ジュランビル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ジュランビル
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2016年3月17日生
調教師寺島良(栗東)
馬主村上 稔
生産者松浦牧場
生産地新冠町
戦績 5戦[2-0-3-0]
総賞金4,174万円
収得賞金900万円
英字表記Juranville
血統 キンシャサノキセキ
血統 ][ 産駒 ]
Fuji Kiseki
Keltshaan
アリー
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Secret Partner
兄弟 エナジャイズテイエムプリンセス
前走 2019/03/10 フィリーズレビュー G2
次走予定 2019/04/07 桜花賞 G1

ジュランビルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/10 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 1871513.163** 牝3 54.0 松若風馬寺島良464(+4)1.22.1 0.135.1ノーワンプールヴ
18/12/02 阪神 9 万両賞 500万下 芝1400 8774.221** 牝2 54.0 松若風馬寺島良460(-2)1.21.2 -0.134.6ダノンジャスティス
18/11/03 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 93331.063** 牝2 54.0 和田竜二寺島良462(-2)1.22.1 0.334.5ダノンファンタジー
18/09/22 阪神 9 ききょうS OP 芝1400 9895.243** 牝2 54.0 和田竜二寺島良464(+8)1.22.3 0.135.0イッツクール
18/08/26 小倉 5 2歳新馬 芝1200 10551.511** 牝2 54.0 和田竜二寺島良456(--)1.09.5 -0.034.9⑤④ウインクルマリヒメ

ジュランビルの関連ニュース

 牝馬クラシック第1弾「第79回桜花賞」の登録が24日に締め切られ、28頭がエントリーした。

 主役は2歳女王ダノンファンタジーだ。今季初戦のチューリップ賞は直線で外に持ち出すロスがありながら、終わってみれば1馬身差の快勝。V5での戴冠を目指す。登録馬は以下の通り。



《優先出走=チューリップ賞1~3着》ダノンファンタジー 55kg(栗東・中内田充正厩舎)シゲルピンクダイヤ 55kg(栗東・渡辺薫彦厩舎)ノーブルスコア   55kg(栗東・藤原英昭厩舎)《優先出走= フィリーズR1~3着》ノーワン      55kg(栗東・笹田和秀厩舎)プールヴィル    55kg(栗東・庄野靖志厩舎)ジュランビル    55kg(栗東・寺島良厩舎)《優先出走=  アネモネS1~2着》ルガールカルム   55kg(美浦・田村康仁厩舎)レッドアステル   55kg(美浦・国枝栄厩舎)

《以下、収得賞金順》クロノジェネシス  55kg(栗東・斉藤崇史厩舎)フィリアプーラ   55kg(美浦・菊沢隆徳厩舎)メイショウケイメイ 55kg(栗東・南井克巳厩舎)グランアレグリア  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)アウィルアウェイ  55kg(栗東・高野友和厩舎)シェーングランツ  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)ビーチサンバ    55kg(栗東・友道康夫厩舎)アクアミラビリス  55kg(栗東・吉村圭司厩舎)エールヴォア    55kg(栗東・橋口慎介厩舎)ホウオウカトリーヌ 55kg(美浦・栗田徹厩舎)

《以下、除外対象(繰り上がり順。※収得賞金が同一の馬は抽選)》メイショウショウブ 55kg(栗東・池添兼雄厩舎)※1150万円アズマヘリテージ  55kg(栗東・河内洋厩舎) ※1000万円ラブミーファイン  55kg(栗東・田所秀孝厩舎)※1000万円アフランシール   55kg(美浦・尾関知人厩舎)※ 900万円イベリス      55kg(栗東・角田晃一厩舎)※ 900万円ココフィーユ    55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 900万円ラヴズオンリーユー 55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 900万円シャドウディーヴァ 55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 400万円セントセシリア   55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 400万円トロイメント    55kg(栗東・西浦勝一厩舎)※ 400万円



桜花賞の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

【桜花賞】ダノンファンタジーなど28頭がエントリー 2019年3月24日() 17:52

 4月7日に阪神競馬場で行われる2019年クラシック戦線の開幕戦・第79回桜花賞(3歳オープン、牝馬、定量、GI、芝1600メートル、フルゲート18頭、1着賞金=1億500万円)の最終登録馬が発表された。



 昨年の最優秀2歳牝馬で、年明け初戦となったチューリップ賞も快勝しているダノンファンタジー、1着同着の決着となったフィリーズレビューで優先出走権を獲得したノーワンプールヴィルクイーンCを快勝したクロノジェネシス、牡馬相手の朝日杯FSで1番人気に支持されたグランアレグリアなど28頭がエントリー。



 ホウオウカトリーヌまでの18頭が出走可能となっており、メイショウショウブ以下の10頭が除外対象となっている。登録馬は以下の通り。



《優先出走=チューリップ賞1~3着》ダノンファンタジー 55kg(栗東・中内田充正厩舎)シゲルピンクダイヤ 55kg(栗東・渡辺薫彦厩舎)ノーブルスコア   55kg(栗東・藤原英昭厩舎)《優先出走= フィリーズR1~3着》ノーワン      55kg(栗東・笹田和秀厩舎)プールヴィル    55kg(栗東・庄野靖志厩舎)ジュランビル    55kg(栗東・寺島良厩舎)《優先出走=  アネモネS1~2着》ルガールカルム   55kg(美浦・田村康仁厩舎)レッドアステル   55kg(美浦・国枝栄厩舎)

《以下、収得賞金順》クロノジェネシス  55kg(栗東・斉藤崇史厩舎)フィリアプーラ   55kg(美浦・菊沢隆徳厩舎)メイショウケイメイ 55kg(栗東・南井克巳厩舎)グランアレグリア  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)アウィルアウェイ  55kg(栗東・高野友和厩舎)シェーングランツ  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)ビーチサンバ    55kg(栗東・友道康夫厩舎)アクアミラビリス  55kg(栗東・吉村圭司厩舎)エールヴォア    55kg(栗東・橋口慎介厩舎)ホウオウカトリーヌ 55kg(美浦・栗田徹厩舎)

《以下、除外対象(繰り上がり順。※収得賞金が同一の馬は抽選)》メイショウショウブ 55kg(栗東・池添兼雄厩舎)※1150万円アズマヘリテージ  55kg(栗東・河内洋厩舎) ※1000万円ラブミーファイン  55kg(栗東・田所秀孝厩舎)※1000万円アフランシール   55kg(美浦・尾関知人厩舎)※ 900万円イベリス      55kg(栗東・角田晃一厩舎)※ 900万円ココフィーユ    55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 900万円ラヴズオンリーユー 55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 900万円シャドウディーヴァ 55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 400万円セントセシリア   55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 400万円トロイメント    55kg(栗東・西浦勝一厩舎)※ 400万円



桜花賞の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】特別登録馬2019年3月24日() 17:30

[もっと見る]

【3歳次走報】ノーワン、引き続き坂井騎手で桜花賞へ 2019年3月13日(水) 05:00

 ★フィリーズR1着同着ノーワン(栗・笹田、牝)は、引き続き坂井騎手で桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。3着ジュランビル(栗・寺島、牝)も同レースへ。鞍上も変わらず松若騎手。9着エイティーンガール(栗・飯田祐、牝)は葵S(5月25日、京都、未格付け重賞、芝1200メートル)へ。

 ★フェアリーSを制したフィリアプーラ(美・菊沢、牝)は桜花賞へ直行する。

 ★弥生賞6着サトノラディウス(美・国枝、牡)は青葉賞(4月27日、東京、GII、芝2400メートル)へ。

 ★10日中京の未勝利戦(ダ1900メートル)を勝ったスペースクラフト(栗・松永幹、牡)は、4月6日の阪神500万下(ダ1800メートル)に向かう。

ノーワンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】ノーワン&プールヴィル、同着V! 2019年3月11日(月) 05:07

 桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(芝1400メートル)が10日、阪神競馬場で18頭によって行われ、坂井騎乗で12番人気のノーワンと秋山騎乗で3番人気のプールヴィルが1着同着で、桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)の切符をつかみ取った。坂井騎手はJRA重賞初制覇。JRA重賞の1着同着は2010年のオークスアパパネサンテミリオン)以来9年ぶり6回目。3着のジュランビルまでが桜花賞の優先出走権を獲得した。

 桜の切符をかけた、意地と意地のぶつかりあい。雨のなか、2頭が鼻面をそろえてゴール板を駆け抜けた。検量室前でノーワンが1着、プールヴィルは2着のゾーンに入ったが、約10分間の長い写真判定の末、ともったランプは『同着』。JRA重賞では2010年のオークス以来となる珍事。どよめきのなか、ノーワンとともに重賞初制覇を達成した4年目の坂井騎手が声を弾ませた。

 「本当に際どくて分かりませんでしたが、同着でも勝つことができてよかったです。(重賞初制覇は)まずは師匠の矢作先生に伝えたいです」

 スタートで後手に回ったが、二の脚をきかせて中団のインをキープ。直線は内から2頭目の狭い馬群をこじあけ、懸命にムチを振り下ろして勝利をもぎ取った。一昨年の11月から約1年間にわたるオーストラリア、米国での武者修行の成果を最高の結果で示した。

 一方、一度は敗れたと思って引きあげかけたプールヴィルは、同着と分かるや表彰式へ。慌てて勝負服を着直した23年目のベテラン・秋山騎手もニッコリだ。

 「負けていたと思っていたので、勝ててよかった。正直、ここ2戦は自分でも悔しい思いをしていたので、何とか勝ちたかった」。好位直後のインで脚をため、直線は馬場のいい外めへ。しぶとく脚を伸ばして同着に持ち込み、阪神JF5着の力を誇示した。庄野調教師も「秋山らしい、この馬らしい競馬だった」と人馬をたたえた。

 今後は、ともに桜花賞を見据える。ノーワンの坂井騎手が「折り合いに問題のない馬だし、距離も問題ない」と言えば、プールヴィルの秋山騎手は「阪神JFもいいところがあったし、もちろんチャンスのある1頭」と力を込めた。ド根性娘たちが、桜の舞台でも輝きを放ちそうだ。(斉藤弘樹)

★10日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

坂井 瑠星(さかい・りゅうせい) 1997(平成9)年5月31日生まれ、21歳。東京都出身。父は大井競馬の坂井英光騎手。2016年、栗東・矢作芳人厩舎所属でデビュー。同期は藤田菜七子騎手ら。今年7勝で、JRA通算1264戦78勝(10日現在)。重賞1勝。

ノーワン 父ハーツクライ、母プレイガール、母の父カーリアン。鹿毛の牝3歳。栗東・笹田和秀厩舎所属。北海道新ひだか町・飛野牧場の生産馬。馬主は藤田好紀氏。6戦2勝。獲得賞金4750万5000円。重賞は初勝利。フィリーズレビュー笹田和秀調教師、坂井瑠星騎手ともに初勝利。馬名は「曲名より。チャンピオンになって欲しい願いを込めて」。

プールヴィル 父ルアーヴル、母ケンホープ、母の父ケンダルジャン。鹿毛の牝3歳。栗東・庄野靖志厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は吉田照哉氏。6戦3勝。獲得賞金6826万3000円。重賞は初勝利。フィリーズレビュー庄野靖志調教師、秋山真一郎騎手ともに初勝利。馬名は「絵画名より。フランスにある海辺の避暑地」。

[もっと見る]

【Fレビュー】ジュランビル3着、地力に手応え2019年3月11日(月) 05:06

 6番人気のジュランビルは同着Vの2頭から半馬身差の3着。4着イベリスに頭差先着し、桜花賞の優先出走権をゲットした。スタートを決め、道中は3番手の外を追走。直線でも先頭を奪う勢いで脚を伸ばしたが、最後は2頭の末脚に屈した。「外枠だったので外、外を回らされる感じでしたが、頑張ってくれていました。上位の中では一番強い競馬をしてくれましたね」と松若騎手。ファンタジーS以来、2度目の重賞で再び3着と地力を示した。

★10日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジュランビルの関連コラム

閲覧 501ビュー コメント 1 ナイス 8



先週は、9(土)に中山競馬場でG3中山牝馬Sが、10(日)には中京競馬場でG2金鯱賞、阪神競馬場でG2フィリーズRが、がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山牝馬Sは、カワキタエンカのペースで前半1000mを59.8秒で通過する流れ。フローレスマジックミッキーチャームワンブレスアウェイあたりが3コーナーを過ぎて早々と並び掛ける展開の中、4頭のうち最も外を通ったフローレスマジックが先頭へと躍り出ます。1番人気に支持されたノームコアを含め内の各馬は伸びあぐね、レースは一気に外差しの様相へと変わっていくと、外を通ったフロンテアクイーンウラヌスチャームアッフィラートデンコウアンジュレイホーロマンスらがまとめて上位争いへ。ハンデ戦らしく、後方各馬がどっと押し寄せてゴール前で大半の馬が横並びになる接戦を制したのは、中団から末脚を伸ばした5番人気フロンテアクイーンでした。残り100mで抜け出すと、ウラヌスチャーム以下外から迫った各馬の追撃を封じ、ハナ差V。15度目の重賞挑戦で、6歳にして初の重賞制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロ山崎エリカプロスガダイプロKOMプロ導師嵐山プロくりーくプロら計9名が的中をマークしています。
 
G2金鯱賞は、雨中のレース(稍重)を、タニノフランケルが逃げて先頭で直線へ。2番手につけたギベオンが早めに抜け出すと、これを追って人気各馬が一気にスパートを開始。直後の3番手から2番人気ダノンプレミアム、さらに後続から1番人気エアウィンザー、離れた外からはリスグラシューあたりも伸びてきます。残り300mを過ぎて、鞍上の右ムチが一発入ったダノンプレミアムが抜け出すと、一瞬にしてその差を2馬身ほどに。外からはただ1頭目立つ伸び脚でリスグラシューがここに迫りますが、再び突き放してダノンプレミアムの独壇場。2着リスグラシューに1馬身1/4差をつけて、日本ダービー以来の9ヶ月半ぶりの実戦で、見事復活Vを成し遂げています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロ岡村信将プロ夢月プロろいすプロら計9名が的中をマークしています。
 
G2フィリーズRも、中京同様に雨に見舞われ稍重馬場で発走を迎えます。ばらついたスタートでの幕開けから、アスタールビーが出ていき先頭へ。直線に入り、アウィルアウェイイベリスジュランビルと、4頭が横並びになっての攻防に持ち込まれると、2列目からはメイショウケイメイプールヴィルラミエルが進出を開始。ここへ、最内に進路を切り替えた12番人気ノーワンも急追する展開。直線半ば、一旦クビほど抜け出したイベリスを、内からノーワンが交わして先頭に立つと、外に持ち出した3番人気プールヴィルも伸びを見せます。イベリスジュランビルの2頭を挟んでの、ノーワンプールヴィルによる優勝争いは、ゴール板で鼻面を併せての際どい勝負となり、最後は写真判定に持ち込まれます。熾烈を極めた攻防は、結局1着同着という結果に。同着優勝を果たしたノーワンプールヴィルと、さらにそこから1/2馬身差の3着に粘り込んだジュランビルまでが、桜花賞への切符を手中にしています。。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロ岡村信将プロKOMプロら4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
9(土)は、中山3R中山5R阪神11Rなどで高精度予想を披露すると、G3中山牝馬Sを◎フロンテアクイーン(単勝10.5倍)で的中!さらにこの日は、阪神12R中山12Rでダメ押し。特に中山12Rは、○◎△3連複669倍の的中含む9万オーバー払戻しを記録しています。10(日)にも中京5Rの▲○◎的中などの好調予想を披露した先週は、トータル回収率133%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は、9(土)中山5R◎▲○的中や、10(日)中山3R◎▲○的中などを披露すると、中山9Rで◎イェッツトフォワードカフェからの3連単的中で、計45万900円払戻しのスマッシュヒットを披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
9(土)は中京3R中山3R中京10Rなどで好配当を記録。さらに、中山牝馬Sも◎フロンテアクイーンで仕留めるなどの活躍を披露し、プラス収支を達成。10(日)には、中山9R阪神12R中京12Rの勝負予想3R全的中のほか、G2フィリーズR的中をマークし、連日のプラス収支を記録しました。土日2日間のトータルでは、回収率114%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(128%←2週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(127%)、馬っしぐらプロ(103%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月31日(水) 15:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018ファンタジーS&京王杯2歳S編
閲覧 587ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


11月3日(土)京都11R 第23回KBS京都賞ファンタジーステークス(G3、2歳牝馬、芝・外1400m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

アウィルアウェイ(A)
この中間も2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて順調に調整されている感じ。これまで通り1週前にMデムーロ騎手騎乗で併せ馬で追い切られていて、前走並みかそれ以上のレースを期待できそう。

ラブミーファイン(D)
1800m、1200m、1800m、1400mと、長いところを使ったり短いところを使ったりと馬も戸惑いそうなローテで臨むこの馬。今回、中間の乗り込み量は少なく、強めにも追われていないため、最終追い切りでかなり良い動きを見せてくるなどの上昇がないと厳しいかもしれない。

カシノティーダ(F)
2週前に門別まで輸送してエーデルワイス賞を使い、その後栗東に戻り今回のレースとかなりハードな日程。1週前から軽めに坂路では乗られているが、前走より相手も強くなるので常識的に考えてもかなり厳しいとは思う。

ヴァニラアイス(D)
新馬戦でも◎にした馬で3戦目での勝ち上がり。2ヶ月空いたこの中間は、3週前から時計こそ出ているが速い時計の出る馬にしてみれば物足りない。まだ休み前の状態にはない感じ。

エレナレジーナ(E)
新馬戦時は美浦と函館で9週連続時計を出して新馬勝ち。ただこの中間は3本しか速い時計が出ておらず、前走時と比べると乗込み不足。美浦での時計も新馬戦時よりも劣っており、好勝負は厳しい状況。

ココフィーユ(D)
中1週での参戦でこの中間は速い時計は出ていない。前走時の時計を見てもまだ物足りない時計だった。輸送もあるので最終追い切りはそれほど強く追えないと思われ、上積みは厳しいか。

ジュランビル(B)
この中間は乗り込み量こそ少ないが、これまでの2戦と違い1週前に和田騎手騎乗で強めに追ってた。併せ馬では外に併せて先着と仕上がりは良さそうで、最終追い切りの動きも注目したい。

ダノンファンタジー(A)
この中間は2週前、1週前とかなり速い時計を出していて、未勝利勝ちの前走時よりもさらなる上積みが見込めそう。

ベルスール(E)
8月以来のレースということで乗り込み量はかなり多いものの、前走時のような終いの伸び脚は見られず。好走時の状態にはまだない。

レッドベレーザ(D)
前走デビュー勝ちも小柄な馬でトモもまだ寂しく、ビシビシ乗り込めるタイプの馬ではない印象。この中間も軽めでは乗られているが1週前もかなり軽めで、併せて遅れているところも見ると前走の疲れが残っている様子。今回は出走してきても前走ほどは走れないだろう。

レーヴドカナロア(C)
新馬戦を勝って3ヶ月ぶりのレースとなる今回。乗り込まれてはいるが併せ馬での遅れも多く、それほど目立つ時計もない。


11月3日(土)東京11R 第54回京王杯2歳ステークス(G2、2歳、芝1400m)

【JRA所属馬:9頭】(フルゲート:18頭)

アスターペガサス(C)
休み明けとなる今回だが、この中間は2週前、1週前とそれほど目立つ時計は出ていない。最終追い切りではもう少しビシッと追って速い時計をマークしてくるようでないと、前走のような脚は見られないかもしれない。

ファンタジスト(A)
前走時のコラムで、かなり良い状態で上積みがありそうと書いた馬。評価通り、レースでも強い勝ち方だった。この中間も2週前、1週前と前走時以上に坂路で好時計を出している印象で、このあたりは前走時も馬体が大きく増えていたように太りやすい体質からくる調整過程なのかもしれない。ただ、それを差し引いてもこれほど速い時計はなかなか出せるものではないので、かなりの能力の持ち主であることは間違いないと思われる。

アウィルアウェイ(A)
ファンタジーSにも登録があるが、こちらに出走する予定とのこと。この中間の評価については、ファンタジーS項にも書いた通り、順調な調整で前走並みかそれ以上のレースに期待がかかる出来。

シングルアップ(B)
前走時は間隔が詰まっていたこともあり、1週前も最終追い切りも物足りない内容だった。この中間は間隔が空いたことで、1週前は長めから好時計と前走時より状態が良さそうに映る。

カルリーノ(B)
前走重賞で3着に好走しただけのことはあり、この中間はデビュー前の美浦での時計と比べても良い時計が出ている。2週前、1週前と併せ馬で先着していて時計も優秀。良い状態で仕上がってきている印象。

ココフィーユ(D)
ファンタジーSにも登録があり、そこで触れた通り上積みは厳しい印象。輸送することを考えるとこちらに出走するほうが調整はしやすいのかもしれない。

プライム(C)
先週3戦目での未勝利勝ち。出走してくれば連闘となり、1ヶ月半の間に4戦目となるので良い状態での出走は厳しくなりそう。

メイショウオニテ(B)
新馬戦時の調教でもなかなかの好時計が出ていた馬。その初戦こそ9着に敗れたが、次走はキッチリ勝ち上がり調教での良さがレースに結びついた印象。この中間は2週前、1週前と前2走時から更に上昇し出来に関しては前走以上。

ラバストーン(E)
夏に6戦して前走後から間隔が空いているとはいえこの中間は目立つ時計は出ていない。乗り込み量もそれほど多くなく、この相手ではかなり厳しい。



◇今回はファンタジーS&京王杯2歳S編でした。
今年はJBCが京都で開催されることもあり、年末まで毎週G1レースが行われていきます。コラムも主要G1レースについては執筆の予定ではありますが、個人的にはそれ以上に12月の2歳G1レース、そして来年のクラシックを意識しています。なので、その辺りを見据えつつ2歳重賞、3歳重賞についてはG1レース以上にたくさんのレースをこのコラムで取り上げたいと思っています。最終的に皐月賞、NHKマイルC、日本ダービー桜花賞オークス予想の際の参考資料として、新馬、未勝利戦の予想を含め、これまでに書き溜めてきたコラムが有益なものになっていけばと考えています。そして、そうなると信じてコツコツと続けていきたいと思っています。

それでは次回、デイリー杯2歳S編(予定)でお会いしましょう。


ファンタジーS、京王杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ジュランビルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 109ビュー コメント 40 ナイス 156

****************************
この週末は、WIN5キャリーオーバー。
重賞も4つ有るなか、オジュウチョウサンの障害レース帰り
ダノンプレミアムの復活、フィリーズレビューの同着優勝など。。。
2日間の競馬お疲れ様でした。
―――――――――――
 
阪神スプリングジャンプ(G2)
1着。オジュウチョウサン (石神)____1位①
2着。タイセイドリーム (平沢)_____2位②
3着。シンキングダンサー (金子)____3位③

中山牝馬S(G3)
1着。フロンテアクイーン (三浦)____3位⑤
2着。ウラヌスチャーム (ミナリク)___11位③
3着。アッフィラート (武藤)______12位⑪

金鯱賞(G2)
1着。ダノンプレミアム (川田)_____8位②
2着。リスグラシュー (シュタルケ)___3位⑤
3着。エアウィンザー (武豊)______11位①

フィリーズレビュー(G2)
1着。ノーワン (坂井)______14位⑫
1着。プールヴィル (秋山)_____1位③
3着。ジュランビル (松若)_____8位⑥

――――――――――
〈U指数〉
阪神スプリングジャンプは、完璧。
他レース、1位~3位と8位の2頭決着! ヾ(ーー )

【阪神スプリングジャンプ】
オジュウチョウサンの貫禄勝ち
本番では、タイセイドリームとの馬連は1倍台突入?

【中山牝馬S】
ハンデ戦らしいゴール前激戦。
皇成の区切り勝利!何勝?ヾ(ーー )

【金鯱賞】
ダノンプレミアムの万全復活勝利!

【フィリーズレビュー】
このレースのラストは激戦必至。
内と外を伸びた2頭の同着決着!坂井R騎手重賞初制覇!

@WIN5 ①→⑫→②→⑫③→②

5-6-1-1-12
10,282,010円
(101票)

5-6-1-6-12
1,602,650円
(648票)

。。。。もちろん、2つ目で外しました。他は当たってます。
2着アストラエンブレムなら有ったんですけど、さすがJRA。
同着含みおもしろい答えを出してきました。。。と強がり。

*********** 

プレミアム復活!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=6901e9603d&owner_id=4a85df85ef

**********************************

 ちびざる 2019年3月10日() 17:54
【GⅡ】フィリーズレビューの結果
閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 6

1着:①ノーワン
1着:⑥プールヴィル
3着:⑮ジュランビル


私の◎にした⑤アウィルアウェイは7着でした。
1着の①ノーワンは無印
1着同着の⑥プールヴィルは▲
3着は⑮ジュランビルは×

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
⑥⑫→⑥⑪⑨⑮
馬連BOX
⑥⑪⑨⑮

でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○
(日記での予想は3連複1頭軸流しでしたが、⑤アウィルアウェイのオッズが思ったほどではなかったので、変更しました。)


 まずは、⑤アウィルアウェイに関して、今日は、前目で競馬をしました。
おそらくこれまでと同じレースをすると、進路がなくなる恐れがあるので
スタートも決まったため、あの位置になったのかもしれません。
それが裏目に出てしまいましたね。
全く良さが出ていませんでした。
現状は、後ろからの競馬のが力を出せるのかもしれません。


1着のノーワンについて、後方から一気きましたね。
進路が空くかどうか微妙でしたが、上手く割って伸びてきましたね。
マイルもこなせそうですが、桜花賞は厳しいと思います。
今日は上手くハマった感じがします。


同着で1着だった⑥プールヴィルも外から良く脚を伸ばしました。
今回はキッチリ同着とはいえ勝ちを拾ったことは大きいですね。
距離は千四が合っていると思います。
桜花賞では、阪神ジュベナイルフィリーズの再戦となるわけですが
もう一工夫が必要になると思います。


的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

 モズ@ 2019年3月10日() 17:37
フィリーズレビュー回顧
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 11



12.2-10.8-11.9-11.9-11.7-11.3-12.2

逃げるアスタールビーを
番手外からアウィルアウェイ、
イベリスの2頭がガードした事で
早めの中弛み大勢も、

4番手外のジュランビルが
前3頭に圧を掛けてきたため、
中盤は大きく緩まず淡々と流れる展開。

結果的に後続は馬群が膨れたまま
ダラダラと脚を使う競馬になり、
外差し勢にとってはかなり厳しい流れ。



1着ノーワン

内枠有利の展開になった事と、
先団が早めに仕掛けて
終いが落ちた事が今回の勝因。

3走前の京都未勝利戦でも
終いが落ちる流れで
一頭伸び脚が際立っていたので、
この形が合っているんだと思う。



1着プールヴィル

直線内から外へ持ち出すために
ワンテンポ待った事が良かった印象。

最後はヨレ気味で
2着のようにも見えたが同着。



3着ジュランビル

外を回り続けていて
かなり強引な競馬にはなったが、
そのおかげで今回の展開ができたので
乗り方としては良かったと思う。



7着アウィルアウェイ

乗り難しさは感じる馬だったが、
さすがに先行させるのは想定外。

再加速が利きにくい走法で
基本的には後方から運びたい。



12着キュールエサクラ

外差し展開で期待したが、
この流れではどうやっても無理。





積極的に攻めそうな馬が少なかったので
先行~内有利の展開も考えたが、

キュールエサクラを買いたいがために
外差し展開を仕立てるような予想をして
結果大惨敗。

ただ、内有利の想定を立てても
加速の良さが見えなかったノーワンは買えない。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジュランビルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ジュランビルの写真

ジュランビル

ジュランビルの厩舎情報 VIP

2019年3月10日フィリーズレビュー G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジュランビルの取材メモ VIP

2019年3月10日 フィリーズレビュー G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。