ナムラシンウチ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2014年4月19日生
調教師杉山晴紀(栗東)
馬主奈村 信重
生産者いとう牧場
生産地日高町
戦績23戦[4-2-0-17]
総賞金2,400万円
収得賞金1,550万円
英字表記Namura Shinuchi
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
ナムラシゲコ
血統 ][ 産駒 ]
エンドスウィープ
ケイジヨイナー
兄弟 ナムラビクターナムラアラシ
前走 2019/05/05 上賀茂ステークス
次走予定

ナムラシンウチの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/05 京都 9 上賀茂S 1600万下 ダ1800 161120.3913** 牡5 54.0 松山弘平杉山晴紀516(+2)1.53.3 1.640.0サトノプライム
19/04/06 阪神 12 4歳以上1000万下 ダ1800 16816106.6141** 牡5 54▲ 亀田温心杉山晴紀514(0)1.53.0 -0.437.7キーフラッシュ
19/03/09 中京 12 瀬戸特別 1000万下 ダ1800 1471169.61412** 牡5 57.0 鮫島克駿杉山晴紀514(0)1.55.4 2.639.6⑨⑩⑥⑦アイファーイチオー
19/02/02 東京 12 4歳以上1000万下 ダ1600 1659108.2137** 牡5 56☆ 坂井瑠星杉山晴紀514(+2)1.36.7 0.736.3⑩⑧ショーム
19/01/27 中京 11 伊勢特別 1000万下 ダ1900 143494.9117** 牡5 57.0 加藤祥太杉山晴紀512(+5)2.01.9 1.239.8⑨⑨⑦⑥ナンヨープルートー
18/11/27 川崎 10 ノベンバーS ダ1600 14--------1** 牡4 57.0 内田博幸杉山晴紀507(--)1.42.3 -0.2----ウインメディウム
18/10/16 川崎 10 オクトーバS ダ1600 12--------2** 牡4 57.0 佐藤友則杉山晴紀499(--)1.44.3 0.3----ペプチドアポロ
18/08/21 川崎 10 オーガストS ダ1600 14--------2** 牡4 57.0 岡部誠杉山晴紀510(--)1.43.6 0.1----ギンザマトリックス
18/06/09 阪神 12 3歳以上500万下 芝1800 94417.149** 牡4 57.0 松若風馬杉山晴紀512(-4)1.49.4 2.735.1⑨⑨ドミナートゥス
18/05/19 東京 10 是政特別 1000万下 ダ2100 1612166.5129** 牡4 57.0 柴田善臣杉山晴紀516(-4)2.14.2 2.237.8⑬⑮⑭⑭サトノティターン
18/03/10 阪神 12 4歳以上1000万下 ダ1800 134426.4712** 牡4 57.0 佐藤友則杉山晴紀520(0)1.54.1 2.137.5⑪⑪⑪⑪フォンターナリーリ
18/02/24 阪神 6 4歳以上500万下 ダ1800 164845.2121** 牡4 56.0 大山真吾福島信晴520(-6)1.54.0 -0.237.4⑮⑮⑪⑦グランセノーテ
18/02/04 京都 4 障害4歳以上未勝利 芝2910 1371036.2812** 牡4 59.0 北沢伸也福島信晴526(+26)3.29.8 9.314.4⑪⑪⑫⑫タガノアーバニティ
17/12/10 阪神 7 3歳以上500万下 ダ1800 107760.687** 牡3 56.0 高倉稜福島信晴500(0)1.55.1 1.237.4⑨⑨⑨⑨キングジュエリー
17/11/26 京都 6 3歳以上500万下 ダ1800 1612121.61412** 牡3 55.0 高倉稜福島信晴500(+4)1.55.1 2.039.3⑩⑨⑪⑪オクラホマ
17/11/05 京都 7 3歳以上500万下 ダ1900 15713161.31414** 牡3 55.0 高倉稜福島信晴496(+8)2.03.3 3.841.4④④ラボーナ
17/07/30 小倉 7 3歳以上500万下 ダ1700 163586.51215** 牡3 54.0 高倉稜福島信晴488(-6)1.49.2 3.341.0⑮⑭⑮⑮サンライズウィズ
17/06/11 阪神 7 3歳以上500万下 ダ2000 115539.586** 牡3 54.0 高倉稜福島信晴494(-2)2.08.4 1.738.3⑩⑩⑩⑪メイプルブラザー
17/05/27 京都 5 3歳500万下 ダ1800 163512.5711** 牡3 56.0 池添謙一福島信晴496(0)1.55.3 2.741.4⑧⑦⑥⑦テイエムアンムート
17/04/22 京都 3 3歳未勝利 ダ1900 168158.531** 牡3 56.0 池添謙一福島信晴496(-8)2.02.1 -0.240.9⑤⑤マイネルエーポス

⇒もっと見る


ナムラシンウチの関連ニュース

競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われるNHKマイルCの出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、馬券上の扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

先週行われたG1天皇賞(春)編では、サラマッポプロが『菊花賞がスローだったことで、距離適性に懐疑的な声が残っている印象。その分、人気落ちするようであれば、馬券的には狙い目になる』と評価した◎フィエールマンが、1番人気の支持にキッチリ応えてV。また、『菊花賞時よりも、前走の日経新春杯時のほうが動きは良く、その前走時よりも今回の1週前追い切りの動きのほうが勢いはあるように映った。ここ2戦よりも状態面は良い』(くりーくプロ)との評価が聞かれたグローリーヴェイズが6番人気2着と健闘。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


グルーヴィット
 岡村信将 短期騎手免許交付の初週から派手に勝ちまくった、D.レーン騎手が騎乗予定の噂もある馬ですね(※5/2 出走馬名表確定と同時に、D.レーン騎手騎乗が正式に決定)。騎手が騎手だけに穴人気するのかも知れませんが、馬自体はラップギア適性値【瞬1平2消0】の平坦型。現状、東京芝1600mのG1では厳しいと思います。

 伊吹雅也 私もあまり食指が伸びませんね。NHKマイルCは先行力の高さに注目したい一戦。「“中央場所のレース”において“4コーナー通過順が2番手以内、かつ着順が1着”となった経験がない、かつ前走の4コーナー通過順が8番手以下だった馬」は2013年以降[0-0-2-39](複勝率4.9%)と苦戦していました。この馬だけでなく、ヴィッテルスバッハケイデンスコールトオヤリトセイトハッピーアワーファンタジストあたりは評価を下げたいところです。

 シムーン 初芝の前走はどうなるかと見ていましたが、エアグルーヴの母系というだけのことはあり適性を見せました。レース内容としては、終始外々を回る形になっての2着ですが、勝ち馬は外枠でも道中内目に入れて直線で外に出すという上手な競馬が出来ていましたから、この3/4馬身差に力差は感じませんでした。3着には3馬身差をつけているんですから、前途洋々となるレース内容だったと思います。1400mばかりを使われているものの、スピードに任せて押し切る1400mまでの短距離馬というレースぶりではなく、脚を溜めて直線でシッカリ伸びるタイプ。1600mへの距離延長はプラスと、私は見ています。姉にキングカメハメハ(グルーヴィットの父ロードカナロアの父)産駒で、2500mで1000万下条件を勝っている馬がいますしね。オッズと枠次第で本命候補の1頭です。

 スガダイ 俺も、初芝の前走は結構期待していたんだけど、やはり芝適性は高そうだな。2着だったけど、通ったコースと流れを考えれば、勝ち馬以上に強い競馬をしていたと思うよ。マイルの距離は経験がないけど、血統的にはこなせる可能性のほうが高いんじゃないかな。先週大活躍だったレーン騎手も大きな魅力。あまり人気しないようなら積極的に狙ってみたいね。


・おまけ
グランアレグリアダノンチェイサーを取り上げた記事でも話した通り、東京や京都のレースを主戦場としてきた馬は人気を裏切りがち。コース替わりや休養明け2戦目である点を理由に穴人気するようならば、私は評価を下げるつもりです」(伊吹雅也プロ)とのヴィッテルスバッハへのコメントも聞かれました。 



←NHKマイルC(1)グランアレグリア編はこちら
←NHKマイルC(2)ダノンチェイサー編はこちら


●今回登場のプロ予想家陣紹介
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。先月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
シムーンプロ・・・以前勤務していた育成牧場時代の騎乗経験で培った感覚をフルに生かし、過去のレース映像から、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術、レース中の有利不利などを徹底的に検証する予想スタイルで活躍中。2011年に実馬券収支約1千万円のプラス計上するなど、その素晴らしい成績からウマニティ予想コロシアムにおいて多くのファンを獲得。2011年10月にプロデビューに至る。



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!NHKマイルC(2)ダノンチェイサー2019年5月3日(金) 20:19

競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われるNHKマイルCの出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、馬券上の扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

先週行われたG1天皇賞(春)編では、サラマッポプロが『菊花賞がスローだったことで、距離適性に懐疑的な声が残っている印象。その分、人気落ちするようであれば、馬券的には狙い目になる』と評価した◎フィエールマンが、1番人気の支持にキッチリ応えてV。また、『菊花賞時よりも、前走の日経新春杯時のほうが動きは良く、その前走時よりも今回の1週前追い切りの動きのほうが勢いはあるように映った。ここ2戦よりも状態面は良い』(くりーくプロ)との評価が聞かれたグローリーヴェイズが6番人気2着と健闘。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


ダノンチェイサー
 岡村信将 2017年のセレクトセールで2億7000万円の値がついた超良血馬。それだけの高額馬が小倉の未勝利と福島の500万下を使われたので、そのローテーションが話題になった馬です。その当時は適性不明、今になっての結果論ではありますが、このローカル回りは正解だったのではないかと考えています。ラップギア的には【瞬2平2消0】で、こなした瞬発戦の2レースも、分類上ギリギリのところ。能力的上位は間違いないのですが、瞬発力の勝負に関してはやや疑問視しています。

 シムーン まず、皐月賞に向かわずにここを狙って来たことは好感が持てますね。デビュー戦の2000mで馬券外になっていますし、掛かるくらい行きっぷりのいい馬なので1600mのほうが向いているでしょう。マイルG1の速い流れで折り合いもつくと思います。3走前のきんもくせい特別の時に速い流れを早めに潰しに行ってハナ差2着に粘り、強いなと感じた馬。2億7000万の高額馬に恥じないレース振りを、ここでも見せて欲しいですね。

 スガダイ きさらぎ賞は鮮やかな勝利だったけど、ちょっと展開と馬場に恵まれた面もあったかな。気性的にマイルは合うような気もするんだけど、前々走のこうやまき賞が意外な辛勝だったんだよなあ。1戦毎に力をつけているような感じはあるし、堅実に走ってくれるタイプだとは思うけど。この馬も人気を考えると微妙だな。馬券的に無視するのは危険かもしれないけど、3着候補くらいの評価でいいんじゃないかな。

 伊吹雅也 グランアレグリアを取り上げたひとつ前の記事でも紹介しましたが、NHKマイルCはゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が強いレースなんです。一方「“中山・阪神、かつ1600m以上、かつオープンクラスのレース”において4着以内となった経験のない馬」は2013年以降[0-1-1-44](複勝率4.3%)。この馬のように、ローカル場や東京・京都のレースを主戦場としてきた馬は信頼できません。母は現役時代にアイリッシュ1000ギニー(愛G1)などを制している名牝で、今後が楽しみな存在ではあるものの、今回は過信禁物と見ておいたほうが良いと思います。


NHKマイルC(3)グルーヴィット編 に続く

←NHKマイルC(1)グランアレグリア編はこちら


●今回登場のプロ予想家陣紹介
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。先月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
シムーンプロ・・・以前勤務していた育成牧場時代の騎乗経験で培った感覚をフルに生かし、過去のレース映像から、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術、レース中の有利不利などを徹底的に検証する予想スタイルで活躍中。2011年に実馬券収支約1千万円のプラス計上するなど、その素晴らしい成績からウマニティ予想コロシアムにおいて多くのファンを獲得。2011年10月にプロデビューに至る。



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!NHKマイルC(1)グランアレグリア2019年5月3日(金) 18:38

競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われるNHKマイルCの出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、馬券上の扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

先週行われたG1天皇賞(春)編では、サラマッポプロが『菊花賞がスローだったことで、距離適性に懐疑的な声が残っている印象。その分、人気落ちするようであれば、馬券的には狙い目になる』と評価した◎フィエールマンが、1番人気の支持にキッチリ応えてV。また、『菊花賞時よりも、前走の日経新春杯時のほうが動きは良く、その前走時よりも今回の1週前追い切りの動きのほうが勢いはあるように映った。ここ2戦よりも状態面は良い』(くりーくプロ)との評価が聞かれたグローリーヴェイズが6番人気2着と健闘。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


グランアレグリア
 伊吹雅也 レースの傾向からは特に不安要素が見当たりません。もっとも顕著なポイントは、ゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が強い点。「“中山・阪神、かつ1600m以上、かつオープンクラスのレース”において4着以内となった経験のない馬」は2013年以降[0-1-1-44](複勝率4.3%)と苦戦しています。この馬は東京でも重賞を勝っていますが、むしろここ2戦のパフォーマンスこそが、このレースに対する高い適性の証です。先行力の高い馬が強いという傾向もありますし、素直に中心視すべきでしょう。

 シムーン 2走前の朝日杯FSでは直線外から来たアドマイヤマーズの仕掛けを待つ形で伸び負けしましたが、前走の桜花賞は自分から動いていく形で完勝でした。デビューからの2戦も、外から前目で運ぶ形で勝っているので、こういう競馬が合うんでしょうね。走り方から左回りに替わる点も魅力です。能力はここでも上位なので期待できるでしょう。未知な面があるとすれば、内枠を引いてスタートがあまり良くなく、揉まれる競馬になった場合でしょうか(2戦目で出遅れていますが、当時は少頭数で早めに外に出せたため挽回が楽でした)。穴党の自分としては、そういう可能性に賭ける予想を提供したいと思っていますけどね

 スガダイ 桜花賞は強い競馬だったな。スムーズな競馬が出来れば、牝馬同士では力が違うってことだろう。ただ、今回はどうかなあ。牡馬が相手でも能力最上位なのは間違いないと思うんだけど、朝日杯FSで崩れたように脆さもある馬だからね。桜花賞では外目を回って4角先頭の競馬で、この馬のスピードをフルに発揮できたわけだけど、同じような戦法が通用するかどうか。今回は相当マークが厳しくなるだろうからね。ルメール騎手がG1を勝ち過ぎていることもあるし、玉砕覚悟で外から被せに行くような騎手もいるんじゃないかな。今回はおそらく1倍台の人気になるだろうけど、「アタマ鉄板」てわけではないと思うぞ。桜花賞では実力を考えれば美味しいオッズだったと思うし、本命◎を打ったんだけど、リスクとリターンのバランスを考えると今回はちょっとね......。

 岡村信将 衝撃の新馬戦からサウジアラビアRCの大楽勝、朝日杯FSでの1番人気と、2歳戦線の話題を独占してきた馬です。ローテーションのみならず能力までもが疑問視されていた桜花賞では、マークして負かしに行ったダノンファンタジーのほうが先に苦しくなってしまうという強い競馬で圧勝。同馬との新馬戦での2馬身差が、そのまま桜花賞での着差になった形です。2016年NHKマイルCの勝ち馬であるメジャーエンブレムに近いイメージ、能力的には更にその上を行く馬かも知れません。そうなるとここでの勝ちも約束されたようなモノなのですが、考えるべき項目はただひとつ。朝日杯FSでの敗因分析ということになりますね。


NHKマイルC(2)ダノンチェイサー編 に続く


●今回登場のプロ予想家陣紹介
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。先月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
シムーンプロ・・・以前勤務していた育成牧場時代の騎乗経験で培った感覚をフルに生かし、過去のレース映像から、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術、レース中の有利不利などを徹底的に検証する予想スタイルで活躍中。2011年に実馬券収支約1千万円のプラス計上するなど、その素晴らしい成績からウマニティ予想コロシアムにおいて多くのファンを獲得。2011年10月にプロデビューに至る。



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!天皇賞(春)(3)グローリーヴェイズ2019年4月26日(金) 21:25



競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われる天皇賞(春)の出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、その扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

前回のG1皐月賞は、『断然の1番人気が予想されますが、逆らえない印象』などの評価が聞かれたサートゥルナーリアが、ホープフルSからの直行ローテでV。また、『ひいらぎ賞(500万下)の勝ち方を、どのように評価するかが大きなポイント』とした、岡村信将プロが最終的に◎を打ったダノンキングリーが3着と、有力評が聞かれた人気2頭がきっちりと支持に応えて好走。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


グローリーヴェイズ
 くりーく この馬もフィエールマン同様に、間隔を空けてレースを使う馬で、トレセンでの乗り込み量よりも動きが重要な判断材料となります。ここ2戦とも、1週前追い切りでは勢いよく直線に向くも一杯に追われても伸びきれず、最終追い切りになると直線楽な手応えでスッと伸びるような動きに変わってくるところがありますね。その点、今回の1週前追い切りでもここ2戦と同じような動きで、よく言えばここまではいつも通り。細かく見ると、菊花賞時よりも、前走の日経新春杯時のほうが動きは良く、その前走時よりも今回の1週前追い切りの動きのほうが勢いはあるように映りました。ここ2戦よりも状態面は良いのではないかと推測します。あとは、最終追い切りで楽な手応えでスッと末を伸ばす、これまでと同じような上昇を見せてくるようなら、仕上がり良く出走できると思いますよ。

 豚ミンC 去年の菊花賞の中で強い競馬をしたうちの1頭で、前走の日経新春杯の予想コメントにもそれは書かせてもらいました。ただ、その前走日経新春杯に関しては、あの枠で道中あれだけうまく立ち回ってもらえたら、勝つのは当たり前と言えば当たり前という競馬でした。菊花賞内容から距離はこなせると思っているのですが、(前走がああいう立ち回りだったので)正直買う・買わないは、枠を見て判断したいと思っています。

 サラマッポ この馬は伸びのあるフットワークで、血統の字面以上に距離をこなすのも納得できます。ただし、3200mとなるとさすがに長い印象です。菊花賞のような超スローにでもならない限り、勝ち負けは厳しいかと思います。能力的にもG1では一枚落ちる感じで、好走には何か恵まれる要素が必要だとみています。

 岡村信将 新馬戦での好ラップ、これはクラシックを狙える素材と注目していたのですが、その後はアタマ差、ハナ差の2着続きで、春のクラシックには間に合いませんでした。体質的に弱いところがあるようで、1度走るごとに3ヶ月放牧となると、レース目標も立てづらくなりますね。ラップ的には、決して3200mの古馬G1に向いた馬だとは言えません。昨年菊花賞のような特殊な流れになれば、フィエールマンとの差は位置取りやコース取り次第で互角級だとは思いますが、私はそういった流れを想定しての予想はしないと思いますので。



←天皇賞(春)(1)フィエールマン編はこちら
←天皇賞(春)(2)エタリオウ編はこちら


●今回登場のプロ予想家陣紹介
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルを武器に、近12年中10年で年間プラス収支を達成している。プロデビュー以降12年間のトータル回収率は108%、収支は+340万超を記録中。No.1のスガダイとともに押しも押されぬツートップとして「競馬プロ予想MAX」をけん引する。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。今月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、先週の4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
豚ミンCプロ・・・2017年12月よりスタートした『プロテスト』で優勝を果たし、18年3月にプロデビュー。レースリプレイ分析を基本とし、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで活躍中。直近のスマッシュヒットには、3/30阪神2Rモルトグランデ(単勝188.6倍)の単複的中、先週4/20東京3Rラブヴィサージュなど。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。この春はG1桜花賞で◎○▲パーフェクト的中を披露!



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!天皇賞(春)(2)エタリオウ2019年4月26日(金) 20:00



競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われる天皇賞(春)の出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、その扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

前回のG1皐月賞は、『断然の1番人気が予想されますが、逆らえない印象』などの評価が聞かれたサートゥルナーリアが、ホープフルSからの直行ローテでV。また、『ひいらぎ賞(500万下)の勝ち方を、どのように評価するかが大きなポイント』とした、岡村信将プロが最終的に◎を打ったダノンキングリーが3着と、有力評が聞かれた人気2頭がきっちりと支持に応えて好走。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


エタリオウ
 サラマッポ 高い身体能力を持ちながらも、とにかく勝ち切れないですよね。気性やレース運びが不安定なため勝ち味に遅いところは、本当に父ステイゴールドによく似ています。やはり、今回も突き抜けるまでのイメージは湧かないというのが正直なところなのですが、馬券的には無視は危険かとも思います。また、前さばきが硬めで、コンパクトなフットワークなので道悪適性は高そうです。道悪になれば要注意の存在ですね。

 くりーく 休み明けの前走時は、追い切りの動きも物足りなく映り、パドックではマイナス体重だったものの、菊花賞時のような力強さが見られませんでした。このあたりは、休み明けなりだったという印象です。この中間は2週前、1週前と併せ馬で一杯に追われて先着しており、前走時からの上積みが期待できそうです。

 岡村信将 7番人気(単勝19.6倍)だった青葉賞で自信の◎を打ち、G2神戸新聞杯でも皐月賞エポカドーロとダービー馬ワグネリアンを差し置いての本命。かなり期待していた馬だったのですが、結果はご存知のように2着続き。煮え湯を飲まされ続けています。今年の天皇賞(春)シャケトラの回避で昨年菊花賞上位馬の再戦ムードになってきたのですが、フィエールマンの項目で述べたとおり、昨年の菊花賞は本当の意味での特殊レース。(とくに昨年の)菊花賞と(近年)天皇賞(春)のラップの違いを鑑みるなら、菊花賞上位組は軽視する方向で妙味を追求すべきではないかと考えています。しかし菊花賞を除外して考えたとしても、エタリオウの多岐に渡るラップ対応力と言うか、平たく言えば2着力(笑)は相当なモノですね。ラップギア的な観点(すなわち信念)から、この馬に◎を打つことはないと予告しておきますが、「それでも2着に来たか!」と驚かされる場面は案外容易に想像できてしまうのです。

 豚ミンC もしかしたら、父ステイゴールド以上のことを狙っているのか? と思わせるくらい、最後の詰めが甘いという印象です。ただ、堅実なのは堅実なので、以前にも指摘しているんですが、どんな展開でも上位には顔を出してくるとは思います。なので、馬券的にも、ちょっとこの馬を消すことは難しい、という印象ですね。


⇒天皇賞(春)(3)グローリーヴェイズ編 に続く

←天皇賞(春)(1)フィエールマン編はこちら


●今回登場のプロ予想家陣紹介
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルを武器に、近12年中10年で年間プラス収支を達成している。プロデビュー以降12年間のトータル回収率は108%、収支は+340万超を記録中。No.1のスガダイとともに押しも押されぬツートップとして「競馬プロ予想MAX」をけん引する。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。今月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、先週の4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
豚ミンCプロ・・・2017年12月よりスタートした『プロテスト』で優勝を果たし、18年3月にプロデビュー。レースリプレイ分析を基本とし、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで活躍中。直近のスマッシュヒットには、3/30阪神2Rモルトグランデ(単勝188.6倍)の単複的中、先週4/20東京3Rラブヴィサージュなど。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。この春はG1桜花賞で◎○▲パーフェクト的中を披露!



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!天皇賞(春)(1)フィエールマン2019年4月26日(金) 17:30



競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われる天皇賞(春)の出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、その扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

前回のG1皐月賞は、『断然の1番人気が予想されますが、逆らえない印象』などの評価が聞かれたサートゥルナーリアが、ホープフルSからの直行ローテでV。また、『ひいらぎ賞(500万下)の勝ち方を、どのように評価するかが大きなポイント』とした、岡村信将プロが最終的に◎を打ったダノンキングリーが3着と、有力評が聞かれた人気2頭がきっちりと支持に応えて好走。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


フィエールマン
 サラマッポ 胸が深く、心肺機能が高そうなタイプ。折り合いに不安もないので、3200mは合うと思いますよ。一方で、菊花賞がスローだったことで、距離適性に懐疑的な声が残っている印象ですね。その分、人気落ちするようであれば、馬券的には狙い目になるでしょう。前傾走法で下り坂が得意なため、京都コース替わりはプラスに働くとみています。中山の直線の上り坂で伸びあぐねた前走とは違い、今回は最後までしっかり伸びるはずですよ。

 くりーく これまでのすべてのレースが3ヶ月間隔を空けての出走で、今回も3ヶ月半とこれまでと同じような間隔での出走となります。これだけ間隔を空けてくると、主な調整は牧場での内容。そのため、トレセンでの調教本数はほとんど関係なく、追い切りの動きを見て判断したほうが良いタイプです。肝心の1週前追い切りの動きに関しては、手応えも良く何もしないでもグングン伸びる感じでした。前走時のような重め感は見られず、仕上がりは良さそうです。

 豚ミンC 前走のAJCCは、あのメンバーで勝ち切れなかったことには不満が残りますが、シャケトラが次走圧勝(その阪神大賞典もレベルは低いが)したことを考えると、まだ仕方ない部分もあったでしょうか。今回は3200m戦。歴史的超どスローで、中距離馬でもこなせる菊花賞を勝っただけでは、スタミナOKとは簡単にはいかず、人気するなら消したいところです。鞍上は、前走後に「距離が短い」とコメントを残してはいますけどね。まぁ(それ以前に)今回もメンバーレベルが低いですから、またまたどスローなら出番がありそうですが......。

 岡村信将 7番人気での菊花賞制覇はノーマーク、本当に驚かされました。しかしラップを見ると、近年菊花賞でも珍しい、本当の『スローからのよーいドン』。ラスト2ハロン22秒0は1986年以降の過去31年で最速だった、1999年の22秒8を0.8秒も更新する超高速タイムだったのです。ラスト2ハロン目の10秒7も過去最速の11秒3を0.6秒も更新しており、さらにはラスト1ハロンの11秒3まで過去32年で最速更新というオマケ付き。本当に異次元すぎるラップタイムでした。

12.8-11.9-12.5-12.9-12.6-12.4-13.3-13.0-12.8-12.7-12.8-12.2-12.2-10.7-11.3

だからフィエールマンが最強なのかと言うと、そうでもないのが競馬の難しいところ。レースの流れが違えば求められる適性も変わってくるからです。フィエールマン自身が、前走のAJCCの敗戦で、身をもってそれを証明していますね。天皇賞(春)はその菊花賞ほどヌルいレースになることは考えづらいので、フィエールマンに関しては、その菊花賞を除外しての再評価が必要になってくるところでしょう。


⇒天皇賞(春)(2)エタリオウ編 に続く


●今回登場のプロ予想家陣紹介
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルを武器に、近12年中10年で年間プラス収支を達成している。プロデビュー以降12年間のトータル回収率は108%、収支は+340万超を記録中。No.1のスガダイとともに押しも押されぬツートップとして「競馬プロ予想MAX」をけん引する。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。今月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、先週の4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
豚ミンCプロ・・・2017年12月よりスタートした『プロテスト』で優勝を果たし、18年3月にプロデビュー。レースリプレイ分析を基本とし、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで活躍中。直近のスマッシュヒットには、3/30阪神2Rモルトグランデ(単勝188.6倍)の単複的中、先週4/20東京3Rラブヴィサージュなど。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。この春はG1桜花賞で◎○▲パーフェクト的中を披露!



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナムラシンウチの関連コラム

閲覧 1,172ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、7(日)に阪神競馬場でG1桜花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1桜花賞は、1番人気ダノンファンタジーが単勝2.8倍。2番人気グランアレグリアが同3.4倍、3番人気クロノジェネシスが同5.7倍と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め発走の時を迎えます。
ハナを奪ったのは大外枠からプールヴィル。2番手にジュランビルを従えてゆったりと運ぶと、前半3Fを35.4秒で通過する流れ。このスローペースを、3コーナー手前で馬群から少し離しながらジワジワと3番手に浮上したのは2番人気グランアレグリア。以下メイショウケイメイダノンファンタジーホウオウカトリーヌアクアミラビリスクロノジェネシスノーワンビーチサンバアウィルアウェイノーブルスコアルガールカルムシゲルピンクダイヤエールヴォアレッドアステルシェーングランツフィリアプーラといった隊列で、3コーナーに突入していきます。
さすがにこの緩い流れで、ひと塊でのコーナリングとなる馬群。その中から、早くもグランアレグリアが先頭を窺うと、ここから一気にペースアップ。1番人気ダノンファンタジーは5番手あたりからこれを追い、3番人気クロノジェネシスは中団インから直線勝負の構え。
軽く促す程度で楽々先頭に立ったグランアレグリアを、3馬身ほど後方からダノンファンタジーが追い、馬群を捌いてはシゲルピンクダイヤビーチサンバあたりの伸び。さらに後方からは、外に持ち出したクロノジェネシスも徐々に脚を伸ばして迫ります。
しかし、残り200m標識を過ぎて後続をさらに突き放したグランアレグリアが、そのまま振り切って優勝。1分32秒7のレースレコードで駆けぬけ、後続に2馬身1/2差をつける圧勝で1冠目を手中にしています。2着には、最速となる上がり32秒7の末脚で迫った7番人気シゲルピンクダイヤが入り、そこからクビ差の3着にはクロノジェネシスが入っています。
公認プロ予想家では、くりーくプロスガダイプロース1号プロセイリュウ1号プロ夢月プロ岡村信将プロサラマッポプロマカロニスタンダーズプロ馬侑迦プロら計15名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
6(土)阪神12Rで「1000万下としてはかなり低調なメンバー構成で、指数首位タイ。このコースで500万下を楽勝している馬、人気が無いのなら逆に勝負してみたくなる。100万円コースなるか!?」と評した◎ナムラシンウチ(単勝106.6倍)の単勝1万円1点勝負的中に見事成功!“有言実行”の106万6,000円払戻しを達成しています。他にも、6(土)福島9Rや、7(日)G1桜花での「揺らぎなし!」◎グランアレグリアの単勝1本勝負的中などを決め、土日2日間トータルでは、回収率297%、収支89万2,800円の断トツ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(土)の中山7R、7(日)中山6R◎○的中、G1桜花グランアレグリア的中などの予想を披露すると、中山12Rでも◎○単複&馬連&ワイド各1点総獲り的中をマーク!週間回収率183%、収支9万3,010円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、6(土)の中山9Rトーホウアイレス(単勝39.0倍)や、7(日)福島11Rの◎オンザロックスメイショウノボサンG1桜花での◎△○的中などを筆頭に、安定したパフォーマンスを披露。連日のプラス収支達成でトータル回収率117%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
6(土)阪神12Rナムラシンウチ的中での計24万8,700円払戻しを筆頭に、中山9R、7(日)中山2R中山10Rなどの的中を披露した先週は、週間トータル回収率158%、収支28万4,320円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
7(日)G1桜花では、◎○▲パーフェクト的中を披露!他にも、先週はG2阪神牝馬S、7(日)福島5Rなどの的中をマーク。土日2日間トータル回収率145%を達成しています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(190%)、金子京介プロ(152%)、夢月プロ(122%)、馬侑迦プロ(117%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ナムラシンウチの口コミ


口コミ一覧

4月7日(土)残念馬券

 チタチタ 2019年4月7日() 22:25

閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 5

阪神12レース

1着 ナムラシンウチ 106.6倍がいなければ、
2着の7番キーフラッシュ21.0倍の単勝と馬連で7万円ほど払い戻し
これで土曜日はプラスにできたのに、、、、
1番人気に負けるなら納得だけど、
単勝万馬券に負けるなんて

たくさん当てるには、たくさんの残念馬券も必要です。
と、言い聞かせます。

https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=c04761c18d&race_id=2019040609020512

 tntn 2018年2月28日(水) 00:55
今日付けで退く伯楽の皆様。 
閲覧 249ビュー コメント 69 ナイス 605

*********************************
ラスト出走となった先週。。。

特に福島信晴調教師は、阪急杯のダイアナヘイロー優勝の他2勝!

そのうちの一つは。。。
2/24阪神6R/福島厩舎のナムラシンウチ(12番人気)を兵庫の大山騎手を乗せ勝利!
『大山騎手/JRA初勝利』最後に何という演出を。。。

他皆様、あっちで勝ちこっちで勝ち。。。穴で2着に3着に食い込む。。。!(;゚Д゚)

尾形充弘調教師は、2/24中山2R/1番人気シャイニーロケットで優勝し800勝!
小島太調教師は、2/24中山8R/3番人気メンデンホールで優勝し、騎手時代の1024勝と合わせ1500勝!

JRA勝利数と最終出走結果。。。
??????????

○池上昌弘<453勝>。。。。。。タケルラグーン8着
○岩元市三<497勝>。。。。。。ティーエスバラ2着 
○尾形充弘<800勝>。。。。。。ニシノストーリー14着
○加藤敬二<480勝>。。。。。。ミスズスター 16着
○小島 太 <476勝>。。。。。。メイショウカイモン13着
○佐藤正雄<198勝>。。。。。。タマモコーラス 12着
○二本柳俊一<182勝>。。。。。カシノランド14着
○福島信晴<363勝>。。。。。。ナムラアッパー12着
○目野哲也<472勝>。。。。。。ケイティクレバー2着
○和田正道<672勝>。。。。。。カポラヴォーロ3着

〇柴田光陽<338勝>。。。。。。タテヤマ6着
〇二ノ宮敬宇<676勝>。。。。。ベルウッドテラス6着

??????????

最後まで意地を見せられました。
 
今日付けで退く伯楽の皆様、お疲れ様でした。m(__)m

※ちなみに。。。
ウマニティDBでは、日曜終了時点で<抹消>でした。ヾ(ーー )ハヤスギ!
 
***********

「エンプレス杯」。。。三浦大輔呼んでます。

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=5836811c67&owner_id=4a85df85ef

*********************************

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年2月24日() 19:52
【日曜の格上馬】+阪急杯・中山記念 
閲覧 471ビュー コメント 0 ナイス 11

尾形 充弘≪調教師≫〔通算800勝〕引退週でのメモリアル達成おめでとうございます♪
他にも
小島 太 (美浦)≪調教師≫中山8R
福島 信晴(栗東)≪調教師≫阪神6R
目野 哲也(栗東)≪調教師≫阪神11R
和田 正道(美浦)≪調教師≫小倉2R
最終週での勝利、おめでとうございます♪
////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔通算299勝〕
高木 登≪調教師≫〔通算199勝〕
大竹 正博≪調教師≫〔通算199勝〕
粕谷 昌央≪調教師≫〔通算99勝〕

///////////////

【日曜の格上馬】
小倉3R…レーヴドリーブ
中山7R…グッドラックサマー
阪神10R…クリノリトミシュル
小倉11R…プロフィット

【厩舎&騎手】高確率メソッド
中山5R :◆オメガハートビート  デム&堀〔複勝率〕44.3%
中山6R :◆エアシンフォニー  デム&角居〔複勝率〕 57.6%
中山7R :◆ロジブリランテ  戸崎&国枝〔複勝率〕49.1%
中山8R :◆レッドルチア  デム&鹿戸〔複勝率〕50.0%
中山9R :◆ラストプリマドンナ 戸崎&和田〔複勝率〕50.0%
中山11R :◆ペルシアンナイト  デム&池江〔複勝率〕53.1%
中山12R :◆タケルラグーン  戸崎&池上〔複勝率〕50.0%
阪神3R :◆ザクライングマシン  ルメ&本田〔複勝率〕62.5%
阪神6R :◆アドマイヤデジタル  ルメ&友道〔複勝率〕56.3%
阪神7R :◆フィールドステイ  ルメ&西園〔複勝率〕40.0%
阪神9R :◆コズミックフォース  ルメ&国枝〔複勝率〕66.7%
阪神11R :◆モズアスコット  ルメ&矢作〔複勝率〕50.0%
阪神12R :◆メンターモード  ルメ&藤岡〔複勝率〕66.7%
阪神12R :◆メイショウタラチネ  川田&高橋〔複勝率〕51.9%
小倉8R :◆キラーコンテンツ  北村&藤原〔複勝率〕58.6%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【中山記念】中山1800m

≪馬指数≫
1位:〔88〕⑨ショウナンバッハ
2位:〔85〕⑤ウインブライト ⑥マイネルハニー
4位:〔82〕④ペルシアンナイト
≪タイム指数≫
1位:〔68.4〕⑨ショウナンバッハ
2位:〔68.8〕⑩アエロリット
3位:〔69.3〕⑤ウインブライト
≪LAP一致度≫
③ヴィブロス ④ペルシアンナイト ⑨ショウナンバッハ

※2/20≪攻略ポイント≫更新してます
想像通り、1番人気は抜けましたが2~4番人気はまだ入れ替わりそうですね(・・。)
カギとなる3・4番人気はどの馬に??

【阪急杯】阪神1400m

≪馬指数≫
1位:〔82〕⑧ヒルノデイバロー
2位:〔80〕⑥レッドファルクス
3位:〔79〕⑰モズアスコット
≪タイム指数≫
1位:〔68.5〕④ペイシャフェリシタ
2位:〔68.8〕⑯アポロノシンザン
3位:〔69.0〕⑧ヒルノデイバロー ⑬ダイアナヘイロー
≪LAP一致度≫
特にナシ

※2/22≪攻略ポイント≫更新してます
コチラはカギとなるのが馬番ですが、今年のメンバーは厳しいですね^^;
近11年続く、3着以内馬の半数以上を占める条件ですが今年で途絶えるかな?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日は5人の調教師さんが引退の最終週で花道を飾る事が出来ましたね(*^^*)
今日はピックアップした8頭中5頭が3着以内。
ナムラシンウチ⑫人気が頭まであったのは驚いたヽ( ̄д ̄;)ノ
明日も朝までに「隠しネタ」更新しますね♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナムラシンウチの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ナムラシンウチの写真

投稿写真はありません。

ナムラシンウチの厩舎情報 VIP

2019年5月5日上賀茂ステークス13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナムラシンウチの取材メモ VIP

2019年4月6日 4歳以上1000万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。