ダノンカモン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2006年2月8日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主株式会社 ダノックス
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績51戦[9-9-6-27]
総賞金33,305万円
収得賞金11,880万円
英字表記Danon Come On
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
シンコウエンジェル
血統 ][ 産駒 ]
Ogygian
A Kiss for Luck
兄弟 クィーンズバーンルベーゼドランジェ
前走 2015/06/13 アハルテケステークス OP
次走予定

ダノンカモンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/06/13 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 163645.61111** 牡9 57.5 柴山雄一池江泰寿520(-8)1.36.7 0.936.1⑮⑭キョウエイアシュラ
15/04/18 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1647157.11511** 牡9 56.0 菱田裕二池江泰寿528(-2)1.51.3 1.737.6⑮⑮⑭⑭クリノスターオー
15/03/29 中山 11 マーチS G3 ダ1800 161153.1137** 牡9 57.5 大野拓弥池江泰寿530(0)1.52.9 0.237.7⑩⑪⑨⑨マイネルクロップ
15/02/10 佐賀 10 佐賀記念 G3 ダ2000 12--------3** 牡9 57.0 川田将雅池江泰寿530(--)2.10.1 0.6----マイネルクロップ
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16816185.61616** 牡8 57.0 松山弘平池江泰寿530(+4)1.53.3 2.338.2⑧⑦⑧⑬ホッコータルマエ
14/11/15 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1671362.4124** 牡8 57.0 P.ブドー池江泰寿526(+5)1.35.9 0.737.3⑦⑥ワイドバッハ
14/09/23 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 10--------2** 牡8 56.0 川田将雅池江泰寿521(--)1.51.5 1.4----クリソライト
14/07/13 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 165944.9911** 牡8 57.0 Z.パート池江泰寿526(-1)1.23.1 0.536.3⑥⑥ベストウォーリア
14/05/28 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------9** 牡8 56.0 川田将雅池江泰寿527(--)1.29.1 2.4----ノーザンリバー
14/04/29 名古 11 かきつばた記 G3 ダ1400 12--------3** 牡8 55.0 川田将雅池江泰寿532(--)1.27.3 0.1----タガノジンガロ
14/03/26 名古 10 名古屋大賞典 G3 ダ1900 12--------1** 牡8 54.0 川田将雅池江泰寿535(--)2.01.9 -0.2----ソリタリーキング
14/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16714181.2157** 牡8 57.0 三浦皇成池江泰寿532(+4)1.36.7 0.735.9コパノリッキー
14/02/02 東京 11 根岸S G3 ダ1400 162350.2109** 牡8 56.0 三浦皇成池江泰寿528(+4)1.23.8 0.436.2⑤④ゴールスキー
13/07/07 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 167145.913** 牡7 56.0 戸崎圭太池江泰寿524(+2)1.21.9 0.035.3⑦⑦アドマイヤロイヤル
13/06/08 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 16595.031** 牡7 57.5 戸崎圭太池江泰寿522(-8)1.35.6 -0.136.8④④トウショウクラウン
13/04/29 名古 10 かきつばた記 G3 ダ1400 11--------2** 牡7 54.0 川田将雅池江泰寿530(--)1.26.8 0.4----ティアップワイルド
13/02/17 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1661247.6108** 牡7 57.0 W.ビュイ池江泰寿528(+2)1.35.7 0.636.3⑩⑩グレープブランデー
13/01/27 東京 11 根岸S G3 ダ1400 162310.949** 牡7 56.0 W.ビュイ池江泰寿526(-6)1.24.4 0.735.8⑧⑨メイショウマシュウ
12/12/02 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 16611121.61514** 牡6 57.0 池添謙一池江泰寿532(+6)1.50.7 1.937.1⑫⑭⑭⑫ニホンピロアワーズ
12/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1661111.863** 牡6 56.0 武士沢友池江泰寿526(+4)1.36.7 0.335.5⑧⑪イジゲン

⇒もっと見る


ダノンカモンの関連ニュース

ダノンカモンが引退 乗馬に

2015年6月17日(水) 17:41

 2014年の交流GIII名古屋大賞典を勝ったダノンカモン(牡9歳、栗東・池江泰寿厩舎、父シンボリクリスエス、母シンコウエンジェル)が6月17日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる予定。

 ダノンカモンは通算51戦9勝(うち地方6戦1勝)。獲得賞金は3億7574万円(付加賞含む)。重賞勝ち鞍は前記交流GIII名古屋大賞典。6月13日のアハルテケS11着がラストランだった。

ダノンカモンの競走成績はこちら

ダートで活躍のダノンカモン引退、今後は乗馬に2015年6月17日(水) 05:00

 2014年の交流GIII名古屋大賞典を勝つなど、ダートで活躍したダノンカモン(栗・池江、牡9、父シンボリクリスエス)の引退が16日、明らかになった。通算51戦9勝。獲得賞金は3億7574万円。13日のアハルテケS11着がラストランだった。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる。池江調教師は「2歳夏の新潟デビューから長い間、よく頑張ってくれました」と語った。

ダノンカモンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【フェブラリーS】最新ナマ情報(2)2014年2月23日() 05:04

◆好調維持〔1〕ゴールスキー〔14〕ダノンカモン

 池江厩舎の(1)ゴールスキーと(14)ダノンカモンは、ともに経験豊富で、関東への長距離輸送も慣れたものだ。ゴールは前哨戦の根岸Sを制しており、「状態はキープできている。枠は気にしていない。ベリー騎手だしね。前走みたいなレースをしてくれれば」と松村厩務員は再度、アイルランドの名手に期待する。ダノンは7カ月ぶりの根岸S9着を使われ、「衰えはないし、イメージ通り良化しています」と音瀬助手は叩き2戦目の効果を強調した。

◆状態面に太鼓判〔2〕ベストウォーリア

 すばるSをレコード勝ちした(2)ベストウォーリアは、予定通りの輸送で東京競馬場へ入った。中1週とタイトなローテーションだが、古泉助手は「以前、中1週で東京を使ったときより回復力がついた。普段からおっとりしていて休み明けは気持ちも体も緩く感じるくらいの馬だから、むしろ使ってさらに良くなってきた感じ」と状態面に太鼓判を押す。

◆自在性が強み!!〔4〕ワンダーアキュート

 (4)ワンダーアキュートも順調に輸送をクリア。並床助手は「8歳だし、以前に比べたら輸送の心配はない。戦法も逃げから追い込みまで自在性があるからゲートを出てからだね。あとはユタカさんにお任せ」と、武豊騎手の手腕に期待する。

◆いい枠に入った〔6〕ノーザンリバー

 根岸S2着の(6)ノーザンリバーは、普段より輸送に時間を要したが落ち着いていた。「輸送に問題のある馬ではない。中山へ行くのと同じくらいで許容範囲です」と藤原助手は明るい表情を見せた。枠順〔3〕枠(6)番にも「ロスなく運びたいと思っていたのでいい枠に入りました」と好感触。「気楽な立場で思い切って乗ってもらいたいですね」と関東の名手、戸崎騎手に手綱を託す。

◆落ち着き体調万全〔7〕ニホンピロアワーズ

 前哨戦の東海Sを圧勝した(7)ニホンピロアワーズは、無事に輸送をクリア。小形厩務員は「昔は輸送が不安だったが、今は落ち着いている。(気性面の)成長だね。もう十分な仕上がりだし、状態面に関してはよくできたと思う。馬も競馬が近いことを分かっているよ」と、一昨年のJCダートを勝ったときのデキまで上がっている。

◆B着で虎視眈々〔8〕グランドシチー

 (8)グランドシチーは美浦Wコースを馬なりで3ハロン47秒6-16秒5。馬体の輪郭はシャープで太め感はなく、フットワークもスムーズだ。「良かったですよ。この馬の場合、歩様と息さえしっかりできていればいい」と馬渕助手は合格点をつけた。「激しくモタれたのは1回だけですし、良馬場でやれそうなのはいい」と続けた。前走に続いてブリンカーの着用は万全を期してのもので、乾いた馬場での力勝負に期待を込めた。

◆上々の仕上がり〔12〕ブライトライン

 根岸S4着から巻き返す(12)ブライトラインは、競馬場へ到着後も馬房でどっしりと構える。漆黒の好馬体はピカピカだ。「見ての通り落ち着いているし、毛ヅヤ、張りはいつもいいので、言うことなし」と野田助手は上々の仕上がりに胸を張った。「枠はちょうどいいし、芝スタートがうまくいってくれれば」とリベンジを狙っている。

[もっと見る]

【古馬次走報】ダノンカモン、根岸Sで復帰2014年1月22日(水) 05:03

 ★マイルチャンピオンシップ17着サクラゴスペル(美・尾関、牡6)は東京新聞杯(2月9日、東京、GIII、芝1600メートル)から高松宮記念(3月30日、中京、GI、芝1200メートル)へ。僚馬で秋華賞17着後、戦列を離れているサクラプレジール(牝4)は小倉大賞典(2月23日、小倉、GIII、芝1800メートル)を視野に。

 ★ニューイヤーSを快勝したレッドアリオン(栗・橋口、牡4)は栗東近くの吉澤ステーブルWESTでのリフレッシュ放牧の後、2走ほどして安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す。2着セイルラージ(栗・藤原英、牡7)は洛陽S(2月23日、京都、OP、芝1600メートル)に進む。9着チャーリーブレイヴ(美・尾関、牡4)は東風S(3月16日、中山、OP、芝1600メートル)が有力。

 ★プロキオンS3着後、休養しているダノンカモン(栗・池江、牡8)は三浦騎手とのコンビで根岸S(2月2日、東京、GIII、ダ1400メートル)で復帰する。僚馬でマイルチャンピオンシップ13着リルダヴァル(牡7)は東京新聞杯京都大賞典12着トレイルブレイザー(牡7)は京都記念(同16日、京都、GII、芝2200メートル)に出走予定。

 ★初富士Sを逃げ切ったフェスティヴタロー(美・天間、牡5)は小倉大賞典を視野に調整。ニューイヤーS3着ルナ(美・杉浦、牡5)も同レースに出走予定。

 ★アメリカジョッキークラブCに登録があるサムソンズプライド(美・杉浦、牡4)は回避して白富士S(2月1日、東京、OP、芝2000メートル)へ。日経新春杯7着トップカミング(美・萱野、セン8)も白富士Sへ。

 ★名古屋グランプリ5着エーシンモアオバー(栗・沖、牡8)は佐賀記念(2月13日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)へ。

[もっと見る]

【プロキオンS】2年3カ月ぶり!四位騎手重賞V 2013年7月8日(月) 05:05

 7日の中京11Rで行われた第18回プロキオンステークス(3歳上オープン、GIII、ダート1400メートル、16頭立て、1着賞金=3500万円)は四位洋文騎乗の2番人気、アドマイヤロイヤルが直線で抜け出して重賞初制覇。タイム1分21秒9(良)は、従来の記録を0秒6更新するコースレコード。四位騎手は2011年マーチS以来のJRA重賞68勝目。2着は5番人気のセイクリムズン、3着は1番人気のダノンカモンが入った。

 真夏の太陽が容赦なく照りつける。最高気温37度。痛いくらいの暑さのなかで行われた尾張の大混戦を制したのは、昨年2着のアドマイヤロイヤルだった。クビ、ハナ差の接戦を制して、念願の重賞初勝利だ。

 「砂をかぶるとよくない馬。内めの枠(〔3〕枠(5)番)だったので、そこだけが懸念材料だった。前が飛ばして(間隔が)離れていたので、砂をかぶらない位置で行けたのもよかったですね」

 四位洋文騎手の笑顔に、大粒の汗が光った。

 道中は離れた中団のインを追走。直線を向いて外に持ち出すと、自慢の末脚をフル回転させた。最後は外のダノンカモン、内のセイクリムズンとの激しい叩き合い。鞍上の左ムチに反応して、クビ差抜け出してゴールした。

 「早く抜け出すと、自分から止めてしまうからね。ギリギリまで我慢しました。外からダノンが来てくれて、それもちょうどよかった」と、鞍上は納得の表情をみせた。

 橋田調教師も「精神的に成長している。乗り役が手の内に入れてくれているし、内から外へと出して、うまく乗ってくれたね」と名手の手綱さばきをたたえた。今年のフェブラリーSは賞金不足で除外されたが、きっちりと賞金加算。「これで大きな舞台に出られるね」と師も目を細める。

 函館から駆けつけた四位騎手は、2011年マーチSテスタマッタ)以来、2年3カ月ぶりのJRA重賞V。「前回、今回とすべてうまくいった。勝つときはこんなもんだね。これをきっかけに、もっと上の舞台で戦ってくれれば」。3戦2勝2着1回と息はぴったり。次走は未定だが、強豪ひしめくダート重賞戦線での活躍を期待していた。 (渡部陽之助)

プロキオンSの着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【プロキオンS】ダノンカモン、4角痛恨不利3着2013年7月8日(月) 05:04

 1番人気に推されたダノンカモンは、直線で外から1完歩ごとに力強く勝ち馬に詰め寄ったが、クビ、ハナ差及ばす3着に敗れた。

 「敗因は4コーナーですね。そこで、勝ったアドマイヤロイヤルに外に張られたのが痛かった」と戸崎圭太騎手は冷静に分析。ひと呼吸置いてから「それでも、ここまで迫っていますから。競馬が上手で、やはり能力は高い馬です」と、悔しさを押し殺していた。

プロキオンSの着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンカモンの関連コラム

閲覧 254ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ローマンレジェンド1頭。
第2グループ(黄)は、ナムラビクターマルカプレジオダノンカモンの3頭。
第3グループ(薄黄)は、サンレイレーザーからトウショウフリークまでの4頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さて、凄馬出馬表を見渡すとまず目が行くのが総合ポイント1位のローマンレジェンド~総合ポイント2位・ナムラビクター間にある1.9の大きな溝、そして第2グループ・ダノンカモン~第3グループ・サンレイレーザー間の1.0の溝、第3グループ・トウショウフリーク~第4グループ・アスカノロマン間の1.3の溝です。グループ間ではっきりとした溝が出来ている分布となっていますのでこの溝を生かした3連複馬券で勝負したいと思います。

馬券構築は素直に◎ローマンレジェンドとし、○マルカプレジオ、▲ナムラビクターと印を打ちます。ダノンカモンは高齢ですし、近走の内容から軽視したいと思います。

【3連複フォーメーション】
11

4,12

2,4,8,10,13,14,16

計13点

下位グループからは地方出走で近走の走りが評価されていないサミットストーンアスカノロマンを加えています。アジアエクスプレスは総合ポイントが低いので思い切って消してみます。


登録済みの方はこちらからログイン

2014年2月26日(水) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~佐藤洋一郎プロが3単44万馬券など週末5本のスマッシュヒットを記録!
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は、2014年のG1シリーズ幕開けを飾る第31回G1フェブラリーステークスが23(日)に東京競馬場で行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G1フェブラリーステークスは晴れ空のもと良馬場でスタートを迎え、逃げ宣言のエーシントップがすぐさま先頭に。2、3番手には外からコパノリッキーダノンカモンが並んで押し掛け、以下はソロルノーザンリバーと続き、直後に2番人気ホッコータルマエ。3番人気ベストウォーリアニホンピロアワーズワンダーアキュートドリームバレンチノブライトラインらも差がなく続き、中団馬群の外に1番人気ベルシャザールゴールスキーグランドシチーアドマイヤロイヤルが続き、離れた最後方からシルクフォーチュンの追走となって向正面を通過していきます。
ゆったりとしたラップで逃げるエーシントップに対して、コパノリッキーダノンカモンホッコータルマエブライトラインらがコーナーで差を縮め、5頭横並びの態勢で4コーナーを回って直線勝負へ。後続も一団となってごった返す中、終始外々を回るベルシャザールは依然後方。前では、コパノリッキーホッコータルマエブライトラインが三つ巴の争いを展開。
ここから、まず抜け出したのは単勝272.1倍の最下位人気コパノリッキーでした。残り400mを過ぎてホッコータルマエと横並びの叩き合いとなる中、依然粘るコパノリッキーブライトラインは徐々に離され始め、外を通ってベルシャザールがようやく進出を開始。
残り200mを過ぎてからもコパノリッキーホッコータルマエの差は詰まらず、結局コパノリッキーが2番手から早め抜け出しの競馬で押し切って大金星を挙げています。1/2馬身差の2着にホッコータルマエが入り、そこから1馬身3/4差の3着に上がり最速の脚で追い上げたベルシャザールが入っています。
公認プロ予想家の中では、サラマッポプロが的中をマークしています。

その他では、佐藤洋一郎プロ伊吹雅也プロきいいろプロ蒼馬久一郎プロ導師嵐山プロ☆まんでがんプロ3連単プリンスプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
22(土)の小倉1Rで3連単915倍含む的中で計10万6500円を払戻すと、小倉12Rでは3連単3412.6倍含め計40万5660円、東京12Rでは3連単4462.2倍的中で44万6220円払戻しと絶好調!さらに23(日)には東京10Rで3連単12万7310円馬券を200円分的中、翌24(月)には東京2Rで3連単10万6600円馬券の的中をマークするなど、週末5本の10万オーバー払戻しをマークしています!週末トータル成績は、回収率195%・収支73万3690円の大幅プラスを記録しています!

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
22(土)の東京10Rで馬連397倍を500円分的中。19万8500円払戻しのスマッシュヒットとなりました!24(月)のG3共同通信杯でもきっちりプラス的中を収め、週末3日間では、トータル回収率267%・収支13万3600円をマークしています!

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
22(土)の小倉12Rで、馬連1点的中含む計10万6600円の払戻しをマーク!翌23(土)には、京都5Rで▲○◎の3連複1点的中(1000円購入)を含め、計37万900円払戻しのビッグヒットを記録しています。週末3日間では、トータル回収率119%・収支16万6800円プラスの好成績を収めました。

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
22(土)の京都8Rで3連単12万5200円馬券を的中しています!他にも、同日小倉1R、23(日)京都5Rなどコンスタントに的中を見せた先週は、トータル回収率142%・収支19万5800円プラスの好成績で終えています。

☆☆☆注目プロ → 蒼馬久一郎プロ
23(日)の東京10Rで◎○△の予想を披露し、3連単1273.1倍含む馬連・3連複など計4券種的中で16万1200円の払戻しをマーク!週末トータルでは、回収率114%・収支5万1790円プラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
23(日)の小倉9Rで、馬連&3連複計31万5940円のスマッシュヒット予想を披露しています!

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
24(月)の東京4Rで馬連5000円分を的中!12万5000円払戻しのスマッシュヒットとなりました。

他にも、馬単マスタープロ(121%)、スガダイプロ(109%)が週末トータル回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年7月9日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~日曜函館9Rで48万4000円払戻しの夢月プロがトップ!
閲覧 342ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、7(日)に中京競馬場でG3プロキオンステークスが、福島競馬場でG3七夕賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3プロキオンステークスは、大外枠から昨年の覇者トシキャンディがハナを奪ってレースを引っ張ります。以下先行集団5、6頭が一団を形成して馬群は2つに分かれてコーナーへ突入。直線を迎える頃には馬群が凝縮して、先団からエアウルフが代わって先頭。中団馬群の外からはアドマイヤロイヤルダノンカモンが併せ馬の形で鋭い伸び。同じく中団からインを突いてセイクリムズンも進出。この3頭が勢いそのままにエアウルフを交わしてゴール前横一線の争いに持ち込まれます。最内セイクリムズン、中アドマイヤロイヤル、外ダノンカモンの態勢でゴールに飛び込む中、アドマイヤロイヤルがこの激戦をクビ差制して重賞初V。1分21秒9のレコード決着となっています。2着セイクリムズンからハナ差の3着にダノンカモンとなっています。
公認プロ予想家の中では、3連単プリンスプロ3連複プリンセスプロサラマッポプロらが的中をマークしています。
一方のG3七夕賞は、ケイアイドウソジンラッキーバニラが先手争い。1コーナー過ぎでラッキーバニラがハナを奪い切り隊列が決まると、前半1000mを58秒6のタイムで通過。3角過から早くも隊列が動き始め、最内マイネルラクリマが先頭に。後続集団も詰めかけ直線勝負へ。マイネルラクリマが2番手トレイルブレイザーを引き離し独走態勢に持ち込むと、最後はその差を2馬身1/2差に広げて完勝V。重賞2勝目を挙げました。2着は4角2番手からの粘り込みとなったトレイルブレイザー。そこから3/4馬身差の3着には中団から内ラチ沿い伸びた伏兵タガノエルシコが入っています。
こちらは、3連単プリンスプロ3連複プリンセスプロ岡村信将プロ河内一秀プロ馬単マスタープロ仲谷光太郎プロが的中をマークしています。

その他ではきいいろプロ夢月プロ☆まんでがんプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
7(日)福島8Rで、本命◎フェアエレンの単勝を的中。23万7000円のスマッシュヒットとなりました。さらに、直後の函館9Rでは、本命◎レッドガルシアの単勝1点勝負で48万4000円のホームランを記録!土日トータル回収率169%・収支50万1000円プラスのトップ成績で終えています。

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
7(土)のG3七夕賞で本命◎マイネルラクリマから指数4番手△トレイルブレイザー、同6番手△タガノエルシコの予想で3連単31万70円馬券を的中!G3プロキオンSも的中と重賞W的中の先週は、トータル回収率159%・収支22万7740円プラスの好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
6(土)函館2Rで単勝&馬連(1点的中)のWゲット!計22万8800円払戻しのスマッシュヒットとなりました。7(日)にも5万オーバー4本の活躍を見せた先週は、土日トータル回収率107%を記録!

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
7(日)の福島9Rで枠連2点勝負的中を披露し、15万6000円払戻しのスマッシュヒットを記録!


他には、3連複プリンセスプロ(127%)、シムーンプロ(107%)、河内一秀プロ(104%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2012年11月10日() 16:11 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ エリ女・武蔵野S編
閲覧 219ビュー コメント 0 ナイス 19

みなさん、こんにちは。

重賞では1番人気に◎を付けないよう心がけてますが、
それでいいのか?と最近思い始めています(><)

京都11R エリ女の予想
オールザットジャズ
レインボーダリア
ヴィルシーナ
フミノイマージン
CWでキレのある末脚を披露したオールザットジャズ本命。
叩いた上積みもありそうで、一発に期待。
相手は引き続きウッドで動いているレインボーダリア
単穴はこの馬としては動きは物足りないがヴィルシーナ
あとは使いつつ動きが良くなったフミノイマージン

東京11R 武蔵野Sの予想
ストローハット
イジゲン
ダノンカモン
トリップ
本命はウッドで好時計連発のストローハット
相手もウッドで動いているイジゲン
単穴はCWで仕上げたダノンカモン
あとは叩いて動きが良くなったトリップ

明日は府中で現地観戦です。
寝坊しませんように(祈)

[もっと見る]

2012年2月19日() 09:42 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ 2月19日分
閲覧 225ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさん、こんにちは。

いよいよG1開幕。

早起きして出かける予定が寝坊。今から府中に向かいます。

1.フェブラリーS予想
◎​ワンダーアキュート
​○​シルクフォーチュン
​▲​トランセンド
​△ダノンカモン
​こ​こ​は​人​気​馬​の​決​着​か​。つまらない予想になってしまいましたが・・・
調教が動いている馬は多いが、その中でも変わり身のありそうな馬をチョイス。
本命は坂路とCW併用で仕上げたワンダーアキュート
相手は好調維持のシルクフォーチュン。個人的に追いかけている馬で、展開嵌れば。
単穴は人気だが調教では好時計を連発したトランセンド
あとは調教パターンを変えてきたダノンカモンの巻き返し。

2.今日の勝負したい馬
京都7R ラフィングインメイ
京都10R スノードラゴン
東京9R ロジメジャー、ハイクラウン
東京12R ラターシュ
そして・・・
京都1R ランプーン
小生の出資馬の叩き2戦目。馬体重絞ってきたので、期待度UPです^^;

それではよい週末を♪

[もっと見る]

2012年1月28日() 02:23 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ 1月28・29日分
閲覧 235ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさん、こんにちは!

気が付けば、帰国して丁度1年が経ってました^^;

1.シルクロードS
ロードカナロア
マジンプロスパー
エーシンダックマン
ダノンフェアリー
ロードカナロアは中間の動きも申し分なく、人気でも◎で。
相手は出来のいい準オープン勝ち組から。
CWで好時計連発のマジンプロスパー、時計を要する今週の坂路でも終い踏ん張ったダノンフェアリー
あとは展開も向きそうなエーシンダックマン

2.根岸S
昨年は幸くんが目の前で勝ってくれましたが、今年も頑張ってもらいたい。
シルクフォーチュン
ヒラボクワイルド
ダノンカモン
セイクリムズン
幸くんを本命にするか迷いましたが、ここは決め手のあるシルクフォーチュン本命で。
相手は調教は引き続き動いているヒラボクワイルドダノンカモン
セイクリムズンは幸くんじゃないので評価を下げた。坂路の動きはいいけど。

3.京都牝馬S
昨年大きく当てたレースなので、今年も当たりますように(祈)
スプリングサンダー
ショウリュウムーン
ドナウブルー
ビッグスマイル
中間の坂路の動きが目立つショウリュウムーンスプリングサンダーだが、
人気的にスプリングサンダーの方を本命。
あとは出来は平行線も斤量魅力のドナウブルービッグスマイル


この1年、いろいろありましたが、やっぱり生で競馬が見れる生活はいいかも。
今週末は幸くんが府中に来ますので、生で楽しんできます♪

それでは今週も競馬楽しみましょう!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンカモンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 177ビュー コメント 0 ナイス 13

閲覧いただきありがとうございます\(^o^)/

先週のこの日記で、「ファンタジー」について書いたところ、
京王杯2歳ステークスでファンタジストが、
そしてファンタジーステークスでダノンファンタジーが勝ちました。偶然?ですが、なかなかいい感じです。

さて、このレースの過去を調べていたら面白いことを発見しました。

2011年~2017年まで、馬券になった21頭の内、前走で掲示板を外していたのは1頭しかいませんでした。
それが2012年3着のダノンカモンで、前走は中京記念15着でした。
またしても “ ダノン ”です。
ダノンカモンは、このレースのリピーターで、2010年2着、2011年も2着でした。

ダノンの冠名は、㈱ダノックス 所有の馬で、2歳王者ダノンプレミアムがいます。
最近栗東で調教して時計を出しているようですが、天皇賞(秋)も回避し、
今のところマイルチャンピョンシップにも登録がないようです。どーしたんですかね?

誰でも知っている事ですが、㈱ダノッククスの社長さんは、野田順弘さんで、
奥さまの野田みづきさんは ” ミッキー “ の馬主さんです。

このレースには、どちらも登録がないのが残念です。

となると、このレースと12月の中日新聞杯は、サイン馬券的には 今年は ” 根尾くん”ネタでしょうかね。

-----------------------------------------------------------------------------------
11/10 東京11R 第23回東京中日スポーツ杯 武蔵野ステークスGⅢ 国際 指定
3歳上オープン ダート1,600M 別定

この競走の1着馬にチャンピオンズカップの優先出走権が付与されます。
2011年~14まで、1番人気馬が連対を外すことがなかったが、15年~3年連続して連対していない。
特に17年は1~5番人気が全滅して馬券が大荒れになりました。
少々強引ですが、上記に書いた前走掲示板からの臨戦過程が重要に思います。
1600万条件からGⅠまでと幅広いので、クラス不問で前走掲示板組でよいと思います。

また、ハイペースになることが多いので差し、追い込み馬が人気になりやすいが、
荒れる演出をするのは先行馬です。

今年の春番組以降で2勝している好調馬か、オープン、重賞で勝っている実績馬を軸に考えたい。
さらに東京ダート実績も重要です。

今のところの狙いは、最近、砂戦車育成になってしまったのか?
社台RHの ユラノト (想定) 福永騎手です。

ではGood Luck

 藤沢雄二 2016年11月20日() 12:52
霜月Sを考える②(2007~2009)
閲覧 217ビュー コメント 0 ナイス 4

続いて2007~2009年の3回分です。

2007年(別定・16頭)
1.①アドマイヤスバル 牡4 55 村田 2人気 先 栗・中尾秀
2.⑬トウショウギア 牡7 59 田中勝 4人気 差 美・池上昌
3.⑨クィーンオブキネマ 牝3 53 北村宏 10人気 差 栗・領家
《消えてくださった人気馬》
7.②メイショウサライ 牡6 55 佐藤哲 3人気 差 栗・増本
9.⑯ビッググラス 牡6 57 柴山 1人気 差 栗・中尾秀
【ハロンラップ】
12.4-11.1-11.5-11.8-11.3-12.0-12.3=1.22.8(良)
【メモ】
勝ったのは前走で神無月Sを勝って昇級戦のアドマイヤスバル。2006年までだと人気で来ないパターンだったが、関西馬ながらも東京ダート1400で準オープンを2勝していたから適性が高かったのだろう。
2着には2年前の勝ち馬のトウショウギア。この年は差して好走。ちなみに2006年は4番人気で8着。
3着には3歳牝馬のクィーンオブキネマ。一応、夏から秋にかけて1000万下→準オープンを連勝しているけど、オープン実績がないのでこの馬は拾いにくかったかもしれない。前走は東京1400mのペルセウスSで0.5秒差の6着。
3番人気のメイショウサライが7着。この年は17ヶ月ぶりのプロキオンS4着の後、KBC杯→エニフSと連続で2着してペルセウスS7着後の臨戦だったがここも不発。結果的に“繰り返した”格好に。
1番人気のビッググラスは9着。この年の根岸Sを制した実績を支持されたが、マーチSから7ヶ月ぶりの武蔵野Sを一叩きしただけでは変わらなかった。

2008年(別定・16頭)
1.⑤ボードスウィーパー 牡7 57 小野 5人気 差 栗・野村
2.⑫オフィサー 牡6 57 中舘 7人気 先 栗・森
3.②ベルーガ 牡7 56 石橋脩 11人気 追 美・尾形充
《消えてくださった人気馬》
4.③ダイショウジェット 牡5 55 橋本美 3人気 先 栗・大根田
5.⑥アイスドール 牝5 55 松岡 1人気 追 栗・池江寿
15.⑪マヤノベンケイ 牡3 54 吉田豊 2人気 追 栗・梅内
【ハロンラップ】
12.3-10.3-11.7-12.1-12.2-12.2-12.9=1.24.1(良)
【メモ】
2006年の勝ち馬のボードスウィーパーが2年ぶりの勝利で復活。5ヶ月半ぶりの武蔵野Sを叩いて中1週だったが、人気がないと一叩きでも変わるんだな。
2着は2年前の霜月Sでは3番人気で4着だったオフィサー。ダートの短距離路線で掲示板には載るけどなかなか賞金加算には至らない、そんなキャラの馬がペルセウスSで12着と崩れた後の激走。
3着には追い込み一手のベルーガ。この馬にはなんとなく記憶があって、とにかく乗り難しい、そんなイメージの馬。
3着とはハナ差だったダイショウジェットを《消えた人気馬》扱いするのは若干、心苦しいが、昇級2戦目で前走が武蔵野Sで12番人気で0.6秒差10着だった馬が橋本美続投でこの霜月Sが3番人気だったのは理解に苦しむ。
1番人気だったのが牝馬のアイスドール。前走のエニフSを8番人気でぶっこ抜いたのはともかくこの時いきなり1番人気。やっぱり人気の作られ方がおかしい。
2番人気のマヤノベンケイは15着に大敗。2歳時に3連勝でオープン入りして、春シーズン以来6ヶ月ぶりの芝の京洛Sで0.4秒差6着から中1週でここ。うん、このパターンの人気馬は怪しいな。

2009年(ハンデ・14頭)
1.⑬ワンダーポデリオ 牡5 56 松岡 2人気 先 栗・藤岡範
2.⑦ミリオンディスク 牡5 56 蛯名 5人気 先 栗・荒川
3.⑧ダノンカモン 牡3 54 石橋脩 1人気 追 栗・池江寿
《消えてくださった人気馬》
5.③アンダーカウンター 牡4 55 小林淳 3人気 追 栗・中竹
【ハロンラップ】
12.7-10.9-11.6-12.4-12.0-11.8-12.1=1.23.5(良)
【メモ】
この年が比較的平穏戦。
勝ったのは2番人気のワンダーポデリオ。前走は同じ舞台のペルセウスS2着で、2走前がこれまた同じ舞台の鎌倉Sで準オープンを卒業。関西馬ながらも東京コース3勝で適性が高かったのかと。4ヶ月半休養後の秋2走目は危なっかしいパターンだったけど(^^;)
2着のミリオンディスクはここが欅S以来6ヶ月ぶりのレース。この時点で東京コースが0-0-0-2だから勢い余って消してそうだけど、堅い時はこういう馬が来ちゃうんだなw
1番人気のダノンカモンが3着。初ダートだった秋嶺Sを勝っての昇級戦。ここで人気になったということは余程、前走が鮮やかだったんだな。
3番人気で5着のアンダーカウンターは外国産馬。準オープンの錦秋Sを勝っての中2週で蛯名からの乗り替わり。もっとも2走前に小林淳で2着しているけど、その時の勝ち馬が3着のダノンカモンだからちょっと分が悪かったか。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年7月7日() 04:43
プロキオン。最強7歳世代の爆セイクリムズンが勝つ!!!!!!
閲覧 120ビュー コメント 0 ナイス 1

ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエ、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールのG1馬の出走はないが、ダートのA級馬が集まったレース。

狙いは、ダート最強世代の現7歳世代。

ホッコータルマエ、トランセンド、エーシンモアオバー、セイクリムズン、ダノンカモン、テスタマッタ、シルクフォーシュン、ワンダーアキュート、ナムラタイタン、マルカフリート。この世代は、G1フェブラリーSの3着~10着を独占した。G1馬が出走してないココは、当然7歳世代が中心となる。

アハルテケSを勝ったダノンカモン。57,5キロの斤量をモノともせず差し切り勝ち。メンバーは強化したが、56キロと1,5キロ減のココは勝機。1昨年2着の雪辱を晴らし連勝して重賞初制覇と見る。ダート1400mは14戦して10回馬券圏内と得意距離。

同じ7歳世代のセイクリムズン。交流G2のさきたま杯をテスタマッタの2着。全15勝の内、ダート1400mで11勝している。
鞍上の岩田ヤスナリも「勝つためには、タックル、幅寄せ、斜行…何んでもするタイプ」なので、馬券を買う立場にとっては頼もしい。騎乗スタイルやビッグマウス発言は認めないけど

このレースは、欅Sに相性が良い。欅Sで馬券圏内に来た馬は良績なのでアドマイヤロイヤルとエアウルフには重い印を付ける。さらにエアウルフは、中京1400mのレコードホルダー。

昨年秋に同期のイジゲンとともにダートの新星として一躍世に出たガンジスだが、G1のカベにぶちあたり今回は休み明けなので狙いを下げる。

◎4アドマイヤロイヤル

○1セイクリムズン

▲14ダノンカモン

△7マルカフリート

△8エアウルフ

△ナガラオリオン

△10エーシンウェズン

△9アドマイヤサガス

【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
寺ちゃん @tera_chaaaaan
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの爆勝!鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンカモンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  サンデーさいざんす。   フォロワー:6人 2012年2月19日() 00:26:50
重賞級と言える素材らしい。
ベスト1400からの1ハロン延長では
狙いづらい。
5:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年4月2日(木) 16:03:53
【きさらぎ賞】(京都)
レース後のコメント
6着 ダノンカモン  岩田騎手
 「脚をタメる競馬はできたけど、少し傷んだ馬場を気にしていた感じだったのでこの馬場はかわいそうだった。1回伸びかかったけど、下が緩かったから…。」
4:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年2月24日(火) 16:49:01
【さざんかS】(阪神)
レース後のコメント
6着 ダノンカモン(ペリエ騎手)
「テンのペースが速くてこの馬には忙し過ぎたね。タメが利かなかった。4コーナーではもう一杯。1800mくらいの方がレースがしやすいね」

⇒もっと見る

ダノンカモンの写真

ダノンカモン

ダノンカモンの厩舎情報 VIP

2015年6月13日アハルテケステークス11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノンカモンの取材メモ VIP

2015年4月18日 アンタレスステークス G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。