ラヴィングアンサー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ラヴィングアンサー
写真一覧
抹消  鹿毛 2014年4月8日生
調教師石坂公一(栗東)
馬主江口 博美
生産者笠松牧場
生産地浦河町
戦績40戦[8-2-4-26]
総賞金17,295万円
収得賞金6,050万円
英字表記Loving Answer
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
ラブレター
血統 ][ 産駒 ]
Rock of Gibraltar
ナショナルポートレイト
兄弟 ブラックジョーリアルヴィーナス
市場価格
前走 2022/10/02 スプリンターズS G1
次走予定

ラヴィングアンサーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/10/02 中山 11 スプリンター G1 芝1200 16714322.51616** 牡8 57.0 菱田裕二石坂公一 502
(-2)
1.08.9 1.134.3⑯⑯ジャンダルム
22/09/11 中京 11 セントウルS G2 芝1200 1381384.3109** 牡8 56.0 菱田裕二石坂公一 504
(-2)
1.07.4 1.233.1⑫⑫メイケイエール
22/04/10 中山 11 春雷S (L) 芝1200 162322.81010** 牡8 57.0 石橋脩石坂公一 506
(+2)
1.07.7 0.933.1⑫⑫ヴェントヴォーチェ
22/02/13 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 1881616.7106** 牡8 59.0 勝浦正樹石坂公一 504
(-8)
1.09.0 0.334.4⑭⑮ビオグラフィー
22/01/15 中山 11 カーバンクル OP 芝1200 164718.476** 牡8 57.0 石橋脩石坂公一 512
(-2)
1.09.1 0.434.1⑯⑯サンライズオネスト
21/12/25 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 18816150.4138** 牡7 57.0 岩田望来石坂公一B 514
(+2)
1.21.1 0.834.5⑬⑫グレナディアガーズ
21/11/28 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 162322.91110** 牡7 57.0 岩田望来石坂公一B 512
(+8)
1.09.6 0.834.4⑫⑬エイティーンガール
21/10/03 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1623209.81510** 牡7 57.0 岩田望来石坂公一 504
(+6)
1.08.0 0.933.5⑫⑪ピクシーナイト
21/09/12 中京 11 セントウルS G2 芝1200 17816195.4148** 牡7 56.0 岩田望来石坂公一 498
(-2)
1.07.8 0.633.1⑫⑫レシステンシア
21/03/06 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 1681615.058** 牡7 56.0 勝浦正樹石坂公一 500
(-6)
1.08.9 0.534.0⑫⑩コントラチェック
21/02/14 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 187149.741** 牡7 58.0 勝浦正樹石坂正 506
(-6)
1.07.0 -0.133.2⑮⑭グルーヴィット
21/01/31 中京 11 シルクロード G3 芝1200 183539.7119** 牡7 57.0 吉田豊石坂正 512
(+2)
1.09.0 0.733.8⑯⑰シヴァージ
20/12/19 阪神 11 タンザナイト OP 芝1200 165105.831** 牡6 56.0 北村友一石坂正 510
(+12)
1.08.1 -0.033.3⑬⑬ジョーアラビカ
20/09/13 中京 11 セントウルS G2 芝1200 172421.698** 牡6 56.0 吉田隼人石坂正 498
(-2)
1.08.5 0.633.6⑩⑩ダノンスマッシュ
20/08/30 新潟 10 朱鷺S (L) 芝1400 187157.138** 牡6 57.0 吉田豊石坂正 500
(+4)
1.21.5 0.334.9⑯⑰カテドラル
20/05/16 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 131147.9124** 牡6 56.0 吉田豊石坂正 496
(-2)
1.20.1 0.332.4⑪⑪ダノンスマッシュ
20/04/12 中山 11 春雷S (L) 芝1200 164817.891** 牡6 54.0 吉田豊石坂正 498
(-4)
1.08.3 -0.033.6⑬⑬マリアズハート
20/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1881759.3139** 牡6 56.0 和田竜二石坂正 502
(0)
1.21.1 0.834.5⑬⑬ベストアクター
20/02/02 京都 11 シルクロード G3 芝1200 185945.2136** 牡6 54.0 和田竜二石坂正 502
(+6)
1.09.3 0.334.6⑦⑤アウィルアウェイ
19/12/01 中山 11 ラピスラズリ (L) 芝1200 9223.625** 牡5 56.0 W.ビュイ石坂正 496
(+4)
1.09.0 0.533.3⑥⑥ナックビーナス

⇒もっと見る


ラヴィングアンサーの関連ニュース

◆秋山真騎手(エイティーンガール6着)「思っていたよりも流れに乗ってしまいましたが、いいパフォーマンスはできた」

◆鮫島駿騎手(トゥラヴェスーラ7着)「上位に来ている馬の通ったところを考えれば内が有利でしたね。力はあるのでさばき方ひとつだと思います」

◆菊沢騎手(マリアズハート8着)「前半はリラックスして走れていたし、最後はすごくいい脚を使ってくれました。こういう大きな舞台でも、展開や馬場次第でやれると感じました」

◆団野騎手(ファストフォース10着)「やりたい競馬はできました。また立て直して頑張ります」

◆西村淳騎手(ヴェントヴォーチェ11着)「いいスタートが切れて人気馬を見ながら進めました。このメンバーでよく頑張っています」

◆丹内騎手(メイショウミモザ12着)「内々をロスなく立ち回って来られました。直線の立ち上がりは〝おっ〟と思いましたが、そこからはじけ切れなかったです」

◆福永騎手(タイセイビジョン13着)「追走していても引っ張るぐらいの手応えはなかったですね」

◆国分恭騎手(テイエムスパーダ15着)「ゲート内の駐立はいつも通りで、スタートも普通に出ましたが、その後のダッシュがつかなかったです」

◆石坂師(ラヴィングアンサー16着)「自分の競馬に徹して後ろから行きましたが、追いつけなかったです」

【回収率予報ニュース! 2022/10/2(日)版】スプリンターズS、ポートアイランドSほか 2022年10月2日() 09:00

皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2022/10/2(日)版】をお届けします。

登場してもらうのは、本年プロ予想家デビューし活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2022/10/2(日) 買ってはいけない スプリンターズS、ポートアイランドSほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。

■中京11R 芝1600m 3歳上オープン 15:30 ポートアイランドS
 ⑤ 60% 9.4倍(6) エンデュミオン
 ⑪ 60% 111.7倍(12) パーティナシティ

■中山11R 芝1200m 3歳上オープン 15:40 G1 スプリンターズS
 ⑦ 60% 17.2倍(8) ウインマーベル
 ⑭ 50% 210.9倍(16) ラヴィングアンサー
 ⑮ 60% 7.6倍(3) シュネルマイスター

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

中京 06R ⑬ 60% 5.3倍(3) キングレリック

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2022/10/2(日) 単勝万馬券を狙え≫

「単勝万馬券を狙え」では、予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬をご紹介いたします。単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

中山 02R ⑤ 90% 122.5倍(13) キタノチェロキー

※左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

【重賞データ分析】スプリンターズS2022 メイケイエール含む3頭のみが連対条件オールクリア 2022年10月1日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!スプリンターズS・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
中山施行の直近9回(2012~2013、2015~2021年)における1~3着馬の馬齢をみると、3歳から7歳の範囲で収まっている。その一方、近2走内にG1またはG2での優勝歴があった馬を除くと、6~7歳の2着連対圏入りはゼロ。覚えておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
ジャンダルム ④ダイアトニック ⑤エイティーンガール ⑧ファストフォース ⑪トゥラヴェスーラ ⑭ラヴィングアンサー ⑯マリアズハート

【前走使用距離】
中山で施行された直近9回における3着以内馬延べ27頭の前走使用距離を確認すると、1200m、1400m、1600mの3通り。ただし、1400m組の最高着順は3着止まり。1200m組の好走(3着以内)は前走重賞出走馬に限られ、1600m組の複勝圏入りは前走G1出走馬のみとなっている。その点には注意したい。

(減点対象馬)
マリアズハート

【前走着順】
前走の着順については1600m戦なら不問、1200m戦の場合は4着以内がひとつの目安。中山施行の直近9回、この2パターン以外のステップで臨んだ馬は、いずれも3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
テイエムスパーダ ②ジャンダルム ③メイショウミモザ ⑤エイティーンガール ⑭ラヴィングアンサー ⑯マリアズハート

【近走成績】
中山で施行された直近9回における2着以内馬延べ18頭には、例外なく近3走内に2着以内の連対経験があった。2着連対圏から遠ざかっている馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
メイショウミモザ ⑤エイティーンガール ⑭ラヴィングアンサー

【近走人気】
中山施行の直近9回、近2走ともに単勝6番人気以下だった馬が、当レースで2着以内に入ったケースはゼロ。低評価続きの馬を中心視するのは避けたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
ジャンダルム ④ダイアトニック ⑥ナランフレグ ⑧ファストフォース ⑪トゥラヴェスーラ ⑭ラヴィングアンサー

【重賞実績】
中山で施行された直近9回における1~2着馬延べ18頭には、いずれも芝1200m重賞で2着以内の連対歴があった。スプリント重賞での連対(2着以内)経験がない馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
メイショウミモザ ⑭ラヴィングアンサー ⑮シュネルマイスター ⑯マリアズハート


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、⑦ウインマーベル、⑨ナムラクレア、⑩タイセイビジョン、⑫ヴェントヴォーチェ、⑬メイケイエールの5頭。

中心には⑬メイケイエールを据えたい。中山施行の直近9回、前走がセントウルSかつ単勝1番人気に支持されていた馬は【4.2.0.3】の好成績。直近4年連続で2着連対圏を確保している、前走セントウルS1着馬に該当することも好印象だ。

2、3番手には、⑨ナムラクレア、⑩タイセイビジョンの順でピックアップ。残りの2頭、⑦ウインマーベルと⑫ヴェントヴォーチェは中山施行の直近9回、【0.0.4.34】と連対(2着以内)がない前走キーンランドC組。ゆえに、上位候補とするには心許ない印象を持つ。

<注目馬>
メイケイエール ⑨ナムラクレア ⑩タイセイビジョン

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】スプリンターズS2022 血統指数は首位ナムラクレアから伏兵3頭へのラインを示唆 2022年10月1日() 12:00


こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は2(日)に行われるG1スプリンターズSを予想していきたいと思います。

まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。

今週のスプリンターズSも前回同様に、設定で当該コースのみにアジャストできる条件でもないことから、純粋な血統基本指数100%作戦を続けます。補正は、斤量補正と調教補正をONにして臨みたいと思います。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出したスプリンターズS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑨ナムラクレア      11.73%
2 ⑫ヴェントヴォーチェ   8.11%
3 ③メイショウミモザ    8.02%
4 ①テイエムスパーダ    7.81%
5 ⑩タイセイビジョン    6.94%
6 ⑥ナランフレグ      6.91%
7 ②ジャンダルム      6.87%
8 ⑬メイケイエール     6.27%

9 ⑦ウインマーベル      5.65%
10 ⑪トゥラヴェスーラ    5.16%
11 ⑮シュネルマイスター   4.85%
12 ④ダイアトニック     4.68%
13 ⑤エイティーンガール   4.57%
14 ⑭ラヴィングアンサー   4.50%
15 ⑧ファストフォース    3.99%
16 ⑯マリアズハート     3.93%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回のスプリンターズSでは上位8頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑨>>⑫③①>⑩⑥②⑬

トップに立ったのが⑨ナムラクレア。その差は3.5ポイント超と少し抜け出した格好。ここはまずは、⑨ナムラクレアが強豪撃破するシーンに期待することとします。そしてその下に関しては、4位→5位間に少し開きが見られるというのがこの血統指数をベースにした勝率分布となっています。このあたりを活用した構成で臨むこととします。
今回は、以下の単勝、馬連、3連複計19点(10,000円)で勝負です。
基本は前残りの流れでの立ち回り戦を想定していますが、その鍵を握る①テイエムスパーダのペースにも注目して秋G1初戦を楽しみたいと思います。


【孫権のスプリンターズS勝負馬券】

単勝

1点×4600円=4,600円

馬連フォーメーション
⑨-①③⑫
3点×300円=900円

3連複フォーメーション
⑨-①③⑫-①②③⑥⑩⑫⑬
15点×300円=4,500円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【スプリンター】枠順の明暗 2022年10月1日() 04:50

①テイエムスパーダ

「発馬が重要ですね。(五十嵐)先生と相談しますが、現状はハナかなというイメージです」(国分恭騎手)

②ジャンダルム

「枠は真ん中よりも内側が欲しかったので、良かったと思います。予定通りにきています」(兼武助手)

③メイショウミモザ

「できれば内が欲しかったので良かった。カイバも食べていて、いい感じできているよ」(池添兼師)

④ダイアトニック

「できれば偶数枠が欲しいと思っていました。内枠にも入ってくれて、最高のところですね」(安田隆師)

⑤エイティーンガール

「(後入れの)偶数枠が欲しかったけど、ゲート練習で(駐立は)我慢できていますからね」(飯田祐師)

⑥ナランフレグ

「(前に)行けないけど、内の方がいい。どれだけ追走できるか。あとは(前が)開けば」(宗像師)

⑦ウインマーベル

「⑦番ならまずまず。松山騎手と手が合っているし、中団から前めの位置で競馬できれば」(深山師)

⑧ファストフォース

「内過ぎるよりも動きやすい枠で良かった。最内のテイエムスパーダを見ながら行ければ」(梛木助手)

⑨ナムラクレア

今年のサマースプリント女王は、これまで勝ち馬が出ていない⑨番(❺枠)に決まった。〝鬼門番〟ながら、長谷川調教師は「内が欲しかったですが、並びを見てもいいところだと思います。あとは浜中騎手にお任せします」と泰然自若の構えだ。

⑩タイセイビジョン

「いい枠。内でゴチャつくよりいいですね。外を回しては厳しいと思うので立ち回りひとつ」(梛木助手)

⑪トゥラヴェスーラ

「外ですね。でも、内枠に先行馬がいるのでうまく内のポケットに潜り込めればと思います」(鮫島駿騎手)

⑫ヴェントヴォーチェ

「真ん中ぐらいが欲しかったのですが、許容範囲です。内を見ながら競馬ができそうですね」(牧浦師)

⑬メイケイエール

重賞6勝を挙げる快速娘は、過去4勝を挙げる⑬番枠(❼枠)から戴冠を狙う。武英調教師は「行きたい馬が内にいて、好位を取りに行けると思います。競馬がしやすく、(池添)ジョッキーも考えて乗ってくれると思います」とうなずいた。

⑭ラヴィングアンサー

「馬混みに入るとあまり良くないみたいで、外枠で良かったと思います。前崩れの展開になってほしい」(高橋助手)

⑮シュネルマイスター

「エンジンをかけたいときに動けなくなるのが嫌だからね。メイケイについていくイメージ」(手塚師)

⑯マリアズハート

「(大外は)嫌ですけど、ゴチャゴチャしないし、流れに乗りやすいかな。位置はスタート次第」(菊沢師)

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】スプリンターズS2022 A判定3頭の中からナムラクレアをトップ評価! 2022年9月30日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はスプリンターズS・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるスプリンターズSの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

テイエムスパーダ【B】
栗東坂路単走。軽く仕掛ける程度の内容。ペースを上げてから、首の振り方が少々雑になり、体がまっすぐ向いてない場面もあったが、脚元の動きは力強く、集中力も最後まで途切れていない。この馬自身のパフォーマンスは示している印象。及第点の仕上がりにある。

ジャンダルム【A】
栗東坂路単走。感触を確かめる程度の内容ながら、折り合い良く安定したフォームでキビキビと登坂。鞍上の軽い仕掛けに対する反応も良かった。かなりの線まで調子を取り戻してきた様子。気分を損ねず運ぶことができれば、上位争いに割って入るシーンがあっても不思議はない。

メイショウミモザ【B】
栗東坂路単走。回転鋭いフットワークで登坂。もともと稽古では良く見せる馬とはいえ、前肢の鋭いかき込みは目を引くものがあった。気持ちも乗って、仕上がりは良さそう。ムラ駆け指向が強くアテにならない部分はあるが、もっと着順を上げてきても、おかしくない攻め気配ではある。

ダイアトニック【C】
栗東坂路単走。手前を替える際に走りの軸がズレるような感じになったが、この馬にはよくあること。それは気にしなくてもいい。ただ、首の動きが硬く、この馬とすれば安定感を欠く登坂。しまいにかけて相応の脚力を見せたものの、往時の気配には及ばないように思える。

エイティーンガール【C】
栗東CW単走。1週前にメイチで攻めたことも影響しているのか、コーナーで首を振るなど、鞍上が抑えるのにひと苦労。直線に入ってからは、それなりに落ち着いたものの、肩の出がひと息でラストの伸びも物足りなく映る。こんな様子でも結果を出すことがある馬とはいえ、調教観点的に評価は上げづらい。

ナランフレグ【B】
美浦南W併走。良い時に比べると、四肢の可動域が少し狭く映るが、それでも1週前追い切りよりは身のこなしが軽くなったし、反応も良化している。気負いなく落ち着いて走れているのも好感。絶好調とはいかないまでも、状態は着実に上向いている。

ウインマーベル【C】
美浦南W併走。体を大きく使った走りだが、直線を向いてからの反応はひと息。鞍上がステッキを入れて目一杯シゴくも、鋭さを欠いてジリ脚気味。ただ、ゴール板を過ぎたあともガッツリと追われていた。この1本でどこまでピリッとしてくるか。当日の気配を注視したい1頭ではある。

ファストフォース【C】
栗東坂路単走。軽めの調整。安定したフォームで力みなく走れていることは評価できるものの、鞍上の軽い促しに対する反応が薄く、何か物足りなさを覚えてしまう内容。中2週続きの臨戦で、状態の維持に努めるのは致し方ないにせよ、もう少し覇気が欲しいのも確か。評価を上げるには躊躇してしまう。

ナムラクレア【A】
栗東坂路単走。整える程度の内容。直線を向いた際に少しバランスを崩し、ラストで若干滑るような場面もあったが、許容範囲の部類。前後の脚をまっすぐ前に出したフォームは見映えが良く、手前変換後の加速と反応もいい。その動きから状態の良さが十分に伝わってくる。高く評価したい1頭だ。

タイセイビジョン【B】
栗東CW併走。コーナーで行きたがり、直線を向いて間もなく先行の2頭より前に出てしまう。制御がしっかり効いていた、1週前追い切りとは打って変わって難しい面を見せていたのは気になるところ。ただ、四肢のさばきは柔らかく、僚馬をあっさり制する余力もあった。この馬なりに順調と判断したい。

トゥラヴェスーラ【B】
栗東坂路単走。手前替えの際に右にヨレるのは1週前追い切りと同じ。だが、その後は荒々しい動きながらも、チップを力強く蹴り上げて登坂。一番苦しくなりそうなところで、馬自ら四肢の回転を上げていた点も評価できる。このひと追いで仕上がりは間に合いそうだ。

ヴェントヴォーチェ【B】
栗東坂路単走。タイトなローテーションを考慮して、セーブ気味の内容。とはいえ、気合乗り良く余力十分の走り。きちんと折り合いがついているし、四肢のさばきも力強い。ラストの伸びも悪くなかった。急上昇とはいかないまでも、状態はいい意味での平行線。侮れない存在だ。

メイケイエール【A】
栗東CW単走。24日に速い時計を出しているので、当該週は整える程度の内容。コーナーでスイッチが入り気味になるも、制御できる範囲。直線に向いてからも折り合いはついていたし、ストライドを広げてバネを存分に感じさせる走りは見ごたえがあった。デキは高いレベルで安定している。

ラヴィングアンサー【C】
栗東CW単走。それなりに前向きな面を見せてはいるものの、頭の位置が高く、四肢のさばきも硬め。促されてからの反応も薄い。いい頃の伸びやかな走りには及ばない印象。まだ良化余地を残しているように思える。善戦を超えるイメージまでは浮かんでこない。

シュネルマイスター【B】
美浦南W併走。1週前追い切りでは直線に入ったあとも右手前のままだったが、今回は遅いタイミングながらも手前を替えた。僚馬と並んでからの反応と伸びも良化している。100%には至らないまでも、ひと追いごとに状態は上がってきている印象。それなりに動ける仕上がりとみたい。

マリアズハート【C】
美浦坂路併走。序盤から速いラップを刻んだとはいえ、ラストの伸びは今一歩。負荷をかけるという面ではいいのかもしれないが、馬場のいい時間帯にジョッキーが乗っていたことを考えると、最後はもう少し踏ん張って欲しかった。善戦はできても勝ち負けまではどうか。


【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。トップは⑨ナムラクレアとする。1週前に栗東坂路で49秒7-36秒2-23秒3-11秒5の猛時計をマーク。今週はサラッと流す程度の調整ながらも、速い上がりが出づらいコンディションのなか、ラスト2Fを24秒3-12秒0でまとめた。手前1本で突っ走ってしまうケースも少なくない馬が、2週続けて手前変換をこなしていたことも何より。いいムードで本番に臨めそうだ。

2番手は⑬メイケイエール。1週前の坂路追い切りはキャンターに近い内容だったとはいえ、集中力を欠く走り。だが、24日に坂路で4F49秒4を叩いて芯が入ってきたのか、今週のCW追い切りではこの馬らしい大きなフットワークを披露。折り合い面も前回の最終追い切り時より良く見えた。上位の存在と評価することができよう。ほか、叩き良化タイプらしく順当に調子が上向いている、②ジャンダルムも気にかけておきたい。

<注目馬>
ナムラクレア ⑬メイケイエール ②ジャンダルム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラヴィングアンサーの関連コラム

閲覧 826ビュー コメント 0 ナイス 1



13(土)のG3クイーンC、14(日)のG2京都記念、G3共同通信杯ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
14(日)の小倉10Rあすなろ賞では、◎ワールドリバイバルグラティトゥーウィンドリッパーの予想で8万7650円払戻し(1,288%回収)をマーク。さらには、小倉11R北九州短距離S的中などを挟み、阪神12R4歳以上2勝クラスでは10万9950円払戻し(1,895%回収)のダメ押しを披露! 13(土)にも阪神8R4歳以上1勝クラス阪神5R3歳未勝利などの的中を収めた先週は、土日2日間トータル回収率109%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
13(土)の東京5R3歳未勝利では馬単&3連複的中計10万5080円の払戻しをマーク。14(日)には阪神1R3歳未勝利的中や、小倉11R北九州短距離Sラヴィングアンサーグルーヴィットメイショウキョウジでのパーフェクト的中などで活躍を見せています。土日2日間ともにプラスで終え、開催4日連続プラス&2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →“帰ってきた”凄馬勝子プロ
先週は、13(土)阪神5R3歳未勝利東京10R雲雀S、14(日)東京1R3歳未勝利阪神12R4歳以上2勝クラスなどの的中で連日の大勝。週間トータルでは回収率203%、収支70万6200円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、蒼馬久一郎プロ(108%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(107%)、スガダイプロ(104%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(101%)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年4月17日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/11~4/12) 金子京介プロ、nigeプロら6名が週間トータル回収率130%超をマーク!
閲覧 796ビュー コメント 0 ナイス 2


 
12(日)行われたG1桜花賞ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
11(土)に阪神牝馬S◎▲的中、中山12R4歳上1勝クラスロードシュタルクなどの的中をマークすると、12(日)には中山5R3歳未勝利中山6R3歳1勝クラスと好調予想を連発。さらには、阪神10R大阪-ハンブルクCで▲グランドロワイサチルホープ的中計12万5700円払戻しのスマッシュヒット。週間トータルでは、回収率175%でトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
11(土)は勝負予想指定中山6R3歳1勝クラスで◎○本線から3連単◎○×的中、同福島11R福島中央テレビ杯でも◎○×的中とするとG2ニュージーランドトロフィーも仕留める活躍を披露。12(日)にはG1桜花をきっちり的中と、引き続きの勝負強さをアピールし、週末2日間のトータル回収率148%を記録。2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
中山3R3歳未勝利での○◎馬連1点的中などで好スタートの11(土)は、その後勝負予想福島11R福島中央テレビ杯G2阪神牝馬SG2ニュージーランドトロフィーと、3場メイン総獲りなどの活躍を披露! さらに、12(日)には中山11R春雷Sラヴィングアンサータイセイアベニール的中などをマークし、週間回収率139%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
G1桜花を◎デアリングタクトから、「逃げ馬候補はどちらも抑えておきたい」とした▲レシステンシア×スマイルカナで的中計5万5140円の払戻しを記録。11(土)阪神9R丹波特別、同福島12R桑折特別、12(日)阪神3R3歳未勝利、同福島11R吾妻小富士S、同阪神7R4歳上1勝クラスなどの活躍を披露した先週は、回収率135%、収支12万2200円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、暴君アッキープロ(160%)、きいいろプロ(138%)、新参者プロ(127%)、にしのけいごプロ(122%)、スガダイプロ(103%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2016年8月2日(火) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第5回U指数から見た将来性の高い2歳馬
閲覧 3,196ビュー コメント 0 ナイス 12

 現2歳世代にとって最初のJRA重賞、7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)を制したのはレヴァンテライオン(Ghostly Darknessの2014)でした。筆頭オーナーであるmizumizuさん(スペシャル)、東風はるちゃんさん(GI)、ネーハイシーザーさん(GII)、じょーじDXさん(GIII)、2rakiさん(オープン)ほか計28名の皆様、おめでとうございます。
 ちなみに、仮想オーナー枠が1頭につき1枠しかない(=仮想オーナー募集枠の開放がない)スペシャルワールドのmizumizuさんは、第1回の入札で早々に同馬を確保。しかも、落札価格は募集価格と同額の120万PPだったんですよね。入札可能な頭数や金額に限りがある中、もっとも効率が良い形での“単独指名”に成功したわけで、相馬眼だけでなく戦略性においてもお見事というほかありません。私自身「これは気持ちイイだろうなぁ~」と羨ましく思いました(笑)。

 夏季競馬の後半戦に突入し、2歳戦はこれからますます熱を帯びてきます。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは今週を含めて計5回の仮想オーナー募集枠開放を残しており、手持ちの所有枠やPOGポイント次第ではどの馬も指名が可能。また、7月24日終了時点で既に722頭の馬がJRAのレースを使っていることから、今後は実戦を経験した馬たちの評価も重要なポイントになってくるでしょう。
 今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、将来性が高そうな2歳馬をピックアップしてみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月24日終了時点。以下同)。

●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S モンドキャンノ 89.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S タイムトリップ 87.8
●7月24日 函館11R 函館2歳S メローブリーズ 86.8
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●7月23日 中京09R 中京2歳S ディーパワンサ 85.8
●7月24日 函館11R 函館2歳S ドゥモワゼル 85.8
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●7月23日 中京09R 中京2歳S エントリーチケット 85.1

 ランクインした馬の大半は、7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)や7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)で好走した馬。集計期間中に施行されたオープンクラスのレースはこの2鞍だけなので、極めて順当な結果と言えます。
 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすいものです。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。これらの傾向も踏まえつつ、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。

 新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●7月24日 中京05R クライムメジャー 81.7
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●7月2日 中京05R メイショウソウビ 81.4
●6月18日 函館05R ザベストエバー 81.3
●6月19日 函館05R モンドキャンノ 81.1
●7月10日 中京05R ジューヌエコール 80.7
●7月2日 函館05R ガーシュウィン 80.4

 函館2歳ステークスで敗れてしまった馬も入っていますが、POG期間全体の番組体系から見れば時期的にも条件的にも特殊なレースだけに、この段階で見限るのは早計。血統的にも将来性が高そうなアエロリット(アステリックスの2014)、アンジュシャルマン(シーズアンの2014)、クライムメジャー(クライウィズジョイの2014)らを含め、引き続き注目しておくべきだと思います。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●7月2日 函館01R ラッシュアウト 83.1
●7月9日 中京01R マルモレイナ 82.7
●7月24日 函館01R ソレイユフルール 82.5
●7月24日 函館01R ウィンドライジズ 82.5
●7月17日 中京01R アカカ 82.4
●7月23日 中京01R ラヴィングアンサー 82.0
●7月17日 福島01R スズカゼ 82.0
●7月9日 中京01R シゲルベンガルトラ 81.6

 ダイイチターミナルベルグチケットの2014)やフクノクオリアハロースピードの2014)が勝ち上がったレースでマークした数値は、函館2歳ステークスの上位馬と比べても遜色ありません。そのフクノクオリアが函館2歳ステークスで11着に敗れているとはいえ、今後も出走するレースの条件次第では活躍を期待できるんじゃないでしょうか。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1
●6月18日 阪神05R ミスミーチャン 80.5
●6月18日 東京05R ネコワールド 79.6
●6月25日 函館06R オアシスクイーン 79.2
●7月16日 福島06R アイルキャッチユー 79.1
●7月16日 福島06R スマートニンバス 79.1
●6月18日 東京05R アフターバーナー 78.0
●6月25日 函館06R ララベスラーナ 77.6
●7月9日 中京06R フォーカード 77.5
●7月9日 中京06R クルークハイト 77.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●7月10日 福島01R ハシルキセキ 84.8
●7月16日 函館01R マンカストラップ 84.6
●7月24日 中京01R アードラー 84.3
●7月16日 函館01R ブキス 83.8
●7月16日 函館01R セラミスト 82.2
●7月10日 福島01R シャインヴィットゥ 79.2
●7月24日 中京01R エッシャー 78.4
●7月16日 函館01R アスターメープル 78.2
●7月10日 福島01R シンボリスーマラン 77.9

 芝を主戦場としている馬に比べると注目度は低いと思いますが、その分だけ落札しやすいわけですし、血統背景などから大化けが期待できそうであれば、これから入札する価値は十分にあるはずです。
 
 
※次回のコラムは9/6(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ラヴィングアンサーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 185ビュー コメント 0 ナイス 3

2022年10月02日 中山 11R スプリンターズS(G1)

◎:3枠 6番 ナランフレグ
◯:7枠 13番 メイケイエール
△:3枠 5番 エイティーンガール
△:7枠 14番 ラヴィングアンサー
△:8枠 15番 シュネルマイスター
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (6)
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (13)
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
1着:◎(6)
相手:◯, △(13, 5, 15, 14)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(6, 13, 5, 15, 14)
各100円(合計 6,000円)



超の付く遅い展開、内枠、先行断然有利のバイアスで、騎手の心理戦の様なレースになりました。その中で先行馬2頭を前に見る絶好の展開で、直線早めに抜け出して突き抜けたジャンダルムが優勝。人馬共にG1初制覇となりました。これでこの馬の先方も決まったはずで、晩成血統がこれから開花することに期待したいと思います。

 2着には1頭分外を差してきたウインマーベル。斤量も味方したとは思いますが、充実ぶりは目覚ましいです。次走は人気の有無に限らず狙いたい馬です。

 3着には所長◎のナランフレグ。先行馬有利な中、馬の力を信じて追い込んできたレース内容は評価してよいと思います。展開には左右されますが、メンバーが落ちればG1以外ならいつでも勝てる力がついてきました。

 日月星食 2022年10月1日() 23:01
スプリンターズステークス 短途馬錦標
閲覧 446ビュー コメント 0 ナイス 4

テイエムスパーダ 竹園飛劍
ジャンダルム 險峰懸壁
メイショウミモザ 名將金歡
ダイアトニック 全音階
エイティーンガール 芳華十八
ナランフレグ 日照飛駿
ウインマーベル 出奇致勝
ファストフォース 初勁
ナムラクレア 奈村佳盈
タイセイビジョン 大成遠見
トゥラヴェスーラ 小(人偏+肖)皮
ヴェントヴォーチェ 急風聲勢
メイケイエール 齊叫好
ラヴィングアンサー 戀愛回鷹(鳥ではなく心)
シュネルマイスター 速度大師
マリアズハート 媚麗心

[もっと見る]

 覆面ドクター・英 2022年10月1日() 09:47
覆面ドクター英のスプリンターズS・2022
閲覧 369ビュー コメント 0 ナイス 11

およそ3か月ぶりの登場となります。いかがお過ごしでしょうか。私は、今週からコロナの全数報告が終わり、ちょっとほっとしてるところです。宝塚記念の頃は、そろそろ終息してくれると思ってたのですが、もう一波あり、まいりましたが、新たなワクチンみんなが打って年明けくらいには、さすがに落ち着いた世の中になってくれてるんじゃないかと思っています。年末までのG1戦線を楽しみつつ、人込みに入るのは年明けくらいまで我慢して、どうにか、もらわずに切り抜けましょう(重症化はあまりしないのですが、結構、なっちゃうと後遺症で調子悪い人が少なからず居ます)。

それではスプリンターズSの話へ。我々世代(この夏に50歳になっちゃいました)は、このレースは有馬記念の前の週というのが染みついてて、この時期というのは、やはりピンとこないのですが、まずガツンと当ててG1戦線を戦っていくのに勢いつけたいものです。今年は、圧倒的強さ見せるメイケイエールから行くかどうか、という事と、2番手以下も大混戦なのでヒモ荒れ狙いがはまるか、というレースという見立てでしょうか。

それでは恒例の全頭診断へ。
<全頭診断>
1番人気想定 メイケイエール:デビュー後から、やんちゃ過ぎて、暴走(ブレーキのついてない競輪の自転車みたいなものでしょうか(笑))してて、横山典騎手もあきらめて出遅れた上に、ハナにたっちゃう桜花賞など経験を積んで、なんだかんだでG2とG3で重賞6勝の大活躍。白くないけど白毛馬一族で、活力みなぎっているのだろう。前走みると充実期間で池添騎手とも合うようで、気性荒っぽい馬ではあるが今回は大崩れしないのでは。

2番人気想定 ナムラクレア:断然人気のメイケイエールと同じミッキーアイル産駒で3歳牝馬だけに53kgで出られるのはプラスだが、正直G1で2番人気というほどの能力でもないのかなあとも思います。そこらへんが今年のこのレースの層の薄さを示しているんだと思いますが・・。ヒモには買うが、馬券圏外も十分あるのでは。

3番人気想定 シュネルマイスター:距離は融通が利く馬で、初のスプリント戦でもついていけるのではないかと思っているが、わりと出遅れる馬だけに、さすがに出遅れると厳しい舞台だけに、オッズみてヒモに入れるか思い切って消すか考え中。普通に考えるとぶっつけのここより、マイルCSやその後に香港というマイル路線重視なのでは。短距離で叩いて本番迎えるというのはまさに香港馬がよくやる手法。

4番人気想定 ナランフレグ:丸田騎手の高松宮記念勝ちは、馬券はずれたけど、嬉しかったのですが、正直色々うまくいきすぎての結果でもあり、スプリントG1春秋制覇する馬ではないのでは。人気だけにバッサリ消しで行きたい。

5番人気想定 ヴェントヴォーチェ:前走はキーンランドCで初重賞制覇となったが、ルメール騎手の腕が生きた感じで、前がスパーンと開いた。そこそこ力あるが、G1でこの人気で買うのはちょっと違う感じ。

6番人気想定 タイセイビジョン:2歳時に活躍して朝日杯FS2着やその後のアーリントンC勝ちなどあったが、以降はいまひとつな結果続いた。ただここ3戦連続2着しているようにまだまだ元気。序盤もたつくので、差せる馬場なら。

7番人気想定 ウインマーベル:自分と相性の悪いウインの馬で、スピードに疑問の残るアイルハヴアナザー産駒(故・岡田総帥が絶賛して導入した種牡馬だがスピードいまいちなダート種牡馬といえるだろう)だけに、私は買わない。母父フジキセキが表に出てる馬なんだろうが・・。

8番人気想定 トゥラヴェスーラ:7歳だが今年は阪急杯2着、高松宮記念4着と元気。15年前にこのレースを制したアストンマーチャンの全妹が母でもありここの適性は高いはず。ヒモには是非加えたい。

9番人気想定 テイエムスパーダ:今村騎手騎乗の48kgでのCBC賞圧勝は見事だったが、前走北九州記念7着は51kgでのものだった。今回53kgとなり、激しく競られるだろうから、厳しそう。

10番人気以下想定
ジャンダルム:ビリーヴの仔でそれなりに頑張ってきたが、前走の北九州記念で2秒差の17着を見ると、残念ながら終わったのかなあという状況。

ダイアトニック:2月の阪急杯を1番人気できっちり勝った。高松宮記念は出遅れて14着、安田記念は距離長いのもあって14着と着順ひどいが、着差は小さく、ぶっつけになったのは微妙かもしれないが、そこそこやれて良い。ヒモ穴に。

エイティーンガール:昨年11月に京阪杯を10番人気で勝ったが、なんせ毎度出遅れるのでG1では買えない。

ファストフォース:昨年はCBC賞勝ち、北九州記念2着、京阪杯3着など活躍、その後しばらくトンネルに入っていた状態だったが前走セントウルS2着(勝ったのはメイケイエール)とまだまだ元気なところ示した。ヒモ穴で。

サンライズオネスト:除外

メイショウミモザ:穴として面白いのはこの馬か。芝1200Mばかりつかっていたので今年4月の阪神牝馬Sのマイルは厳しいかなあと思っていたら9番人気で勝ってしまった。ヴィクトリアマイルやクイーンSは着順ほどは負けてないが18着と12着で、久々にキーンランドCで芝1200Mに戻してきたが12着と敗退。着順だけみたら三戦連続惨敗で人気無いだろうが、調教の動きは良く、まだ終わっていない感じで、ヒモには加えたい。

マリアズハート:オープンでの実績がリステッド競走止まりで、前々走は新潟直千勝ちでスピード見せたが、G1では荷が重い感じ。

レイハリア:除外

ラヴィングアンサー:オープン特別勝ちがオープン実績でしかも1年8か月前で、以降は9戦掲示板すら無し。8歳で激変は望め無さそう。

ダイメイフジ:8歳でも元気で青函Sで5着とそれなりの仕事をしているが3月の高松宮記念でビリ、昨年の高松宮記念も11着、その前の2020年スプリンターズSで14着とG1では勝負になっていない。→除外

ワールドウインズ:母はヴィクトリアマイル勝ちのエイジアンウインズだが、この馬自身は1年半前の小倉芝2000Mでオープン勝ちしかオープン実績無く、厳しい。→除外

<まとめ>
有力:メイケイエール

ヒモに:ナムレクレア(どちらかというと凡走期待)、シュネルマイスター(凡走期待)、ヴェントヴォーチェ(凡走期待)、タイセイビジョン、トゥラヴェスーラ

穴で:ダイアトニック、ファストフォース、メイショウミモザ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラヴィングアンサーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラヴィングアンサーの写真

ラヴィングアンサー

ラヴィングアンサーの厩舎情報 VIP

2022年10月2日スプリンターズS G116着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラヴィングアンサーの取材メモ VIP

2022年4月10日 春雷ステークス (L) 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。