エスティタート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エスティタート
エスティタート
写真一覧
抹消  鹿毛 2013年2月1日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績24戦[5-4-2-13]
総賞金13,440万円
収得賞金2,900万円
英字表記Estitato
血統 ドリームジャーニー
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
スキッフル
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ザスキート
兄弟 フラガラッハフェルメッツァ
前走 2019/03/02 夕刊フジオーシャンS G3
次走予定

エスティタートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/02 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 1681622.386** 牝6 54.0 浜中俊松永幹夫446(-16)1.08.1 1.034.6⑧⑧モズスーパーフレア
19/01/27 京都 11 シルクロード G3 芝1200 184845.1112** 牝6 53.0 浜中俊松永幹夫462(+8)1.08.5 0.233.9⑭⑨ダノンスマッシュ
18/11/25 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 181119.585** 牝5 54.0 藤岡康太松永幹夫454(-4)1.08.4 0.433.7⑦⑥ダノンスマッシュ
18/10/21 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 14585.131** 牝5 55.0 J.モレイ松永幹夫458(+12)1.08.1 -0.234.0⑤⑤メイショウカズヒメ
18/08/11 新潟 11 新潟日報賞 1600万下 芝1400 18238.1515** 牝5 55.0 津村明秀松永幹夫446(0)1.21.1 0.634.4⑦⑦アドマイヤリアル
18/07/07 中京 11 豊明S 1600万下 芝1400 15466.135** 牝5 55.0 秋山真一松永幹夫446(+4)1.21.2 0.435.8⑥④エイシンティンクル
18/05/26 京都 10 朱雀S 1600万下 芝1400 14574.834** 牝5 55.0 武豊松永幹夫442(+2)1.21.8 0.333.7⑥⑤オールポッシブル
18/04/08 阪神 10 大―ハンC 1600万下 芝1400 18476.737** 牝5 55.0 横山典弘松永幹夫440(-4)1.21.4 0.335.1⑧⑨ヤマカツグレース
18/02/17 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1281210.753** 牝5 53.0 武豊松永幹夫444(0)1.23.1 0.134.1⑧⑨ミスパンテール
18/01/21 京都 11 石清水S 1600万下 芝1400 113319.082** 牝5 55.0 藤岡佑介松永幹夫444(+8)1.23.2 0.234.5ニシノラッシュ
17/11/18 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 1371135.2108** 牝4 55.0 蛯名正義松永幹夫436(-10)1.35.6 0.934.3レッドアヴァンセ
17/09/18 阪神 11 仲秋S 1600万下 芝1400 12554.439** 牝4 55.0 武豊松永幹夫446(+8)1.22.0 0.734.9⑩⑩サングレーザー
17/07/08 中京 11 豊明S 1600万下 芝1400 12443.624** 牝4 55.0 武豊松永幹夫438(-2)1.20.0 0.134.5ツィンクルソード
17/04/08 阪神 10 心斎橋S 1600万下 芝1400 18126.431** 牝4 55.0 武豊松永幹夫440(-4)1.22.8 -0.135.6④④ビップライブリー
17/02/18 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1861237.394** 牝4 53.0 武豊松永幹夫444(-4)1.22.8 0.333.7⑱⑱レッツゴードンキ
17/01/22 京都 11 石清水S 1600万下 芝1400 14115.825** 牝4 53.0 鮫島良太松永幹夫448(+4)1.23.8 0.535.2⑥⑦ムーンエクスプレス
16/12/03 中京 12 鳥羽特別 1000万下 芝1400 18243.111** 牝3 54.0 横山典弘松永幹夫444(+4)1.19.8 -0.134.5⑪⑩テンテマリ
16/09/17 中山 10 初風特別 1000万下 芝1200 16112.812** 牝3 53.0 横山典弘松永幹夫440(-10)1.08.4 0.034.1④④デンコウウノ
16/08/14 新潟 10 豊栄特別 1000万下 芝1400 185914.693** 牝3 52.0 横山典弘松永幹夫450(+4)1.20.2 0.334.9ロワアブソリュー
16/07/09 中京 10 知多特別 1000万下 芝1400 157126.149** 牝3 52.0 武豊松永幹夫446(+18)1.24.6 0.936.9⑪⑬ムーンクレスト

⇒もっと見る


エスティタートの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、オーシャンSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
9歳以上馬の好走例はゼロ(2009年以降)

スノードラゴン

前走でシルクロードSに出走、かつ10着以下敗退馬の好走例は皆無(2009年以降)

ナインテイルズ
ラブカンプー
キングハート

前走で2秒0以上の大敗を喫していた馬の連対例はみられない(2009年以降)

スノードラゴン
ラブカンプー

前走でダートの非重賞戦に出走していた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ナリタスターワン

芝1200m未経験馬を除くと、芝1200m未勝利馬の連対例は皆無(2009年以降)

スタークニナガ

前走の馬体重が460キロ未満だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

イエローマリンバ
ラブカンプー
スタークニナガ

【人気】
JRA重賞で2着以内の経験がある馬を除くと、10番人気以下の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の10番人気以下、かつJRA重賞2着以内未経験馬

イエローマリンバ
ショウナンアンセム
スタークニナガ

11番人気以下、かつ前走シルクロードS出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の11番人気以下、かつ前走シルクロードS出走馬

ナインテイルズ
キングハート

12番人気以下の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の12番人気以下

ナリタスターワン
スノードラゴン
ショウナンアンセム
キングハート
スタークニナガ

単勝オッズ30.0倍以上、かつ牝馬の好走例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ30.0倍以上、かつ牝馬

イエローマリンバ

【枠順】
7~8枠、かつ当日1番人気馬の好走例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の1番人気、かつ7~8枠馬

モズスーパーフレア

近2走内に中山コースで勝利経験がある馬を除くと、7~8枠馬の連対例はみられない(2009年以降)

キングハート
スタークニナガ
エスティタート

馬番枠6番、14番、16番の連対例は皆無(2009年以降)

ダイメイフジ
モズスーパーフレア
エスティタート

【血統】
内国産のノーザンダンサー系種牡馬を父に持つ馬の好走例はみられない(2009年以降)

ダイメイプリンセス
ナインテイルズ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ペイシャフェリシタ
エントリーチケット
カイザーメランジェ
ナックビーナス



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】オーシャンS 父サンデーサイレンス系が活躍!前走非重賞組が狙い目!2019年3月2日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、オーシャンSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走オープン特別組と1600万下を勝ち上がったばかりの馬が狙い目(近年の傾向)

ナリタスターワン
エントリーチケット
カイザーメランジェ
イエローマリンバ
ナックビーナス
モズスーパーフレア

【人気】
5勝を挙げている2~3番人気が狙いどころ(2008年以降)
※10時00分現在の2~3番人気

ダイメイプリンセス
ナックビーナス

【脚質】
基本的には好位から中団あたりに付けて、最後の坂を苦にしないタイプを狙うべき

※過度に気にする必要はない

【枠順】
外枠(7~8枠)が圧倒的に不利(2008年以降)

ナリタスターワン
ペイシャフェリシタ
スノードラゴン
エントリーチケット
ダイメイプリンセス
ダイメイフジ
カイザーメランジェ
イエローマリンバ
ショウナンアンセム
ナインテイルズ
ラブカンプー
ナックビーナス

※1~6枠をプラス評価として採用

【血統】
父サンデーサイレンス系が活躍(2008年以降)

ペイシャフェリシタ
エントリーチケット
イエローマリンバ
ナックビーナス
キングハート
エスティタート

父あるいは母父にミスプロ系種牡馬を配する馬を要チェック(2008年以降)

ダイメイフジ
カイザーメランジェ
ラブカンプー
キングハート
モズスーパーフレア
スタークニナガ


【3項目以上該当馬】
ナックビーナス(4項目)
エントリーチケット(3項目)
カイザーメランジェ(3項目)
イエローマリンバ(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】オーシャンS U指数がハマりやすい一戦!馬格のある高指数馬が中核!2019年3月2日() 09:50

オーシャンSの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
荒れ模様の難解なレースという印象を受けるが、U指数上位馬はコンスタントに走っている。事実、2014年以降の3着以内馬15頭のうち13頭は指数1~7位馬。人気薄で穴をあけるケースもあり、U指数がハマりやすい一戦と言えよう。

指数7位以内

ペイシャフェリシタ
スノードラゴン
ダイメイプリンセス
カイザーメランジェ
ナックビーナス
モズスーパーフレア
エスティタート

<ポイント②>
指数1~3位が揃って圏外に沈んだケースはゼロ。とりわけ、前走の馬体重が470キロ以上だった馬の好走率が高い。

指数3位以内かつ前走の馬体重が470キロ以上

ペイシャフェリシタ
ナックビーナス
モズスーパーフレア

<ポイント③>
成長余地の大きい4歳馬を除くと、2012年以降で馬券に絡んだ馬はすべて指数95.0以上。指数95.0に満たない5歳以上馬の出番はない。

指数95.0未満の5歳以上馬

ナリタスターワン
ショウナンアンセム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【オーシャンS】厩舎の話2019年3月1日(金) 05:09

 ◆イエローマリンバ・河内師 「ここにきてたくましくなっている」

 ◆エスティタート・松永幹師 「千二に適性があるし、期待している」

 ◆エントリーチケット・宮師 「無理をせずに好時計が出た。うまく息が入る流れなら」

 ◆キングハート・北村宏騎手 「余裕のある動き。条件がかみ合えば」

 ◆ショウナンアンセム田中剛師 「調教は最後の伸び脚が良かった」

 ◆スタークニナガ・田中正師 「仕上がりはいい。芝は安定して走る」

 ◆スノードラゴン・高木師 「元気はいいが、なかなか体重が減らない」

 ◆ダイメイフジ・森田師 「連闘で巻き返したい」

 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「しっかりと調教はできている。もう少し前でレースを」

 ◆ナインテイルズ・長谷川師 「先週よりラストも良かった。今回の舞台もいいと思う」

 ◆ナックビーナス・杉浦師 「状態は上がっている。中山は走りやすい」

 ◆ナリタスターワン・山田信師 「転入初戦になるが調整は順調」

 ◆ペイシャフェリシタ・高木師 「前走はうまくさばけなかった。積極的な競馬を」

 ◆モズスーパーフレア・音無師 「調教はいつも動く。気性的にも前々で戦いたい」

 ◆ラブカンプー・森田師 「この馬なりには動いている。前走は馬場も合わなかった」

★夕刊フジ賞オーシャンSの出馬表はこちら

[もっと見る]

【オーシャンS】厩舎の話2019年2月28日(木) 12:10

 エスティタート・松永幹調教師「けいこは上がり重点。前走はいい内容も、相手が強かった」

 エントリーチケット・宮調教師「無理せず好時計。体がしっかりした」

 カイザーメランジェ・中野調教師「軽めで十分。グンと良化した」

 キングハート・北村宏騎手「最後まで余裕のある動き。条件が合えば」

 ショウナンアンセム田中剛調教師「気分良く走った。スムーズなら」

 スタークニナガ・田中正調教師「仕上がりは早い。芝は安定して走る」

 スノードラゴン・高木調教師「元気はいいが、うまく体重が減らない」

 ダイメイフジ・森田調教師「6Fになれば引っ掛からないはず」

 ダイメイプリンセス・森田調教師「前走は後ろからすぎたね」

 ナインテイルズ・長谷川調教師「先週よりラストの感じがいい」

 ナックビーナス・杉浦調教師「いい動きで前走からさらに上昇。中山だと走りやすいね」

 ナリタスターワン・山田信調教師「転入初戦も順調。流れに乗れば」

 ペイシャフェリシタ・高木調教師「ためて切れるが、積極的な競馬で」

 モズスーパーフレア・音無調教師「速い時計も余裕があった。高松宮記念は考えず頑張りたい」

 ラブカンプー・森田調教師「前走はデコボコの馬場が影響した」(夕刊フジ)

オーシャンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オーシャンS】追って一言2019年2月28日(木) 05:04

 ◆イエローマリンバ・河内師 「ここにきてたくましくなっている」

 ◆エスティタート・松永幹師 「前走と同様に上がり重点。1200メートルに適性があるし、期待している」

 ◆カイザーメランジェ・中野師 「追い切りは予定通り。相手は強いが中山は合う」

 ◆キングハート・北村宏騎手 「最後まで余裕のある動き。いろいろな条件がかみ合えば」

 ◆ショウナンアンセム・田中剛師 「気分良く走って最後の伸び脚も良かった」

 ◆スタークニナガ・田中正師 「仕上がりはいい。芝は安定して走る」

 ◆スノードラゴン・高木師 「元気はいいが、なかなか体重が減らない」

 ◆ダイメイフジ・森田師 「先週(17着)は、レースを止めてしまった感じ。連闘で巻き返したい」

 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「もう少し動くかと思ったが、しっかりと調教はできている。もう少し前でレースをしたい」

 ◆ナインテイルズ・長谷川師 「楽に坂路を駆け上がったし、先週よりラストもよかった。今回の舞台もいいと思う」

 ◆ナリタスターワン・山田信師 「転入初戦になるが調整は順調。流れに乗れれば」

 ◆モズスーパーフレア・音無師 「いつも動くし、もう少し時計が速くてもいいぐらい。気性的にも前々で戦いたい」

 ◆ラブカンプー・森田師 「この馬なりには動いている。前走(18着)は掘れているような馬場も合わなかった」

★オーシャンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エスティタートの関連コラム

閲覧 921ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、26(土)に中京競馬場でG3愛知杯、27(日)東京競馬場でG2根岸S、京都競馬場でG3シルクロードSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、1コーナーまでに先頭を奪ったランドネがそのまま主導権。2番手以下もすんなりと隊列が決まった馬群は、先頭のランドネが1分2秒2(推定)のスローペースで前半1000mを通過していきます。1番人気ノームコアは後方集団の前目。2番人気レッドジェノヴァはその6~7馬身ほど前方中団インを追走する形で、各馬3コーナーへ。少しづつペースアップを図るランドネに、外から2番手追走のヤマニンエルフィンが積極的に競りかけ、この2頭が馬体を併せるようにして4コーナーを出ます。直線に入って、後続を再び突き放すランドネ。そこに、4番手外から伸びて迫ったのは8番人気ワンブレスアウェイでした。レッドジェノヴァはインを伸び、ノームコアは外を通って、それぞれ3番手争いまで浮上しますが、前には届かず。ゴール前でランドネを交わし、後続の追撃も封じたワンブレスアウェイが優勝。6歳にして重賞初勝利をあげています。
公認プロ予想家では、金子京介プロ山崎エリカプロ導師嵐山プロマカロニスタンダーズプロ奥野憲一プロら、計9名が的中。また、プロテスト最終審査としてプロ予想MAX参戦中の新参者さん雋さんらも的中を披露しています。
 
G2根岸Sは、ダッシュ良くマテラスカイがハナに立ち、終始1馬身ほどのリードを保っての逃げ。外を回って早めの進出を開始する2番人気コパノキッキングに対して、出遅れて最後方からの競馬となった1番人気サンライズノヴァは、後方集団の外を回って直線へ。手応え十分のマテラスカイが2馬身ほどにリードを広げますが、残り300mを過ぎたところで一杯に。代わって先頭は内からユラノト。そしてここに、外を通ってコパノキッキングがグイグイと伸びて迫ると、残り200mで一気に先頭へ。いつもの形で外を選択したサンライズノヴァは、ここから思うように伸びず後退。単独3番手には内を通ったクインズサターンが浮上しますが、コパノキッキングユラノトの2頭には及ばず。前2頭による争いは、少しずつコパノキッキングが差を広げていき、最後は3/4馬身差をつけてゴール。コパノキッキングが4連勝を決め、前走G3カペラSに続く重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、サウスプロら計5名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからは内田の予想さんャンヌさんあげだしさんらが的中しています。
 
G3シルクロードSは、横一線の先行争いから押して出ていったセイウンコウセイがハナを奪って、そのまま後続を5~6馬身ほど引き離す逃げ。前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、2番手ラブカンプー以下、ラインスピリットアレスバローズアンヴァルといったところを従えて直線へ。まず手応えよく伸びて、セイウンコウセイに迫ったのはアレスバローズ。勢いそのままに残り200m手前で、一気に先頭に立ちます。1番人気ダノンスマッシュは内で詰まり、進路を外に切り替えて仕切り直しの追い出し。先頭のアレスバローズと、その直後に続くエスティタートアンヴァルを目標に、徐々にその差を詰め始めます。ダノンスマッシュと併せ馬の形で、外を伸びてはティーハーフも鋭い伸びを披露して争覇争いへ。しかし、4~5頭が馬体を並べたのも束の間、ダノンスマッシュが中を割って一瞬にして抜け出すと、ラストは余力をもって1馬身1/4差でV。連勝で重賞2勝目を飾っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ馬っしぐらプロほか計5名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからは、イレコンデルパサーさんら4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
26(土)G3愛知杯を◎ワンブレスアウェイ(単勝31.8倍)▲ノームコアで的中すると、続く東京11Rでは◎ブラックスピネルトリコロールブルーで仕留め、この日の大幅プラスを記録。さらに、27(日)には中京8Rでは、◎コパノピエールダノンディーヴァ的中を披露。連日のプラス収支マークとなった先週は、トータル回収率203%、収支11万3,610円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
26(土)は京都6Rでの単勝+◎○馬連1点勝負的中を披露すると、東京11Rでは◎ブラックスピネル(単勝15.4倍)で単勝をゲット。2日連続プラス収支がかかった27(日)は、中京8Rで単勝+◎○馬連、ワイド各1点勝負的中計8万300円払戻しのスマッシュヒットを披露。土日ともプラス回収率で締め括っています。2日間のトータルでは、回収率182%、収支8万4,460円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
26(土)は中京2R東京4Rなどの的中を披露。迎えた27(日)は、中京6Rでの◎○△、中京9R◎○ワイド、中京12Rの▲○◎と的中を積み重ねプラス収支をマーク。週末トータル回収率119%を記録し、これで3週連続週末プラス達成となっています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(199%)、岡村信将プロ(127%)、金子京介プロ(124%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(122%←4週連続週末プラス)、蒼馬久一郎プロ(103%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(102%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、イレコンデルパサーさん(211%)、新参者さん(125%)、暴君アッキーさん(100%)らが、審査初週プラスの好スタートを切っています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年7月1日(水) 14:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第4回 早めデビューの未出走馬~
閲覧 1,668ビュー コメント 0 ナイス 2

 早いもので、今期も2歳新馬のスタートから1ヶ月が経過しました。プロディガルサン(ラヴズオンリーミーの2013)やポルトフォイユ(ポルトフィーノの2013)といった評判馬が勝ち上がったこともあり、既に優勝への青写真を思い描いている方や、その逆に絶望的な気持ちで戦況を見守っている方もいらっしゃるでしょう。もっとも、今シーズンはまだ始まったばかり。楽観するにも悲観するにも早過ぎる時期です。
 今回は6月29日(月)03:00時点の注目POG馬ランキングなどを参考に、夏季競馬や比較的早いタイミングでのデビューが期待できそうな未出走馬を紹介します。今後行われる入札の参考にしてみてください。

 注目POG馬ランキング4位のリオンディーズシーザリオの2013)は、JRA-VANだと6月28日(日)の時点でまだ未登録馬扱いですが、6月19日(金)から6月28日(日)にかけて坂路調教を行った記録があります。デビュー戦の時期はハッキリしていないものの、順調に進んでいると見ていいでしょう。

 注目POG馬ランキング9位のアストラエンブレムブラックエンブレムの2013)は6月28日(日)の東京05Rに出馬投票を行いましたが、残念ながら除外となってしまいました。今週末7月5日(日)の中京05Rに再び出馬投票を行うとのことで、“仕切り直し”の一戦に注目したいところです。

 注目POG馬ランキング12位のシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)も今週から開幕する3回中京でのデビューを予定している模様。半兄にATCザメトロポリタン(豪GⅠ)を制したSevilleがいる良血馬ということで、私個人としても注目しています。

 注目POG馬ランキング41位のチェッキーノハッピーパスの2013)はノーザンファーム早来で調整中。6月18日(木)に行われた第2回産地馬体検査を受検しており、今後は函館競馬場に入厩する予定とのことでした。このまま順調に進むようであれば、全兄コディーノや半姉カービングパスと同様に1回札幌あたりで初陣を迎えることになるんじゃないでしょうか。

 注目POG馬ランキング50位のマウントロブソンミスパスカリの2013)は6月24日(水)のゲート試験に合格。勢いに乗る金子真人ホールディングスの所有馬ということもあり、デビュー戦を心待ちにしている方は多いと思います。

 6月28日(日)時点で未出走、かつJRA-VANで「在厩」とされている馬のうち、母、もしくは兄姉がJRAの重賞かオープン特別(平地競走のみ)を勝っている馬は下記の通りです。

タニノアーバンシー(Vodkaの2013)
ヨシノザクラ(アジアンミーティアの2013/全兄ダコール
チェリークォーツアスクデピュティの2013/半兄ミュゼスルタン
スズカボルト(アルカイックレディの2013/半姉エイシンキンチェム)
ゼンノハーデース(ウインアンジェラスの2013/全姉クーファナイン
ウイングソルジャーウイングレットの2013)
エフティスパークルエフティマイアの2013)
キセキノケイフ(カーリーエンジェルの2013/半兄オレハマッテルゼ
シュウジ(カストリアの2013/半兄ツルマルレオン
キーウエスト(キーブギーの2013/半兄スマートロビン
フラヴィニーキッスパシオンの2013/半姉アドマイヤキッス
スピアザゴールド(キューティゴールドの2013/半姉ショウナンパンドラ
アンフィールド(キョウエイワンダーの2013/半兄カラダレジェンド
アンナトルテクーヴェルチュールの2013)
ハタノインサイト(クラスターの2013/半兄テイエムイナズマ
マーベリックコスモマーベラスの2013)
サクセスボーイサクセスストレインの2013)
エレガントビーナスサチノスイーティーの2013)
クリノシュノンソーサマニベッピンの2013/半姉レディインブラック
コウキチョウサン(シャドウシルエットの2013/全兄ケイアイチョウサン
アイアムパイオニア(ズーナクアの2013/半兄トウカイトリック
エスティタート(スキッフルの2013/半兄フラガラッハ
パープルスクエア(スクエアアウェイの2013/半兄アリゼオ
メンデンホール(ストロベリーフェアの2013/半姉ミッドサマーフェア
フィールドシャルム(タイキクラリティの2013/半兄クラリティスカイ
ゼンノタヂカラオダイヤモンドビコーの2013)
ダイワウィズミーダイワスカーレットの2013)
カイザーバルダンスインザムードの2013/半姉ダンスファンタジア
テイエムハートダン(テイエムクリスタルの2013/半セテイエムキュウコー)
フォーアライターデグラーティアの2013)
シュガーラッシュ(デルフィーネの2013/半兄ウインスプラッシュ
トーホウデサント(トーホウビーナスの2013/半兄トーホウチェイサー
ペイザージュ(ネガノの2013/半兄ダッシャーゴーゴー
サトノサンシャイン(ノーブルステラの2013/半姉ノーブルジュエリー
セイムヒアー(ハチノヨウニサスの2013/全兄アポロスターズ)
テゾーロミノル(ピエナアマゾンの2013/半兄アクティブミノル
ツヴィンガー(プアプーの2013/半兄オーシャンブルー
ペンドラゴン(フェアリーテールタイムの2013/半姉ダームドゥラック)
アストラエンブレムブラックエンブレムの2013/半兄ブライトエンブレム
ブラボーウォーム(ブラボーサンライズの2013/全姉ブラボーデイジー
クナウ(フラワーブリーズの2013/半姉カシマフラワー
ドリームマウンテンプリンセスリーベの2013/半兄ナリタセンチュリー
テイエムアムンゼン(フルフリングスの2013/半姉テイエムチュラサン
アドマイヤロマン(フローリッドコートの2013/全兄ミッキードリーム
ディライトクライ(ベルベットローブの2013/半兄アドマイヤサガス
エイコオレクレールホクトブルーバードの2013/半兄エスケーカントリー
マコトクラダリング(マコトキンランの2013/半姉マコトナワラタナ
ディクタム(マストビーラヴドの2013/半姉ラインクラフト
ロスカボス(マンハッタンセレブの2013/全姉セレブリティモデル)
コウザンハピネス(ミッキーコマンドの2013)
テイエムハヤブサ(メモリーズオブロニーの2013/半セツルマルジャパン)
ゴールドラッシュラティールの2013/全兄ヒットザターゲット
スターストリーム(リボンストライプの2013/半兄エアセレソン
ピンクアゲートレッドアゲートの2013)
ファータグリーン(レディーダービーの2013/半兄ヴェルデグリーン
エレーデローブデコルテの2013)
コパノリクエストローレンシアの2013/半兄エーシンビートロン
ワントゥワンワンカラットの2013)

 これらの馬は早めの時期にデビューする可能性が比較的高いはず。ポテンシャルの高い血統であることも証明済みですから、ひと通りチェックしておくに越したことはないでしょう。新たな指名候補を探している方はぜひ注目してみてください。

※次回のコラムは8/6(木)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

エスティタートの口コミ


口コミ一覧

シルクロードS備忘録

 fedo_love 2019年1月27日() 18:03

閲覧 111ビュー コメント 0 ナイス 6

【予想】
◎10ラブカンプー×デムーロ
〇2ダノンスマッシュ×北村友
▲1ナインテイルズ×福永
△6ラインスピリット×森
 7リョーノテソーロ×坂井
 9ペイシャフェリシタ×三浦
 16アンヴァル×松山
 17アレスバローズ×川田
→馬連1-17,10-17、馬単2⇔10、3連複10軸に21組

【結果】
①ダノンスマッシュ
②エスティタート×浜中
③ティーハーフ×国分
④アンヴァル
⑤アレスバローズ
⑦ペイシャフェリシタ
⑨リョーノテソーロ
⑪ナインテイルズ
⑭ラインスピリット
⑱ラブカンプー・・・

【的中】
なし。。。

【振返り】
ラブカンプー、厩舎のコメントが低調だったそうでしたが、ご謙遜でしょ!?と思って軸にしました。。4コーナー回ってから昨夏のような勢いがなくズルズルと。。ファインニードルのあとを継ぐ1頭だと思っていますし、デムーロをもってしてここまで負けてしまうと何があったのか心配です。
アレスバローズは、昨夏小倉で北九州記念を生で見て以来応援しています。結果5着にとどまりましたが、一瞬トップに立って久しぶりに見せ場を作りました、まだまだ頑張ってほしいです。
しかし、カーバンクルSや淀短距離Sを使った馬の取捨が難しかった。。そこをとばした8エスティタートが2着、そして淀を走った中で最年長9歳のティーハーフが淀に続き3着、、一番驚かされました。

 ちびざる 2019年1月27日() 18:01
【GⅢ】シルクロードステークスの結果
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 6

1着:②ダノンスマッシュ
2着:⑧エスティタート
3着:⑱ティーハーフ


私の◎にした②ダノンスマッシュは1着でした。
2着は⑧エスティタートは×
3着は⑱ティーハーフは無印

でした。

買い目は

馬連流し
②→⑩①⑯⑧⑫⑬⑭
(オッズより馬単マルチから馬連に変更しました)

でしたので、予想は、的中しました(^^)v


 まずは、②ダノンスマッシュに関して、好スタートですぎに好位につけました
この時点で勝ったと思いましたが、3コーナーから直線に向くところで
行き場を無くした感じで、下がった時には、ヤバっと思いましたが
冷静に進路を探して外に持ち出してからの伸びは凄かったですね。一瞬で先団に追いつき
突き放しました。


2着の⑧エスティタートと3着の⑱ティーハーフは、今の京都の馬場が合っていたと思います、
特に⑱ティーハーフの伸び脚は驚きですね。
人気薄での激走を何度か見ているのと今の京都の馬場状態がリンクして嫌な予感はありました。
個人的には、3着で良かったです。(笑)

⑩ラブカンプーは、今日は前に行けませんでした。それが全てだとは思いますが
状態も今一つだったと思います。
ただ個人的は、昨年の夏から秋にかけての出好走で
ピークが過ぎたのではという疑念がぬぐえていないのも事実。
今回は、調教師が泣きが入るくらいのデキだったので、
次走はもう少し状態が上がると思うので、もう一回見てみて、判断をしたいと思います。


的中された方、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

 モズ@ 2019年1月27日() 17:15
シルクロードS反省会
閲覧 124ビュー コメント 0 ナイス 9



11.9-10.3-11.1-11.4-11.7-11.9

ペース自体は想定通りも、
逃げ馬に付いて行く馬が皆無で
ラブカンプーが離れて番手追走は予想外。

そのラブカンプーが
番手の内で馬を抑えた事で
外目を先に動いた組が有利な展開に。



1着ダノンスマッシュ

この展開で内に閉じ込められると
着を落とすと思っていたが、
その心配は全く要らなかったし、
外差し展開を考えれば着差以上の完勝。

昨年のキーンランドCの負け方が
どうしても引っ掛かったが、
後半の緩み方が極端なレースだったので
そこまで気にする必要は無かったか。



2着エスティタート

前にいたアレスバローズが
外差し展開を作ってくれたので
この馬としてはハマった形。

近2走はうまく立ち回れたのが要因と
予想から消してしまったが、
今回もハマる可能性はあった枠番だし、

何より終いの加速は利く馬なので、
今回のペースを想定しておいて
予想に入れないのはあまりにお粗末だった。



3着ティーハーフ

エスティタートと同じく、
外の馬が先に動いた事で
末脚を存分に発揮できる展開。

ただ、個人的には
もう終わった馬だと思っていたし、
レースも全く振り返らなかったので
どうやっても買えなかった。



5着アレスバローズ

一瞬勝ったかと思ったが、
さすがに脚が持たなかった。

この馬が早めに動いた事により
外差しが楽になっているため、
仕掛けはもう少し待ちたかった。



6着ダイメイプリンセス

展開としてはハマりそうだったが、
外の馬に先に動かれてしまい
直線も進路が狭く仕掛け遅れ。

さすがに外差し勢が
まとめて押し上げて行く流れは
鞍上としても予想しにくいし、
今回は仕方なかったかなと思う。



11着ナインテイルズ

内で動けずキレ負け。

今回のペース想定で最内枠だと
この負け方も考えられたが確信が持てず。
次にまた1200を予想する時に生かしたい。



18着ラブカンプー

もう少し前に詰めると思ったが、
番手から後続を緩めに引き連れて
直線では進路が無くなりズルズル後退。

近2走は序盤を速めて
後続を抑える競馬だったので、
乗り方はまずかったかなと思う。

ただ、京都1200では
どのみちキレ負けの可能性が高かったし、
もっと慎重に考えるべきだった。





アレスバローズが動いた事により
極端な外差し展開になったが、

それが無くても外有利の
展開にはなっていたと思うし、
今後に向けて勉強になるレースではあった。

ただ、その経験を生かせる気がまるでしない。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エスティタートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エスティタートの写真

エスティタート
エスティタート

エスティタートの厩舎情報 VIP

2019年3月2日夕刊フジオーシャンS G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エスティタートの取材メモ VIP

2019年3月2日 夕刊フジオーシャンS G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。