会員登録はこちら
サウジアラビアRC G3   日程:2018年10月6日() 15:45 東京/芝1600m

レース結果

サウジアラビアRC G3

2018年10月6日() 東京/芝1600m/8頭

本賞金:3,300万 1,300万 830万 500万 330万


レコード:1分33秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 4

グランアレグリア

牝2 54.0 C.ルメー  藤沢和雄 476(+18) 1.34.0 1.3 1
2 5 5

ドゴール

牡2 55.0 津村明秀  黒岩陽一 448(+4) 1.34.6 3 1/2 45.2 7
3 2 2

アマーティ

牝2 54.0 三浦皇成  武井亮 472(-8) 1.34.8 17.0 4
ラップタイム 13.1 - 11.8 - 11.9 - 11.5 - 11.6 - 11.3 - 11.1 - 11.7
前半 13.1 - 24.9 - 36.8 - 48.3 - 59.9
後半 57.2 - 45.7 - 34.1 - 22.8 - 11.7

■払戻金

単勝 4 130円 1番人気
複勝 4 110円 1番人気
5 390円 7番人気
2 190円 4番人気
馬連 4-5 2,080円 7番人気
ワイド 4-5 710円 9番人気
2-4 270円 3番人気
2-5 2,180円 18番人気
馬単 4-5 2,290円 8番人気
3連複 2-4-5 4,110円 13番人気
3連単 4-5-2 12,060円 38番人気

サウジアラビアRCのニュース&コラム

【サウジRC】牝馬初V!大器グラン圧勝
 第4回サウジアラビアロイヤルカップ(6日、東京11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1600メートル、1着本賞金3300万円 =出走8頭)クリストフ・ルメール騎乗で単勝1・3倍の圧倒的支持を集めたグランアレグリアが2番手追走から堂々と抜け出して完勝。牝馬として初Vを飾り、デビュー2戦目で重賞タイトルを獲得した。タイム1分34秒0(良)。次走は未定。3馬身半差の2着は7番人気ドゴール。さらに1馬身差の3着には4番人気アマーティが入った。 4カ月前のデビューVのシーンを再現したかのような圧勝劇だ。単勝オッズ1・3倍と注目を一身に浴びたグランアレグリアが、重賞のハードルを3馬身半差Vであっさりとクリア。この先に待つ大舞台へ向け、盤石の強さをアピールした。 「ゲートが開いたときにジャンプして出遅れたけど、ペースが遅くなったのでポジションを上げることができた。2番手でリラックスして息が入ったし、直線は気持ちのいい伸び。馬体も18キロ増でパワーアップしたと思う。絶対GIもいける」 1週間後に秋華賞(アーモンドアイ)で牝馬3冠を目指すルメール騎手が、早くも来春を意識できる強力パートナーの出現に興奮気味だ。スタートの立ち遅れは想定外だったが、鞍上は流れが遅いとみるや瞬時にリカバー。逃げ馬の直後まで進出して直線に向き、最後はメンバー2位となる3ハロン34秒0の脚でまとめ、後続を置き去りにした。 管理する藤沢和調教師も「馬が大きくなって、カイバも食べるし、いいんじゃないか。あまり(強い調教を)やっていなかったから、さすがにゴール前はあらあらになった(脚が上がった)けど、2歳の6月にデビューできて、10月に入っての2戦目もこの競馬。上出来です」と愛馬を褒めちぎる。 今後は未定ながら、当然視野に入るのは阪神JF(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)や来春の桜花賞だろう。いや、この強さならば、それ以上の舞台でも…と考えても不思議ではない。スペイン語で“大歓声”の意味を持つグランアレグリア。底なしの魅力を秘める天才少女は、多くのファンが待つGIも圧倒的な強さで彩る。 (板津雄志)★6日東京11R「サウジアラビアRC」の着順&払戻金はこちら
2018年10月7日() 05:03

 774

【サウジRC】レースを終えて…関係者談話
 ◆津村騎手(ドゴール2着) 「ゲートをアオる格好で出て後ろからの競馬になったが、しまいはいい脚を使ってくれた。この距離も守備範囲」 ◆三浦騎手(アマーティ3着) 「勝ち馬の後ろでリズム良く走れた。最後は離されたけど、しっかりと走れている」 ◆モレイラ騎手(ドラウプニル4着) 「いいポジションは取れたが、頭が上がったりしてスムーズな競馬ができなかった」 ◆和田騎手(シャドウエンペラー5着) 「関節などにまだ緩さがあり、テンから(スピードに)乗っていけなかったが、そのあたりが整ってくればポテンシャルは高い」 ◆吉田隼騎手(トーラスジェミニ6着) 「ポンと出たのでマイペースでハナへ。勝ち馬が早めに2番手に来て厳しかったが、最後まで頑張っている」 ◆川又騎手(セグレドスペリオル7着) 「いいポジションを取れたが、外から勝ち馬にまくられたときに、ハミをかんだぶん、しまいが切れなかった」 ◆松田師(サムシングジャスト8着) 「スイッチのオンとオフが非常にはっきりしているタイプ。きょうは終始、気持ちのスイッチが入らなかった」★6日東京11R「サウジアラビアRC」の着順&払戻金はこちら
2018年10月7日() 05:02

 346

【サウジRC】ブービー人気のドゴールが2着 津村「しまいはいい脚を使ってくれた」
 10月6日の東京11Rで行われた第4回サウジアラビアロイヤルカップ(2歳オープン、GIII、芝1600メートル、馬齢、8頭立て、1着賞金=3300万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリア(牝、美浦・藤沢和雄厩舎)が圧巻の強さで重賞初制覇。タイムは1分34秒0(良)。 新潟・芝1400mの新馬戦を勝ち上がって1戦1勝で挑んだドゴール(7番人気)が、道中は最後方で脚を溜めると、最後の直線でメンバー最速となる上がり3ハロン33秒7の末脚を駆使して2着に食い込んだ。 津村明秀騎手「ゲートをアオる格好で出て後方からの競馬になったが、しまいはいい脚を使ってくれた。この距離も守備範囲ですね」★【サウジアラビアRC】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年10月6日() 19:07

 392

【サウジRC】アマーティが先行して粘り込み3着 三浦「思い通りのレースはできた」
 10月6日の東京11Rで行われた第4回サウジアラビアロイヤルカップ(2歳オープン、GIII、芝1600メートル、馬齢、8頭立て、1着賞金=3300万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリア(牝、美浦・藤沢和雄厩舎)が圧巻の強さで重賞初制覇。タイムは1分34秒0(良)。 新潟・芝マイルの新馬戦を勝ち上がってここへ駒を進めたアマーティ(4番人気)は、道中は早めに進出した勝ち馬の直後で脚を溜めると、最後の直線でも渋太く脚を伸ばして3着を確保した。 三浦皇成騎手「勝ち馬の後ろでリズム良く走れた。最後は離されたけど、しっかりと走れています」★【サウジアラビアRC】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年10月6日() 19:07

 207

サウジアラビアRCのニュースをもっと見る >

【サウジRC】ドラウプニル斉藤崇師「体もしっかりしてきました」
 新馬勝ちから昇級戦のアスター賞で2着と好走したドラウプニルは、CWコースでシシオウ(障オープン)と併せ馬。藤懸騎手(実戦ではモレイラ騎手)を背に馬なりで追走して4角で内から並びかけると、ラストは勝負根性のよさを見せつけるようにグイッとクビ差前に出て、84秒3-12秒6をマークした。 じっくりと見届けた斉藤崇調教師は「前走から中3週で先週は一杯にやっていますから、今週は馬なりで。馬に芯が入って体もしっかりしてきました」と満足げな表情。さらに「1、2戦のレースぶりでいろんな競馬ができるとわかったし、輸送も大丈夫ですから」と重賞でも期待を寄せた。★サウジアラビアRCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 12:04

 789

【サウジRC】追って一言
 ◆アマーティ・武井師 「テンションも上がらず、いい雰囲気。しまいは確実に伸びる」 ◆グランアレグリア・藤沢和師 「十分にけいこをやれている。テンションも上がっていない」 ◆サムシングジャスト・松田国師 「上がりをしっかり追った。いいデキで横山典騎手へ渡せる」 ◆シャドウエンペラー・和田騎手 「息も切れず脚いろも鈍らなかった。体が柔らかくて跳びも力強い」 ◆セグレドスペリオル・石原助手 「しまいだけ伸ばしたが、いい動き」 ◆ディープダイバー・大久保師 「中1週になるので、そんなに速い時計は出していない」 ◆ドゴール・黒岩師 「順調に時計を出して状態はいい。マイルも問題ない」 ◆ドラウプニル・斉藤崇師 「馬に芯が入って体もしっかりしてきました」★サウジアラビアRCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月4日(木) 05:03

 1,253

【2歳次走報】グランアレグリア、サウジアラビアRCで復帰
 ★美浦・藤沢和厩舎の2歳馬の動向は以下のとおり。6月3日東京の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったあと休養していたグランアレグリア(牝)は、サウジアラビアRCで復帰する。8月12日札幌の新馬戦(芝1800メートル)を制したミリオンドリームズ(牝)は、アルテミスS(10月27日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。 ★17日阪神の新馬戦(芝1400メートル)を勝ったニホンピロヘンソン(栗・安達、牡)は、引き続き浜中騎手でもみじS(10月13日、京都、OP、芝1400メートル)へ。 ★22日阪神の未勝利戦(芝1400メートル)を勝利したディープダイバー(栗・大久保、牡)は、サウジアラビアRC(10月6日、東京、GIII、芝1600メートル)、もみじS、くるみ賞(10月21日、東京、500万下、芝1400メートル)のいずれかを予定。 ★23日阪神の未勝利戦(ダ1200メートル)を勝ち上がったスマートドレイク(栗・村山、牡)は、なでしこ賞(10月21日、京都、500万下、ダ1400メートル)に進む。 ★22日阪神の未勝利戦(ダ1800メートル)で初勝利を挙げたメイショウソテツ(栗・岡田、牡)は、幸騎手でもちの木賞(11月17日、京都、500万下、ダ1800メートル)に向かう。 ★小倉2歳S13着のカシノティーダ(栗・田所、牝)は、エーデルワイス賞(10月16日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)に向かう。
2018年9月26日(水) 12:00

 1,149

プロ予想家の的中情報


サウジアラビアRCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月6日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv125 
190円 1,900円
Lv123 
110円 11,000円
Lv115 
130円 13,000円
Lv113 
270円 27,000円
Lv112 
130円 910円

的中情報をもっと見る >

サウジアラビアRC過去10年の結果

2017年10月7日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ダノンプレミアム 川田将雅 1:33.0 3.6倍 95.2
2着 ステルヴィオ C.ルメール 1 3/4 2.6倍 92.9
3着 カーボナード 岩田康誠 1 1/4 16.6倍 91.4
2016年10月8日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2015年10月10日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サウジアラビアRCのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

前身はオープン特別のいちょうSで2014年から重賞に格上げされ、さらに2015年から現レース名となった。メリーナイス、エアグルーヴ、メジロドーベルなどの勝ち馬がいるように、かつては翌年のクラシックと結びつくレースであったが、2歳重賞戦線の拡充と施行時期の繰り上げにより近年はそういった面が薄まってきている。なお、2013年勝ち馬イスラボニータはのちに皐月賞馬となったが、前年と同年は1800mで施行されたことを忘れてはならない。レースが行われる東京芝1600mは2コーナーからのスタートで、3コーナーまでは500m以上。最後の直線は525mで、高低差2mの上り坂が勝負のポイントとなる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

サウジアラビアRCの歴史と概要


2017年の優勝馬ダノンプレミアム

暮れの2歳G1につながるステップレースで、マイル以上の距離適性を持つ将来性豊かな好メンバーが揃う一戦。2014年に行われた第1回いちょうステークスの勝ち馬クラリティスカイは、続く朝日杯フューチュリティステークスで3着、2000mに距離を延ばした弥生賞、皐月賞では順に6、5着とあと一歩振るわなかったが、マイルに距離を戻したNHKマイルカップを制覇。お得意の東京マイルでG1ホースの仲間入りを果たした。第3回(2017年)の覇者ダノンプレミアムは、続く朝日杯フューチュリティステークスを制して、2歳チャンピオンに上り詰めた。

歴史と概要をもっと見る >

サウジアラビアRCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目

サウジアラビアRC特集
バックナンバー

サウジアラビアRC2018
サウジアラビアRC2017
サウジアラビアRC2016
サウジアラビアRC2015
いちょうステークス2014
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る