リナーテ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
リナーテ
リナーテ
リナーテ
リナーテ
リナーテ
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2014年1月31日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績16戦[5-3-0-8]
総賞金10,003万円
収得賞金4,350万円
英字表記Linate
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
マルペンサ
血統 ][ 産駒 ]
Orpen
Marsella
兄弟 サトノダイヤモンドサトノジェネシス
前走 2019/06/16 函館スプリントS G3
次走予定

リナーテの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/06/16 函館 11 函館SS G3 芝1200 1345----** 牝5 54.0 藤岡康太須貝尚介---- ------カイザーメランジェ
19/05/11 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 164713.862** 牝5 54.0 武豊須貝尚介488(-2)1.19.5 0.133.3⑥⑥タワーオブロンドン
19/02/16 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1871513.272** 牝5 54.0 武豊須貝尚介490(+10)1.21.1 0.133.9⑪⑪デアレガーロ
18/12/15 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 161223.397** 牝4 53.0 三浦皇成須貝尚介480(+8)1.33.0 0.335.0⑨⑨⑨ミスパンテール
18/10/13 東京 10 白秋S 1600万下 芝1400 151111.061** 牝4 55.0 田辺裕信須貝尚介472(-8)1.21.1 -0.232.4⑩⑨アンブロジオ
18/09/01 札幌 10 札幌スポニチ 1000万下 芝1200 1671413.951** 牝4 55.0 藤岡康太須貝尚介480(+2)1.10.4 -0.035.4⑦⑦プレトリア
18/07/14 函館 11 STV杯 1000万下 芝1200 13567.346** 牝4 55.0 藤岡康太須貝尚介478(-10)1.09.2 0.234.8⑧⑧ハウメア
18/06/16 函館 8 3歳以上500万下 芝1200 16473.011** 牝4 55.0 藤岡康太須貝尚介488(+20)1.08.7 -0.134.7⑩⑧タイセイソニック
18/04/21 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 168165.948** 牝4 55.0 横山典弘須貝尚介468(-2)1.21.4 0.832.7⑯⑯キラービューティ
18/03/03 小倉 9 4歳以上500万下 芝1200 15582.011** 牝4 55.0 藤岡康太須貝尚介470(0)1.08.1 -0.133.4⑨⑧ナタリーバローズ
18/02/24 小倉 9 4歳以上500万下 芝1200 188173.622** 牝4 55.0 藤岡康太須貝尚介470(-4)1.08.1 0.033.5⑫⑬トワイライトライフ
18/02/13 小倉 9 巌流島特別 500万下 芝1200 1861213.044** 牝4 55.0 北村友一須貝尚介474(-2)1.08.5 0.134.2⑧⑤ハルク
17/12/09 中京 12 犬山特別 500万下 芝1400 184715.066** 牝3 54.0 藤岡康太須貝尚介476(-2)1.21.9 0.633.9⑯⑯ダイメイフジ
17/10/15 新潟 10 粟島特別 500万下 芝1800 14468.8511** 牝3 53.0 秋山真一須貝尚介478(+2)1.46.8 1.134.2⑨⑪エイシンティンクル
17/08/05 札幌 10 十勝岳特別 500万下 芝1800 14224.835** 牝3 52.0 K.ティー須貝尚介476(+16)1.47.8 0.336.0⑤⑤⑥④タガノアスワド
16/11/12 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 10228.456** 牝2 54.0 浜中俊須貝尚介460(-8)1.35.1 0.533.7⑧⑧ジューヌエコール
16/10/10 京都 3 2歳新馬 芝1600 168152.211** 牝2 54.0 川田将雅須貝尚介468(--)1.38.0 -0.134.6ダンツストーク

リナーテの関連ニュース

※当欄では函館スプリントSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【霜降り明星・粗品】
◎⑬タワーオブロンドン
3連単フォーメーション
⑬→②⑪→②⑦⑪

【霜降り明星・せいや】
◎⑦ダイメイフジ
複勝


【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪アスターペガサス
○⑤リナーテ
▲③シュウジ
△⑥ダノンスマッシュ
△⑬タワーオブロンドン
△②ペイシャフェリシタ
△⑧トウショウピスト

※③、⑤、⑥、⑧は競争除外

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑬タワーオブロンドン
○⑪アスターペガサス
▲②ペイシャフェリシタ
△⑩カイザーメランジェ

【やべきょうすけ】
◎⑬タワーオブロンドン
○⑪アスターペガサス
▲①サフランハート
△⑦ダイメイフジ
△⑩カイザーメランジェ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑬タワーオブロンドン
○②ペイシャフェリシタ
▲⑪アスターペガサス
△①サフランハート
△⑩カイザーメランジェ

【安田和博(デンジャラス)】
◎②ペイシャフェリシタ
○⑪アスターペガサス
▲⑬タワーオブロンドン
△⑦ダイメイフジ
△⑩カイザーメランジェ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬タワーオブロンドン
○⑦ダイメイフジ
▲②ペイシャフェリシタ
△①サフランハート
△⑪アスターペガサス

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑪アスターペガサス
○⑬タワーオブロンドン
▲②ペイシャフェリシタ
△⑦ダイメイフジ
△⑩カイザーメランジェ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑬タワーオブロンドン
3連単フォーメーション
⑬→①⑪→①②⑦⑪
⑬→①②⑦⑪→①⑪

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑪アスターペガサス
3連単
⑪→⑬→①

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑦ダイメイフジ
3連単フォーメーション
⑦→⑬→①②⑪

【浅越ゴエ】
◎⑬タワーオブロンドン
3連単フォーメーション
⑬→⑪→①②⑦⑩
⑬→①②⑦⑩→⑪
①②⑦⑪→⑬→①②⑦⑩⑪

【船山陽司】
注目馬
タワーオブロンドン

【目黒貴子】
◎⑬タワーオブロンドン

【天童なこ】
◎②ペイシャフェリシタ



ウマニティ重賞攻略チーム

【U指数的考察】函館スプリントS 指数3~7位が狙い目!4歳以上の低指数馬は割引!2019年6月16日() 10:00

函館スプリントSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
低指数馬の台頭が多いため、指数上位馬は苦戦傾向だが、まったく狙いが立たないというわけではない。なかでも、指数3~7位馬の安定性は高く、毎年欠かさず馬券に絡んでいる。迷うようであれば、3~7位のなかから連複の軸を選ぶのもひとつの方法だ。

指数3~7位

ペイシャフェリシタ
ダイメイフジ
カイザーメランジェ

※⑤リナーテ(指数6位)、③シュウジ(指数7位)は競争除外

<ポイント②>
指数9位以下で3着入りを果たした7頭のうち5頭を牝馬で占めている。走りやすい開幕週ということもあってか、斤量差のアドバンテージは思いのほか大きい。条件を満たす馬の出走があれば、必ずチェックしておきたい。

※該当馬の⑫タマモブリリアンは競争除外

<ポイント③>
低指数で馬券に絡んだ馬は、その多くが伸びしろの大きい3歳馬と、斤量差を活かした牝馬。4歳以上の牡・せん馬かつ指数94.0未満で複勝圏内入りしたケースはゼロ。

4歳以上の牡・せん馬かつ指数94.0未満

サフランハート
ユキノアイオロス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】函館スプリントS 低評価続きの馬は減点!前走非重賞5着以下敗退馬はあっても3着まで!2019年6月16日() 09:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の函館スプリントSの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走で非重賞戦に出走、かつ5着以下敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

サフランハート
ユキノアイオロス
カイザーメランジェ

近2走とも非重賞戦に出走、かつ0秒4以上の敗退を喫していた馬の連対例はなし(2008年以降)

ユキノアイオロス

【人気】
近2走ともG1以外のレースで2桁人気の低評価だった馬の連対はゼロ(2008年以降の函館開催)

ユキノアイオロス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ペイシャフェリシタ
ダイメイフジ
アスターペガサス
タワーオブロンドン

※競争除外
シュウジ
ライトオンキュー
リナーテ
ダノンスマッシュ
トウショウピスト
タマモブリリアン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

福永「歴史上で類をみない事件」 禁止薬物問題、競馬界を直撃 2019年6月16日() 05:06

 大量の競走除外馬が出たことで、関係者は落胆の色を隠しきれなかった。阪神競馬場では日本騎手クラブの副会長を務める福永祐一騎手(42)=栗東・フリー=が取材に対応。関係者としての複雑な気持ちを吐露した。また、地方競馬でも同じ飼料を摂取していた競走馬が除外されるなど、競馬界は大打撃を受けている。

 北海道シリーズの幕開けを飾る名物重賞・函館スプリントSが、禁止薬物問題の直撃を受けた。当初は13頭立ての予定だったが、(3)シュウジ、(4)ライトオンキュー、(5)リナーテ、(6)ダノンスマッシュ、(8)トウショウピスト、(12)タマモブリリアンが除外されて7頭立てに。これは9頭立てで行われた1992年のダービー卿CTを下回り、芝1200メートルの古馬重賞としては84年のグレード制導入後で最少となった。

 最有力候補だったダノンスマッシュの安田隆調教師は「グリーンカルは昨年の函館で結果が出たので、今年も使っていました。楽しみにしていたので本当に残念。今後は全くの白紙です」と肩を落としていた。

 前代未聞の事態に、日本騎手クラブ副会長の福永騎手は「競馬サークルの一員として、ファンの方々に多大なご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます。競馬の歴史上で類をみないほどの事件で、憤りや納得できないと感じられている方もいると思います。騎手としては1レースごとに全力を尽くし、ファンの方々に楽しんでいただけるように努めてまいります」とコメント。日本調教師会関西本部長の中竹調教師は「これだけ除外馬が出たのは残念で該当関係者が気の毒」と気遣ったうえで、「公正確保は競馬開催の根幹で最重要課題。危険の可能性は取り除くべき」とJRAの措置に理解を示した。

 15日の売り上げは出走頭数が大幅に減った阪神で対前年比89・4%、函館で同79・3%と落ち込みを見せ、16日も影響を受けることが予想される。来週の宝塚記念で上半期のフィナーレを迎える中央競馬は、思わぬピンチに見舞われた。

★過去の禁止薬物検出例

 ◆ディープインパクト 2006年の仏GI凱旋門賞で3位に入線したが、レース後の理化学検査でイプラトロピウムが検出され、失格となった。寝わらや干し草に付着した物質を摂取してしまった可能性が高いとされている。

 ◆ピンクブーケ 14年12月の中山新馬戦で1着となったが、カフェインが検出されて失格となった。販売されていたサプリメントに混入していたもので、事件性はないと判断された。

 ◆岩手競馬 昨年7~12月にかけて、水沢で3度、盛岡で1度、ボルデノンが検出される事態が発生。開催中止に追い込まれた。主催者側は「原因は故意的なものである可能性が高まった」と事件性を指摘したが、解決していない。

[もっと見る]

【血統アナリシス】函館スプリントS ここでもヒケをとらない葵S2着馬!血統構成は水準以上のアグネスデジタル産駒!2019年6月15日() 17:00

日曜日に行われる函館スプリントSの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


サフランハート
アドマイヤオーラ×カーネギーの組み合わせ。機動力と持久力がブレンドされた、まとまり型とみていいだろう。それは成績にも表れており、1400m前後かつ平均ペースで流れる競馬が理想的。力を要する馬場も問題ない。一方で、欧州型の母父が影響しているせいか速い上がりを要求されると、どうしてもラストの詰めが甘くなる。血の良さを活かすには、上がりを要する競馬、あるいは自身から早めに動いて持続質勝負に持ち込みたい。

ペイシャフェリシタ
持続力に優れたハーツクライに、パワー型のケープクロスの肌馬を重ねたバランスタイプ。ただし、中距離指向が強い配合ゆえに、中央場の芝1200m重賞で速い時計を求められるとパンチが足りない。その点、適度に時計を要する洋芝コースは歓迎材料。昨年のキーンランドカップ(3着)のように、一定以上の持久力を必要とする競馬になれば、圏内に食い込む余地はある。

シュウジ【競争除外】
母のカストリアはハーツクライと重ねてツルマルレオンキンシャサノキセキと組み合わせて本馬と、異なるタイプの父から短距離重賞ホースを輩出。ジャスタウェイ産駒の半妹ラミエルも芝1200mに良績が集中しているように、スピードを受け継ぐ傾向が強い。それゆえ、今回の舞台は悪くないはずだが、芝では抑えきれず踏ん張り切れない現状。ダートを転戦したことで、多少なりとも制御が効くようであれば、面白い存在だが……。当日の気配には十分な注意を払いたい。

ライトオンキュー【競争除外】
シャマーダル×レイヴンズパスというスピードの持続力に秀でた馬同士の組み合わせ。構成と本馬自身の戦歴が示すとおり、パワー寄りのマイラータイプと判断できる。それゆえ、高速馬場でハイレベルの加速力を求められると厳しい印象。その点を踏まえると、一定以上の馬力を要求される洋芝コースはプラスに転じる可能性もある。持ち味の機動力を活かせるようなら、上位争いに絡んできても不思議はない。

リナーテ【競争除外】
ステイゴールド産駒の当該コース成績こそ可もなく不可もなし、といったところだが、母父は当レースと相性が良い持続力型のノーザンダンサー系。母は南米の中距離G1で活躍。半兄にサトノダイヤモンド、近親に複数の南米G1馬が名を連ねる、牝系の質についても申し分がない。1400mベストのサンデーサイレンス系産駒という点は、近年の当レースにおけるトレンドのひとつ。持ち味を最大限に活かせる決め脚比べになれば、ここでも見劣りしない。

ダノンスマッシュ【競争除外】
祖母はエクリプス賞最優秀3歳牝馬に選出された名牝で、伯父にはBCマイルの優勝馬がいる良血。その母系に名スプリンターロードカナロアを配しているのだから、スプリント重賞の舞台はもってこいのはず。パワー型マイラーのダンチヒ系ハードスパンと、持久力に優れたロベルト系のクリスエスを組み合わせた母の構成をみるに、力を要する洋芝コースも問題ない。コレといった減点材料は見当たらず、状態ひとつで勝機は十分にある。

ダイメイフジ
アグネスデジタル×ダンスインザダークの組み合わせ。地味な配合に見えるが、一族に愛オークス馬やベルモントSの勝ち馬など、多数の活躍馬が並ぶ名門牝系の流れを組んでいる。半姉のダイメイプリンセスアイビスサマーダッシュを制覇。母母父のストームバード系、父母父のダンチヒ系は、当レースと相性の良いスピード&パワー型のノーザンダンサー系というように、血統構成は水準以上と判断できる。侮れない1頭だ。

トウショウピスト【競争除外】
母は函館スプリントS2勝を含む重賞5勝をマークしたシーイズトウショウ。ただ、母を除く近い親族に重賞ホースはゼロ。さかのぼれば、シスタートウショウなどがいる一族ではあるものの、ここに入ると活力の面で物足りない。そのうえ、大敗続きの現状では厳しい印象。父ヨハネスブルグの当該コースにおける相性の良さ、母の高い舞台適性を加味しても、複勝圏内に届くイメージは湧いてこない。

ユキノアイオロス
当レースの好走血脈のひとつであるノーザンダンサーのインブリードを持っている点については評価できる。一方で、サクラプレジデント産駒の当該コース成績が今ひとつ。加えて、やや中距離指向の強い配合ゆえに、芝1200mの重賞で速い上がりを求められると分が悪い。ましてや11歳を数える高齢馬。望みどおりの展開や馬場になったとしても、馬券圏内には至らないのではないか。

カイザーメランジェ
父はエルコンドルパサーの直仔で函館記念など重賞を2勝。母の全兄に重賞3勝のほかスプリンターズS2着のサクラゴスペル、近親には米G1馬がいる。機動力と洋芝適性に優れた当舞台向きの配合と言えよう。ただし、持久力&パワー型である父の特性上、高速時計ならびに速い上がりを求められる競馬では後れをとりやすい。上位争いに加わるには、馬場や展開など何らかの恩恵が欲しいところだ。

アスターペガサス
父は北米2歳チャンピオンサイアーの肩書を持ち、日本でもマイルCSを制したエイシンアポロンを輩出。母は重賞3勝のほか、BCジュベナイルフィリーズを2着。母父は南アフリカのチャンピオンサイアー、その父はエンドスウィープというように、額面上の血統構成はここでも十分通用する。北米ダート色が濃いため、芝なら一本調子で走れる平坦小回りの短距離がベター。初の年長馬相手でも斤量差を活かせばヒケをとらない。

タマモブリリアン【競争除外】
母父のストームバード系、母母父のプリンスリーギフト系はともに函館スプリントSと好相性。叔父に2015年の2着馬であるアースソニックを持つ点も好感が持てる。一方、父のダンスインザダークが中・長距離型のため、スピード決着になった場合の不安は残る。上がりを要する流れや馬場など、何らかの助けがないと、昨年(5着)を超えるパフォーマンスを望むのは厳しいのではないか。

タワーオブロンドン
BCクラシックなどを制したレイヴンズパスを父に持ち、母父は凱旋門賞や仏ダービーなどを制したダラカニ。一族には英・愛ダービー馬ジェネラスや英オークス馬イマジン、皐月賞ディーマジェスティらの活躍馬が並ぶ。欧州色の濃い配合ゆえに、洋芝コースは歓迎のクチ。1200mの距離についても、本馬は父のスピード能力を濃く受け継いでいるので、こなせる範囲とみていいだろう。最も得意とする体力勝負になれば、チャンスはある。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】函館スプリントS 高松宮記念以来の6歳牝馬が好状態!京王杯SCウイナーも上位を狙えるデキ!2019年6月15日() 16:30

日曜日に行われる函館スプリントSの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


サフランハート
今週の追い切りは函館Wで実施。リズム良くスムーズな走りを見せた。ただ、ジョッキー騎乗の割に時計は平凡。後肢の蹴り込みも若干弱いように映る。この馬なりに順調なのかもしれないが、好調時の気配と比べて見劣る感は否めず、今回は割引が必要かもしれない。

ペイシャフェリシタ
5月半ばから坂路で順調に調教本数を積み上げ、函館に移動。5日と9日にWコースで及第点のタイムを記録。12日に実施したW追いでも、この馬らしい回転鋭いフットワークを披露した。昨年もそうだったが、函館に入ると走りに安定感が増す印象。久々ながらも、状態は前回より上の段階にある。

シュウジ【競争除外】
北海道スプリントカップ出走後の臨戦とあって、12日に函館Wで実施した追い切りは、サラッと流す程度の調整。60-43-13.5とタイムは地味だが、いつものような掛かりグセを出さず、集中して走れている点は好印象。それでいて適度な活気もあり、状態は悪くなさそう。テンションを維持できれば、侮れない存在になりそうだ。

ライトオンキュー【競争除外】
9日に函館Wで行われた追い切りでは、僚馬を一蹴&及第点以上の上がり時計を記録。今週のW追いでは序盤から積極的に攻め、優に合格点のタイムをマークした。中間の本数こそ少なめだが、放牧先で乗り込んできたようだし、低い重心から繰り出す力強いフットワークをみるに、さしたる心配はなさそう。気配良好。

リナーテ【競争除外】
前走後は放牧に出され、そこから直接函館競馬場に入厩。初時計は7日と遅めながら、Wコースで5F追いを2本消化。本馬場で実施した今週の追い切りでは、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを馬なりでマーク。確かな脚力を見せつけた。前回の気配が抜群だったので、それ以上とは言えないまでも、自身のパフォーマンスはキッチリと示している。軽くは扱えない1頭だ。

ダノンスマッシュ【競争除外】
6日に本馬場で行われた1週前追いでは、4F46秒台、ラスト1F11秒台前半の猛ラップを余力残しで記録。同じく本馬場で実施した今週の本追い切りでは、抜群の手応えを残したまま鋭い末脚を披露した。手前のチェンジに時間を要していた点と、前回より頭の位置が高いところは気になるが、加速がついてからの走りは至ってスムーズ。力を出せる状態と判断したい。

ダイメイフジ
連闘後の中4週かつ函館輸送を控えながら、栗東坂路で速い攻めを2本消化。函館Wで実施した今週の併せ馬では、折り合い重視の内容とはいえ、鞍上の合図に素早い反応を示し、悠々と追走先着を果たした。課題であるテンションの高さも目につくことはなく、気配は上々の部類。いい仕上がり具合ではないか。

トウショウピスト【競争除外】
1週前の坂路追いでは及第点のタイムを記録。函館に移動して行われた今週のW追いでも、活発な動きを見せた。ブリンカー効果もあってか、安定したフォームで走れている点は好感が持てる一方で、頭が高く終いにかけての伸び脚に欠けるところは相変わらず。実戦で最後まで踏ん張り切れるかどうかについては疑問符がつく。相手強化の重賞では厳しいだろう。

ユキノアイオロス
2週前、1週前と南Wで長めからビッシリ攻め、合格点の時計をマーク。今週のW追いでは流す程度の内容ながら、スムーズな脚さばきを見せた。ただし、いい頃と比べてフォームが小ぢんまりと映るうえに、ラストのキレも足りない印象。上昇度に乏しく、大望まではどうか。

カイザーメランジェ
5日に坂路でラスト1F12秒1の好ラップを記録。その後函館へ移動し、Wコースで行われた今週の併せ馬でもひたむきな走りを見せた。ただ、僚馬に並びかけてからの反応がひと息で、交わし切れずにゴール。調教巧者の同馬にしては、パフォーマンスが物足りない。本調子にはない印象を受ける。

アスターペガサス
中2週に長距離輸送を挟んだタイトなローテながらも、函館Wで行われた今週の追い切りでは、しっかりと攻めてマズマズの時計をマーク。大きなデキ落ち&疲れは見られない。ただ、頭が高く追ってからの伸びは今ひとつ。脚さばき自体は力強く、バッサリとは行かないまでも、追い比べになった時にどうなのか、という不安は残る。良くも悪くも平行線といったところか。

タマモブリリアン【競争除外】
5月31日に栗東坂路でマズマズの時計を記録するなど、トレセン時の調整は順調。函館ダートで行われた今週の追い切りでは、5F63秒ソコソコ、4F50秒割れの好ラップを記録した。序盤から攻めたぶん、最後は脚がアガりかけたものの、急失速した昨年(5着)の最終追い切り(函館W)と比べれば雲泥の差。前進を見込める状態とみる。

タワーオブロンドン
1週前に南WでOPクラスを相手に追走優勢&好時計を計時。函館に移動し、本馬場で行われた今週の追い切りでは、軽く流して上々の伸び脚を披露した。序盤に少し集中力を欠く場面があったので、余力残しの仕上げであることは間違いないが、トータル的に見ると雰囲気は決して悪くない。上位を狙えるデキとみる。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

リナーテの関連コラム

閲覧 1,380ビュー コメント 1 ナイス 17



先週は、17(日)に東京競馬場でG1フェブラリーSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーSは、1番人気に6連勝中のインティが推され、以下2番人気ゴールドドリーム、3番人気オメガパフューム、4番人気コパノキッキングと、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集めて全14頭がゲートイン。
ノンコノユメが大きく出遅れる以外は、各馬ほぼ出揃ったスタートから、サインライズソアを内から交わして1番人気インティが前走同様にハナへ。サンライズソアが2番手で続き、サクセスエナジーは3番手に収まります。モーニンワンダーリーデルオメガパフュームユラノトゴールドドリームノボバカラメイショウウタゲサンライズノヴァと続き、出遅れたノンコノユメは外を通って早めの挽回でその外まで進出を開始。クインズサターンが後方2番手で続き、藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングは最後方を追走して、各馬3コーナーへと入っていきます。
前半800mを48.0秒(推定)のゆったりとしたペースで逃げるインティ。大きな隊列の変化もなく、途切れることのない一団馬群の態勢のまま4コーナーを回って直線へ。1馬身半ほどのリードで逃げるインティの手応えは十分で、2番手サンライズソア以下との差はここから徐々に開いていきます。3番手以下グループからは、ゴールドドリームモーニンが追撃を開始し、さらに後方からは内を突いてユラノトの伸び。4コーナーを最後方で回ったコパノキッキングは、依然後方馬群大外から末脚勝負に徹する構え。
残り300mを過ぎて単独2番手にゴールドドリームが浮上するも、前を行くインティはまだ5馬身以上先を独走態勢の様相。これを崩さんと、鞍上のルメール騎手の左ムチがとんだゴールドドリームがエンジン点火。変わらぬ豪脚で懸命に脚を伸ばします。ここから次第に離されていく3番手争いは、モーニンサンライズソアに最内を突いたユラノトが迫って横並びの展開。大外から忍び寄るコパノキッキングも、目立つ脚色で伸びてきますが、3番手争いに加わるにはやや苦しい位置取りで、残り100mを通過。
一完歩ごとに詰め寄ったゴールドドリームの追い上げに、2頭の差が縮まってゴール前ラストの攻防を迎えますが、終始マイペースで余力十分に運んだインティに軍配。クビ差まで迫ったゴールドドリームを振り切ったインティが、初G1挑戦で1番人気の支持に見事応え、ダート新王者の座に輝いています。2着ゴールドドリームから4馬身差の3着争いは、最内を伸びた8番人気ユラノトが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ覆面ドクター・英プロサラマッポプロシムーンプロ馬っしぐらプロら計13名が的中。また、プロテスト最終審査参加ユーザーあげだしさんラッキーライラックさんゆめさん暴君アッキーさんらも的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
先週は、16(土)を小倉10R的中、G3京都牝馬SG3ダイヤモンドS的中と、3戦3勝。特に波乱決着となった、G3京都牝馬Sでは、▲デアレガーロリナーテアマルフィコースト(買い目は◎複勝と馬連)の予想を披露し、計22万6,000円払戻しのスマッシュヒットを達成。17(日)にも京都11Rなどで的中をマークした先週は、週間トータル回収率411%、収支24万9,000円プラスのトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
先週は、16(土)東京7Rの◎ホノカ(単勝14.6倍)からの3連単的中で、98万8,010円払戻しのホームランを披露。他にも、17(日)京都9Rでの15万1,240円払戻し、G1フェブラリーSでの◎○△3連単的中などの活躍をみせました。土日2日間のトータル回収率178%、収支56万6,460の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は、16(土)京都4Rで3連単的中18万7,700円払戻しをマークすると、東京9Rでは◎アトミックフォース(単勝22.1倍)からの3連単を的中し、99万6,120円払戻しの一撃を披露。週末トータル回収率164%、収支46万3,820円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、G3小倉大賞典での○スティッフェリオ-▲サイモンラムセスのワイド的中を筆頭に、G1フェブラリーS東京10Rなどの的中を披露。週間トータルでは回収率108%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、佐藤洋一郎プロ(122%)、ろいすプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、先週で幕を閉じたプロテスト最終審査参加ユーザーからは、あげだしさん(190%)、ラッキーライラックさん(160%)、ゆめさん(134%)、暴君アッキーさん(105%)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月15日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年06月15日
閲覧 1,133ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年6月16日()の凄馬!>
極凄馬
函館11R HTB杯
ディバインコード(+5.2)

極凄馬
東京4R 障害3歳以上未勝利
ジャッカスバーク(+4.4)

超凄馬
東京1R 2歳未勝利
サワサワ(+3.6)

超凄馬
函館7R 3歳以上500万以下
ブレイヴバローズ(+3.5)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
ハッピーアワー(+3.5)

超凄馬
函館1R 3歳未勝利
ゴールドシャッツ(+2.7)

超凄馬
函館8R 3歳以上500万以下
リナーテ(+2.7)

超凄馬
東京7R 3歳以上500万以下
サノサマー(+2.1)

超凄馬
函館2R 3歳未勝利
アテンフラワー(+2.0)

超凄馬
東京6R 3歳未勝利
ダノンポピー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年6月17日、集計数:32,069レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年3月2日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年03月02日
閲覧 1,464ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年3月3日()の凄馬!>
極凄馬
阪神6R 3歳未勝利
レッドヴェイロン(+6.9)

極凄馬
小倉9R 4歳以上500万以下
リナーテ(+4.1)

超凄馬
中山1R 3歳未勝利
シェーナ(+3.3)

超凄馬
小倉12R 唐戸特別
マイネルザウバア(+3.2)

超凄馬
中山7R 3歳500万以下
クレヴァーパッチ(+3.0)

超凄馬
中山5R 3歳未勝利
ワールドヘリテージ(+2.8)

超凄馬
小倉5R 3歳未勝利
ツクバクロオー(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年3月4日、集計数:31,102レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年2月23日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年02月23日
閲覧 1,383ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年2月24日()の凄馬!>
極凄馬
阪神5R 3歳500万以下
コパノキッキング(+8.3)

極凄馬
阪神2R 3歳未勝利
キンショーヘニー(+5.4)

極凄馬
中山2R 3歳未勝利
シャイニーロケット(+5.3)

極凄馬
阪神7R 4歳以上500万以下
タガノヴィアーレ(+4.8)

極凄馬
中山1R 3歳未勝利
トーセンリラ(+4.7)

極凄馬
小倉2R 3歳未勝利
マッスルバローズ(+4.6)

超凄馬
阪神4R 3歳未勝利
ディープインラヴ(+3.5)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
ディアバビアナ(+3.0)

超凄馬
阪神1R 3歳未勝利
ツブラナヒトミ(+2.9)

超凄馬
小倉9R 4歳以上500万以下
リナーテ(+2.5)

超凄馬
中山5R 3歳未勝利
シセイヒテン(+2.4)

超凄馬
小倉1R 3歳未勝利
エトワールドパリ(+2.2)

超凄馬
小倉4R 3歳未勝利
キングフォルテ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年2月25日、集計数:31,035レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2016年9月6日(火) 11:22 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第6回各ワールド上位者まとめ&注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 2,801ビュー コメント 0 ナイス 9

 8月28日に新潟2歳ステークス(2歳GⅢ・新潟芝1600m外)、9月3日に札幌2歳ステークス(2歳GⅢ・札幌芝1800m)、9月4日に小倉2歳ステークス(2歳GⅢ・小倉芝1200m)と3開催日連続で2歳重賞が施行され、「ウマニティPOG 2016」の獲得賞金ランキングにも動きが出てきました。夏季競馬が終了したキリの良いタイミングですし、ここで各ワールドの戦況をまとめておきましょう。

 1頭あたりの仮想オーナー数が1枠しかないスペシャルワールドは、7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)を勝ったレヴァンテライオンを指名しているmizumizuさんがトップ。2位はヴゼットジョリーを指名しているたけぼう54さん、3位はレーヌミノルを指名しているサウスさん、4位はトラストを指名しているddb1c93afaさんと、重賞ウイナーを落札した4人がそのまま上位グループを形成しています。もっとも、複数の指名馬が重賞を勝ったプレイヤーはまだいないということでもあり、混線模様と言って良さそう。次週以降も目まぐるしく順位が入れ替わりそうです。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大11頭のGIワールドは、ソールさんが9660万円で1位、DSさんが9584万円で2位。それぞれ重賞ウイナーの4頭こそ指名していませんが、函館2歳ステークス2着のモンドキャンノをデビュー前に落札していました。スペシャルワールドと同じく、こちらも次週以降の結果次第で大きくランキングが動くかもしれません。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大16頭のGIIワールドでトップに立っているのは、俺の名を言ってみろぉさん。すべての指名馬をデビュー前に落札していますが、レーヌミノルをはじめ既に7頭が勝ち上がっています。これらの馬が順調に獲得ポイントを伸ばしてくるようだと、しばらくは首位争いをリードしていけそうですね。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大26頭のGIIIワールドは、キタノかちどきさん(1億1558万円)、サードインパクトさん(1億1430万円)と、1億円以上のポイントを獲得したプレイヤーが2名いらっしゃいました。キタノかちどきさんは8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったリンクスゼロ、9月4日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)を制したリエノテソーロらをデビュー前に獲得。サードインパクトさんもヴゼットジョリーリエノテソーロに加えて7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1400m)を勝ったディーパワンサらを揃えており、それぞれここまでの戦績はお見事というほかありません。これからデビューする予定の良血馬もラインナップにいますから、今後もお二方を中心とした争いになるでしょう。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大36頭のオープンワールドはシンガリルドルフさんがトップ。前出のリンクスゼロモンドキャンノ、そして九州産馬で既に本賞金が3520万円に達しているカシノマストらを指名されていました。

 もっとも、シーズン全体から見ると「ウマニティPOG 2016」はまだまだ序盤戦。入札や仮想オーナー募集枠の開放は今後も続いていきますから、これから参加するプレイヤーにも上位進出の目は残っています。
 実際、執筆時点(2016年09月05日17:00現在。以下同)の「注目POG馬ランキング」上位40頭を見ても、既にデビューを果たしているのは下記の8頭だけです(末尾は「注目POG馬ランキング」における順位)。

ヴァナヘイム(牡/父キングカメハメハ×母グルヴェイグ) ※3位
フローレスマジック(牝/父ディープインパクト×母マジックストーム) ※4位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※15位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※20位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※26位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
モンドキャンノ(牡/父キンシャサノキセキ×母レイズアンドコール) ※36位
インヴィクタ(牡/父ハービンジャー×母ラスティングソング) ※38位

 なお、上記の8頭を除いた32頭のうち下記の10頭は、JRA-VANを確認したところ執筆時点で在厩中となっていました。

サトノアーサー(牡/父ディープインパクト×母キングスローズ) ※6位
モクレレ(牡/父ディープインパクト×母アパパネ) ※9位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
ザウォルドルフ(牡/父ディープインパクト×母ウィーミスフランキー) ※19位
クリアザトラック(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※24位
アドミラブル(牡/父ディープインパクト×母スカーレット) ※30位
リナーテ(牝/父ステイゴールド×母マルペンサ) ※32位
ジュンテオドーラ(牝/父ディープインパクト×母アートプリンセス) ※33位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※39位

 今後の調整過程にもよりますが、近日中にデビューする可能性は比較的高いと見ていいんじゃないでしょうか。
 執筆時点で未出走、かつ入厩していない馬は下記の22頭ということになります。

トゥザクラウン(牡/父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー) ※1位
アルアイン(牡/父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ) ※2位
コロナシオン(牝/父キングカメハメハ×母ブエナビスタ) ※5位
ラボーナ(牡/父ルーラーシップ×母ハッピーパス) ※7位
ダブルバインド(牡/父ディープインパクト×母ラッシュラッシーズ) ※8位
ヘリファルテ(牡/父ディープインパクト×母シユーマ) ※10位
グローブシアター(牡/父キングカメハメハ×母シーザリオ) ※11位
ベルダム(牝/父ディープインパクト×母ドナブリーニ) ※12位
サトノヴィクトリー(牡/父ディープインパクト×母ジョコンダ2) ※14位
ミリッサ(牝/父ダイワメジャー×母シンハリーズ) ※16位
●カデナダムール(牝/父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミー) ※18位
●オーロラエンブレム(牝/父ディープインパクト×母ブラックエンブレム) ※21位
ヴィニー(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※22位
オルファン(牝/父ステイゴールド×母オリエンタルアート) ※23位
ハリーレガシー(牡/父ヴィクトワールピサ×母バルドウィナ) ※25位
ヒシマサル(牡/父ルーラーシップ×母シェリール) ※27位
アドマイヤエスパー(牡/父ディープインパクト×母アゼリ) ※28位
ダノンディスタンス(牡/父ルーラーシップ×母アゲヒバリ) ※29位
レッドオルガ(牝/父ディープインパクト×母エリモピクシー) ※31位
バリングラ(牡/父Fastnet Rock×母Sweet Dreams Baby) ※34位
ディヴァインハイツ(牝/父ハーツクライ×母ドバウィハイツ) ※37位
アスティル(牝/父ステイゴールド×母ヒストリックスター) ※40位

 どの馬も現2歳世代を代表する良血馬ですし、デビューが近付いたら多少なりとも話題を集めそう。指名を考えているのであれば、仮想オーナー募集枠の開放に合わせ、早めに入札しておきましょう。


※次回のコラムは10/4(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

リナーテの口コミ


口コミ一覧
閲覧 511ビュー コメント 0 ナイス 7

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

昨日の青空に、初夏の気配が感じられました。昨今、暑い日があるかと思えば、また寒くなり、着る服にも困りますね?体調をくずさないように、頑張りましょう。

相変わらず、我が懐には、寒気が停滞しています。 (^_^;)

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 最終結果】
第06期(6月1日~6月23日)5日間(鳴尾記念~宝塚記念:全7戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3ユニコーンSでは、4頭を推奨。
(デュープロセス、デアフルーグ、ヴァイトブリック、ニューモニュメント)
馬番コンピの予想では、(8番)狙いを参考にして、
3番ヴァイトブリック軸で勝負!
ワイド(3⇒6,8,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「ユニコーンS」の軸馬ヴァイトブリックは、痛恨の出遅れ…。直線で伸びてはいるが届かず(11着)…(ノД`)・゜・。反省点として、例年のレース傾向も本命レースと分析しているのに、無理な穴馬を軸馬選択?もう少し素直に外人騎手(デムーロ騎手)を軸に、組立てた馬券でないと当てることさえ無理。



日曜、G3函館スプリントSでは、4頭を推奨。
(アスターペガサス、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、リナーテ)
馬番コンピの予想では、(10,1,9)BOX狙いを参考にして、
2番ペイシャフェリシタ軸で勝負!
ワイド(2⇒1,11,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「函館スプリントS」の軸馬ペイシャフェリシタは、脚をためて3~4角もよい感じで直線に入り、いざ追い出すが反応せず馬群に沈む(5着)…(ノД`)・゜・。反省点として、JRA側のアクシデントにより出走頭数7頭立てに変更された時点で本命レースへ切り替えなければ…(ノД`)・゜・。このレースも、素直に外人騎手(D.レーン騎手)を軸に、組立てた馬券でないと当てることさえ無理。





【先週ブログのなかで推奨した結果】
ユニコーンS=
デュープロセス(2着)、デアフルーグ(7着)、ヴァイトブリック(11着)、ニューモニュメント(10着)

函館スプリントS=
アスターペガサス(2着)、タワーオブロンドン(3着)、ダノンスマッシュ(除外)、リナーテ(除外)

【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【宝塚記念】(芝2200㍍戦)(定量)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①馬 齢(4~6歳馬中心)
②前走クラス(G1、海外組のみ)
③前走9番人気以内かつ着差0.9秒以内(海外組は前々走の国内戦)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:ショウナンバッハ、タツゴウゲキ、(回避ソールインパクト)
②該当外:ノーブルマーズ
③該当外:クリンチャー、スティッフェリオ、マカヒキ


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)20~2400㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣阪神(芝)実績(連対率/複勝率)

アルアイン 1⃣(2-3-1-4)50%/60%  2⃣(3-0-1-0)75%/100%
エタリオウ 1⃣(1-5-0-2)75%/75%  2⃣(0-3-0-1)75%/75%
キセキ 1⃣(2-3-2-2)56%/78%  2⃣(1-2-2-1)50%/83%
スワーヴリチャード 1⃣(3-2-2-2)56%/78%  2⃣(2-1-0-0)100%/100%
リスグラシュー 1⃣(1-3-1-2)57%/71%  2⃣(1-2-3-0)50%/100%
レイデオロ 1⃣(7-1-1-3)67%/75%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%

【宝塚記念の有力馬】
アルアイン、エタリオウ、キセキ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、レイデオロ


【今週末の重賞レースの注目馬】
宝塚記念=アルアイン、エタリオウ、キセキ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、レイデオロ


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
宝塚記念=阪神(芝)2200㍍=B(75)偏った傾向ナシ


【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(ユニコーンS)
【単勝】【複勝】で
馬番コンピ指数2位の馬各1点。
(8番デュープロセス)
結果 1⇒8⇒11
指数5位⇒2位⇒6位
結果は、的中!(複勝150円)


(函館スプリントS)
【複 勝】【ワイド】で
馬番コンピ指数5~8位までの4頭を
複勝で各1点とワイドでBOX 2点。
(10,1,9)
結果 10⇒11⇒13
指数5位⇒2位⇒1位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(宝塚記念)
【複勝】で
馬番コンピ指数1位を各1点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 スペースマン 2019年6月16日() 06:33
函館スプリントステークス、◎本命は?
閲覧 223ビュー コメント 0 ナイス 6

薬物による競走除外、薬物による逮捕、薬物が汚染

してますなぁー!

ベンジョンソンの金メダル剥奪を思いだす!

もし、昨日そのままレースをやっていたら、どうなった?

あとで、薬物で失格になるのか?

JRAは、どう対応するのか?


さて、函館スプリントステークスだが、リナーテの薬物除外の

為、本命を変えなければ、ならなくなった!

リナーテに代わる◎本命は、アスターペガサスから狙ってみる!

リナーテと同様、馬体が良いのでね!

アスターペガサスが、いなかったら、このレース買わないわ!

それだけ惚れている馬ですわ!

是非、パドックで馬体を見てくれ!

〇対抗は、ペイシャフェリシタだな!

おそらく函館は、雨だと思うんで、ペイシャフェリシタは、

雨のレースで勝っているんで、良いんじゃね!

▲単穴は、サフランハートかな?

勝浦は、函館、札幌の時、穴を出すことがあるんでね!

たしか、ガルボで勝って、良い思いしたなぁ!

タワーオブロンドン?

騎手がレーンだけに、外しましたわ!

とにかく天気が、悪いだけに、どうなるか?

雨、風、半端じゃないっす!

函館は、寒い?風邪引かないように!

風邪ひいたら、風邪薬飲んでね!

風邪薬?ドーピングじゃん?

人間も除外?

[もっと見る]

 ゼファー 2019年6月15日() 16:41
第26回 函館スプリントステークスGⅢ
閲覧 282ビュー コメント 0 ナイス 6

競走馬用飼料から禁止薬物が検出され、
出走予定馬13頭中、下記の6頭が競走除外となった。
3枠3番 シュウジ
4枠4番 ライトオンキュー
4枠5番 リナーテ
5枠6番 ダノンスマッシュ
6枠8番 トウショウピスト
8枠12番 タマモブリリアン

競馬歴は長いですが、初めての経験でびっくりしております!

<馬場状態>

土曜日の夜から、雨予報の函館
日曜日も降り続けるので、おそらく重馬場でしょう。

洋芝100%の馬場が重馬場になれば、↓の通り、かなり時計が遅くなる?

洋芝と野芝の比較から、
馬が野芝の上を走る時、目に見える表面の芝部分ではなく、
地中で横に伸びる匍匐茎(ほふくけい)に蹄を引っ掛けて、
その推進力で前に進み、スピードを生んでいる。
野芝はこの匍匐茎がしっかりしているから、馬の蹄でもちぎれにくく、支持力が強い。

では、洋芝はどうかというと、
洋芝の匍匐茎は、野芝ほど強くなく、細かい茎や根の集まりで支持力を出している。
この洋芝特有の細かい茎や根の集まりをマット層と呼び、野芝の匍匐茎の替わりとなる。
このマット層は、野芝の匍匐茎ほどしっかりしていないので蹄の衝撃で芝がちぎれやすい。
又、このマット層の茎は上に重なって厚みを増す為、スポンジみたいな感じとなり、
フワフワした所に蹄が着地するから脚元が不安定な状態となり、多少推進力も落ちる。
ましてや雨が降ると、このマット層に水が溜まり、そこに蹄が入ると余計ちぎれやすくなる。
つまり、野芝と洋芝の茎の性質の違いが、時計の違いとなる。

そしてもう一つ、路盤に違いがある。
芝コースは路盤の上に芝馬場がある構造になっているけど、
函館・札幌は、砂丘の様な砂を使用して路盤が造られている。
この砂は、水はけは良いけど、締りが悪て支持力が弱いので、洋芝のマット層が破れると、
締まりの悪い砂の上を直接走っているみたいになり、時計が非常に掛かるようになる。
らしいです。

<馬精査>

タワーオブロンドン

第64回 京王杯スプリングカップGⅡ 1着がこの馬のベストレース
速い馬場で脚を溜めて、切れ脚で仕留める戦法
洋芝の重馬場で、58kg・・・切れ脚が発揮されず伸びてこれない可能性が高い!

アスターペガサス

第50回 函館2歳ステークスGⅢ 1着も、
第2回 葵ステークス重賞 2着も、テン3F:34.6で行って、末脚で勝負して上位へ
小崎 綾也Jなら、函館2歳ステークスのイメージで前には行かないだろう。
そうなると52kgでも末が伸びない洋芝の重馬場に嫌われる。

ペイシャフェリシタ

近4走は、前壁や苦手な時計の速い馬場で目をつぶる
第13回 キーンランドカップGⅢ 3着だけ走れば、
今回、岩田 康誠Jで上積みが大きく、先行して踏ん張って勝ち切る。

ダイメイフジ

↑とは逆に、時計の速い馬場が得意で、今回の馬場は厳しい
前走の時計の速い第64回 京王杯スプリングカップGⅡで垂れている様では。

カイザーメランジェ
韋駄天ステークスで魅せた先行力で、ハナへ
サンライズステークス 1着 上り34.5
HBC賞 1着 上り34.6
の切れない脚が、いかにも洋芝の重馬場に活きそう
元祖穴男 江田 照男Jが思い切って行けば、馬場が後ろを封じる。

サフランハート

道頓堀ステークス 1着が、4回阪神9日目で時計の掛かる馬場で魅力だが、
野芝が傷んだ馬場と、洋芝が雨で重い馬場とは、質が違うと思う。
3着には押さえておくが。

ユキノアイオロス

11歳、さすがに辛い

[もっと見る]

⇒もっと見る

リナーテの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

リナーテの写真

リナーテの厩舎情報 VIP

2019年6月16日函館スプリントS G3除外
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リナーテの取材メモ VIP

2019年5月11日 京王杯スプリングC G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。