ルックトゥワイス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ルックトゥワイス
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2013年4月2日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主飯塚 知一
生産者追分ファーム
生産地安平町
戦績16戦[5-7-1-3]
総賞金13,227万円
収得賞金3,400万円
英字表記Look Twice
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
エスユーエフシー
血統 ][ 産駒 ]
Alzao
Familiar
兄弟 ミッキーパンプキンインプレザリオ
前走 2019/01/13 日経新春杯 G2
次走予定 2019/03/23 日経賞 G2

ルックトゥワイスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/13 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 165107.852** 牡6 55.0 岩田康誠藤原英昭450(+2)2.26.3 0.136.7⑬⑬⑩⑩グローリーヴェイズ
18/12/22 中山 11 グレイトフル 1600万下 芝2500 137112.011** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭448(+2)2.32.7 -0.535.9⑤⑤④④フェイズベロシティ
18/11/04 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 12684.428** 牡5 54.0 北村友一藤原英昭446(+6)2.34.2 0.532.7⑩⑩⑨⑨パフォーマプロミス
18/10/08 東京 10 六社S 1600万下 芝2400 138122.512** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭440(-4)2.25.8 0.233.9⑩⑩⑥⑧ムイトオブリガード
18/08/18 新潟 11 日本海S 1600万下 芝2200 7772.323** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭444(+2)2.14.2 0.234.2ポポカテペトル
18/06/16 東京 11 ジューンS 1600万下 芝2000 9441.512** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭442(-4)2.02.9 0.033.5クラウンディバイダ
18/05/12 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 13571.912** 牡5 57.0 戸崎圭太藤原英昭446(+14)2.23.2 0.334.2⑦⑦⑧⑦ウインテンダネス
17/11/04 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 14343.222** 牡4 56.0 戸崎圭太藤原英昭432(-6)2.00.9 0.033.3⑧⑧⑧ストーンウェア
17/10/14 新潟 11 魚沼特別 1000万下 芝2000 7661.311** 牡4 57.0 北村友一藤原英昭438(+8)1.58.6 -0.433.3⑤⑤トレジャートローヴ
17/07/02 中京 9 木曽川特別 1000万下 芝2200 187141.812** 牡4 57.0 戸崎圭太藤原英昭430(-4)2.13.1 0.034.1⑬⑭⑭⑬マウントゴールド
17/05/28 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 16232.411** 牡4 57.0 戸崎圭太藤原英昭434(+2)2.23.8 -0.534.3④④⑤ケイブルグラム
17/04/30 新潟 10 春日山特別 500万下 芝2000 9662.921** 牡4 57.0 北村友一藤原英昭432(+2)1.58.6 -1.035.2⑦⑦ジュンファイトクン
17/01/21 中京 9 4歳以上500万下 芝2200 13563.222** 牡4 56.0 岡田祥嗣藤原英昭430(0)2.15.5 0.235.6⑦⑦⑥⑤アートフェスタ
16/12/18 中京 9 3歳以上500万下 芝2200 178179.154** 牡3 55.0 岡田祥嗣藤原英昭430(-6)2.14.6 0.335.2⑨⑨⑦⑦ファスナハト
16/07/23 中京 7 3歳未勝利 芝2000 168163.621** 牡3 56.0 福永祐一藤原英昭436(+2)2.01.7 -0.335.5⑪⑪⑩⑪エディンバラ
16/02/21 東京 5 3歳新馬 芝1800 166123.116** 牡3 56.0 M.デムー藤原英昭434(--)1.52.8 1.135.7⑭⑮⑭ビッシュ

ルックトゥワイスの関連ニュース

【日経賞】レース展望

2019年3月18日(月) 17:36

 中山では土曜メイン日経賞(23日、GII、芝2500メートル)が組まれている。1着馬に天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦で、今年も好メンバーがそろった。

 最も注目されるのはエタリオウ(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。1勝馬ながら、青葉賞2着、ダービー4着、神戸新聞杯2着、菊花賞2着とクラシック路線で常に上位争いをしてきた。菊花賞以来5カ月ぶりの出走になるが、調整は順調。神戸新聞杯が4カ月ぶりのレースだったように、休み明けを苦にしないタイプ。中山は初めてだが、このコースに実績があるステイゴールド産駒だけに、“最強の1勝馬”の称号を捨て去ることになるかもしれない。

 ルックトゥワイス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は成長に合わせてじっくり育てる藤原英厩舎らしく、着実に力をつけてきた。昇級初戦だった前走の日経新春杯は、内から抜け出したグローリーヴェイズに1/2馬身及ばなかったが、重賞でも十分戦えることを証明した。中山の芝2500メートルは2走前のグレイトフルSを3馬身差で圧勝した舞台。こちらもステイゴールド産駒で、好勝負になるだろう。

 メイショウテッコン(栗東・高橋義忠厩舎、牡4歳)はラジオNIKKEI賞の勝ち馬で、梅花賞でエタリオウを破った実績もある。前走の日経新春杯はスタートがひと息で、3コーナー手前から一気に動いたぶん、最後に止まって9着に敗れたが、マイペースの走りができればしぶといタイプ。中山は初めてだが、脚質的には合っているはずだ。近走はスタートで不利や出遅れが続いているので、発馬が決まることが好走の条件になるが、侮れない存在だ。

 菊花賞2着、天皇賞・春3着の実績があるクリンチャー(栗東・宮本博厩舎、牡5歳)は、フランス遠征の疲れが抜けきらなかった有馬記念で15着に大敗したが、今回はじっくり立て直されただけに見直せる。

 中山巧者のサクラアンプルール(美浦・金成貴史厩舎、牡8歳)は日経賞でも昨年3着に好走している。6、7、5着の近3走は全て大外枠という不運。内めの枠に入れば巻き返す可能性はある。

 青葉賞優勝馬ゴーフォザサミット(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)、ダートから芝路線への転向が成功し、重賞初挑戦だったダイヤモンドSで3着に好走したカフェブリッツ(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)、昨年2着のチェスナットコート(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)、ホッカイドウ競馬から挑戦するハッピーグリン(田中淳司厩舎、牡4歳)なども上位争いを演じても不思議はない。



日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日経賞】特別登録馬2019年3月17日() 17:30

2019年3月23日(土)に中山競馬場で行われる日経賞(GII)の登録馬は以下の通り。

アクションスター 牡9
エタリオウ 牡4
カフェブリッツ 牡6
クリンチャー 牡5
グランアルマダ セ7
ゴーフォザサミット 牡4
サクラアンプルール 牡8
サトノティターン 牡6
チェスナットコート 牡5
ハッピーグリン 牡4
ブラックバゴ 牡7
メイショウテッコン 牡4
ルックトゥワイス 牡6

日経賞(GII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【AJCC&東海S】レースの注目点 2019年1月16日(水) 18:38

★前年のクラシック優勝馬の参戦は20年ぶり 菊花賞フィエールマンAJCCに登録



 昨年の菊花賞フィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、アメリカジョッキークラブカップ(GII)に登録している。同馬は、昨年1月のデビュー以来4戦3勝という成績を挙げており、デビュー4戦目での菊花賞制覇は同レース史上最少キャリア優勝となった。フィエールマンはデビューからレース間隔を2力月以上あけて出走を続けており、今回も菊花賞以来、約3カ月ぶりの出走となる。



 アメリカジョッキークラブカップに前年のクラシック優勝馬が出走すれば、1999年のスペシャルウィーク(前年のダービー馬)以来20年ぶりで、スペシャルウィークは1番人気の支持に応えて勝利を挙げているが、フィエールマン菊花賞馬の実力を示すことができるだろうか。



 なお、同馬には前走に続きC.ルメール騎手が騎乗する予定となっている。



★史上3頭目のAJCC連覇なるか 昨年Vダンビュライトが今年も出走予定



 ダンビュライト(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、アメリカジョッキークラブカップ(GII)連覇を狙っている。同馬は、3歳時は三冠レースで皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着という成績を残し、4歳初戦のアメリカジョッキークラブカップで重賞初制覇を飾った。ダンビュライトはその後、勝利から遠ざかっているが、1年ぶりの勝利を挙げることができるだろうか。



 アメリカジョッキークラブカップの連覇はアンバーシャダイ(1982・83年)、ネヴァブション(2009・10年)が達成しており、ダンビュライトが勝てば、同レース史上3頭目の連覇となる。



 また、ダンビュライトに騎乗予定の北村友一騎手は、1月15日現在、今年のJRA競走で8勝を挙げ、騎手リーディング2位となっている。北村友一騎手は、ヴァルディゼールとのコンビで6日のシンザン記念(GIII)を制しているが、今年2度目の重賞制覇を遂げることができるだろうか。Vなら、同騎手は“中山重賞”初勝利となり、JRA全10場重賞制覇へ残すは札幌、新潟の2場となる。

★圧勝の連続で目下5連勝中! インティ東海Sで重賞初挑戦



 5連勝中のインティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)が、東海S(GII)に登録している。同馬は2017年4月のデビュー戦は9着に敗れているが、2戦目の未勝利戦を7馬身差で勝ち上がると、その後は連勝を伸ばし、前走の観月橋S(1600万下)までの5連勝で2着馬につけた着差は合計30馬身と圧勝を続けている。インティは今回が初の重賞挑戦となるが、連勝を「6」に伸ばすことができるだろうか。Vなら、インティに騎乗予定の武豊騎手は、デビュー年から継続している連続年JRA重賞勝利記録を「33年」に伸ばす。



 なお、武騎手は中京競馬場の馬場改修工事が行われた2012年以降の中京ダート1800m戦で、72戦16勝、2着8回(勝率.222、連対率.333)と好成績を挙げている。



★今年の重賞で好成績を挙げるステイゴールド産駒 AJCC東海Sに計4頭が登録



 ステイゴールド産駒は、今年実施された6つの重賞競走のうち3競走に出走し、中山金杯(GIII)ではウインブライトステイフーリッシュがワンツーフィニッシュ、京都金杯(GIII)では11番人気のミエノサクシードが3着に入り、日経新春杯(GII)ではルックトゥワイス、シュペルミエールが2、3着に入線した。同産駒は、今週実施されるアメリカジョッキークラブカップ(GII)にはショウナンバッハ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、ステイインシアトル(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎)、マイネルミラノ(牡9歳、美浦・相沢郁厩舎)の3頭が登録。東海S(GII)にはアングライフェン(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎)が登録しているが、今週も重賞で好成績を挙げることができるだろうか。



 なお、ステイゴールド産駒はJRA重賞で歴代5位の通算96勝を挙げており、通算100勝が迫っている。同産駒の重賞勝利の内訳は芝80勝、ダート2勝、障害14勝で、アングライフェン東海Sを勝てば、2010年の東海Sシルクメビウス)以来、約8年8力月ぶりのJRAダート重賞制覇となる(東海Sは2000年~2012年まで5月に実施)。

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】グローリーヴェイズ重賞初V! 2019年1月14日(月) 05:03

 第66回日経新春杯(13日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気に推されたグローリーヴェイズが中団追走から差し切って重賞初勝利を飾った。タイム2分26秒2(良)。次走は未定。1/2馬身差の2着は5番人気のルックトゥワイス。さらに1/2馬身差の3着が3番人気のシュペルミエールだった。

 底冷えする新春の淀で、またまた明け4歳世代の新星が誕生だ。グローリーヴェイズが4度目の挑戦で待望の重賞初制覇。昨年(パフォーマプロミス)に続く連覇で、2007年からのJRA重賞勝利を13年連続に伸ばしたM・デムーロ騎手の笑顔がはじけた。

 「強かったです。新潟(2走前に勝った佐渡S)以来でしたが、どんどん強くなって、また成長していました。相性が良く、僕が乗ったら勝つイメージですね」

 冷静な手綱さばきが光った。(2)番枠から中団のインにつけて、前半1000メートル58秒3のハイペースをロスなく追走。向こう正面で外からメイショウテッコンがまくっていったが、慌てずにじっくりと脚を温存。「3、4コーナーは抜群の手応えでした」。直線に向いて馬場の真ん中に持ち出すと、一完歩ごとに力強く伸びて抜け出した。

 今年初騎乗となった前日は5鞍で0勝も、この日は4勝の固め打ち。「昨日はついていなかったけど、きょうはいい感じでした。でも、去年(の日経新春杯当日)は6勝だったし、マイナス2勝です」と苦笑い。どん欲に勝利を求める姿勢は今年も変わらない。

 「自分から動いて、正攻法で押し切った。時計や見た目より強い競馬だったと思います」

 今年の初勝利を重賞で決めた年男(1971年生まれ)の尾関調教師もレースぶりを高く評価した。この日の馬体重は自己最高の454キロ。デビュー戦の432キロから20キロ以上も増えた数値こそ、着実にパワーアップを遂げた証拠だ。

 「じっくり使って、1つずつ進化している。この先も楽しみです」と指揮官は前を見据える。今後は未定だが、3冠牝馬メジロラモーヌ(3代母)の血を引くディープインパクト産駒が、春の大舞台をわかせてくれそうだ。 (斉藤弘樹)

[もっと見る]

【日経新春杯】ルックトゥワイス、末脚届かず2着 2019年1月14日(月) 05:02

 第66回日経新春杯(13日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)5番人気のルックトゥワイスが鋭く伸びて2着を確保した。道中はリズムを守って後方待機。よどみないペースで流れ、温存していた決め手が直線で爆発した。昇級戦で初の京都コースにもかかわらず力を示したが、岩田騎手は「よく盛り返してくれたんですけどね。外を回らされたぶん、届きませんでした」と唇をかんだ。藤原英調教師は「勝った馬にうまく乗られたな。ただ、きょうの競馬で今後の選択肢が広がった」と収穫を口にしていた。

[もっと見る]

【日経新春杯】ルックトゥワイス上がり最速も2着 岩田「盛り返してくれたが…」 2019年1月13日() 19:11

 1月13日の京都11Rで行われた第66回日経新春杯(4歳以上オープン、GII、芝・外2400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=5700万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気グローリーヴェイズ(牡4歳、美浦・尾関知人厩舎)が優勝。タイムは2分26秒2(良)。

 グレイトフルSを圧勝して挑んできた岩田康誠騎手騎乗のルックトゥワイスは、後方集団からレースを進め直線では大外からメンバー中上がり最速の脚で追い込むも勝ち馬には及ばず2着に敗れた。

 岩田康誠騎手「よく盛り返してくれましたが…。外を回らされたぶん、届きませんでした」



★【日経新春杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルックトゥワイスの関連コラム

閲覧 732ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、12(土)に中山競馬場でG3フェアリーS、13(日)に京都競馬場でG2日経新春杯、14(祝月)に中山競馬場でG3京成杯が行われました。それでは、レース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3フェアリーSは、ばらついたスタートとなるなか内の各馬が比較的好発を決めて主導権争い。その中から半馬身ほど抜け出したサンタンデールのペースでレースは展開していきます。終始、2番手プリミエラムール、3番手グレイスアンの態勢で3~4コーナーに突入していくと、1番人気アクアミラビリスはその直後の4番手で4コーナーを通過。各馬横に広がっての直線勝負へと持ち込まれます。依然先頭で粘るサンタンデールに対し、1番人気アクアミラビリスをはじめとした後続勢の伸びはジリジリ。大きな入れ替わりのないまま残り1ハロンを過ぎると、ここでようやくグレイスアンが先頭へ。一方、その直後のアクアミラビリスは終始グレイスアンを追う位置取りで、外から迫る差し勢にも迫られて苦しい展開に。坂を駆け上がったところで、外を伸びたホウオウカトリーヌフィリアプーラエフティイーリスらが内の各馬を飲み込む勢いで伸びると、最後はこの争いをフィリアプーラが制して優勝。連勝で混戦を制して重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロジョアプロ田口啄麻プロら、計9名が的中しています。
 
G2日経新春杯は、アイトーンが逃げて前半1000mを58秒3(推定)で通過。良馬場とはいえ今のタフな馬場状態でのこの流れを、出遅れて後方からとなったメイショウテッコンが3コーナー手前で一気にまくり上げ先頭にかわる展開となり、後半戦に向けて早々馬群はペースアップ。前半ハイペースでも、縦長とはならずむしろ4コーナーに掛けて馬群一団の状況となるなか、1番人気グローリーヴェイズは中団インを終始キープした状態で直線へと突入していきます。先頭をキープするメイショウテッコンの2馬身ほど後方にはそのグローリーヴェイズが内を突いて浮上。その外からはエーティーサンダー、3分どころを伸びてはシュペルミエールも迫る展開。さらに後方からは、ノーブルマーズルックトゥワイスらも伸びを見せます。残り200mを過ぎて、グローリーヴェイズが先頭へ。単独2番手で追うエーティーサンダー以下をここから突き放してみせると、ゴール直前で大外を追い込んだルックトゥワイス、渋太く脚を伸ばしたシュペルミエールらの追撃も封じて1/2馬身差V。こちらも重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、夢月プロスガダイプロ伊吹雅也プロほか、計8名が的中しています。
 
G3京成杯は、レース序盤ラストドラフトとの併走状態から、1コーナーで枠を利してハナを奪ったカテドラルがレースを引っ張って前半1000mを1分1秒1(推定)のスローペースで通過。3コーナー手前で後続勢が何頭か押し上げたために一気にペースアップした馬群は、カテドラルラストドラフトランフォザローゼスが加わって3頭横並びで4コーナーへ。1番人気シークレットランは馬群中団で鞍上の鞭が入って早めの動き出しで前を追う展開。迎えた直線、内ラチ沿いに進路を取って伸びるラストドラフトに対し、2番手ランフォザローゼスが馬体を並べますがここから差を詰めることは出来ず。逆に直線半ばを過ぎて差を拡げられ、ラストドラフトが単独先頭へ。後続からはインを伸びたヒンドゥタイムズランフォザローゼスを追って迫りますが、これらは2着争いまで。2番手からの抜け出しで1馬身1/4差をつけた4番人気ラストドラフトが、2戦目での重賞初Vを達成しています。
公認プロ予想家では、くりーくプロら、計3名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)は中山5Rの◎サンアップルトン(単勝25.9倍)的中、京都9Rでの○◎▲的中などで好調予想を披露すると、13(日)→14(祝月)と連日のプラス収支をマーク!13(日)はG2日経新春杯の◎○本線的中をはじめ的中率59%、回収率164%の好成績を記録。14(祝月)には、京都7Rでの◎リュウシンベガス-▲ラインジェット的中など、引き続き的中率52%のハイアベレージを残し、最後は中山12Rクインズサリナ(単勝83.5倍)-◎ピースユニヴァース的中、京都12R◎○△の東西的中で締め括り。トータル的中率50%、回収率138%、収支8万8,800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
先週は3日間オールプラス収支を達成。まず、12(土)を京都1R京都7Rなどの的中により回収率212%で終えると、13(日)には京都10Rヴェネト(単勝34.4倍)的中などの活躍を披露し回収率111%をマーク。続く14(祝月)は中山9R京都10Rなどの好調予想を重ね、回収率134%を達成。週間回収率151%、収支10万8,630円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
先週は、13(日)に勝負予想京都5Rでの馬単1点1万円的中、中山9Rの◎○馬連1点的中などで大幅プラスを達成すると、14(祝月)には中山8Rでの◎ノーザンクリス(単勝37.1倍)から3連複◎▲○1点勝負的中含む計32万3,520円のビッグヒットマークなどで回収率201%とさらに上昇。週末3日間のトータルでは、回収率127%、収支167,050円をマークしています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(164%)、伊吹雅也プロ(129%)、豚ミンCプロ(128%)、金子京介プロ(125%)、ゼット1号プロ(121%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(121%)、サウスプロ(110%)、シムーンプロ(107%)、おかべプロ(102%←10週連続週末回収率100%以上)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年1月13日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/日経新春杯 G2(スガダイプロ)
閲覧 1,093ビュー コメント 0 ナイス 2

今年最初の3日間開催。本日はその中日で、メインに日経新春杯が組まれています。このレースの攻略を託すのは、ウマニティ公認プロ予想家の不動のエース・スガダイプロです。16年以降、京都芝2400mで的中率43%、回収率126%、京都芝の古馬重賞で的中率32%、回収率112%を誇るなど、条件的な適性は文句ナシ。第一人者の勝負強さに期待しましょう。

本命は「ハイレベルと言われる4歳世代のなかでも上位の力がある」②グローリーヴェイズ。「菊花賞は終始外々を回るロスがありながら5着。デムーロ騎手に鞍上強化すればアッサリだろう」と自信を見せます。対抗は「勝負所での反応の鈍さがネックだが、力は重賞でも足りる」⑩ルックトゥワイス。単穴は「2400mは3戦3勝」の⑯ムイトオブリガード。以下、④と⑧の2頭を押さえ、馬券は馬連・3連複1頭軸流し②→④⑧⑩⑯で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名超のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年12月21日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年12月21日
閲覧 901ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年12月22日()の凄馬!>
極凄馬
中山1R 2歳未勝利
アポロチーター(+5.7)

極凄馬
阪神4R 2歳未勝利
エクレアスピード(+5.4)

極凄馬
中山3R 2歳未勝利
カステヘルミ(+4.8)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
セデックカズマ(+3.3)

超凄馬
中山11R グレイトフルS
ルックトゥワイス(+3.0)

超凄馬
中山8R 3歳以上500万以下
ダノンチャンス(+2.4)

超凄馬
中山2R 2歳未勝利
ユキノヴェルデ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年12月23日、集計数:33,708レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2017年10月13日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年10月13日
閲覧 807ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年10月14日()の凄馬!>
極凄馬
京都2R 2歳未勝利
ラブカンプー(+7.0)

極凄馬
新潟2R 2歳未勝利
マイネルサリューエ(+5.8)

超凄馬
新潟11R 魚沼特別
ルックトゥワイス(+3.2)

超凄馬
新潟6R 3歳以上500万以下
ヤマニンシルフ(+3.1)

超凄馬
新潟7R 3歳以上500万以下
アルーフクライ(+2.5)

超凄馬
東京7R 3歳以上500万以下
レッドジェノヴァ(+2.5)

超凄馬
京都8R 3歳以上500万以下
ダノンロッソ(+2.5)

超凄馬
新潟9R 3歳以上500万以下
ボーサンシー(+2.2)

超凄馬
京都3R 2歳未勝利
ムーンレイカー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年10月15日、集計数:29,916レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ルックトゥワイスの口コミ


口コミ一覧

にっけ

 競馬が大好き(複勝男 2019年3月20日(水) 01:32

閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 9

日経賞

たまに逃げ切りがあるレース
荒れないレースだけど、中山コースで展開次第ではといったところ

登録馬の評価
エタリオウ(ここは負けれないがまだ1勝しかしてないので)
ゴーフォザサミット(いい成績ではないが期待はされている)
クリンチャー(条件は合うが休み明けは掛かる危険もあるし、時計が掛かる馬場なら)
ルックトゥワイス(上がりが掛かる展開なら有利、瞬発力勝負ではコースが合わない)
サクラアンプルール(去年3着ですが、もう8歳で成長見込めないが乗り替わりと経験値で有利)
チェスナットコート(仕切り直しでどうか、去年より信頼度ないような)
メイショウテッコン(楽に逃げれば強いと思う。)
カフェブリッツ(しぶとい脚が使えるしスタミナ勝負なら)
ブラックバゴ(コースは合うので距離だけ)
ハッピーグリン(いつかは激走しそうで)

エタリオウは連の軸としてはいい
デムーロ騎手が重賞で最近うまくいってない感じなのがどうなるか心配

 tntn 2019年3月20日(水) 00:30
日経賞の乗る乗らん! 
閲覧 98ビュー コメント 30 ナイス 83

**************************
土曜日の中山競馬場、日経賞!(G2/芝2500)

古馬と初対決となるエタリオウは如何に!
1着馬に天皇賞春の出走権!

日経賞の乗る乗らん!
※鞍上予定は、ギャロップより。 ☆=過去勝利数。
--------------------

【レジェンド】
カフェブリッツ。。。。。☆☆☆☆☆蛯名正義
サクラアンプルール。。。☆☆☆☆☆横山典弘(替)

【継続騎乗】
エタリオウ。。。。。。。。Mデムーロ
ブラックバゴ。。。。。。。池添謙一
メイショウテッコン。。。。武豊

【乗替わり】
アクションスター。。。。。大野拓弥
クリンチャー。。。。。。。三浦皇成
グランアルマダ。。。。。。石川裕紀人
ゴーフォザサミット。。。。石橋脩
チェスナットコート。。。。坂井瑠星
ハッピーグリン。。。。。。服部茂史
ルックトゥワイス。。。。。戸崎圭太

サトノティターン。。。。。。-

--------------------

続・蛯名さん【カフェブリッツ】中山ならって蛯名さん。ダイヤモンドS3着なら。。。人気無し?

戻・典さん【サクラアンプルール】有馬記念7着AJC5着。典さん乗った4戦「4→1→2→2」

続・ミルコ【エタリオウ】菊花賞2着から天皇賞獲りへ!ここは通過点?

戻・三浦さん【クリンチャー】天皇賞(春)3着のコンビ復活!馬は復調が見たい。

戻・戸崎さん【ルックトゥワイス】前走日経新春杯2着。前々走中山25勝利は戸崎さん。

続・会長【メイショウテッコン】乗りの乗ってる会長!このレース未勝利が気がかりなはず。

***********

高松宮記念の乗る乗らん!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=60fc96b470&owner_id=4a85df85ef

**************************

[もっと見る]

 Cameo 2019年3月19日(火) 21:34
日経賞&毎日杯期待馬19
閲覧 108ビュー コメント 0 ナイス 10

日経賞ーエタリオウとメイショウテッコンは調子良さそう。特にエタリオウは、距離もコースも全く問題なし。しかし、さらにその上をいきそうなのが、ルックトゥワイス。2500mはジャストミ~ト。この3頭を軸にクリンチャーなどを絡めるのココロです。
毎日杯ー新馬組、未勝利組は消し。前走1人気のアントリューズ、ヴァンドギャルドを中心視。シンザン記念2着のマイネルフラップは残すべきでしょうね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルックトゥワイスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2018年6月16日() 16:06:22
この相手によく2着で終わったの一語。
ドスローを控えて乗ってるのだから当然と言えば当然だけれど、もっとちゃんと動いていれば最低でも勝てただけに今回は完全な戸崎のミス騎乗。
日本人騎手たちは早い遅いの流れが判らない模様で、これは馬の最適な展開を知らないからだろう。
戸崎がこの程度では外人に手も足も出ないのは当たり前かも知れない・・・

ルックトゥワイスの写真

ルックトゥワイス

ルックトゥワイスの厩舎情報 VIP

2019年1月13日日経新春杯 G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルックトゥワイスの取材メモ VIP

2019年1月13日 日経新春杯 G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。