2020年4月11日()ランドウィック競馬場 芝2000m

レース結果 ~クイーンエリザベスS 2020~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 2 1    アデイブ セ6 59.0 T.マーカンド W.ハガス 3.2 2
2 12 2    ベリーエレガント 牝4 57.0 N.ローウィラー C.ウォーラー 7.8 4
3 1 3    ダノンプレミアム 牡5 59.0 J.マクドナルド 中内田充正 2.0 1
4 10 13    マスターオブワイン セ5 59.0 T.クラーク M&W&J.ホークス 22.2 7
5 4 8    テアカウシャーク セ5 59.0 O.ボッソン J.リチャーズ 7.6 3
6 13 4    メロディベル 牝5 57.0 K.マカヴォイ J.リチャーズ 13.4 5
7 3 7    ハッピークラッパー セ9 59.0 S.クリッパートン P.ウェブスター 191.3 10
8 6 5    コールディング セ4 59.0 G.スコフィールド C.ウォーラー 82.0 8
9 5 6    ヴァウアンドディクレア セ4 59.0 G.ボス D.オブライエン 21.3 6
10 9 10    イメージング 牡5 59.0 B.アヴドゥラ C.ウォーラー 204.6 11
11 8 11    キングズウィルドリーム セ6 59.0 J.パー C.ウォーラー 102.3 9
12 7 9    ゲイローチョップ セ9 59.0 A.ハイロニマス M.ウィリアムズ 350.5 12
取消 11 12    ライフレスオーディナリー セ8 59.0 J.コレット C.ウォーラー

■払戻金

単勝2 320円
複勝2 110円
12 160円
1 110円
馬連2-12 860円
ワイド2-12 260円
1-2 180円
1-12 360円
馬単2-12 1,480円
3連複1-2-12 800円
3連単2-12-1 4,880円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 ~クイーンエリザベスS 2020~

 4月11日にオーストラリア・ランドウィック競馬場で第67回クイーンエリザベスS(GI、芝・右2000メートル、3歳以上、定量、1着賞金116万豪ドル=約7540万円)が12頭((11番)ライフレスオーディナリーオーディナリーは取り消し)で行われ、日本調教馬のダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)=J.マクドナルド騎手=は3着。好スタートを決めると道中は5、6番手を追走。勝負どころで外を回って、手応えよく直線を迎えるも伸び切れなかった。勝ちタイムは2分06秒92(不良)。優勝したのはイギリスのアデイブ。

【クイーンエリザベスS】日本馬の近況(4/10)04月10日(金) 18:41

4月11日(土曜)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスS(G1)に出走予定のダノンプレミアムの調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

○本日の調教状況
カンタベリー競馬場
芝コース 2周(速歩半周からキャンター1周半)
猿橋 照彦調教助手 騎乗

○猿橋 照彦調教助手のコメント
今日の調教では最後の直線で仕掛けましたが、反応が非常に良かったです。我慢するところを理解していましたし、自身でコントロールが出来ているように感じました。ここまで思い通りの調整が出来ましたので、明日は最高の結果を出してくれたらと思います。

(JRA発表)

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】ランドウィック競馬場の馬場状態および天気予報について(日本時間4月10日(金曜)9時00分現在)04月10日(金) 12:30

4月11日(土曜)にオーストラリアで行われるクイーンエリザベスS(G1)の現地主催者発表の馬場状態および天気予報は以下の通り。

○競馬場
ランドウィック競馬場

○現地の馬場状態
芝 重(Soft6)
過去24時間の降水量 1ミリメートル
過去7日間の降水量 24ミリメートル
過去24時間の散水量 0ミリメートル
過去7日間の散水量 0ミリメートル

○天候予報
晴時々曇

※表記参考
馬場:良(Firm1・2、Good3)、やや重(Good4)、重(Soft5から7)、不良(Heavy8から10)

(JRA発表)

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】日本馬の近況(4/9)04月09日(木) 19:12

4月11日(土曜)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスS(G1)に出走予定のダノンプレミアムの調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

○本日の調教状況
カンタベリー競馬場
芝コース 2周(速歩半周からキャンター1周半)
猿橋 照彦調教助手 騎乗

○猿橋 照彦調教助手のコメント
精神的にも身体的にも良好な状態を保っており、今日も予定通りの調教を行いました。最高の状態で競馬に向かえるよう、明日も良いイメージを持ちながら調教が出来ればと思っています。

(JRA発表)

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】日本馬の近況(4/8)04月08日(水) 21:10

4月11日(土曜)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスS(G1)に出走予定のダノンプレミアムの調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

○本日の調教状況
カンタベリー競馬場
曳き運動

○猿橋 照彦調教助手のコメント
昨日最終追い切りをしましたが、疲れもなさそうで飼葉も完食しており、順調に調整出来ていると思います。今日は状態面を確認するために、体を少し動かす程度にしました。明日以降も馬の様子を見て、競馬に向けて調整していきたいと思います。

(JRA発表)

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】ダノンプレミアム、馬番(1)04月08日(水) 05:02

 オーストラリアGI・クイーンエリザベスS(11日、ランドウィック競馬場、芝2000メートル、発走日本時間14時55分=現地時間15時55分)の枠順と馬番を7日、主催者が発表した。

 13頭立てで、日本から出走するダノンプレミアム(栗・中内田、牡5)は3番ゲートで馬番は(1)に決定。日本では、即PAT、A-PAT会員のみに馬券発売が行われる。

 発売時間は11日午前8時から、レース発走予定時刻の2分前まで。詳細はJRAホームページで。

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】日本馬の近況(4/7)04月07日(火) 17:44

4月11日(土曜)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスS(G1)に出走予定のダノンプレミアムの調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

○本日の調教状況
カンタベリー競馬場
芝コース 2周半(速歩からキャンター)
速歩で1周半した後、単走で徐々にペースを上げて直線で仕掛ける
猿橋 照彦調教助手が騎乗

○猿橋 照彦調教助手のコメント
今日の調教の動きには満足しています。我慢するところは我慢出来ましたし、合図を出してからの反応も良かったです。精神的に落ち着いていて良い状態をキープしています。3番ゲートに決まりましたので、レースの組み立てや作戦についてこれから調教師や騎手と相談しながら、最高の結果を出せるようにしたいです。

(JRA発表)

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】レースの注目点04月07日(火) 16:07

★昨年は日本のクルーガーが2着 クイーンエリザベスSに挑むダノンプレミアム
 4月11日、オーストラリアのランドウィック競馬場で実施されるクイーンエリザベスS(GI・芝2000メートル)には、ダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)が参戦する。同馬は、2017年の朝日杯FSを制し、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。その後はGI勝利こそないが、昨年の天皇賞・秋、マイルCSで2着に入るなどGI戦線で活躍を続けている。ダノンプレミアムは芝2000メートル戦で3戦2勝、2着1回と好成績を残しているが、オーストラリアで久々のGIタイトルを手にすることができるかどうか。なお、クイーンエリザベスSにはこれまで日本馬が3頭出走しており、昨年の同レースではクルーガーが2着に入っている。
 ダノンプレミアムには、オーストラリアのJ.マクドナルド騎手が騎乗する予定。同騎手は2015年のジョージライダーSで、日本から参戦したリアルインパクトに騎乗し、勝利を収めている。

★過去10年でジョージライダーS組が5勝 ドンカスターマイルから参戦する馬にも注目
 過去10年のクイーンエリザベスS勝ち馬の前走を見ると、ジョージライダーS組が5勝を記録しており、近3年では前走でジョージライダーSを制し、クイーンエリザベスSに駒を進めたオーストラリアのウィンクスが3連覇を果たしている。今年は、ジョージライダーS勝ち馬のドリームフォース(セン8歳、豪・J.トンプソン厩舎)、同3着のテアカウシャーク(セン6歳、豪・J.リチャーズ厩舎)などにクイーンエリザベスS出走の可能性があり、その動向に注目が集まる。
 また、クイーンエリザベスSの前週に行われるドンカスターマイルから参戦した馬も2勝、2着4回と好成績を挙げており、昨年は日本のクルーガーが、ドンカスターマイル4着→クイーンエリザベスS2着という成績を収めた。

[もっと見る]

クイーンエリザベスS、馬券発売04月03日(金) 05:02

 JRAは2日、オーストラリアGI・クイーンエリザベスS(11日、ランドウィック競馬場、芝2000メートル、発走日本時間14時55分=現地15時55分)の馬券発売を発表した。発売は即PAT、A-PAT会員のみ。発売時間、式別などの詳細は、JRAのホームページで。

[もっと見る]

【クイーンエリザベスS】J・マクドナルド騎手、プレミアム絶賛04月03日(金) 05:02

 クイーンエリザベスSに出走予定のダノンプレミアム(栗・中内田、牡5)は2日、カンタベリー競馬場で追い切りを行った。芝コースで徐々にペースアップし、最後の直線で仕掛けられた。

 現地のトップジョッキーで、今回コンビを組むJ・マクドナルド騎手は「初めて騎乗しましたが本当に素晴らしい馬です。反応も大変満足ですし、こちらの馬場にも順応しているように感じました」とコメントした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~クイーンエリザベスS 2020~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2019/04/13 ウィンクス 牝7 オーストラリア 2.02.54 H.ボウマン C.ウォーラー
2018/04/14 ウィンクス 牝6 オーストラリア 2.01:65 H.ボウマン C.ウォーラー
2017/04/08 ウィンクス 牝5 オーストラリア 2.07:22 H.ボウマン C.ウォーラー
2016/04/09 ルーシャヴァレンティーナ 牝5 オーストラリア 2.04:82 D.オリヴァー K.リース
2015/04/11 クライテリオン 牡5 オーストラリア 2.05.35 C.ウィリアムズ D&B.ヘイズ&T.デイバーニッ
2014/04/19 イッツアダンディール 牡4 ニュージーランド 2.03.72 J.マクドナルド M.ベイカー
2013/04/27 リライアブルマン 牡5 オーストラリア 2.01.80 H.ボウマン C.ウォーラー
2012/04/28 モアジョイアス 牝5 オーストラリア 2.05.33 N.ローウィラー G.ウォーターハウス
2011/04/23 マイキングダムオブファイフ セ6 オーストラリア 2.07.77 N.ローウィラー C.ウォーラー
2010/04/24 ロードトゥロック 牡5 オーストラリア 2.03.89 D.オリヴァー A.カミングス

歴史・概要 ~クイーンエリザベスS 2020~

クイーンエリザベスSはオーストラリア・ランドウィック競馬場・芝2000メートルで施行されるG1競走である。1851年にクイーンズプレートとして創設。以降3度の改名を経て、1954年のエリザベス女王のオーストラリア訪問を記念して現在のレース名となった。
2014年からはブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走に指定され、勝ち馬にはブリーダーズカップ・ターフへの優先出走権が与えられる。
過去の優勝馬には、クイーンエリザベスSを3連覇し、豪州における連勝記録と最多G1勝利記録(33連勝、うちG1を25連勝)を持つ名牝ウィンクスがいる。
日本調教馬では、2014年にトーセンスターダムトゥザワールドの2頭が初参戦しそれぞれ5着、12着。以降、2019年クルーガー(2着)という結果になっている。

挑戦した日本馬 ~クイーンエリザベスS 2020~

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2015年トゥザワールド牡4Z.パートン池江泰寿12着
トーセンスターダム牡4T.ベリー池江泰寿5着
2019年クルーガー牡7T.ベリー高野友和2着