ワールドバローズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ワールドバローズ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2018年4月15日生
調教師石坂公一(栗東)
馬主猪熊 広次
生産者大島牧場
生産地浦河町
戦績15戦[4-5-1-5]
総賞金8,914万円
収得賞金2,400万円
英字表記World Barows
血統 ディスクリートキャット
血統 ][ 産駒 ]
Forestry
Pretty Discreet
ポーシア
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
レディオブヴェニス
兄弟 ネリッサ
市場価格1,728万円(2019北海道サマーセール)
前走 2022/10/30 カシオペアステークス (L)
次走予定

ワールドバローズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/10/30 阪神 11 カシオペアS (L) 芝1800 1581518.353** 牡4 56.0 浜中俊石坂公一 460
(-4)
1.46.4 0.333.7アドマイヤビルゴ
22/10/02 中京 11 ポートアイS (L) 芝1600 12673.315** 牡4 56.0 和田竜二石坂公一 464
(+4)
1.33.4 0.333.4⑧⑧⑧アルサトワ
22/08/14 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 1461029.7107** 牡4 56.0 和田竜二石坂公一 460
(+4)
1.34.0 0.733.1⑧⑧ウインカーネリアン
22/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 125616.484** 牡4 56.0 和田竜二石坂公一 456
(+4)
1.20.4 0.233.2⑪⑪メイケイエール
22/02/06 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 152220.667** 牡4 56.0 和田竜二石坂公一 452
(0)
1.33.4 1.134.7⑦⑨イルーシヴパンサー
22/01/22 中京 11 長篠S 3勝クラス 芝1600 7332.011** 牡4 55.0 和田竜二石坂公一 452
(0)
1.34.8 -0.134.3⑥⑥⑤ソウルトレイン
21/10/24 阪神 10 元町S 3勝クラス 芝1600 1481418.462** 牡3 55.0 和田竜二石坂公一 452
(+4)
1.33.8 0.433.4⑤④エアファンディタ
21/09/20 中京 10 Mオルフェー 2勝クラス 芝1600 12682.911** 牡3 55.0 和田竜二石坂公一 448
(-2)
1.34.9 -0.034.5④④アトリビュート
21/06/19 阪神 9 皆生特別 2勝クラス 芝1600 7221.812** 牡3 54.0 和田竜二石坂公一 450
(0)
1.36.1 0.235.6スカーフェイス
21/05/09 中京 5 3歳1勝クラス 芝1600 8661.611** 牡3 54△ 泉谷楓真石坂公一 450
(0)
1.35.2 -0.133.7④④イッツユアタイム
21/04/17 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 1871426.885** 牡3 56.0 和田竜二石坂公一 450
(0)
1.34.8 0.635.4ホウオウアマゾン
21/02/21 東京 5 3歳1勝クラス 芝1600 9884.442** 牡3 56.0 松山弘平石坂公一 450
(-4)
1.34.1 0.034.5スパークル
21/01/31 中京 5 3歳未勝利 芝1600 16594.021** 牡3 56.0 和田竜二石坂公一 454
(-4)
1.34.4 -0.235.7⑥⑤⑤ロードラスター
20/11/28 阪神 2 2歳未勝利 芝1400 16485.422** 牡2 55.0 和田竜二石坂公一 458
(+6)
1.22.0 0.335.7ショウリュウレーヴ
20/11/08 阪神 6 2歳新馬 芝1400 136810.452** 牡2 55.0 和田竜二石坂公一 452
(--)
1.21.5 0.334.6⑥⑤グレイイングリーン

ワールドバローズの関連ニュース

マイルCS2着ダノンザキッド(栗・安田隆、牡4)は香港C(12月11日、シャティン、GⅠ、芝2000メートル)、僚馬で11着ダノンスコーピオン(牡3)は香港マイル(同、芝1600メートル)へ、様子を見ながら向かう。8着ロータスランド(栗・辻野、牝5)は、阪神C(12月24日、阪神、GⅡ、芝1400メートル)を視野に入れる。

★カシオペアS3着ワールドバローズ(栗・石坂、牡4)は、京都金杯(1月5日、中京、GⅢ、芝1600メートル)に向かう。4着エアファンディタ(栗・池添学、牡5)は、引き続き川須騎手でチャレンジC(12月3日、阪神、GⅢ、芝2000メートル)へ。

★室町Sを勝ったエアアルマス(栗・池添学、牡7)は、カペラS(12月11日、中山、GⅢ、ダ1200メートル)で重賞2勝目を目指す。

菊花賞17着セイウンハーデス(栗・橋口、牡3)は、有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)を目指す。

★福島民友C6着ディパッセ(栗・高柳大、牡3)は、門司S(1月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)を視野に入れる。

【カシオペアS】武豊アドマイヤビルゴが逃げ切りリステッドレース3勝目 2022年10月30日() 15:47

10月30日の阪神11R・カシオペアステークス(3歳以上、リステッド、別定、芝・外1800メートル、15頭立て)は、武豊騎手の2番人気アドマイヤビルゴ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)がマイペースの逃げに持ち込んで押し切り、3度目のリステッドレース勝利を飾った。タイムは1分46秒1(良)。

3/4馬身差の2着はゴール前で猛然と迫った1番人気のプログノーシス。さらに1馬身差の3着には好位からしぶとく粘ったワールドバローズ(5番人気)が入った。

武豊騎手(1着 アドマイヤビルゴ)「久しぶりにこの馬らしい走りができました。すごくうれしいですね。これを機に軌道に乗せたいです」

カシオペアステークスを制したアドマイヤビルゴは、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ、母の父シルーシヴシティという血統。2017年セレクトセール当歳セクションで5億8000万円(税抜き)の高額で落札されて話題を呼んだ。通算成績は14戦5勝となった。

[もっと見る]

【カシオペアステークス】入線速報(阪神競馬場) 2022年10月30日() 15:35

阪神11R・カシオペアステークス(4回阪神9日目 阪神競馬場  芝・右外1800m サラ系3歳以上オープン)は、1番手14番アドマイヤビルゴ(単勝9.2倍/2番人気)、2番手7番プログノーシス(単勝1.4倍/1番人気)、3番手15番ワールドバローズ(単勝20.6倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連7-14(6.9倍) 馬単14-7(21.1倍) 3連複7-14-15(20.2倍) 3連単14-7-15(141.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2022103009040911
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【3歳以上次走報】ヒートオンビートはAR共和国杯が目標 2022年10月6日(木) 04:40

新潟記念5着ヒートオンビート(栗・友道、牡5)は、アルゼンチン共和国杯(11月6日、東京、GⅡ、芝2500メートル)が目標。日本ダービー6着後休養しているキラーアビリティ(栗・斉藤崇、牡3)も同レースで復帰する予定。

スプリンターズS4着ダイアトニック(栗・安田隆、牡7)、7着トゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡7)、12着メイショウミモザ(栗・池添兼、牝5)は、スワンS(29日、阪神、GⅡ、芝1400メートル)を視野に入れる。8着マリアズハート(美・菊沢、牝6)は、状態次第でルミエールオータムダッシュ(30日、新潟、L、芝1000メートル)か、ラピスラズリS(12月4日、中山、L、芝1200メートル)へ。15着テイエムスパーダ(栗・五十嵐、牝3)は、京阪杯(11月27日、阪神、GⅢ、芝1200メートル)を視野。

日本テレビ盃4着ペイシャエス(美・小西、牡3)は、武蔵野S(11月12日、東京、GⅢ、ダ1600メートル)が有力。みやこS(11月6日、阪神、GⅢ、ダ1800メートル)も視野に。

★白川郷S快勝のヴィアメント(美・鹿戸、騸5)はブラジルC(23日、東京、L、ダ2100メートル)へ。

★外房S勝ちのベイビーボス(美・矢野、牡5)はカペラS(12月11日、中山、GⅢ、ダ1200メートル)が目標。その前にペルセウスS(30日、東京、OP、ダ1400メートル)など、一度使う予定。鞍馬S18着後、休養していたカイザーメランジェ(美・中野、牡7)もカペラSで復帰予定。

★ポートアイランドS5着ワールドバローズ(栗・石坂、牡4)は、カシオペアS(30日、阪神、L、芝1800メートル)に向かう。8着スライリー(美・相沢、牝4)は、キャピタルS(11月26日、東京、L、芝1600メートル)へ。9着ウインアグライア(美・和田雄、牝4)は、5日付けで登録を抹消。北海道新冠町のコスモヴューファームで繁殖入りする。

マイラーズC14着以降、休養しているヴィクティファルス(栗・池添学、牡4)は、カシオペアSでの復帰を目指す。京橋S勝ち馬のプログノーシス(栗・中内田、牡4)も同レースでの復帰を予定。

★朱鷺S15着サンクテュエール(美・田中博、牝5)は新潟牝馬S(23日、新潟、OP、芝2200メートル)を予定。五稜郭S10着コーストライン(美・上原博、牝4)も同レースへの格上挑戦を視野に入れる。

[もっと見る]

【ポートアイS】レースを終えて…関係者談話 2022年10月3日(月) 04:40

◆松若騎手(ヴィジュネル2着)「いい枠に入りました。今の中京は内しか伸びないのでそこを選択しました。スムーズにさばけました。これがいいきっかけになれば」

◆吉田隼騎手(アドマイヤビルゴ3着)「勝ち馬の後ろでリズム良く運べました。ペースがあまり速くならなくて、瞬発力勝負になって最後は差されましたが、頑張っていました」

◆松田騎手(ワールドウインズ4着)「いい感じで追走できて、伸びてはいましたが…。もう少しでした」

◆和田竜騎手(ワールドバローズ5着)「そんなに速くない流れの中、あの位置で手応えがなかった。直線で反応はしましたが、ジワジワでした。ハミに乗ってくる感じがなかったです」

◆城戸騎手(エンデュミオン6着)「自分のリズムで運んで、脚もたまって最後は伸びているんですが…。もう少し流れてほしかった」

◆藤岡佑騎手(カイザーバローズ11着)「今回は距離を詰めて我慢させましたが、ペースアップしたときに速くなり過ぎて追走する意欲がなくなった感じです。気持ちがもう少し戻ってこないと厳しいかもしれません」

[もっと見る]

【3歳以上次走報】ドゥラドーレスは菊花賞を視野に 2022年8月18日(木) 04:45

★藻岩山特別を快勝したドゥラドーレス(美・宮田、牡3)は菊花賞(10月23日、阪神、GⅠ、芝3000メートル)を視野に入れる。トライアルを使うかは検討中。クラスターC4着の僚馬ダンシングプリンス(牡6)はJBCスプリント(11月3日、盛岡、JpnⅠ、ダ1200メートル)へ。

高松宮記念4着トゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡7)は、スプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)に直行する。

★UHB賞を勝ったロードマックス(栗・藤原、牡4)は、キーンランドC(28日、GⅢ、札幌、芝1200メートル)に向かう。4着ミニオンペール(美・小手川、牝6)、6着マイネルジェロディ(栗・西園正、牡4)も同レースへ。10着ヴィズサクセス(美・奥村武、牡5)は、夕刊フジ杯オパールS(10月9日、阪神、L、芝1200メートル)へ。

★TVh賞快勝のオセアダイナスティ(美・加藤征、牡4)、阿蘇S7着エマージングロール(栗・橋口、牡4)は福島民友C(11月20日、福島、L、ダ1700メートル)を視野に入れる。

ブリーダーズGC3着テリオスベル(美・田島、牝5)は、レディスプレリュード(10月6日、大井、JpnⅡ、ダ1800メートル)を予定。

★稲妻Sを勝ったトミケンルーア(美・竹内、騸6)は、ルミエールオータムダッシュ(10月30日、新潟、L、芝直1000メートル)を予定。

★札幌日経OP6着アドマイヤアルバ(美・堀内、騸7)は丹頂S(9月4日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。

★東風S12着後に去勢手術を受けたルフトシュトローム(美・堀、騸5)は京成杯AH(9月11日、中山、GⅢ、芝1600メートル)で復帰へ。

小倉記念9着ヒュミドール(美・小手川、騸6)は、放牧を挟んで秋は京都大賞典(10月10日、阪神、GⅡ、芝2400メートル)などが視野。14着シフルマン(栗・中尾、牡6)は福島記念(11月13日、福島、GⅢ、芝2000メートル)が次走の候補。12着ショウナンバルディ(栗・松下、牡6)は、ケフェウスS(9月17日、中京、OP、芝2000メートル)へ。

関屋記念7着ワールドバローズ(栗・石坂、牡4)は、ポートアイランドS(10月2日、中京、L、芝1600メートル)へ。

★アハルテケS9着コラルノクターン(栗・藤原、牡5)は、エニフS(9月10日、中京、L、ダ1400メートル)へ。

★阿蘇S11着ダノングリスター(栗・寺島、騸6)は、グリーンチャンネルC(10月10日、東京、L、ダ1600メートル)を予定。

エルムS12着アメリカンシード(栗・藤岡、牡5)は、BSN賞(27日、新潟、L、ダ1800メートル)に向かう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドバローズの関連コラム

閲覧 2,421ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2022年08月14日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [5-5-5-34](3着内率30.6%)
×なし [0-0-0-34](3着内率0.0%)

 中央場所、かつ今回と同じ距離のレースにおける実績がポイント。2017年以降の3着以内馬15頭は、いずれも“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”において2着以内となった経験のある馬でした。ローカル場のレースや今回と異なる距離のレースを主戦場としてきた馬は、疑ってかかった方が良いかもしれません。

主な「○」該当馬→ウインカーネリアンワールドバローズ
主な「×」該当馬→シュリスカイグルーヴディヴィーナピースワンパラディ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が重賞、かつ前走の距離が1400m超」だった馬は2017年以降[5-5-4-36](3着内率28.0%)
主な該当馬→ディヴィーナピースワンパラディ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年5月20日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】第2のハギノピリナはどこにいるのか?/オークス展望
閲覧 2,431ビュー コメント 0 ナイス 4



ヴィクトリアマイルソダシが好位から力強く抜け出し。最後は後続を2馬身突き放す完勝だった。

東京の芝はBコース替わり1週目。それでも日曜日になると徐々に内の伸びが悪くなってきており、直前の9レースでは距離短縮&外枠のトウシンモンブランが差し切り勝ち。人気のディープ産駒2頭が4~5着に敗れる中波乱決着となった。

ただ、メインレースに関しては隊列が外有利にはならず。中枠のローザノワールが先手、内枠のレシステンシアソダシらが先団を形成したために外から差しに回った組はかなりのロスを被ることになった。内枠が先行、外枠が差し、という馬群の隊列になると、基本的に外枠の差し馬は不利になる。基本的に…と書いたのはもちろん例外もあるためで、わかりやすい例外は先団を形成する逃げ先行勢が力不足で早々に失速するようなケース。

ただヴィクトリアマイルは、レシステンシアソダシも力のある馬。これらの馬が直線も脚を伸ばすと、内枠の馬はそのスペースを利用して加速しやすいし、外枠の馬は流れの中で押し上げるタイミングがなくなってしまう。結果的にせいぜいが中枠の差し馬までしか出番がなく、外枠の差し勢は速い上がりを使っても届かず…という結末になった。

もっとも、勝ったソダシは隊列の利もあったとはいえ完勝。スタートが速くイメージ以上に高速上がり戦にも対応できるので、力が一枚上だった。中距離やダートを使われていたことで少し忘れられていた面もあるが、これで芝のマイルでは4戦無敗、白毛伝説が再び幕を開けた。

オークスは第2のハギノピリナ探しが予想のテーマ

さて、今週末はオークス。昨年は桜花賞ソダシが単勝1.9倍の支持を集めながらも8着に敗れる一方、3着に16番人気のハギノピリナが突っ込んで大波乱となった一戦。最近の東京芝G1は差し馬の台頭が見られるケースが多いが、オークスも同様の傾向が見られる。

もともとオークスは逃げ先行勢が距離不安から失速するケースが多く、馬場問わず差しが届きやすいレース。加えて近年は東京芝の外の伸びが良くなっており、これまで以上にスタミナ差しが炸裂する条件が揃っている。さらにいえば今年は桜花賞が完全な先行イン有利レースだった。つまり、枠順や馬場のメリットが大きかった桜花賞上位馬の大半は距離や馬場変化に不安を抱えている状態なのである。

昨年同様に、ハギノピリナのようなスタミナ型の大穴馬の台頭があるかもしれない。一見格下と思えるような戦績の馬でも、キッチリとこれまでのレース内容を見直す必要がありそうだ。特に距離不安のない馬や、末脚がしっかりした馬には注意が必要だろう。狙い馬については最後に。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】ワールドバローズ(土曜東京11レース・京王杯スプリングC/4着)

今回は久々の1400mで追走が苦しく、いつも以上に後方の位置取りに。それでも直線はしぶとく脚を伸ばしてあと僅かの4着まで迫り地力を見せた。前走の東京新聞杯でも決して有利とはいえない内枠から7着とまずまずの結果を残しており、重賞でも通用するところまで地力をつけて来ている。今回1400mの流れを経験したことは次走に生きそうだし、改めてベストのマイル戦に戻れば出番だろう。上手く行けばサマーマイルシリーズでの活躍にも期待できそうなので、今から覚えておきたい。

オークス展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。オークスは前述通り、今年は桜花賞とはまったく異なるレースになる可能性が高く波乱の可能性もありそうだ。というわけで、今回はこの馬。

ベルクレスタ吉田隼人騎手)

狙いたいのはベルクレスタ。前走の桜花賞では外枠で流れに乗れず位置を下げ、直線は外に出したが不利もあり伸び切れなかった。それでも枠順や展開を考えればラストは見せ場を作れており、距離延長を控えていることを考えれば悪くない内容だった。追って味があり、今年の世代の中では距離延長は歓迎のタイプ。クイーンCでは差して来て桜花賞馬のスターズオンアースと差のない競馬をしており、能力的にも引けを取らないだろう。直線の末脚比べになれば怖い一頭だ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年2月4日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】開幕週の東京芝は2年連続で人気馬が安定/東京新聞杯展望
閲覧 1,157ビュー コメント 0 ナイス 1



根岸ステークステイエムサウスダンが外から伸びて勝利。逃げ先行のイメージから一転した見事な差し切り勝ちだった。

鞍上の岩田康誠騎手はこの勝利が通算1700勝のメモリアル。かつてのように年間100勝するようなことはなくなっているが、その分穴での活躍が目立つようになってきた。昨年は11番人気のケイデンスコールで京都金杯を、8番人気のショウナンバルディ中日新聞杯を制し重賞2勝。今回のテイエムサウスダンも6番人気。以前のような岩田ブランドがなくなっている分、馬券的には妙味が増えているので、今後も重賞戦線での一発に注意したい。

~開幕週の東京芝は人気馬が順当に走った

さて、先週末からスタートした東京芝だが、好天に恵まれ高速上がり連発。基本的には人気馬が強く。1番人気馬が芝10レース中9レースで馬券に絡む安定感を見せた。上位3番人気まで広げても(8-5-4-3)とかなり堅実で、単複を買い続けてもプラス。無茶な穴狙いは禁物という状況だった。

これは偶然ではなく、昨年の冬の東京開幕週も芝10レースのうち1番人気馬が9レースで連対、同様の傾向を示していた。今週末も予報通り好天が続くようなら、無茶な穴狙いは禁物かもしれない。

というわけで、恒例の(と言いつつ先週は書き忘れてしまった)次走狙い馬を一頭。

セイゲン(土曜東京3レース3着)

除外明けで久々の一戦となった今回も果敢に先手を奪ったが最後は捕まって3着。それでも展開を考えればよく粘っていた。所属する中川公厩舎は叩き良化型の傾向が強く、次走の上積みは必至。順調に詰めて使えるようなら、さらなるパフォーマンスアップ(=勝ち負け)濃厚だろう。

東京新聞杯の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。

今回は東京新聞杯からこの馬を。

ワールドバローズ和田竜二騎手)

デビュー以来とにかく安定しており、唯一馬券圏外に崩れたのは重賞のアーリントンカップのみ(5着)。スタート、追っての良さ、しぶとさともに水準以上で崩れないタイプ。人気馬が強いと書いた東京芝だがココは混戦模様なので、上手く立ち回れれば一発があってもおかしくない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

ワールドバローズの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2022.10.30[結果]

 DEEB 2022年10月30日() 17:04

閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 5

東京10R ペルセウスステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 レモンポップ…1着
○10 タイセイサムソン…2着
× 6 ☆ケイアイターコイズ…7着
☆ 4 ショーム…9着
☆12 スズカフェスタ…15着
[結果:アタリ△ 馬連 10-13 310円、ワイド 10-13 190円]

東京11R 天皇賞(秋) GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 イクイノックス…1着
○ 8 シャフリヤール…5着
▲ 4 ポタジェ…13着
△ 6 ジオグリフ…9着
× 1 ☆マリアエレーナ…7着
☆14 ユーバーレーベン…8着
[結果:ハズレ×]

東京12R 秋嶺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 イグザルト…10着
○12 レッドゲイル…1着
▲13 レーヴリアン…2着
☆16 ビップエレナ…4着
[結果:アタリ○ 馬連 12-13 2,920円]

阪神 2R 2歳未勝利牝
◎ 4 ゼットスティール…1着
○ 2 ダイメイセブン…5着
× 1 ☆ウイニンググレイス…4着
[結果:ハズレ×]

阪神11R カシオペアステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 プログノーシス…2着
○ 1 エアファンディタ…4着
▲ 4 ソリタリオ…9着
△15 ワールドバローズ…3着
×11 ☆エンデュミオン…6着
☆ 5 ワンダフルタウン…12着
[結果:ハズレ×]

新潟 4R 障害3歳以上未勝利
◎ 3 アナンダライト…5着
○ 8 レザネフォール…1着
▲ 1 カイトレッド…3着
△10 ☆クリノオウジャ…4着
× 4 ブルメンダール…2着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 鳥屋野特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎15 ロスコフ…4着
○ 8 ゴールドブリーズ…12着
☆ 4 カムカム…2着
[結果:アタリ○ 複勝 4 1,500円]

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 ロードベイリーフ…11着
○ 9 ☆ビリーバー…4着
▲ 4 シンシティ…15着
△ 5 マウンテンムスメ…2着
×11 ショウナンバニラ…13着
×18 ジュニパーベリー…5着
☆ 6 アルピニズム…17着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:8戦2勝5敗1分]
次の土日も、何とか競馬ができそうです。

 DEEB 2022年10月30日() 07:50
恥ずかしい馬予想2022.10.30
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 4

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京10R ペルセウスステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 レモンポップ
○10 タイセイサムソン
× 6 ☆ケイアイターコイズ
☆ 4 ショーム
☆12 スズカフェスタ

東京11R 天皇賞(秋) GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 イクイノックス
○ 8 シャフリヤール
▲ 4 ポタジェ
△ 6 ジオグリフ
× 1 ☆マリアエレーナ
☆14 ユーバーレーベン

東京12R 秋嶺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 イグザルト
○12 レッドゲイル
▲13 レーヴリアン
☆16 ビップエレナ

阪神 2R 2歳未勝利牝
◎ 4 ゼットスティール
○ 2 ダイメイセブン
× 1 ☆ウイニンググレイス

阪神11R カシオペアステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 プログノーシス
○ 1 エアファンディタ
▲ 4 ソリタリオ
△15 ワールドバローズ
×11 ☆エンデュミオン
☆ 5 ワンダフルタウン

新潟 4R 障害3歳以上未勝利
◎ 3 アナンダライト
○ 8 レザネフォール
▲ 1 カイトレッド
△10 ☆クリノオウジャ
× 4 ブルメンダール

新潟10R 鳥屋野特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎15 ロスコフ
○ 8 ゴールドブリーズ
☆ 4 カムカム

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 ロードベイリーフ
○ 9 ☆ビリーバー
▲ 4 シンシティ
△ 5 マウンテンムスメ
×11 ショウナンバニラ
×18 ジュニパーベリー
☆ 6 アルピニズム

秋天ですね。
当たるかな、当てたいね。

[もっと見る]

 たぶお統括本部長 2022年10月3日(月) 22:46
今週の推奨馬+先頭の◎成績
閲覧 126ビュー コメント 0 ナイス 6

《今週の推奨馬》

★土曜日・東京10R・西湖特別(3歳以上2勝クラス・ダート1600m)
・バトルクライ
前走は6月に今回と同じ府中ダート1600mのGⅢユニコーンSを僅かクビ+クビ差の3着に好走。
ユニコーンS組は、その後に重賞で好走してる馬が多くハイレベルだった。
次は同馬の番で自己条件で引き続き同じ舞台なら勝ち負け必至。

★日曜日・阪神10R・トルマリンS(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・ヴァレーデラルナ
前走は8月に小倉ダート1700mの八女特別を0.3秒差で快勝して現在2連勝中と絶好調で昇級してきた。
これで全成績が〔3.4.0.1〕で、唯一の着外は芝だからダートでは連対率100%となる。
阪神ダートも〔2.2.0.0〕と実績があり昇級初戦でも勝ち負け必至。

★月曜日・阪神10R・播州S(3歳以上3勝クラス・ダート1200m)
・ランドボルケーノ
前走は9月に中京ダート1200mの浜松Sを2着に好走で、現在2戦連続現級のダート1200mを2着に好走中で絶好調。
今回の阪神ダート1200mは初めてだが、阪神ダート自体は〔2.0.0.1〕と全3勝中2勝を挙げて得意にしている。
状態が良くベストのコースなら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・中京9R・ヤマボウシ賞
2着スクーバー
複勝120円

★日曜日・中山10R・茨城新聞杯
1着レッドランメルト
単勝170円
複勝120円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[32.13.12.30]
勝率・0.367
連対率・0.517
複勝率・0.655

単複回収率(87戰)
単勝・80.3%(6990円)
複勝・82.0%(7140円)
総合・81.2%

《先週の重賞レース◎成績》

★シリウスS(GⅢ)
7着ハヤブサナンデクン

★スプリンターズS(GⅠ)
14着メイケイエール

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔17.15.16.47〕
勝率・0.178
連対率・0.336
複勝率・0.505

単複回収率(95戦)
単勝・66.1%(6280円)
複勝・84.3%(8010円)
総合・75.2%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★秋風S
12着レディバランタイン

★ポートアイランドS
5着ワールドバローズ

成績・[26.14.12.71]
勝率・0.211
連対率・0.325
複勝率・0.422

単複回収率(123戦)
単勝・70.8%(8710円)
複勝・72.2%(8890円)
総合・71.5%

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドバローズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年10月2日() 15:36:10
和田、人気を潰すだけなら鞍上は必要なし。流石は福永の同期。上手くもない癖に長年鞍上を続けさせて居られるのも福永に媚売ってるからだろう。ゴミはゴミに帰れ。ゴミ和田竜二!

ワールドバローズの写真

ワールドバローズ

ワールドバローズの厩舎情報 VIP

2022年10月30日カシオペアステークス (L)3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワールドバローズの取材メモ VIP

2022年10月30日 カシオペアステークス (L) 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。