上がってしまいますよ。

京都9R 上賀茂ステークス

◎④クレスコブレイブ
△③タマモアポローン
△⑦アイファーキングズ
△⑧スマートフルーレ
△⑭サンライズセナ
△⑮ウインユニファイド

馬連④ー③・⑦・⑧・⑭・⑮への5点。

前走は左回りと時計が早すぎたかな?2走前の昇級初戦は離されたけど良績無い阪神で4着。
京都で良馬場なら一発無いかな?

東京9R 緑風ステークス

◎⑩ベイビーステップ
△②サトノラディウス
△⑥ヒシゲッコウ
△⑦マイネルカレッツァ
△⑬ブラックプラチナム
△⑭ミッキーバード

馬連⑩ー②・⑥・⑦・⑬・⑭への5点。

府中の二四への条件替わりは好材料っス!春先に調子上げるタイプでもあるしね。

東京10R ブリリアントステークス

◎⑮メイプルブラザー
△②アングライフェン
△④エルデュクラージュ
△⑤ジョーダンキング
△⑨プリンシアコメータ
△⑩サトノティターン

馬連⑮ー②・④・⑤・⑨・⑩への5点。

4走前に2着した同条件。出来も良さそうなんで一発無いかな?

今日はここまでよ。

早速購入して来まーす!

 しんすけ48 2020年2月2日() 09:34
4歳上1勝クラス・4歳上2勝クラス・早春ステークス・根岸...
閲覧 164ビュー コメント 0 ナイス 18

おっは~♪

月が替わった途端にまたタコ助に戻っちゃいました、(∀`*ゞ)テヘッ

日本一タコが似合うおじさん、それはしんすけクン。

な~んて言ってる場合でもないんで今日は何としても当てるじょ~(^^♪

東京7R 4歳上1勝クラス

◎⑧ロジポルカ
△⑩ボヘミアラプソディ
△⑫トランスポーター
△⑬ニューツーリズム
△⑭ベルゲンハーバー
△⑯ジェイケイエース

馬連⑧ー⑩・⑫・⑬・⑭・⑯への5点。

前走は右回りで更に出遅れ。左回りで距離延長なら変わり身も。スタートは決めてね!

東京8R 4歳上2勝クラス

◎⑨ハヤブサレジェンド
△③コールドターキー
△⑤ベイオブコトル
△⑩フローラルパーク
△⑪アオイサンシャイン
△⑮ボンディマンシュ

枠連⑤ー⑤と馬連⑨ー③・⑤・⑪・⑮への5点。

前走は距離が長かったかな?スタートもいまいちだったみたいで。距離短縮で粘りが増せば。

東京10R 早春ステークス

◎④ベイビーステップ
△②ヘリファルテ
△③サンアップルトン
△⑤マコトガラハット
△⑥ミッキーバード
△⑧トラストケンシン

馬連④ー②・③・⑤・⑥・⑧への5点。

横典の出方は気になるが・・・、4走前に勝ち上がった舞台だしハナ切っての逃げ切りに期待っス!

東京11R 根岸ステークス

◎⑥ワイドファラオ
〇①テーオージーニアス
△③ミッキーワイルド
△⑤コパノキッキング
△⑦スマートアヴァロン
△⑮ダノンフェイス
×⑨カフジテイク

枠連③ー③と馬連⑥ー①・③・⑦・⑮への5点。
馬単⑥ー①・③・⑤・⑦・⑮への5点。
三連複①・⑥ー③・⑤・⑦・⑨・⑮への5点。

何とな~く不思議な自信があるんだな、なので馬単・三連複も久々に買ってみようかな?
まあ大抵はワナなんだけどね。
逃げ馬はドリームキラリ一車。行かせて番手をキープ。直線で満を持して追い出して見事勝利!
そんな場面が目に浮かぶな(^^♪ 出来だけは絶好調なテーオージーニアスとの二頭軸で勝負っス♪

続いては京都、最後に小倉よ。

[もっと見る]

 回収率予報官b 2019年11月30日() 00:23
回収率予報 2019-11-30(土)ステイヤーズS/チャレンジカップ
閲覧 198ビュー コメント 0 ナイス 2

たまに筋トレしてます。回収率予報官です。

回収率予報の現在の対象レースはダートのみとなっていますが、実は芝レースも準備中なのです。
そこでメインレースについては芝であっても参考として公開したいと思います。
需要なかったらやめますw

各レースの◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

■中山11R 芝3600m 3歳上オープン 15:25 [G2]ステイヤーズS   
*1 60% △ 6.9倍 オジュウチョウサン
*2 100% ◎ 4.6倍 ヴァントシルム
*3 70% ・ 11.1倍 サンシロウ
*4 60% ・ 61.8倍 エイシンクリック
*5 50% ・ 232.6倍 ネイチャーレット
*6 90% × 9.4倍 メイショウテンゲン
*7 90% ・ 22.3倍 レイホーロマンス
*8 100% ▲ 12.7倍 チェスナットコート
*9 70% ・ 71.5倍 ベイビーステップ
10 80% ○ 4.4倍 リッジマン
11 50% ・ 5.2倍 アルバート
12 90% ・ 8.9倍 モンドインテロ
13 50% ・ 79.5倍 ララエクラテール

2番ヴァントシルムが予測回収率100%で勝率◎ですので文句なし。
8番チェスナットコートも100%の予測です。

■阪神11R 芝2000m 3歳上オープン 15:45 [G3]チャレンジカップ  
*1 100% ▲ 6.6倍 ブレステイキング
*2 100% ◎ 3.3倍 ギベオン
*3 90% ・ 65.1倍 ベステンダンク
*4 90% ○ 5.7倍 ロードマイウェイ
*5 80% △ 9.3倍 ブラックスピネル
*6 90% × 12.6倍 ケイアイノーテック
*7 100% ・ 10.1倍 トリオンフ
*8 80% ・ 32.4倍 ハッピーグリン
*9 60% ・ 6.8倍 ステイフーリッシュ
10 90% ・ 12.5倍 ノーブルマーズ
11 60% ・ 24.8倍 テリトーリアル
12 100% ・ 34.1倍 ゴーフォザサミット

こちらは100%が4頭います。
予測勝率順だと、2、1、7、12で、どれもオススメです。

プロフィールと11月09日の日記に回収率予報の簡単な説明があります。
https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=45ab9ca5e3&owner_id=846b177136
なお、私の予想コロシアムでは予測回収率の高い馬に◎を付けています。
皆様の予想のお役に立てれば幸いです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベイビーステップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ベイビーステップの写真

ベイビーステップ

ベイビーステップの厩舎情報 VIP

2020年5月10日緑風ステークス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベイビーステップの取材メモ VIP

2020年5月10日 緑風ステークス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。