セントセシリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
セントセシリア
セントセシリア
写真一覧
現役 牝3 栗毛 2016年3月9日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主田所 英子
生産者天羽牧場
生産地日高町
戦績10戦[1-0-1-8]
総賞金908万円
収得賞金400万円
英字表記Saint Cecilia
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
セシリア
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
マシュール
兄弟 レディトゥラン
前走 2019/08/03 3歳以上1勝クラス
次走 2019/08/25 千歳特別

セントセシリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/03 札幌 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 113326.575** 牝3 52.0 中谷雄太矢作芳人392(+2)1.49.1 1.137.4ターフェルムジーク
19/07/27 札幌 10 羊ヶ丘特別 1勝クラス 芝1500 101122.673** 牝3 52.0 吉田隼人矢作芳人390(+4)1.28.7 0.435.3カルリーノ
19/04/06 阪神 6 3歳500万下 芝1600 1233107.1109** 牝3 54.0 川島信二矢作芳人386(-2)1.36.4 0.833.9ゴータイミング
19/03/23 阪神 9 君子蘭賞 500万下 芝1800 1133213.7119** 牝3 54.0 吉田隼人矢作芳人388(+6)1.48.0 1.235.6⑩⑩フェアリーポルカ
19/01/12 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 16510346.71612** 牝3 54.0 中谷雄太矢作芳人382(-8)1.36.6 0.635.4⑥⑦⑦フィリアプーラ
18/12/23 阪神 9 千両賞 500万下 芝1600 1256280.6127** 牝2 54.0 中谷雄太矢作芳人390(-4)1.36.7 0.935.0⑫⑫マイネルフラップ
18/12/09 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 1255132.7117** 牝2 54.0 中谷雄太矢作芳人394(-6)1.23.2 0.835.6④⑤アフランシール
18/09/01 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 1446312.91313** 牝2 54.0 川島信二矢作芳人400(+14)1.54.0 3.941.0⑦⑬ニシノデイジー
18/08/25 札幌 2 2歳未勝利 芝1500 7222.821** 牝2 54.0 川島信二矢作芳人386(-6)1.33.7 -0.535.8④⑥トーセングラート
18/08/05 札幌 5 2歳新馬 芝1800 116722.155** 牝2 54.0 川島信二矢作芳人392(--)1.52.6 0.635.2モンテアーサー

セントセシリアの関連ニュース

 牝馬クラシック第1弾「第79回桜花賞」の登録が24日に締め切られ、28頭がエントリーした。

 主役は2歳女王ダノンファンタジーだ。今季初戦のチューリップ賞は直線で外に持ち出すロスがありながら、終わってみれば1馬身差の快勝。V5での戴冠を目指す。登録馬は以下の通り。



《優先出走=チューリップ賞1~3着》ダノンファンタジー 55kg(栗東・中内田充正厩舎)シゲルピンクダイヤ 55kg(栗東・渡辺薫彦厩舎)ノーブルスコア   55kg(栗東・藤原英昭厩舎)《優先出走= フィリーズR1~3着》ノーワン      55kg(栗東・笹田和秀厩舎)プールヴィル    55kg(栗東・庄野靖志厩舎)ジュランビル    55kg(栗東・寺島良厩舎)《優先出走=  アネモネS1~2着》ルガールカルム   55kg(美浦・田村康仁厩舎)レッドアステル   55kg(美浦・国枝栄厩舎)

《以下、収得賞金順》クロノジェネシス  55kg(栗東・斉藤崇史厩舎)フィリアプーラ   55kg(美浦・菊沢隆徳厩舎)メイショウケイメイ 55kg(栗東・南井克巳厩舎)グランアレグリア  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)アウィルアウェイ  55kg(栗東・高野友和厩舎)シェーングランツ  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)ビーチサンバ    55kg(栗東・友道康夫厩舎)アクアミラビリス  55kg(栗東・吉村圭司厩舎)エールヴォア    55kg(栗東・橋口慎介厩舎)ホウオウカトリーヌ 55kg(美浦・栗田徹厩舎)

《以下、除外対象(繰り上がり順。※収得賞金が同一の馬は抽選)》メイショウショウブ 55kg(栗東・池添兼雄厩舎)※1150万円アズマヘリテージ  55kg(栗東・河内洋厩舎) ※1000万円ラブミーファイン  55kg(栗東・田所秀孝厩舎)※1000万円アフランシール   55kg(美浦・尾関知人厩舎)※ 900万円イベリス      55kg(栗東・角田晃一厩舎)※ 900万円ココフィーユ    55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 900万円ラヴズオンリーユー 55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 900万円シャドウディーヴァ 55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 400万円セントセシリア   55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 400万円トロイメント    55kg(栗東・西浦勝一厩舎)※ 400万円



桜花賞の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

【桜花賞】ダノンファンタジーなど28頭がエントリー 2019年3月24日() 17:52

 4月7日に阪神競馬場で行われる2019年クラシック戦線の開幕戦・第79回桜花賞(3歳オープン、牝馬、定量、GI、芝1600メートル、フルゲート18頭、1着賞金=1億500万円)の最終登録馬が発表された。



 昨年の最優秀2歳牝馬で、年明け初戦となったチューリップ賞も快勝しているダノンファンタジー、1着同着の決着となったフィリーズレビューで優先出走権を獲得したノーワンプールヴィルクイーンCを快勝したクロノジェネシス、牡馬相手の朝日杯FSで1番人気に支持されたグランアレグリアなど28頭がエントリー。



 ホウオウカトリーヌまでの18頭が出走可能となっており、メイショウショウブ以下の10頭が除外対象となっている。登録馬は以下の通り。



《優先出走=チューリップ賞1~3着》ダノンファンタジー 55kg(栗東・中内田充正厩舎)シゲルピンクダイヤ 55kg(栗東・渡辺薫彦厩舎)ノーブルスコア   55kg(栗東・藤原英昭厩舎)《優先出走= フィリーズR1~3着》ノーワン      55kg(栗東・笹田和秀厩舎)プールヴィル    55kg(栗東・庄野靖志厩舎)ジュランビル    55kg(栗東・寺島良厩舎)《優先出走=  アネモネS1~2着》ルガールカルム   55kg(美浦・田村康仁厩舎)レッドアステル   55kg(美浦・国枝栄厩舎)

《以下、収得賞金順》クロノジェネシス  55kg(栗東・斉藤崇史厩舎)フィリアプーラ   55kg(美浦・菊沢隆徳厩舎)メイショウケイメイ 55kg(栗東・南井克巳厩舎)グランアレグリア  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)アウィルアウェイ  55kg(栗東・高野友和厩舎)シェーングランツ  55kg(美浦・藤沢和雄厩舎)ビーチサンバ    55kg(栗東・友道康夫厩舎)アクアミラビリス  55kg(栗東・吉村圭司厩舎)エールヴォア    55kg(栗東・橋口慎介厩舎)ホウオウカトリーヌ 55kg(美浦・栗田徹厩舎)

《以下、除外対象(繰り上がり順。※収得賞金が同一の馬は抽選)》メイショウショウブ 55kg(栗東・池添兼雄厩舎)※1150万円アズマヘリテージ  55kg(栗東・河内洋厩舎) ※1000万円ラブミーファイン  55kg(栗東・田所秀孝厩舎)※1000万円アフランシール   55kg(美浦・尾関知人厩舎)※ 900万円イベリス      55kg(栗東・角田晃一厩舎)※ 900万円ココフィーユ    55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 900万円ラヴズオンリーユー 55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 900万円シャドウディーヴァ 55kg(美浦・斎藤誠厩舎) ※ 400万円セントセシリア   55kg(栗東・矢作芳人厩舎)※ 400万円トロイメント    55kg(栗東・西浦勝一厩舎)※ 400万円



桜花賞の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】特別登録馬2019年3月24日() 17:30

[もっと見る]

【斬って捨てる!】フェアリーS 芝1500m以上で2着以内未経験馬の連対ゼロ!前走1200m組は3着まで!2019年1月12日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、フェアリーSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
芝1500m以上で2着以内の経験がない馬の連対例はゼロ(2009年以降)

アゴベイ
サンタンデール
ウィンターリリー
ホウオウカトリーヌ
プリミエラムール
チビラーサン
レディードリー
メイプルガーデン

前走が4~5着のひと押し足りない着順に留まっていた馬の好走例は皆無(2009年以降)

サンタンデール
レディードリー

前走が新馬戦あるいは未勝利戦だった馬を除くと、前走1着馬の連対例はみられない(2009年以降)

ホウオウカトリーヌ

前走が1200m戦だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

サンタンデール
ウィンターリリー
ホウオウカトリーヌ

前走がオープン特別だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ウィンターリリー

前走で東京以外の牝馬限定新馬戦に出走していた馬の好走例はみられない(2009年以降)

スカイシアター

前走が新馬戦だった栗東所属馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アクアミラビリス

前走の馬体重が420キロ未満だった馬の好走例は皆無(2009年以降)

セントセシリア

中3週以内のローテーションで臨んだ馬の連対例はゼロ(2009年以降)

フィリアプーラ
ウィンターリリー
セントセシリア
メイプルガーデン

【人気】
9番人気以下、かつ栗東所属馬の好走例は皆無(2009年以降)
※10時00分現在の9番人気以下、かつ栗東所属馬

レーヴドカナロア
セントセシリア

【枠順】
馬番枠2番、12番の好走例は皆無(2009年以降)

アゴベイ
チビラーサン

馬番枠16番の連対例はゼロ(2009年以降)

アマーティ

【血統】
母父にナスルーラ系種牡馬を配する馬の連対例は皆無(2009年以降)

スカイシアター
レーヴドカナロア
レディードリー

ハーツクライ産駒の好走例はゼロ(産駒初出走以降)

アゴベイ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
エフティイーリス
グレイスアン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】フェアリーS 1~4枠優勢!前走1600m出走馬が好成績!2019年1月12日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、フェアリーSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走1600m出走馬が好成績(2009年以降)

フィリアプーラ
スカイシアター
セントセシリア
アクアミラビリス
グレイスアン
レディードリー
アマーティ

2014年以降の3着以内馬はすべて1勝馬

フィリアプーラ
アゴベイ
エフティイーリス
スカイシアター
サンタンデール
レーヴドカナロア
プリミエラムール
セントセシリア
アクアミラビリス
チビラーサン
グレイスアン
レディードリー
メイプルガーデン
アマーティ

【人気】
波乱傾向のレースながら、必ず1頭は1~3番人気馬が3着以内に入っている(2009年以降)
※9時30分現在の1~3番人気

フィリアプーラ
エフティイーリス
アクアミラビリス

前走が東京芝1600mあるいは中山芝1800m以上だった、10番人気以下の一発が多い(2009年以降)
※9時30分現在の10番人気以下、かつ条件を満たす馬

レディードリー

【脚質】
逃げと差しがおおむね互角(2009年以降)

※過度に意識する必要はない

【枠順】
馬番枠2番を除く、1~4枠優勢(2009年以降)

フィリアプーラ
エフティイーリス
スカイシアター
サンタンデール
レーヴドカナロア
ウィンターリリー
ホウオウカトリーヌ

馬番枠15番が2014年以降【1.2.0.2】と活躍

メイプルガーデン

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が優勢(近年の傾向)

フィリアプーラ
アゴベイ
エフティイーリス
スカイシアター
サンタンデール
ウィンターリリー
ホウオウカトリーヌ
プリミエラムール
セントセシリア
アクアミラビリス
チビラーサン
グレイスアン
レディードリー
メイプルガーデン
アマーティ

サンデーサイレンス系×キングマンボ系もしくはノーザンダンサー系配合(逆もあり)馬の好走例が多い(近年の傾向)

フィリアプーラ
アゴベイ
エフティイーリス
ホウオウカトリーヌ
セントセシリア
アクアミラビリス
チビラーサン
グレイスアン


【4項目以上該当馬】
フィリアプーラ(6項目)
エフティイーリス(5項目)
アクアミラビリス(5項目)
スカイシアター(4項目)
セントセシリア(4項目)
グレイスアン(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】フェアリーS 指数80.0以上の前走芝1600m以上出走馬が中核!指数8~13位の人気薄に要注意!2019年1月12日() 09:20

フェアリーSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
低指数馬の食い込みが目立つ重賞だが、指数80.0以上の馬が揃って2着連対を逃した年はゼロ。なかでも、前走で芝1600m以上のレースに出走、かつ1勝馬に絞り込むと、好走率は一段とアップする。

指数80.0以上、かつ条件を満たす馬

フィリアプーラ
セントセシリア
アクアミラビリス
レディードリー
アマーティ

<ポイント②>
毎年必ず指数8~13位のうち、最低1頭が馬券に絡んでおり、人気薄で穴をあけるケースもしばしば。とりわけ、芝1500m以上のレースで2着以内の経験がある馬の期待値が高い。

指数8~13位、かつ条件を満たす馬

エフティイーリス
グレイスアン

<ポイント③>
2着連対を果たした馬の最低指数は78.1。これを下回る馬は3着までが精一杯。

指数78.0以下

スカイシアター
レーヴドカナロア
グレイスアン
メイプルガーデン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

セントセシリアの関連コラム

桜花賞2019

2019年4月4日(木) 11:00

覆面ドクター・英

閲覧 1,834ビュー コメント 1 ナイス 9

先週のG1大阪杯は、1着、2着が○◎だったのですが、一番多く買った3連単は、3着マカヒキ抜けでダメでした。馬連36.8倍もついていて、欲張らずこっちにつぎこめばいいんですけどねー。WIN5も4レース目まで当たっていたので、キセキ1頭でのラスト5つ目が2着と、こちらも残念無念。1番人気のブラストワンピースが、この舞台は適性が低そうであること、人気の上り馬のエアウィンザーが、一線級と戦っていない割に人気し過ぎるという見立てまでは合っているのですが......。桜花賞は3連単、そしてWIN5とびしっと当てたいものです。

新元号となり(施行は5月からのようですが)、また新年度一発目のG1でもあり、やはり桜花賞はG1の中でも特に楽しみなレースです。牝馬はデビューしてほぼ皆ここを目指してくるので、世代最強牝馬決定戦として、昔から好勝負に期待がかかるレースでもあります。現在のコース形態になってからは紛れが減り、ここで強い勝ち方をした馬は繁殖に上がってもまず、期待できる仔を出してきます。その意味では、将来を占う上でも、注目の一戦です。今年は有力馬がはっきりしていて、馬券的には荒れないのかもしれませんが、一方でとても見ごたえあるレースになりそうです。


<全頭診断>

1番人気想定 ダノンファンタジー:デビュー戦のみグランアレグリアに負けたが、その後は4連勝でチューリップ賞もしっかり勝ち、安定感からすると最有力なのは間違いなし。頭かどうかはともかく、この馬なしの馬券は要らないのでは(もちろん故障や、致命的な不利はありえるのだが)。

2番人気想定 グランアレグリア:デビューから2連勝で臨んだ朝日杯FSで、ややラフプレー気味に寄られて、ひるんで3着に負けてしまったが、ダノンファンタジーよりこっちの潜在能力が上という見立てもありだろう。ディープインパクト×タピット牝馬という(日本の高額種牡馬×アメリカの高額種牡馬が父の繁殖牝馬)最もお金のかかる配合で、こっちを軸にする手ももちろん有りそう。

3番人気措定 クロノジェネシス:阪神JFではダノンファンタジーに惜敗したが、そう差はなかった。ここで軸にしても良いだけの実力は、この馬もある。むしろ遅すぎたG1初制覇という印象の北村友一騎手(先週の大阪杯制覇)の勢いを買う手も。

4番人気想定 シェーングランツ:良血馬らしくアルテミスSを6番人気ながら潜在能力だけで制したが、チューリップ賞は正直がっかりな内容。完成しないまま、繁殖で期待か。この馬に限った話ではないが、3強と想定4番人気以降は実力差がありそう。

5番人気想定 ビーチサンバ:この世代の上位にいるが、新馬戦勝ち後のこの3戦は毎回3強には負けており、大一番で逆転するのは難しそうで、善戦止まりでは。

6番人気想定 アクアミラビリス:前哨戦のエルフィンSを勝って、3戦2勝での参戦。人気になりにくいヴィクトワールピサ産駒で、十分通用する力量あり。ただ前走でデビュー以来最低体重の418kg。大仕事するには小さすぎるか。

7番人気想定 シゲルピンクダイヤチューリップ賞2着馬で、シゲルという冠号からG1で期待する人は少ないのかもしれないが、母系は結構底力ありそう。前走がフロックでなく、真の実力馬という可能性も十分ありそう。

8番人気想定 ノーブルスコア:オープンで3戦連続3着と前哨戦では惜敗続きも、3戦とも0.1秒から0.3秒までの差。小さい馬だが名門の藤原英厩舎所属で、大一番で通用してもいい。

9番人気想定 エールヴォア:エリカ賞勝ち後のフラワーCで1番人気2着。厳しい流れになるのも、阪神マイルも良さそうで楽しみもある。


10番人気以下想定

アウィルアウェイ:4戦すべてで1番人気の、名前からも分かる通りのジャスタウェイ産駒。京王杯2歳Sの2着馬だが、早熟傾向なのか気性の問題なのか、相手が弱かったフィリーズレビューで1番人気7着と、トップグループから脱落しつつある。1400mまでしか距離経験もなく、ここで巻き返すタイプでもないのでは。

ルガールカルム:クロッカスS2着でアネモネS勝ちといかにも裏路線的な馬だが、力は通用するものがあり、楽しみ。「ゴールから逆算して考えるようになった」という三浦騎手は、そろそろG1でもちょくちょく上位に来てもいい頃では。

ラヴズオンリーユー:2戦2勝馬でリアルスティールの下だが、2戦ともに鋭い末脚を繰り出していて、ポテンシャル的にやれていい。あとは出走できるかどうか。

フィリアプーラ:未勝利とG3フェアリ-S勝ち馬だが、まだ幼い印象が強く、良くなるのは秋か。

レッドアステル:新馬勝ち後のアネモネSを2着しての参戦。3戦目で更に上積みあるだろうし、阪神マイルなら通用して良い。ただ、小さい馬で良くなるのは秋頃か。

ジュランビル:1400mまでしか経験がなく、キンシャサノキセキ産駒だけにマイルの方がいいとも言えないのでは。

プールヴィル:実績は1400mまでではあるが、阪神JFは不利もありノーカウントの一戦。父父父がラーイで、母方にはゲイメセンやメンデス、デュラブなど懐かしい名前のある血統表で、重馬場は向きそう。その反面気性が激しそうな点が予測されるが、激走があってもおかしくない社台Fのマル外。

ノーワン:未勝利勝ち後のフィリーズRを12番人気で制して、連勝での参戦。ただ倒してきた相手は弱く、坂井騎手には頑張って欲しいが、ちょっと力が落ちるか。

メイショウショウブ:デイリー杯2歳Sの2着馬だが、阪神JF6着、チューリップ賞9着とトップグループから脱落気味。特に強調材料なし。

メイショウケイメイ:あまりにも産駒がスピード不足で日本では成功しなかったワークフォース産駒にしては、1月の紅梅S勝ちと頑張っているのだが......。フィリーズR5着で、当時が410kg台。小柄なタイプだけに巻き返しは期待薄。

イベリス:フィリーズR4着馬だが、勝ち馬が12番人気だったように低レベルなレースで、特に要らなそう・

ラブミーファイン:新馬戦勝ち、函館2歳S2着の後はパッとせず、ここ2戦は2ケタ着順続きと低迷していて早熟傾向がありそう。コパさんの馬だけに、ダート転向や地方転出などでもうひと花咲かせてほしいが。

ホウオウカトリーヌ:フェアリーSで2着した後にフィリーズRでは10着と、上り調子ではない。父マツリダゴッホ自身の競走成績とは全く違い、ローカル1200mあたりが産駒の活躍の場となっており、阪神マイルでの瞬発力勝負では分が悪い。

セントセシリア:500万下で掲示板にのれないように強調材料ゼロ。

シャドウディーヴァ:下のクラスで3着、フラワーC4着とパッとせず。前走も1800mでも忙しいと言われており、オークスで期待か(実際は、北海道などローカル2600mあたりが活躍の場と見ているが)。

ココフィーユ:フィリーズRで10番人気で17着と状況厳しい。

アズマヘリテージ:新馬と小倉2歳Sの2着後はあまり惜しくない負け続きで、期待薄。

アフランシール:500万下を12月に勝ってのチューリップ賞で、8番人気8着だけに、ここでは厳しそう。

トロイメント:未勝利勝ち後の500万下2戦で掲示板載れていないように力不足。


<まとめ>
3強にどこまで他の馬が食らいついていくかという構図

有力:ダノンファンタジークロノジェネシスグランアレグリア

ヒモに:アクアミラビリスシゲルピンクダイヤノーブルスコアビーチサンバラヴズオンリーユー


登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月30日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018札幌2歳ステークス&小倉2歳ステークス編
閲覧 928ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


9月1日(土) 第53回 札幌2歳ステークス(G3、2歳 芝1800m)

【JRA所属馬:15頭】(フルゲート:14頭)

ラブミーファイン(前走440㎏±0、中5週)<B>
前走時は軽めの追い切り1本での出走だったが、この中間は2週前から時計を出して1週前には強めに追われている。そして直前の日曜日には併せ馬で先着と、調整は順調。

アフランシール(前走474㎏、中6週)<B>
新馬戦時は美浦で入念に乗り込まれ、函館での最終追い切りでも力強い伸び脚でかなり良い仕上がりに映りAA評価で本命◎を打った馬。結果も期待通りの1着となった。この中間は札幌で調整されていて、1週前には芝コースで内に併せて先着。間隔もあって、牝馬なので1週前に強めにビシッと追ってほしい感じもするが、前走時のように最終追い切りの動きが良ければ問題はなさそう。

ウィクトーリア(前走462㎏、中5週)<B>
前走時は美浦で乗り込まれ、函館に移動してからは2本時計を出して臨んだ一戦。まだ時計的には物足りない感じもしていたがレースでは1着。この中間は、1週前に藤田菜七子騎手が騎乗しての札幌ダートコースでの追い切りで、3頭併せの内で2頭に先着と引き続き調子は良さそう。

エメラルファイト (前走446㎏、2ヶ月半)<A>
新馬戦時の調教では石川騎手騎乗で好時計をマーク。ただ、時計は出ていたものの終いの時計が掛かっていたことから少し評価を下げていたところ、レースでは直線で抜け出してクビ差押さえての勝利。この中間は函館で順調に乗り込まれ、日曜日には札幌ダートで強めに追われて好時計。全体時計に加えて終いの時計も出るようになってきていて、上積みがありそうな感じ。

クラージュゲリエ(前走468㎏、中4週)<B>
前走時は栗東で好時計が出ていて、札幌移動後も芝、ダートで併せて先着と仕上がりが良さそうだったので本命視◎。レースでも期待に応えてくれて新馬勝ち。そして、この中間は1週前に芝コースで併せて強めに追われている。前走時とはコースが違うが、内容的には同じような評価を与えられるもので、前走時の状態をキープできているとみていいだろう。

クリスタルバローズ(前走460㎏、2ヶ月)<E>
前走時は美浦で乗り込まれてなかなかの時計も出ていたので△評価(新馬V)。この中間は札幌に移動しての調整で、時計的には前走時と比べると物足りない内容が多い。

トーセンギムレット(前走508㎏+2、中2週)<D>
前走時は速い時計も出ていて併せ馬でも先着と、新馬戦時以上の出来とみていい仕上がりも4着。レースは、前に行った馬が残る展開を中団から終い最速の上りの脚を使うも届かずといった内容だった。この中間は、馬なりで軽めの調整とここ2戦と比べるとかなり物足りない印象。

ナンヨーイザヨイ(前走464㎏+2、中5週)<D>
前走時は動きが素軽くなったように見え、良化は窺えたものの時計が物足りずで、レースでも人気を裏切る内容に終わった。この中間も時計的に物足りず変わり身が感じられない。

セントセシリア (前走386㎏-6、連闘)<D>
もともと入厩してから少ない本数で出走する厩舎で、馬自体かなり小柄で仕上げやすいこの馬。ただ、デビューから中2週、連闘での出走で疲れが出てきて当然の状況ゆえ、出走してきても状態面での不安はつきまとう。

ダディーズマインド (前走472㎏±0、2ヶ月)<D>
新馬戦時の調教から終いの時計が掛かるところがある馬。使われて少しずつ時計を詰めてきているが、この中間もまだ全体時計に比べると終いの時計は掛かり気味で大きく変わってきている感じはない。

テイエムバリバリ (前走452㎏+4、中5週)<F>
新馬戦時も前走時も時計は物足りなかったものの、併せ馬では先着していてそのあたりの勝負根性が前走の未勝利勝ちにつながった印象。この中間も相変わらず時計は平凡で、直前輸送での出走となるのでかなり厳しい戦いになりそう。

トーラスジェミニ(前走458㎏+2、中2週)<D>
新馬戦時の追い切りでは悪くない時計が出ていたので走らない馬ではないとは思うが、7月に3戦して前走未勝利勝ちから、この中間速い時計を出していない点は割引。しかも、直前輸送での出走となるので状態面での不安は大きい。

ニシノデイジー (前走476㎏-2、中5週)<B>
新馬戦時は3週連続併せ馬で先着していたものの、時計は物足りず無印評価(2着)。その後中1週で出走した前走は、函館Wで好時計をマークして臨みしっかり人気に応えての未勝利勝ち。この中間も間隔に余裕があるとはいえ、しっかりと乗り込まれているし、1週前段階で前走時くらいの好時計が出ていて、さらなる上積みが見込めそうな感じ。

ハクサンタイヨウ (前走462㎏、中3週)<D>
新馬戦時の調教では終いの時計がかなり掛かっていてD評価の無印。その後前々走、前走と函館Wで良い時計が出るようになってきて、前走時は◯印評価で未勝利を突破した。すでに3戦していて、この中間は中3週あるものの前走ほど目立つ時計は出ていないことから、前走時の状態をキープするだけでいっぱいといったところか。

ラバストーン(前走458㎏-2、中1週)<D>
前走は6戦目にして最低人気での未勝利勝ち。特にカリカリする馬ではないので、前走時のパドックでも使い詰めの割には好馬体に映った。だが、見えない疲れもかなりあるハズで......。

【地方馬:1頭】

ナイママ(前走436㎏-10、中2週)<C>
門別でのデビュー前の能力検査では、首が高い印象がありC評価としたが圧勝のデビュー勝ち。これまでのレースはすべて外を回って自分で勝ちに行くレースをしていて、着差以上に強い内容。ただ、その分目いっぱいに走っているということもあってか前走時も-10㎏で馬体も細く見せており、疲れがあるのではないかと思う。




9月2日(日) 第38回小倉2歳ステークス(G3、2歳、芝1200m)

【登録頭数:16頭】

シングルアップ(前走436㎏-10、中2週)<C>
新馬戦時は乗り込まれてはいたものの、特に目立つ時計は出ていなかったので無印(1着)。前走時は1週前、最終追い切りとCWを長めから好時計が出ていてかなり良い調教内容だったため◎評価でレースでも1着。この中間は間隔が詰まっているため1週前追い切りは特に目立たない内容なので、最終追い切りでどれだけビシッと追って仕上げてくるかに注意したい。

カシノティーダ(前走486㎏+4、連闘)<B>
九州産馬限定戦を3戦使われているが、馬体も増えていて、調教時計も使われる毎に良くなっていて、レースタイムも詰めていて、とこの勢いだと連闘でも軽視できないくらい不気味なところがある。

アズマヘリテージ(前走448㎏、中1週)<D>
新馬戦の前走時は、毎回坂路で好時計が出ていて終い切れそうだったので◎で1着。この中間、速い時計が出ていない点はマイナス材料になるが、それ以上に最終追い切りでどんな時計でどんな動きを見せるかに注目したい。その内容次第では評価が変わる可能性もあり。

アーデントリー (前走436㎏±0、中2週)<C>
新馬戦時はレース週に速い時計を出していなかったため無印評価も1着。◎馬が出遅れてモタモタしたレースをしたこともあり、こちらはスムーズなレースができたことが勝因だろう。前走時も軽めの調整で、この中間も坂路で乗られているが速い時計はなしと、高く評価する材料はない。

エイシンノホシ(前走464㎏、中2週)<C>
新馬戦時は坂路で好時計が出ていて、早めに小倉入りして仕上がり良好(◎評価で1着)。この中間も小倉に滞在しての調整で、強めには追われていないものの長めから速い時計を出していて何とか状態をキープできている感じ。最終追い切りで強めに追って好時計が出るようなら、“平行線”以上の状態かもしれないが。

ジャカランダシティ(前走444㎏、2ヶ月半)<C>
前走(新馬戦)時は2週前、1週前と強めに追われて直前2本は馬なりと仕上がりが良さそうだったので◎評価とし1着。この中間はローテーションに余裕があり、乗り込まれているが2週前、1週前追い切りは前走時と比べると物足りない内容に映る。

タムロドリーム (前走466㎏、中2週)<B>
前走時は乗り込み量こそ少なかったものの、かなりの好時計をマークしており、素質を感じさせる内容だった(◎評価で1着)。この中間は1週前に坂路で速いタイムをマーク。これで最終追い切りでも速い時計を出してくるようなら、前走のような仕上がりで出走できそう。

チュウワフライヤー(前走500㎏+4、中2週)<A>
新馬戦そして前走と1週前に坂路で好時計が出ていて、ともにA評価◯印で1着、2着。初芝の前走でも、直線で伸びて逃げた勝ち馬と差を詰めていて問題のない走りだった。この中間も1週前の坂路で好時計が出ていて状態は良さそう。大きな馬なので最終追い切りでビシッと追って好時計が出るようなら好勝負できそう。

ファンタジスト(前走448㎏、中6週)<AA>
新馬戦時は乗り込まれて良い時計は出ていたものの、終いの時計が物足りなかったのでCC評価で×印も結果は1着。この中間はローテーションにも余裕があり2週前、1週前と前走時とは比べ物にならないくらい良い時計が出ていて、1週前の段階でかなりの好仕上がりを窺わせる。前走を一度使われての上積みが十分感じられる内容なので、これなら最終追い切りは馬なりでも良いくらい。

ブルベアオーロ(前走446㎏、中4週)<D>
初戦は併せ馬で毎回先着していて、時計も追われるごとに詰めていたのでA評価◎印で1着。この中間は併せ馬では先着しているものの、特に1週前の追い切りは時計がかかり過ぎていて前走時と比べると物足りない。

ミヤジシルフィード(前走484㎏、中3週)<D>
前走時は2週前、1週前と和田騎手騎乗で好時計が出ていて仕上り良好(BA評価◎印で1着)。この中間も1週前に和田騎手騎乗で追われたものの、終いの時計がかなり掛かり、併せ馬でも遅れるなど、前走時と比べると物足りない。

セプタリアン (前走476㎏-2、2ヶ月)<B>
新馬戦時は直前にCWと坂路で好時計が出ていて、仕上り良くB評価◯印で2着。2戦目の前走時は、競馬場のパドックで直接見る機会があり上積みを感じる好馬体を覗かせていた(相手も楽だったこともあるがA評価◎印で1着)。この中間は乗り込み量も豊富で、1週前追い切りでは長めから好時計が出ていて順調に調整されている。

タガノジェロディ(前走454㎏-4、中5週)<D>
新馬戦時は乗り込み量が少なかったものの、この厩舎独特の仕上げということも鑑みB評価▲印で3着。この中間は日曜日に速い時計を出しているが、終いの時計がかかっていて少し物足りない。

ルチアーナミノル (前走478㎏-4、中3週)<C>
新馬戦時は長めから乗られ、1週前追い切りでは武豊騎手騎乗で一杯に追われて好時計と好仕上がり(BA評価◯印で2着)。前走勝ち上がり後のこの中間は、好時計こそ出ているものの1週前追い切りでは併せ馬で遅れていて、これまでの2戦と比べるとやや物足りない。

ステイグリーン(初出走)<C>
今回が初出走で、これまでの調教内容を見るとこの厩舎らしく坂路で速い時計を出していて悪くはない内容。ただ乗り込み量はそれほど多くはなく、このくらいの時計は普通に出す厩舎なのでそれほど高い評価までは与えられない。

セイウンコービー(初出走)<D>
この馬も今回が初出走。調教内容を見ると坂路だけではなくコースでも追われているが、時計的には少し物足りない。




◇今回は札幌2歳S小倉2歳S編でした。
今週は札幌、小倉で2歳重賞が行われます。滞在競馬と輸送競馬という、それぞれ違う形で行われる2歳重賞ですが、新馬戦の予想に関してもそれぞれに特徴があり、違いがあります。まず函館、札幌の新馬戦は、ご存知の通り函館、札幌で追い切られて出走する馬がほとんどで、牧場から直前に競馬場に入る馬もいて調教時計もトレセンでのものと比べると物足りないところがあります。ただ一方で、調教VTRが年々増えていて確認できるようになってきているので、あまり何かにこだわり過ぎずある情報を上手に使って予想していくのが良いのではないかと感じています。
逆に小倉の場合は、ほとんどが関西馬で栗東での追い切りが中心。そして、特に近年手頃な頭数で行われることが多い芝1200m戦は、1頭1頭時間をかけてチェックすることができるため、新馬戦の当てやすさでは随一。1年を通してもこの夏の小倉芝1200m戦が一番当てやすいと言っても過言ではありません(今回このコラムで出走全頭の新馬戦を振り返った際に、特に小倉の芝1200m戦は◎にした馬がほとんど勝っていたので自信をもって言ってみました^^;)。ただ、個人的にはもう少し上手に馬券を買っていればという反省が同時にあります。常に新しい何かを求めていくことと型にはめて安定させたい気持ちの両方があり、馬券の買い方というのはやはり難しいものだなぁと痛感させられる今日この頃です。

それでは次回、サマー2000シリーズ新潟記念編でお会いしましょう。


札幌2歳ステークス小倉2歳ステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年8月24日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年08月24日
閲覧 871ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年8月25日()の凄馬!>
超凄馬
札幌3R 3歳未勝利
アルマトップエンド(+2.4)

超凄馬
新潟10R 稲妻ステークス
レッドラウダ(+2.3)

超凄馬
札幌2R 2歳未勝利
セントセシリア(+2.1)

超凄馬
新潟4R 障害3歳以上未勝利
クリノヴェルサイユ(+2.1)

超凄馬
小倉4R 3歳未勝利
クリノカサット(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率47%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年8月26日、集計数:32,710レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

セントセシリアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 8

今週のスマッシュヒット(◎★単勝オッズ10倍以上掲載)

2019年7月27日(土)
札幌10R ◎ セントセシリア   3着 (単勝オッズ 22.6倍)
小倉 1R ◎ ワンダールウェス  3着 (単勝オッズ 22.6倍)
小倉 8R ◎ アグリッパーバイオ 2着 (単勝オッズ 20.7倍)

2019年7月28日(日)
札幌 3R ◎ ギフトオブアート  1着 (勝負レース3連複11.3倍的中)
札幌11R ◎ カリビアンゴールド 3着 (単勝オッズ 48.6倍)
新潟 5R ◎ ワスカランテソーロ 3着 (単勝オッズ 54.5倍)
新潟12R ◎ セイウンオフロード 1着 (単勝オッズ 14.5倍)

【土日回収率:62.5%】
 

ご参考<<重賞成績>>

 小倉サマージャンプ
  ◎ アグリッパーバイオ     2着(単勝オッズ 20.7倍)

 クイーンステークス
  ◎ リリックドラマ      13着(単勝オッズ 69.7倍)
  ★ カリビアンゴールド     3着(単勝オッズ 48.6倍)

 アイビスサマーD
  ◎ フェルトベルク       8着(単勝オッズ 33.4倍)
  ★ レッドラウダ        9着(単勝オッズ 54.4倍)
 

 Haya 2019年4月5日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.4.5.)(ニュージーランドT、阪神牝... 
閲覧 369ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
新しい元号「令和」=万葉集からサイン馬券のヒント”万葉ステークス”
万葉ステークス=1着和田騎手(桜花賞シゲルピンクダイヤ)
万葉ステークス=2着武豊騎手(桜花賞シェーングランツ)

競馬は、いよいよ”桜花賞”ですね?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中悔過】
第04期(3月23日~4月14日)8日間(日経賞~皐月賞:全12戦)

週末は、当てることができたのか?

土曜、G3ダービー卿CTでは、5頭を推奨。
(ジョーストリクトリ、ダイアトニック、ダイワキャグニー、ドーヴァー、フィアーノロマーノ)
馬番コンピの予想では、(5⇒12,2,13,4,11,10,6)狙いを参考にして、
4番ドーヴァー軸で勝負!
ワイド(4⇒1,2,7,8,10,12)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダービー卿CT」の軸馬ドーヴァーは、直線で伸びず7着惨敗…(ノД`)・゜・。反省点として、荒れること前提での予想がすでに失敗…。あとは、軸馬の選択か?差し&追い込み馬からではなく、逃げ&先行馬から選択。ラップ傾向も、後傾タイプと前傾ラップの組合せなら、内枠の先行馬狙いで間違いない。


日曜、G1大阪杯では、5頭を推奨。
(エポカドーロ、サングレーザー、ステルヴィオ、ブラストワンピース、ワグネリアン)
馬番コンピの予想では、(7⇒6,11,12,9,2,8)狙いを参考にして、
7番ブラストワンピース軸で勝負!
馬連(7⇒3,4,6,8,9,11)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「大阪杯」の軸馬ブラストワンピースは、直線で伸びてはいるが届かず6着惨敗…。反省点として、前日同様に軸馬の選択か?川田騎手の今年は4コーナー先頭が15レースあって、【10-1-3-1】の好成績をあげていただけに、推定前半3F1位キセキに騎乗は、鬼に金棒だった。仮に軸馬に選択してたら優勝馬アルアインは相手馬に選択していたので当たっていただけに、残念。



【先週ブログのなかで推奨した結果】
ダービー卿CT=ジョーストリクトリ(16着)、ダイアトニック(4着)、ダイワキャグニー(9着)、ドーヴァー(7着)、フィアーノロマーノ(1着)
大阪杯=エポカドーロ(10着)、サングレーザー(12着)、ステルヴィオ(14着)、ブラストワンピース(6着)、ワグネリアン(3着)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【ニュージーランドトロフィー】(芝1600㍍戦)(馬齢)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝14~1800㍍)
②前走クラス(重賞組)(500万下=勝ち馬)
③前走馬体重460㌔以上かつ牡馬
今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アンクルテイオウ、エリーバラード、ダイシンインディー、ホープルサイン、ミッキーブラック
②該当外:カリボール、カルリーノ、ショーヒデキラ、ワイドファラオ
③該当外:アフランシール、ココフィーユ、コスモカレンドゥラ、メイショウショウブ、ヴィッテルスバッハ


【該当馬のみ検証】
1⃣芝1600㍍実績(連対率/複勝率)
2⃣中山(芝)実績(連対率/複勝率)

アガラス 1⃣未出走  2⃣未出走
グラナタス 1⃣(0-0-1-1)0%/50% 2⃣(0-0-1-0)0%/100%

【ニュージーランドトロフィーの有力馬】
アガラス、グラナタス


【阪神牝馬S】(芝1600㍍戦)(牝馬/別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①馬 齢(4~5歳中心)
②前走着差0.5秒以内

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:クロコスミア、ダイアナヘイロー、ミエノサクシード、レッツゴードンキ
②該当外:カンタービレ、サトノワルキューレ、ベルーガ、ミッキーチャーム、リバティハイツ、ワントゥワン

【該当馬のみ検証】
1⃣芝1600㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣阪神(芝)実績(連対率/複勝率)

アマルフィコースト 1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-1)50%/50%
サラキア 1⃣(1-0-0-2)33%/33%  2⃣(0-1-0-1)50%/50%
メイショウオワラ 1⃣(5-0-0-5)50%/50%  2⃣(2-0-0-3)40%/40%
ラッキーライラック 1⃣(4-1-0-0)100%/100%  2⃣(2-1-0-0)100%/100%
レッドオルガ 1⃣(5-1-1-2)66%/77%  2⃣(0-0-1-0)0%/100%

【阪神牝馬Sの有力馬】
アマルフィコースト、サラキア、メイショウオワラ、ラッキーライラック、レッドオルガ


【桜花賞】(芝1600㍍戦)(牝馬/馬齢)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞組)
②前走人気(2番人気以内)(優先出走馬は除く)
③前走コース(阪神・京都・東京)
④前走馬体重(440~499㌔)
⑤距離(芝1600)経験かつ重賞出走経験
⑥騎手継続(前走含む2戦以上騎乗)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:セントセシリア、ラヴズオンリーユー
②該当外:アズマヘリテージ、アフランシール、イベリス、ココフィーユ、シャドウディーヴァ、トロイメント、メイショウショウブ、ラブミーファイン、アクアミラビリス、フィリアプーラ、ホウオウカトリーヌ、メイショウケイメイ
③該当外:エールヴォア、ルガールカルム、レッドアステル
④該当外:クロノジェネシス、ノーブルスコア、プールヴィル
⑤該当外:アウィルアウェイ、ジュランビル
⑥該当外:ノーワン


【該当馬のみ検証】
1⃣芝1600㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣阪神(芝)実績(連対率/複勝率)

グランアレグリア 1⃣(2-0-1-0)66%/100%  2⃣(0-0-1-0)0%/100%
シェーングランツ 1⃣(1-0-0-2)33%/33%  2⃣(0-0-0-2)0%/0%
*阪神JF4着(着差0.3秒)/チューリップ5着(着差0.5秒)
シゲルピンクダイヤ 1⃣(1-1-1-0)66%/100%  2⃣(0-1-0-0)100%/100%
ダノンファンタジー 1⃣(3-0-0-0)100%/100%  2⃣(3-0-0-0)100%/100%
ビーチサンバ 1⃣(1-2-1-0)75%/100%  2⃣(1-0-1-0)50%/100%

【桜花賞の有力馬】
グランアレグリア、シェーングランツ、シゲルピンクダイヤ、ダノンファンタジー、ビーチサンバ


【今週末の重賞レースの注目馬】
ニュージーランドトロフィー=アガラス、グラナタス
阪神牝馬ステークス=アマルフィコースト、サラキア、メイショウオワラ、ラッキーライラック、レッドオルガ
桜花賞=グランアレグリア、シェーングランツ、シゲルピンクダイヤ、ダノンファンタジー、ビーチサンバ



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
ニュージーランドT=中山(芝)1600㍍=C(71)内枠の先行馬有利!
阪神牝馬S=阪神(芝)1600㍍=B(75)外差しが決まる!
桜 花 賞=阪神(芝)1600㍍=B(75)外差しが決まる!

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(ダービー卿CT)
【馬 連】で
馬番コンピ指数4位から
指数1~3、5~8位までの7頭へ流して7点。
(5⇒12,2,13,4,11,10,6)
結果 2⇒12⇒13
指数2位⇒1位⇒3位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(大阪杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~7位までの6頭へ流して6点。
(7⇒6,11,12,9,2,8)
結果 3⇒6⇒2
指数9位⇒2位⇒6位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(ニュージーランドトロフィー)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2位から
指数6~10位までの5頭へ流して5点。


(阪神牝馬S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~8位までの7頭へ流して7点。


(桜花賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2位から
指数1、3~8位までの7頭へ流して7点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 tntn 2019年4月3日(水) 00:20
【桜花賞】の乗る乗らん! 
閲覧 203ビュー コメント 47 ナイス 141

****************************
4月7日(日)に行われる桜花賞

新元号の発表をえてすぐのG1競走。

新年号『令和』ところにより、
名前にどちらかの漢字が入っていたら施設入園が無料になったとか。。。
カズレーザーみたいに、どちらも入ってれば、1dayパスポート!ヽ(^o^)丿

何を仕掛けてくるのか?【桜花賞】の乗る乗らん!
※鞍上想定はサンスポHPより。 ☆=過去勝利数。
--------------------

【継続騎乗】
アウィルアウェイ。。。。。。。。。。石橋脩
アクアミラビリス。。。。。。。。。☆Mデムーロ
クロノジェネシス。。。。。。。。。。北村友一
グランアレグリア。。。。。。。。。☆Cルメール
シェーングランツ。。。。。☆☆☆☆☆武豊
シゲルピンクダイヤ。。。。。。。。。和田竜二
ジュランビル。。。。。。。。。。。。松若風馬
ダノンファンタジー。。。。。。。。☆川田将雅
ノーワン。。。。。。。。。。。。。。坂井瑠星
ビーチサンバ。。。。。。。。。☆☆福永祐一
フィリアプーラ。。。。。。。。。。丸山元気
プールヴィル。。。。。。。。。。。秋山真一郎
ホウオウカトリーヌ。。。。。。。。大野拓弥
メイショウケイメイ。。。。。。。。古川吉洋
メイショウショウブ。。。。。。☆☆池添謙一
ルガールカルム。。。。。。。。。。三浦皇成
レッドアステル。。。。。。。。。。戸崎圭太

【乗替わり】
エールヴォア。。。。。。。。。。。松山弘平
ノーブルスコア。。。。。。。。☆☆岩田康誠

【未定】
アズマヘリテージ。。。。。-
アフランシール。。。。。。-
イベリス。。。。。。。。。-
ココフィーユ。。。。。。。-
シャドウディーヴァ。。。。-
セントセシリア。。。。。。-
トロイメント。。。。。。。-
ラブミーファイン。。。。。-
ラヴズオンリーユー。。。。-

※さすがに、継続騎乗が多いです。
--------------------------------------

🌸POG馬🌸
【シェーングランツ】桜5勝の会長が継続ー!DFに僅差競馬続く。

チューリップ賞
1着【ダノンファンタジー】続・将雅。2歳チャンプで今年初戦快勝!Dスマッシュ4着の雪辱もプラス!
2着【シゲルピンクダイヤ】続・「和」田さん。←居ました!
3着【ノーブルスコア】戻・岩田さん。クラス関係なく3着3回。今年のキーワードは3?(゜o゜)サン\(-_-)

フィリーズレビュー
1着【ノーワン】続・瑠星。一気にスターダムに駆け上がるのか?
1着【プールヴィル】続・秋山さん。そもそも阪神JFでDFに0.2差5着。

クイーンC
1着【クロノジェネシス】続・友一。先週快勝!せき止めが無くなってG1連勝?
2着【ビーチサンバ】続・祐一。阪神JFでDFに0.2差。⬆︎は0.1差。ヾ(ーー )段違い

朝日杯
3着【グランアレグリア】続・クリストフ1番人気に応えられなくても牡馬相手に3着。

フラワーC
2着【エールヴォア】替・松山さん。年末のエリカ賞を牡馬相手に逃げ切りは驚異。

***********

【阪神牝馬S】の乗る乗らん!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=3df7a1a0fe&owner_id=4a85df85ef

****************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

セントセシリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セントセシリアの写真

セントセシリア
セントセシリア

セントセシリアの厩舎情報 VIP

2019年7月27日羊ヶ丘特別3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セントセシリアの取材メモ VIP

2019年8月3日 3歳以上1勝クラス 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。