エスティタート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エスティタート
エスティタート
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2013年2月1日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績23戦[5-4-2-12]
総賞金13,440万円
収得賞金2,900万円
英字表記Estitato
血統 ドリームジャーニー
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
スキッフル
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ザスキート
兄弟 フラガラッハフェルメッツァ
前走 2019/01/27 シルクロードS G3
次走予定

エスティタートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/27 京都 11 シルクロード G3 芝1200 184845.1112** 牝6 53.0 浜中俊松永幹夫462(+8)1.08.5 0.233.9⑭⑨ダノンスマッシュ
18/11/25 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 181119.585** 牝5 54.0 藤岡康太松永幹夫454(-4)1.08.4 0.433.7⑦⑥ダノンスマッシュ
18/10/21 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 14585.131** 牝5 55.0 J.モレイ松永幹夫458(+12)1.08.1 -0.234.0⑤⑤メイショウカズヒメ
18/08/11 新潟 11 新潟日報賞 1600万下 芝1400 18238.1515** 牝5 55.0 津村明秀松永幹夫446(0)1.21.1 0.634.4⑦⑦アドマイヤリアル
18/07/07 中京 11 豊明S 1600万下 芝1400 15466.135** 牝5 55.0 秋山真一松永幹夫446(+4)1.21.2 0.435.8⑥④エイシンティンクル
18/05/26 京都 10 朱雀S 1600万下 芝1400 14574.834** 牝5 55.0 武豊松永幹夫442(+2)1.21.8 0.333.7⑥⑤オールポッシブル
18/04/08 阪神 10 大―ハンC 1600万下 芝1400 18476.737** 牝5 55.0 横山典弘松永幹夫440(-4)1.21.4 0.335.1⑧⑨ヤマカツグレース
18/02/17 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1281210.753** 牝5 53.0 武豊松永幹夫444(0)1.23.1 0.134.1⑧⑨ミスパンテール
18/01/21 京都 11 石清水S 1600万下 芝1400 113319.082** 牝5 55.0 藤岡佑介松永幹夫444(+8)1.23.2 0.234.5ニシノラッシュ
17/11/18 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 1371135.2108** 牝4 55.0 蛯名正義松永幹夫436(-10)1.35.6 0.934.3レッドアヴァンセ
17/09/18 阪神 11 仲秋S 1600万下 芝1400 12554.439** 牝4 55.0 武豊松永幹夫446(+8)1.22.0 0.734.9⑩⑩サングレーザー
17/07/08 中京 11 豊明S 1600万下 芝1400 12443.624** 牝4 55.0 武豊松永幹夫438(-2)1.20.0 0.134.5ツィンクルソード
17/04/08 阪神 10 心斎橋S 1600万下 芝1400 18126.431** 牝4 55.0 武豊松永幹夫440(-4)1.22.8 -0.135.6④④ビップライブリー
17/02/18 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1861237.394** 牝4 53.0 武豊松永幹夫444(-4)1.22.8 0.333.7⑱⑱レッツゴードンキ
17/01/22 京都 11 石清水S 1600万下 芝1400 14115.825** 牝4 53.0 鮫島良太松永幹夫448(+4)1.23.8 0.535.2⑥⑦ムーンエクスプレス
16/12/03 中京 12 鳥羽特別 1000万下 芝1400 18243.111** 牝3 54.0 横山典弘松永幹夫444(+4)1.19.8 -0.134.5⑪⑩テンテマリ
16/09/17 中山 10 初風特別 1000万下 芝1200 16112.812** 牝3 53.0 横山典弘松永幹夫440(-10)1.08.4 0.034.1④④デンコウウノ
16/08/14 新潟 10 豊栄特別 1000万下 芝1400 185914.693** 牝3 52.0 横山典弘松永幹夫450(+4)1.20.2 0.334.9ロワアブソリュー
16/07/09 中京 10 知多特別 1000万下 芝1400 157126.149** 牝3 52.0 武豊松永幹夫446(+18)1.24.6 0.936.9⑪⑬ムーンクレスト
15/12/19 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 188162.711** 牝2 54.0 石橋脩松永幹夫428(-2)1.22.7 -0.134.9ワンスインナムーン

⇒もっと見る


エスティタートの関連ニュース

 第24回シルクロードステークス(27日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内1200メートル、1着本賞金3900万円 =出走18頭)北村友一騎乗で1番人気のダノンスマッシュが、好位から鮮やかに突き抜けて快勝。重賞初制覇を飾った昨秋の京阪杯に続く重賞連勝で、次走は高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)に向かう。タイム1分8秒3(良)。2着は11番人気のエスティタート。2番人気のラブカンプーは18着に沈んだ。

 前日の雪雲が去り、晴れ間がのぞいた淀のターフで、新スプリント王候補が誕生した。4歳馬ダノンスマッシュが好位から力強く抜け出し、昨秋の京阪杯に続く重賞連勝。シンザン記念ヴァルディゼール)に続いて早くも今年の重賞2勝目を挙げた北村友騎手が、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 「落ち着いてレースができました。前走と違って負けられない気持ちで、いい形で本番に向かいたかったので、勝ててホッとしています」

 (2)番枠からスタートを決めて、好位のインをキープ。4コーナーで目前のラブカンプーの反応の鈍さを見るや、瞬時に進路を外へ。「うまく外に出せたのがよかった。馬が落ち着いてくれていたので、そこで馬自体が反応できたのが収穫でした」。スペースを確保すると、一瞬で馬群から突き抜け、余力十分に1馬身1/4差をつけた。

 京阪杯からの重賞連勝は、国内外でGI6勝を挙げた偉大な父ロードカナロアと同じ足跡。父も管理した安田隆調教師は、「ここで泣いているようじゃ、大きいところを取れませんからね。以前はカリカリしていましたが、すごく落ち着いていましたし、お父さんの影を踏みながらいきたい」と満面の笑み。父子ともに担当の岩本助手も「ホンマにカナロアに似てきました」と世界のスプリント王に姿をだぶらせた。

 今後は短期放牧をはさみ、高松宮記念へ。JRA・GI初制覇を狙う鞍上は「もともと、短距離で期待の大きかった馬。次も頑張ります」と力を込める。昨年の最優秀短距離馬ファインニードルが引退し、主役不在のスプリント界。4歳世代のダノンスマッシュが、頂点取りに王手をかけた。(斉藤弘樹)

ダノンスマッシュ 父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット、母の父ハードスパン。鹿毛の牡4歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績11戦5勝。獲得賞金1億4875万6000円。重賞は2018年GIII京阪杯に次いで2勝目。シルクロードステークスは、安田隆行調教師が12年ロードカナロアに次ぐ2勝目、北村友一騎手は初勝利。馬名は「冠名+打ち砕く」。



★27日京都11R「シルクロードS」の着順&払戻金はこちら

【シルクロード】エスティタート、後方から急襲2着 2019年1月28日(月) 05:04

 第24回シルクロードステークス(27日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内1200メートル、1着本賞金3900万円 =出走18頭)11番人気の低評価だったエスティタートは前半3ハロン33秒3のハイペースのなか、浜中騎手とピタリと折り合って後方からグイグイ進出。勝ち馬に1馬身1/4差の2着に急襲した。浜中騎手も「いい流れと展開で、4コーナーを回るときははまったと思った。これだけ実績馬がいるなかで2着ならよく頑張っています」と褒めたたえた。

★27日京都11R「シルクロードS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シルクロード】6歳牝馬のエスティタートが2着 浜中「実績馬がいる中で2着なら頑張っています」2019年1月27日() 19:38

 1月27日の京都11Rで行われた第24回シルクロードステークス(4歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気ダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)が、好位から抜け出して、父ロードカナロア(2012年)との父子制覇を達成した。タイムは1分08秒3(良)。



 後方集団から徐々に進出した6歳牝馬のエスティタート(11番人気)が、徐々に進出して直線を迎えると、渋太く脚を伸ばして2着に善戦。波乱の立役者となった。



 浜中俊騎手「いい流れと展開で、4コーナーを回るときには、はまったと思いましたが…。これだけ実績馬がいる中で2着なら、よく頑張っています」

★【シルクロードS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【シルクロード】ダノンスマッシュが父子制覇を達成! 2019年1月27日() 15:49

 1月27日の京都11Rで行われた第24回シルクロードステークス(4歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気ダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)が、好位から抜け出して、父ロードカナロア(2012年)との父子制覇を達成した。タイムは1分08秒3(良)。1馬身1/4差の2着はエスティタート(11番人気)で、さらにクビ差離れた3着にティーハーフ(12番人気)が入った。

 ダノンスマッシュは、父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット、母の父ハードスパンという血統。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。通算成績は11戦5勝。重賞は2018年京阪杯・GIIIに次いで2勝目。シルクロードSは、安田隆行調教師は2012年ロードカナロアに次いで2勝目。北村友一騎手は初。

 ◆北村友一騎手(1着 ダノンスマッシュ)「スタートは本当によかったし、落ち着いてレースができました。前に人気のラブカンプーが走っていましたが、手応えが怪しそうだったので、瞬時に外に切り替えて、うまく外に出せたのがよかったです」



★【シルクロードS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【シルクロードステークス】入線速報(京都競馬場)2019年1月27日() 15:38

京都11R・シルクロードステークス(2回京都2日目 京都競馬場  芝・右1200m サラ系4歳以上オープン)は、1番手2番ダノンスマッシュ(単勝2.0倍/1番人気)、2番手8番エスティタート(単勝45.1倍/11番人気)、3番手18番ティーハーフ(単勝71.6倍/12番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-8(45.3倍) 馬単2-8(66.1倍) 3連複2-8-18(733.5倍) 3連単2-8-18(2482.5倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019012708020211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】シルクロードS ハンデ53キロ以下の連対ゼロ!芝1200mの過去実績も要チェック!2019年1月27日() 10:52

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、シルクロードSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上の連対例はゼロ(2009年以降)

ナインテイルズ
ラインスピリット
ティーハーフ

連勝中の馬を除くと、4歳馬の好走例はなし(2009年以降)

ダノンスマッシュ
リョーノテソーロ
ラブカンプー
アンヴァル

ハンデ53キロ以下の連対例は皆無(2009年以降)

エスティタート
ライトフェアリー
アンヴァル

ハンデ54キロ、かつ牝馬の連対例はみられない(2009年以降)

ペイシャフェリシタ
ラブカンプー

前走がタイム差なしの1着だった馬の好走例は皆無(2009年以降)

ナインテイルズ

前走で2秒0以上の大敗を喫していた馬の好走例はみられない(2009年以降)

セイウンコウセイ

前走でG3より下のクラスに出走、かつ10着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ライトフェアリー
トウショウピスト
アレスバローズ

前走で京阪杯に出走、かつ0秒6以上敗退馬の好走例はみられない(2009年以降)

アレスバローズ

芝1200m重賞で3着以内の経験、または芝1200mで3勝以上の実績がない馬の連対例は皆無(2009年以降)

リョーノテソーロ
エスティタート
サイタスリーレッド

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の連対例はゼロ(2009年以降)
※10時30分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

ラインスピリット

【枠順】
馬番枠5番、14番の好走例は皆無(2009年以降)

ビップライブリー
セイウンコウセイ

馬番枠10番、15番の連対例はゼロ(2009年以降)

ラブカンプー
トウショウピスト

重賞で3回以上の勝利経験がある馬を除くと、大外枠の好走例はみられない(2009年以降)

ティーハーフ

【血統】
ノーザンファーム生産馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ビップライブリー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
フミノムーン
キングハート
ダイメイプリンセス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

エスティタートの関連コラム

閲覧 740ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、26(土)に中京競馬場でG3愛知杯、27(日)東京競馬場でG2根岸S、京都競馬場でG3シルクロードSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、1コーナーまでに先頭を奪ったランドネがそのまま主導権。2番手以下もすんなりと隊列が決まった馬群は、先頭のランドネが1分2秒2(推定)のスローペースで前半1000mを通過していきます。1番人気ノームコアは後方集団の前目。2番人気レッドジェノヴァはその6~7馬身ほど前方中団インを追走する形で、各馬3コーナーへ。少しづつペースアップを図るランドネに、外から2番手追走のヤマニンエルフィンが積極的に競りかけ、この2頭が馬体を併せるようにして4コーナーを出ます。直線に入って、後続を再び突き放すランドネ。そこに、4番手外から伸びて迫ったのは8番人気ワンブレスアウェイでした。レッドジェノヴァはインを伸び、ノームコアは外を通って、それぞれ3番手争いまで浮上しますが、前には届かず。ゴール前でランドネを交わし、後続の追撃も封じたワンブレスアウェイが優勝。6歳にして重賞初勝利をあげています。
公認プロ予想家では、金子京介プロ山崎エリカプロ導師嵐山プロマカロニスタンダーズプロ奥野憲一プロら、計9名が的中。また、プロテスト最終審査としてプロ予想MAX参戦中の新参者さん雋さんらも的中を披露しています。
 
G2根岸Sは、ダッシュ良くマテラスカイがハナに立ち、終始1馬身ほどのリードを保っての逃げ。外を回って早めの進出を開始する2番人気コパノキッキングに対して、出遅れて最後方からの競馬となった1番人気サンライズノヴァは、後方集団の外を回って直線へ。手応え十分のマテラスカイが2馬身ほどにリードを広げますが、残り300mを過ぎたところで一杯に。代わって先頭は内からユラノト。そしてここに、外を通ってコパノキッキングがグイグイと伸びて迫ると、残り200mで一気に先頭へ。いつもの形で外を選択したサンライズノヴァは、ここから思うように伸びず後退。単独3番手には内を通ったクインズサターンが浮上しますが、コパノキッキングユラノトの2頭には及ばず。前2頭による争いは、少しずつコパノキッキングが差を広げていき、最後は3/4馬身差をつけてゴール。コパノキッキングが4連勝を決め、前走G3カペラSに続く重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、サウスプロら計5名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからは内田の予想さんャンヌさんあげだしさんらが的中しています。
 
G3シルクロードSは、横一線の先行争いから押して出ていったセイウンコウセイがハナを奪って、そのまま後続を5~6馬身ほど引き離す逃げ。前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、2番手ラブカンプー以下、ラインスピリットアレスバローズアンヴァルといったところを従えて直線へ。まず手応えよく伸びて、セイウンコウセイに迫ったのはアレスバローズ。勢いそのままに残り200m手前で、一気に先頭に立ちます。1番人気ダノンスマッシュは内で詰まり、進路を外に切り替えて仕切り直しの追い出し。先頭のアレスバローズと、その直後に続くエスティタートアンヴァルを目標に、徐々にその差を詰め始めます。ダノンスマッシュと併せ馬の形で、外を伸びてはティーハーフも鋭い伸びを披露して争覇争いへ。しかし、4~5頭が馬体を並べたのも束の間、ダノンスマッシュが中を割って一瞬にして抜け出すと、ラストは余力をもって1馬身1/4差でV。連勝で重賞2勝目を飾っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ馬っしぐらプロほか計5名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからは、イレコンデルパサーさんら4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
26(土)G3愛知杯を◎ワンブレスアウェイ(単勝31.8倍)▲ノームコアで的中すると、続く東京11Rでは◎ブラックスピネルトリコロールブルーで仕留め、この日の大幅プラスを記録。さらに、27(日)には中京8Rでは、◎コパノピエールダノンディーヴァ的中を披露。連日のプラス収支マークとなった先週は、トータル回収率203%、収支11万3,610円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
26(土)は京都6Rでの単勝+◎○馬連1点勝負的中を披露すると、東京11Rでは◎ブラックスピネル(単勝15.4倍)で単勝をゲット。2日連続プラス収支がかかった27(日)は、中京8Rで単勝+◎○馬連、ワイド各1点勝負的中計8万300円払戻しのスマッシュヒットを披露。土日ともプラス回収率で締め括っています。2日間のトータルでは、回収率182%、収支8万4,460円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
26(土)は中京2R東京4Rなどの的中を披露。迎えた27(日)は、中京6Rでの◎○△、中京9R◎○ワイド、中京12Rの▲○◎と的中を積み重ねプラス収支をマーク。週末トータル回収率119%を記録し、これで3週連続週末プラス達成となっています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(199%)、岡村信将プロ(127%)、金子京介プロ(124%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(122%←4週連続週末プラス)、蒼馬久一郎プロ(103%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(102%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、イレコンデルパサーさん(211%)、新参者さん(125%)、暴君アッキーさん(100%)らが、審査初週プラスの好スタートを切っています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年7月1日(水) 14:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第4回 早めデビューの未出走馬~
閲覧 1,549ビュー コメント 0 ナイス 2

 早いもので、今期も2歳新馬のスタートから1ヶ月が経過しました。プロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)やポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)といった評判馬が勝ち上がったこともあり、既に優勝への青写真を思い描いている方や、その逆に絶望的な気持ちで戦況を見守っている方もいらっしゃるでしょう。もっとも、今シーズンはまだ始まったばかり。楽観するにも悲観するにも早過ぎる時期です。
 今回は6月29日(月)03:00時点の注目POG馬ランキングなどを参考に、夏季競馬や比較的早いタイミングでのデビューが期待できそうな未出走馬を紹介します。今後行われる入札の参考にしてみてください。

 注目POG馬ランキング4位のリオンディーズシーザリオの2013)は、JRA-VANだと6月28日(日)の時点でまだ未登録馬扱いですが、6月19日(金)から6月28日(日)にかけて坂路調教を行った記録があります。デビュー戦の時期はハッキリしていないものの、順調に進んでいると見ていいでしょう。

 注目POG馬ランキング9位のアストラエンブレムブラックエンブレムの2013)は6月28日(日)の東京05Rに出馬投票を行いましたが、残念ながら除外となってしまいました。今週末7月5日(日)の中京05Rに再び出馬投票を行うとのことで、“仕切り直し”の一戦に注目したいところです。

 注目POG馬ランキング12位のシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)も今週から開幕する3回中京でのデビューを予定している模様。半兄にATCザメトロポリタン(豪GⅠ)を制したSevilleがいる良血馬ということで、私個人としても注目しています。

 注目POG馬ランキング41位のチェッキーノハッピーパスの2013)はノーザンファーム早来で調整中。6月18日(木)に行われた第2回産地馬体検査を受検しており、今後は函館競馬場に入厩する予定とのことでした。このまま順調に進むようであれば、全兄コディーノや半姉カービングパスと同様に1回札幌あたりで初陣を迎えることになるんじゃないでしょうか。

 注目POG馬ランキング50位のマウントロブソンミスパスカリの2013)は6月24日(水)のゲート試験に合格。勢いに乗る金子真人ホールディングスの所有馬ということもあり、デビュー戦を心待ちにしている方は多いと思います。

 6月28日(日)時点で未出走、かつJRA-VANで「在厩」とされている馬のうち、母、もしくは兄姉がJRAの重賞かオープン特別(平地競走のみ)を勝っている馬は下記の通りです。

タニノアーバンシー(Vodkaの2013)
ヨシノザクラ(アジアンミーティアの2013/全兄ダコール
チェリークォーツアスクデピュティの2013/半兄ミュゼスルタン
スズカボルト(アルカイックレディの2013/半姉エイシンキンチェム)
ゼンノハーデース(ウインアンジェラスの2013/全姉クーファナイン
ウイングソルジャーウイングレットの2013)
エフティスパークルエフティマイアの2013)
キセキノケイフ(カーリーエンジェルの2013/半兄オレハマッテルゼ
シュウジ(カストリアの2013/半兄ツルマルレオン
キーウエスト(キーブギーの2013/半兄スマートロビン
フラヴィニーキッスパシオンの2013/半姉アドマイヤキッス
スピアザゴールド(キューティゴールドの2013/半姉ショウナンパンドラ
アンフィールド(キョウエイワンダーの2013/半兄カラダレジェンド
アンナトルテクーヴェルチュールの2013)
ハタノインサイト(クラスターの2013/半兄テイエムイナズマ
マーベリックコスモマーベラスの2013)
サクセスボーイサクセスストレインの2013)
エレガントビーナスサチノスイーティーの2013)
クリノシュノンソーサマニベッピンの2013/半姉レディインブラック
コウキチョウサン(シャドウシルエットの2013/全兄ケイアイチョウサン
アイアムパイオニア(ズーナクアの2013/半兄トウカイトリック
エスティタート(スキッフルの2013/半兄フラガラッハ
パープルスクエア(スクエアアウェイの2013/半兄アリゼオ
メンデンホール(ストロベリーフェアの2013/半姉ミッドサマーフェア
フィールドシャルム(タイキクラリティの2013/半兄クラリティスカイ
ゼンノタヂカラオダイヤモンドビコーの2013)
ダイワウィズミーダイワスカーレットの2013)
カイザーバルダンスインザムードの2013/半姉ダンスファンタジア
テイエムハートダン(テイエムクリスタルの2013/半セテイエムキュウコー)
フォーアライターデグラーティアの2013)
シュガーラッシュ(デルフィーネの2013/半兄ウインスプラッシュ
トーホウデサント(トーホウビーナスの2013/半兄トーホウチェイサー
ペイザージュ(ネガノの2013/半兄ダッシャーゴーゴー
サトノサンシャイン(ノーブルステラの2013/半姉ノーブルジュエリー
セイムヒアー(ハチノヨウニサスの2013/全兄アポロスターズ)
テゾーロミノル(ピエナアマゾンの2013/半兄アクティブミノル
ツヴィンガー(プアプーの2013/半兄オーシャンブルー
ペンドラゴン(フェアリーテールタイムの2013/半姉ダームドゥラック)
アストラエンブレムブラックエンブレムの2013/半兄ブライトエンブレム
ブラボーウォーム(ブラボーサンライズの2013/全姉ブラボーデイジー
クナウ(フラワーブリーズの2013/半姉カシマフラワー
ドリームマウンテンプリンセスリーベの2013/半兄ナリタセンチュリー
テイエムアムンゼン(フルフリングスの2013/半姉テイエムチュラサン
アドマイヤロマン(フローリッドコートの2013/全兄ミッキードリーム
ディライトクライ(ベルベットローブの2013/半兄アドマイヤサガス
エイコオレクレールホクトブルーバードの2013/半兄エスケーカントリー
マコトクラダリング(マコトキンランの2013/半姉マコトナワラタナ
ディクタム(マストビーラヴドの2013/半姉ラインクラフト
ロスカボス(マンハッタンセレブの2013/全姉セレブリティモデル)
コウザンハピネス(ミッキーコマンドの2013)
テイエムハヤブサ(メモリーズオブロニーの2013/半セツルマルジャパン)
ゴールドラッシュラティールの2013/全兄ヒットザターゲット
スターストリーム(リボンストライプの2013/半兄エアセレソン
ピンクアゲートレッドアゲートの2013)
ファータグリーン(レディーダービーの2013/半兄ヴェルデグリーン
エレーデローブデコルテの2013)
コパノリクエストローレンシアの2013/半兄エーシンビートロン
ワントゥワンワンカラットの2013)

 これらの馬は早めの時期にデビューする可能性が比較的高いはず。ポテンシャルの高い血統であることも証明済みですから、ひと通りチェックしておくに越したことはないでしょう。新たな指名候補を探している方はぜひ注目してみてください。

※次回のコラムは8/6(木)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

エスティタートの口コミ


口コミ一覧
閲覧 291ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
まもなく、“立春”ですね?
まだ、寒さ厳しき日が続いていますが、梅のつぼみもほころぶ季節となり、春の訪れが待ち遠しく感じますね?この時期、”三寒四温”という言葉を耳にされたことはないでしょうか?冬の時期に寒い日が3日くらい続くと、そのあとに比較的暖かい日が4日続くという意味の言葉で、寒暖の周期を表しています。

我が懐も、寒暖の周期のようになれば良いのですが、
相変わらず大寒波が停滞し続けていますが、何か?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中悔過】
第02期(1月26日~2月17日)7日間(愛知杯~小倉大賞典:全12戦)

先週末は、スタートダッシュができたのか?

土曜、G3愛知杯では、1頭を推奨。
(レイズアベール)
馬番コンピの予想では、(11⇒1,9,4,8,2,6,5,13)狙いを参考にして、
1番レッドジェノヴァ軸で勝負!
ワイド(1⇒4,5,6,9,11,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「愛知杯」は、軸馬レッドジェノヴァ(6着)が直線伸びず…(ノД`)・゜・。明らかに軸馬選択での失敗?1人気推されたノームコア(2着)を選択していれば…残念。反省点として、基本的な狙い方(推定後半3ハロン上位馬)は間違っていないため、軸馬選択を修正するのみ。


日曜、G3根岸ステークスでは、2頭を推奨。
(サトノファンタシー、ユラノト)
馬番コンピの予想では、(12,16⇒2,11,6,1,15,4)狙いを参考にして、
12番サンライズノヴァ軸で勝負!
馬連(12⇒1,2,3,11)馬単(12⇒2)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「根岸ステークス」は、軸馬サンライズノヴァ(8着)が追込み不発…(ノД`)・゜・。軸馬選択も含めて、馬券種の選択が失敗?同枠に優勝馬コパノキッキングがいたなら、枠連も考慮すべきだった…残念。反省点として、何処か?この馬なら馬券に絡んでくるだろうという変な安心感?基本的な狙い方(推定後半3ハロン上位馬)は間違っていないだけに、軸馬選択を含めた馬券種の選択を修正。ちなみに、今年の結果は、推定後半3ハロン2位(11)⇒3位(2)⇒4位(1)でした。


日曜、G3シルクロードSでは、3頭を推奨。
(アンヴァル、ダノンスマッシュ、ラブカンプー)
馬番コンピの予想では、(10,1,16,14,13)BOX狙いを参考にして、
10番ラブカンプー軸で勝負!
ワイド(10⇒1,2,6,14,16)馬連(2-10)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「シルクロードS」は、軸馬ラブカンプー(18着)が直線で馬群に沈む…(ノД`)・゜・。レース傾向で、明らかに内枠(馬番9番まで)優勢だっただけに、軸馬選択を失敗…残念。反省点として、根本的な見直しが必要だが、この時期特有の”好調馬”をマークすることが必然?特に前走(京阪杯組)のチェック!ちなみに、今年の結果は京阪杯1着=ダノンスマッシュ1着、京阪杯5着=エスティタート2着、京阪杯4着=アンヴァル4着でした。


【先週ブログのなかで推奨した結果】
愛知杯=レイズアベール(8着)
根岸ステークス=サトノファンタシー(14着)、ユラノト(2着)
シルクロードS=アンヴァル(4着)、ダノンスマッシュ(1着)、ラブカンプー(18着)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【東京新聞杯】(芝1600㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝1600 or 2200㍍戦)
②前走クラス(重賞組)(オープン組=3着以内)
③前走9番人気以内かつ着差0.6秒以内
④馬齢6歳まで(重賞馬は除く)


今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:サトノアレス、テトラドラクマ、ヤングマンパワー、レアリスタ、レイエンダ
②該当外:ショウナンアンセム、ストーミーシー
③該当外:ジャンダルム
④該当外:グァンチャーレ、ゴールドサーベラス

【該当馬のみ検証】
①芝1600㍍戦実績(連対率/複勝率)
②東京(芝)1600㍍戦実績(連対率/複勝率)

インディチャンプ①(3-1-0-1)80%/80% ②未出走(左回り 中京1600㍍戦1着)
タワーオブロンドン①(1-1-1-1)50%/75% ②(0-1-0-1)50%/50%
レッドオルガ①(5-0-1-2)63%/75% ②(2-0-1-0)66%/100%
ロジクライ①(5-2-2-4)54%/69% ②(2-0-0-0)100%/100%

【東京新聞杯の有力馬】
インディチャンプ、タワーオブロンドン、レッドオルガ、ロジクライ


【きさらぎ賞】(芝1800㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝16~2000㍍戦)
②前走コース(阪神・京都・中京・東京)
③前走クラス(オープン組)(500万下以下=3番人気以内かつ2着以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:コパノマーティン、サンアップルトン、ランスオブプラーナ
②該当外:エングレーバー、ヴァンドギャルド
③該当外:タガノディアマンテ、マコトジュズマル

【該当馬のみ検証】
①芝1800㍍戦実績(連対率/複勝率)
②京都(芝)1800㍍戦実績(連対率/複勝率)

アガラス①(1-2-0-0)100%/100% ②未出走
ダノンチェイサー①(1-1-0-0)100%/100% ②未出走
ハギノアップロード①(1-1-2-1)40%/80% ②(0-1-0-1)50%/50%
メイショウテンゲン①(1-2-0-0)100%/100% ②(0-2-0-0)100%/100%

【きさらぎ賞の有力馬】
アガラス、ダノンチェイサー、ハギノアップロード、メイショウテンゲン


【今週末の重賞レースの注目馬】
東京新聞杯=インディチャンプ、タワーオブロンドン、レッドオルガ、ロジクライ
きさらぎ賞=アガラス、ダノンチェイサー、ハギノアップロード、メイショウテンゲン



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
東京新聞杯=東京(芝)1600=A(77)逃げ馬の期待値が高い。
きさらぎ賞=京都(芝)1800=AA(83)差し馬は内枠有利。


【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】

(愛知杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~9位までの8頭へ流して8点。
(11⇒1,9,4,8,2,6,5,13)
結果 5⇒11⇒8
指数8位⇒1位⇒5位
結果は、的中!(馬連4,600円)

(根岸ステークス)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1、2位から
指数3~8位までの6頭へ流して12点。
(12,16⇒2,11,6,1,15,4)
結果 11⇒2⇒1
指数4位⇒3位⇒6位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

(シルクロードS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2~6位までの5頭BOX 10点。
(10,1,16,14,13)BOX
結果 2⇒8⇒18
指数1位⇒14位⇒11位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(東京新聞杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数6、7位から
指数1~5位までの5頭へ流して10点。


(きさらぎ賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 OTASAM 2019年2月1日(金) 06:46
根岸S回顧2019
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます^^
今朝の気温0度 やや重

先週の、根岸ステークスを軽く振り返ります。

<11R 根岸S>
1着〇コパノキッキング セ4(2番人気)マーフィー
2着△ユラノト 牡5(3番人気)ルメール
3着☆クインズサターン 牡6(5番人気)四位洋文

本命にした、サンライズノヴァは8着大敗。
結果的に「ついて回ってきただけ」となってしまいました
控えているにもかかわらず、直線ではバテた馬を交わす程度の脚しか使えていない…。
スランプに陥っている感は否めません。

激戦を制したのは1200mで3連勝中のコパノキッキングの末脚炸裂!!
マーフィーを背に中団から直線では馬場の真ん中をメンバー最速の35-4で突き抜けました。距離延長、初の左回りも関係ねーって感じで、藤森S(1600万下)からノンストップV4を達成。
 そして注目のフェブラリーSは鞍上☆菜七子&コパノキッキングで大舞台へ登壇!!
本番でも菜七子ジョッキーの渾身のムチに応える豪快な末脚を魅せてくれそうです。

他、シルクロードSはダノンスマッシュの末脚炸裂で重賞連勝。愛知杯はワンブレスアウェイがエリ女11着からの巻返Vで高配演出。結果的に、日曜の重賞は的中できませんでしたが、土曜の愛知杯は△◎▲で馬単・三連複パーフェクト的中!! 馬単1万5千円の万馬券。三連複も9千馬券と高配当をゲット!!

シルクロードは父ミスプロ系強いレースなので、ラブカンプー以外、全てミスプロにこだわった予想を組み立てました。2着にサンデーサイレンス系のエスティタートが絡んできたので結果OUT…  ティーハーフの猛追もクビ差に泣いたミスプロ祭りでしたが、①ミスプロ⇒②サンデー⇒③ミスプロ⇒④ミスプロと上位を独占したことは間違いない。意味のある負けだったとおもいます。

今週も渾身の予想をお届けし、2月も良いスタート決めたいと思います☆
http://blog.livedoor.jp/otasam0305/archives/54795214.html

[もっと見る]

 さくら0215 2019年1月28日(月) 21:53
シルクロードS
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 4

さらっと登録馬を見たときには、エスティタートもティーハーフも、なんとな~く買い目に入れようと思ってたんです。年齢も戦績も知らなくて、色んな予想動画をあれこれ見てたら いや、どうもこれは買えないなぁと。おまけに枠が大外なんて、こりゃ無理だよと確信に変わり、2頭とも早々に外してしまったんです。それはそれとして。レース当日、娘が「お母さん、今日のお母さんのラッキーナンバーは【8】よ。参考にしてね。」と珍しいことを言ったのです。。しかし、愚かな私は「ふ~ん。」と全く気にもかけず、自分の予想を信じて3連系の馬券を買いました。なんと言うことでしょう!!!軸は2番のダノンスマッシュで決めてましたが結果は惨敗。そうです。朝の娘の言葉を少しでも気にとめ、8番と18番を入れておけば・・・・・(T△T)

[もっと見る]

⇒もっと見る

エスティタートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エスティタートの写真

エスティタート
エスティタート

エスティタートの厩舎情報 VIP

2019年1月27日シルクロードS G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エスティタートの取材メモ VIP

2019年1月27日 シルクロードS G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。