イエローマリンバ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
イエローマリンバ
写真一覧
現役 牝5 青鹿毛 2015年3月1日生
調教師河内洋(栗東)
馬主松岡 隆雄
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績17戦[4-2-2-9]
総賞金6,642万円
収得賞金2,400万円
英字表記Yellow Marimba
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マーキーアトラクション
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Golden Attraction
兄弟 ダノングランツメルヘンステージ
前走 2020/10/25 ルミエールオータムD (L)
次走予定

イエローマリンバの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/25 新潟 11 ルミエAD (L) 芝1000 181170.61417** 牝5 54.0 鮫島克駿河内洋448(-2)0.58.9 3.236.7--ヒロイックアゲン
20/10/10 京都 11 オパールS (L) 芝1200 185933.11312** 牝5 53.0 川須栄彦河内洋450(+4)1.09.9 1.336.9リバティハイツ
20/04/12 中山 11 春雷S (L) 芝1200 1681523.01016** 牝5 53.0 斎藤新河内洋446(0)1.09.5 1.235.6ラヴィングアンサー
20/02/16 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 1781651.7133** 牝5 54.0 斎藤新河内洋446(-2)1.10.1 0.136.1シヴァージ
19/10/26 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1861176.31316** 牝4 54.0 北村友一河内洋448(+6)1.22.9 1.636.6ダイアトニック
19/08/18 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 182466.51210** 牝4 53.0 高倉稜河内洋442(+4)1.08.9 0.736.2ダイメイプリンセス
19/07/14 福島 11 バーデンBC OP 芝1200 16238.9610** 牝4 53.0 高倉稜河内洋438(-2)1.09.8 0.536.1カラクレナイ
19/05/05 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 17478.533** 牝4 54.0 幸英明河内洋440(+12)1.07.8 0.233.9ミラアイトーン
19/03/02 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 164847.71112** 牝4 54.0 高倉稜河内洋428(-8)1.08.6 1.535.4⑤⑤モズスーパーフレア
18/12/01 中京 11 浜松S 1600万下 芝1200 18478.751** 牝3 52.0 高倉稜河内洋436(-2)1.08.1 -0.034.1ハウメア
18/11/04 京都 8 醍醐特別 1000万下 芝1200 1871416.571** 牝3 54.0 幸英明河内洋438(-2)1.08.5 -0.034.1エンゲルヘン
18/10/20 京都 9 壬生特別 1000万下 芝1200 188165.018** 牝3 51.0 高倉稜河内洋440(0)1.09.6 0.335.3ニシノキントウン
18/09/15 阪神 10 瀬戸内海特別 1000万下 芝1400 1561011.1411** 牝3 53.0 幸英明河内洋440(+4)1.21.9 1.035.2⑪⑩レッドルドラ
18/06/24 阪神 9 皆生特別 1000万下 芝1200 14584.322** 牝3 51.0 松若風馬河内洋436(+2)1.09.4 0.035.2ブライティアレディ
18/04/28 京都 6 3歳500万下 芝1200 12563.221** 牝3 54.0 幸英明河内洋434(+4)1.08.6 -0.034.2トロワゼトワル
18/03/03 小倉 3 3歳未勝利 芝1200 18232.511** 牝3 54.0 幸英明河内洋430(-6)1.08.1 -0.135.0ディアボレット
18/02/13 小倉 5 3歳新馬 芝1200 176124.422** 牝3 53☆ 荻野極河内洋436(--)1.09.7 0.034.4エイシンデネブ

イエローマリンバの関連ニュース

 ★イエローマリンバ(栗・河内、牝5)は、登録している産経賞セントウルSを自重し、夕刊フジ杯オパールS(10月10日、京都、L、芝1200メートル)へ。

 ★七夕賞の勝ち馬クレッシェンドラヴ(美・林、牡6)は、産経賞オールカマー(27日、中山、GII、芝2200メートル)で重賞連勝を狙う。11着マイネルサーパス(美・高木、牡4)はオクトーバーS(10月18日、東京、L、芝2000メートル)を予定。

 ★丹頂S5着ウラヌスチャーム(美・斎藤誠、牝5)は新潟牝馬S(10月24日、新潟、OP、芝2200メートル)か、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)。9着ナイママ(美・武藤、牡4)は福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★古町S1着エムオーグリッタ(美・古賀慎、牡6)は、シリウスS(10月3日、中京、GIII、ダ1900メートル)へ。

 ★新潟記念6着カデナ(栗・中竹、牡6)は毎日王冠(10月11日、東京、GII、芝1800メートル)に向かう。12着アイスストーム(栗・吉村、牡5)は毎日王冠富士S(10月24日、東京、GII、芝1600メートル)の両にらみ。僚馬で15着インビジブルレイズ(牡6)はオクトーバーSへ。16着アイスバブル(栗・池江、牡5)は京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)へ。

 ★オークス7着後に休養していたミヤマザクラ(栗・藤原英、牝3)は秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)に参戦。糸魚川特別でデビュー3連勝を飾ったレイパパレ(栗・高野、牝3)も同レースに直行する。

 ★メルボルンTを勝ったアイアンバローズ(栗・角居、牡3)は、引き続き池添騎手で神戸新聞杯(27日、中京、GII、芝2200メートル)で始動する。僚馬で京都新聞杯3着ファルコニア(牡3)も引き続き川田騎手で同レースへ。

 ★上越Sを勝ってオープン入りしたウルトラマリン(栗・今野、牝3)は、ながつきS(26日、中山、OP、ダ1200メートル)へ。

 ★小倉日経オープン11着セラピア(栗・藤岡、牝4)は、ポートアイランドS(10月4日、中京、L、芝1600メートル)へ。

【産経賞セントウルステークス】特別登録馬 2020年9月6日() 17:30

[もっと見る]

【テレビ西日本賞北九州記念】特別登録馬 2020年8月16日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ラブカンプーは菜七子で北九州記念へ 2020年8月8日() 04:53

 ★アイビスSD10着で北九州記念(23日、小倉、GIII、芝1200メートル)に向かうラブカンプー(栗・森田、牝5)の騎乗者は、前走に続いて藤田菜七子騎手に決まった。2走前にCBC賞を制した時の斎藤騎手がレース当日、新潟で騎乗するため。また、僚馬でアイビスSD5着ダイメイプリンセス(牝7)も引き続き秋山真騎手で同レースへ。

 ★橘Sを勝ったカリオストロ(栗・加用、牝3)は、酒井騎手との新コンビで北九州記念へ。

 ★函館記念10着ベストアプローチ(美・小島、セン6)は、引き続き横山武騎手でアルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)を目標にする。

 ★七夕賞3着ヴァンケドミンゴ(栗・藤岡、牡4)は予定していた小倉記念を見送り、福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000メートル)を目標に調整する。

 ★福島テレビOP11着ショウナンアンセム(美・田中剛、牡7)は北九州記念の予定を切り替え、UHB賞(16日、札幌、OP、芝1200メートル)へ。

 ★安芸Sを勝ってオープン入りしたレシプロケイト(栗・鮫島、牡4)は、BSN賞(29日、新潟、L、ダ1800メートル)に向かう。欅S7着ホウショウナウ(栗・河内、牡5)も同レースへ。

 ★春雷S16着イエローマリンバ(栗・河内、牝5)は、朱鷺S(30日、新潟、L、芝1400メートル)へ。

 ★燕特別で2勝目を挙げたエンデュミオン(栗・清水久、牡3)は、阿賀野川特別(23日、新潟、2勝クラス、芝2200メートル)へ。菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)に向けて賞金加算を狙う。

[もっと見る]

【北九州短距離ステークス】入線速報(小倉競馬場) 2020年2月16日() 15:27

小倉11R・北九州短距離ステークス(1回小倉10日目 小倉競馬場  芝・右1200m サラ系4歳以上オープン)は、1番手8番シヴァージ(単勝2.8倍/1番人気)、2番手10番メイショウキョウジ(単勝6.3倍/3番人気)、3番手16番イエローマリンバ(単勝51.7倍/13番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連8-10(10.0倍) 馬単8-10(14.8倍) 3連複8-10-16(160.7倍) 3連単8-10-16(488.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020021610011011
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【重賞データ分析】スワンS 前走G1・G2組の一変多し!迷ったときはノーザンダンサー系重視の姿勢で! 2019年10月26日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、毎日放送賞スワンSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走G2以上のレースで掲示板に入れなかった馬の巻き返しが多い(2007年以降)

ノーワン
マルターズアポジー
モズアスコット
ムーンクエイク
スマートオーディン
モーニン
セイウンコウセイ

前走で安田記念あるいはスプリンターズSに出走、かつ大敗馬の変わり身が目立つ(2007年以降)

ノーワン
マルターズアポジー
スマートオーディン
セイウンコウセイ

馬券は牡馬中心に組み立てたほうがベター(2007年以降)

ロードクエスト
マルターズアポジー
キングハート
グァンチャーレ
マイスタイル
トゥザクラウン
モズアスコット
タイムトリップ
スマートオーディン
モーニン
ダイアトニック
セイウンコウセイ

【人気】
前走1400m以上に出走していた2番人気以内の馬が堅実(2014年以降)
※10時00分現在の2番人気以内、かつ前走1400m以上出走馬

グァンチャーレ
ダイアトニック

【脚質】
先行勢の好走が後を絶たない(1997年以降)

マルターズアポジー
アマルフィコースト
グァンチャーレ
トゥザクラウン
イエローマリンバ
セイウンコウセイ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
勝率・連対率は6枠がトップ(1998年以降)

イエローマリンバ
ムーンクエイク

複勝率は1枠が首位(1998年以降)

ロードクエスト
ノーワン

【血統】
近年はディープインパクト産駒の活躍が目立つ

イエローマリンバ

父もしくは母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬が強い(近年の傾向)

ロードクエスト
ノーワン
マルターズアポジー
カルヴァリオ
アマルフィコースト
モズアスコット
イエローマリンバ
スマートオーディン
モーニン

スピード型サンデーサイレンス系種牡馬の仔が好相性(近年の傾向)

ロードクエスト
カルヴァリオ
キングハート
アマルフィコースト
スマートオーディン


【4項目以上該当馬】
マルターズアポジー(5項目)
スマートオーディン(5項目)
ロードクエスト(4項目)
ノーワン(4項目)
イエローマリンバ(4項目)
セイウンコウセイ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

イエローマリンバの関連コラム

閲覧 1,701ビュー コメント 0 ナイス 5

先週末は札幌で札幌記念、小倉では北九州記念が行われた。どちらも好メンバーが揃い、秋のG1に向けても重要な一戦となった。

札幌記念は川田騎手に乗り替わったブラストワンピースが、直線馬群を割って抜け出し、粘るサングレーザーを交わし、追いすがるフィエールマンを退けた。有馬記念以来久々の勝利はこれまでの後方を追走し外を回すという形からスタイルを変えた、凱旋門賞への期待が広がる内容でもあった。

一方敗れたフィエールマンは久々の2000mに戸惑った印象もあり、悲観する敗戦ではないだろう。こちらも距離が延びてこそのタイプであり、凱旋門賞では巻き返しに期待したいところだ。

先週は我がブログ、TAROの競馬でも札幌記念の予想を無料公開したが、◎ブラストワンピースが期待通りの勝利。川田騎手は本当にこちらの思い描いた理想通りに騎乗してくれる素晴らしい騎手になった。凱旋門賞にも是非ともコンビを継続して挑んでもらいたい。



一方で西の北九州記念は、Aコース4週目で外が伸び始めた馬場に加えて、イエローマリンバラブカンプーといった伏兵の逃げ先行馬に外からモズスーパーフレアも絡んだため、字面以上に厳しい流れとなった。こうなると最後は外からの差しが決まるのが恒例。先週の当コラムでわざわざ藤岡康太騎手を取り上げ、◎アンヴァルは「タイプ的には合っていると思う」と書いたのもそれだけ自信があったゆえである。最終的に当方の配信である『競馬ノート』でも勝負度【A】として自信の本命に推奨し、勝った○ダイメイプリンセスとともに2019年になってから最大の勝負を敢行。個人的にもお盆の花火を打ち上げることに成功したレースだった。3連単まで獲り切れなかったのは悔しかったが…。(※買い目は画像を参照ください。)

(恐らく読者の大半は興味がないであろう)個人的な自慢話はともかく、今年の北九州記念は今後にもつながる中身のある一戦だったように思う。特に、勝ち馬もさることながら、2着のディアンドルの好内容が光った。展開や馬場を考えれば勝ちに等しい内容で、決して平坦後者というタイプでもない。まだ3歳馬でまだまだ伸びしろもあるだろうし、スプリンターズSでも楽しみが広がるレースぶりだった。

また4着モズスーパーフレアも逃げることはできない中で見せ場は作った。こちらはどうしても展開や枠に左右されるだけに安定は望めないが、スプリンターズSがスピードを問われる馬場状態になればチャンスもありそうだ。


〜馬の個性は騎手が作り上げるという側面

先週の両重賞を見て、馬券以外に強く感じたことがある。それは、

「騎手が馬の個性を作る」

というもう一つの競馬の側面である。そのことを強く印象付けたのは、札幌記念で2着したサングレーザーのレースぶりだ。サングレーザーといえばこれまでの主戦は福永騎手で、同騎手が上手く末脚を溜めることにより、極限の末脚を引き出されてココまでキャリアを積み上げてきた。

昨年のマイラーズCでは抜群の切れ味を披露し重賞制覇、札幌記念では2000mという未知の距離の中で後方でじっくりと溜め、抜群の進路取りで差し切る、まさに「神騎乗」を見せたのは印象深い。

ところが、今年は福永騎手にワグネリアンというパートナーががいたために、サングレーザーは岩田騎手に乗り替わりとなった。このことが、同馬の新たな一面を引き出すことになる。

まずスタートを決めたサングレーザーは、岩田騎手に促されると、やや行きたがりながらも先行する形に。そしてラチ沿いに寄せていくと、1コーナーではインの3番手を確保した。溜める競馬を身上とする同馬にとってこれは決して本来のパターンではないように思われたが、直線も粘りを見せ、ブラストワンピースを脅かす2着確保。フィエールマンの追撃は封じて見せた。

レースは基本的に馬の個性を騎手がどう引き出すかが重要だと考えているが、一方で騎手が馬の個性を作り上げる側面もあるのだと、強く感じさせられたレースぶりだった。サングレーザーは福永騎手が騎乗すれば、同騎手らしい当たりの柔らかさで鋭い末脚を発揮し、岩田騎手が騎乗すれば、同騎手らしいロスの無い立ち回りで粘りを見せる。騎手によってこれほど馬の個性が変化するのだ。

他方、北九州記念においては、デムーロ騎手からの乗り替わりとなった秋山騎手が見事な騎乗を見せダイメイプリンセスを勝利に導いた。リーディングや知名度では断然デムーロ騎手が上位だが、やはり騎手と馬との相性は大事だなというのを感じさせられる激走だった。デムーロはダイメイプリンセスにおいて、一度もまともな騎乗をできていなかった。同馬において、秋山騎手への手戻りは明らかに「鞍上強化」だった。


〜今週も好メンバーが揃った、キーンランドC

さて、今週末の重賞はキーンランドCと新潟2歳S。

新潟2歳Sはまだキャリアの浅い2歳戦。また、馬場状態次第の面もあるため現時点では何とも言えないが、初勝利のパフォーマンスだけを純粋に比較するならばウーマンズハートが一枚抜けているように思う。

一方でキーンランドCは混戦模様ながら、先週の北九州記念に引き続きスプリント路線の好メンバーが揃った印象だ。函館スプリントSでは無念の除外となったダノンスマッシュが改めて秋へ向けて始動するほか、スプリント戦2度目となるタワーオブロンドン、前走1200mに戻り鮮やかな末脚で抜け出したリナーテ、近走復活気配のあるセイウンコウセイなどに注目だろうか。

だが、個人的には3歳馬の奮闘に期待したい。その中でも伏兵で面白そうなのはハッピーアワー。デビュー以来ほとんどが1400m〜1600mのレースで、そのいずれのレースでもほぼ行きたがって掛かっていた馬だが、今回は久々の1200mに戻る。唯一の1200mは昨年快勝したすずらん賞で、レースぶりを見てもこの距離がベストだろう。

恐らくスタートで少し出遅れることになると思うので多頭数の1200mで全幅の信頼を置けるタイプではないが、展開や週末の馬場次第では出番がありそうだ。人気もないだろうし、一枚加えておいて損はない。

夏競馬もあと2週。もう一発二発、デカい花火を打ち上げて、良い締めくくりとしたいものだ。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年1月11日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】競馬は変わっていくと感じた年明け京都の馬場状態
閲覧 1,892ビュー コメント 0 ナイス 2

先週の京都金杯は最終的に◎アドマイヤアルバで勝負したものの、結果は4着止まり。想定していた内枠有利の馬場にはならず、勝ったパクスアメリカーナが外枠ながら人気に応え、2着マイスタイルも出たなりで外々を回る競馬だった。

年明け京都の開幕週といえば、かつてはグリーンベルトが発生し内枠有利が定番だった。こちらの画像は、2013年の日経新春杯の4コーナーである。

ご覧の通り、明らかにイン数頭分のところの馬場状態が良い。このときは、2→1→3という内枠決着で3連複は万馬券となった。11月の京都開催でB→Cコースを使用し、1カ月後の年明けに今度はAコースを使用するために起こる現象だったのだが、馬場は生き物であると同時に、人間が造るものでもある。京都の馬場の造り方が変わったということだろう。


~競馬は変わっていく象徴が中山芝1600m

競馬は変わっていく…といえば、中山芝1600mについても同様の感想を持つ。

かつては、

「中山芝1600mといえば内枠有利」

が格言のようになっていたが、それも今は昔。今では外枠勢の活躍が目立つ。先週行われた3歳オープンのジュニアCでも、大外枠のヴァッシュモンが制した。もちろん、印象として変わっているように思えるだけ…という可能性もなくはないので、データも調べてみよう。

ちょうど10年前、2008年~2010年の3年間と、直近の2016年~2018年の3年間の中山芝1600mの枠別成績を比べてみたい。あまり細かい数字を論じることが目的ではないので、頭数などは指定せず、とにかく期間内の当該コースでの全レースを参考にする。

結果は以下の通り。

~中山芝1600m枠別成績~

2008~2010年

1枠の3着内率 全枠中 1位
8枠の3着内率 全枠中 最下位

2016~2018年

1枠の3着内率 全枠中 最下位
8枠の3着内率 全枠中 5位

もの凄くザックリまとめてしまったが、かつては内に入れば入るほど有利と言われていたが、実際その通りで1枠(白帽子)の馬の好走率が最も高かった。

しかし、時代は変わり直近の3年にスポットを当てると、なんと1枠の好走率は最も低くなっている。そして、かつて圧倒的不利だった8枠(ピンク帽)がそれなりに健闘しているのだ。

ちなみに直近3年の1枠の複勝回収率は46%で最下位。これはどういうことかというと…

『未だに不利な内枠が有利だと思われて過剰に売れている』

ということである。枠の傾向は1枠と2枠でもまったく意味合いが異なるので、あまり安易に「内枠がダメ!」などとは言えないのだが、全体としてそういう傾向があるということ、なにより、競馬は変わっていくということはご理解いただけるのではないか。

平成も残すところあと4カ月余りとなったが、我々の意識も、目まぐるしく変わる競馬の変化に対応して行かなければならないと強く感じさせられる。

今週末は土曜日のメインがフェアリーS、日曜日のメインがニューイヤーSといずれも中山芝1600mで行われるが、少なくともかつてのような先入観は捨てて臨みたい。フェアリーSに関しては、昨年は外からの差しが優勢、3年前は逃げ&イン優勢だったので、展開次第でどちらかに決め打ちしてみるのも面白そうだ。


日経新春杯の展望

さて、今週は3日間開催となる。年明け早々大忙しの連休となりそうだが、日経新春杯には明け4歳の有力馬が多数出走、今後に向けて注目の一戦となりそうだ。

人気どころならグローリーヴェイズアフリカンゴールドの2頭のレースぶりには注目。菊花賞以来となるが、今回の走り次第では長距離戦線で期待の新星となりそうだ。

もっとも、久々に頭数が揃うだけに波乱にも期待してみたい。

穴馬ならばウインテンダネスノーブルマーズのベテラン2頭に注目。ともにタフな馬場に強く、当レースと相性の良いトニービン系の血を持つ馬でもある。

ウインテンダネス騎乗の内田騎手は2019年開幕週の先週、10番人気での勝利を含め8番人気以下の伏兵を4頭も馬券圏内に持って来る大活躍を見せた。

一方、ノーブルマーズの高倉騎手も、昨年末からイエローマリンバキョウヘイビップライブリーホーリーブレイズなど、メインレースで伏兵を複数頭持って来ている。乗れている鞍上の勢いにも期待したい。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2018年4月27日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年04月27日
閲覧 1,232ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年4月28日()の凄馬!>
極凄馬
東京5R 3歳未勝利
デルマコニャック(+5.7)

極凄馬
新潟3R 3歳未勝利
ヴィーダ(+4.5)

極凄馬
東京6R 3歳500万以下
ケールダンセール(+4.3)

超凄馬
新潟2R 3歳未勝利
ブラックイメル(+3.3)

超凄馬
新潟9R 4歳以上500万以下
マルヨシャバーリー(+3.0)

超凄馬
東京1R 3歳未勝利
イセベル(+3.0)

超凄馬
東京4R 3歳未勝利
ソーラーフレア(+3.0)

超凄馬
京都1R 3歳未勝利
エイシンネメシス(+2.5)

超凄馬
京都6R 3歳500万以下
イエローマリンバ(+2.3)

超凄馬
京都2R 3歳未勝利
ガナドゥール(+2.1)

超凄馬
新潟10R ゆきつばき賞
ニシノキントウン(+2.0)

超凄馬
東京8R 4歳以上500万以下
エレクトロポップ(+2.0)

超凄馬
京都9R 矢車賞
シスターフラッグ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年4月29日、集計数:31,648レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

イエローマリンバの口コミ


口コミ一覧
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんは。明日10/25単複王です
No.718 京都 8レース なでしこ賞(1勝クラス)  ダート 1400m ◎ レッドソルダード ◯ クインズメリッサ
No.719 京都 9レース 鳴滝特別(2勝クラス)  芝 2200m ◎ フライライクバード ◯ ヒートオンビート
No.720 京都 10レース 桂川S(3勝クラス)  芝 1200m ◎ ファーストフォリオ ◯ ファストフォース
No.721 京都 11レース 菊花賞(G1)  芝 3000m ◎ コントレイル ◯ ヴェルトライゼンデ
No.722 京都 12レース 貴船S(3勝クラス)  ダート 1400m ◎ タガノプレトリア ◯ イッツクール
No.723 東京 9レース tvk賞(2勝クラス)  芝 1800m ◎ ルプリュフォール ◯ サペラヴィ
No.724 東京 10レース 甲斐路S(3勝クラス)  芝 2000m ◎ レッドアステル ◯ カントル
No.725 東京 11レース ブラジルC(L)  ダート 2100m ◎ アポロテネシー ◯ スワーヴアラミス
No.726 新潟 10レース 岩船特別(1勝クラス)  芝 2200m ◎ アルセスト ◯ ダンディズム
No.727 新潟 11レース ルミエールオータムダッシュ(L)  芝 1000m ◎ ボーンスキルフル ◯ ゲンキチハヤブサ
No.728 新潟 12レース 鳥屋野特別(2勝クラス)  ダート 1800m ◎ セイユメアカリ ◯ ショウナンマリオ
続いて
No.108 菊花賞 ◎ コントレイル ○ ヴェルトライゼンデ ▲ バビット ☆ ロバートソンキー ガロアクリーク
明日10/25のメインレースは
京都 11レース 菊花賞(G1) 芝 3000m
東京 11レース ブラジルC(L) ダート 2100m
新潟 11レース ルミエールオータムダッシュ(L) 芝 1000m
です
菊花賞(G1) ◎ コントレイル ○ ヴェルトライゼンデ ▲ バビット ☆ ロバートソンキー ガロアクリーク
ブラジルC(L) ◎ アポロテネシー ○ スワーヴアラミス ▲ ロードゴラッソ ☆ ハヤヤッコ マイネルユキツバキ
ルミエールオータムダッシュ(L) ◎ ボーンスキルフル ○ ゲンキチハヤブサ ▲ ヒロイックアゲン ☆ ダイメイプリンセス イエローマリンバ
よろしくお願いします

 ブルースワン 2020年10月10日() 13:18
オパールS
閲覧 55ビュー コメント 2 ナイス 12

イエローマリンバ気になるけど残るかな(?_?)

人気薄だけど単勝20倍

あまり妙味ないけど・・・

それなら一発狙いでメイソンジュニア😃

キツイなぁ~~~😢

でも荒れそうな

[もっと見る]

 ゼファー 2020年10月10日() 11:15
第6回 サウジアラビアロイヤルカップGⅢ
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 9

<馬場状態>

雨が降り続いています。

芝コース含水率
ゴール前:(金)19.0 (土)20.5
4コーナー:(金)17.6 (土)19.5

芝コースクッション値:(金)8.5 (土)7.0
7.0:やや軟らかめ らしい。

【馬場ポイント】
開幕週の絶好の馬場なのに、不良馬場
滑る馬場で、直線で良い脚が殺がれるので、狙いは4角で前に位置する馬。

<展開>

1
6
3.5.9

2.4.7.8.10

<馬券>

ピンクカメハメハ:★
4角で先頭は、この馬
不良馬場を味方に粘り込む。
穴は、この馬!!

スペシャルトーク:◎ 〇
前走は、2歳未勝利ながらラスト2F:12.4-12.5と垂れる流れを、
キッチリ差し切った脚は、不良馬場でも可能性を感じる、
不良馬場名人、ミルコ デムーロJへの乗り替りも大きな上積み。

ジャンカズマ:▲
大きく負けたが、メイクデビュー阪神 2着が魅力有り。

△:5.6.7.8.9

「夕刊フジ杯オパールステークスリステッド」も少々

<馬場状態>

京都も不良馬場
芝コースクッション値:(金)7.8 (土)7.2

<馬券>

Hペースだが、後ろも脚を消耗して、不良馬場に決め脚が殺がれると読む。
前に行ける組から、不良馬場で踏ん張る馬を馬券にする。

イエローマリンバ :★

アスタールビー:◎

ヤマカツマーメイド:〇

レジェーロ:▲

フェルトベルク:△

[もっと見る]

⇒もっと見る

イエローマリンバの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イエローマリンバの写真

イエローマリンバ

イエローマリンバの厩舎情報 VIP

2020年10月25日ルミエールオータムD (L)17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イエローマリンバの取材メモ VIP

2020年2月16日 北九州短距離S 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。