ケープコッド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 黒鹿毛 2017年3月14日生
調教師高柳瑞樹(美浦)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金780万円
収得賞金400万円
英字表記Cape Cod
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
ハーロンベイ
血統 ][ 産駒 ]
Elusive Quality
コージーベイ
兄弟 ベイオブコトル
前走 2019/07/06 2歳未勝利
次走予定 2019/07/21 函館2歳ステークス G3

ケープコッドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/06 函館 1 2歳未勝利 芝1200 8881.111** 牝2 54.0 吉田隼人高柳瑞樹458(0)1.09.9 -0.935.8ディーズギャラント
19/06/23 函館 5 2歳新馬 芝1200 11224.422** 牝2 54.0 吉田隼人高柳瑞樹458(--)1.09.8 0.035.6レッドヴェイパー

ケープコッドの関連ニュース

 <函館競馬場>

 レッドヴェイパーが新馬戦でマークした勝ち時計1分9秒8は、今回のメンバーで最速タイ。2、3着馬も勝ち上がっており、レベルの高いレースだった。中間は短期放牧を挟み、順調に調整が進んでいる。岩本助手は「いい感じでガス抜きができたし、変わらずにきています。前向きすぎる面があるので、レースに行ってムキにならなければ」と話した。

 タイセイビジョンは、阪神芝1400メートルのデビュー戦を2馬身半差の快勝。3コーナーからは手綱を抑えるほどの行きっぷりで、1ハロンの距離短縮にも対応できそう。菊本助手は「前走はハミを取った3コーナーからスピードに乗りましたが、4コーナーで外に膨れる面があった。小回りで4コーナーをうまく回れるか」とコース替わりをポイントに挙げる。

 ビアンフェの初戦は出遅れが響いてクビ差で惜敗したが、きっちりスタートを決めた2戦目を逃げ切り勝ち。短期間での3走目となるが、白倉助手は「もう少し絞りたいくらいで、先週もしっかりやれた。落ち着きもあるし、メリハリをつけた調教ができています」と上積みを見込む。

 新馬戦でレッドヴェイパーのハナ差2着だったケープコッドは、続く未勝利戦を5馬身差で圧勝。鈴木助手は「初戦は追走に苦労する感じだったけど、2戦目は引っ張りきれない手応えで前めに行けた。中間もカイバ食いはいい。前走でカチャカチャする面を見せていたので、落ち着いて臨めれば」とレースを見据えた。



★函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【函館2歳S】レース展望 2019年7月15日(月) 17:22

 6週間12日の函館開催は最終週を迎え、日曜メインに函館2歳S(21日、GIII、芝1200メートル)が行われる。2歳世代最初の重賞で、ほとんどがキャリア1戦。荒れる予想満載だが、意外にも1~3番人気馬が総崩れになることがめったにないレースで、今年は2頭の有力馬が一騎打ちの様相だ。

 6月23日の新馬戦を勝ったレッドヴェイパー(栗東・安田隆行厩舎、牝)のタイム1分9秒8は、稍重だったにもかかわらず、今年の函館芝1200メートルの2歳戦で最も速い。好スタートから2番手に控えて最後は押し切った内容も強かった。近親にマイルチャンピオンシップ優勝馬シンコウラブリイ、父が名スプリンターのキンシャサノキセキで、これからまだまだ強くなる成長力のある短距離血統。ロードカナロアやカレンチャンを育てた安田隆厩舎から、新たなスピードスターが誕生するかもしれない。

 そのレッドヴェイパーに、新馬戦で一騎打ちに持ち込んでハナ差で敗れたのがケープコッド(美浦・高柳瑞樹厩舎、牝)。3着馬を5馬身離したのだから、2戦目であっさり勝ち上がったのは当然だろう。この2戦目の未勝利戦のタイムが1分9秒9(良)で、2番目に速く、2着馬に5馬身差をつける圧勝。2戦して使い詰めになるぶん、上積みという点ではレッドヴェイパーに劣るかもしれないが、互角の力があるとみていい。

 新種牡馬エピファネイア産駒のスマートカーリー(栗東・須貝尚介厩舎、牝)は新馬戦をハイペースの逃げを打って押し切った。良馬場で1分10秒2とタイムでは前記2頭には劣るが、父が成長力に優れていただけに、侮れない存在だ。

 同世代の新種牡馬キズナも上々のスタートを切っており、その産駒ビアンフェ(栗東・中竹和也厩舎、牡)も有力。勝ち上がりは2戦目ながら、稍重でタイム1分10秒0は悪くない。

 函館以外から参戦する馬も注目できる。阪神の芝1400メートルで新馬勝ちしたタイセイビジョン(栗東・西村真幸厩舎、牡)は中団から早めに動いて完勝。センスの高い走りが目を引いた。

 福島の芝1200メートル新馬戦ではあまり見られない後方一気の内容で勝ったゴッドスター(美浦・池上昌和厩舎、牡)も、なかなかの素材。パワータイプなので、道悪になればさらに力を発揮できる。

 牝馬限定の芝1200メートル新馬戦を楽勝したパフェムリ(栗東・岡田稲男)、芝1200メートル未勝利戦完勝から連闘で挑むニルカンテソーロ(美浦・斎藤誠厩舎、牡)も上位を狙える。

 ホッカイドウ競馬から参戦するアザワク(角川秀樹厩舎、牝)は、JRA認定競走を7馬身差、8馬身差で圧勝。芝は初めてだが、スプリント戦は芝、ダート不問の馬が多いのでチャンスはありそうだ。

★函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館2歳ステークス】特別登録馬2019年7月14日() 17:30

2019年7月21日(日)に函館競馬場で行われる函館2歳ステークス(GIII)の登録馬は以下の通り。

アザワク 2
イーサンティラノ 牡2
ケープコッド 牝2
ゴッドスター 牡2
スマートカーリー 牝2
タイセイビジョン 牡2
ニルカンタテソーロ 牡2
バブルガムダンサー 2
パフェムリ 牝2
ビアンフェ 牡2
ブルーパピヨン 牝2
プリモジョーカー 2
プリンスリターン 牡2
マンバー 牝2
メイショウナパワン 牡2
ヤマメ 牝2
リュウノゲキリン 牡2
レッドヴェイパー 牝2

函館2歳ステークス(GIII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【2歳未勝利】断然人気に応えケープ5馬身差 函館芝1200メートル 2019年7月7日() 05:01

 1・1倍の断然人気に応え、ケープコッド(美・高柳瑞、牝、父ダイワメジャー、母ハーロンベイ)が、2番手から5馬身差の圧勝。吉田隼騎手は「順当勝ちです。テンションが高かったけど、走ったらお利口。落ち着いて臨めれば」と、次走予定の函館2歳Sを見据えた。

[もっと見る]

【2歳新馬】函館5R 1番人気レッドヴェイバーが初陣を飾る! 2019年6月23日() 12:25

 6月23日の函館5R・2歳新馬(芝1200メートル)は、藤岡佑介騎手騎乗の1番人気レッドヴェイバー(牝、栗東・安田隆行厩舎)が2番手追走から直線抜け出し、ゴール前猛追したケープコッド(2番人気)をハナ差抑えて初陣を飾った。タイムは1分09秒8(稍重)。

 ハナ+5馬身差の3着にはメイショウナパワン(4番人気)が続いた。

 レッドヴェイバーは、父キンシャサノキセキ、母レジェンドトレイル、母の父フレンチデュピティという血統。

 ◆藤岡佑介騎手(1着 レッドヴェイバー)「前向きでスッと好位につけられました。抜けてからフワッとしましたが、時計は悪くなかったです」

★23日函館5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ケープコッドの関連コラム

閲覧 160ビュー コメント 0 ナイス 1



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


7月21日(日)函館11R 第51回函館2歳ステークス(2歳G3、芝1200m)

【フルゲート16頭】


<地方所属馬>

アザワク(前走6/26門別ダ10①、472キロ、中3週、前走時印―)<C>
デビューから2戦とも圧勝の逃げ切り勝ち。ただ2戦ともダート1000m戦で今回芝1200mへの参戦。他にもいる速い馬との競り合いになった時にどうかというところはある。

バブルガムダンサー(前走6/27門別ダ12①、524キロ、中3週、前走時印◎)<B>
前2走とも◎にしてきたくらい毎回坂路で好時計を出す馬。大きな馬で距離が延びてもっと良くなると思ってはいたが、前走は予想外に先行できて、直線では予想通りのしっかりとした伸びでの楽勝だった。今回は芝でのレースなので、前半追走に苦労するかもしれないが、前の方でレースができるようなら十分勝ち負けになる力と上積みも期待できる。

プリモジョーカー(前走6/6門別ダ12①、462キロ、中5週、前走時印◯)<C>
地方馬3頭の中でも間隔にいちばん余裕があるので、調整はしやすいのではないかと思うが1週前追い切りの時計は特に目立たず。この間隔なら、1週前も坂路で速い時計を出してきても良さそうなのだが。そのあたりは少し気になる。


<優先出走馬(新馬戦1着馬)>

イーサンティラノ(前走6/30函館新馬芝12①、454キロ、中2週、前走時印◯)<B>
前走時は追い切りの時計は物足りなかったが、2週連続併せ馬で先着。最終追い切りの動きもバネのある走りで一気に突き放していて良い動きだった。この中間は中2週でも1週前の日曜追いのWコースで終いの時計がしっかり出ており、引き続き調子は良さそう。

ゴッドスター(前走6/30福島新馬芝12①、500キロ、中2週、前走時印△)<D>
前走時の追い切りでは1週前、最終追い切りとそこそこの時計が出ていたが、時計ひとつ足りないくらいの印象だった。この中間は函館に移動して1週前には併せ馬で先着も、時計的にはまだ物足りない。

スマートカーリー(前走6/29函館新馬芝12①、466キロ、中2週、前走時印◎)<B>
前走時は栗東で乗り込まれて仕上げて函館入りした感じで、栗東では坂路でかなり良い時計が出ていた馬。この中間は、1週前には函館Wでこちらもかなりの好時計と、滞在しての上積みもありそう。

タイセイビジョン(前走6/2阪神新馬芝12①、454キロ、中6週、前走時印◯)<C>
この中間は栗東の坂路で速い時計を2本出して函館に移動。1週前追い切りでは速い時計は出しておらず、日曜日にジョッキー騎乗で併せ馬を消化。時計は物足りず、最終追い切りでびっしり追って仕上げてきそうな感じ。

パフェムリ(前走6/22函館新馬芝12①、420キロ、中3週、前走時印×)<A>
小柄な馬だが追われると終いしっかり伸びて末脚がある。この中間も菱田騎手が騎乗して追い切られていて、1週前には函館Wを併せ馬で追われて馬なりで先着と、調子は前走以上。

プリンスリターン(前走7/6函館新馬芝12①、432キロ、中1週、前走時印◎)<C>
前走時は調教の時計が特に抜けて良い訳ではなかったが、芝での追い切りのVTRを見たところ手応えに余裕があって楽に先着していたので動きの良さで◎にして1着。この中間は中1週で特に速い時計は出していないので、前走時の疲れがどこまで回復しているか。最終追い切りの動きを見て判断したい。

ブルーパピヨン(前走6/15函館新馬芝10①、444キロ、中4週、前走時印◎)<C>
前走の新馬戦は禁止薬物による競走除外の影響で有力馬が回避したこともあるが、◎で1着。この馬に関しては、追い切り2本ともに併せ馬で先着していて、牧場で仕上げられてきていた感じがあった。この中間は1週前に併せ馬で馬なりの調整。特に目立つ内容でもなく、上積みがありそうな感じもしない。

マンバー(前走7/13函館新馬芝12①、458キロ、連闘、前走時印◯)<B>
先週の新馬戦を勝って連闘参戦。前走時は、想定の段階では名前はなかったが、頭数が少なかったこともあってか急遽の出走だった馬。美浦で追い切られて輸送しての出走だったが、調教通りの好内容といった感じで新馬勝ち。連闘なので反動が出るようなら無理して使ってこないとは思うが。

ヤマメ(前走6/22函館新馬ダ10①、444キロ、中3週、前走時印―)<D>
前走時の追い切りではゆったりと走る感じでスピード感がなかったので無印にしたが、レースでは外枠からスムーズに流れに乗っての勝利。馬場・展開と、すべてがうまくいった感じだった。この中間も、特に時計が詰まってきた訳でもなく、目立った上積みは感じられない。

リュウノゲキリン(前走7/6函館新馬ダ10①、482キロ、中1週、前走時印▲)<C>
前走時は調教内容が良かった3頭の中の1頭で▲評価で1着。この中間は、中1週となり特に速い時計は出しておらず、上積みは特になさそう。

レッドヴェイパー(前走6/23函館新馬芝12①、412キロ、中3週、前走時印◯)<C>
前走時は競走除外で1週延びての出走だったが、調教通りの強い内容で新馬勝ち。小柄な馬で、1週前追い切りも特に目立つ時計はみられず。これで、当日馬体が減っているようだとレースに影響がありそう。


<以下、抽選対象馬(2/4)>

ケープコッド(前走7/6函館未勝利芝12①、458キロ、中1週、前走時印◎)<B>
新馬、未勝利と◎にしてきた馬だが、新馬戦時は馬体に余裕がある感じだったところ、前走時は一度使われて馬体が締っていて良化がうかがえた。この中間は中1週で軽めの調整だが、使われて良くなるタイプの馬で前走以上も期待できそう。

ニルカンタテソーロ(前走7/13函館未勝利芝12①、432キロ、連闘、前走時印―)<B>
前走時のパドックでは、マイナス体重でもお腹のあたりはふっくらしていてまだ締まりそうな馬体に映った。そんな中、レースでは直線一気の差し切りで1着。重心の低い安定感のある走りをする馬なので、連闘も最終追い切りで軽めでもしっかりした走りならさらに上積みもあるかもしれない。

ビアンフェ(前走6/30函館未勝利芝12①、506キロ、中2週、前走時印◎)<A>
デビュー前から調教では好時計の出ていた馬で、この中間も函館Wで好時計が出ていて調子は良さそう。中2週になるが、前走以上も期待できそう。

メイショウナパワン(前走7/7函館未勝利芝12①、460キロ、中1週、前走時印▲)<D>
新馬戦では上位2頭が抜けていて▲評価で3着。前走時も函館Wでそこそこの時計は出ていて、パドックではまだ緩くも見えたが好位追走から直線ではしぶとく伸びて未勝利勝ち。もう少し馬体が締ってくれば直線でもっと伸びそうだが今回、中1週でそこまで変わる感じはない。



◇今回は函館2歳S編でした。
夏競馬も始まったばかりと思っていたら、早いもので今週で函館、中京、福島開催は終了。JRAでの2歳重賞第1弾の函館2歳Sが今週行われ、中京では土曜日に中京2歳S(オープン)と、2歳戦もだんだんと盛り上がっていきます。個人的には今年の函館での新馬戦の予想が好調だったのでまだまだ開催してほしいところですが・・・(札幌開催はもっと良いことを期待して)。最終週も未勝利2戦、新馬1戦、締めの函館2歳Sと、函館の2歳戦を良い成績で終えることができたらと思っています。

それでは次回、アイビスサマーダッシュ編(予定)でお会いしましょう。


※函館2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月5日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年07月05日
閲覧 1,157ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年7月6日()の凄馬!>
極凄馬
函館1R 2歳未勝利
ケープコッド(+7.1)

極凄馬
函館9R 3歳以上500万以下
ノボシュンシュン(+5.6)

極凄馬
中京8R 3歳以上500万以下
ブルーメンクローネ(+5.0)

極凄馬
函館4R 3歳未勝利
モッズストーン(+4.7)

極凄馬
中京4R 3歳未勝利
スノーユニバンス(+4.0)

超凄馬
福島7R 3歳未勝利
スマートレジーナ(+2.7)

超凄馬
中京12R 3歳以上500万以下
マラードザレコード(+2.2)

超凄馬
福島1R 障害3歳以上未勝利
カイトチャン(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年7月7日、集計数:35,458レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ケープコッドの口コミ


口コミ一覧

はこ2

 競馬が大好き(複勝男 2019年7月17日(水) 01:00

閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 11

函館2歳ステークス
2歳戦JRAで初めの重賞となります、

レッドヴェイパー
(辛勝なので評価が微妙ですが父キンシャサノキセキなので侮れず、2着馬のケープコッドは次戦で楽勝しているのも後押し)


ビアンフェ
(前走が辛勝だが時計が速い、逃げれば侮れませんね)

タイセイビジョン
(洋芝と距離短縮がどうかだと思います。ルメール騎手で対応は出来るはずなので、後は馬の反応かなと)

ケープコッド
(2戦目が楽勝なので、相手強化でも持ち時計で何とかなりそう。先行力がいい)

ゴッドスター
(道悪で勝利なので今回どうかというところ、未知なところが多い、血統的には良馬場だと距離的にしんどいかも)

スマートカーリー
(前走辛勝なので微妙。相手強化と逃げれないとどうか、武豊騎手で引き出しは多そうだから対応は出来そう)

パフェムリ
(前走楽に勝てたので相手強化でどうか、先行が出来ればチャンスは出るはず)

プリンスリターン
(相手強化になるのでどうか?勝ち方も番手からの辛勝だったので、上積みあれば)

ヤマメ
(芝に対応できるかどうかだけ、血統的にはダートですが、函館の1200M[なら対応できるかもしれないね)

アザワク
(ダートですが2戦とも大楽勝、いきなり芝で相手強化ですが、抑えた方がいい馬かと思います)

 moon light 2019年7月16日(火) 19:52
競馬 推察者の書きなぐり日記 函館2歳ステークス
閲覧 71ビュー コメント 0 ナイス 6

函館2歳ステークス

アザワク 連勝中

イーサンティラノ さて

ケープコッド さて

ゴッドスター さて

スマートカリー パワー系

タイセイビジョン 能力は高い

ニルカンテソーロ さて

パフェムリ さて

バブルガムダンサー さて

ビアンフェ さて

プリモジョーカー さて

ブルーパピヨン 切れ有り

プリンスリターン さて

マンバー さて

メイショウナパワン さて

ヤマメ さて

リュウノゲリキリン さて

レッドヴェイパー 圏内も

[もっと見る]

 ベスト タイムズ 2019年7月16日(火) 03:23
函館2歳S
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 12



ケープコッド

ゴッドスター

タイセイビジョン

ニルカンタテソーロ

マンバー

.

[もっと見る]

⇒もっと見る

ケープコッドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ケープコッドの写真

投稿写真はありません。

ケープコッドの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ケープコッドの取材メモ VIP

2019年7月6日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。