マルモネオフォース(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年3月9日生
調教師木原一良(栗東)
馬主まるも組合
生産者岡本 昌市
生産地浦河町
戦績 7戦[1-3-1-2]
総賞金1,230万円
収得賞金400万円
英字表記Marumo Neo Force
血統 ワークフォース
血統 ][ 産駒 ]
King's Best
Soviet Moon
マルモセーラ
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
マイクロス
兄弟 マルモレイナマルモマリア
前走 2019/03/02 チューリップ賞 G2
次走予定

マルモネオフォースの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/02 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 1322137.597** 牝3 54.0 富田暁木原一良484(-4)1.34.9 0.834.6⑥⑦ダノンファンタジー
19/02/10 京都 5 3歳未勝利 芝1600 167133.811** 牝3 52△ 富田暁木原一良488(0)1.35.9 -0.236.4⑧⑦キングオブコージ
19/01/20 京都 5 3歳未勝利 芝1600 168153.722** 牝3 52△ 富田暁木原一良488(+8)1.37.1 0.536.0シトラスノート
18/10/07 京都 2 2歳未勝利 芝1600 14697.542** 牝2 52△ 富田暁木原一良480(-2)1.35.7 0.135.5⑥⑤ノーブルスコア
18/07/22 中京 1 2歳未勝利 芝1600 12557.832** 牝2 52△ 富田暁木原一良482(-2)1.36.8 0.434.9アドマイヤジャスタ
18/07/01 中京 1 2歳未勝利 芝1400 8446.523** 牝2 52△ 富田暁木原一良484(-4)1.21.9 0.234.7⑤④ハッピーアワー
18/06/16 阪神 5 2歳新馬 ダ1200 16598.947** 牝2 54.0 田中健木原一良488(--)1.14.7 0.938.8チュウワフライヤー

マルモネオフォースの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、チューリップ賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走で芝マイル重賞に出走していた馬を除くと、前走3着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード

オープンクラスで2着以内の経験がある馬を除くと、前走5着以下敗退馬の連対例はみられない(2009年以降)

サムシングジャスト
ドナウデルタ

前走9着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ドナウデルタ

前走1秒0以上敗退馬の好走例は皆無(2009年以降)

ドナウデルタ

連勝中の馬を除くと、前走ダート戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ハニーウィル

【人気】
10番人気以下の連対例はみられない(2009年以降)
※10時30分現在の10番人気以下

ハニーウィル
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
サムシングジャスト

【脚質】
前走の初角通過順が1番手だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

メイショウショウブ
オーパキャマラード

【枠順】
5番人気以下、かつ8枠馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ8枠馬

ドナウデルタ

2枠の連対例はなし(2009年以降)

マルモネオフォース

馬番枠2番の好走例は皆無(2009年以降)

マルモネオフォース

馬番枠6番の連対例はゼロ(2009年以降)

シェーングランツ

【血統】
5番人気以下、かつ社台グループ生産馬の連対例は皆無(2009年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ社台グループ生産馬

ブランノワール
ハニーウィル
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
ドナウデルタ

グレイソヴリン系を除くと、ナスルーラ系種牡馬を父あるいは母父に配している馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アフランシール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】チューリップ賞 人気サイドの差し馬が優勢!中~外枠の伏兵にご用心!2019年3月2日() 10:10

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、チューリップ賞のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走芝1600m組が圧倒(2007年以降)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ブランノワール
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
オーパキャマラード
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【人気】
上位人気(1~5番人気)が強い(1998年以降)
※9時30分現在の1~5番人気

ダノンファンタジー
メイショウショウブ
シェーングランツ
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【脚質】
差し馬を重視すべき(2007年以降)

ダノンファンタジー
シェーングランツ
ノーブルスコア
サムシングジャスト
シゲルピンクダイヤ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
6~8枠が毎年のように馬券絡み(2007年以降)

ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2007年以降)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ハニーウィル
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

ディープインパクト×ノーザンダンサー系の配合馬が攻勢(産駒初出走以降)

ノーブルスコア
ブリッツアウェイ

クラシックを自身が勝利、もしくは産駒を輩出している種牡馬の産駒が好相性(近年の傾向)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ブランノワール
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ


【5項目以上該当馬】
シゲルピンクダイヤ(6項目)
ダノンファンタジー(5項目)
シェーングランツ(5項目)
ノーブルスコア(5項目)
サムシングジャスト(5項目)
ドナウデルタ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】チューリップ賞 2歳女王が及第点以上のデキ!オークス馬の半妹に逆転の目も!2019年3月2日() 09:40

チューリップ賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ダノンファンタジー
栗東CWで行われた1週前追い切りは、モヤで直線しか確認できなかったが、しなやかな脚捌きを見せ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを記録。同じくCWで実施した今週の追い切りでは、4F48秒ソコソコの猛ラップを余力残しでマークした。少し前進気勢が過ぎるような気もするが、走りに重め感はまったくない。及第点以上のデキとみる。

マルモネオフォース
最終追い切りは栗東CWで実施。馬場の外めを回って、マズマズのタイムを記録した。とはいえ、本来はもう少しメリハリがついたラップを刻んでくる馬。そのあたりを鑑みると、物足りない印象を受ける。上り目に乏しく、相手が一気に強くなる今回は割引が必要だろう。

ブランノワール
1週前、今週と栗東坂路にてアドマイヤリードを相手に併せ馬を実施。1週前はしっかりと追われて、ラスト1F11秒9の好ラップを記録。今週も手応えを残した状態で、スピード感ある走りを披露した。ただ、少し首のアクションに乏しく、前肢を思うように伸ばせていない印象。このあたりが解消されないと、ヒモ評価の域は出ない。

ハニーウィル
今週の追い切りは栗東CWで併せ馬を実施。後れをとったが、約1秒のハンディがあったことを勘案すると、深刻な問題ではない。ただ、前半から攻めたとはいえ、ラスト1Fのラップは13秒台半ば。水準以上の決め手が求められる今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問符が付く。ここは様子見が賢明だろう。

メイショウショウブ
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、僚馬を一気に突き放す上々のパフォーマンスを披露。同じくCWで実施した今週の併せ馬でもマズマズの走りを見せた。加速がついてからフワッとするシーンもあったが、許容範囲の部類。なによりも、内にモタれる面が解消された点は好感度が高い。いい状態でレースに臨めそうだ。

シェーングランツ
坂路と南Wを交えて、乗り込み量は十分すぎるほど。前回と比べて、直前の攻めを強化している点も評価できる。今週の併せ馬では後れをとったものの、自身のラスト1Fは12秒台半ば。ストライドを大きくとれているし、フォームも崩れていないので、過度に不安視する必要はない。心身のバランスが噛み合えば、逆転の目まである。

ノーブルスコア
今年に入って3走目ということもあってか、この中間は軽めのメニュー。栗東坂路で実施した最終追い切りでは併走遅れを喫したが、ケイコの見映えが実戦につながるタイプではないので、神経質にとらえる必要はない。馬場が荒れ始めた時間帯にしっかりと負荷をかけた調整を施している点は評価できる。勝ち切るまではどうかも、連下争いなら可能だろう。

ブリッツアウェイ
今週の追い切りは栗東坂路で併せ馬を実施。しっかりとした脚取りで、僚馬をアオる好パフォーマンスを示した。走破タイムは地味だが、柔らかい身のこなしでリズムよく登坂するさまをみるに、調子落ち&疲れは感じられない。力を出せるデキにある。

オーパキャマラード
栗東CWで行われた今週の追い切りの内容は、調教巧者の同馬にしては凡庸。併走遅れは仕方ないにしても、しっかりと攻めた割に上がりのタイムが物足りない。この馬なりに順調なのかもしれないが、大きな上積みまではどうか。今回は見送りが正解とみる。

アフランシール
先週末から栗東に滞在して調整。CWで実施した今週の追い切りでは、及第点以上のタイムを記録した。ただ、首と四肢の連動性に欠ける走りで見映えは今ひとつ。テンションが高い点も変わらない。こうした調教内容で結果を残している馬ではあるものの、阪神の芝1600mがフィットするかどうかについては疑問が残る。今回は厳しくマイナス評価としたい。

サムシングジャスト
帰厩後は栗東CWと栗東坂路を交えて、丹念な乗り込み。1週前ならびに今週の併せ馬では、悠々と僚馬を制した。ただ、行きたがる面を見せるのは相変わらず。落ち着いたあとの伸び脚は目を引くものがあるのだが……。いずれにせよ、リラックスして走れるかどうかが、好凡走のカギを握りそう。当日の気配には十分な注意を払いたい。

ドナウデルタ
1週前に栗東坂路でラスト2F24秒4-11秒9の好ラップを記録。今週の坂路追い切りでも、ラスト2F24秒0-11秒9のラップを余力残しでマークした。ただ、小柄な馬体を考慮してか、中間の乗り込み量は少なめ。そのぶん、詰めが甘くなる可能性も考えられる。動きと時計をそのまま評価して、連下の押さえまで、という扱いが妥当ではないか。

シゲルピンクダイヤ
2週前、1週前と2週続けて栗東坂路で後傾ラップを記録。今週の追い切りでは、ラスト2F24秒0-12秒1の好ラップを軽々とマークした。強い攻めを行っていない点は気がかりな半面、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。軽く扱えない1頭と言えよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【チューリップ】厩舎の話2019年3月1日(金) 05:08

 ◆アフランシール・尾関師 「しまいはしっかりやった。爆発力は上位だと思う」

 ◆オーパキャマラード・本田師 「他が行かなければハナに行く」

 ◆サムシングジャスト・松田師 「追い切りは、直線で伸びたときの動きは良かった」

 ◆シェーングランツ・藤沢和師 「調教はしっかりやっている。春のいいスタートを切りたい」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師 「思ったより速い時計が出た。仕上がりは悪くない」

 ◆ダノンファンタジー・猿橋助手 「本番を見据えながらの調整でも順調に来ている」

 ◆ドナウデルタ石坂正師 「調子は変わりない。スムーズな競馬で権利を取れれば」

 ◆ノーブルスコア・福永騎手 「予定通りの追い切りができた。何とか権利を取りたい」

 ◆ハニーウィル・村山師 「芝適性は分からないが、状態は変わりない」

 ◆ブリッツアウェイ・音無師 「この舞台で勝ち星があるので楽しみ」

 ◆マルモネオフォース・木原師 「いい状態で力試しができる」

 ◆メイショウショウブ・池添兼師 「良くなってきた。牝馬同士なら」

チューリップ賞の出馬表はこちら

[もっと見る]

【チューリップ】厩舎の話2019年2月28日(木) 12:11

 アフランシール・尾関調教師「9Fで勝ったが、まずは折り合い」

 オーパキャマラード・本田調教師「他が行かなければ、ハナへ」

 サムシングジャスト・松田調教師「シュタルケが乗り、動きは上々」

 シェーングランツ・藤沢和調教師「輸送も2回目になるし、好走期待」

 シゲルピンクダイヤ・渡辺調教師「脚質的に阪神外回りマイルは合う」

 ダノンファンタジー・猿橋助手「ビシッと仕上げた感じではない」

 ドナウデルタ・石坂調教師「順調。ここ2回は競馬をしていない」

 ノーブルスコア・福永騎手「坂路でいい負荷がかけられたと思う」

 ハニーウィル・村山調教師「デビュー戦の芝は6Fが忙しかった」

 ブランノワール・須貝調教師「反応は良く、気分も良さそうだ」

 ブリッツアウェイ・音無調教師「この舞台で勝ったし状態良く楽しみ」

 マルモネオフォース・木原調教師「前走の末脚は良かった」

 メイショウショウブ・池添兼調教師「ひと回り大きくなっている」(夕刊フジ)

チューリップ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チューリップ】追って一言2019年2月28日(木) 05:06

 ◆アフランシール・尾関師 「折り合いをつけてしまいはしっかりやった。爆発力は上位だと思う」

 ◆オーパキャマラード・本田師 「動きは変わりない。スタートセンスがよくて、他が行かなければハナに行く」

 ◆サムシングジャスト・松田師 「シュタルケ騎手に感触をつかんでもらった。直線で伸びたときの動きは良かった」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師 「しまいはしっかりやった。思ったより速い時計が出た。仕上がりは悪くない」

 ◆ハニーウィル・村山師 「しっかり動けていて状態は変わりない。芝への適性は分からないけど、1200メートルだった初戦は忙しかった」

 ◆ブリッツアウェイ・音無師 「体調は引き続きいい。この舞台では勝ち星があるので楽しみ」

 ◆マルモネオフォース・木原師 「動きは悪くない。いい状態で力試しができる」

 ◆メイショウショウブ・池添兼師 「テンは少し遅かったけど、しまいはしっかりやれた。よくなって戻ってきたので牝馬同士なら楽しみ」

★チューリップ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マルモネオフォースの関連コラム

閲覧 1,581ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


◇3月3日(日)中山11R 第56回 報知杯弥生賞(3歳、G2、芝2000m)

<登録馬>


【JRA所属馬:9頭】(フルゲート:18頭)

ニシノデイジー(C)中8週
この中間もいつもと同じように、3週前、2週前、1週前と強めに追われている。ただ併せ馬で行ってきた1週前追い切りが、今回は単走で行われ、走りを見ると首が高く体が伸びてしまっているように見えた。どこか走りが物足りない感じがする。

ラストドラフト(A)中6週
2戦目の前走で重賞勝ち。前走時の調教では年末年始の変則日程を挟みながらも、毎週しっかり追い切られていて、状態はかなり良かった印象。この中間も、毎回のように調教師自らが跨っての調整が施され、2週前、1週前と併せ馬で先着と順調な過程。近年外厩で馬を仕上げることが多くなっている中にあって、調教師の意地を感じる1頭でもある。

クリノガウディー(F)中10週
シンザン記念を回避してこのレースに登録してきたが、追い切りといえる速い時計はなく、軽めを先週土日に1本ずつ出しただけ。出走できる状況ではない。

ブレイキングドーン(D)中8週
この馬は、これまでレースの1週前、最終追い切りと強めに追われてきている。そのあたりは毎回馬体が増えているので絞らなければならないということもあるのだろう。ただ、それがパドックでのイレ込みに影響しているところもあるように思う。この中間も、1週前追い切りの動きを見ると重い感じがあり、この様子だと今回も最終追い切りは強めに追わないとならなくなりそうな状況。馬体重を取るか、イレ込みを取るか輸送もあるので調整が難しくなりそう。

カントル(B)中4週
昨年のダービー馬ワグネリアンの弟で、10月のデビュー戦から月1走のペースでレースを使われ、その度に上昇曲線を描いているように感じる馬。特に前走時は、間隔が詰まっていた割に入念に乗り込まれていて、パドックでもこれまでで一番良い馬体に見えた。1週前追い切りではM.デムーロ騎手騎乗でほぼ馬なりのまま楽に抜き去る好内容で、動きは引き続き良い。

サトノラディウス(B)中4週
デビュー前からそれほど抜けて良い時計が出る馬ではないが、併せ馬で多く追い切られて乗り込み量十分でレースに使ってきている。前走は関西への輸送を考慮してか1週前に強めに追っていたが、今回は関東圏での競馬ということで1週前は馬なりでの調整。それでも外を回って良い時計が出ており、調整は順調。あとは、最終追い切りで強めに追って良い動きなら力は出せそう。

ヴァンケドミンゴ(A)3ヶ月
前走の葉牡丹賞時はややウルサイ面を見せていたが、馬体に関しては使われるごとに締まってきている様子で、悪い感じはしなかった。この中間は間隔も空いており、新馬戦時のような坂路中心の調教内容で、1週前に一杯に追われて先着している。輸送もあるので、最終追い切りが軽めで良い動きなら理想的。

シュヴァルツリーゼ(C)4ヶ月
かなり乗り難しそうなところがあり、調教では右回りだと内にササる面を見せる馬。新馬戦は、左回りの東京で枠が大外だったのでジョッキーは外に逃避しないように終始ガッチリと押さえたままで、大変だったと思う。まともに走ればかなり能力のある馬だと思うが、1週前追い切りでも直線で内にササる面を見せており、今回は右回りの中山で前走以上に気をつけて乗る必要がある。ジョッキーの手腕が試されるところでもあり、相手がどうこうというより、まず他馬の邪魔をしないように真っ直ぐ走らせることができるか。いずれにしてもジョッキーはかなり大変だと思う。

メイショウテンゲン(C)中3週
前走時のパドックでは落ち着きがない感じだった。この中間は、1週前にCWを長めから併せ馬で追い切りられて時計は悪くない。阪神のアルメリア賞にも登録があるが、こちらに出走してくるようだと初の長距離輸送でのレースで、前走時のようにイレ込むような面が出てしまうことも考えられる。

ラバストーン(F)連闘
先週連闘で出走しており、また連闘で出走してきてもまともに走れることはない。


【地方馬:1頭】

ナイママ(F)中2週
前走時は追い切りの動きもイマイチで、パドックを見てもトモの踏み込みに力強さがなかった。この中間も、時計と言えるほどの強い追い切りも行われていない感じで、上積みが期待できる状況ではない。



◇3月2日(土)阪神11R 第26回 チューリップ賞(3歳牝馬、G2、芝・外1600m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ダノンファンタジー(B)3ヶ月
休み明けのとなるこの中間は、3週前から速い時計を出しており1週前追い切りでは川田騎手騎乗で強めに追われている。霧で見にくかったものの重め感はなく、良い仕上がりで出走できそうな動きだった。

シェーングランツ(B)3ヶ月
前走時は美浦のPコースでの追い切りで、走り慣れていないコースだったからなのか体が浮き上がってしまいそうな走りで、しっかり地面を掴めていない感じだった。この中間は南Wでの調整に戻してきていて、1週前追い切りでは3頭併せの内で手応えも良く、仕上がりは良さそう。

メイショウショウブ(B)3ヶ月
前走時のパドックではもう少しトモに筋肉がついてほしい馬体だった。この中間は2週前、1週前とジョッキー騎乗でCWを長めから追われ好時計。仕上がりは良さそう。

アフランシール(A)3ヶ月
アルテミスSの時は調教では物足りない時計ばかりで、パドックでもトモが寂しく映り出来がイマイチだった。前走時は南Wで良い時計が出ていて、パドックでもイレ込む手前のかなり気合いの入った好馬体での周回だった。この中間は間隔にも余裕があり、時計もしっかり出ていて引き続き好調をキープできている感じ。

オーパキャマラード(C)中3週
11月から使い詰めできており、前走時のパドックではうるさい感じも出ていた。それでも1週前に強めに追われていて、これで直前馬なりで良い動きなら。

ココフィーユ(C)中3週
前走はプラス体重も、小柄な馬でトモも寂しく映った。輸送のある関西圏での競馬では不安材料が多い。

サムシングジャスト(B)4ヶ月
休み明けになるがかなりしっかり乗り込まれていて、良い時計も出ている。成長も窺え、最終追い切りでの動きが良ければ。

シゲルピンクダイヤ(C)4ヶ月
休み明けなのでもう少し乗り込んでいても良い気もするが、1週前追い切りでは坂路で終い伸びており、調教時計は悪くない。

シャドウディーヴァ(C)中1週
休み明けの前走を使われて中1週で競馬となる。前走時のパドックではまだ体が緩いように見えたので、前走を調教代わりと考えることもできる。今回は輸送もあるので、最終追い切りは馬なりで流す程度で十分。そこで良い動きを見せてくるようなら

タニノミッション(D)中6週
3週前の自己条件を使う予定だったが、ザ石で回避。その後は1週前に1本時計を出しているだけで、一頓挫の影響がありそう。

ドナウデルタ(C)中7週
ここ2戦重賞に挑戦するも物足りない内容。馬体は悪くないが、この中間も強めの追い切りが少なく、ビシビシ乗り込めるようにならないと上積みは期待できそうもない。

ノーブルスコア(B)中3週
紅梅S、エルフィンSと使われて間隔も詰っているのでこの中間は軽めの調整。前走時はややウルサイ感じも覗かせていたが、毛艶が冴え出来良く見せていた。最終追い切りは馬なりでも、動きが良ければ期待できそう。

ハニーウィル(E)中3週
前走未勝利勝ちも、デビューから休みなく使われてきていて馬体重もだんだん減ってきている。良い状態で出走するには厳しそう。

ブランノワール(B)中3週
前走は調教内容が良かったので◎にしたが、当日パドックで馬体を見たら踏み込みも浅く馬場も向きそうもない感じで不安になった記憶がある。レースでは、予想外にしっかり走ってくれて2着は確保。この中間は、1週前に坂路で好時計が出ていて状態は良さそう。前走の馬場よりも今回の馬場のほうが向きそうなので、前走以上の好走に期待したい。

ブリッツアウェイ(D)中1週
前走時は調教内容も良くパドックでは馬体も締まって良い状態に見えた。この中間は、中1週で軽めの調整。これ以上馬体は減らしたくないので、前走の状態を維持するので精一杯になりそう。

マルモネオフォース(C)中2週
2着が続いていたが前走で待望の初勝利。大きめの馬の割にトモが寂しく、この中間も強めの追い切りはなく相手が一気に強くなる今回。まだ厳しそう。


◇今回は弥生賞&チューリップ賞編でした。早いもので今年のクラシックに向けてのトライアル戦が今週から始まります。近年はトレセン以上に設備の整った外厩施設が多くなり、牧場で仕上げて本番に直接向かうという馬も多くなってきました。調教内容を重視して予想する立場からすると、牧場でどんなトレーニングを積んできたのか分からない面も多く、少ない調教時計や最終追い切りの動きを見て判断しなくてはならないケースも多くなってきているように感じています。それでも昔に比べれば使える情報はたくさんありますし、便利になっている部分もあります。これからはもっと情報が片寄っていく時代になっていくでしょうし、調教を参考に予想するにしても時計だけではなく馬を見る目や頭の柔らかさが大事になってくるような気がしています。そんな中でもきっちりと対応できるように心がけていきたいと考えています。

それでは次回、阪神大賞典&スプリングS編(予定)でお会いしましょう。


※弥生賞&チューリップ賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

マルモネオフォースの口コミ


口コミ一覧
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 2

■R-INDEX(レース適性指数)
1.①ダノンファンタジー 154
2.⑥シェーングランツ 99
3.⑤メイショウショウブ 86
4.③ブランノワール 68
5.⑦ノーブルスコア 67
6.⑬シゲルピンクダイヤ 66
7.②マルモネオフォース 63
8.⑧ブリッツアウェイ 43
9.➉アフランシール 42
10.⑫ドナウデルタ 37

■D-INDEX(距離能力指数)
1.①ダノンファンタジー 124
2.⑥シェーングランツ 119
3.⑪サムシングジャスト 106
4.⑬シゲルピンクダイヤ 105
5.⑧ブリッツアウェイ 104
6.➉アフランシール 98
7.③ブランノワール 95
8.⑤メイショウショウブ 92
9.⑦ノーブルスコア 91
10.⑫ドナウデルタ 89
   *斤量・右回り・直線坂での補正数値

去年は人気上位4頭の指数が抜けていて結果も同じでしたが、17年は
R指数3位のミスパンテール(7番人気)が抜けた1-2番人気に割って入り中穴ゲット!
今年は人気2頭が両指数とも抜けていて堅そうですがシェーングランツは
脚質的にも3-4着もあり得るので今年のミスパンテール探し( ´艸`)
候補はD指数上位のサムシングジャストとブリッツアウェイ
前者は格上挑戦2戦後の休養での成長力と鞍上の瞬発力の引き出しに期待
後者は全戦前目でレースしているがペース次第では中団に付けても面白そう
馬場状態見極めて最終ジャッジの予定

■今のところ馬券候補
1着候補・・・①ダノンファンタジー
2着候補・・・⑥シェーングランツ、③ブランノワール、⑧ブリッツアウェイ
3着候補・・・⑤メイショウショウブ、⑦ノーブルスコア、⑪サムシングジャスト

 Haya 2019年3月1日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.3.1.)(オーシャンS、チューリップ... 
閲覧 261ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
日増しに暖かになりましたが、昨日までの寒さがウソみたいな暖かさ?
明後日は、ひな祭り。来週6日(水曜)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月6日。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中悔過】
第03期(2月24日~3月17日)7日間(中山記念~阪神大賞典:全12戦)

週末は、スタートダッシュができたのか?

日曜、G2中山記念では、4頭を推奨。
(エポカドーロ、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、ディアドラ)
馬番コンピの予想では、(7,5,9,1,10)BOX狙いを参考にして、
5番ディアドラ軸で勝負!
3連複(3,5⇒1,7,9,10)
結果は、ハズレ…(ノД`)・。

日曜「中山記念」の軸馬ディアドラは、直線中団のまま6着入線。もう1頭軸馬ラッキーライラックは、先行から直線で弾けて2着入線!思い描いていた通りには、上手くいきませんね…(ノД`)・゜・。反省点として、G2戦だけに有力候補すべて、この先に目標レースがあるため、過去の実績だけでは計り知れない?唯一、中山巧者だけは外せない。ここは、血統から探るしか手立ては無い!?




日曜、G3阪急杯では、4頭を推奨。
(スターオブペルシャ、ダイアナヘイロー、ミスターメロディ、リナーテ)
馬番コンピの予想では、(16,1,3,14,11)BOX狙いを参考にして、
1番レッツゴードンキ軸で勝負!
ワイド(1⇒3,6,14,16,17,18)
結果は、ダブル的中!(ワイド3,770円/700円)

日曜「阪急杯」の軸馬レッツゴードンキは、直線で弾けて2着入線!優勝馬は、意外にも外枠から飛び込んできただけに、驚いた!?一応、狙い通りの結果でした。有難うございました。反省点として、基本的には内枠有利なので、軸馬は7馬番より内側から選定。相手馬は、前走が着差0.4秒以内なら着順は関係なし!そこに穴馬が潜んでいるはず!?ちなみに今年の優勝馬スマートオーディンが、前走・京都金杯10着(着差0.4秒 上がり1位)だった。



【先週ブログのなかで推奨した結果】
中山記念=エポカドーロ(5着)、ステルヴィオ(3着)、スワーヴリチャード(4着)、ディアドラ(6着)
阪急杯=スターオブペルシャ(9着)、ダイアナヘイロー(6着)、ミスターメロディ(7着)、リナーテ(回避)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【オーシャンS】(芝1200㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝12~1400㍍)
②前走馬体重(480㌔以上)
③前走6番人気以内かつ5着以内


今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:コスモドーム、ショウナンアンセム、ナリタスターワン、ユキノアイオロス
②該当外:イエローマリンバ、エスティタート、エントリーチケット、カイザーメランジェ、クインズサリナ、スタークニナガ、ラブカンプー
③該当外:アドマイヤゴッド、キングハート、スノードラゴン、ダイメイフジ、ダイメイプリンセス、ナインテイルズ、ペイシャフェリシタ

【該当馬のみ検証】
①芝1200㍍戦実績(連対率/複勝率)
②中山(芝)実績(連対率/複勝率)

ナックビーナス①(5-5-3-5)56%/72% ②(3-6-1-1)82%/91%
モズスーパーフレア①(5-1-1-2)67%/78% ②(2-1-0-0)100%/100%
レジーナフォルテ①(4-0-2-12)22%/33% ②(1-0-2-5)13%/38%

【オーシャンSの有力馬】
ナックビーナス、モズスーパーフレア、レジーナフォルテ


【チューリップ賞】(芝1600㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞組、オープン組)(500万、未勝利=着差0.3秒以上の勝ち馬)
②キャリア(5戦以内)
③前走脚質(上がり3位以内)
④前走4人気以内かつ5着以内(重賞連対経験馬は除く)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:アフランシール、ココフィーユ、シゲルピンクダイヤ、シャドウディーヴァ、タニノミッション、ハニーウィル、ブリッツアウェイ、マルモネオフォース
②該当外:オーパキャマラード
③該当外:ドナウデルタ、メイショウショウブ
④該当外:サムシングジャスト

【該当馬のみ検証】
①芝1600㍍戦実績(連対率/複勝率)
②阪神(芝)実績(連対率/複勝率)

シェーングランツ①(1-0-0-1)50%/50% ②(0-0-0-1)0%/0%
ダノンファンタジー①(2-1-0-0)100%/100% ②(2-0-0-0)100%/100%
ノーブルスコア①(1-1-1-0)66%/100% ②未出走
ブランノワール①(1-1-0-1)66%/66% ②(1-0-0-0)100%/100%

【チューリップ賞の有力馬】
シェーングランツ、ダノンファンタジー、ノーブルスコア、ブランノワール



【弥生賞】(芝2000㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①キャリア(6戦以内)
②前走クラス(重賞組、オープン組)(500万=勝ち馬)
③前走距離(芝16~2000㍍)
④前走脚質(上がり3位内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:ナイママ、ラバストーン
②該当外:シュヴァルツリーゼ、ヴァンケドミンゴ
③該当外:サトノラディウス
④該当外:クリノガウディー、ブレイキングドーン、メイショウテンゲン

【該当馬のみ検証】
①芝2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
②中山(芝)実績(連対率/複勝率)

カントル①(1-1-0-0)100%/100% ②未出走
ニシノデイジー①(0-0-1-0)0%/100% ②(0-0-1-0)0/100% *ホープ(G1)3着(着差0.3秒)
ラストドラフト①(1-0-0-0)100%/100% ②(1-0-0-0)100%/100% *京成杯(G3)勝ち馬

【弥生賞の有力馬】
カントル、ニシノデイジー、ラストドラフト


【今週末の重賞レースの注目馬】
オーシャンS=ナックビーナス、モズスーパーフレア、レジーナフォルテ
チューリップ賞=シェーングランツ、ダノンファンタジー、ノーブルスコア、ブランノワール
弥生賞=カントル、ニシノデイジー、ラストドラフト



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
オーシャンS=中山(芝)1200=B(74)内枠有利。
チューリップ賞=阪神(芝)1600=B(75)外枠有利。
弥生賞=中山(芝)2000=B(76)外枠差し馬不利。


【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(中山記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。
(7,5,9,1,10)BOX
結果 1⇒3⇒7
指数4位⇒6位⇒1位
結果は、ハズレ…(ノД`)・。


(阪急杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。
(16,1,3,14,11)BOX
結果 17⇒1⇒3
指数6位⇒2位⇒3位
結果は、ハズレ…(ノД`)・。



【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(オーシャンS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~6位までの15頭BOX 10点。


(チューリップ賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2、3、8~10位までの5頭へ流して5点。


(弥生賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 雅夢。 2019年3月1日(金) 06:35
うちの仔至上主義 その2 今週の出走編(ブランノワール) 
閲覧 248ビュー コメント 27 ナイス 110

ブランノワール号



3/2(土)阪神11R チューリップ賞(GⅡ)

〔芝1,600m・13頭〕54 藤井勘一郎 騎手



須貝尚介調教師
「27日に坂路で追い切りました。
先週に引き続き藤井騎手に感触を確かめてもらいましたが、
反応・動きともに良かったですよ。追い切った後もテンションが上がることもなく、
落ち着きを保っていますし、飼い葉もこの馬なりに食べています。
あとはこのままの雰囲気でレース当日を迎えられるようにしっかり調整していきたいと思います。
ゲートの駐立がもう一つ安定していませんが、この2走はしっかり出てくれていますし、
仮に出遅れたとしても焦らずこの馬の力を信じて乗ってもらいたいと思います。
エルフィンステークスでは勝ち馬の末脚に敗れてしまいましたが、
この馬も力を示してくれたので、ここでも良い走りを見せてほしいですね」


調教タイム

藤 井 2/27(水) 栗坂良 52.6- 37.2- 24.3- 12.4 馬なり余力 
  
アドマイヤリード(古オープン)一杯を0.2秒追走アタマ先着


2週連続で古馬アドマイヤリードに調教パートナーを務めてもらい、

良い調教を行えた様子ですね。

この馬としては好調を維持出来ていますし、

トライアルレースに向かう準備も整っているようです。

来週の中山牝馬Sで引退予定のアドマイヤリードとともに頑張って欲しいですね^^




個人的に出資愛馬から毎年クラシック出走馬が誕生してくれるのを

私なりの「目標」としていますが、

昨年はレッドレグナントがアネモネSで桜花賞の出走権利を取ってくれて

桜の舞台に連れて行ってくれましたが、

その夢を今年はブランノワールに託すことになりました...。



前走のエルフィンSでは先生もおっしゃっている通り

勝ち馬の鬼の末脚にやられてしまいましたが、

今回は権利取りの3着までにはなんとか入線

今年もまた桜花賞の舞台に連れて行ってくれる孝行馬だと私は信じています(*^^)v



鞍上を務めてくれる藤井勘一郎くんもJRA重賞初騎乗となりますが、

ここまでの海外騎乗での経験を生かして思い切ったレースをお願いしたいですね。

何よりも同じ奈良県出身者として以前から応援している人物に

この大事な場面に騎乗して頂けることが嬉しくて仕方がないのです。

ここは人馬共に最高の結果を望んでいます^^



POGではブランノワール、ダノンファンタジーの2頭が指名馬となっていますが、

現在順位より上を目指すには

ダノンファンタジーよりブランノワールの活躍が必要になってきます...(^_^;)



13頭立てなのでそんなに気にしませんが

取り敢えず内枠は"suffer sorry"4枠~外になりますようにm(__)m



よければブランノワール号、応援してあげて下さい。




応援馬のマルモネオフォース号も頑張って^^

[もっと見る]

⇒もっと見る

マルモネオフォースの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マルモネオフォースの写真

投稿写真はありません。

マルモネオフォースの厩舎情報 VIP

2019年3月2日チューリップ賞 G27着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マルモネオフォースの取材メモ VIP

2019年3月2日 チューリップ賞 G2 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。