ダイアナヘイロー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー
ダイアナヘイロー
写真一覧
現役 牝6 黒鹿毛 2013年5月5日生
調教師大根田裕之(栗東)
馬主株式会社 駒秀
生産者大西ファーム
生産地浦河町
戦績25戦[8-4-2-11]
総賞金25,601万円
収得賞金9,800万円
英字表記Diana Halo
血統 キングヘイロー
血統 ][ 産駒 ]
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
ヤマカツセイレーン
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ヤマカツサクラ
兄弟 ココロナルハゴールデンヘイロー
前走 2018/12/22 阪神カップ G2
次走予定 2019/02/24 阪急杯 G3

ダイアナヘイローの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/22 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 162338.3111** 牝5 55.0 菱田裕二大根田裕474(0)1.21.1 -0.134.9ミスターメロディ
18/11/25 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 184845.4113** 牝5 55.0 菱田裕二大根田裕474(-2)1.08.3 0.334.1ダノンスマッシュ
18/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 15478.7411** 牝5 54.0 武豊大根田裕476(-2)1.09.8 1.035.8⑤⑤ファインニードル
18/08/19 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 17235.817** 牝5 55.5 武豊大根田裕478(+6)1.07.3 0.734.5⑤④アレスバローズ
18/06/17 函館 11 函館SS G3 芝1200 16126.549** 牝5 55.0 武豊大根田裕472(+10)1.08.1 0.534.3⑧⑧セイウンコウセイ
18/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1851045.51118** 牝5 55.0 松山弘平大根田裕462(-8)1.09.9 1.436.5ファインニードル
18/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1871316.871** 牝5 54.0 武豊福島信晴470(-8)1.20.1 -0.034.6モズアスコット
18/01/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 18483.9116** 牝5 55.0 武豊福島信晴478(+2)1.09.7 1.435.4ファインニードル
17/10/01 中山 11 スプリンター G1 芝1200 164710.4415** 牝4 55.0 武豊福島信晴476(0)1.08.3 0.734.2レッドファルクス
17/08/20 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 18595.731** 牝4 53.0 武豊福島信晴476(+6)1.07.5 -0.134.6ナリタスターワン
17/07/30 小倉 11 佐世保S 1600万下 芝1200 167134.921** 牝4 55.0 武豊福島信晴470(+4)1.07.7 -0.034.1ニシノラッシュ
17/06/25 阪神 9 皆生特別 1000万下 芝1200 9441.711** 牝4 54.0 武豊福島信晴466(0)1.08.9 -0.234.4スマートグレイス
17/06/03 阪神 9 戎橋特別 500万下 芝1200 15231.711** 牝4 55.0 武豊福島信晴466(0)1.07.7 -0.334.5パーリオミノル
17/05/27 京都 9 御池特別 1000万下 芝1200 16353.112** 牝4 55.0 武豊福島信晴466(+2)1.08.6 0.035.2フジノパンサー
17/02/19 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 18354.318** 牝4 55.0 北村友一福島信晴464(+8)1.08.8 0.535.1⑫⑫スカイパッション
17/01/28 中京 11 中京スポーツ 1000万下 芝1200 18362.517** 牝4 54.0 菱田裕二福島信晴456(0)1.08.5 0.734.8ニシノラディアント
17/01/05 京都 12 4歳以上1000万下 芝1200 16243.112** 牝4 54.0 武豊福島信晴456(-8)1.08.3 0.134.1オールインワン
16/12/03 中京 12 鳥羽特別 1000万下 芝1400 18113.224** 牝3 54.0 武豊福島信晴464(-2)1.20.0 0.234.9⑦⑦エスティタート
16/11/06 京都 9 醍醐特別 1000万下 芝1200 18483.712** 牝3 54.0 幸英明福島信晴466(-4)1.08.4 0.134.3ナリタスターワン
16/10/22 京都 9 壬生特別 1000万下 芝1200 13572.013** 牝3 53.0 武豊福島信晴470(+16)1.08.0 0.534.4ナインテイルズ

⇒もっと見る


ダイアナヘイローの関連ニュース

中山記念に豪華メンバーが集結!皐月賞エポカドーロなどGI馬5頭が登録

 今年の中山記念には、昨年の皐月賞エポカドーロ(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年のマイルCS勝馬ステルヴィオ(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)、昨年の大阪杯勝ち馬スワーヴリチャード(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)、2017年の秋華賞ディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)、2017年の阪神JF勝ち馬ラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)と5頭のJRA・GI勝ち馬が登録している。

 中山記念に5頭のGI馬が出走すれば、グレード制が導入された1984年以降では初めてのことになるが、豪華なメンバーが揃った今年の中山記念はどんな結果となるだろうか。



スワーヴリチャードディアドラ中山記念を制しドバイ制覇へ向け好発進なるか!

 スワーヴリチャード(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)、ディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)は、来月実施されるドバイワールドカップデーに遠征を予定している。スワーヴリチャードドバイシーマクラシックディアドラドバイターフに選出され、すでに招待を受諾しているが、今年初戦の中山記念で好走してドバイ制覇に弾みをつけることができるだろうか。

 なお、中山記念をステップにドバイへ遠征した馬は好成績を挙げており、2011年にはヴィクトワールピサ中山記念→ドバイワールドCを連勝、2014年にはジャスタウェイ中山記念→ドバイデューティフリーを連勝している。

 また、昨年の皐月賞エポカドーロ(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)は菊花賞8着以来、約4力月ぶりの出走となる。同馬は昨年、三冠レースすべてに出走し、皐月賞1着、ダービー2着、菊花賞8着という結果を残した。中山記念が芝1800メートル戦となった1957年以降、4歳の皐月賞馬は8頭が出走して3勝、2着1回、3着2回(勝率.375、3着以内率.750)という成績を挙げているが、エポカドーロは今年初戦で好スタートを切ることができるだろうか。

★JRA重賞通算100勝狙うステイゴールド産駒 中山記念連覇がかかるウインブライト

 ウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が、中山記念連覇を狙う。同馬は中山で通算7戦4勝、2着2回という成績を残しており、前走の中山金杯ではトップハンデを克服して重賞4勝目を挙げた。ウインブライトには引き続き松岡正海騎手が騎乗する予定だが、今年も中山記念を制すことができるだろうか。Vなら、2008・09年のカンパニー以来の中山記念連覇となる。

 また、ウインブライトの父ステイゴールドは、産駒のJRA重賞通算勝利数が「99」となっており、史上5頭目のJRA重賞通算100勝にリーチをかけている。ステイゴールド産駒は、阪急杯にはコウエイタケル(牡8歳、栗東・山内研二厩舎)、リナーテ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が登録しているが、今週の開催で大台のJRA重賞100勝目を挙げることができるだろうか。



★史上初の阪急杯連覇を狙うダイアナヘイロー 今年も武豊騎手が騎乗予定

 阪急杯に、前年の優勝馬ダイアナヘイロー(牝6歳、栗東・大根田裕之厩舎)が登録している。同馬は昨年の阪急杯では、果敢にレースの主導権を奪って、定年引退のため同レースが最後のJRA重賞出走となった福島信晴元調教師の花道を飾る勝利を挙げた。ダイアナヘイローには、昨年に続き武豊騎手が騎乗する予定であるが、史上初の阪急杯連覇を遂げることができるだろうか。

★2月28日で引退する調教師は8名 伊藤正師は中山記念トータルソッカーを登録

 2月28日をもって、伊藤正徳調教師(美浦)、沖芳夫調教師(栗東)、栗田博憲調教師(美浦)、坂口正則調教師(栗東)、柴田政人調教師(美浦)、谷原義明調教師(美浦)、中村均調教師(栗東)、松元茂樹調教師(栗東)の8名が定年のため引退する。

 このうち、JRA・GIで優勝経験がある調教師は6名おり、騎手時代にダービーなどの大レースを制した伊藤調教師は、調教師としてはエアジハードで2勝を挙げている。沖調教師はナリタトップロードなどで2勝、栗田調教師はヤマニンゼファーなどで6勝、中村調教師はビートブラックなどで3勝、松元調教師はビリーヴなどで4勝をマークしている。また、坂口調教師はエイシンサニーで1990年のオークスを勝ち、エイシンヒカリでは香港とフランスのGIを制した。

 また、24日の中山記念には伊藤調教師の管理馬トータルソッカー(牡5歳)が登録している。昨年は、福島信晴元調教師が最後の重賞挑戦となった阪急杯ダイアナヘイローで勝ち、引退の花道を飾ったが、伊藤調教師も重賞制覇で有終の美を飾ることができるだろうか(※トータルソッカーは、23日の富里特別(1000万下)にも登録している)。



(JRA提供)



中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【阪急杯】レース展望 2019年2月18日(月) 20:07

 年初から続いた京都開催が終了し、舞台は阪神に移り、日曜メインに阪急杯(24日、GIII、芝1400メートル)が行われる。1着馬に高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)への優先出走権が与えられる重要な前哨戦で、過去10年の優勝馬では、2013年1着ロードカナロアはその後、高松宮記念を勝っただけでなく、安田記念も制覇し、さらに秋も大活躍して年度代表馬に輝いた。14年コパノリチャードは高松宮記念を勝ち、16年ミッキーアイルは高松宮記念、スプリンターズSでともに2着に入った後、マイルチャンピオンシップを制覇。今年も見逃せない。

 連覇がかかるダイアナヘイロー(栗東・大根田裕之厩舎、牝6歳)は、前走の阪神Cも勝ったように、阪神芝1400メートルの適性は高い。中間は3週続けて栗東CWコースで活発な動きを見せて仕上がりは上々。インティでフェブラリーSを勝った武豊騎手とのコンビ再結成も心強い。

 ミスターメロディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)は前走の阪神Cでダイアナヘイローの1/2馬身差の2着。ファルコンSを勝ち、NHKマイルCでは4着に敗れたように、マイルは少し長く1400メートルがベスト。前走後はここを目標に乗り込まれて体調は良好だ。大崩れしないタイプだけに、今回も好勝負が見込める。

 スターオブペルシャ(美浦・藤沢和雄厩舎、セン6歳)は阪神C3着。重賞にはまだ手が届いていないが、6歳とはいえ本格化したばかりなのでGIIIなら勝てそうなムードがある。1400メートルなら左右の回りも関係なく、しまいは確実に伸びるタイプ。また杉原誠人騎手とのコンビでは【2・2・1・0】と全て馬券に絡んでいる点も強調できる。

 15年の桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝7歳)は登録があったフェブラリーSを回避してここに出走する。昨年は勝てずに終わったはいえ、高松宮記念でファインニードルのハナ差の2着をはじめ、大崩れしていない。芝1400メートルも、一昨年の京都牝馬Sを勝っているように適性はある。

 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡6歳)は展開に左右されるが、スワンSを勝っているように1400メートルも十分に守備範囲。流れひとつでチャンスはある。今回は川田将雅騎手とのコンビだ。

 初の1400メートルに戸惑わなければロジクライ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)の地力も侮れない。3連勝でオープン入りしたエントシャイデン(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)、石清水Sを強烈な末脚で勝ったタイムトリップ(美浦・菊川正達厩舎、牡5歳)、昨年の安土城Sで後の安田記念優勝馬モズアスコットを破っているダイメイフジ(栗東・森田直行厩舎、牡5歳)あたりも上位を狙える。



★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】特別登録馬2019年2月17日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】コパノキッキング、根岸Sへ 2018年12月27日(木) 05:02

 ★カペラSで重賞初制覇を飾ったコパノキッキング(栗・村山、セン3)は、マーフィー騎手とのコンビで根岸S(1月27日、東京、GIII、ダ1400メートル)に向かう。

 ★阪神Cを勝ったダイアナヘイロー(栗・大根田、牝5)は放牧を挟んで阪急杯(2月24日、阪神、GIII、芝1400メートル)を視野。

★コパノキッキングの競走成績はこちら

[もっと見る]

【阪神カップ】ダイアナ、“逃”魂V!菱田自信の騎乗 2018年12月23日() 05:04

 第13回阪神カップ(22日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、定量、芝・内1400メートル、1着本賞金6700万円 =出走16頭)マイペースに持ち込んだ11番人気の伏兵ダイアナヘイローがまんまと逃げ切って重賞3勝目をマーク。大根田裕之厩舎に移籍してからの初勝利を飾った。タイム1分21秒1(稍重)。1/2馬身差の2着は2番人気のミスターメロディで、3着には12番人気のスターオブペルシャが入った。1番人気のジュールポレールは5着。

 華麗な逃走劇で後続を完封した。11番人気の伏兵ダイアナヘイローが、同舞台で逃げ切った2月の阪急杯の再現を演じ、重賞3勝目をマーク。今年の北九州記念アレスバローズ)に次ぐ2つ目の重賞タイトルを手にした菱田騎手が白い歯をこぼした。

 「調子がいいのは分かっていましたし、このコースで勝ったこともあるので、自信を持っていきました。本当によかったです」

 マイペースでリズムよく進み、最後は外から迫ってきたミスターメロディを半馬身差で振り切った。「真面目に最後まで一生懸命に走ってくれました」と、勝負強さを最大限に生かした好騎乗が光った。

 2月に定年を迎えた福島信晴調教師から引き継いだ大根田調教師は、転厩後うれしい初白星に破顔一笑だ。

 「バテても仕方ないと、迷うことなく行ったのがよかった。展開的にもうまくいったね」

 今後は放牧に出て、「2、3月くらいからいければ」とトレーナー。連覇がかかる阪急杯(2月24日、阪神、GIII、芝1400メートル)あたりからの始動が視野に入る。6歳になる来年も快速を見せてくれそうだ。(斉藤弘樹)

★22日阪神11R「阪神C」の着順&払戻金はこちら

ダイアナヘイロー 父キングヘイロー、母ヤマカツセイレーン、母の父グラスワンダー。黒鹿毛の牝5歳。栗東・大根田裕之厩舎所属。北海道浦河町・大西ファームの生産馬。馬主は(株)駒秀。戦績25戦8勝。獲得賞金2億5601万円。重賞は2017年GIII北九州記念、18年GIII阪急杯に次いで3勝目。阪神Cは大根田裕之調教師、菱田裕二騎手ともに初勝利。馬名は「曲名+父名の一部」。

[もっと見る]

【阪神カップ】ミスターメロディ最後まで交わせず2着 C.デムーロ「勝ち馬が強かった」 2018年12月22日() 19:53

 12月22日の阪神11Rで行われた第13回阪神カップ(3歳以上オープン、GII、芝・内1400メートル、定量、16頭立て、1着賞金=6700万円)は、菱田裕二騎手騎乗の11番人気ダイアナヘイロー(牝5歳、栗東・大根田裕之厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分21秒1(稍重)。

 C.デムーロ騎乗2番人気ミスターメロディは好位追走から内めを伸びるも逃げ粘るダイアナヘイローを最後まで交わせず半馬身差の2着に敗れた。

 C.デムーロ騎手「いつも通りリラックスして、追走も楽でした。最後も脚を使って止まらなかったのですが、勝ち馬が強かったですね」



★【阪神C】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアナヘイローの関連コラム

閲覧 335ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、23(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念は、小雨が降るなか馬場状態は稍重発表で発走時刻を迎えます。1番人気はレイデオロで単勝2.2倍。2番人気にキセキ(同5.9倍)、3番人気にブラストワンピース(同8.9倍)、4番人気にモズカッチャン(同9.1倍)、5番人気にオジュウチョウサン(同9.2倍)と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め、全16頭がゲートイン。
ミッキースワローが後手を踏んだ以外は各馬まずまず揃ったスタートを切ると、まず注目のオジュウチョウサンが先頭へ。ここにサウンズオブアースミッキーロケットと並び掛けていくところへ、離れた外からキセキが進出しハナを奪って1週目のホームストレッチへ。前半1000mを1分00秒8(推定)で通過すると、ここから若干ペースを落としながら向こう正面へと馬群を率います。
キセキから4馬身後方には、ミッキーロケットが続き、差がなくオジュウチョウサンサウンズオブアースクリンチャーモズカッチャンブラストワンピースと中団にかけての追走。サトノダイヤモンドを挟んで、直後の9番手あたりをレイデオロがキープ。後方集団は、マカヒキシュヴァルグランパフォーマプロミススマートレイアーサクラアンプルールリッジマンとなって、離れて最後方をミッキースワローの態勢で2週目の3コーナーを目指します。
3コーナーを迎え、ここからペースアップを図るキセキがさらにリードを広げ始めると、歓声に沸く場内。外を回って手応えよく進出を開始するブラストワンピースに、これを追うように直後からはレイデオロも徐々に先行集団の一角へとポジションを上げて直線勝負へ。
逃げるキセキのリードは、依然3馬身ほど。終始直後の位置取りで進めたミッキーロケットオジュウチョウサンも手応え十分に追い出され、残り200mでキセキから2馬身差へと詰め寄ると、外を伸びてはブラストワンピースが差のないところまで浮上。直後の5番手にはさらに外を通ってレイデオロも伸びてきます。坂を上がったところで苦しくなったキセキを、外からミッキーロケットブラストワンピースが一気に捉えると、直後のレイデオロ、さらに後方から馬群を縫うように伸びたシュヴァルグランの2頭も急追。ゴール手前50mでは4~5頭がひと塊となる熱戦を、最後は3歳馬ブラストワンピースが振り切って先頭でゴール!G1初制覇を飾っています。クビ差の2着にはレイデオロが入り、そこから1馬身1/4差の3着には9番人気シュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロ☆まんでがんプロ赤木一騎プロ奥野憲一プロくりーくプロら、計6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
22(土)を阪神12Rでの○◎的中などでプラス収支で終えると、23(日)には中山5Rでの◎▲○的中計12万8940円の払戻し、阪神9Rでの◎マイネルフラップ(単勝152.3倍)的中計40万7040円、阪神10Rでの◎ペルソナリテ(単勝24.7倍)的中計10万7400円払戻しと大暴れ。土日トータルでは、回収率197%、収支トップの42万5,720円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
22(土)のG2阪神Cでは、◎ダイアナヘイロー(単勝38.3倍)的中で計13万4050円のスマッシュヒットを披露。23(日)も中山10Rなどの的中で2日間連続のプラスを達成した先週は、週間トータル回収率128%を記録し、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
15(土)は、G2阪神Cを◎スターオブペルシャ(単勝46.3倍)の予想で仕留めるなど、的中率100%、回収率183%の成績をマークすると、23(日)にはこの日の勝負予想G1有馬記念を◎シュヴァルグラン(単勝22.7倍)から的中!週末のトータルでは、回収率106%をマークしています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(301%)、セイリュウ1号プロ(146%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(142%)、おかべプロ(126%←7週連続週末プラス)、ース1号プロ(118%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(105%)、山崎エリカプロ(102%)、またJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(153%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年9月12日(水) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/8~9/9)日曜144万払戻しのいっくんプロを筆頭に、スガダイ、サラマッポ他全13名が週末プラスをマーク!
閲覧 745ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、8(土)に中山競馬場でG3紫苑S、9(日)には中山競馬場でG3京成杯AH、阪神競馬場でG2セントウルSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑Sは、ランドネがハナを奪い前半1000mを60.1秒で通過。後方からカレンシリエージョが外を通って進出しランドネをつつくと、ここから馬群はペースアップしながら3コーナーへ突入していきます。1番人気マウレアは中団のイン、2番人気ノームコアは早めの進出で好位の一角まで押し上げ、各馬4コーナーを回って直線へ。前を行くランドネは依然余裕の手応えで2馬身ほどのリード。しかし、急追したノームコアが残り200mで一気に詰め寄り、並ぶ間もなく交わし去って独走態勢へ。遅れてマウレアも3番手から徐々に追い上げますが、こちらは3馬身差の2着浮上までが精いっぱい。早め先頭から、後続を突き放したノームコアが、完勝で重賞初勝利を飾っています。2着マウレア、さらにそこから1/2馬身差の3着に粘り込んだランドネまでの3頭が、秋華賞の優先出走権を手にしています
公認プロ予想家では、スガダイプロKOMプロ河内一秀プロ他、計8名が的中しています
 
G3京成杯AHは、ミュゼエイリアンショウナンアンセムとの先手争いを制して隊列を率いる構えでしたが、3角手前で早々とウインガニオンが先頭に替わる展開。4角では、後続がウインガニオンに並び掛け、一団の態勢となって直線に突入していきます。盛り返したショウナンアンセムウインガニオンに詰め寄り、ヤングマンパワーロジクライゴールドサーベラスといったところも、その直後から虎視眈々。1番人気に推されたミッキーグローリーも外目を通って5~6番手まで浮上し、直線後半の叩き合いへ。この争いから残り100m地点で抜け出したミッキーグローリーが3/4馬身差をつけてV。見事重賞初挑戦で初制覇をあげています。一方で、2着争いはゴール前で横一線の混戦模様。その中から、ひと際目立つ末脚で大外を伸びた3番人気ワントゥワンが、3/4馬身抜け出し2着を確保。3着にはロジクライが入っています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロ岡村信将プロスガダイプロ豚ミンCプロ河内一秀プロおかべプロ他、計11名が的中しています。
 
G2セントウルSは、降りしきる雨のなか重馬場でスタートの時を迎えます。内から2番人気ラブカンプーが積極的に出ていき、早々と単独先頭へ。しかし、直後にネロも競りかけ、2頭が少し後続を離す形となって馬群はペースアップ。譲らずのラブカンプーが先頭でラップを刻み、前半3Fを33.3秒で通過していきます。この態勢のまま3~4コーナーを回ると、3番手以下からはラインスピリットレジーナフォルテコウエイタケルアサクサゲンキダイアナヘイローと続き、1番人気ファインニードルもこの一角で直線へ。力強い伸び脚で徐々に差を詰めるファインニードルが、前で粘るラブカンプーを射程圏に入れると、内を突いてはコウエイタケルも迫って残り100mを通過。さらに後方からは、大外を伸びて7番人気グレイトチャーターも急追。しかし、残り50mでラブカンプーを競り落とし、後続の追い上げも封じた春のスプリント王ファインニードルが、最後は1馬身1/2差でV。2着にはラブカンプー。そこから1/2馬身差の3着にはグレイトチャーターが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ岡村信将プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ河内一秀プロ他、計13名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
8(土)の阪神1Rで10万900円払戻しの好スタートを切ると、9(日)にはまず阪神2Rの◎○▲的中で47万5,500円払戻しをマーク!さらに、阪神10Rでは、3連単9万6,690円を1000円分的中し96万6,900円払戻しと、この日計144万超の払戻しを達成しました。週末トータルでは回収率332%、収支111万6,100円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
8(土)は勝負予想G3紫苑S◎○△的中などの活躍を披露しプラス収支をマーク。9(日)は中山9R○◎▲、中山10R◎○▲など高精度予想を披露すると、G3京成杯AHG2セントウルSと両メインもしっかりゲット。3重賞全的中をマークした先週は、土日2日間のトータル的中率58%、回収率152%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
8(土)中山1R阪神1R、9(日)阪神9RG3京成杯AHなどで引き続きの好調予想を披露!週末トータル回収率183%の好成績をマークしています。また、3週連続週末プラス(先々週日曜から5日間連続プラス)を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
8(土)を中山4R中山12Rでの的中などでプラス収支で終えると、9(日)にも中山5R中山12Rなどで活躍をみせ土日トータル回収率120%を記録。2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
8(土)中山10Rでの◎○▲的中、阪神7Rでの50万9,220円払戻しなどの活躍を見せた先週は、トータル回収率159%、収支28万4,640円プラスの好成績を収めています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(225%)、豚ミンCプロ(132%)、河内一秀プロ(128%)、岡村信将プロ(124%)、ろいすプロ(121%)、dream1002プロ(116%)、マカロニスタンダーズプロ(112%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(108%)、【U指数】馬単マスタープロ(107%)、馬侑迦プロ(105%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年9月2日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年09月02日号】特選重賞データ分析編(114)~2018年産経賞セントウルステークス~
閲覧 1,461ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞セントウルステークス 2018年09月09日(日) 阪神芝1200m内


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [5-5-5-23](複勝率39.5%)
×なし [0-0-0-33](複勝率0.0%)

 年明け以降の戦績が最大のポイントと言って良さそう。“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において連対経験のある馬は2013年以降[4-4-4-9](複勝率57.1%)と堅実ですし、5着以内となった経験すらない馬は苦戦しています。しばらく大敗が続いてしまっている馬はもちろん、オープン特別や条件クラスのレースを主戦場としてきた馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→アサクサゲンキセカンドテーブルダイアナヘイロー
主な「×」該当馬→アクティブミノルウインソワレトウショウピスト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2013年以降[5-4-1-24](複勝率29.4%)
主な該当馬→アサクサゲンキダイアナヘイロー

[もっと見る]

2018年8月22日(水) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/18~8/19)導師嵐山プロが114万、55万のホームラン2発!!ほか夢月プロら計4名が週末プラス20万超を達成!
閲覧 555ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、19(日)に小倉競馬場でG3北九州記念が、札幌競馬場でG2札幌記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3北九州記念は、ゴールドクイーンが最内枠から主張して逃げの手。2番手ナインテイルズ、3番手ラブカンプーと続いた馬群は、序盤3Fを32.4秒(推定)で通過。馬場状態を考慮しても軽快なペースで流れる中、1番人気ダイアナヘイローは4~5番手のイン、2番人気アサクサゲンキは後方馬群の追走となって3~4コーナーを回ります。一杯になったゴールドクイーンナインテイルズの外から、手応え十分にラブカンプーがこれらを交わして早々と先頭へ。後続からはトウショウピストダイメイプリンセスダイアナヘイローらが追撃をみせ、インを突いてはアレスバローズも虎視眈々の手応え。残り100mまで先頭をキープしていたラブカンプーでしたが、最内を上り最速で伸びたアレスバローズに交わされ後退。結局、勢いのまま6番人気アレスバローズが1馬身半突き抜けV。CBC賞に続き、重賞連勝を決めています。2着には、ラブカンプーの外を伸びた4番人気ダイメイプリンセスが入り、さらにそこから1/2馬身差の3着に7番人気ラブカンプーが粘り込んでいます。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ豚ミンCプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロサラマッポプロ他、計7名が的中しています。
 
G2札幌記念は、最内からマルターズアポジーが出を窺うところへ、大外枠からアイトーンも仕掛けていき、この2頭が引き連れる形で向う正面へと向かいます。稍重のなか、前半1000m通過は59.1秒(推定)のハイペース。1番人気マカヒキは後方2番手の外、2番人気サングレーザーは中団インをそれぞれ追走する形。3番手追走のマイスタイルが3コーナー手前にしてスパートを開始すると、そのまま先頭へと躍り出てさらに馬群はペースアップしていきます。先行勢の手応えがにわかに劣勢となり、外々を回した後方勢が一気に進出しながら直線へ。一団馬群の先頭を行くマイスタイルを目がけ、サクラアンプルールスティッフェリオゴーフォザサミットあたりが押し寄せ、各馬横並びでの叩き合いが繰り広げられます。そして、ここにサウンズオブアース、大外を通ったマカヒキ、馬群の中からはサングレーザーモズカッチャンといったところも徐々に加わる展開。直線半ばを過ぎて、最内からスティッフェリオが一瞬抜け出したのも束の間、あっという間に外から詰め寄る人気各馬。目まぐるしく入れ替わる混戦となったこの一戦に終止符を打ったのは、馬群を縫って鋭く伸びた2番人気サングレーザーでした。ゴール前様相一変の叩き合いを制し、重賞3勝目を挙げています。ハナ差の2着には1番人気マカヒキが入り、そこからアタマ差の3着には4番人気モズカッチャンが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ夢月プロ蒼馬久一郎プロ他、計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
大波乱決着となった19(日)新潟3Rで、3連複3914.7倍を含む計1,145,980円払戻しのホームランを披露。この日はこれだけにとどまらず、新潟12Rでもスノードーナツ(単勝16.4倍)-プリンセスオーラ(単勝45.2倍)-ハッピーランラン(単勝40.3倍)決着を、○×◎で仕留め55万7,460円払戻しと“2本目”をマーク!週末2日間のトータルでは回収率270%、収支121万6,320円プラスの断トツ成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)は札幌4R札幌5Rなどで好調予想を披露しプラス収支を達成。19(日)にも、札幌6Rでの馬単1万円1点勝負的中ほか、札幌7RG2札幌記念などで好調ぶりをアピールしました!連日のプラス収支マークの先週は、トータル回収率141%、収支25万5,590円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
18(土)新潟3Rで◎レイナグラシア(単勝60.9倍)を推奨し的中。さらに、小倉6Rエムケイフローラル(単勝26.4倍)、小倉12Rレディバード(単勝28.0倍)と穴馬本命でゲットするなどの活躍を披露。続く、19(日)には、札幌10Rや、G3北九州記念での的中でプラス収支を達成。土日2日間トータルでも回収率102%をマークし、これで3週連続週末プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
18(土)は小倉9Rでの◎○▲パーフェクト的中に続き、勝負予想新潟11R、同小倉11Rと連続的中!週末2日間トータルで回収率222%、収支10万180円プラスの好成績を達成しています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(210%←4週連続週末プラス)、おかべプロ(180%)、、
エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ
(172%)、馬侑迦プロ(114%←2週連続週末プラス)、西野圭吾プロ(108%)、ジョアプロ(106%)、エース1号プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年3月30日(金) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/24~3/25)夢月プロが回収率152%、収支37万8,890円の大幅プラスをマーク!
閲覧 779ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、25(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝1番人気にレッドファルクスが推され、以下単勝ひとケタ台にファインニードルレッツゴードンキダンスディレクターと3頭が続く形で発走を迎えます。
まず先頭に立ったのは、最内枠からセイウンコウセイ。これに外からダイアナヘイローが並び掛けていきこの2頭が後続を引き連れる形となります。リエノテソーロブリザードが直後に続き、出遅れたネロは押し上げて直後の5番手まで進出。以下は一団で、ナックビーナスレッツゴードンキファインニードルダンスディレクタージューヌエコールレーヌミノルスノードラゴンシャイニングレイキングハートラインミーティアラインスピリットと続き後方2番手をレッドファルクス、最後方にノボバカラの態勢で先頭は早くも3コーナーへ。
前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、僅かに先頭はセイウンコウセイとなって4コーナーを回ります。依然、後方2番手のままのレッドファルクス、2番人気ファインニードルは中団外を回って手応えよく進出を開始、3番人気レッツゴードンキは対照的にインの中団からと、人気各馬は三者三様の位置取りで直線勝負へ。
迎えた直線、内を突いて早々セイウンコウセイに並び掛けたのはレッツゴードンキ。直後からはダンスディレクターが、これもインを突いて追撃態勢に入ります。レースを引っ張るこれら3頭が、内の悪いところを割けるように徐々に外に持ち出すようにして残り200mを通過すると、次第に覇権争いは馬場の中央での叩き合いに持ち込まれます。渋太く食い下がるセイウンコウセイの外からブリザードナックビーナスファインニードルといったところが脚を伸ばし前を射程圏の勢い。一方で、後方から進路に手間取りながら懸命に追い上げるレッドファルクスはここで敗戦濃厚の態勢となります。残り100mを切って、レッツゴードンキの内からダンスディレクター、外からはナックビーナスファインニードルが並び掛け、勝負の行方はこの4頭に絞られると、大外を通ったファインニードルがこの叩き合いに終止符を打つゴール前でのラストひと伸びを披露し見事戴冠。嬉しいG1初制覇を連勝で飾っています。ハナ差の2着にレッツゴードンキが残し、そこから1/2馬身差の3着には10番人気のナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ伊吹雅也プロゼット1号プロろいすプロ蒼馬久一郎プロほか、計9名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
24(土)の阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中で34万5,720円払戻しを記録すると、続く阪神3Rでは◎○馬連1点的中で30万8,000円払戻しと立て続けにビッグヒットをマーク!25(日)にもG3マーチSでの◎センチュリオンクインズサターン的中などを披露した先週は、週末トータル回収率152%、収支37万8,890円の大幅プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
24(土)の阪神6Rで、3連単など計48万5,530円払戻しのビッグヒットを披露!土日トータル回収率116%、収支11万8,080円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
24(土)の中山5Rでは◎マイネルユキツバキヒラボクラターシュ×キタノユウキの印で、3連単658倍含む計27万5,550円払戻しのスマッシュヒット!25(日)にも勝負レースの中山2Rなどできっちり仕事を果たした先週は、週末トータル回収率100%をマークしています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(253%)、エース1号プロ(169%)、【U指数】3連単プリンスプロ(150%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(123%)、伊吹雅也プロ(120%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、おかべプロ(113%←8週連続週末プラス)、ろいすプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、くりーくプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週は注目G1大阪杯に加えて、新プロ(豚ミンCプロと馬侑迦(まゆか)プロ)も登場!
この春ますます注目の『競馬プロ予想MAX』に集う、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にぜひご期待下さい。

[もっと見る]

2018年3月20日(火) 19:00 覆面ドクター・英
高松宮記念・2018
閲覧 1,973ビュー コメント 0 ナイス 16



層の薄いスプリント路線ではあるが、裏を返せば馬券的には楽しみなレース。現段階での週間天気予報からするとそう道悪競馬にはならず、昨年は道悪巧者ぶりをセイウンコウセイが見せつけたが、その後はいまひとつな成績が続いたように連覇という感じでもない。また、レッドファルクスは距離や展開や鞍上など色々あったとはいえ、少々物足りない内容となっていて、スプリント王の座を防衛できるかというと微妙。その意味で、チャンスのありそうな馬が結構多い印象だ。

それでは恒例の全馬診断へ。

1番人気想定 レッドファルクス:現在のスプリント界のチャンピオンだが、この2走は距離や展開もあるが以前よりは凄味が無くなってきた感もある。当然好走可能だが、盤石な王者という位置付けではない。

2番人気想定 レッツゴードンキフェブラリーSからの参戦という珍しいローテとなるが、前走久々のダートでも一瞬突き抜けるかという末脚を見せた。終いは疲れてしまったが、この距離ならまだまだやれそうだ。様々な条件で高齢までしぶとく頑張れるのは、母父マーベラスサンデーの影響か。

3番人気想定 ファインニードルシルクロードSは強い勝ち方だったが、もっとも向くであろう京都1200mでの話で、左回り経験は一度だけ。その中京でも準オープンで2番人気10着と惨敗しており、人気になりそうなだけに人気馬の中では最も危険なタイプか。

4番人気想定 セイウンコウセイ:昨年は道悪のこのレースを制したが、その後はさっぱりで、前走久々に2着と好走したのは楽逃げによるもの。勝ち馬ファインニードルにつけられた2馬身差は58kgを背負っていたとはいえ物足りない。

5番人気想定 ダイアナヘイロー:調教師の引退に合わせて目一杯仕上げて、ライバル達の下手乗りに助けられた前走だが、ここでは通用しないのでは。

6番人気想定 ダンスディレクター:とうとう大きなところを獲れないまま8歳になってしまったが、力はそう衰えていない。1400mがベストな感じもあるが、前走はスプリント戦で珍しい先行策で好走しており末脚が鈍ってきた今に合った戦術に切り替えてきた(?)。層の薄いこの路線なら悲願のG1制覇もあるかも。

7番人気想定 レーヌミノル:昨春は勢いのままに桜花賞制覇したが、それ以降は着順は悪いが昨秋のマイルCSで4着、前哨戦のオーシャンSでも0.1秒差6着などマイル以下ならやれそうな感じにはなってきている。まだまだ強くなる時期で、通用してもおかしくない。

8番人気以降想定

ナックビーナス:オープンでもG3までなら好走を続けているが、大物食いというタイプではなく要らないのでは。

シャイニングレイ:体調がどうかが最も気になる馬。たった8戦のキャリアでオープン3勝(G2ホープフルSで2000mも勝ち、今回と同舞台のCBC賞(G3)勝ちも含む)と能力高いのは確か。ただ、昨年末の阪神Cでは引っ掛かってシンガリ負けと、いろいろと扱いが悩ましい馬。

ソルヴェイグ:2016年のスプリンターズSで3着したり、それ以外にも重賞で3連対するなど活躍しているが、この2戦は人気で惨敗しているように体調がいまひとつの印象。追い切りをみてヒモ穴に入れるかどうか程度か。

ブリザード:昨秋のスプリンターズSで5着と好走したが、父はソヴィエトスター、母デインヒル系×ヌレイエフ系で香港やオーストラリアの短距離馬に多いタイプ。「セン馬で500kgを超える大型馬でノーザンダンサーの血が濃い馬」ということから、中山より中京でパフォーマンス落としそう。

キングハート:前哨戦としてもっとも数の多いオーシャンSを大混戦の中で勝っての参戦となるが、あれ以上は無いのでは。

ビップライブリー:オープンに上がってからも重賞で掲示板には乗る(4着、2着、5着、5着)が壁を突き破れずにいるが、ダイワメジャー×フローラルグリーン(ノーザンF生産)と、流れの厳しいG1でも激走があって不思議ない能力を秘めていそう。穴馬として楽しみ。

スノードラゴン:10歳で現役続けているのも立派だし、9歳の年末にはG3カペラSで2着するなど元気だが、道悪にでもならないと厳しいか。

ネロ:一旦成績は萎んだが、栗東坂路では相変わらず50秒を切る脚力見せており、ダート初挑戦だったJBCスプリントではあわや勝つかという適性見せた。ここでは厳しそうだが、鞍上は是非3月一杯で騎手免許がなくなる中野省騎手に乗って欲しい。道悪は得意。

リエノテソーロ:デビューから芝とダートで4連勝したがNHKマイルC2着以降はパッとしない状況。1400mの方がいいタイプで、一線級のスプリンターは倒せないだろう。

ジューヌエコールデイリー杯2歳S桜花賞は距離が長くて凡走したが、その後の函館SSを50kgという斤量も良かったのか制した。ただそれ以降はスランプ気味の状態が続き、調教の動きも冴えず、良くなるのはまだ先か。

セカンドテーブル:京王杯2歳S勝ち馬で古馬になってからは芝1200mでオープンとG3では長く活躍しているが、G1でどうのという感じではない。

ノボバカラ:ダートG3ふたつと交流重賞の勝ち馬で、昨夏は芝1200mを2戦使ってみたりもしたが、やはりダートでこその馬で、使ってこないのでは。

モーニン:ダートG1馬だがここ2戦は芝を使ってきている。大きくは負けていないのだが1400mでも最後方からに近い競馬となり、1200mのG1では、ついていけないのでは。ダートに戻すべき馬。

フミノムーンシルクロードSでは15番人気3着で、アドマイヤムーン産駒のワンツースリーを完成させる父親孝行をみせるも、得意の京都でのG3で3着2回が上限で、あまり大駆けを期待できるタイプでない。

ラインミーティア:既に40戦消化の丈夫な馬。昨夏のアイビスサマーダッシュで得意の直千で重賞制覇し、その勢いでコーナーのある阪神1200mでも2着と頑張ったが、以降二桁着順が続いているようにさすがにお疲れでは。

ラインスピリット:7歳となっても衰えは小さく、淀短距離Sは58kgを背負って勝ったのは立派だが、重賞実績がなくここでは厳しい印象。


<まとめ>
有力~レッドファルクスレッツゴードンキダンスディレクター

ヒモで~レーヌミノルシャイニングレイソルヴェイグビップライブリー

危険な人気馬~ファインニードルセイウンコウセイダイアナヘイロー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアナヘイローの口コミ


口コミ一覧
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 1


今週は土日とも阪神です。

2/23(土)阪神
① ピアシック (3歳未勝利 )
③ デスパシート (3歳新馬)
④ モアナアネラ (3歳未勝利)
⑤ コパノカーリング (3歳500万円以下)
⑦ チカリータ (4歳以上500万円以下)
⑨ ミスディレクション (尼崎ステークス) ③
⑪ オールマンリバー (仁川ステークス)
⑫ サウンドキアラ (4歳以上1,000万円以下)

2/24(日)阪神
⑤ ポベーダテソーロ (3歳未勝利)
⑧ スワーヴアラミス (4歳以上1,000万円以下)
⑩ キスラー (すみれステークス) ③
⑪ ダイアナヘイロー (第63回 阪急杯・GⅢ) ②
⑫ フュージョンロック (4歳以上1,000万円以下)

 競馬が大好き(複勝男 2019年2月19日(火) 23:43
はんきゅ
閲覧 110ビュー コメント 0 ナイス 9

阪急杯

同じ馬が馬券に絡む(サンカルロ3回、マジンプロスパー2回、ミッキーアイル2回、)
リピーターレースでもあるが中山記念ほどでもないし、同条件に近い阪神Cほどでもない

芝重賞であるけどサンデーサイレンス系が絶対ではなくノーザンダンサー系が健闘している


コースは小回り坂があって開幕週
マイル適正な馬は苦戦しています

個人的な登録馬の評価
ダイアナヘイロー(今回はマークされそうですが開幕週の馬場は合いそう)
レッツゴードンキ(全盛期にないかもしれないが、54Kg出走がいい可能性も)
ミスターメロディ(本格化しそうな雰囲気、前走でこの条件がベストかも)
ロジクライ(キャラクター的に距離短縮が合う可能性も)
タイムトリップ(開幕週がマイナスかも、馬場悪化なら)
ロードクエスト(1400M向きになってきたかも)
リライアブルエース(距離短縮で1発あるかも)
エントシャイデン(勢いはこの馬だが相手かなり強化)
スターオブペルシャ(相手なりに走れてきた)
ダイメイフジ(距離延長で前進はしそう)
ラインスピリット(距離が長いが開幕週で良なら粘れ込めるかも)
リョーノテソーロ(ここ2戦は直線で進路がない)
ヤングマンパワー(距離短縮が今なら不気味に感じる)

[もっと見る]

 ベスト タイムズ 2019年2月18日(月) 22:15
阪急杯
閲覧 126ビュー コメント 0 ナイス 8



ダイアナヘイロー

ミスターメロディー

レッツゴードンキ

ロジクライ

.

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアナヘイローの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイアナヘイローの写真

ダイアナヘイローの厩舎情報 VIP

2018年12月22日阪神カップ G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイアナヘイローの取材メモ VIP

2018年12月22日 阪神カップ G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。