シェーングランツ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
シェーングランツ
写真一覧
現役 牝2 青鹿毛 2016年1月29日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金3,524万円
収得賞金1,850万円
英字表記Schon Glanz
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
スタセリタ
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Soignee
兄弟 ソウルスターリング
前走 2018/10/27 アルテミスステークス G3
次走予定

シェーングランツの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/27 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 152313.661** 牝2 54.0 武豊藤沢和雄474(-6)1.33.7 -0.133.8⑬⑬ビーチサンバ
18/08/18 札幌 2 2歳未勝利 芝1800 7442.011** 牝2 54.0 C.ルメー藤沢和雄480(-2)1.51.1 -0.936.4⑥⑥⑦ブラックウォーリア
18/07/29 札幌 5 2歳新馬 芝1800 10112.715** 牝2 54.0 北村宏司藤沢和雄482(--)1.54.9 0.734.9⑧⑩⑥⑥クラージュゲリエ

シェーングランツの関連ニュース

【東スポ2歳S】レース展望

2018年11月12日(月) 18:32

 東京では土曜メインに東京スポーツ杯2歳S(17日、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去10年の勝ち馬からは、ディープブリランテワグネリアンと2頭のダービー馬を含むGI馬7頭が誕生している出世レースだ。今年も楽しみな素質馬が顔をそろえた。

 ディープインパクト産駒のルヴォルグ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)は、10月28日のデビュー戦(東京芝1800メートル)で4馬身差の圧勝を飾った。最後までノーステッキで、上がり3ハロン最速の33秒6をマーク。510キロの巨体で後続をグングン突き放していく姿は迫力満点だった。「まだそんなに強い調教をしていたわけではないのにすごいね。レースぶりは桁違いだよ」と藤沢和雄調教師は絶賛。英国の名手、ライアン・ムーア騎手とのタッグも心強い。グランアレグリア(サウジアラビアロイヤルC)、シェーングランツアルテミスS)に続いて、藤沢和厩舎から世代3頭目の重賞ウイナーが誕生するか。

 実績で上を行くのは、札幌2歳Sの覇者ニシノデイジー(美浦・高木登厩舎、牡)。レースの上がり3ハロンが37秒6を要する厳しい消耗戦の中、ハービンジャー産駒らしい息の長い末脚を発揮して勝ち切った。7日にはWコースで5ハロン68秒3-13秒0(直線追う)をマークし、古馬1000万下に3馬身先着と豪快に動いている。北海道シリーズとは一転した瞬発力勝負への対応がポイントになりそうだ。

 カテドラル(栗東・池添学厩舎、牡)は2戦2勝。先行して、かつ速い上がりを使えるのが長所だ。中京芝2000メートルの新馬戦、野路菊Sと連勝して臨むのは昨年のワグネリアンと全く同じで、期待が高まる。

 ヴェロックス(栗東・中内田充正厩舎、牡)は新馬戦を勝って挑んだ野路菊Sでカテドラルに半馬身及ばなかったものの、3着馬を3馬身も引き離していた。2戦ともに上がり3ハロン最速をマークしているだけに、東京の長い直線は歓迎だ。父ジャスタウェイが4着に終わったレースで雪辱を果たせるか、注目される。

 地方の期待を一身に背負って出走するのがナイママ(川崎・河津裕昭厩舎、牡)だ。初めて芝に挑んだコスモス賞を制すと、続く札幌2歳Sでも早め先頭からクビ差2着に粘り込んだ。ホッカイドウ競馬から南関東への移籍初戦になるが、調整は順調に進んでいる。岡田繁幸オーナー&河津裕昭調教師のコンビだけに、2013年に2着だったプレイアンドリアルの雪辱もかかる。来春のクラシックに夢をつなげたい一戦だ。

 新潟のデビュー戦で3馬身半差Vのホウオウサーベル(美浦・奥村武厩舎、牡)、ジョアン・モレイラが騎乗するディープインパクト産駒ダノンラスター(美浦・堀宣行厩舎、牡)、百日草特別を逃げ切ったトーラスジェミニ(美浦・小桧山悟厩舎、牡)など、他にも注目馬がめじろ押しだ。



★東スポ杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【2歳次走報】シェーングランツ、阪神JFを予定 2018年10月31日(水) 05:00

 ★アルテミスSを制したシェーングランツ(美・藤沢和、牝)は美浦滞在で阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)を予定。7着アフランシール(美・尾関、牝)は赤松賞(11月18日、東京、500万下、芝1600メートル)かベゴニア賞(同25日、東京、500万下、芝1600メートル)に進む。13着アズマヘリテージ(栗・河内、牝)はデイリー杯2歳S(11月10日、京都、GII、芝1600メートル)へ。

 ★28日の京都新馬戦(芝1600メートル)を快勝したメトロポール(栗・吉村、牝)は白菊賞(11月25日、京都、500万下、芝1600メートル)か、こうやまき賞(12月1日、中京、500万下、芝1600メートル)へ。

 ★27日の東京新馬戦(ダ1400メートル)を圧勝したペイシャムートン(美・小笠、牡)はカトレア賞(11月24日、東京、500万下、ダ1600メートル)へ。

 ★27日の新潟未勝利戦(ダ1800メートル)を逃げ切ったニシノイタダキ(美・中舘、牡)は12月8日の中山500万下(ダ1800メートル)の予定だが、状態次第では放牧休養へ。同未勝利戦(ダ1200メートル)を快勝したサリーバランセ(美・鈴木伸、牝)はレース中に他馬と接触して左後肢に外傷を負った。しばらく休養へ。

 ★28日の新潟新馬戦(ダ1200メートル)を逃げ切ったサーストンバーラム(美・伊藤圭、牡)は、近日中に放牧。次走未定。

 ★27日の東京未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったジャストアジゴロ(美・大和田、牡)は近日中に宮城・山元トレセンに放牧に出る。次走は未定。



シェーングランツの競走成績はこちら

[もっと見る]

【アルテミスS】異次元の末脚!シェーン大外ぶっこ抜いた 2018年10月28日() 05:05

 第7回アルテミスステークス(27日、東京11R、GIII、2歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝1600メートル、1着本賞金2900万円 =出走15頭)武豊騎乗で6番人気のシェーングランツがゴール前で差し切り、連勝で重賞初V。GI2勝を挙げた半姉ソウルスターリングに続く重賞勝ちを成し遂げた。タイム1分33秒7(良)。1/2馬身差2着は5番人気のビーチサンバ。1番人気グレイシアは11着に敗れた。勝ったシェーングランツ阪神JF(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かう。

 良血のDNAが、重賞の舞台であふれ出した。直線、1頭だけ違う脚いろでシェーングランツが差し切って重賞初制覇。9月29日に前人未到のJRA4000勝を達成してから初タイトルの武豊騎手も笑みを浮かべた。 「返し馬で初めて乗って“すごくいいな”と期待していました。スタートが良くなくて、道中も走る気になっていなかったけど、直線で外に出したらフォームが変わり、すごい脚でしたね」

 出遅れて後方3番手。時折、追っつけられながらだったが、直線を向くと本能が目覚めた。滑らかなフォームで他馬を抜き去り、勝ちパターンだったビーチサンバを半馬身かわすと、これまでの記録をコンマ1秒上回る1分33秒7のレースレコードで駆け抜けた。

 藤沢和厩舎の馬での重賞Vは、同じ社台レースホース所有のダンスインザムードで制した2004年桜花賞以来、約14年ぶり。「やはり藤沢厩舎の馬は走るなと思いました。可能性のある馬で楽しみ」。重賞は小倉2歳Sファンタジスト)に次いで今年7勝目で、通算330勝とした名手は軽妙なトークで素質に太鼓判を押した。

 「忙しい競馬だったけど、いい脚を使ってくれた。お姉ちゃんとは全然タイプが違う」

 サウジアラビアRCグランアレグリア)に次いで今年の重賞トップタイの6勝目とした藤沢和調教師も笑顔を見せる。半姉ソウルスターリングは前向きな気性とスピードを武器に阪神JFオークスとGI2勝。こちらは「すごく慎重な子」と評価しつつ「少しずつ大人になっている」と成長に目を細める。

 デビュー戦こそ5着に敗れたが、未勝利-GIIIと連勝。今後は在厩で調整し、阪神JFへ。性格は違えど、無傷の3連勝で2歳女王に輝いた姉同様、GIの舞台で美しい輝きを放とうとしている。 (千葉智春)

★27日東京11R「アルテミスS」の着順&払戻金はこちら

シェーングランツ 父ディープインパクト、母スタセリタ、母の父モンズン。青鹿毛の牝2歳。美浦・藤沢和雄厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績3戦2勝。獲得賞金3524万6000円。重賞初勝利。アルテミスS藤沢和雄調教師が初勝利。武豊騎手は2016年リスグラシューに次いで2勝目。馬名は「美しい輝き(ドイツ語)」。

[もっと見る]

【アルテミスS】母、姉に続け!シェーングランツが大外強襲V 2018年10月27日() 15:54

 10月27日の東京11Rで行われた第7回アルテミスステークス(2歳オープン、牝馬、GIII、芝1600メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=2900万円)は、武豊騎手騎乗の6番人気シェーングランツ(美浦・藤沢和雄厩舎)が大外一気の強襲で重賞初制覇。シェーングランツの上がり3ハロンはメンバー中最速の33秒7。勝ちタイムは1分33秒7(良)。シェーングランツの母スタセリタは仏オークス馬で、半姉ソウルスターリング(父フランケル)は阪神JFオークスの勝ち馬。その血に違わぬスケールの大きさを垣間見せる走りだった。

 半馬身差の2着には中団追走から直線外めを伸びたビーチサンバ(5番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に馬群を割って伸びたエールヴォア(2番人気)。

 アルテミスSを勝ったシェーングランツは、父ディープインパクト、母スタセリタ、母の父モンズンという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(有)社台レースホース。通算成績は3戦2勝。重賞初勝利。アルテミスSは、藤沢和雄調教師は初優勝、武豊騎手は2016年リスグラシューに次いで2勝目。

 ◆武豊騎手(1着 シェーングランツ)「返し馬で初めて乗って“すごくいいな”と期待していました。スタートが良くなくて、道中も走る気になっていなかったけど、直線で外に出したら走るフォームが変わり、すごい脚でしたね。やはり藤沢厩舎の馬は走るなと思いました。可能性のある馬で楽しみです。お姉さんとの比較ですか? ボクはソウルスターリングは遠くから見ていただけですから(笑)。素質は感じますし、可能性はかなりあると思います」

 ◆藤沢和雄調教師(1着 シェーングランツ)「忙しい競馬だったけど、いい脚を使ってくれた。お姉ちゃんとは全然タイプが違う。こちらは、すごく慎重な子。少しずつ大人になっている」



★【アルテミスS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【アルテミスステークス】入線速報(東京競馬場)2018年10月27日() 15:47

東京11R・アルテミスステークス(4回東京8日目 東京競馬場  芝・左1600m サラ系2歳オープン)は、1番手3番シェーングランツ(単勝13.6倍/6番人気)、2番手11番ビーチサンバ(単勝10.5倍/5番人気)、3番手8番エールヴォア(単勝4.3倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-11(54.2倍) 馬単3-11(117.6倍) 3連複3-8-11(76.4倍) 3連単3-11-8(642.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018102705040811
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】アルテミスS 中10週以上は不振!前走2桁人気の出番ナシ!2018年10月27日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、アルテミスSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走6着以下敗退馬の好走例はゼロ(2012年以降)

サムシングジャスト
ヘリンヌリング

中10週以上の間隔をあけて臨んだ馬の連対例は皆無(2012年以降)

トスアップ
ミディオーサ

【人気】
3番人気の好走例は皆無(2012年以降)
※10時00分現在の3番人気

ミディオーサ

単勝オッズ帯5.0~7.9倍の好走例はゼロ(2012年以降)
※10時00分現在の単勝オッズ5.0~7.9倍

ミディオーサ

前走で新馬戦に出走、かつ前走3番人気以下だった馬の好走例は皆無(2012年以降)

トスアップ
ブラックダンサー

前走が2桁人気の低評価だった馬の好走例はなし(2012年以降)

レディードリー
アズマヘリテージ
ヘリンヌリング

【脚質】
前走の4角通過順が1番手だった馬の連対例は皆無(2012年以降)

ウインゼノビア
ライデンシャフト

【枠順】
5枠の連対例はゼロ(2012年以降)

エールヴォア
アフランシール

【血統】
ストームキャット(ストームバード系)を母父に配している馬を除くと、ディープインパクト産駒の連対例は皆無(2012年以降)

シェーングランツ
ミディオーサ

父あるいは母父にナスルーラ系種牡馬を配している馬の連対例はゼロ(2012年以降)

ミディオーサ
レディードリー
アフランシール
アズマヘリテージ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
グレイシア
キタイ
ビーチサンバ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

シェーングランツの関連コラム

閲覧 1,986ビュー コメント 0 ナイス 3

 早いもので通算6シーズン目となる「ウマニティPOG 2018」の開幕からおよそ1か月が経過しました。先週までにJRAのレースでデビューした2歳馬は396頭。そのうち39頭が既に勝ち上がりを果たしています。7月22日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。シーズン最初の山場と言っていいでしょう。

 ただ、私が繰り返し強調している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはまだまだ先。しかも、スペシャルワールドを除く各ワールドはこれから仮想オーナー募集枠が順次開放されていくため、入札に勝てばまだどの馬も獲得が可能です。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるようなルールになっていますので、ご興味を持った方はぜひ入札に参加してみてください。

 今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月2日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月2日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは第1回入札前の時点における「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」で100位以内に入っていた馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

●ワールドウォッチ(牡 父Iffraaj/母Baldovina 厩舎未登録) ※100位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
テンペスタージ(牡 父オルフェーヴル/母ディラローシェ 戸田博文厩舎) ※95位
シェドゥーヴル(牡 父オルフェーヴル/母ヒルダズパッション 木村哲也厩舎) ※25位
アルママ(牡 父オルフェーヴル/母ホエールキャプチャ 畠山吉宏厩舎) ※73位
ブラヴァス(牡 父キングカメハメハ/母ヴィルシーナ 友道康夫厩舎) ※3位
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
レッドエンヴィー(牡 父ジャスタウェイ/母スタイルリスティック 須貝尚介厩舎) ※23位
ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位
アメリカンウェイク(牝 父ハーツクライ/母アナアメリカーナ 斉藤崇史厩舎) ※34位
カテドラル(牡 父ハーツクライ/母アビラ 池添学厩舎) ※49位
グロリアーナ(牝 父ハーツクライ/母ベネンシアドール 木村哲也厩舎) ※82位
バイキングクラップ(牡 父ハーツクライ/母マジックストーム 堀宣行厩舎) ※22位
キタサンバルカン(牡 父ルーラーシップ/母ウィズザフロウ 奥村武厩舎) ※91位
ウラノメトリア(牡 父ルーラーシップ/母ミクロコスモス 矢作芳人厩舎) ※29位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位

 例年もこの時期にほぼ同様のルールで一覧を作成していますが、昨年はジェネラーレウーノワグネリアンが、一昨年はソウルスターリングダンビュライトがいました。秋にデビューするのが“王道”と言われた時代は完全に過ぎ去り、この時期からの始動がクラシック戦線を目指す馬の“セオリー”になった印象すらあります。
 なお、報道によると、注目POG馬ランキング3位のブラヴァスヴィルシーナの2016)は7月8日に中京芝2000mの2歳新馬で、同11位のプランドラー(プラウドスペルの2016)は7月22日に中京芝2000mの2歳新馬でデビュー予定とのこと。どちらも面白いレースになるんじゃないでしょうか。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 やはり気になるのはディープインパクト産駒。該当馬は下記の通りでした。

ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
ベルヴォワ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングボイス 矢作芳人厩舎) ※198位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
マジックリアリズム(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 尾関知人厩舎) ※250位
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ダノンキングリー(牡 父ディープインパクト/母マイグッドネス 萩原清厩舎) ※164位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
サトノエルドール(牡 父ディープインパクト/母ミゼリコルデ 国枝栄厩舎) ※331位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
●メイショウテンゲン(牡 父ディープインパクト/母メイショウベルーガ 厩舎未登録) ※653位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位

 該当馬の大半はいわゆる“POG本”などでも大きく取り上げられていましたが、注目POG馬ランキングがそれほど高くない馬もいますから、ひと通りチェックしておきたいところです。

 ノーザンファームの生産馬は93頭もいたので、その中から注目POG馬ランキングが101~500位だった馬をピックアップしてみました。穴っぽい種牡馬の産駒を含め、こちらもそれぞれ期待できるのではないかと思います。

ウィクトーリア(牝 父ヴィクトワールピサ/母ブラックエンブレム 小島茂之厩舎) ※204位
シャルマント(牝 父エンパイアメーカー/母ライツェント 鹿戸雄一厩舎) ※300位
アスカリ(牡 父キングカメハメハ/母フィロンルージュ 西園正都厩舎) ※112位
スコッチリール(牝 父ジャスタウェイ/母ストラスペイ 林徹厩舎) ※387位
●ヴェロックス(牡 父ジャスタウェイ/母セルキス 厩舎未登録) ※229位
ディキシーナイト(牡 父ダイワメジャー/母カメリアローズ 国枝栄厩舎) ※249位
ミトロジー(牡 父ダイワメジャー/母リードストーリー 尾関知人厩舎) ※378位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
バンクショット(牡 父トーセンジョーダン/母バプティスタ 池添学厩舎) ※283位
アルテヴェルト(牡 父ハーツクライ/母アルテリテ 庄野靖志厩舎) ※253位
コパカティ(牝 父ハービンジャー/母アロマティコ 佐々木晶三厩舎) ※196位
マジストラル(牡 父ハービンジャー/母アンブロワーズ 高野友和厩舎) ※203位
ピサノメタルシティ(牡 父ハービンジャー/母グレイトフルデッド 武幸四郎厩舎) ※431位
ストームリッパー(牡 父ハービンジャー/母スピードリッパー 鹿戸雄一厩舎) ※404位
フィリアプーラ(牝 父ハービンジャー/母プリンセスカメリア 菊沢隆徳厩舎) ※266位
チェサピークベイ(牡 父ハービンジャー/母フロールデセレッソ 戸田博文厩舎) ※364位
ウレキサイト(牡 父ブラックタイド/母ラフィントレイル 松永幹夫厩舎) ※462位
イベリスリーフ(牝 父ヘニーヒューズ/母クローバーリーフ 中舘英二厩舎) ※273位
ドラウプニル(牡 父ルーラーシップ/母ヴェルザンディ 斉藤崇史厩舎) ※262位
ディアンドル(牝 父ルーラーシップ/母グリューネワルト 奥村豊厩舎) ※252位
スイートウィスパー(牝 父ルーラーシップ/母ケアレスウィスパー 萩原清厩舎) ※340位
ゲインスプレマシー(牡 父ルーラーシップ/母スカーレットレディ 高柳瑞樹厩舎) ※214位
レッドシルヴァーナ(牝 父ロードカナロア/母シルバーフォックス 松田国英厩舎) ※146位
ニューポート(牡 父ロードカナロア/母ハッピーパレード 石坂正厩舎) ※356位
エスタジ(牝 父ロードカナロア/母マリーシャンタル 木村哲也厩舎) ※115位
セイクリッドキング(牡 父ロードカナロア/母モアザンセイクリッド 加藤征弘厩舎) ※457位
ヴィアロマーナ(牡 父ロードカナロア/母ローマンエンプレス 久保田貴士厩舎) ※237位
ローザジルベルト(牡 父ワークフォース/母ローズバド 橋口慎介厩舎) ※230位

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みです。

池江泰寿調教師>
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位

中内田充正調教師>
デュアラブル(牝 父Curlin/母ハリケーンフラッグ 中内田充正厩舎) ※209位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ピンクブロッサム(牝 父ハービンジャー/母ルナレガーロ 中内田充正厩舎) ※846位
メイショウハート(牡 父メイショウボーラー/母デビルインマインド 中内田充正厩舎)

角居勝彦調教師>
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
エルモンストロ(牡 父ルーラーシップ/母ミンティエアー 角居勝彦厩舎)

音無秀孝調教師>
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ジョニーズララバイ(牡 父マンハッタンカフェ/母メジロアリス 音無秀孝厩舎) ※241位

浅見秀一調教師>
ブラボーフェスタ(牡 父ナカヤマフェスタ/母スギノエスペランザ 浅見秀一厩舎)

藤原英昭調教師>
ラピタ(牡 父エイシンフラッシュ/母パイタ 藤原英昭厩舎) ※200位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
ロードアブソルート(牡 父キングカメハメハ/母パーフェクトトリビュート 藤原英昭厩舎)
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位
エイカイキャロル(牝 父ロードカナロア/母ラフェクレール 藤原英昭厩舎)

 当然ながらこのあたりも将来のスター候補ですし、意外と注目されていない馬もいるので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

シェーングランツの口コミ


口コミ一覧

ファンタジスト優勝

 正義の魂 2018年11月3日() 16:45

閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 4

京王杯2歳ステークスの、ファンタジストの単勝が
的中し、ごくわずかではあるが、今日の
馬券収支を、逆転のプラスにできた。

調子に乗って、京都最終の、スマートアルタイルの
複勝を結構多く買ったのが、蛇足であったが、
まあ良しとしよう。

京都7Rの、アーデンフォレストの単勝に、
絶対の自信を持って、かなりの金額を
注ぎ込んだのであったが、複勝で我慢していれば、
今日の馬券収支を、もっと楽にプラスに
できたのであったが。

ただ、オジュウチョウサンが勝ってくれると
信じたことで、流れが変わり、私の方に向いた。
これでおそらく、有馬記念にも、ファン投票で
出られると思うので、頑張ってもらいたい。

そして、アドマイヤジャスタ・グランアレグリア・
サートゥルナーリア・シェーングランツ等を
指名しているPOGで、ダノンファンタジーも
指名しているので、そのPOGがますます楽しみになった。

 tntn 2018年11月2日(金) 15:05
走れPOG馬!『ドナアトラエンテ&ダノンチェイサー』 
閲覧 116ビュー コメント 26 ナイス 153

****************************
先週土曜のG3【アルテミスS】

POG馬『シェーングランツ』。。。後方から、ちょっと届かんか?
みたいな場所から、外に出してから伸びる脚!
前に行く各馬を捉え、勝利してくれました!

鞍上、『武-豊』ここ有り!!(^o^)」

---------------

ランキングでも、60位になりました。スタート以来の100位内!^^)!ヾ(ーー )

---------------

今週は。。。日曜日の特別戦に2頭!

@東京9R/百日草特別(芝2000)

『ドナアトラエンテ』~国枝厩舎~ 鞍上は、ヒロシです!ヾ(ーー )

。。。頭数が7頭ですから。。。ねぇ。ヾ(ーー )
一応オケケンムーンのタッグなので期待!

@福島10R/きんもくせい特別(芝1800)

『ダノンチェイサー』~池江厩舎~ 鞍上は、ツムラです!ヾ(ーー )ヾ(ーー )

。。。重賞経験馬も居る中、津村さんの福島競馬場との相性に期待!

---------------

共に鞍上に、かかってます!--メ)

がんばれ!ヒロシ!ヽ(^o^)丿
がんばれ!ツムラ!ヽ(^o^)丿

******************

〆はJCの第5回東京と第3回福島開幕!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=d5082c07e3&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

 Haya 2018年11月2日(金) 07:00
【~術はある~】(2018.11.2.)(京王杯2歳S、ファンタジ... 
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

もうすぐ立冬(11月7日水曜)?そろそろこたつが恋しい季節となり、我が家でもストーブの準備?日本の冬は西高東低の気圧配置で、日本海側は雨や雪が多く、太平洋側は乾燥して”カラッ、カラッ”。
我が懐は、季節に関係なく”空っぽ”?ですが、何か!?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 最終結果】
第10期(10月6日~10月28日)9日間(サウジRC~天皇賞秋:全10戦)

先週末最終週は、巻き返すことができたのか?


土曜、G3アルテミスSでは、3頭を推奨。
(エールヴォア、シェーングランツ、ミディオーサ)
馬番コンピの予想では、(2⇒8,14,11,5,1,3)狙いを参考にして、
5番ミディオーサ軸で勝負!
ワイド(5⇒1,2,3,8,11,14)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


土曜、G2スワンSでは、3頭を推奨。
(レーヌミノル、グァンチャーレ、ベステンダンク)
馬番コンピの予想では、(10⇒6,3,4,9,5,7,11,2)狙いを参考にして、
6番レーヌミノル軸で勝負!
ワイド(6⇒3,4,5,8)馬連(6-10)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜、G1天皇賞(秋)では、2頭を推奨。
(ミッキーロケット、ヴィブロス)
馬番コンピの予想では、(5⇒4,7,6,9,10,3,11)狙いを参考にして、
5番スワーヴリチャード軸で勝負!
馬連(5-3,4,6,9,11)馬単(5⇒6)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


先週ブログのなかで推奨した結果
アルテミスS=エールヴォア(3着)、シェーングランツ(1着)、ミディオーサ(8着)
スワンS=レーヌミノル(7着)、グァンチャーレ(3着)、ベステンダンク(4着)
天皇賞・秋=ミッキーロケット(5着)、ヴィブロス(8着)

今週末の重賞レースの注目馬
京王杯2歳S=アスターペガサス、ファンタジスト、カルリーノ、シングルアップ
ファンタジーS=ダノンファンタジー
AR共和国杯=ジナンボー、ヘリファルテ、ムイトオブリガード

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
京王杯2歳S=C(71) *内枠有利
ファンタジーS=D(68) *差し・追込みが苦戦
AR共和国杯=D(57) *特に傾向ナシ

【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。
(アルテミスS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~7位までの6頭へ流して6点。
(2⇒8,14,11,5,1,3)
結果 3⇒11⇒8
指数7位⇒4位⇒2位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(スワンS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数3~10位までの8頭へ流して8点。
(10⇒6,3,4,9,5,7,11,2)
結果 8⇒10⇒5
指数2位⇒1位⇒7位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(天皇賞秋)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2位~指数値50までの?頭へ流して?点。
(5⇒4,7,6,9,10,3,11)
結果 4⇒9⇒10
指数2位⇒5位⇒6位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。



土曜「アルテミスS」は、モレイラ騎手に期待しすぎた?この時期の2歳馬は、まだ成長しているなかでのレースだけに、期待通りの結果は望めない。1頭軸で狙うのは、大きなリスクが発生するだけに、すでにスタートから失敗していた…残念。

土曜「スワンS」は、逃げ馬だけに惨敗は想定内?ただ、外人騎手をの袖扱いは無謀すぎただけに、残念な結果だった。もう少し、重視した扱いでないと痛手しかない。

日曜「天皇賞(秋)」は、最後まで悩んだのが④レイデオロの取り扱い?1週前追切りで、アクシデントがあっただけに、順調ではないはず…。と思っていたら、何と優勝!逆に、狙っていたスワーヴリチャードは出遅れて、10着惨敗…(ノД`)・゜・。これが、競馬…残念。


土曜「アルテミスS」の反省点として、過去のデータ(インパクト)から導き出した3頭の結果=エールヴォア(3着)、シェーングランツ(1着)、ミディオーサ(8着)をみれば一目瞭然。このデータ(2戦以上の経験で『前走、4角2~4番手以内』かつ『前走、芝のレースで上がり3F最速で勝利していた馬』)を駆使すれば、馬券の買い方、馬券種の選択さえ失敗しなければ獲れる。すでに、来年を見据えています。

土曜「スワンS」の反省点として、同様に過去のデータ(インパクト)から導き出した3頭の結果=レーヌミノル(7着)、グァンチャーレ(3着)、ベステンダンク(4着)だけでは判断できないが、なんとなく使える資料(『前走、安田記念or距離短縮で挑む馬』かつ『前走、4角5番手以内で通過している馬』)として注視したい。

日曜「天皇賞(秋)」の反省点として、1番人気に推されたスワーヴリチャードが、まさかの出遅れ?確かに「競馬に絶対はない!」と言われるが、まさにその状況に陥った。G13週連続ともに、惨敗である。先週もカキコしたが、やはり外人騎手!ほぼ2者択一のなか、デムーロ騎手狙いで外れた…ショック。ただ、狙い方として間違っていないことは証明された。

第10期(10月6日~10月28日)9日間(サウジRC~天皇賞秋:全10戦)の戦いを振り返り、前半の勢いだけでした。G1レース(秋華賞・菊花賞・天皇賞秋)の何れかを当てていたら、プラス収支へ転換できたはずだったが…反省。

最近、注目している日刊スポーツが始めた「AI予想」。G1のみの的中率は約67%(2勝1敗)。また、回収率は
前日113%(購入額2100/回収額2380)
直前 72%(購入額2100/回収額1520)
総合 93%(購入額4200/回収額3900)
まったく当たらないよりは、まだ良い!?馬連の予想だけでは、的中率は高くても、回収率は上がってこない。今後の動向に注意していきたい。

今週も懲りずに3重賞(京王杯2歳S、ファンタジーS、AR共和国杯)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(京王杯2歳S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~9位までの8頭へ流して8点。

(ファンタジーS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数4~8位までの5頭ボックス10点。

(AR共和国杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2位から
指数3~9位までの7頭へ流して7点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

シェーングランツの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

シェーングランツの写真

シェーングランツ

シェーングランツの厩舎情報 VIP

2018年10月27日アルテミスステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シェーングランツの取材メモ VIP

2018年10月27日 アルテミスステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。