カントル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カントル
カントル
カントル
写真一覧
抹消  鹿毛 2016年3月22日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績25戦[5-5-2-13]
総賞金13,084万円
収得賞金3,600万円
英字表記Cantor
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミスアンコール
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ブロードアピール
兄弟 ワグネリアンミスフィガロ
市場価格
前走 2023/12/09 中日新聞杯 G3
次走予定

カントルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 171234.51115** 牡7 57.0 H.ドイル藤原英昭 490
(+16)
2.00.0 1.234.9⑧⑧⑫⑫ヤマニンサルバム
23/11/12 福島 11 福島記念 G3 芝2000 1681519.99** 牡7 57.0 H.ドイル藤原英昭 474
(+2)
-- ----ホウオウエミーズ
23/08/27 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 12448.451** 牡7 57.0 団野大成藤原英昭 472
(-10)
1.45.9 -0.035.6⑥⑥⑤ワールドリバイバル
23/07/29 新潟 11 関越S OP 芝1800 185913.6710** 牡7 57.0 松山弘平藤原英昭 482
(+4)
1.45.1 0.733.4⑮⑮ストーリア
23/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 182333.4911** 牡7 56.0 横山和生藤原英昭 478
(-6)
2.31.8 1.035.0⑥⑤⑥⑦ヒートオンビート
23/05/07 東京 10 メトロポリタ (L) 芝2400 172430.8102** 牡7 57.0 横山和生藤原英昭 484
(-2)
2.27.8 0.034.2グランオフィシエ
23/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1268165.91110** 牡7 57.0 石橋脩藤原英昭 486
(0)
2.39.8 3.039.3タイトルホルダー
22/12/10 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 186116.7212** 牡6 54.0 D.イーガ藤原英昭 486
(+8)
2.00.1 0.735.1⑧⑥⑥⑦キラーアビリティ
22/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 184818.074** 牡6 54.0 岩田望来藤原英昭 478
(0)
2.31.3 0.234.4④④④④ブレークアップ
22/07/31 新潟 10 佐渡S 3勝クラス 芝2000 1181021.261** 牡6 57.0 岩田望来藤原英昭 478
(+4)
1.58.1 -0.033.0⑦⑦ノースザワールド
21/06/26 東京 11 江の島S 3勝クラス 芝1800 8113.027** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭 474
(-2)
1.47.7 1.233.5⑥⑦⑦ラインベック
21/05/15 東京 10 緑風S 3勝クラス 芝2400 1181011.052** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭 476
(-6)
2.24.2 0.034.0アイアンバローズ
21/05/02 東京 10 府中S 3勝クラス 芝2000 12225.646** 牡5 57.0 岩田望来藤原英昭 482
(+8)
1.59.4 0.434.5ヤシャマル
20/11/29 東京 11 ウェルカムS 3勝クラス 芝2000 16243.516** 牡4 56.0 岩田望来藤原英昭 474
(+4)
2.01.4 0.734.0⑤⑦⑦ヒシイグアス
20/10/25 東京 10 甲斐路S 3勝クラス 芝2000 12113.222** 牡4 57.0 岩田望来藤原英昭 470
(-8)
2.01.0 0.334.4⑤⑥⑥レッドアステル
20/10/04 中京 9 長久手特別 2勝クラス 芝2000 108101.611** 牡4 57.0 岩田望来藤原英昭 478
(-2)
2.00.5 -0.035.1リノキアナ
20/07/26 新潟 9 糸魚川特別 2勝クラス 芝1800 9337.342** 牡4 57.0 岩田望来藤原英昭 480
(0)
1.45.6 0.333.4レイパパレ
20/06/27 阪神 10 京橋特別 2勝クラス 芝2000 10224.523** 牡4 57.0 福永祐一藤原英昭 480
(+2)
1.59.5 0.636.8⑥⑥⑥⑤カセドラルベル
20/03/22 阪神 9 須磨特別 2勝クラス 芝1800 9662.425** 牡4 57.0 岩田望来藤原英昭 478
(-4)
1.46.6 0.533.2⑥⑦メイショウモウコ
20/03/08 阪神 8 4歳以上2勝クラス 芝2000 118113.424** 牡4 57.0 北村友一藤原英昭 482
(+18)
2.01.9 0.336.0⑤⑤アーデントリー

⇒もっと見る


カントルの関連ニュース

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
土曜重賞の中日新聞杯(G3)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

舞台となる中京芝2000mは、コーナーを4つ回り最後の直線が長く坂のあるコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性60%、トラック適性20%、周回方向適性10%、G前の坂の有無適性10%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出した中日新聞杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑩リューベック    13.51%
2 ⑦ヤマニンサルバム  12.52%
3 ⑯スパイダーゴールド 8.63%
4 ④シュヴァリエローズ 7.79%
5 ②カントル      6.56%
6 ⑬カレンルシェルブル 5.90%
7 ⑮ピンハイ      5.67%
8 ⑤サトノエルドール  5.58%
9 ⑪ハヤヤッコ     5.26%
10 ⑨ユーキャンスマイル 4.80%
11 ⑥マイネルファンロン 4.79%
12 ⑫キラーアビリティ  4.64%
13 ⑰ワンダフルタウン  4.46%
14 ③ドルチェモア    4.03%
15 ⑭ジャンカズマ    2.28%
16 ⑧ホウオウビスケッツ 1.91%
17 ①ユニコーンライオン 1.65%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(17頭立ての場合は5.88%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回の中日新聞杯では上位6頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑩>⑦>>⑯>④>②⑬

ご覧の通りリューベック吉田隼人)がヤマニンサルバム三浦皇成)をおさえ1位評価と相成りました。ただその差はわずか。このレースは騎手重視予測からは2頭の一騎打ちと見立てます。馬券は荒れるハンデ戦ゆえ前記2頭の組み合わせを本線に、手広く以下の計10,000円(9点)で勝負いたします。

【劉備の中日新聞杯勝負馬券】
馬連
⑦-⑩
6,000円

馬連ながし
⑦-②④⑬⑯
各500円×4点=2,000円
⑩-②④⑬⑯
各500円×4点=2,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

【重賞データ分析】中日新聞杯2023 6項目チェックをオールクリアしたのはピンハイなど4頭 2023年12月8日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!中日新聞杯・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
12月開催に戻った、2017年以降(過去6年)の1~3着馬延べ18頭の馬齢を見ると、3歳から7歳までの間。ただし、5~7歳の好走(3着以内)は、芝2000m以上の重賞で3着以内の経験があった馬に限られる。その点には注意が必要だろう。

(減点対象馬)
カントル ④シュヴァリエローズ ⑤サトノエルドール ⑥マイネルファンロン ⑨ユーキャンスマイル ⑭ジャンカズマ

【所属】
2017年以降の所属別成績は、栗東【5.4.6.61】、美浦【1.2.0.23】。勝率と複勝率は前者がリードしている。なお、後者の複勝圏入りは、芝2000mの重賞において3着以内の好走経験があった馬だけ。相応の戦歴がない関東馬は、評価を控えめにしたほうがいいかもしれない。

(減点対象馬)
ドルチェモア ⑤サトノエルドール ⑧ホウオウビスケッツ ⑯スパイダーゴールド

【負担重量】
負担重量が前回から1キロ超増加した馬は苦戦傾向にあり、2017年以降の好走(3着以内)例は、前走1着の好調馬に限定される。気にとめておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
ハヤヤッコ ⑫キラーアビリティ

【前走場所】
2017年以降の1~3着馬延べ18頭の前走使用競馬場を検証すると、新潟、東京、中山、中京、京都、阪神、小倉の7場。これ以外のステップで臨んだ馬は、複勝圏に届いていない。

(減点対象馬)
ユニコーンライオン ②カントル ⑤サトノエルドール ⑬カレンルシェルブル

【前走距離】
2017年以降の3着以内馬延べ18頭の前走使用距離を確認すると、芝1600m、芝1800m、芝2000m、芝2200m、芝2500mの5パターンに集約される。これ以外の臨戦馬は、過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
ドルチェモア ⑤サトノエルドール ⑥マイネルファンロン ⑧ホウオウビスケッツ

【前走着順】
2017年以降の1~3着馬延べ18頭のうち、14頭が前走で6着以下に敗れていた。残りの4頭はOP特別1~5着からの臨戦馬。ハンデの兼ね合いもあるのか、重賞5着以内からの参戦馬は、総じて苦戦を強いられている。

(減点対象馬)
カレンルシェルブル


【データ予想からの注目馬】
上記6項目オールクリアは、⑦ヤマニンサルバム、⑩リューベック、⑮ピンハイ、⑰ワンダフルタウンの4頭。

最上位には、⑮ピンハイを挙げたい。2017年以降、4歳馬は【3.2.4.23】と主力を形成。そのなかでも、前走時から斤量が減っていた馬に限れば【3.1.1.11】と、好走(3着以内)確率がグンとアップする。目が離せない1頭だ。

過去6年、前走からの距離延長組は【2.1.2.13】。それに当てはまる、⑩リューベックを次位にピックアップ。ほか、⑦ヤマニンサルバム、⑰ワンダフルタウンにも気を配っておきたい。

<注目馬>
ピンハイ ⑩リューベック ⑦ヤマニンサルバム ⑰ワンダフルタウン

[もっと見る]

【中日新聞杯の注目点】紅一点がJRA初重賞プレゼントなるか 4頭登録のオーナーにも注目 2023年12月6日(水) 09:48

★金子真人ホールディングス所有馬が4頭登録 登録馬中、唯一の牝馬ピンハイにも注目

今年の中日新聞杯には、カントル(牡7歳、栗東・藤原英昭厩舎)、ハヤヤッコ(牡7歳、美浦・国枝栄厩舎)、ユーキャンスマイル(牡8歳、栗東・友道康夫厩舎)、リューベック(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)と金子真人ホールディングスの所有馬が4頭登録している。金子真人HDは、同一JRA重賞に所有馬を4頭出走させたことがこれまでに4回あり、2016年のダービーではマカヒキで勝利を挙げているが、今回はどのような結果になるだろうか。なお、リューベックが勝てば、同馬を管理する須貝尚介調教師は史上31人目のJRA重賞通算50勝となる。

また、カシオペアS2着以来の出走となるピンハイ(牝4歳、栗東・田中克典厩舎)は、今年の中日新聞杯登録馬で唯一の牝馬だ。中日新聞杯では、19年から4年連続で牝馬が3着以内に入っているが、ピンハイも好走することができるだろうか。なお、ピンハイが勝てば、同馬を管理する田中克典調教師はJRA重賞初勝利となる。

[もっと見る]

【先取り!重賞出走馬最速診断】中日新聞杯2023 ラストランのユニコーンライオンなど、難解G3に好メンバーが集結 2023年12月4日(月) 11:00


週末の的中へ向け、いち早く重賞の出走予定馬を先取り! 今回は中日新聞杯に出走予定の9頭を診断します。


カレンルシェルブル
4走前に福島民報杯を勝ち、新潟記念10着、七夕賞9着、小倉記念5着と、着順ふるわず。ただ、不良馬場、スローペース、開幕週と酌量の余地ある内容だった。前走の福島記念は、開幕2週目ながらタフな馬場。差しの決まる流れのなか、後方から追い込み3着。条件が向けば。

カントル
前走の福島記念は、スタートの落馬で競走中止となり、仕切り直しの一戦。昨年の中日新聞杯は2番人気12着。立ち上がるようなスタートから、中団に位置を取るも、4角で盛んに手が動き、残り200mで苦しくなった。中京芝2000mは2勝クラス突破の舞台。今年は発馬を決めたい。

キラーアビリティ
昨年の中日新聞杯勝ち馬。最内枠からスタートはもうひとつ。1000m通過61秒9の緩い流れを、中団後方のインで脚を溜めた。直線は外へ進路を切り替え、狭いところを抜けながら、じりじりと伸びた。その後は馬券内好走ナシでも、G3の中距離戦なら能力は足りる。力を出し切れるなら。

ピンハイ
昨年のチューリップ賞2着馬。桜花賞5着、オークス4着と、クラシックでも上位に走った。今年前半は人気を裏切る形も、前走約半年ぶりのカシオペアS(L)を2着。大外枠から無理をせず中団につけ、しっかり伸びた。小柄な牝馬でプラス12キロも良かった。馬体重には気を配りたい。

ホウオウビスケッツ
今年のスプリングS2着馬。重馬場にしてはきつい流れを、前々から粘る強い競馬。キャリア2戦目、フリージア賞の後半1000mを57秒7で走るなど、基礎能力は高い。前走のダービーは、展開が向いたとはいえ、0.2秒差の6着。ダービー上位勢は、古馬と渡り合っているので期待。

ヤマニンサルバム
前走のオクトーバーS(L)は、最内からハナを切り1着。OP以下だと【5-4-4-1】。重賞だと【0-0-0-5】。オカルトだが、下級条件では枠順に恵まれ、重賞に入ると外目の枠を引きがち。大きく負けていないレースもあり、好位からロスなく回ってきたいタイプ。内枠を引き、人気がなければ。

ドルチェモア
昨年の朝日杯FS勝ち馬。好スタートを切り、行きたい馬を行かせ3番手。前半3ハロン34.1秒の流れを、ロスなく立ち回り、直線は前の2頭の外へ出し、追撃を凌いだ。そこから、5戦中4戦は2桁着順と、苦しい近況。相手は強いものの見せ場がなく、一気の距離延長もどうか。

スパイダーゴールド
未勝利から4連勝を決め、今年の新潟大賞典で1番人気を支持を受けるも16着。ただ、ここは不良馬場で参考外。前走の関越Sは、最内から好発を決め、中団前で流れに乗った。直線は、開幕週らしく内に寄る馬が多く、進路確保に手間取った。不利なく回れば、もう少しやれるはず。

ユニコーンライオン
今回32戦目がラストラン。2年前の宝塚記念2着、昨年の福島記念1着など、ハナに立ちマイペースだとしぶとい。直近2戦は番手でも、富士Sはマイル戦、福島記念は8枠16番、かつ内枠に同型テーオーシリウスがいた。ここもやることはひとつで、最後は内枠を引いてほしい。


(文・垣本大樹)

[もっと見る]

【中日新聞杯】特別登録馬 2023年12月3日() 17:30

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】福島記念2023 秋季福島開催の名物ハンデ重賞!制すのは!? 2023年11月12日() 06:30

 
※当欄では福島記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。
 
 

【長岡一也】
◎⑤シルトホルン
○②カレンルシェルブル
▲⑥ホウオウエミーズ
△⑦ダンディズム
△⑧ノースザワールド
△⑬ウインピクシス
△⑭バビット

【原奈津子】
◎⑭バビット
○⑯ユニコーンライオン
▲⑩グリューネグリーン

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑮カントル

【キャプテン渡辺】
◎④テーオーシリウス
単勝

馬連流し・ワイド流し
④-⑤⑥
3連複
④-⑤-⑥

【恋さん(シャンプーハット)】
注目馬
シルトホルン
ホウオウエミーズ

【杉本清】
◎②カレンルシェルブル

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑬ウインピクシス

【中野雷太】
◎⑥ホウオウエミーズ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

カントルの関連コラム

閲覧 3,040ビュー コメント 0 ナイス 4

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2017年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【今週の推奨レース】
■29日(日) 東京11R ウェルカムS 3歳以上3勝クラス

皆さん、先週の結果はいかがだったでしょうか? 当コラムで推奨した土曜日のレースは不的中に終わりました。が、「月曜日にも同じ条件のレースが組まれていますので、このレースの結果にかかわらず、月曜日も勝負してみてください」としたところ、そちらは1→3位で決まって鮮やかに的中。単勝560円、馬連5,220円のビッグヒットとなりました。土曜日の結果を受け、「まだ月曜日にもチャンスがある」と信じてくれた方が多いことを祈るのみです。今週はなんとしても、推奨レースそのものをズバリと当てたいと思います。狙い目にあげるのは、日曜日のジャパンカップのひとつ前に組まれているウェルカムS。いつもは下級条件戦を狙うことが多いですが、今回は珍しく3勝クラスの一戦で勝負に臨みます。目指すはもちろん、ジャパンカップの資金稼ぎにほかなりません。

まず紹介したいのは「東京芝2000m×3歳以上3勝クラス」という条件におけるU指数1位の成績です。集計期間内に7レースが該当し、勝率42.9%、連対率85.7%、複勝率85.7%、単回率287.4%、複回率142.1%と驚異的な数字をマークしています。優秀極まりないとはまさにこのこと。1位イェッツトは、2位に1.5ポイントの指数差を付けていますので、相当信頼度の高い本命候補と評価していいでしょう。さらに注目できるのは、2位と3位の指数差。ここも1.9ポイントと大きな差が付いており、明確な能力差があることがわかります。ハンデ戦で、1位と2位、2位と3位にはそれぞれ1キロの斤量差がありますが、それを埋めきれない指数の開きと判断するのが適当です。よってここは、手広く流してトリガミになることを避け、思い切って1位と2位の馬連1点で勝負しようと思います。馬連1位と2位の1点買いの馬券をシミュレートすると、的中率42.9%、回収率217.1%を記録。母数が少ないとはいえ、十分に評価できる成績ですので、勝負する価値はおおいにあるでしょう。さらに攻めたい方は1位→2位の馬単、押さえ馬券も欲しい方は1位→2位のワイドを買うなどして、馬券の組み立てを工夫してみてください!


1位 イェッツト 96.0
2位 カントル 94.5


★結論★
馬連 1位→2位(1点)



○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

といったメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。月額934円(税別)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-----------------------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2019年3月8日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/2~3/3)2週連続大幅プラス達成の霧プロら計15名が週間プラスを計上!
閲覧 1,823ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、2(土)に中山競馬場でG3オーシャンSが、阪神競馬場でG2チューリップ賞が、3(日)には中山競馬場でG2弥生賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3オーシャンSは、好スタートを決めた1番人気モズスーパーフレアがそのまま積極的に出ていき3~4馬身ほど引き離しての逃げ。4番人気ラブカンプー、2番人気ナックビーナス以下との差をキープしたまま、前半3F32秒3(推定)の軽快なペースで3コーナーを通過していきます。2番手に浮上したナックビーナスが、徐々に差を詰めて直線を向きますが、前を行くモズスーパーフレアは依然楽な手応えのまま。直線半ばを過ぎて追い出されたモズスーパーフレアが、終始ナックビーナスとの差を保った状態で運び、そのままゴール。追撃を寄せつけない競馬で、1馬身1/4差をつけて優勝。重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ夢月プロ豚ミンCプロきいいろプロら計9名が的中をマークしています。
 
G2チューリップ賞は、単勝1.3倍の圧倒的支持を集めたダノンファンタジーが好スタート。オーパキャマラードアフランシールといったところに前を譲り、ダノンファンタジーは3番手のインを確保してコーナーを回ります。4コーナーにかけて、3番人気メイショウショウブが外を通ってこれに並び掛け、直線へ。オーパキャマラードアフランシール、そしてメイショウショウブと先に行かれ、その直後で前が壁になるダノンファンタジー。その間に外を伸びてはドナウデルタも先頭を窺う勢いを見せると、これらに遅れをとる形となったダノンファンタジーは、外に進路を切り替えての追い出しを余儀なくされます。最内ドナウデルタに、大外からはシゲルピンクダイヤが鋭い伸び脚を見せてと、ダノンファンタジーを挟んでの接戦に持ち込まれるかに見えた直線中盤の攻防でしたが、残り100m手前から鞍上の右ムチが入るとダノンファンタジーが一気に抜け出し、最後は1馬身差を付けてV。4連勝で桜花賞へと駒を進めています。2着シゲルピンクダイヤ、3着ノーブルスコア桜花賞切符を手中にしています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロスガダイプロろいすプロら計5名が的中をマークしています。
 
G2弥生賞は、雨のなか重馬場でスタートの時を迎えます。ハナを奪ったのは、締切直前までニシノデイジーと人気を2分していた、2番人気ラストドラフト。前半1000mを61秒8(推定)で通過し、7頭ほどが差なく続く馬群を先頭で率いていきます。これら第1グループからは離れて追走のブレイキングドーンシュヴァルツリーゼも、3コーナー手前から差を詰め始め、一気に馬群は密集。ラストドラフトの外から、ナイママメイショウテンゲンの8枠2頭、さらに後方から大外に持ち出してブレイキングドーンシュヴァルツリーゼといったところも先行争いに加わり、6~7頭横並びの態勢で直線へ。まず、1番人気ニシノデイジーと3番人気カントルラストドラフトの内から抜け出す構えを見せると、馬場の中ほどからはメイショウテンゲンの伸び。そのまま坂を駆け上がったところで8番人気メイショウテンゲンが1馬身ほど抜け出すしてきます。外を伸びて差を詰めたシュヴァルツリーゼブレイキングドーンらも最後に詰め寄ってきますが、これらをメイショウテンゲンが振り切って優勝。嬉しい重賞初制覇を挙げています。2着シュヴァルツリーゼ、3着ブレイキングドーンまでが皐月賞の優先出走権を手に入れています。
公認プロ予想家では、ジョアプロ山崎エリカプロ豚ミンCプロら3名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
2(土)は、阪神1Rで◎オーパスメーカーワインレッドローズ本線的中の好発進を切ると、小倉5Rの◎ジェンメオ(単勝31.7倍)的中などの好調予想を披露。3(日)も出だしから好発進を決めると、阪神3Rグランプリワン小倉4Rアルファライズ中山5Rコスモミローディア小倉10Rラブリロンリロンス等々、随所に好調◎を披露しました。週末トータルでは、回収率142%、収支14万2,080円の大幅プラスを記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
2(土)は阪神1R小倉6R、勝負レース中山9RG3オーシャンSと的中を披露し、プラス収支を計上。3(日)には阪神9Rでの◎センショウユウトメラナイト的中や、G2弥生賞的中などをマークし、連日の回収率プラス達成を記録。週末トータルでは、回収率150%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
先週は、2(土)に中山1Rカフェプリンス小倉6Rリュミエールドールなどの的中を披露。3(日)には勝負予想小倉4Rの◎アルファライズ的中、阪神3Rグランプリワン的中などの活躍をみせ、こちらも土日ともプラス回収率をマーク。週末トータルでは、回収率149%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(179%)、ろいすプロ(132%)、サラマッポプロ(123%)、夢月プロ(123%)、岡村信将プロ(116%←2週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(114%)、くりーくプロ(114%)、きいいろプロ(108%)、おかべプロ(106%←2週連続週末プラス)らが、土日2日間のトータルプラスをマーク!また、プロテスト合格者あおまるさん(132%)、イレコンデルパサーさん(106%)、新参者さん(101%)の3名も週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年2月26日(火) 19:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019弥生賞&チューリップ賞
閲覧 2,491ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


◇3月3日(日)中山11R 第56回 報知杯弥生賞(3歳、G2、芝2000m)

<登録馬>


【JRA所属馬:9頭】(フルゲート:18頭)

ニシノデイジー(C)中8週
この中間もいつもと同じように、3週前、2週前、1週前と強めに追われている。ただ併せ馬で行ってきた1週前追い切りが、今回は単走で行われ、走りを見ると首が高く体が伸びてしまっているように見えた。どこか走りが物足りない感じがする。

ラストドラフト(A)中6週
2戦目の前走で重賞勝ち。前走時の調教では年末年始の変則日程を挟みながらも、毎週しっかり追い切られていて、状態はかなり良かった印象。この中間も、毎回のように調教師自らが跨っての調整が施され、2週前、1週前と併せ馬で先着と順調な過程。近年外厩で馬を仕上げることが多くなっている中にあって、調教師の意地を感じる1頭でもある。

クリノガウディー(F)中10週
シンザン記念を回避してこのレースに登録してきたが、追い切りといえる速い時計はなく、軽めを先週土日に1本ずつ出しただけ。出走できる状況ではない。

ブレイキングドーン(D)中8週
この馬は、これまでレースの1週前、最終追い切りと強めに追われてきている。そのあたりは毎回馬体が増えているので絞らなければならないということもあるのだろう。ただ、それがパドックでのイレ込みに影響しているところもあるように思う。この中間も、1週前追い切りの動きを見ると重い感じがあり、この様子だと今回も最終追い切りは強めに追わないとならなくなりそうな状況。馬体重を取るか、イレ込みを取るか輸送もあるので調整が難しくなりそう。

カントル(B)中4週
昨年のダービー馬ワグネリアンの弟で、10月のデビュー戦から月1走のペースでレースを使われ、その度に上昇曲線を描いているように感じる馬。特に前走時は、間隔が詰まっていた割に入念に乗り込まれていて、パドックでもこれまでで一番良い馬体に見えた。1週前追い切りではM.デムーロ騎手騎乗でほぼ馬なりのまま楽に抜き去る好内容で、動きは引き続き良い。

サトノラディウス(B)中4週
デビュー前からそれほど抜けて良い時計が出る馬ではないが、併せ馬で多く追い切られて乗り込み量十分でレースに使ってきている。前走は関西への輸送を考慮してか1週前に強めに追っていたが、今回は関東圏での競馬ということで1週前は馬なりでの調整。それでも外を回って良い時計が出ており、調整は順調。あとは、最終追い切りで強めに追って良い動きなら力は出せそう。

ヴァンケドミンゴ(A)3ヶ月
前走の葉牡丹賞時はややウルサイ面を見せていたが、馬体に関しては使われるごとに締まってきている様子で、悪い感じはしなかった。この中間は間隔も空いており、新馬戦時のような坂路中心の調教内容で、1週前に一杯に追われて先着している。輸送もあるので、最終追い切りが軽めで良い動きなら理想的。

シュヴァルツリーゼ(C)4ヶ月
かなり乗り難しそうなところがあり、調教では右回りだと内にササる面を見せる馬。新馬戦は、左回りの東京で枠が大外だったのでジョッキーは外に逃避しないように終始ガッチリと押さえたままで、大変だったと思う。まともに走ればかなり能力のある馬だと思うが、1週前追い切りでも直線で内にササる面を見せており、今回は右回りの中山で前走以上に気をつけて乗る必要がある。ジョッキーの手腕が試されるところでもあり、相手がどうこうというより、まず他馬の邪魔をしないように真っ直ぐ走らせることができるか。いずれにしてもジョッキーはかなり大変だと思う。

メイショウテンゲン(C)中3週
前走時のパドックでは落ち着きがない感じだった。この中間は、1週前にCWを長めから併せ馬で追い切りられて時計は悪くない。阪神のアルメリア賞にも登録があるが、こちらに出走してくるようだと初の長距離輸送でのレースで、前走時のようにイレ込むような面が出てしまうことも考えられる。

ラバストーン(F)連闘
先週連闘で出走しており、また連闘で出走してきてもまともに走れることはない。


【地方馬:1頭】

ナイママ(F)中2週
前走時は追い切りの動きもイマイチで、パドックを見てもトモの踏み込みに力強さがなかった。この中間も、時計と言えるほどの強い追い切りも行われていない感じで、上積みが期待できる状況ではない。



◇3月2日(土)阪神11R 第26回 チューリップ賞(3歳牝馬、G2、芝・外1600m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ダノンファンタジー(B)3ヶ月
休み明けのとなるこの中間は、3週前から速い時計を出しており1週前追い切りでは川田騎手騎乗で強めに追われている。霧で見にくかったものの重め感はなく、良い仕上がりで出走できそうな動きだった。

シェーングランツ(B)3ヶ月
前走時は美浦のPコースでの追い切りで、走り慣れていないコースだったからなのか体が浮き上がってしまいそうな走りで、しっかり地面を掴めていない感じだった。この中間は南Wでの調整に戻してきていて、1週前追い切りでは3頭併せの内で手応えも良く、仕上がりは良さそう。

メイショウショウブ(B)3ヶ月
前走時のパドックではもう少しトモに筋肉がついてほしい馬体だった。この中間は2週前、1週前とジョッキー騎乗でCWを長めから追われ好時計。仕上がりは良さそう。

アフランシール(A)3ヶ月
アルテミスSの時は調教では物足りない時計ばかりで、パドックでもトモが寂しく映り出来がイマイチだった。前走時は南Wで良い時計が出ていて、パドックでもイレ込む手前のかなり気合いの入った好馬体での周回だった。この中間は間隔にも余裕があり、時計もしっかり出ていて引き続き好調をキープできている感じ。

オーパキャマラード(C)中3週
11月から使い詰めできており、前走時のパドックではうるさい感じも出ていた。それでも1週前に強めに追われていて、これで直前馬なりで良い動きなら。

ココフィーユ(C)中3週
前走はプラス体重も、小柄な馬でトモも寂しく映った。輸送のある関西圏での競馬では不安材料が多い。

サムシングジャスト(B)4ヶ月
休み明けになるがかなりしっかり乗り込まれていて、良い時計も出ている。成長も窺え、最終追い切りでの動きが良ければ。

シゲルピンクダイヤ(C)4ヶ月
休み明けなのでもう少し乗り込んでいても良い気もするが、1週前追い切りでは坂路で終い伸びており、調教時計は悪くない。

シャドウディーヴァ(C)中1週
休み明けの前走を使われて中1週で競馬となる。前走時のパドックではまだ体が緩いように見えたので、前走を調教代わりと考えることもできる。今回は輸送もあるので、最終追い切りは馬なりで流す程度で十分。そこで良い動きを見せてくるようなら

タニノミッション(D)中6週
3週前の自己条件を使う予定だったが、ザ石で回避。その後は1週前に1本時計を出しているだけで、一頓挫の影響がありそう。

ドナウデルタ(C)中7週
ここ2戦重賞に挑戦するも物足りない内容。馬体は悪くないが、この中間も強めの追い切りが少なく、ビシビシ乗り込めるようにならないと上積みは期待できそうもない。

ノーブルスコア(B)中3週
紅梅S、エルフィンSと使われて間隔も詰っているのでこの中間は軽めの調整。前走時はややウルサイ感じも覗かせていたが、毛艶が冴え出来良く見せていた。最終追い切りは馬なりでも、動きが良ければ期待できそう。

ハニーウィル(E)中3週
前走未勝利勝ちも、デビューから休みなく使われてきていて馬体重もだんだん減ってきている。良い状態で出走するには厳しそう。

ブランノワール(B)中3週
前走は調教内容が良かったので◎にしたが、当日パドックで馬体を見たら踏み込みも浅く馬場も向きそうもない感じで不安になった記憶がある。レースでは、予想外にしっかり走ってくれて2着は確保。この中間は、1週前に坂路で好時計が出ていて状態は良さそう。前走の馬場よりも今回の馬場のほうが向きそうなので、前走以上の好走に期待したい。

ブリッツアウェイ(D)中1週
前走時は調教内容も良くパドックでは馬体も締まって良い状態に見えた。この中間は、中1週で軽めの調整。これ以上馬体は減らしたくないので、前走の状態を維持するので精一杯になりそう。

マルモネオフォース(C)中2週
2着が続いていたが前走で待望の初勝利。大きめの馬の割にトモが寂しく、この中間も強めの追い切りはなく相手が一気に強くなる今回。まだ厳しそう。


◇今回は弥生賞&チューリップ賞編でした。早いもので今年のクラシックに向けてのトライアル戦が今週から始まります。近年はトレセン以上に設備の整った外厩施設が多くなり、牧場で仕上げて本番に直接向かうという馬も多くなってきました。調教内容を重視して予想する立場からすると、牧場でどんなトレーニングを積んできたのか分からない面も多く、少ない調教時計や最終追い切りの動きを見て判断しなくてはならないケースも多くなってきているように感じています。それでも昔に比べれば使える情報はたくさんありますし、便利になっている部分もあります。これからはもっと情報が片寄っていく時代になっていくでしょうし、調教を参考に予想するにしても時計だけではなく馬を見る目や頭の柔らかさが大事になってくるような気がしています。そんな中でもきっちりと対応できるように心がけていきたいと考えています。

それでは次回、阪神大賞典&スプリングS編(予定)でお会いしましょう。


※弥生賞&チューリップ賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年2月24日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年02月24日号】特選重賞データ分析編(139)~2019年弥生賞~
閲覧 2,603ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 報知杯弥生賞 2019年03月03日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ中山以外、かつオープンクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [5-4-4-6](複勝率68.4%)
×なし [0-1-1-37](複勝率5.1%)

 基本的に実績馬が強いレース。重賞やオープン特別で連対したことがある馬を重視すべきでしょう。ただし、中山の重賞やオープン特別でしか連対したことのない馬はいまひとつ。今回と同じ競馬場なのでどうしても注目されますが、G1のホープフルステークスを除くと素質馬に敬遠されてしまいがちな舞台ということもあり、京成杯などの上位馬はそれほど信頼できません。

主な「○」該当馬→ナイママ、ニシノデイジーブレイキングドーン
主な「×」該当馬→カントルメイショウテンゲンラストドラフト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中5週以上」だった馬は2014年以降[5-4-4-21](複勝率38.2%)
主な該当馬→ニシノデイジーラストドラフト

[もっと見る]

2018年11月2日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年11月02日
閲覧 1,016ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年11月3日()の凄馬!>
極凄馬
京都1R 2歳未勝利
ブルベアイリーデ(+7.4)

極凄馬
京都4R 2歳未勝利
カントル(+4.6)

極凄馬
東京2R 2歳未勝利
ファムファタル(+4.1)

超凄馬
京都2R 2歳未勝利
ゴールドラグーン(+3.3)

超凄馬
京都12R 3歳以上1000万以下
メイショウコゴミ(+3.0)

超凄馬
東京9R 南武特別
ブラックプラチナム(+2.4)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年11月4日、集計数:33,304レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

カントルの口コミ


口コミ一覧

中日新聞杯買い目です

 サクラ007 2023年12月9日() 14:44

閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 2

◎8 ホウオウビスケッツ
○12 キラーアビリティ
▲7 ヤマニンサルバム
☆2 カントル

 買い目 3連単1頭軸3頭流しマルチ 18点
  8 → 12、7、2

 しんちゃん52 2023年12月9日() 09:03
赤穂特別&アクアラインステークス&中日新聞杯&リゲルステ...
閲覧 170ビュー コメント 0 ナイス 26

おはよ~♪

12月9日ですね!

週末は競馬三昧で行きまっしょい(^^♪

とにかく心身ともに疲労困憊なんで

馬券を当てて自分を癒しましょう。

万馬券と言う特効薬だとなお良いね♪

阪神10R 赤穂特別

◎⑦フェブランシェ
△②マリアナトレンチ
△➂トウキチロウ
△⑧ワンダフルトゥデイ
△⑬エアメテオラ
△⑮アスクビックスター

馬連⑦ー②・➂・⑧・⑬・⑮への5点。

前走は休み明けと言う事で。叩き2戦目の上積みを見込んで。素質はここでは一枚上だと思うから。

中山10R アクアラインステークス

◎⑫グリュースゴット
△④ドンアミティエ
△⑤キタノブレイド
△⑧オメガシンフォニー
△⑨コスモノアゼット
△⑮ハーモニーマゼラン

馬連⑫ー④・⑤・⑧・⑨・⑮への5点。

千二だと後ろからになっちゃうけど今回は前に行く馬が多いので展開は向くんじゃないかい?
連続して千二を使うんで慣れも見込めるだろうしね。

中京11R 中日新聞杯

◎⑬カレンルシェルブル
〇⑩リューベック
▲⑦ヤマニンサルバム
△②カントル
△⑯スパイダーゴールド
△⑧ホウオウビスケッツ

馬連⑬ー②・⑦・⑧・⑩・⑯への5点。
馬単⑬ー②・⑦・⑧・⑩・⑮への5点。
三連複⑩・⑬ー②・⑦・⑧・⑯への4点。

前走は差の無い3着。復調して来たかな?中京は元々実績が有るからね。も少し位置が取れればなお良し。

阪神11R リゲルステークス

◎⑩カレンシュトラウス
△①グラティアス
△➂エスコーラ
△⑤ビーアストニッシド
△⑨ドゥアイズ
△⑬アナゴサン

馬連⑩ー①・③・⑤・⑨・⑬への5点。

長欠明け2戦は良いとこ無いけどね。叩き3戦目で状態は上がって来てるみたいだし。
休み前はオープンでもやれるところは見せてたからね。

中山11R 常総ステークス

◎⑬レイトカンセイオー
△①ウインリブルマン
△➂ロジハービン
△⑤グランディア
△⑨デコラシオン
△⑭アールクインダム

馬連⑬ー①・③・⑤・⑨・⑭への5点。

前走は直線で前が詰まってたにも関わらず勝ち切りました。中山も合いそうだしね。

今日はここまでよぉ~。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2023年12月8日(金) 00:48
中日新聞杯 2
閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 3

中日新聞杯

11月9日 土曜日 中京競馬場

芝2000 GⅢ 3歳以上 ハンデ戦

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント ◎3ポイント ○2ポイント ▲1ポイント ◬0.5ポイント

ハンデ

59

キラーアビリティ 1.5ポイント △4こ 5位
(去年勝っているので要注意でムルザバエフ騎手になるのも魅力は大きい。このハンデがさすがに重いのでちなみに去年は56kgだから。ただ毎回良馬場だと34秒台の脚は使えているので。)

58.5

ハヤヤッコ 0ポイント△3こ 9位
(ハンデは重いし良馬場では辛い馬なので狙いにくい馬。ただ中京コースだけは良馬場でも好走はしている。今年の金鯱賞4着の時以来の幸騎手になるので穴馬としては魅力はあるがハンデ戦だけに斤量差はあるので・・・分が悪い。)

ユニコーンライオン 0ポイント 着差 2.7 16位
(前走より0.5Kg減ってGⅢなら粘りも増すはず。実績のあるコース中京は鳴尾記念逃げ切り以来で2回目なので、自分のペースで逃げての展開ができるならいい勝負になっても。)

58

ユーキャンスマイル 1ポイント△1こ 7位
(モリス騎手になって位置取りがどうなるか注目したいけど未知なので、いつものように追い込みの競馬だと差し届かない感じになりそうなコースなので。)

57

ヤマニンサルバム 14ポイント 着差-0.2 1位
(オクトーバーSが逃げ切りなので今回もと思うが同型がいるので先行になるのかなと。伸びしろと勢いを含めるとこの馬がかなり有力と思うけど、まだ重賞実績がないので挑戦者としてどこまで出来るか?)

カレンルシェルブル 3.5ポイント 3位
(追い込みが多いので展開が重要となりそう。福島実績が高いので中京では信頼度は下がっているが中京経験も多いし勝利もしている。叩き2走目で上積みもあるのでもう少し前にいることが出来れいいんですが。)

リューベック 2.5ポイント 4位
(休み明けになるので状態が重要。中京も1戦1勝なので問題はないし冬場の実績もある。先行もしているからスタートが決まれば、いい位置にいれそうですね。)

カントル 1ポイント △1こ 前走 競走中止 8位
(前走は競争中止で参考外。今回も同じ騎手で同じ距離になるので。去年着外ですが中京勝利はあるので上手く進めればいいんですがHドイル騎手のコースの経験値でしんどいかなと。)

ドルチェモア 0ポイント 着差 1.0 12位
(転厩して距離を一気に伸ばしてどうなるか?能力はあるけど精神的な問題が大きいはずなので、個人的には少頭数のレースを使ってほしいですが・・・まぁ仕方ないとして今回もいきなり好走とは厳しそう。)

ワンダフルタウン 0ポイント 着差 2.7 15位
(前々走の鳴尾記念ぐらい走ればここでもいい勝負は出来るはず。前走の小倉記念の敗因が暑かっただけなら、今回は馬券妙味は大きいと思う。)

56

ホウオウビスケッツ 1.5ポイント△3こ 6位
(ダービー6着以来で状態がどうか?先行力が高いのがいいしGⅢで古馬相手でもいい勝負以上を期待してもいいと思う。良馬場ではまだ崩れていないのもいい。)

シュヴァリエローズ 0ポイント△1こ 10位
(今回は重賞相手なので少ししんどいかも。左回りの方がいい脚は使っているし、中京も1戦1勝なので相性が良さげでまぁ穴馬かなと思う。)

スパイダーゴールド 0ポイント 着差 0.8 11位
(ここ2戦は本来の力は出せてないなら今回は巻き返すチャンスと思うが、重賞相手では少し経験値が不足しているかなと新潟大賞典で1番人気だったんですけどね。左回りは得意だしいい脚は持っているので1発は秘めていると思う・・・)

サトノエルドール 0ポイント 着差 1.6 14位
(距離短縮になるので位置取りが後ろになるかも。中京で巻き返せる感じは正直思えないので。父ディープインパクトだから気になるんですが。)

マイネルファンロン 0ポイント 着差 競走中止 17位
(平地に戻れば不気味と思う。ただ前走も競走中止だし2000Mのペースに追走でしんどくなりそうな感じもするので。)

54

ピンハイ 14ポイント 着差 0.1 2位
(左回りは東京の2戦だけなので好走のイメージはないがオークス4着なので。前走も好走したし重賞でも好走しているので、フルゲートで420Kgもない馬だから楽ではないがそれでも上手く進めてくる馬なので。毎回34秒台の脚は使っているので。)

ジャンカズマ 0ポイント 着差 1.3 13位
(ここ2戦先行出来たが距離短種でフルゲートだから難しいそう。前走で重賞の経験は積んだ分慣れはあるはずなので、瞬発力勝負は避けたいので先行はしたいですね。)

現時点予想
◎ ホウオウビスケッツ
○ ピンハイ
▲ ヤマニンサルバム
△ キラーアビリティ
△ カレンルシェルブル
穴 リューベック
穴 スパイダーゴールド

[もっと見る]

⇒もっと見る

カントルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月28日() 23:58:47
w取り

カントルの写真

カントル
カントル
カントル

カントルの厩舎情報 VIP

2023年12月9日中日新聞杯 G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カントルの取材メモ VIP

2023年8月27日 小倉日経オープン 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。