ワールドバローズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ワールドバローズ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2018年4月15日生
調教師石坂公一(栗東)
馬主猪熊 広次
生産者大島牧場
生産地浦河町
戦績12戦[4-5-0-3]
総賞金8,010万円
収得賞金2,400万円
英字表記World Barows
血統 ディスクリートキャット
血統 ][ 産駒 ]
Forestry
Pretty Discreet
ポーシア
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
レディオブヴェニス
兄弟 ネリッサ
市場価格1,728万円(2019北海道サマーセール)
前走 2022/05/14 京王杯スプリングC G2
次走予定

ワールドバローズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 125616.484** 牡4 56.0 和田竜二石坂公一 456
(+4)
1.20.4 0.233.2⑪⑪メイケイエール
22/02/06 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 152220.667** 牡4 56.0 和田竜二石坂公一 452
(0)
1.33.4 1.134.7⑦⑨イルーシヴパンサー
22/01/22 中京 11 長篠S 3勝クラス 芝1600 7332.011** 牡4 55.0 和田竜二石坂公一 452
(0)
1.34.8 -0.134.3⑥⑥⑤ソウルトレイン
21/10/24 阪神 10 元町S 3勝クラス 芝1600 1481418.462** 牡3 55.0 和田竜二石坂公一 452
(+4)
1.33.8 0.433.4⑤④エアファンディタ
21/09/20 中京 10 Mオルフェー 2勝クラス 芝1600 12682.911** 牡3 55.0 和田竜二石坂公一 448
(-2)
1.34.9 -0.034.5④④アトリビュート
21/06/19 阪神 9 皆生特別 2勝クラス 芝1600 7221.812** 牡3 54.0 和田竜二石坂公一 450
(0)
1.36.1 0.235.6スカーフェイス
21/05/09 中京 5 3歳1勝クラス 芝1600 8661.611** 牡3 54△ 泉谷楓真石坂公一 450
(0)
1.35.2 -0.133.7④④イッツユアタイム
21/04/17 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 1871426.885** 牡3 56.0 和田竜二石坂公一 450
(0)
1.34.8 0.635.4ホウオウアマゾン
21/02/21 東京 5 3歳1勝クラス 芝1600 9884.442** 牡3 56.0 松山弘平石坂公一 450
(-4)
1.34.1 0.034.5スパークル
21/01/31 中京 5 3歳未勝利 芝1600 16594.021** 牡3 56.0 和田竜二石坂公一 454
(-4)
1.34.4 -0.235.7⑥⑤⑤ロードラスター
20/11/28 阪神 2 2歳未勝利 芝1400 16485.422** 牡2 55.0 和田竜二石坂公一 458
(+6)
1.22.0 0.335.7ショウリュウレーヴ
20/11/08 阪神 6 2歳新馬 芝1400 136810.452** 牡2 55.0 和田竜二石坂公一 452
(--)
1.21.5 0.334.6⑥⑤グレイイングリーン

ワールドバローズの関連ニュース

◆ルメール騎手(スカイグルーヴ2着)「勝ち馬を目標にいい位置で競馬ができた。よく頑張ってくれたが、勝ち馬の勢いが止まらなかった。でも、重賞を勝てる馬ですよ」

◆大野騎手(タイムトゥヘヴン3着)「1400メートルでもリズムよく運んで直線も脚を使っています。疲れを残さずに本番へ行きたいです」

◆和田竜騎手(ワールドバローズ4着)「前半はついていけなかったが、直線はいい脚を見せてくれた。まだ成長できるし、伸びしろが見込めそうです」

◆M・デムーロ騎手(ラウダシオン5着)「スタートをうまく出て、勝つときのパターンに持ち込めた。GⅠを勝ったときの力は出せていないが、最近の中では頑張っていますよ」

◆戸崎騎手(リレーションシップ6着)「テンは少し忙しかったが、ラストは伸びています」

◆田辺騎手(シャインガーネット7着)「スタートが良かったので欲しいポジションは取れました。きょうはこの馬らしい反応がなかったです」

【有名人の予想に乗ろう!】京王杯SC2022 のちのG1ウイナーを多数輩出している注目の一戦!あの人の◎は!? 2022年5月14日() 05:30


※当欄では京王杯スプリングカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【原奈津子】
◎⑨タイムトゥヘヴン
○③ギルデッドミラー
▲④スカイグルーヴ

【長岡一也】
◎⑫メイケイエール
○⑧シャインガーネット
▲④スカイグルーヴ
△③ギルデッドミラー
△⑥ワールドバローズ
△⑨タイムトゥヘヴン
△⑩ラウダシオン

【杉本清】
◎⑫メイケイエール
○④スカイグルーヴ
▲⑧シャインガーネット
☆⑨タイムトゥヘヴン
△③ギルデッドミラー
△⑩ラウダシオン

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩ラウダシオン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】京王杯SC2022 騎手重視予測からはリレーションシップ、ギルデッドミラー、スカイグルーヴの3頭が並び立つ 2022年5月13日(金) 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
土曜重賞の京王杯スプリングカップ(G2)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回の舞台となる東京芝1400mは、コーナーを2つ回り長い直線に急坂のあるスピード・瞬発力が求められるコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性50%、トラック適性20%、周回方向適性10%、G前の坂の有無適性20%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出した京王杯スプリングカップ全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑦リレーションシップ 14.58%
2 ③ギルデッドミラー  14.47%
3 ④スカイグルーヴ   14.15%
4 ⑫メイケイエール   11.38%
5 ⑧シャインガーネット 9.03%
6 ⑨タイムトゥヘヴン  8.58%
7 ①ミッキーブリランテ 7.81%
8 ⑩ラウダシオン    7.65%
9 ⑥ワールドバローズ  4.44%
10 ⑤クリスティ     3.97%
11 ⑪ビオグラフィー   2.49%
12 ②リフレイム     1.45%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(12頭立ての場合は8.33%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回の京王杯スプリングカップでは上位6頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑦③④>⑫>⑧⑨

ご覧の通り⑦リレーションシップ、③ギルデッドミラー、④スカイグルーヴの3頭が勝率予測14%台で並び立つ図式と相成りました。馬券は4位⑫メイケイエールまで加えた3連複を本線に以下の計10,000円(20点)で勝負いたします。

【劉備の京王杯スプリングカップ勝負馬券】
3連複ボックス
③④⑦⑫
4点×各500円=2,000円

3連複フォーメーション
③④⑦-③④⑦⑫-③④⑦⑧⑨⑫
16点×各500円=8,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】京王杯SC2022 全条件クリア4頭の中からワールドバローズを最上位評価 2022年5月13日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京王杯スプリングカップ・データ分析をお届けします!


【性別】
2012年以降の性別成績は、牡・せん馬【10.9.10.112】、牝馬【0.1.0.16】。前者が優勢。しかも後者の馬券絡みは前走重賞2着以内馬のみ。前走で非重賞戦に出走していた牝馬、および前走が3着以下敗退だった牝馬は推奨しづらい。

(減点対象馬)
リフレイム ③ギルデッドミラー ⑤クリスティ ⑧シャインガーネット ⑪ビオグラフィー ⑫メイケイエール

【前走使用距離】
2012年以降の3着以内馬の前走使用距離を確認すると、芝1200m、芝1400m、芝1600mの3パターンに集約される。なお、1200m組の好走(3着以内)は高松宮記念を経由してきた馬のみ。意識しておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
ラウダシオン ⑪ビオグラフィー

【前走クラス】
2012年以降の2着以内馬延べ20頭中18頭が前走で牡牝混合のオープンクラスのレースに出走していた。例外の2頭は牡牝混合の条件クラス1着馬と牝馬限定重賞の2着馬。条件クラスで敗れていた馬や牝馬限定重賞で2着連対圏を逃していた馬、牝馬限定の非重賞を経由してきた馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
クリスティ

【前走4角通過順位】
2012年以降、前走が国内戦かつ前走の最終4角通過順位が13番手以降だった馬が当レースで2着連対圏に入ったケースはゼロ。その一方、前走が国内戦かつ前走で最終4角を2番手以内で通過していた馬の複勝圏入りは、マイル重賞経由馬に限られる。中団~好位で競馬をしていた馬が狙い目のレースといえよう。

(減点対象馬)
タイムトゥヘヴン


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、①ミッキーブリランテ、④スカイグルーヴ、⑥ワールドバローズ、⑦リレーションシップの4頭。トップは⑥ワールドバローズとする。2012年以降、前走東京新聞杯組は【2.3.1.0】の活躍。本馬自身、芝1400mで【0.2.0.0】と崩れていないことも好印象だ。

過去10年【2.1.0.6】の前走ダービー卿チャレンジトロフィー組かつ栗東所属馬に該当する、①ミッキーブリランテを2番手に。以下、④スカイグルーヴ、⑦リレーションシップらが続く。

<注目馬>
ワールドバローズ ①ミッキーブリランテ ④スカイグルーヴ ⑦リレーションシップ

[もっと見る]

【京王杯SC】厩舎の話 2022年5月13日(金) 04:56

ギルデッドミラー・細見助手「年を重ねてきて精神的に大人になってきた。週末の雨もパンパンの良馬場よりはいい」

クリスティ・杉山晴師「かなりいい頃に近づいてきた。東京1400メートルは合うと思う」

シャインガーネット・栗田師「雨が降るのは歓迎。自分から進路を取りにいく競馬はできないので、展開の助けは欲しい」

スカイグルーヴ・木村師「前走の疲れが抜けずに苦労したが、ここにきて動きの質や内臓面はいい方向に変わっている」

タイムトゥヘヴン・戸田師「心身ともにたくましくなり、それが前走の結果につながった。母に似た気の強さがいい方に出ている」

ビオグラフィー・藤岡師「昨年(5着)は速い時計で走っている。今年も前からの競馬になると思う」

ミッキーブリランテ・矢作師「舞台はすごくいい。状態もいいし、ここ狙いのイメージ」

メイケイエール・武英師「もともと調子の上げ下げがなく、状態はいい。1400メートルのここでいいレースをして、選択肢を広げられれば」

ラウダシオン・斉藤崇師「活気があって、いい状態。東京はいい舞台だし、気持ちを切らさずに走れれば」

リフレイム・黒岩師「パフォーマンスは左回りの方がいいし、パワータイプなので雨が降っても問題ない。前に行って自分の競馬をするのみです」

リレーションシップ・須貝師「状態は変わらずいい。直線が長い方がいいと思うし、もうちょっとやれていい馬」

ワールドバローズ・石坂師「前走は昇級初戦でも頑張った。長めに休ませて一段階、馬が成長している」

[もっと見る]

【京王杯SC】追ってひと言 2022年5月12日(木) 04:52

ギルデッドミラー・松永幹師「前半からスムーズに動けていました。中間もしっかり乗り込めていますし、状態はすごくいいですね」

クリスティ・杉山晴師「いつも時計は出る馬ですが、いい動きでした。いい頃に近づいてきたと思います」

シャインガーネット・栗田師「我慢もきいていい動き。いろいろ助けが必要だが、雨が降りそうなのはプラス」

スカイグルーヴ・木村師「前走の疲れがなかなか抜けなかったが、今週の動きは上向いてきた」

タイムトゥヘヴン・戸田師「心身ともにたくましくなったのが結果につながった。この中間も充実。終いの良さを生かしたい」

ビオグラフィー・藤岡師「動きは悪くない。硬さもないし、馬体も締まってきている」

ミッキーブリランテ・矢作師「坂路の単走でしまいを伸ばす感じで。動きは良かったし、状態はいい」

ラウダシオン・斉藤崇師「先週、ある程度やっているので、やり過ぎないように。活気があって、いい状態です」

リフレイム・黒岩師「1週前にしっかりやったので今週は半マイルからサラッと。気負う面もなく、いいリズムで走れている」

リレーションシップ・須貝師「じっくりと乗り込んできて状態は変わらずいい。もうちょっとやれていいと思う」

ワールドバローズ・石坂師「1週前にコースでしっかり負荷をかけているので、しまいの反応を確認する感じ。良かったと思います」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドバローズの関連コラム

閲覧 2,211ビュー コメント 0 ナイス 4



ヴィクトリアマイルソダシが好位から力強く抜け出し。最後は後続を2馬身突き放す完勝だった。

東京の芝はBコース替わり1週目。それでも日曜日になると徐々に内の伸びが悪くなってきており、直前の9レースでは距離短縮&外枠のトウシンモンブランが差し切り勝ち。人気のディープ産駒2頭が4~5着に敗れる中波乱決着となった。

ただ、メインレースに関しては隊列が外有利にはならず。中枠のローザノワールが先手、内枠のレシステンシアソダシらが先団を形成したために外から差しに回った組はかなりのロスを被ることになった。内枠が先行、外枠が差し、という馬群の隊列になると、基本的に外枠の差し馬は不利になる。基本的に…と書いたのはもちろん例外もあるためで、わかりやすい例外は先団を形成する逃げ先行勢が力不足で早々に失速するようなケース。

ただヴィクトリアマイルは、レシステンシアソダシも力のある馬。これらの馬が直線も脚を伸ばすと、内枠の馬はそのスペースを利用して加速しやすいし、外枠の馬は流れの中で押し上げるタイミングがなくなってしまう。結果的にせいぜいが中枠の差し馬までしか出番がなく、外枠の差し勢は速い上がりを使っても届かず…という結末になった。

もっとも、勝ったソダシは隊列の利もあったとはいえ完勝。スタートが速くイメージ以上に高速上がり戦にも対応できるので、力が一枚上だった。中距離やダートを使われていたことで少し忘れられていた面もあるが、これで芝のマイルでは4戦無敗、白毛伝説が再び幕を開けた。

オークスは第2のハギノピリナ探しが予想のテーマ

さて、今週末はオークス。昨年は桜花賞ソダシが単勝1.9倍の支持を集めながらも8着に敗れる一方、3着に16番人気のハギノピリナが突っ込んで大波乱となった一戦。最近の東京芝G1は差し馬の台頭が見られるケースが多いが、オークスも同様の傾向が見られる。

もともとオークスは逃げ先行勢が距離不安から失速するケースが多く、馬場問わず差しが届きやすいレース。加えて近年は東京芝の外の伸びが良くなっており、これまで以上にスタミナ差しが炸裂する条件が揃っている。さらにいえば今年は桜花賞が完全な先行イン有利レースだった。つまり、枠順や馬場のメリットが大きかった桜花賞上位馬の大半は距離や馬場変化に不安を抱えている状態なのである。

昨年同様に、ハギノピリナのようなスタミナ型の大穴馬の台頭があるかもしれない。一見格下と思えるような戦績の馬でも、キッチリとこれまでのレース内容を見直す必要がありそうだ。特に距離不安のない馬や、末脚がしっかりした馬には注意が必要だろう。狙い馬については最後に。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】ワールドバローズ(土曜東京11レース・京王杯スプリングC/4着)

今回は久々の1400mで追走が苦しく、いつも以上に後方の位置取りに。それでも直線はしぶとく脚を伸ばしてあと僅かの4着まで迫り地力を見せた。前走の東京新聞杯でも決して有利とはいえない内枠から7着とまずまずの結果を残しており、重賞でも通用するところまで地力をつけて来ている。今回1400mの流れを経験したことは次走に生きそうだし、改めてベストのマイル戦に戻れば出番だろう。上手く行けばサマーマイルシリーズでの活躍にも期待できそうなので、今から覚えておきたい。

オークス展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。オークスは前述通り、今年は桜花賞とはまったく異なるレースになる可能性が高く波乱の可能性もありそうだ。というわけで、今回はこの馬。

ベルクレスタ吉田隼人騎手)

狙いたいのはベルクレスタ。前走の桜花賞では外枠で流れに乗れず位置を下げ、直線は外に出したが不利もあり伸び切れなかった。それでも枠順や展開を考えればラストは見せ場を作れており、距離延長を控えていることを考えれば悪くない内容だった。追って味があり、今年の世代の中では距離延長は歓迎のタイプ。クイーンCでは差して来て桜花賞馬のスターズオンアースと差のない競馬をしており、能力的にも引けを取らないだろう。直線の末脚比べになれば怖い一頭だ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月4日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】開幕週の東京芝は2年連続で人気馬が安定/東京新聞杯展望
閲覧 1,103ビュー コメント 0 ナイス 1



根岸ステークステイエムサウスダンが外から伸びて勝利。逃げ先行のイメージから一転した見事な差し切り勝ちだった。

鞍上の岩田康誠騎手はこの勝利が通算1700勝のメモリアル。かつてのように年間100勝するようなことはなくなっているが、その分穴での活躍が目立つようになってきた。昨年は11番人気のケイデンスコールで京都金杯を、8番人気のショウナンバルディ中日新聞杯を制し重賞2勝。今回のテイエムサウスダンも6番人気。以前のような岩田ブランドがなくなっている分、馬券的には妙味が増えているので、今後も重賞戦線での一発に注意したい。

~開幕週の東京芝は人気馬が順当に走った

さて、先週末からスタートした東京芝だが、好天に恵まれ高速上がり連発。基本的には人気馬が強く。1番人気馬が芝10レース中9レースで馬券に絡む安定感を見せた。上位3番人気まで広げても(8-5-4-3)とかなり堅実で、単複を買い続けてもプラス。無茶な穴狙いは禁物という状況だった。

これは偶然ではなく、昨年の冬の東京開幕週も芝10レースのうち1番人気馬が9レースで連対、同様の傾向を示していた。今週末も予報通り好天が続くようなら、無茶な穴狙いは禁物かもしれない。

というわけで、恒例の(と言いつつ先週は書き忘れてしまった)次走狙い馬を一頭。

セイゲン(土曜東京3レース3着)

除外明けで久々の一戦となった今回も果敢に先手を奪ったが最後は捕まって3着。それでも展開を考えればよく粘っていた。所属する中川公厩舎は叩き良化型の傾向が強く、次走の上積みは必至。順調に詰めて使えるようなら、さらなるパフォーマンスアップ(=勝ち負け)濃厚だろう。

東京新聞杯の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。

今回は東京新聞杯からこの馬を。

ワールドバローズ和田竜二騎手)

デビュー以来とにかく安定しており、唯一馬券圏外に崩れたのは重賞のアーリントンカップのみ(5着)。スタート、追っての良さ、しぶとさともに水準以上で崩れないタイプ。人気馬が強いと書いた東京芝だがココは混戦模様なので、上手く立ち回れれば一発があってもおかしくない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

ワールドバローズの口コミ


口コミ一覧
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

うっすらと肌の汗ばむ季節、初夏の足音が聞こえてくるような?
5月に入ってからの週末は、天候不順が続くなか、「優駿牝馬(オークス)」は良馬場確定?? 
来週の競馬の祭典「東京優駿(日本ダービー)」も良馬場を期待したい!?

今年の”梅雨”入りは平年並み?で、この東海地方は6月6日頃が”梅雨”入りみたい。
最近は、異常気象とか?よく言われますが、移りゆく季節だけは変わってほしくありませんね?

<”梅雨” (つゆ、ばいう)とは?>
梅雨は、北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島南部、中国の華南や華中の沿海部、および台湾など、東アジアの広範囲においてみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のこと。

梅雨の時期が始まることを梅雨入りや入梅(にゅうばい)といい、社会通念上・気象学上は春の終わりであるとともに夏の始まり(初夏)とされる。また、梅雨が終わることを梅雨明けや出梅(しゅつばい)といい、これをもって本格的な夏(盛夏)の到来とすることが多い。ほとんどの地域では、気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表を行っている。梅雨の期間はふつう1か月から1か月半程度であるが、年によって前後する場合があり、そのような年は猛暑・少雨であったり冷夏・多雨であったりと、夏の天候が良くなく気象災害が起きやすい。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第5期途中経過】
第5期(4月23日~5月29日)12日間(福島牝馬S~目黒記念)15戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G2京王杯SCでは、6番ワールドバローズに注目!
ワイド(6-9)・複勝(6番ワールドバローズ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京王杯SC」で注目したワールドバローズ(8人気)は、先団のスピードについていけないのか後方追走から、直線で一気に抜け出して優勝…のはずが、上がり3F最速(推定)33.2秒で鋭伸も4着まで…残念。レースは、中団を追走したメイケイエール(1人気)が、直線の追い比べから抜け出し、2着のスカイグルーヴ(2人気)に1/2馬身差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着にタイムトゥヘヴン(5人気)が入り、本命決着!! 当然ながら馬券はハズレ…。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 実績(重賞)のあるメンバーに対して着差(クビ差)こそ僅かでも、実績のない4歳馬にとっては大きな差…反省。
 
日曜、G1 ヴィクトリアマイルでは、4番マジックキャッスルに注目!
ワイド(4-13)・複勝(4番マジックキャッスル) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「ヴィクトリアマイル」で注目したマジックキャッスル(11人気)、中団後方追走から直線で一気に抜け出して優勝…のはずが、普段の伸びを欠き馬群へと沈み込み17着惨敗…残念。レースは、好位でレースを進めたソダシ(4人気)が、残り200mを切ったところで一気に抜け出し、馬の間から追い込んだファインルージュ(2人気)に2馬身差をつけ優勝さらにクビ差の3着にレシステンシア(6人気)が入り"中波乱決着!?" 当然ながら馬券はハズレ……。 反省点として、軸馬選択の失敗!? っていうより、根本的に予想そのものが間違い?? 当日の東京(芝)は思った以上に乾かず、馬力を要する馬場であることが敗因(私的な見解)…反省。
 
【短 評】
先週末、2戦2敗…惨敗みたいな感じ。過去に幾度とない失敗(予想)の経験から、あまり馬場のことを気にせずに予想したことが仇となり、競馬(予想)の奥深さを思い知らされた…残念。今期残り2週5戦(平安S、オークス、葵S、日本ダービー、目黒記念)、頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(京王杯SC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
4番スカイグルーヴが該当=結果2着的中!(複勝150円)

(ヴィクトリアマイル)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数9位"
12番ミスニューヨークが該当=結果10着ハズレ…(ノД`)・゜・。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(平安S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(4-0-2-4/10)
勝率40%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値189/複勝回収値129
近5年内 (3-0-0-2/5)
勝率60%/連対率60%/複勝率60%/単勝回収値254/複勝回収値92

3年連続出現中だけに、今年は期待薄!?

(オークス)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(4-3-2-1/10)
勝率40%/連対率70%/複勝率90%/単勝回収値77/複勝回収値122
近5年内 (3-0-1-1/5)
勝率60%/連対率60%/複勝率80%/単勝回収値114/複勝回収値108

昨年の指数1位(ソダシ)が8着に外れたことで、今年は期待大!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 摩呼 2022年5月18日(水) 13:37
先週外れた予言。。けれどもオークス&平安S予言枠 
閲覧 345ビュー コメント 0 ナイス 8

平安Sとオークスです
https://youtu.be/Au5RD7WKbDY
今回のDANCEは山内瑞葵&下尾みうの2名

先週はワールドバローズが惜しくも4着、ソングライン、デアリングタクトが5.6着で惜しくも馬券になりませんでした😨

嫌な流れですが今週もそして来週のダービーも予言枠出します(ハズレてもね)宝塚記念までは続ける予定です。

さてこの度5/18にAKB48 59th Single 『元カレです』リリースされました(応援中です!)ダンスに力を入れてるAKB48。根も葉もRumorに継ぐ第2弾!!

全員のDanceVersionはコチラ↓
https://youtu.be/EgWsyaqKXRw

[もっと見る]

 へたれ紳士 2022年5月16日(月) 23:29
へたれとは、へこたれないの略である
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 6

注目していたキズナ産駒はヴィクトリアマイルでファインルージュが二着したのみだった。
とは言え、京王杯SCは三着がロードカナロア産駒。本命にしたワールドバローズも八番人気五着と頑張ったし、ヴィクトリアマイルでもアブレイズが十七番人気で七着、二着からは0、3差なら頑張ったと言えるだろう。
結果的にはストームキャットというかノーザンダンサーがよく来たと言えるのだが、ノーザンダンサー系という括りは数が多過ぎて馬券的に狙うには現実的ではない。
やはり多少のリスクは負ってでも絞らなければいけないので、これにへこたれず引き続き来週もストームキャットの血に注目してみる。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドバローズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ワールドバローズの写真

ワールドバローズ

ワールドバローズの厩舎情報 VIP

2022年5月14日京王杯スプリングC G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワールドバローズの取材メモ VIP

2022年5月14日 京王杯スプリングC G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。