レッドアステル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
レッドアステル
レッドアステル
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年2月7日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[1-1-0-1]
総賞金1,509万円
収得賞金400万円
英字表記Red Aster
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
レッドエルザ
血統 ][ 産駒 ]
Smart Strike
Belva
兄弟 レッドレオン
前走 2019/04/07 桜花賞 G1
次走予定

レッドアステルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/04/07 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18817117.61514** 牝3 55.0 戸崎圭太国枝栄408(-16)1.34.7 2.034.0⑯⑮グランアレグリア
19/03/10 中山 11 アネモネS OP 芝1600 167136.332** 牝3 54.0 戸崎圭太国枝栄424(-4)1.34.5 0.134.7⑦⑥⑤ルガールカルム
18/12/16 中山 6 2歳新馬 芝1600 16241.511** 牝2 54.0 O.マーフ国枝栄428(--)1.36.8 -0.435.2ライトアップゼア

レッドアステルの関連ニュース

 ◆福永騎手(ビーチサンバ5着) 「スタートはうまく切れた。4コーナーもいい位置で“あとはどれだけ伸びるか”だったけど、どうしてもエンジンのかかりに時間がかかる」

 ◆秋山騎手(プールヴィル6着) 「行ければ前に行こうと思っていました。これしかないと思った競馬はできましたが、勝った馬が強かったです」

 ◆松山騎手(エールヴォア7着) 「スタートで後肢を滑らせてしまい、内枠のぶん、包まれる形になってしまった。本当にスタートだけでしたね」

 ◆松若騎手(ジュランビル8着) 「思っていた競馬はできました。マイルの距離がもつことも分かりました。まだ成長しますよ」

 ◆武豊騎手(シェーングランツ9着) 「馬の状態がよく、思ったレースはできた。ただ、時計が速すぎたね。道中で脚がたまるところがなかった」

 ◆石橋騎手(アウィルアウェイ10着) 「馬にりきみがなく、フワッと乗れました。ただ、道中でスムーズに運べないところが…」

 ◆坂井騎手(ノーワン11着) 「道中の折り合いに問題なく運べました。最後は切れ負けした感じです」

 ◆古川騎手(メイショウケイメイ12着) 「距離のことがあるので、ロスなく運びました。スムーズな競馬はできましたよ」

 ◆M・デムーロ騎手(アクアミラビリス13着) 「スタートは出たし、一番いい位置で運べた。折り合いはついていたけど伸びなかった。まだ子供ですね」

 ◆戸崎騎手(レッドアステル14着) 「体が減っていましたからね。前走より馬は落ち着いていましたが、直線はゴチャついた」

 ◆丸山騎手(フィリアプーラ15着) 「強い馬相手に道中はついて行くのが精いっぱいでした。長距離輸送もあったので…」

 ◆大野騎手(ホウオウカトリーヌ16着) 「いい感じで走れていましたが、手綱を放してからバランスをうまく取れない走りになって。阪神の馬場がフィットしない感じです」

 ◆岩田康騎手(ノーブルスコア17着) 「ゲートは出てくれましたが(向こう正面で)ゴチャついてリズムが崩れたのが…」

 ◆三浦騎手(ルガールカルム18着) 「きょうは馬群の中での競馬でしたし、4コーナーの時点で気持ちが続かない感じでした」

★7日阪神11R「桜花賞」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】桜花賞 爆問・田中さん、霜降り明星ほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ!2019年4月7日() 09:32


※当欄では桜花賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑤ルガールカルム
○④クロノジェネシス
▲⑮ダノンファンタジー
△⑧グランアレグリア
△⑯シゲルピンクダイヤ
△⑦アウィルアウェイ
△⑫ノーワン
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑤→④⑦⑧⑫⑮⑯

【霜降り明星・粗品】
◎⑨アクアミラビリス
3連単フォーメーション
⑨⑮→②④⑦⑧⑨⑮⑯→①②④⑦⑧⑨⑩⑮⑯

【霜降り明星・せいや】
◎⑭ビーチサンバ
複勝


【木梨ノリゾー(木梨憲武)】
◎⑧グランアレグリア
○④クロノジェネシス
▲①シェーングランツ
☆⑮ダノンファンタジー
△⑤ルガールカルム
△⑨アクアミラビリス
△⑭ビーチサンバ
3連単フォーメーション
⑧→④→①⑤⑨⑭⑮
⑧→①⑤⑨⑭⑮→④

【小嶋陽菜(こじはる)】
◎⑮ダノンファンタジー
3連単フォーメーション
④⑮→①④⑧⑨⑫⑮⑯→①④⑧⑨⑫⑮⑯

【DAIGO】
◎⑮ダノンファンタジー
ワイド
⑮→⑧グランアレグリア

【徳光和夫】
3連単ボックス
クロノジェネシス
アクアミラビリス
フィリアプーラ
ビーチサンバ
シゲルピンクダイヤ
ワイド1頭軸流し
⑭→①②③④⑨⑩⑫⑮

【杉本清】
◎②エールヴォア

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎④クロノジェネシス

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑮ダノンファンタジー

【林修】
注目馬
ダノンファンタジー

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎④クロノジェネシス
馬連
④→⑧グランアレグリア

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮ダノンファンタジー
○④クロノジェネシス
▲⑭ビーチサンバ
△①シェーングランツ
△⑧グランアレグリア

【橋本マナミ】
◎④クロノジェネシス

【渡辺舞】
◎⑮ダノンファンタジー
馬連1頭軸流し
⑮→④⑨⑯

【高田翔】
◎④クロノジェネシス
3連単フォーメーション
④→⑧⑨⑭⑮⑯→⑧⑨⑭⑮⑯

【稲富菜穂】
◎⑭ビーチサンバ
○⑧グランアレグリア
▲④クロノジェネシス
△⑮ダノンファンタジー
△⑱プールヴィル
△②エールヴォア
△⑰レッドアステル

【小木茂光】
注目馬
ビーチサンバ
ダノンファンタジー
クロノジェネシス
3連単フォーメーション
④⑭⑮→②④⑦⑧⑨⑭⑮⑯⑰→④⑭⑮

【やべきょうすけ】
◎⑮ダノンファンタジー
○④クロノジェネシス
▲⑧グランアレグリア
△①シェーングランツ
△③ノーブルスコア
△⑨アクアミラビリス
△⑭ビーチサンバ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑬ジュランビル
単勝


【キャプテン渡辺】
◎①シェーングランツ
単勝

ワイド・馬連
①→④クロノジェネシス

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④クロノジェネシス
○⑮ダノンファンタジー
▲⑭ビーチサンバ
△①シェーングランツ
△②エールヴォア
△⑧グランアレグリア
△⑨アクアミラビリス

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑦アウィルアウェイ
○⑧グランアレグリア
▲⑮ダノンファンタジー
△①シェーングランツ
△④クロノジェネシス
△⑨アクアミラビリス
△⑭ビーチサンバ
3連単1頭軸流しマルチ
⑦→④⑧⑮

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑧グランアレグリア
◎⑬ジュランビル
▲⑦アウィルアウェイ
☆④クロノジェネシス
△⑤ルガールカルム
△⑨アクアミラビリス
△⑮ダノンファンタジー
3連単フォーメーション
⑦⑧⑬→⑦⑧⑬→④⑤⑦⑧⑨⑬⑮
⑦⑧⑬→④⑤⑨⑮→⑦⑧⑬
④⑤⑨⑮→⑦⑧⑬→⑦⑧⑬

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④クロノジェネシス
○⑮ダノンファンタジー
▲⑭ビーチサンバ
△②エールヴォア
△⑧グランアレグリア
△⑨アクアミラビリス
△⑯シゲルピンクダイヤ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑭ビーチサンバ
単勝

3連単フォーメーション
②④⑤⑧⑨⑮⑯→⑭→①②③④⑤⑦⑧⑨⑫⑬⑮⑯
②④⑤⑧⑨⑮⑯→①②③④⑤⑦⑧⑨⑫⑬⑮⑯→⑭
④⑧⑮→⑨⑭→④⑧⑨⑭⑮⑯

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑭ビーチサンバ
3連単フォーメーション
⑧⑭→⑧⑭→④⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑯シゲルピンクダイヤ
3連単2頭軸流しマルチ
⑯→④→⑧⑭⑮
馬単
④→⑯
⑧→⑯
⑭→⑯
⑮→⑯

【船山陽司】
◎③ノーブルスコア

【上村彩子】
◎⑯シゲルピンクダイヤ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭ビーチサンバ

【大島麻衣】
◎⑮ダノンファンタジー

【熊崎晴香(SKE48)】
◎③ノーブルスコア
○⑧グランアレグリア
▲⑭ビーチサンバ
△⑰レッドアステル
△⑮ダノンファンタジー
△⑨アクアミラビリス

【祥子】
◎⑮ダノンファンタジー

【高見侑里】
◎④クロノジェネシス

【高田秋】
◎⑭ビーチサンバ

【守永真彩】
◎⑧グランアレグリア
3連複2頭軸流し
⑧→⑮→④⑨⑭⑯

【目黒貴子】
◎④クロノジェネシス

【天童なこ】
◎⑨アクアミラビリス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】桜花賞 馬番枠1~5番は大苦戦!前走6番人気以下の連対ゼロ!2019年4月7日() 09:18

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の桜花賞の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走アネモネS組の連対例は皆無(阪神改修後の2007年以降)

ルガールカルム
レッドアステル

牡馬混合重賞で勝利経験がある馬を除くと、近3走内で左回りの芝を2回以上使用した馬の連対例はなし(2007年以降)

クロノジェネシス
ルガールカルム
アウィルアウェイ
ビーチサンバ

前走芝(良・やや重)で10着以下敗退馬の好走例はゼロ(2007年以降)

ホウオウカトリーヌ

前2走連続で阪神芝コース4着以下敗退馬の連対例はなし(2007年以降)

シェーングランツ

前走フィリーズレビューで0秒5以上敗退馬の連対例はゼロ(2007年以降)

ホウオウカトリーヌ

前走フラワーカップで2着以下に敗れていた馬の好走例は皆無(2007年以降)

エールヴォア

【人気】
牡馬混合重賞の優勝経験のある馬を除き、前走6番人気以下だった馬の連対例はなし(2007年以降)

ノーブルスコア
ノーワン
ジュランビル

優先出走権を持つ馬や、牡馬混合重賞の優勝経験がある馬を除き、当日10番人気以下の連対例はゼロ(2007年以降)
※8時30分現在の10番人気以下、かつ条件を満たしていない馬

ホウオウカトリーヌ
アウィルアウェイ
フィリアプーラ
メイショウケイメイ

【脚質】
前走4角1~2番手の馬は、その前走が重賞かつ3着以内のケースを除くと好走例なし(2007年以降)

ルガールカルム
アウィルアウェイ

【枠順】
1~2枠の連対は、単勝1.8倍の支持を集めた2018年の2着馬1頭のみ(1998年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ2.0倍以上、かつ1~2枠馬

シェーングランツ
エールヴォア
ノーブルスコア
クロノジェネシス

馬番枠2番、3番、4番、5番の好走例は皆無(2009年以降)

エールヴォア
ノーブルスコア
クロノジェネシス
ルガールカルム

馬番枠11番、17番の連対例はゼロ(2009年以降)

メイショウケイメイ
レッドアステル

【血統】
10番人気以下、かつディープインパクト産駒の好走例は皆無(産駒初出走以降)
※8時30分現在の10番人気以下、かつディープインパクト産駒

ノーブルスコア
レッドアステル

父または母父にグレイソヴリン系種牡馬を持つ馬の連対例はゼロ(2007年以降)

ダノンファンタジー
プールヴィル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
グランアレグリア
アクアミラビリス
シゲルピンクダイヤ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】桜花賞 我慢比べになれば本領発揮のシーンもありえるルアーヴル産駒!豊作世代のヴィクトワールピサ産駒2騎も要警戒!2019年4月6日() 16:00

日曜日に行われる桜花賞の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


シェーングランツ
2017年のオークスソウルスターリングの半妹。母のスタセリタはG1 6勝の名牝、母父であるモンズーンは優れた底力を伝えて成功を収めた万能型。その母系にディープインパクトを重ねているのだから、潜在しているレース適性だけでいえば、2017年の桜花賞で1番人気の支持を集めながら3着に敗れた半姉を上回る。脚質や母父の本質を踏まえると、もう少し距離が延びたほうがいいのかもしれないが、ディープインパクト×欧州牝系の組み合わせは当レースの活躍配合のひとつ。完全無視は禁物だ。

エールヴォア
きょうだいの戦績は冴えないものの、4代母にダイナサッシュ、5代母にロイヤルサッシュを擁する国内有数の名牝系。叔父にドリームパスポート、一族にはサッカーボーイステイゴールドといった面々が名を連ねるように、ポテンシャルはここに入っても見劣りしない。父のヴィクトワールピサは2016年の勝ち馬ジュエラーを輩出。500キロ前後の体格に恵まれている点はジュエラーと共通する。馬格を最大限に活かせるパワー勝負になれば、面白い存在と言えよう。

ノーブルスコア
父は4頭の桜花賞馬を送り出しているディープインパクト。母は伊G1リディアテシオ賞の勝ち馬で、母父は凱旋門賞馬のディラントーマスという血統構成。ディープインパクト×ダンチヒ系の配合、ノーザンダンサー系同士を組み合わせた母を持つ点は、2012年優勝馬のジェンティルドンナと同じ。母系には大舞台に強いニジンスキーのクロスもある。これといって大きな減点材料は見当たらず、上位圏内に食い込んできてもおかしくない。

クロノジェネシス
近親にフサイチエアデール、その仔としてフサイチリシャール、当レース出走予定のビーチサンバがいる一本筋が通った一族の出自。半姉には紫苑Sの勝ち馬ノームコアがいるように、ファミリーの近況が活気づいている点は好感が持てる。父のバゴは2010年の2着馬オウケンサクラを輩出。ほか菊花賞馬のビッグウィークも送り出しており、クラシックとの相性は決して悪くない。ここでも好勝負可能とみる。

ルガールカルム
ロードカナロア×サンデーサイレンスの組み合わせ、さらに母母父はヌレイエフ系という、今をときめくアーモンドアイと似た配合馬。英と仏の重賞を制した祖母、3代母にBCジュベナイルフィリーズの勝ち馬を擁する牝系も上質で、血統構成については申し分がない。アネモネS組のパフォーマンスが奮わない点は気がかりだが、その悪循環を血筋の良さで一掃してしまう可能性は十分にありえる。警戒を怠れない1頭と言えよう。

ホウオウカトリーヌ
母は現役時未勝利に終わったが、母父のヘンリーザナビゲーターは英・愛のマイルG1を4勝、BCクラシックでも2着に奮闘した名馬。母母父のサイフォンは伯・米で好成績を残し、ドバイワールドカップでも2着に健闘している。ゆえに、相応の爆発力を秘めているとみていい。ただ、マツリダゴッホ産駒は外回りよりも内回りに適性を示す馬が多く、阪神マイルへのコース替わりがプラスに作用するとは思えない。今回は割引が必要だろう。

アウィルアウェイ
さきの東京新聞杯を制したインディチャンプを半兄に持ち、叔父にはリアルインパクトネオリアリズムなどを擁する、ポテンシャルの高い牝系の出自。ただ、本馬の場合は短距離指向の濃い祖母トキオリアリティーの影響が濃いせいか、よりスピード指向が強い印象。そのあたりを鑑みると、距離延長のマイル戦で能力を発揮できるかどうかについては疑問が残る。クラシックの舞台となればなおさらだ。展開や馬場に恵まないと上位進出は厳しいだろう。

グランアレグリア
父であるディープインパクトの産駒は桜花賞で4勝と相性は抜群。一方、母のタピッツフライは5歳時にマイルG1を2勝。晩成型の印象も受けるが、リステッド格当時のBCジュヴェナイルフィリーズターフを制しており、早い時期から活躍できる傾向にある。ディープインパクト×ナスルーラ系の配合馬が当レースで勝ち切れていない点は気になるものの、同系統配合馬のアルアインが先週の大阪杯を制覇。勢いづいている点は好材料だ。状態さえまともなら、上位争いに絡めるだけの下地は整っている。

アクアミラビリス
半姉クイーンズリングエリザベス女王杯を含む重賞4勝。伯母には、仏1000ギニーの勝ち馬トレストレラがいる。母父のアナバーはBMSとして、トレヴやラッシュラッシーズなどを送り出しているように、牝馬の相がすこぶるいい。父は替わったが、ヴィクトワールピサ×仏牝系配合馬という点は、2016年の勝ち馬ジュエラーと同じ。父産駒の現3歳世代は初年度以来の豊作世代。現時点の破壊力と完成度は、桜花賞出走時の半姉(4着)を凌ぐ可能性もある。要注目の1頭だ。

フィリアプーラ
2011年の朝日杯FSを無敗で制したアルフレードを半兄に持ち、祖母はサクラバクシンオーの全妹、3代母はアンバーシャダイの全妹という、確かなボトムラインの持ち主。その牝系にサンデーサイレンスとハービンジャーを重ねているのだから、高いポテンシャルを秘めているのは間違いない。父がやや晩成型のため、本格化はもう少し先かもしれない半面、春を迎えて一段上の段階に変わってくる可能性もある。複穴として一考の余地がありそうだ。

メイショウケイメイ
さかのぼると、5代母のアンティックヴァリュー(1993年の2冠牝馬ベガの母)に辿り着く名門の出自。父は凱旋門賞馬のワークフォースで、一見すると中距離以上に適性を示してもおかしくない。だが、本馬は母父のデュランダル、ならびにミスプロの多重クロスが強く反映されているせいなのか、スピード優先のタイプに仕上がっている。ゆえに、速い上がりの決め手勝負になると分が悪そう。上位進出には、馬場や展開など何らかの助けが欲しい。

ノーワン
きょうだいに目立った存在はいないものの、母はフサイチコンコルドと同血、一族からは愛オークス2着馬など、活躍馬が多数出ている。ここで通用してもおかしくない下地はあるが、ハーツクライ×ニジンスキー系×サドラーズウェルズという配合をみるに、上がりを要する競馬がベターの印象。ゆえに、根幹距離で速い上がりを求められると苦しい。奥行きの深い馬ではあるものの、今回に限っていえば、展開や馬場など、何らかの恩恵がないと好パフォーマンスは期待できないかもしれない。

ジュランビル
キンシャサノキセキ×デピュティミニスターという、スピード色の濃い組み合わせ。母母父のラーイ、ヘイロー4×5のインブリードで、速力がさらに強調されている。そのあたりを踏まえると、前回から1ハロンの距離延長はマイナス材料と言わざるを得ない。小倉、阪神、京都と異なる競馬場で崩れていない点は評価できるものの、現時点では短距離の混戦向きという印象。今回の舞台で前回以上のパフォーマンスを望むのは厳しいのではないか。

ビーチサンバ
父は芝、ダートの双方でG1を制したクロフネ。母のフサイチエアデールは重賞4勝かつG1で3度の2着を記録、全兄のフサイチリシャールは2歳王者という良血馬。本馬も全兄同様、スピードとパワーを兼備したマイラータイプゆえに、東京→阪神のコース替わりは好材料。さきの紫苑S勝ち馬ノームコアや当レースに出走予定のクロノジェネシスなど、近い親族が重賞戦線で活躍している点も好感度が高い。軽んじて扱えない1頭だ。

ダノンファンタジー
父であるディープインパクトの産駒は当舞台で好成績。母はアルゼンチンの中距離G1を2勝。近親にはブラジルのG1馬や南アフリカの重賞ウイナーが複数並び、各要素をバランスよく兼ね備えた優良牝系と判断できる。一方、阪神リニューアル以降の桜花賞で、サンデーサイレンス系×グレイソヴリン系配合馬の連対例がない点は気がかり。単なるめぐり合わせと言えばそれまでだが……。父と南米系牝馬の相性の良さ、ならびに底力でカバーできるかどうかが、今回の大きな焦点になるのではないか。

シゲルピンクダイヤ
父のダイワメジャーは2017年の優勝馬レーヌミノルを輩出。一族には愛ダービー馬がいるように牝系の質も高い。ただ、母父はサドラーズウェルズ系のハイシャパラル。父×サドラーズウェルズ系の配合馬であるメジャーエンブレムは、2016年の当レースで1番人気に推されながらも4着敗退。また、父ダイワメジャーにスタミナ寄りの母、チューリップ賞を経由したあたりは、2017年16着のミスパンテールと重なる面が多い。前走の内容をストレートに評価しての、押さえ扱いが妥当とみる。

レッドアステル
母のレッドエルザは未勝利に終わったが、その全兄イングリッシュチャンネルはBCターフなど6つのG1を制覇。祖母の全姉も米G1を制しているように、血統的価値は高水準。ディープインパクト×スマートストライクの組み合わせは、2013年の2着馬レッドオーヴァルと同じ。ミスプロ系×ヌレイエフ系の肌馬にディープインパクトを重ねたパターンは、ヴィルシーナヴィブロスの姉妹など成功例が後を絶たない。相性が悪いアネモネS組と言えども、侮ってはいけない存在だ。

プールヴィル
父のルアーヴルは現役時に仏ジョッケクルブ賞(仏ダービーに相当)を制し、種牡馬としても2頭の仏二冠牝馬を輩出。母のケンホープは仏G3ウイナーにして、英マイルG1でも上位争いを演じた。タフさがウリの欧州配合馬であると同時に、早期から活躍が見込めるスピードも兼ね備えている。瞬発力比べでは分が悪いものの、欧州由来のしぶとさと勝負根性はハイレベルの域。持ち味を最大限に活かせる我慢比べになれば、本領発揮のシーンもありえる。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】桜花賞 阪神JFの雪辱を期すバゴ産駒が前回以上のデキ!チューリップ賞1~2着馬も好感触!2019年4月6日() 13:30

日曜日に行われる桜花賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


シェーングランツ
この中間は坂路と南Wを交えて丹念な調整。南Wで実施した1週前追い切りでは、攻め駆けするレッドゲルニカに優勢&上々の時計をマーク。同じく南Wで実施した今週の併せ馬でもマズマズの反応を示し、楽な手応えで追走併入を果たした。いい意味で力みがなく、気分良く走れている印象。前回よりも気配はいい。

エールヴォア
東上後の中2週とあってか、1週前は栗東坂路で15-15を切る程度の軽めの調整。とはいえ、31日に坂路で終い重点の調教を消化。今週の坂路追い切りでは、ラスト1F12秒1の好ラップをマークした。馬場状態の良い時間帯かつジョッキー騎乗とはいえ、反応の鋭さと推進力あふれる走りには目を引くものがある。好調とみていいだろう。

ノーブルスコア
1週前に栗東CWで長めから及第点の時計を記録。芝コースで行われた今週の併せ馬では、しっかりと追われて追走先着を果たした。少しエンジンのかかりが悪いように映るが、この馬にしてはマシなほう。いつも見せる脚元のバタバタ感も解消されている。大きな上積みまではどうかも、雰囲気は決して悪くない。紛れた場合のヒモ穴候補として一考の余地はある。

クロノジェネシス
放牧を挟み、3月14日に帰厩。いつも通り栗東CW主体に調整され、1週前追い切りでは長めから及第点の時計を楽な手応えでマーク。今週の併せ馬でも余力残しで機敏な走りを披露した。行きたがる気配を出すのは相変わらずだが、末が甘くなった前走の最終追い切り時とは違い、最後まで脚勢が衰えることなく駆け抜けた点は高く評価できる。前回以上のデキとみていい。

ルガールカルム
間隔が詰まることもあってか、1週前は速い時計を出さず、30日に坂路で4F52秒0、ラスト1F12秒0の追い切りを消化。同じく坂路で実施した今週の追い切りは、強めに攻めて後傾ラップを記録した。ただ、肝心の動きは今ひとつ。淡々と走っている感じで、いつものようなキレのあるフットワークは見受けられなかった。上昇度に乏しく、今回は割引が必要かもしれない。

ホウオウカトリーヌ
前走後は栗東に滞在して調整。栗東CWで実施した1週前追い切りでは、長めからしっかりと負荷をかけ、マズマズの時計を記録&追走先着。同じくCWで行われた今週の併せ馬でも、素軽い脚さばきを見せた。ただ、攻め駆けする本馬にとって、このくらいのパフォーマンスは日常茶飯事。その点を勘案すると、変わり身を見込めるだけの根拠に欠ける。今回は様子見が賢明だろう。

アウィルアウェイ
この中間はいつも通り栗東坂路で調整。今週の追い切りは、折り合い重視の内容で加速ラップを計時。前肢を回すような走法ながら、活気のある動きを見せた。ただ、頭が高く首をしっかり使えていない点は気がかり。そのぶん、いい頃と比べて躍動感に欠ける印象を受ける。このひと追いでどこまで良くなるか、といったところか。

グランアレグリア
帰厩後、強い攻めこそ行っていないが、乗り込み量を主眼に置いているので、その点については不安視する必要はない。この中間はパターンを替えて、1週前と今週の併せ馬を先行するかたちで実施。開放感を与えたことが功を奏したのか、掛かる気配はまったくなし。むしろ、追えば伸びそうな雰囲気を醸し出している。あとは、実戦までテンションを維持できるかどうか。それが最大の焦点となる。

アクアミラビリス
1週前に栗東CWで7Fから負荷をかけた追い切りを実施。ジョッキー騎乗とはいえ、バネの利いた走りを見せた。栗東坂路に場所を移して行われた今週の併せ馬は終い重点の内容ながら、ラスト2F24秒4-12秒3のラップを記録。前を行く僚馬に追いつくまで時間を要したが、反応を確かめる調整でもあり、過度に気にする必要はない。合格点レベルの仕上がりにある。

フィリアプーラ
3月中旬に帰厩後は南Wで調整されているが、これといって目立つ内容は見受けられない。今週の併せ馬についても、安定したリズムで駆けている一方、前肢がスムーズに伸びていないように映る。後肢の蹴り足が強く、推進力をそれなりに得ているので、この馬なりに順調なのかもしれないが、ここに入ると強調材料に乏しい感。上位圏内までには届かないのではないか。

メイショウケイメイ
栗東CWで実施した1週前追い切りでは徐々にピッチを上げ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを記録。栗東坂路で行われた今週の追い切りでも、バランスのとれた好ラップをマークした。少し推進力が上に逃げ気味に映るのは気になる半面、力みなく軽快に登坂している点は好感が持てる。自身の力を発揮できる状態とみていい。

ノーワン
今週の追い切りは栗東坂路で併せ馬を実施。しっかりと攻め、4F51秒7を記録した。ただ、前回の最終追い切りが馬なりの4F51秒9だったことを勘案すると、過度の評価はしづらい感。コンスタントに使われながら、栗東CWと坂路を交えて調教本数をキッチリ重ねている点は評価できるものの、お釣りが残っているかどうかについては疑問符が付く。積極的には手が出ない。

ジュランビル
1週前に栗東CWで実施した併せ馬では、馬場の外めを回って及第点の時計をマーク。同じくCWで行われた今週の併せ馬では、コーナーから積極的に攻め、少しバランスを崩すシーンもあったが、立て直したあとは、ラストまで脚いろを落とすことなくフィニッシュした。弾力性に富んだ走りをみるに前走の反動はなさそう。攻め巧者なので過度の評価は禁物だが、1回叩いて順当に良化しているのは間違いない。

ビーチサンバ
27日に福永騎手が跨り、栗東CWにて実質的な本追い切りを実施。スーパーフェザーが楽な手応えで先行していたものの、キッチリと捕らえて先着を果たした。頭の位置が低く、前肢の出がスムーズ。後肢の蹴り込みも力強く、前回の最終追い切り時よりも良いフォームで走れている点が印象的。今週は栗東坂路で流す程度の内容だったが、これは良好な調整過程を踏んでいる証左とみる。上位争い可能のデキと判断したい。

ダノンファンタジー
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、好タイムを記録した半面、かなり行きたがる素振りを見せ、直線では舌を出すなど、不安を残す内容だった。だが、栗東芝コースで行われた今週の追い切りでは、我慢の利いた走りでラストは抜群の伸び脚を披露。道中やや難しい面を出したものの、許容範囲の部類。鞍上の制御もしっかり利いていた。いい状態でレースに臨めるのではないか。

シゲルピンクダイヤ
2週前、1週前と2週続けて栗東坂路で速い上がりタイムを記録。その内容をみるに、前走の反動は心配しなくても良さそう。今週の坂路追い切りでは、ラスト2F24秒7-12秒3の好ラップを楽な手応えで計時。コンディションが悪い時間帯に刻んだものだけに、好感度は高い。グリップの利いた脚取りで、しっかりと坂を駆け上がっていくさまは目を引くものがある。好仕上がり。

レッドアステル
この中間は栗東に移動して坂路オンリーの調整。1週前追い切りでは、4F51秒6を記録したものの、ラストは失速気味にラチ側へ体が流れてしまう心許ない内容。今週の追い切りについても、馬場が悪い時間に行ったとはいえ、終いがフラつき気味で非力な印象を受けた。一気に相手が強くなる今回の舞台では厳しいだろう。

プールヴィル
今週の追い切りは栗東坂路で実施。混雑する時間帯ではあったが、臆することなくキレイな加速ラップを記録した。後肢の踏み込みが強く、そのぶんストライドが伸びている印象。この中間は馬なりのみの調整ゆえ、大きな上積みこそ望めないかもしれないが、活気ある走りをみるにデキ落ち&疲れの心配は無用。いい雰囲気で本番を迎えることができそうだ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】桜花賞 4~5、7枠が好調!上がり3ハロン3位以内の馬が活躍!2019年4月6日() 13:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる桜花賞のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走チューリップ賞組が最有力ステップ(阪神改修後の2007年以降)

シェーングランツ
ノーブルスコア
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ

【人気】
2007年以降の1~3番人気以内馬は【8.9.3.16】という上々の成績
※土曜日12時30分現在の1~3番人気

クロノジェネシス
グランアレグリア
ダノンファンタジー

前走チューリップ賞で1~2番人気に支持されていた馬は【7.6.2.5】という高値安定の成績(2007年以降)

シェーングランツ
ダノンファンタジー

前走チューリップ賞で1~2番人気に支持された馬が当日3番人気以内の場合は【5.6.2.3】(2007年以降)
※土曜日12時30分現在の3番人気以内かつ、条件を満たす馬

ダノンファンタジー

【脚質】
上がり3ハロン3位以内の馬が活躍(2007年以降)

クロノジェネシス
グランアレグリア
アクアミラビリス
ビーチサンバ
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
4~5、7枠が好調(2007年以降)

アウィルアウェイ
グランアレグリア
アクアミラビリス
フィリアプーラ
ジュランビル
ビーチサンバ
ダノンファンタジー

【血統】
ディープインパクト産駒が断然の存在(産駒初出走以降)

シェーングランツ
ノーブルスコア
グランアレグリア
ダノンファンタジー
レッドアステル

2007年以降の勝ち馬はすべてサンデーサイレンス系種牡馬またはミスプロ系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬

シェーングランツ
エールヴォア
ノーブルスコア
ルガールカルム
ホウオウカトリーヌ
アウィルアウェイ
グランアレグリア
アクアミラビリス
フィリアプーラ
メイショウケイメイ
ノーワン
ジュランビル
ビーチサンバ
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ
レッドアステル


【3項目以上該当馬】
ダノンファンタジー(7項目)
グランアレグリア(5項目)
シェーングランツ(4項目)
ノーブルスコア(3項目)
アクアミラビリス(3項目)
ビーチサンバ(3項目)
シゲルピンクダイヤ(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドアステルの関連コラム

閲覧 1,172ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、7(日)に阪神競馬場でG1桜花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1桜花賞は、1番人気ダノンファンタジーが単勝2.8倍。2番人気グランアレグリアが同3.4倍、3番人気クロノジェネシスが同5.7倍と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め発走の時を迎えます。
ハナを奪ったのは大外枠からプールヴィル。2番手にジュランビルを従えてゆったりと運ぶと、前半3Fを35.4秒で通過する流れ。このスローペースを、3コーナー手前で馬群から少し離しながらジワジワと3番手に浮上したのは2番人気グランアレグリア。以下メイショウケイメイダノンファンタジーホウオウカトリーヌアクアミラビリスクロノジェネシスノーワンビーチサンバアウィルアウェイノーブルスコアルガールカルムシゲルピンクダイヤエールヴォアレッドアステルシェーングランツフィリアプーラといった隊列で、3コーナーに突入していきます。
さすがにこの緩い流れで、ひと塊でのコーナリングとなる馬群。その中から、早くもグランアレグリアが先頭を窺うと、ここから一気にペースアップ。1番人気ダノンファンタジーは5番手あたりからこれを追い、3番人気クロノジェネシスは中団インから直線勝負の構え。
軽く促す程度で楽々先頭に立ったグランアレグリアを、3馬身ほど後方からダノンファンタジーが追い、馬群を捌いてはシゲルピンクダイヤビーチサンバあたりの伸び。さらに後方からは、外に持ち出したクロノジェネシスも徐々に脚を伸ばして迫ります。
しかし、残り200m標識を過ぎて後続をさらに突き放したグランアレグリアが、そのまま振り切って優勝。1分32秒7のレースレコードで駆けぬけ、後続に2馬身1/2差をつける圧勝で1冠目を手中にしています。2着には、最速となる上がり32秒7の末脚で迫った7番人気シゲルピンクダイヤが入り、そこからクビ差の3着にはクロノジェネシスが入っています。
公認プロ予想家では、くりーくプロスガダイプロース1号プロセイリュウ1号プロ夢月プロ岡村信将プロサラマッポプロマカロニスタンダーズプロ馬侑迦プロら計15名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
6(土)阪神12Rで「1000万下としてはかなり低調なメンバー構成で、指数首位タイ。このコースで500万下を楽勝している馬、人気が無いのなら逆に勝負してみたくなる。100万円コースなるか!?」と評した◎ナムラシンウチ(単勝106.6倍)の単勝1万円1点勝負的中に見事成功!“有言実行”の106万6,000円払戻しを達成しています。他にも、6(土)福島9Rや、7(日)G1桜花での「揺らぎなし!」◎グランアレグリアの単勝1本勝負的中などを決め、土日2日間トータルでは、回収率297%、収支89万2,800円の断トツ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(土)の中山7R、7(日)中山6R◎○的中、G1桜花グランアレグリア的中などの予想を披露すると、中山12Rでも◎○単複&馬連&ワイド各1点総獲り的中をマーク!週間回収率183%、収支9万3,010円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、6(土)の中山9Rトーホウアイレス(単勝39.0倍)や、7(日)福島11Rの◎オンザロックスメイショウノボサンG1桜花での◎△○的中などを筆頭に、安定したパフォーマンスを披露。連日のプラス収支達成でトータル回収率117%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
6(土)阪神12Rナムラシンウチ的中での計24万8,700円払戻しを筆頭に、中山9R、7(日)中山2R中山10Rなどの的中を披露した先週は、週間トータル回収率158%、収支28万4,320円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
7(日)G1桜花では、◎○▲パーフェクト的中を披露!他にも、先週はG2阪神牝馬S、7(日)福島5Rなどの的中をマーク。土日2日間トータル回収率145%を達成しています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(190%)、金子京介プロ(152%)、夢月プロ(122%)、馬侑迦プロ(117%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年4月4日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019桜花賞
閲覧 1,788ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


4月7日(日)第79回 桜花賞(G1、3歳牝馬、芝1600m)
(フルゲート:18頭)

<以下、8頭は優先出走馬>

シゲルピンクダイヤ(B)中4週
前走は休み明けで-10kgだったがそれほど細い感じもなく、仕上がりの良さそうな馬体だった。この中間も2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて反動はなさそう。1週前追い切りの動きを見ても前走以上に坂路をしっかり駆け上がっており、良い状態をキープできていいる感じ。

ジュランビル(B)中3週
もともと調教では時計の出る馬で、1週前追い切りでも良い時計が出ている。その1週前追い切りでは外に併せて楽な手応えで先着と、状態面での上積みがありそう。

ダノンファンタジー(C)中4週
休み明けの前走時は1週前、最終追い切りと強めに追われていて、馬体重の増減もなくパドックでも落ち着きがあり、予想以上に良い仕上がりだった。ただこの中間は馬なりでの調整が続き、1週前追い切りでは川田騎手騎乗でかなり行きたがる面を見せた。ビッシリ追われていないというよりは、気性面での難しさが出てしまっていて馬なりで折り合いをつけるような調整にならざるをえない状況なのかもしれない。前走時が想像以上に仕上がっていたので状態面の不安はなさそうだが、気性面での不安が残る調整内容だった。

ノーブルスコア(E)中4週
前走では大きく馬体が減っていてデビュー戦時ぐらいの馬体に戻ってしまった。年明けから使い込まれていて、これ以上馬体は減らしたくないところ。パドックでのイレ込みがきつい馬で、テンションの高さも気になる。

ノーワン(C)中3週
使い込まれている割には、前走時のパドックではまだ馬体に緩さがある感じに見えた。1週前追い切りの動きを見てもガラッと変わった感じはないが、いつも通りの伸び脚で前走の状態をキープできている感じ。

プールヴィル(D)中3週
阪神JFの時には馬体も増えてふっくらした感じだったが、前走時のパドックではトモが寂しくみえた。1週前追い切りは、時計の出そうな馬場だったので速い時計こそ出ているが、動きに力強さはなく重心が高めの走りで物足りない印象を受けた。

ルガールカルム(D)中3週
新馬戦から4戦すべてのレースで◎にしてきただけあって、それだけ毎回調教内容が良かった。この中間は中3週とこれまでで一番間隔が詰まっていることもあり、1週前追い切りは強めに追われず土曜日に馬なりで速い時計を出している。今回は輸送もあるので直前は強めには追いたくないところ。特に前走時のパドックでテンションが高かったので、体ができているなら馬なりでサーっと流したい。

レッドアステル(E)中3週
新馬戦を勝って前走のアネモネSで2着に入り出走権を得る。小柄な馬で前走時のパドックではトモが寂しく映りギリギリの馬体に見えた。この中間は早めに栗東に移動して、1週前追い切りは栗東の坂路で追われているが、終いフラつき気味で力強さに欠ける走りだった。


<以下、収得賞金順>

クロノジェネシス(B)中7週
前走時は追い切りも控えめたったが、雪で月曜日に延期されたこともあってかパドックではイレ込み気味だった。この中間は、1週前にいつも通りCWを併せ馬で追われて手応えも良く持ったまま楽に先着と、前走時よりは良い動きで仕上りも良さそう。

フィリアプーラ(E)3ヶ月
パドックでは落ち着きのある馬だが、これまで一度も重い印をつけることがなかったくらい、調教では目立つ内容がなかった馬。この中間も目立つ時計は出ておらず、1週前追い切りも相手なりに走っているがこれと言って抜けた感じがない。

メイショウケイメイ(E)中3週
前走のフィリーズRでは◎にした馬だが、トモが寂しくかなり細く見えた。1週前追い切りではCWを長めから単走で追われてスピードのある走りだったが、首が前ではなく上に上がる走りで力強さがないように見えた。

グランアレグリア(B)3ヶ月半
前走は牡馬相手の朝日杯FSに出走。パドックでは一番後ろを周回していたが、テンションが上がり気味で馬体も輸送があってプラス体重と、人気ほどの状態ではなかった。レースでもテンションが高く、息を入れる余裕もなく、結果的に勝ち馬のいい目標になってしまった。そんな悪い面ばかり出てしまい不完全燃焼のレースになりながらも、その後スプリングSで1、2着する馬たちには先着。折り合いがついてまともなレースができていたらと思うと、この1戦だけで評価を下げるのはどうかと思う。この中間は1ヶ月前から藤沢厩舎流の入念な乗り込みで、1週前追い切りではこれまでで初めて先行する形の併せ馬を行っている。折り合いもついて直線も抜かされることなく力強い走りで、馬の状態は良さそうだった。

アウィルアウェイ(B)中3週
休み明けの前走時の追い切りでは、回転が速い割に伸びきれていない走りで力強さがなかった。ただ、パドックではマイナス体重でも全体的にふっくらした感じで、休み前よりも良い馬体に見えた。この中間は、坂路で強めに追われた1週前の走りを見ても重心が低く、伸び脚もしっかりしていた。叩かれての上積みがあるように見えた。

シェーングランツ(D)中4週
前走時の最終追い切りでは併走相手に追いつくのがやっとで、全体的に物足りない内容だった。今回の1週前追い切りでも、持ったままの併走相手に何とか追いつくような走りで前走からガラッと変わった印象はない。

ビーチサンバ(B)中7週
雪で延期となった前走だったが、パドックでは外めをリズムよく周回していて素軽い感じでかなり良く見えた。この中間はいつも通り2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で追われている。1週前には強めに追われて先着と、順調に調整されている感じ。

アクアミラビリス(B)中8週
新馬、フェアリーSとデビューから2戦連続関東への遠征で、パドックではテンションが高かった。前走のエルフィンSでは落ち着きがあり、それまでの2戦とは気性面での違いは見られたものの馬体はマイナス体重。トモの筋肉が寂しく、これ以上減るとあまり良くない印象を受けた。ただ、この中間は間隔が空いていることもあってか、2週前、1週前と強めに追われていて、1週前追い切りの動きを見ると「ちょっと強くやり過ぎでは」と思うほどビッシリと追い切られている。動きも力強く、これだけ追えるということは状態も良いと判断しても良いのではないかと思う。

エールヴォア(C)中2週
2走前のエリカ賞時は太め感のある馬体だったが、前走時のパドックではスッキリした感じで良く見えた。この中間は、全体的に軽めの調整で、中2週ということもあり日曜日に少し速い時計を出した程度。今回は叩き2戦目で、大きな馬なので、最終追い切りでは強く追ってくるほうが調子は良いと思ったほうが良さそう。

ホウオウカトリーヌ(C)中3週
この中間は栗東に滞在しての調整。1週前にはCWを併せ馬で追い切られ、良い時計も出ていて調子は良さそう。


<以下、除外対象>

メイショウショウブ(B)中4週
前走時もしっかりと乗り込まれていたが、この中間も坂路とCWで入念に乗り込まれて順調に調整されている印象。1週前追い切りの動きはかなり力強く、上積みが期待できそう。

アズマヘリテージ (D)中3週
前走時の追い切りではフラフラした感じがなく良い動きだったが、1週前追い切りの動きを見ると首が上がって力強さに欠ける走り。悪い走りに戻ってしまった感じ。

ラブミーファイン(D)中3週
休み明けの前走時は、追い切りの動きは良かったが力感に乏しい感じで、パドックでも全体的に緩いつくりに映った。この中間は、前走時よりも調教の時計がかかっていてそれほど良くなっている感じはしない。



◇今回は桜花賞編でした。
今年も桜花賞皐月賞と3歳クラシックがいよいよ幕を開けます。古馬のG1レースと違い、春のクラシックに関してはデビューから1年もない短い期間の中でレースを勝ち上がり、賞金を稼いで本番の出走権利を取り、良い状態でレース本番を迎えなくてはなりません。その間に無駄が多ければ多いほど、不利になってくると言っていいと思います。順調に早期デビューを果たし、本番から逆算して確かなステップを踏み、ここに万全の状態で出走できる馬が断然有利で、そんな馬が今年は何頭いるのか。そしてその中から、平成最後の桜花賞馬が誕生する可能性が今年も高いと見ていますが、果たしてどうなりますか。
このコラムも、クラシックを意識して前年以上に数多くの2歳重賞をチェックしてきたつもりなので、桜花賞につながる過去のコラムも参考にしてみてはいかがでしょうか。

ファンタジーS編→くりーくの中間調教チェック 2018ファンタジーS&京王杯2歳S編
☆阪神JF編→くりーくの中間調教チェック 2018阪神JF
☆朝日杯FS編→くりーくの中間調教チェック 2018朝日杯FS
チューリップ賞編→くりーくの中間調教チェック 2019弥生賞&チューリップ

それでは次回、皐月賞編でお会いしましょう。


桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年4月4日(木) 11:00 覆面ドクター・英
桜花賞2019
閲覧 1,764ビュー コメント 0 ナイス 9

先週のG1大阪杯は、1着、2着が○◎だったのですが、一番多く買った3連単は、3着マカヒキ抜けでダメでした。馬連36.8倍もついていて、欲張らずこっちにつぎこめばいいんですけどねー。WIN5も4レース目まで当たっていたので、キセキ1頭でのラスト5つ目が2着と、こちらも残念無念。1番人気のブラストワンピースが、この舞台は適性が低そうであること、人気の上り馬のエアウィンザーが、一線級と戦っていない割に人気し過ぎるという見立てまでは合っているのですが......。桜花賞は3連単、そしてWIN5とびしっと当てたいものです。

新元号となり(施行は5月からのようですが)、また新年度一発目のG1でもあり、やはり桜花賞はG1の中でも特に楽しみなレースです。牝馬はデビューしてほぼ皆ここを目指してくるので、世代最強牝馬決定戦として、昔から好勝負に期待がかかるレースでもあります。現在のコース形態になってからは紛れが減り、ここで強い勝ち方をした馬は繁殖に上がってもまず、期待できる仔を出してきます。その意味では、将来を占う上でも、注目の一戦です。今年は有力馬がはっきりしていて、馬券的には荒れないのかもしれませんが、一方でとても見ごたえあるレースになりそうです。


<全頭診断>

1番人気想定 ダノンファンタジー:デビュー戦のみグランアレグリアに負けたが、その後は4連勝でチューリップ賞もしっかり勝ち、安定感からすると最有力なのは間違いなし。頭かどうかはともかく、この馬なしの馬券は要らないのでは(もちろん故障や、致命的な不利はありえるのだが)。

2番人気想定 グランアレグリア:デビューから2連勝で臨んだ朝日杯FSで、ややラフプレー気味に寄られて、ひるんで3着に負けてしまったが、ダノンファンタジーよりこっちの潜在能力が上という見立てもありだろう。ディープインパクト×タピット牝馬という(日本の高額種牡馬×アメリカの高額種牡馬が父の繁殖牝馬)最もお金のかかる配合で、こっちを軸にする手ももちろん有りそう。

3番人気措定 クロノジェネシス:阪神JFではダノンファンタジーに惜敗したが、そう差はなかった。ここで軸にしても良いだけの実力は、この馬もある。むしろ遅すぎたG1初制覇という印象の北村友一騎手(先週の大阪杯制覇)の勢いを買う手も。

4番人気想定 シェーングランツ:良血馬らしくアルテミスSを6番人気ながら潜在能力だけで制したが、チューリップ賞は正直がっかりな内容。完成しないまま、繁殖で期待か。この馬に限った話ではないが、3強と想定4番人気以降は実力差がありそう。

5番人気想定 ビーチサンバ:この世代の上位にいるが、新馬戦勝ち後のこの3戦は毎回3強には負けており、大一番で逆転するのは難しそうで、善戦止まりでは。

6番人気想定 アクアミラビリス:前哨戦のエルフィンSを勝って、3戦2勝での参戦。人気になりにくいヴィクトワールピサ産駒で、十分通用する力量あり。ただ前走でデビュー以来最低体重の418kg。大仕事するには小さすぎるか。

7番人気想定 シゲルピンクダイヤチューリップ賞2着馬で、シゲルという冠号からG1で期待する人は少ないのかもしれないが、母系は結構底力ありそう。前走がフロックでなく、真の実力馬という可能性も十分ありそう。

8番人気想定 ノーブルスコア:オープンで3戦連続3着と前哨戦では惜敗続きも、3戦とも0.1秒から0.3秒までの差。小さい馬だが名門の藤原英厩舎所属で、大一番で通用してもいい。

9番人気想定 エールヴォア:エリカ賞勝ち後のフラワーCで1番人気2着。厳しい流れになるのも、阪神マイルも良さそうで楽しみもある。


10番人気以下想定

アウィルアウェイ:4戦すべてで1番人気の、名前からも分かる通りのジャスタウェイ産駒。京王杯2歳Sの2着馬だが、早熟傾向なのか気性の問題なのか、相手が弱かったフィリーズレビューで1番人気7着と、トップグループから脱落しつつある。1400mまでしか距離経験もなく、ここで巻き返すタイプでもないのでは。

ルガールカルム:クロッカスS2着でアネモネS勝ちといかにも裏路線的な馬だが、力は通用するものがあり、楽しみ。「ゴールから逆算して考えるようになった」という三浦騎手は、そろそろG1でもちょくちょく上位に来てもいい頃では。

ラヴズオンリーユー:2戦2勝馬でリアルスティールの下だが、2戦ともに鋭い末脚を繰り出していて、ポテンシャル的にやれていい。あとは出走できるかどうか。

フィリアプーラ:未勝利とG3フェアリ-S勝ち馬だが、まだ幼い印象が強く、良くなるのは秋か。

レッドアステル:新馬勝ち後のアネモネSを2着しての参戦。3戦目で更に上積みあるだろうし、阪神マイルなら通用して良い。ただ、小さい馬で良くなるのは秋頃か。

ジュランビル:1400mまでしか経験がなく、キンシャサノキセキ産駒だけにマイルの方がいいとも言えないのでは。

プールヴィル:実績は1400mまでではあるが、阪神JFは不利もありノーカウントの一戦。父父父がラーイで、母方にはゲイメセンやメンデス、デュラブなど懐かしい名前のある血統表で、重馬場は向きそう。その反面気性が激しそうな点が予測されるが、激走があってもおかしくない社台Fのマル外。

ノーワン:未勝利勝ち後のフィリーズRを12番人気で制して、連勝での参戦。ただ倒してきた相手は弱く、坂井騎手には頑張って欲しいが、ちょっと力が落ちるか。

メイショウショウブ:デイリー杯2歳Sの2着馬だが、阪神JF6着、チューリップ賞9着とトップグループから脱落気味。特に強調材料なし。

メイショウケイメイ:あまりにも産駒がスピード不足で日本では成功しなかったワークフォース産駒にしては、1月の紅梅S勝ちと頑張っているのだが......。フィリーズR5着で、当時が410kg台。小柄なタイプだけに巻き返しは期待薄。

イベリス:フィリーズR4着馬だが、勝ち馬が12番人気だったように低レベルなレースで、特に要らなそう・

ラブミーファイン:新馬戦勝ち、函館2歳S2着の後はパッとせず、ここ2戦は2ケタ着順続きと低迷していて早熟傾向がありそう。コパさんの馬だけに、ダート転向や地方転出などでもうひと花咲かせてほしいが。

ホウオウカトリーヌ:フェアリーSで2着した後にフィリーズRでは10着と、上り調子ではない。父マツリダゴッホ自身の競走成績とは全く違い、ローカル1200mあたりが産駒の活躍の場となっており、阪神マイルでの瞬発力勝負では分が悪い。

セントセシリア:500万下で掲示板にのれないように強調材料ゼロ。

シャドウディーヴァ:下のクラスで3着、フラワーC4着とパッとせず。前走も1800mでも忙しいと言われており、オークスで期待か(実際は、北海道などローカル2600mあたりが活躍の場と見ているが)。

ココフィーユ:フィリーズRで10番人気で17着と状況厳しい。

アズマヘリテージ:新馬と小倉2歳Sの2着後はあまり惜しくない負け続きで、期待薄。

アフランシール:500万下を12月に勝ってのチューリップ賞で、8番人気8着だけに、ここでは厳しそう。

トロイメント:未勝利勝ち後の500万下2戦で掲示板載れていないように力不足。


<まとめ>
3強にどこまで他の馬が食らいついていくかという構図

有力:ダノンファンタジークロノジェネシスグランアレグリア

ヒモに:アクアミラビリスシゲルピンクダイヤノーブルスコアビーチサンバラヴズオンリーユー

[もっと見る]

レッドアステルの口コミ


口コミ一覧

桜花賞 適性指数&能力指数

 Roger 2019年4月7日() 12:27

閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 1

■R-INDEX(レース適性指数)
1.⑮ダノンファンタジー 188
2.④クロノジェネシス 164
2.⑧グランアレグリア 164
4.⑭ビーチサンバ 149
5.➉フィリアプーラ 144
6.⑫ノーワン 104
7.⑥ホウオウカトリーヌ 99
8.②エールヴォア 98
9.⑱プールヴィル 97
10.⑰レッドアステル 96

■D-INDEX(距離能力指数)
1.⑮ダノンファンタジー 122
1.④クロノジェネシス 122
3.⑯シゲルピンクダイヤ 119
4.⑭ビーチサンバ 118
5.③ノーブルスコア 117
6.②エールヴォア 116
6.⑬ジュランビル 116
8.①シェーングランツ 115
9.⑧グランアレグリア 114
10.➉フィリアプーラ 110

ダノンとクロノが両指数とも上位にきてしまい
予想は2頭軸にせざるを得ないけど
実馬券は中山の急坂でハイパフォーマンスのルガールカルム
中心にする予定(消去データ派には相手にされないでしょうけど)

 moon light 2019年4月7日() 01:55
競馬 推察者の書きなぐり日記 桜花賞 8
閲覧 102ビュー コメント 0 ナイス 2

桜花賞

シェーングランツ 臆病ですね?この馬(´-`).。oO
現状は?後方から外を出して他馬を気にしないように乗るしか無さそうです(´-`).。oO
追い切り内容も?メンコ、ブリンカー付で集中してますが?
それらを付けていない時?耳が回りを気にしてますし?
併せ馬で集中して耳を絞ると言うより?
びっびって絞ると言う感じが見受けられます(´-`).。oO
メンコ、ブリンカーも?効果が?薄くなってます(´-`).。oO
長距離輸送後は?相当堪えているはず?
そして?馬群を捌く、内で折り合うは?
少し無理があるか?調教の併せ馬は改善して前向きになって来つつあるようですが?
ちょっと?手をだしづらいσ(^◇^;)


エールヴォア 長距離向きの長く良い脚を使うタイプか(´-`).。oO
切れる脚はありませんね(´-`).。oO
逃げても?厳しいはず(´-`).。oO
スピードが中距離以上向きの感(´-`).。oO
追い切り内容は折り合いに問題点は少ないタイプなので(´-`).。oO
強目には追えますが?オークス向きな馬ですね(´-`).。oO


ルガールカルム 中山マイル向き、東京は?千四まで?
強気には推せませんねσ(^◇^;)
劇的に良くなってるわけでも無く(´-`).。oO
速い時計も無いのも(´-`).。oO


アウィルアウェイ 典型的な短距離向きな馬ですね(´-`).。oO
追い切り内容も短距離馬の内容(´-`).。oO
基本的に?桜花賞は長いし、厳しいはず(´-`).。oO


ノーブルスコア 相手也なタイプか(´-`).。oO気性面での爆弾持ちですね(´-`).。oO
基本的に差し脚は確かなようです(´-`).。oO流し目までか(´-`).。oO


ノーワン 典型的な短距離向きな馬ですね(´-`).。oO相手也なタイプか(´-`).。oO
追い切り内容は良く見えて、この馬はメンバー中1番の追い切り内容(´-`).。oO
フィリーズレイビューは内を上手捌く(´-`).。oO
伸び脚のなかなかの物(´-`).。oO穴で狙う(´-`).。oO


フィリアプーラ フェアリーステークスは追い込んで快勝(´-`).。oO
久々感は拭いきれず?瞬発力も未知数(´-`).。oO


プールヴィル 典型的な短距離向きな馬ですね(´-`).。oO外枠に行き過ぎましたσ(^◇^;)


レッドアステル まだまだこれからの馬σ(^◇^;)


ジュランビル 短距離向きな馬ですねσ(^◇^;)安定性は高いのだが?


メイショウケイメイ ここに入ると?


ホウオウカトリーヌ 短距離馬でしょう?ここに入ると?

[もっと見る]

 穴党専者 2019年4月5日(金) 22:42
阪神🦄✨11R 第79回 🌸桜花賞🌸 GⅠ ◎〇▲△✕
閲覧 422ビュー コメント 0 ナイス 5

◎❾アクアミラビリス
〇⑫ノーワン
▲⑰レッドアステル
△③ノーブルスコア
△⑯シゲルピンクダイヤ
△①シェーングランツ
△⑧グランアレグリア…🤔💭

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドアステルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レッドアステルの写真

レッドアステル
レッドアステル

レッドアステルの厩舎情報 VIP

2019年4月7日桜花賞 G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドアステルの取材メモ VIP

2019年4月7日 桜花賞 G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。