ショウリュウレーヴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ショウリュウレーヴ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2018年2月22日生
調教師佐々木晶三(栗東)
馬主上田 芳枝
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-0-0-2]
総賞金1,350万円
収得賞金900万円
英字表記Shoryu Reve
血統 ミッキーアイル
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
スターアイル
ショウリュウムーン
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ムーンザドリーム
兄弟 ショウリュウイクゾショウリュウハル
前走 2021/04/17 アーリントンカップ G3
次走予定

ショウリュウレーヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/17 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 187156.548** 牡3 56.0 団野大成佐々木晶502(-4)1.35.0 0.835.4⑥④ホウオウアマゾン
21/03/27 阪神 7 3歳1勝クラス 芝1400 11331.711** 牡3 56.0 団野大成佐々木晶506(+6)1.20.6 -0.234.5⑤⑤メイショウツワブキ
20/11/28 阪神 2 2歳未勝利 芝1400 16352.311** 牡2 54☆ 団野大成佐々木晶500(0)1.21.7 -0.335.5ワールドバローズ
20/11/08 阪神 6 2歳新馬 芝1400 13574.224** 牡2 54☆ 団野大成佐々木晶500(--)1.21.6 0.434.7⑥⑤グレイイングリーン

ショウリュウレーヴの関連ニュース


※当欄ではアーリントンCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎⑧ピクシーナイト
○⑨ホウオウアマゾン
▲⑯ジャスティンカフェ
☆⑪ジュリオ
△⑫レイモンドバローズ
△⑭ワールドバローズ
△⑮ショウリュウレーヴ
△⑱グレイイングリーン

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑭ワールドバローズ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨ホウオウアマゾン

【原奈津子】
◎⑨ホウオウアマゾン
○⑮ショウリュウレーヴ
▲⑧ピクシーナイト

【天童なこ】
◎⑯ジャスティンカフェ

【目黒貴子】
◎⑯ジャスティンカフェ



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】アーリントンカップ2021 ホウオウアマゾン、ピクシーナイトら6頭がオールクリア 2021年4月16日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアーリントンカップ・データ分析 をお届けします!


【近走成績】
前走掲示板外からの巻き返しも珍しくないレースだが、2011年以降(2011~2017年は1回阪神で施行)の3着以内馬を振り返ると、近3走とも3着以下に敗れていた馬の好走例は皆無。2着連対圏から遠ざかっている馬は割引が必要となる。

【前走使用競馬場】
2011年以降の2着以内馬の前走使用競馬場をみると、京都、中京、中山、阪神の4パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は2着連対圏に達していない。

【前走4角通過順】
芝1600m戦経由馬における前走の位置取りについては不問だが、それ以外の場合は話が別。2011年以降、前走で芝1600m以外のレースを使用していた馬のうち、その際の4角通過順が7番手以降だった馬は、当レースで連対ゼロとイマイチな結果に終わっている。

【実績】
2011年以降の2着以内20頭中17頭が2勝以上を挙げ、残り3頭の1勝馬のうち2頭は芝のオープンクラスで3着以内の好走歴があった。例外は2011年2着のキョウエイバサラのみ。同馬は当レースが初めての芝競走だった。1勝以下かつオープンクラスで3着内歴がない、芝経験馬は疑ってかかるべきだろう。


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、②アドマイヤザーゲ、⑧ピクシーナイト、⑨ホウオウアマゾン、⑪ジュリオ、⑮ショウリュウレーヴ、⑱グレイイングリーンの6頭。トップには⑨ホウオウアマゾンを挙げたい。前走が阪神開催の朝日杯FSで1ケタ着順だった馬は【2.2.0.1】の好成績。当該コースの重賞で2着好走の経験があることも心強い。

ほぼ同列の2番手に⑧ピクシーナイト。近年の当レースにおいて5月誕生馬の成績が芳しくない点はネックの反面、キャリア3~5戦の前走マイル重賞3着以内馬は、近10回【4.1.0.0】のハイパフォーマンスを示している。安易に評価を下げることはできない。

2011年以降のキャリア別で最多8連対を誇るキャリア4戦馬に該当、なおかつ芝マイルで連勝中の⑪ジュリオも侮れない1頭。ほか、前走の1勝クラスを好内容で勝ち上がった⑮ショウリュウレーヴと⑱グレイイングリーン、距離短縮で挑む②アドマイヤザーゲらにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
ホウオウアマゾン ピクシーナイト ジュリオ ショウリュウレーヴ グレイイングリーン アドマイヤザーゲ

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】アーリントンカップ2021 両極端な決着になりやすいレースゆえに上位勢で決め打ち勝負! 2021年4月16日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアーリントンカップ・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数上位勢が3着以内を占めて順当に決まる年と、上位勢が崩れて下位の馬が複数頭台頭する大荒れの年の、いずれか両極端な決着になりやすい難解なレースとなっている。一昨年は6位→12位→14位の低指数馬、しかも人気薄が揃って激走して3連単136万馬券決着。昨年は一転して、指数5位以内かつ5番人気以内の馬がワンツースリーを決める順当決着。というようにつかみどころのない一戦だが、指数下位を狙い撃ちすることは困難なため、指数通りに決まることに期待して上位勢を中心に狙っていきたい。
 
外すわけにはいかないのが、3位以下に2.3以上の指数差を付けている上位2頭だ。メンバー中唯一の重賞勝ち馬である1位の⑧ピクシーナイト(92.3)。そして、マイル初参戦ながらも千四で高いパフォーマンスを発揮しているディープインパクト産駒の2位⑱グレイイングリーン(91.9)。抜けた評価のこの2頭の両方もしくはいずれか1頭が、馬券絡みを果たす可能性は非常に高いと判断する。
 
以下、同じ舞台で行われたデイリー杯2歳Sで2着に入った実績を持つ3位の⑨ホウオウアマゾン(89.6)と、強い内容で2連勝中の5位⑮ショウリュウレーヴ(88.9)の2頭を押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
ピクシーナイト ⑱グレイイングリーン ⑨ホウオウアマゾン ⑮ショウリュウレーヴ

[もっと見る]

【アーリントン】厩舎の話 2021年4月16日(金) 04:51

 ◆アドマイヤザーゲ・友道師「パワータイプなので馬場は少ししぶっても大丈夫だと思う。自分のペースで運びたい」

 ◆グレイイングリーン・池江師「引っ掛かるので、1ハロン距離が延びるのが鍵。ゲートが悪くなっている感じがするので練習している」

 ◆サイモンメガライズ・酒井助手「ポテンシャルが高く、距離の守備範囲も広い。週末の雨予報もプラスになりそう」

 ◆サトノラムセス・橋口師「(理想は)好位からの競馬。阪神は合っていると思います」

 ◆サンデージャック・宮本師「ここ2戦がいい内容で、馬任せの競馬がいいみたい。馬場がしぶるのはプラス」

 ◆ジャスティンカフェ・北村友騎手「『馬の後ろで我慢してほしい』という指示。よく動いてくれていた」

 ◆ジュリオ・木村師「ひと息入っていた前走よりコンディションはいい。輸送もあるし、メンタルな部分がポイント」

 ◆ショウリュウレーヴ・佐々木師「距離は大丈夫。他馬が苦にするようなら、むしろ道悪の方がいいのかも」

 ◆タイフォン・森田師「もっと距離を延ばしたいけど、引っ掛かる面があるから。勝ったときのように折り合えれば」

 ◆トーホウディアス・南井師「前走は逃げる形になったけど、控えても競馬はできる。マイルくらいがいいのかも」

 ◆ノースザワールド・藤岡康騎手「乗りやすくて、流れひとつでやれていいと思います」

 ◆バクシン斎藤誠師「いつもより動けている感じ。初芝になるがひと雨降ってくれれば」

 ◆バルドルブレイン奥村豊師「変わりなくきていますね。まだ子供っぽさが目立つので、経験を積んでほしい」

 ◆ピクシーナイト・音無師「仕上がりは悪くない。成長は分かりにくいけど、もともと、いいものを持っている」

 ◆ホウオウアマゾン・矢作師「先週ビシッと負荷をかけていて、大体できたかなという感じ」

 ◆リッケンバッカー・余田助手「レースを重ねるたびに大人になってきた感じ。現状ではマイルが一番いい」

 ◆レイモンドバローズ・今井助手「息遣いや雰囲気はいいですよ。競馬が上手でセンスがいい」

 ◆ワールドバローズ・石坂師「気性が成長し、ズブさも解消。マイルの方が競馬がしやすい」

アーリントンCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アンタレスS&アーリントンC&中山グランドJ】古馬ダート中距離重賞&NHKマイルCトライアル&春の障害頂上決戦の注目点はこちら! 2021年4月15日(木) 11:54

マーチSの1、2着馬が参戦予定 レピアーウィットヒストリーメイカー/アンタレスS



 マーチSを制したレピアーウィット(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)が、アンタレスSで重賞連勝を狙う。同馬は父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツという血統で、2013年の朝日杯FSを制したアジアエクスプレスの全弟にあたる。アジアエクスプレスは2015年のアンタレスSで2着に敗れているが、レピアーウィットは兄が勝てなかったアンタレスSを制すことができるかどうか。同馬には石橋脩騎手が騎乗する予定。なお、同馬を管理する堀宣行調教師は、フェブラリーSカフェファラオ)→マーチSレピアーウィット)とJRAのダート重賞で出走機会2連勝中。



 また、ヒストリーメイカー(牡7歳、栗東・新谷功一厩舎)は、昨年5月の平安S4着以降、勝利こそないがダート交流重賞ですべて5着以内に入る堅実な成績を残しており、昨年12月の東京大賞典では4着、前走のマーチSでは2着に入っている。ヒストリーメイカーには前走に続き内田博幸騎手が騎乗する予定だが、念願の重賞初勝利を挙げることができるかどうか。Vなら、同馬を管理する新谷功一調教師はJRA重賞初制覇となる。なお、マーチSの1、2着馬が揃って同年のアンタレスSに参戦すれば、2007年以来14年ぶりとなる。



★父子制覇がかかるショウリュウレーヴ 4週連続重賞V狙う川田将雅騎手にも注目/アーリントン



 アーリントンCに登録しているショウリュウレーヴ(牡、栗東・佐々木晶三厩舎)は、2014年にアーリントンCを制したミッキーアイルの産駒で、レース史上初の父子制覇がかかる。ミッキーアイルアーリントンCを勝ち、次走のNHKマイルCも制して3歳マイル王の座に就いたが、ショウリュウレーヴは父に続いてアーリントンCを制すことができるかどうか。なお、ショウリュウレーヴの母ショウリュウムーンは2010年にチューリップ賞を勝っており、父母ともに阪神・芝1600メートルの重賞勝ち馬という血統。



 また、川田将雅騎手は、3月27日の毎日杯シャフリヤール)、28日の高松宮記念ダノンスマッシュ)→4月4日の大阪杯レイパパレ)→10日のサンスポ杯阪神牝馬Sデゼル)と自身最長となる3週連続JRA重賞制覇を決めている。同騎手は、17日のアーリントンCではホウオウアマゾン(牡、栗東・矢作芳人厩舎)、翌日の皐月賞ではダノンザキッド{牡、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗予定だが、今週もJRA重賞を制すことができるかどうか。なお、ホウオウアマゾンを管理する矢作芳人調教師は、JRA通算700勝まであと1勝となっている。



★6連覇に挑むオジュウチョウサン 2度目の対戦で雪辱なるかメイショウダッサイ/中山グランドJ



 オジュウチョウサン(牡10歳、美浦・和田正一郎厩舎)が、中山グランドJ6連覇を目指す。同馬は、前走の京都ジャンプSで3着となり、2016年中山グランドJから続いていた障害重賞での連勝が「13」でストップした。JRAの同一重賞を5連覇したのはオジュウチョウサンだけだが、今年も中山グランドJを制して自身の記録を更新することができるかどうか。



 また、昨年のJRA賞最優秀障害馬メイショウダッサイ(牡8歳、栗東・飯田祐史厩舎)は、昨年の中山グランドJでオジュウチョウサンから3馬身差の2着に入っており、前年のリベンジなるか注目される。メイショウダッサイは中山グランドJ2着以降、東京ハイJ中山大障害阪神スプリングJと障害重賞3連勝中だが、オジュウチョウサンとの2度目の対戦はどちらに軍配があがるだろうか。



アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★アーリントンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★中山グランドJの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★【アンタレスS】レース展望★【アーリントンC】レース展望★【中山グランドJ】レース展望



★【皐月賞】無敗馬か!2歳王者か?混戦模様の牡馬クラシック第1弾の注目点はこちら!!★【皐月賞】レース展望

[もっと見る]

【アーリントン】ショウリュウレーヴ坂路で4F51秒5 2021年4月15日(木) 04:48

 ショウリュウレーヴが、栗東坂路で抜群の動きだ。重馬場をものともせず、余力十分に4ハロン51秒5-11秒9を単走でマークし、調教評価は最高の『S』。佐々木調教師は「この馬場を考えればすごいよね。出色の時計だと思う。状態は変わらずいいよ」とうなずいた。母ショウリュウムーンが2010年のチューリップ賞(GIII)を制した舞台で、3連勝での重賞初Vを狙う。

アーリントンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウリュウレーヴの関連コラム

関連コラムはありません。

ショウリュウレーヴの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2021.04.17[結果]

 DEEB 2021年4月17日() 16:48

閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 5

中山11R 中山グランドジャンプ J・GⅠ 障害4歳以上オープン(国際)
◎ 6 メイショウダッサイ…1着
○ 7 スマートアペックス…4着
▲ 3 タガノエスプレッソ…3着
△ 5 マイネルプロンプト…6着
[結果:アタリ△ 複勝 3 200円、ワイド 3-6 230円]

阪神 8R 4歳以上1勝クラス牝
◎ 9 ★ハニエル…1着
○ 7 ベストチャーム…4着
▲ 5 ミヤコシスター…7着
△ 2 ヒロイン…6着
×10 テイエムメロディー…5着
[結果:アタリ△ 単勝 9 150円、複勝 9 110円]

阪神11R アーリントンカップ GⅢ 3歳オープン(国際)(指定)
◎15 ★ショウリュウレーヴ…8着
○12 レイモンドバローズ…3着
▲14 ワールドバローズ…4着
☆ 5 バクシン…15着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 雪うさぎ賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 モンファボリ…3着
○ 5 ☆カトルショセット…10着
▲14 カラパタール…5着
△12 タマモダイジョッキ…6着
×10 スマイルアモーレ…4着
[結果:ハズレ×]

新潟11R ラジオ福島賞 4歳以上2勝クラス
◎ 1 ゴールデンライオン…3着
○13 マテンロウスパーク…1着
▲ 7 フレイムウィングス…15着
△ 5 バルサミックムーン…11着
× 4 キンノマサカリ…2着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:5戦0勝3敗2分]
ボロボロな結果でした。
先々週と先週が良すぎたのです。

 DEEB 2021年4月17日() 10:31
恥ずかしい馬予想2021.04.17
閲覧 124ビュー コメント 0 ナイス 5

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山11R 中山グランドジャンプ J・GⅠ 障害4歳以上オープン(国際)
◎ 6 メイショウダッサイ
○ 7 スマートアペックス
▲ 3 タガノエスプレッソ
△ 5 マイネルプロンプト

阪神 8R 4歳以上1勝クラス牝
◎ 9 ★ハニエル
○ 7 ベストチャーム
▲ 5 ミヤコシスター
△ 2 ヒロイン
×10 テイエムメロディー

阪神11R アーリントンカップ GⅢ 3歳オープン(国際)(指定)
◎15 ★ショウリュウレーヴ
○12 レイモンドバローズ
▲14 ワールドバローズ
☆ 5 バクシン

新潟10R 雪うさぎ賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 モンファボリ
○ 5 ☆カトルショセット
▲14 カラパタール
△12 タマモダイジョッキ
×10 スマイルアモーレ

新潟11R ラジオ福島賞 4歳以上2勝クラス
◎ 1 ゴールデンライオン
○13 マテンロウスパーク
▲ 7 フレイムウィングス
△ 5 バルサミックムーン
× 4 キンノマサカリ

今日は、休みです。
でも、雨ですね。
散髪に行こか行かないか、迷っています。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2021年4月17日() 08:43
本日の見所(アーリントンC) 
閲覧 289ビュー コメント 0 ナイス 12

勢力図編
____

出走馬が経由しているレースで もっとも高指数決着だったのは、朝日杯フューチュリティSで「指数-17」、次が若葉Sで「指数-16」、その次がホープフルSで「指数-15」。しかし、前記の2レースは芝2000mということもあり、上位馬は皐月賞に出走するため、マイル戦のここには出走してきません。

マイル以下の距離で朝日杯フューチュリティSの次に高指数決着だったのは、デイリー杯2歳S、秋明菊賞、シンザン記念、グレイイングリーンが勝利した1勝クラス戦でともに「指数-14」。さらにファルヴォーレやジュリオが勝った1勝クラス戦と、トーホウディアスが3着だったフローラルウォーク賞で、ともに「指数-11」。レイモンドバローズとショウリュウレーヴとジュンブルースカイが勝利した1勝クラスは、その次点でともに「指数-10」です。

つまり、デイリー杯2歳Sでアタマ差2着、朝日杯フューチュリティSで勝ち馬と0.7秒差(9着)のホウオウアマゾンと秋明菊賞で次走の朝日杯フューチュリティSで5着となったブルースピリットと0.3秒差(3着)、その次走でシンザン記念を優勝したピクシーナイトがここでは能力上位となります。

しかし、両馬は今回が始動戦。休養明けはスタミナが不足するので、雨の影響で重~不良馬場になった場合には、大阪杯のコントレイル、グランアレグリア、サリオスのように敗れる危険性もあります。特にピクシーナイトは前走のシンザン記念を大目標にした後の楽をさせた後の一戦となるために、ここは楽ではないでしょう。そこを考慮するとレースを順調に使われている、次点の能力値上位馬を中心視するのが、上策でしょう。

ただし、芝1400mの1勝クラス戦で強豪と対戦してきたグレイイングリーンは、今回が初めてのマイル戦。キャリアの浅い3歳馬だけにやってみないとわからない面があります。同馬はゲートが下手という弱点がある馬だけに、その面での距離延長は好ましいでしょう。

しかし、前々走では出負けして後方外から3~4コーナーで位置を押し上げるロスがあり、前へ行った2頭が競り合ってペースを引き上げたことで、展開の後押しもありながらも最後伸びあぐねて3着だった辺りにやや不安を感じます。また前走の1勝クラスも、超高速馬場で内と前が有利となった中で、内枠から最短距離を立ち回っての勝利でしたが、高速馬場ならばともかく、重~不良馬場で距離1F延長をこなすのは楽ではないでよう。

ここはそれ以外の前走1勝クラス戦を勝利した、マイル適性の裏付けのある馬を中心に馬券を組み立てたいです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウリュウレーヴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ショウリュウレーヴの写真

ショウリュウレーヴ

ショウリュウレーヴの厩舎情報 VIP

2021年4月17日アーリントンカップ G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウリュウレーヴの取材メモ VIP

2021年4月17日 アーリントンカップ G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。