トウカイデュエル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2017年3月30日生
調教師田所秀孝(栗東)
馬主内村 正則
生産者二風谷ファーム
生産地平取町
戦績10戦[2-0-2-6]
総賞金2,594万円
収得賞金900万円
英字表記Tokai Duel
血統 ジャスタウェイ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
シビル
トウカイオスカー
血統 ][ 産駒 ]
トウカイテイオー
ブリリアントミスト
兄弟 トウカイベリンダトウカイペアーナ
前走 2020/10/25 鳴滝特別
次走予定

トウカイデュエルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/25 京都 9 鳴滝特別 2勝クラス 芝2200 1356259.21311** 牡3 54.0 酒井学田所秀孝462(-2)2.16.2 1.836.4ヒートオンビート
20/10/10 京都 9 高雄特別 2勝クラス 芝2400 9558.958** 牡3 53.0 酒井学田所秀孝464(+4)2.30.2 1.438.6⑥⑥⑥⑥ディアマンミノル
20/09/20 中京 9 小牧特別 2勝クラス 芝2200 93316.555** 牡3 54.0 秋山真一田所秀孝460(+4)2.13.4 1.535.7⑤⑤⑤④アリストテレス
20/09/05 小倉 12 3歳以上1勝クラス 芝2600 137107.241** 牡3 54.0 秋山真一田所秀孝456(-4)2.41.5 -0.535.5⑥⑥⑥⑤タイセイシリウス
20/03/01 中山 9 水仙賞 1勝クラス 芝2200 8774.925** 牡3 56.0 田辺裕信田所秀孝460(-2)2.13.6 0.536.1⑦⑦⑤⑤クロスセル
20/02/01 京都 9 梅花賞 1勝クラス 芝2400 1081016.454** 牡3 56.0 秋山真一田所秀孝462(+2)2.30.3 0.834.9⑨⑨⑨⑨ブルーミングスカイ
19/11/23 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 91159.264** 牡2 55.0 秋山真一田所秀孝460(+4)2.02.7 1.236.9⑦⑦⑦⑥マイラプソディ
19/11/10 京都 9 黄菊賞 1勝クラス 芝2000 106626.273** 牡2 55.0 武豊田所秀孝456(-2)2.02.6 0.535.2シンプルゲーム
19/09/16 阪神 3 2歳未勝利 芝2000 12553.721** 牡2 54.0 武豊田所秀孝458(-6)2.01.3 -0.035.5⑥⑥⑥⑥ウェストエッジ
19/09/01 小倉 5 2歳新馬 芝1800 124412.033** 牡2 53☆ 西村淳也田所秀孝464(--)1.52.1 0.537.4ヴェルトライゼンデ

トウカイデュエルの関連ニュース

【菊花賞】特別登録馬

2020年10月11日() 17:30

【3歳次走報】ブルーミングスカイ、すみれSへ 2020年2月6日(木) 05:02

 ★セントポーリア賞6着ウインカーネリアン(美・鹿戸、牡)は弥生賞ディープインパクト記念(3月8日、中山、GII、芝2000メートル)へ。

 ★梅花賞を勝ったブルーミングスカイ(栗・角居、牡)は、すみれS(3月1日、阪神、L、芝2200メートル)へ。4着トウカイデュエル(栗・田所、牡)は同レースと、水仙賞(3月1日、中山、1勝クラス、芝2200メートル)の両にらみ。

 ★赤松賞2着のシンハリング(美・国枝、牝)はアネモネS(3月15日、中山、L、芝1600メートル)へ。1日東京の未勝利戦(芝2400メートル)を4馬身差で逃げ切った僚馬ダノングロワール(牡)は、大寒桜賞(3月29日、中京、1勝クラス、芝2200メートル)に向かう。

 ★盛岡重賞・南部駒賞の勝ち馬で中央に転入したモリノブレイク(美・大江原、牡)は江田照騎手とのコンビでヒヤシンスS(23日、東京、L、ダ1600メートル)へ。

 ★2日京都の未勝利戦(ダ1800メートル)を勝ったサンデーミラージュ(栗・宮本、牡)は、すみれSへ。

 ★1月26日京都の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったマートルフィールド(栗・矢作、牡)は、こぶし賞(16日、京都、1勝クラス、芝1600メートル)と、つばき賞(22日、京都、1勝クラス、芝1800メートル)の両にらみ。僚馬で1日小倉の未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったタイセイモンストル(牡)は、山桜賞(3月14日、中山、1勝クラス、芝2000メートル)とゆきやなぎ賞(同、阪神、1勝クラス、芝2400メートル)の両にらみ。

 ★1日京都の未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったナリタブレード(栗・中尾、牡)は、つばき賞へ。

 ★クロッカスS5着シャドウブロッサム(栗・藤岡、牝)は、23日京都の1勝クラス(芝1400メートル)へ。同7着ヴァルナ(栗・寺島、牡)は、16日東京の1勝クラス(芝1400メートル)へ。

 ★2日の京都1勝クラス(芝1200メートル)で2着のマイネルテナシャス(美・萱野、牡)は3月14日の中山1勝クラス(芝1200メートル)で2勝目を目指す。



ブルーミングスカイの競走成績はこちら

[もっと見る]

【京都2歳S】レースを終えて…関係者談話2019年11月24日() 05:05

 ◆松山騎手(ロールオブサンダー3着)「スタートが良く自分のリズムでいい形の競馬ができたが、勝った馬が強かった」

 ◆秋山騎手(トウカイデュエル4着)「馬場を気にして前半は後ろになったが、最後は伸びてくれた」

 ◆菱田騎手(ジャストナウ5着)「ストレスがない位置で折り合って運べたが、最後は脚が上がった」

 ◆幸騎手(ヒシタイザン6着)「左にモタれてロスがありました。そこが直ってくればもっとやれる」

 ◆池添騎手(ショウナンバレリオ7着)「イレ込みがきつかった。体も含めてまだまだ幼いね」

 ◆岩田康騎手(インザムード8着)「距離が少し長かったかな。ワンターンの競馬の方がいいかも」

 ◆スミヨン騎手(ヴァルナ9着)「もう少し距離が短い方がいい。緊張して走っている感じだった」

[もっと見る]

【京都2歳S】レースを終えて…関係者談話2019年11月24日() 05:05

 ◆松山騎手(ロールオブサンダー3着)「スタートが良く自分のリズムでいい形の競馬ができたが、勝った馬が強かった」

 ◆秋山騎手(トウカイデュエル4着)「馬場を気にして前半は後ろになったが、最後は伸びてくれた」

 ◆菱田騎手(ジャストナウ5着)「ストレスがない位置で折り合って運べたが、最後は脚が上がった」

 ◆幸騎手(ヒシタイザン6着)「左にモタれてロスがありました。そこが直ってくればもっとやれる」

 ◆池添騎手(ショウナンバレリオ7着)「イレ込みがきつかった。体も含めてまだまだ幼いね」

 ◆岩田康騎手(インザムード8着)「距離が少し長かったかな。ワンターンの競馬の方がいいかも」

 ◆スミヨン騎手(ヴァルナ9着)「もう少し距離が短い方がいい。緊張して走っている感じだった」

[もっと見る]

【重賞データ分析】京都2歳S2019 底を見せていない馬が強い一戦!前走上がり3ハロン上位かつ1着馬狙いがセオリー! 2019年11月23日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、京都2歳Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走1着馬が強い(オープン特別時を含む2007年以降)

ロールオブサンダー
ミヤマザクラ
マイラプソディ

新馬や未勝利を勝ち上がったばかりの馬が好成績(2007年以降)

ミヤマザクラ

3着以下の経験がない馬の活躍が顕著(2007年以降)

ロールオブサンダー
マイラプソディ

【人気】
基本的に上位人気(1~2番人気)を信頼できるレース(2007年以降)
※10時30分現在の1~2番人気

ミヤマザクラ
マイラプソディ

【脚質】
馬券に絡んだ馬の大半は、前走の上がり3ハロン順位が3位以内(重賞昇格後の2014年以降)

ヴァルナ
ロールオブサンダー
ミヤマザクラ
マイラプソディ

前走上がり3ハロン1位馬が抜群の成績(2014年以降)

ミヤマザクラ
マイラプソディ

【枠順】
2007年以降、1~2枠のワンツー決着はゼロ

ジャストナウ
ロールオブサンダー
インザムード
ミヤマザクラ
ショウナンバレリオ
マイラプソディ
ヒシタイザン

※3~8枠の馬をプラス評価

【血統】
父もしくは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬が圧倒(2014年以降)

トウカイデュエル
ヴァルナ
ジャストナウ
ミヤマザクラ
ショウナンバレリオ
マイラプソディ
ヒシタイザン

ハーツクライ産駒の活躍が顕著(2014年以降)

マイラプソディ

ノーザンファーム生産馬が毎年のように上位進出(2010年以降)

インザムード
ミヤマザクラ
マイラプソディ


【4項目以上該当馬】
マイラプソディ(9項目)
ミヤマザクラ(8項目)
ロールオブサンダー(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】京都2歳S2019 6着以下敗退の経験がある馬は不振!中距離実績も重要なポイント!2019年11月23日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京都2歳Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
重賞2着以内の経験がある馬を除くと、1800~2000mで未勝利だった馬の連対例は皆無(オープン特別時を含む2008年以降)

ヴァルナ
インザムード
ヒシタイザン

前走未勝利組の連対例はゼロ(重賞昇格後の2014年以降)

ミヤマザクラ

6着以下に敗れた経験がある馬の好走例はなし(2014年以降)

ジャストナウ
インザムード
ショウナンバレリオ

連対率50%未満馬の好走例はゼロ(2014年以降)

トウカイデュエル
ヴァルナ

前走で1600m以下のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2014年以降)

ヴァルナ
インザムード

【人気】
6番人気以下、かつ1800m以上の勝ち鞍がない馬の連対例はゼロ(2008年以降)
※10時00分現在の6番人気以下、かつ1800m以上の勝ち鞍がない馬

インザムード

【枠順】
7枠の連対例はなし(2008年以降)

ショウナンバレリオ

【血統】
4番人気以下、かつ父非サンデーサイレンス系の連対例は皆無(2014年以降)
※10時00分現在の4番人気以下、かつ父サンデーサイレンス系以外の馬

ヴァルナ
インザムード
ショウナンバレリオ

父あるいは母父にヘイルトゥリーズン系種牡馬を配していない馬の連対例はゼロ(2014年以降)

インザムード


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ロールオブサンダー
マイラプソディ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウカイデュエルの関連コラム

閲覧 1,639ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


【登録頭数:29頭】(フルゲート:18頭)


ヴェルトライゼンデ (動きC 時計A)中3週
予定がズレた前走で、ほぼ直線だけの競馬で2着まで追い上げ、能力を感じさせる内容だった。この中間は、1週前追い切りでは併せ馬で強めに追われて先着も、硬さがある感じでもうひと伸び足りない感じだった。

ガロアクリーク (動きA 時計B)中4週
休み明けの前走時も、大きな馬ではあるものの太め感はなく力強い動きだった。この中間も、2週前、1週前と長めから追われ、やや首が高いところこそあるが動きは力強くバネのある走りで、上積みがある印象を受けた。

コントレイル (動きB 時計A)中3週
前走時は、しっかり乗り込まれていて仕上がりも良かった。この中間は馬なりでの調整も、1週前追い切りでは力強い走りを披露し、好仕上がり。

サトノフラッグ (動きC 時計B)中4週
この中間は1週前に南Wで併せ馬。内に併せているので時計は速くなったが、動きに関しては併せた外2頭のほうが手応えに余裕があり、物足りない動きだった。

バビット (動きA 時計B)中4週
この中間は1週前追い切りをCWでの併せ馬に変えてきた。力強い走りで、迫力のある良い動きだった。

ロバートソンキー (動きA 時計B)中3週
この中間は馬なりでの調整。ここ2戦で馬体が減っていて、今回も輸送を控えあまり強く追えない感じはする。1週前追い切りを見ると、前走時のような力みがなく動き自体は良くなっていた印象だが。

ディープボンド (動きB 時計B)中3週
休み明けの前走時、調教内容は良かったもののパドックでは気合いが入り過ぎている感じで、レースでも最後伸びきれなかった。大きな馬で、この中間もしっかり乗り込まれ1週前追い切りでは力強い動きを披露と、引き続き状態は良さそう。

サトノインプレッサ (動き映像なし 時計なし)中1週
毎日王冠から中1週と間隔が詰っており、この中間は軽めの調整。前走時、あまり良い内容ではなかったので変わり身はどうか。

ビターエンダー (動きA 時計B)中3週
休み明けの前走時は追い切りの動きも良く、馬体こそ大きく増えていたものの太め感はなく好仕上がりに映った。この中間も、1週前追い切りでは力強く、しっかり伸びていて前走以上に動きは良く見えた。

レクセランス (動きB 時計B)中3週
前走から中3週。1週前追い切りでは、手応え良く力強い走りで終いしっかりと伸びた。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

ヴァルコス (動きC 時計B)中4週
この中間は2週前、1週前と3頭併せで追い切られて乗り込み量は豊富。ただ、1週前追い切りでは鞍上の手が激しく動く割に伸びきれず、モタモタした動きに映った。

ブラックホール (動きC 時計C)中8週
札幌記念から中8週。2週前、1週前と強めに追われているが、1週前追い切りを見ると力強さに欠け、併走馬に一瞬で抜かれて伸びきれず。

マンオブスピリット (動きE 時計D)中3週
1週前追い切りではジョッキー騎乗で3頭併せの中に併せて強く追われるも、伸びきれず。

キメラヴェリテ (動きB 時計C)中2週
シリウスSからの中2週で、1週前追い切りでは坂路を馬なりで力強い走りを見せた。前走時は終い脚が上がっていたが、今回は馬なりでも最後までしっかり走れている感じ。


<以下、抽選対象馬(4/6)>

アリストテレス (動きB 時計B)中4週
休み明けを2連勝中と勢いのある馬。音無厩舎の馬だがCWを中心に追い切る馬で、そのあたりには何かがありそう。1週前追い切りの動きを見ると、春に比べ馬体に身が入って力強さが増している印象を受けた。

アンティシペイト (動きA 時計B)3ヶ月
3ヶ月の休み明けだが、1週前追い切りではサトノフラッグダノングロワールを相手に先行して抜かせない動きの良さを見せている。状態は良さそう。

ココロノトウダイ (動き映像なし 時計D)中4週
セントライト記念の追い切りではまだフラフラするようなところがあった馬。この中間は、1週前追い切りでワーケアに先着を果たしているが、時計は物足りず。

ダノングロワール (動きB 時計B)中3週
1週前追い切りでは、サトノフラッグアンティシペイトを相手に終いしっかりと伸びてみせた。叩き2戦目での上積みがありそうな動きだった。

ターキッシュパレス (動きD 時計D)中3週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せるが力強さがなく、直線の伸びはイマイチ。

ディアマンミノル (動き映像なし 時計C)中1週
休み明けを2連勝し、この中間は中1週で軽めの調整。長距離戦を使われてきた馬で、嵐山S2着から中1週で菊花賞を制した父の母父メジロマックイーンを思い起こさせる。


<以下、除外対象馬>

サトノゴールド (D)中2週
1週前追い切りでは終い伸びきれず、使われてきている割に上積みがない。

アイアンバローズ (F)中3週
1週前追い切りでは走りやすそうな馬場で先着も、時計が平凡で。

イロゴトシ (F)連闘
坂路では時計の出る馬だが、ここ2戦はこの馬としてはいかにも物足りない時計で、出来はイマイチ。

エンデュミオン (B)中3週
この中間はCWを長めから3本時計を出していて、1週前追い切りの動きにも勢いあり。状態は良さそう。

コロンドール (D)中4週
この馬としては、中間の時計が物足りない。

トウカイデュエル (F)連闘
秋3戦使い詰めできていて、連闘となると上積みはない。

ヒートオンビート (B)中4週
この中間は2週前、1週前と前走以上の時計が出ていて、叩き2戦目での上積みがありそう。

ラインハイト (B)中4週
CWでの1週前追い切りでは外に併せて先着。重心が低い走りで、出来が良さそうに映った。

タイセイモンストル (E)3ヶ月
1週前追い切りではコントレイルの調教パートナーを務めたが直線に入るところではもう脚が上がってしまった。休み明けの割に乗り込み量も少ない。


このコラムからの推奨馬はコントレイルガロアクリークバビットビターエンダーアンティシペイトディアマンミノルの6頭を挙げておきます。


◇今回は菊花賞編でした。
競馬の世界にいると不思議な巡り合せということがよくあるものです。
3年前の夏に20数年ぶりに北海道へ旅行に行った時のこと。オグリキャップの眠る優駿スタリオンステーションから、今はなきスーパークリークの過ごした日高スタリオンステーションのあった場所を目指し車を走らせました。その場所にあったスーパークリークのお墓はなくなっていて、引き継いだ牧場の敷地となっていました。暑い夏の昼間で放牧されている馬もなく、人の気配もなくとても静かで、寂しさだけが今も心の中に残っています。スーパークリークのお墓がないことは分かっていたものの、そこに行けば誰かが何かを知っていて、分かることもあるのではないかという思いで、この場所に遠く1000キロ以上車を運転してやってきましたが、結局何も分からないまま。数時間前にはオグリキャップヤエノムテキなどの懐かしい馬たちのお墓詣りをしたばかりだったので、スーパークリークのお墓詣りができなかったことは心残りでした。物事にはそれぞれ事情があるハズで、すべてを知ることが幸せではないのかもしれない――そう思うことにして、その日はその場所を後にしました。ただすべてが変わってしまった訳ではありませんでした。名前こそ変わっていましたが、海の見える放牧場は20数年前に訪れた時と変わらぬまま。お墓はなくなってしまっても、スーパークリークが晩年を過ごしたこの景色が残っている。それだけでも幸せで、彼の魂はここにずっといるはず・・・、この景色を見にまた訪れたいと思ったものでした。
それから3年が過ぎ、当時私が牧場を訪れる半年前にその牧場で産声を上げた仔馬が、新馬戦を勝ち、皐月賞、ダービーに出走し、そして今週末の菊花賞に出走を予定しています。
ガロアクリーク。歴史的名馬となるであろうコントレイルの三冠一色の今年の菊花賞ですが、出走馬すべてにドラマがあり、チャンスがあるのが競馬。スーパークリークの見ていた景色と同じ景色を見て育った馬に、クリークという名前がついて菊花賞に出走します。クリーク(くりーく)という名前を巡る物語は、コントレイル相手に奇跡(ガロアクリークの父はキンシャサノキセキ)を起こすことができるのか。歴史的名馬の走りとともに、そんな1つのストーリーにもほんの少し注目してみて下さい。

それでは次回、天皇賞(秋)(予定)編でお会いしましょう。


菊花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年10月20日(火) 09:00 覆面ドクター・英
菊花賞・2020
閲覧 2,800ビュー コメント 0 ナイス 8

秋華賞は、無敗三冠牝馬誕生の瞬間を目の当たりにできて良かったです。馬券的には、本命1着、ヒモが3着、4着(このコラムでも推奨)で残念でした。3着と4着が9番人気、12番人気だっただけに悔しいですが、こればかりは仕方のないところ。
菊花賞も絶対王者の連勝継続で(前哨戦で超新星は出現せず)、ヒモ荒れ期待のレースではないかと思っています。調教の動きがあてにならない長距離戦だけに、今週は水曜の調教を見ずに早め公開としました。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:2歳王者にして、皐月賞とダービーを制覇、そして前哨戦の神戸新聞杯も圧勝で、無敗での三冠に王手のかかった一戦。本質的に3000m向きステイヤーではないのだろうが、能力で同世代なら負けないのでは。牡牝揃っての無敗三冠馬の誕生は堅いとみる。

2番人気想定 ヴェルトライゼンデ:ダービー3着や神戸新聞杯2着など世代上位の馬。ただ、コントレイルには4戦4敗で着差の少なかったホープフルSや神戸新聞杯も惜しい感じはなく、向こうにはまだ余裕があっただけに逆転は難しい。

3番人気想定 バビット:4月の未勝利勝ちから怒涛の4連勝でセントライト記念も逃げ切ってみせた。ナカヤマフェスタ×タイキシャトルという安かった馬の活躍は痛快だが、中距離の逃げ馬という印象が強く、菊の舞台で強いコントレイルに早めに来られると残せないのではないか。逃げ馬は個人的に大好きなのだが、人気薄でこそであり、ここは間違いなく人気だけに消す方向で。

4番人気想定 サトノフラッグ:弥生賞馬で、皐月賞やダービーは人気の割に凡走が続いた。秋になって、休み明けとはいえバビットあたりに逃げ切られているようでは、コントレイル逆転に名乗りをあげるほどの成長力ではなさそう。

5番人気想定 アンティシペイト:3連勝で夏の札幌2600m勝ちと、よくあるステイヤーの上昇パターン(マンハッタンカフェもそうだった)。ベタだが、国枝厩舎の本番にあわせてくる力は秋華賞でも見事で、買っていい馬では。

6番人気想定 アリストテレス:春は若駒S2着、すみれS2着と勝ち切れなかったが、ここ2戦は1勝クラスと2勝クラスとはいえ、きっちり勝ち切れるようになっての菊花賞への登録。母母グレースアドマイヤのおなじみの活躍馬多数血統で、ルメール騎手を確保したように通用する能力のある馬。

7番人気想定 ヴァルコス:ヴのつく大魔神・佐々木+友道厩舎の活躍パターンだが、父ノヴェリストは(どうも底力に乏しいようで)上級馬がなかなか出ていない現況。母母ウインドインハーヘアという良血(母がディープインパクトの半妹)ではあるが、セントライト記念5着では物足りず、良くなるのはまだ先では。

8番人気想定 ガロアクリークキンシャサノキセキ産駒だけに常に距離のことを言われがちなこの馬。ただ、キンシャサノキセキ自体はスプリンターでも、血統背景は中距離馬でも全然問題ないものだし、ガロアクリーク自身は母父キングマンボであるように、この距離で血統的に嫌われるようなら引き続き買いたい馬。皐月賞で3着したように世代上位の実力はあり、同世代同士の勝負なら。

9番人気想定 ディープボンド京都新聞杯勝ちがあり、ダービー5着、神戸新聞杯はキレ負けして4着と、瞬発力不足で負けてはいるが、ズブめステイヤーであり、ここも好勝負可能。

10番人気以下想定
ロバートソンキー神戸新聞杯は1勝馬ながら14番人気3着と激走した。母母がトウカイテイオーの全妹で底力があるのかもしれないし、伊藤工騎手(まだ30歳というのは少々意外)も普段地味なだけに頑張って欲しいところだが、前走のように控えて終いバキュンというのは通用しない舞台だけに……。

ダノングロワール:2勝クラスの中山2500mを勝っての登録。春にも東京2400m勝ちがあり、距離適性はハーツクライ産駒だけに高そうだがまだ力が少し足りないのでは。

レクセランス:春はすみれSを勝ち皐月賞に臨むも11着、ダービーも15着、神戸新聞杯では出遅れもあり7着と、実力の面で少し心許ないか。

ブラックホール:札幌2歳S勝ち馬だが、以降いまひとつ。ダービー7着で思ったより強い馬なのかと思わせつつ、札幌記念は9着と得意なはずの舞台でもぱっとせず。ここでの一変はないと思われる。

サトノインプレッサ毎日杯勝ち馬で、ダービー4着したように超良血馬だけに能力はあるのだろうが、毎日王冠10着とまじめに走らず。去勢もありではと考えてしまうくらいだが、いずれにしても現状は気持ちの面だろう。

ビターエンダー:プリンシパルSの勝ち馬だがダービー10着、神戸新聞杯11着と差しても先行してもイマイチな状況。

マンオブスピリット京都新聞杯2着で臨んだダービーは16着。秋になっても神戸新聞杯9着とトップクラスとは差がありそう。

アイアンバローズ神戸新聞杯は不利がありながら8着まで来たが、良くなるのはもう少し先の印象。

ラインハイト:未勝利と1勝クラスを連勝して臨んだセントライト記念で4着まで来たが、スパッとは伸びず、G1では足りない感じ。

ココロノトウダイ:母系はトゥザ○○軍団多数輩出の良血馬といえるが、道悪にならないと厳しいのでは。

ディアマンミノル:1勝クラスと2勝クラスを連勝してきた。母母にイソノルーブルのいる長距離向き型なのだろうが、まだトップレベルとは差がある。

キメラヴェリテ:北海道2歳優駿で逃げ切り勝ちのあるキズナ産駒で、若葉S2着するも以後は不発。前走は、ダートに戻してシリウスSを使うも逃げて13着と物足りない結果。要らない。

サトノゴールド:新馬勝ちして札幌2歳Sで2着した時には、「ゴールドシップ産駒を、サトノ軍団が買うなんて意外だけど、走る馬はわかるんだろうなあ」と思ったくらいだったが、以降は不発。

コロンドール:1勝クラスを勝ったばかりのタートルボウル産駒で、出走できないだろう。

イロゴトシ:九州産馬ということで、未勝利と一応オープンである(実質1勝クラスレベルの)ひまわり賞を連勝したが、能力が足りない。

トウカイデュエル:2勝クラスを勝てない現状では出走できないだろう。

タイセイモンストル:未勝利勝ちのみで、前走1勝クラスで12着とさっぱりな状況。

ターキッシュパレス神戸新聞杯で17番人気ながら5着まで押し上げてきたが、瞬発力がなく菊花賞向きではない長距離馬。

エンデュミオン:春は惜敗が多かったが、神戸新聞杯で6着まできたように実力を伸ばしている印象はある。ただ、本当に良くなるのは年が明けてからか。

ヒートオンビート:未勝利と1勝クラス連勝の後は、2勝クラスで2着、3着と惜敗が続く。スタミナはあるが、力がまだ足りなさそう。


<まとめ>
有力:コントレイル

ヒモに:ヴェルトライゼンデアンティシペイトアリストテレスガロアクリークディープボンド

[もっと見る]

2019年11月15日(金) 11:00 【ウマニティ】
先週の回顧~(11/9~11/10)佐藤洋一郎プロが土曜福島9R◎サンマルベストから3単79万馬券的中で総合トップ!好調イレコンデルパサープロは“V5”スガダイプロは“V4”達成!
閲覧 801ビュー コメント 0 ナイス 3


 
9(土)に行われたG2デイリー杯2歳S、G3武蔵野S、10(日)に行われたG1エリザベス女王杯、G3福島記念ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
9(土)を東京9Rオキザリス賞福島11R奥羽SG2デイリー杯2歳S的中などでプラスで折り返すと、10(日)は勝負予想G1エリザベス女王杯で3週連続日曜メイン本線的中となる○ラッキーライラッククロコスミアラヴズオンリーユー計6万1300円払戻しを達成!他にも、G3福島記念○△◎3複的中や、福島10R3歳以上1勝クラスなどの予想を披露し、土日2日間トータル回収率104%で終えています。これで、4週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
9(土)に京都1R2歳未勝利の3連単的中、福島2R3歳以上1勝クラスの◎○▲パーフェクト的中計13万620円などで大幅プラスを計上。週間トータル回収率126%を記録し、これで5週連続週末プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
9(土)の福島9R3歳以上1勝クラスで◎サンマルベスト(単勝62.1倍)▲アスカリ(同14.6倍)の予想を披露し、3連単79万560円馬券含む計85万2660円払戻しのホームラン的中をマークすると、この日はG2デイリー杯2歳Sでも◎レッドベルジュールウイングレイテストペールエール的中!10(日)にも京都9R黄菊賞で◎シンプルゲームポタジェトウカイデュエル的中などを披露し、週間成績いずれもトップの回収率189%、収支55万5790円プラスをマーク!
 
 
 
この他にも金子京介プロ(164%←2週連続週末プラス)、KOMプロ(144%)、サラマッポプロ(141%)、あおまるプロ(141%)、シムーンプロ(130%)、蒼馬久一郎プロ(126%)、エース1号プロ(125%)、山崎エリカプロ(123%←2週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(107%←2週連続週末プラス)、セイリュウ1号プロ(101%←2週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

トウカイデュエルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 315ビュー コメント 13 ナイス 95

日本シリーズは、ソフトバンクが一方的な強さ
競馬の世界はというと、生産者ランキングを調べると…
1位 ノーザンファーム 562勝
2位 社台ファーム   267勝
3位 社台コーポレーション白老ファーム 87勝
4位 ダーレー・ジャパン・ファーム 61勝
5位 ノースヒルズ 60勝
こちらも、ブッチ切りの一方的な強さ

今年で7回目のラジオNIKKEI杯京都2歳S
もう敢えて書かないけれど、過去5頭の勝ち馬がノーザンファームの生産馬
カデナだけノースヒルズだけれど、2着ヴァナヘイムは、ノーザンファームの生産馬
このレース、ノーザンファームの生産馬に逆らうのは疑問ですかねぇ

そして今年の秋の2歳戦
サウジアラビアRC ステラヴェローチェ
アルテミスS ソダシ
京王杯2歳S モントライゼ
ファンタジーS メイケイエール
デイリー杯2歳S レッドベルオーブ
東京スポーツ杯2歳S ダノンザキッド
これまた、勝ち馬は全てノーザンファームの生産馬

【昨年のラジオNIKKEI杯京都2歳S JRA HP出走馬情報と結果】
マイラプソディ1着、ロールオブサンダー3着、ミヤマザクラ2着、ヒシタイザン6着
ヴァルナ9着、トウカイデュエル4着、インザムード8着、ジャストナウ5着

1着マイラプソディは、ノーザンファームの生産だけでなく、
競馬番組で最も早い2,000mの新馬戦勝ち馬だった。
夏競馬の2,000m戦って、各競馬場1レース程度しかない。

【恒例のJRA HP出走馬情報とひと言】
バスラットレオン → 札幌2歳S 3着馬
ラーゴム  → ノーザンファーム生産馬、夏の阪神2,000m新馬戦勝ち
グロリアムンディ → ノーザンファーム生産馬、秋の京都2,000m新馬戦勝ち
グラティトゥー → 紫菊賞1勝クラス2着馬
ワンダフルタウン → ノーザンファーム生産馬、萩S(L)3着
マカオンドール → ノーザンファーム生産馬、 紫菊賞1勝クラス3着馬
ダノンドリーマー → 秋の新潟2,000m未勝利戦勝ち
ビップランバン → ノーザンファーム生産馬、夏の阪神2,000m新馬戦2着(1着ラーゴム)

名前は京都2歳でも、阪神開催、ノーザンFでラーゴム でしょうか?

今夜の日本シリーズもソフトバンクが圧勝するんですかねぇ?
では

 しんすけ49 2020年10月10日() 11:27
高雄特別&山中湖特別&神無月ステークス&魚沼特別&オパー...
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 15

こんちゃ!

ハッピーバースデートゥーミー♪

と言う訳で今日から改名、また一つ年を取りました。

だもんで、今日は自分へのお祝いを兼ねまして重賞を含めた6鞍購入っス!

プレゼントは当たり馬券でお願いしやっす(^^♪

外れ馬券はご勘弁を!

京都9R 高雄特別

◎⑤トウカイデュエル
〇②ダンシングリッチー
▲⑥ドゥラモット
△⑨アルサトワ

馬連⑤ー②・⑥・⑨への3点。
三連複②・⑤ー⑥・⑨への2点。

右回りで距離延長で見直しを。何となくだけど道悪も上手そうだしね。

東京9R 山中湖特別

◎②ショウナンハレルヤ
△③サクラユニヴァース
△⑦レティキュール
△⑧トラストワージー
△⑨エトワール

馬連②ー③・⑦・⑧・⑨への4点。

中山は相性悪いのかね?府中に替わって変わり身期待。展開も向きそうだし。

東京10R 神無月ステークス

◎⑦グローリーグローリ
△①トラストロン
△②ブランクチェック
△④フクサンローズ
△⑩イッツリット

馬連⑦ー①・②・④・⑩への4点。

前走で復活の兆し。左回りのこの距離はベストだしね。鉄砲効くし道悪も実績あるしね。人気も手頃。

新潟11R 魚沼特別

◎⑦エバーミランダ
△②コマノウインクル
△④ラインオブダンス
△⑥シーオブザムーン
△⑧マイネルソラス

枠連⑥ー⑥と馬連⑦ー②・④・⑧への4点。

休み明けを叩いての良化に期待。現級実績あるしね。

京都11R オパールステークス

◎⑰プリディカメント
△②ケープゴット
△④トウショウピスト
△⑥アマルフィコースト
△⑬ヤマカツマーメイド

馬連⑰ー②・④・⑥・⑬への4点。

馬場悪化に加えて逃げ馬が3頭。展開は向きそうだね。引き続き52kgも魅力的。大外一気を期待!

今日はここまでよぉ~。

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年9月19日() 22:05
9/20 単複王 No. 95 ローズステークス
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんわ明日9/20単複王です
No.639 中京 9レース 小牧特別(2勝クラス)  芝 2200m ◎ メイショウテンモン ◯ トウカイデュエル
No.640 中京 10レース 納屋橋S(3勝クラス)  芝 1600m ◎ ステイオンザトップ ◯ ムーンチャイム
No.641 中京 11レース ローズS(G2)  芝 2000m ◎ リリーピュアハート ◯ リアアメリア
No.642 中山 9レース 鋸山特別(2勝クラス)  ダート 1800m ◎ グリニッジシチー ◯ シティーオブスター
No.643 中山 10レース 御宿特別(2勝クラス)  芝 1600m ◎ セリユーズ ◯ グレイシア
No.644 中山 11レース ラジオ日本賞(OP)  ダート 1800m ◎ アッシェンプッテル ◯ フィードバック
続いて
No.95 ローズステークス ◎ リリーピュアハート ○ リアアメリア ▲ フィオリキアリ ☆ クラヴァシュドール アカイイト
明日9/20のメインレースは
中京 11レース ローズS(G2) 芝 2000m
中山 11レース ラジオ日本賞(OP) ダート 1800m
です
ローズS(G2) ◎ リリーピュアハート ○ リアアメリア ▲ フィオリキアリ ☆ クラヴァシュドール アカイイト
ラジオ日本賞(OP) ◎ アッシェンプッテル ○ フィードバック ▲ マイネルユキツバキ ☆ ランフォザローゼス ハヤヤッコ
よろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウカイデュエルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トウカイデュエルの写真

投稿写真はありません。

トウカイデュエルの厩舎情報 VIP

2020年10月25日鳴滝特別11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トウカイデュエルの取材メモ VIP

2020年9月20日 小牧特別 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。