グランヴィノス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 青鹿毛 2020年2月16日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主佐々木 主浩
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Grande Venus
血統 キタサンブラック
血統 ][ 産駒 ]
ブラックタイド
シュガーハート
ハルーワスウィート
血統 ][ 産駒 ]
Machiavellian
ハルーワソング
兄弟 シュヴァルグランヴィルシーナ
市場価格
前走 2022/11/26 ラジオN杯京都2歳S G3
次走予定

グランヴィノスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/26 阪神 11 京都2歳S G3 芝2000 15462.016** 牡2 55.0 川田将雅友道康夫 520
(+2)
2.01.0 0.535.7⑥⑥⑦⑥グリューネグリーン
22/10/10 阪神 5 2歳新馬 芝2000 9551.311** 牡2 55.0 川田将雅友道康夫 518
(--)
2.03.5 -0.233.8⑦⑦⑤④セレンディピティ

グランヴィノスの関連ニュース

◆横山典騎手(トップナイフ2着)「とにかく残念です。最後の不利が痛かった。前走はいろいろとかみ合っての結果と思っていましたが、あそこまでの不利がありながら2着まできましたからね。能力は再確認できました」

◆西村淳騎手(ヴェルテンベルク3着)「すごく具合は良かったですね。4コーナーの不利が痛かったです。あれがなければ、と思います」

◆坂井騎手(シュタールヴィント4着)「イメージ通りのポジションで競馬ができました。直線で寄られる不利がありましたが、ラストは少し脚があがったので、きょうの内容からはもう1ハロン短い方がいいのかなと感じました」

◆C・デムーロ騎手(ナイトキャッスル5着)「いいペースで、いいポジションで競馬ができました。ワンペースな感じです。ジリジリとは伸びています」

◆川田騎手(グランヴィノス6着)「スムーズに回ってこられました。血統的にまだまだ時間が必要なんだろうな、と感じました。ゆっくり待ちたいと思います」

◆岩田望騎手(ロードプレイヤー7着)「二の脚はつきましたが、後ろからになっても伸びてくれると思ったので、折り合いに専念しました。3コーナーまでいい感じで運べていましたが、4コーナーでアクシデントがありました。それでも伸びていますからね。力はあると思います」

武豊騎手(エゾダイモン8着)「バテてきた馬の影響で最後方になってしまいました。良くなっていただけに非常に残念です」

◆団野騎手(サイブレーカー9着)「まだ幼さがありますね。初めて馬群で競馬をして、いい経験ができました」

◆鮫島駿騎手(ティムール10着)「伸びそうではありました。グランヴィノスの後ろを取れましたが、直線に向かう途中で大きな不利がありました。それが大きかったですね」

◆ムーア騎手(コスモサガルマータ11着)「馬場がソフト過ぎました。メンコも合わなかったかもしれません。終始、スピードを欠きました。ゲートでチャカチャカして後手に回ったのも響きました」

◆松山騎手(スマラグドス12着)「スタートが良くて、いい形で進めることができました。直線も手応えは良かったですが、接触があってバランスを崩しました」

◆福永騎手(アイルシャイン13着)「いい形で脚がたまり、最後にどれだけ脚を使えるのか、と思っていましたが、直線で当たられて、トモ(後肢)が流れてしまいました」

◆斎藤騎手(アレクサ14着)「夏に比べて良くなっていました。パワータイプなので、現状、ダートの方がいいのかもしれません」

◆浜中騎手(ビキニボーイ15着)「休み明けでしたしね…。使って状態が上がってくれば、と思います」

【京都2歳S】グリューネグリーン逃げ切り連勝!1番人気の良血馬グランヴィノスは6着 2022年11月26日() 16:50

11月26日の阪神11Rで行われた第9回京都2歳ステークス(2歳オープン、GⅢ、芝2000メートル、15頭立て、1着賞金=3300万円)は、ミルコ・デムーロ騎手の5番人気グリューネグリーン(牡、美浦・相沢郁厩舎)が未勝利戦に続く連勝で重賞初制覇。上々のスタートからハナに立ち、2コーナーでビキニボーイにつつかれるも人馬ともに冷静に対処し、ハナは譲らない。そして勝負どころで続々と後続が押し上げてくるなか、踏ん張り最後にもうひと伸びを見せて、内から迫るトップナイフ(3番人気)をアタマ差しのぎ切った。タイムは2分0秒5(良)。

2着からさらに1馬身1/4遅れた3着にヴェルテンベルク(11番人気)が入った。なお、1番人気で兄姉に3頭のGⅠ馬がいる良血馬グランヴィノスは、中団からレースを進め直線を迎えたが、前を捕らえることができず6着に敗れた。

◆M・デムーロ騎手(1着 グリューネグリーン)「逃げましたね。(初めてだったので)心配していました。でも、ゲートが出過ぎて。ワンペースな馬だから、前走もハナに行くのかなと思っていたが、2番手に収まった。自分のリズムで行ければ、すごく走れますね。物見をしていて、性格がまだ子供ですね。集中して走れていなかったが、他の馬がきたら集中して走ってくれました。新馬戦から(相沢)先生が期待していましたので、その気持ちはよく伝わっていました。相沢先生はよく乗せてくれているので、一生懸命頑張りますと、思ってやっています」

相沢郁調教師(同)「ハナに行ったから驚いた。まだカリカリするところがある。そこが課題ですね。生まれたときから、種馬は違うけど、(重賞2勝を挙げた兄の)ヴェルデグリーンの生まれ変わりか、と思うぐらいに似ていた。走りは育成牧場のときから良かったですね。(今後は)まだ全くの白紙です」

京都2歳Sを勝ったグリューネグリーンは、父ラブリーデイ、母レディーダービー、母の父スペシャルウィークという血統。北海道日高町・本間牧場の生産馬で、馬主は斎藤光政氏。通算成績は3戦2勝。重賞は初制覇。京都2歳S相沢郁調教師、M・デムーロ騎手ともに初勝利。

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】京都2歳S2022 暮れのホープフルSや翌年のクラシックにつながる2歳重賞!制すのは!? 2022年11月26日() 05:30


※当欄では京都2歳Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【原奈津子】
◎⑪アイルシャイン
○⑩コスモサガルマータ
▲⑥グランヴィノス

【長岡一也】
◎⑥グランヴィノス
○⑭ロードプレイヤー
▲⑤エゾダイモン
△②シュタールヴィント
△⑦グリューネグリーン
△⑩コスモサガルマータ
△⑪アイルシャイン

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭ロードプレイヤー

【中野雷太】
◎⑭ロードプレイヤー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】京都2歳S2022 血統指数解析からはナイトキャッスルが一歩リード 2022年11月25日(金) 17:45


こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は26(土)に行われるG3京都2歳Sを予想していきたいと思います。

まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。

今週の京都2歳Sでも、設定で阪神芝2000mだけにアジャストできる条件でもないことから、純粋な血統指数(適性配合なし)のセッティングで臨みたいと思います。補正については「調教評価」のみをONとします。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出した京都2歳S全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑬ナイトキャッスル   13.57%
2 ⑫ティムール      10.52%
3 ⑨ヴェルテンベルク   8.92%
4 ⑦グリューネグリーン  8.83%
5 ⑥グランヴィノス    8.34%
6 ⑤エゾダイモン     8.20%
7 ⑧スマラグドス     7.69%
8 ②シュタールヴィント  7.27%

9 ④トップナイフ      5.84%
10 ①アレクサ       4.48%
11 ⑮ビキニボーイ     4.34%
12 ⑪アイルシャイン    3.62%
13 ⑩コスモサガルマータ  3.57%
14 ⑭ロードプレイヤー   2.97%
15 ③サイブレーカー    1.84%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(15頭立ての場合は6.66%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回の京都2歳Sでは上位8頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑬>⑫>⑨⑦⑥⑤⑧②


ナイトキャッスルが差をつけてトップに。それこそ、「この血統ですが」と前置きしたくなるようなこの馬の首位判定ではありますが、前走も覗かせていたジリっぽさがこのレースで良いほうに転べばというところでしょうか。
コロナ禍もあり、このレースでも近2年はみられていなかった外国人騎手騎乗馬ですが、開催場こそ違えどそれ以前はここも、毎年のように外国人騎手が馬券圏内を賑わせていた重賞。そんな背景や、今のこの鞍上なら圏内以上も、という部分にも期待したい一頭だと思っています。
馬券のほうは、まずは、1位も抜けているが2位→3位間にもそこそこの開きがあるという構図から、上位2頭のワイドはキッチリ押さえておきたいと考えています。あとは、そうは言っても⑬ナイトキャッスルは結構単売れしてしまうだろうとの見立てから馬単を基本に構築。以下のワイド、馬単、3連複計29点(10,000円)で勝負とします。


【孫権の京都2歳S勝負馬券】

ワイド通常
⑫-⑬
1点×2000円=2,000円

馬単ながし
⑬→②⑦⑧⑨
4点×500円=2,000円
馬単通常
⑬→⑤
1点×700円=700円
⑬→⑥
1点×1000円=1,000円
⑬→⑫
1点×100円=100円

3連複ながし
⑬-②⑤⑥⑦⑧⑨⑫
21点×200円=4,200円



**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】京都2歳S2022 意外な人馬の組み合わせが勝負度合いの高さを示唆! 2022年11月25日(金) 15:00


当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2019年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) ずっと絶好調モードが続いていましたが、先週は小休止といったところでしたね。

新良(以下、新) 4週連続プラスとはいきませんでした。すみません。

編 それでも、推奨馬8頭中3頭が馬券に絡み、単複ともに70%台の回収率でしたので、絶望的とまではいかなかったと思います。

新 重賞がボロボロだったのが反省材料です。人気サイドを指名して立て続けに外すというのは、我ながらいただけません。

編 今週は立て直していきたいですね。

新 はい。巻き返せるように全力を尽くします。

編 土曜日には京都2歳Sが組まれています。ターゲットはこのレースでよろしいですか?

新 OKです。かなり期待できる乗り替わりがありますので。

編 それは楽しみです。では、結論をお願いします。

新 松若風馬騎手からムーア騎手に乗り替わる⑩コスモサガルマータを狙います。

編 世界的名手のご登場、ですね。わかりやすい鞍上強化。

新 そうですね。今回の来日ではまだ重賞を勝っていませんが、さすがというプレーを随所に見せています。そろそろ大きなレースで存在感を示してくれるのではないでしょうか。

編 そのタイミングがこの京都2歳Sであると?

新 そうなってほしいです。おそらく、チャンスのありそうな馬を手広く探していて、そのなかでこのコスモサガルマータに目を付けたのではないかとみています。ノーザンや社台ではなく、ビッグレッドの馬に乗っていることが、その証明です。

編 確かに、コスモの馬にムーア騎手というのは、意外な組み合わせです。

新 ムーア騎手がビッグレッドの馬に騎乗するのは、2014年以来になります。たまたまではなく、なりふり構わず、という結果が、このコンビ結成に至ったのではないかと。

編 なるほど。ムーア騎手サイドは、勝てるチャンスがあると見込んでいるとみたわけですね。

新 このレースで中心視されているグランヴィノスは、唯一のノーザンファーム生産馬なんですよ。だから、他陣営がムーア騎手に依頼しやすかったという側面もあると思います。

編 いずれにせよ、馬は強力なパートナーを得たわけですが、その期待に応えてくれそうですかね。

新 仕上がり途上だった初戦は案外でしたが、中1週で挑んだ2戦目で初勝利を挙げました。そして、前走は休み明けと距離延長を克服して連勝。能力が高いことは疑いないでしょう。

編 上がり33秒1の末脚も光っていました。

新 最後は流していましたから、しっかりと追えば32秒台の上がりが使えていたかもしれません。休み明けを叩かれた今回は、前走以上の仕上がりが見込めます。

編 ムーア騎手の剛腕に導かれれば、重賞の舞台でも……。

新 勝ち負けの競馬に持ち込めるでしょう。ムーア騎手は道中でしっかり折り合って、馬の末脚を極限まで引き出すタイプのジョッキーですので、相性はバッチリだと思います。

編 グランヴィノスが一本かぶりになりそうなので、アタマを取れば配当的にも面白いですね。

新 まさにそれが理想的です。世界的名手に、ここできっちり結果を残してもらいましょう。


★その他の注目乗り替わり★
東京7R ⑥ノーエクスキューズ(ルメール→レーン)
東京9R ③ジャスリー戸崎圭太→マーカンド)
阪神10R ⑧メイショウユズルハ松山弘平川田将雅


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】京都2歳S2022 外国人名手鞍上で前進が見込めるU指数トップ馬に注目! 2022年11月25日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!京都2歳S・U指数予想をお届けします!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

直近5年で3着以内に入った15頭中13頭はU指数80以上で、80未満ながら馬券に絡んだ馬は2021年1着のジャスティンロック(79.2)と、3着のフィデル(72.5)の2頭しかいない。しかもこの年は、出走馬10頭中7頭が80未満という低レベルの一戦だった。例年並みのレベルであれば、80未満の馬が馬券に絡む確率はかなり低いとみていいだろう。

また、下位人気の大駆けがないのもこのレースの大きな特徴で、直近5年の3着以内馬15頭中13頭が5番人気以内となっている。よって、馬券の中心は上位人気に絞るスタンスで問題ない。無理な穴狙いはご法度と認識すべきだ。

まずは最上位評価の1位⑬ナイトキャッスル(89.4)をピックアップする。ダート千二の新馬を勝ち上がって芝の中距離重賞に出走するという異色のキャリアの持ち主だが、前走で中距離の芝のオープンでも互角にやれることを証明。鞍上に名手C.デムーロ騎手を迎えた今回も当然首位争いを演じてくれるだろう。

以下、まだ3着以下のない2位⑭ロードプレイヤー(88.3)、唯一のオープン勝ち2勝馬の3位④トップナイフ(85.2)、今回と同じコースの新馬を断然人気で勝ち上がってきた7位⑥グランヴィノス(81.3)まで押さえておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
ナイトキャッスル ⑭ロードプレイヤー ④トップナイフ ⑥グランヴィノス

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランヴィノスの関連コラム

閲覧 3,605ビュー コメント 0 ナイス 6

 先週をもって4回中山・5回中京が終了し、今週末からは4回東京・4回阪神が開幕します。6月からスタートしたJRAの2歳戦も折り返し地点を過ぎ、今後は12月11日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)、12月18日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)などを見据えた馬たちによる熱戦が繰り広げられるはず。今週末10月8日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)をはじめとする重賞競走はもちろん、オープン特別や1勝クラスのレースからも目が離せません。

 現行のシーズン「ウマニティPOG 2022」も“序盤戦”と呼べる時期を過ぎ、獲得賞金ランキングの変動が徐々に大きくなってきました。入札は今週が19回目で、最終的なラインナップが固まったプレイヤーも多いのではないでしょうか。
 ちなみに、入札自体はシーズン最終週まで続くものの、スペシャル以外の各ワールドにおける仮想オーナー募集枠の開放は、今週10月3日、来月11月7日、そしてラストの12月5日を残すのみ。実績馬の追加指名を検討しているプレイヤーにとっては、このあたりの入札が勝負どころです。
 今回は、まだ所有枠が残っている皆さんに向けた参考資料とすべく、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2022/06/03 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみたいと思います。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は20頭でした。この100頭はいわゆる「POG本」などでも大きく取り上げられていたわけで、現時点における勝ち馬率がたった2割というのは、皆さんが抱いているイメージよりも相当に低いのではないでしょうか。現2歳世代からキングカメハメハディープインパクトの直仔が激減し、指名馬選びの難度が一気に上がった分、期待に応えることのできない評判馬が増えてしまったのかもしれません。

●1位 フェイト(サンタフェチーフの2020) 1戦1勝
●5位 エゾダイモン(メジロツボネの2020) 2戦1勝
●6位 リバティアイランド(ヤンキーローズの2020) 1戦1勝
●8位 ダイヤモンドハンズ(メチャコルタの2020) 2戦1勝
●12位 ダノンザタイガー(シーズアタイガーの2020) 2戦1勝
●13位 ラヴェル(サンブルエミューズの2020) 1戦1勝
●16位 ノッキングポイントチェッキーノの2020) 1戦1勝
●17位 ブラストウェーブ(ツルマルワンピースの2020) 2戦1勝
●24位 チャンスザローゼス(ヴィンテージローズの2020) 2戦1勝
●25位 ダノンタッチダウン(エピックラヴの2020) 1戦1勝
●28位 オープンファイア(ゴーマギーゴーの2020) 1戦1勝
●45位 ウンブライル(ラルケットの2020) 1戦1勝
●52位 ネアセリーニ(スウィートリーズンの2020) 3戦1勝
●56位 トゥーテイルズウリウリの2020) 2戦1勝
●60位 バロッサヴァレー(ピラミマの2020) 1戦1勝
●67位 メイクザビート(カジノブギの2020) 4戦1勝
●70位 ビップクロエ(カリズマティックゴールドの2020) 3戦1勝
●76位 ビューティーワン(ディヴィナプレシオーサの2020) 3戦1勝
●90位 キングズレインタッチングスピーチの2020) 2戦1勝
●95位 コナコースト(コナブリュワーズの2020) 1戦1勝

 本賞金額はダイヤモンドハンズ(メチャコルタの2020)の1480万円が最高。新馬を完勝した後、9月3日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)で3着に食い込んでいます。現時点でJRAの重賞に出走した経験があるのは、この馬とブラストウェーブ(ツルマルワンピースの2020)のみ。そのブラストウェーブが本賞金額3位(1010万円)で、デビュー4戦目の未勝利を勝ち上がったメイクザビート(カジノブギの2020)が本賞金額2位(1140万円)にランクインしていましたから、上位人気勢の“出遅れ”はなかなか深刻な状況です。
 ただ、秋以降の大舞台を目指して休養中の馬もいますし、このうち何頭かは年末や来春の大舞台に駒を進めてくるはず。将来性のある手駒を手頃な価格で獲得できる可能性もありますから、各馬の動向や入札の状況は引き続きチェックしておきましょう。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は32頭。新馬で期待を裏切ってしまった評判馬は、入札における人気が急落するかもしれませんね。2021年のホープフルステークスを制したキラーアビリティ、2021年のオークスで2着となったアカイトリノムスメなど、デビュー戦で大敗を喫した馬がクラシック戦線に乗ってきた例も決して少なくないので、これらの馬もいま一度指名を検討しておくに越したことはないと思います。

●2位 アスパルディーコアパパネの2020) 1戦0勝
●9位 ヤングローゼス(ローザフェリーチェの2020) 2戦0勝
●14位 ディオファントス(ディオジェーヌの2020) 2戦0勝
●15位 レッドマグナス(シックスイスの2020) 2戦0勝
●18位 シュバルツガイスト(フリーティングスピリットの2020) 2戦0勝
●20位 エルダーサイン(コンドコマンドの2020) 2戦0勝
●21位 インタクト(ロードクロサイトの2020) 1戦0勝
●22位 ユハンヌス(Midsummer Fairの2020) 1戦0勝
●30位 ガルヴァナイズ(カヴェルナの2020) 3戦0勝
●36位 メリオルヴィータ(メリオーラの2020) 2戦0勝
●37位 ピヌスアモリス(フォエヴァーダーリングの2020) 2戦0勝
●38位 アヘッド(Blanc Bonheurの2020) 1戦0勝
●39位 シャザーンクイーンズリングの2020) 1戦0勝
●41位 セレスティアリティ(アドマイヤテンバの2020) 2戦0勝
●42位 ドウフォルス(スカイダイヤモンズの2020) 1戦0勝
●43位 コンエネルジア(レディイヴァンカの2020) 2戦0勝
●44位 スワッグチェーンメジャーエンブレムの2020) 1戦0勝
●48位 シリンガバルガリス(ライラックスアンドレースの2020) 2戦0勝
●51位 ボーマルシェ(ラフォルジュルネの2020) 1戦0勝 ※抹消
●55位 スティルディマーレ(コケレールの2020) 2戦0勝
●57位 マテンロウカノン(ウォークロニクルの2020) 2戦0勝
●63位 マニバドラ(Trini Brewnetteの2020) 3戦0勝
●65位 リアリーホット(ホットチャチャの2020) 2戦0勝
●66位 サスツルギ(スノーパインの2020) 1戦0勝
●75位 ルクスグローリア(ヒカルアモーレの2020) 1戦0勝
●77位 ヴァレンティヌス(サザンスピードの2020) 1戦0勝
●80位 アンタッチャブル(ガラアフェアーの2020) 1戦0勝
●86位 エコロジョイアー(パシオンルージュの2020) 1戦0勝
●91位 ミラクルキャッツ(ランニングボブキャッツの2020) 2戦0勝
●92位 アップトゥミームードインディゴの2020) 2戦0勝
●93位 スカイラー(トレジャリングの2020) 1戦0勝
●94位 マローディープ(モルジアナの2020) 2戦0勝

 残る48頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の15頭は10月4日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●4位 デューデットデニムアンドルビーの2020) 0戦0勝
●10位 グランヴィノス(ハルーワスウィートの2020) 0戦0勝
●26位 トラミナー(サマーハの2020) 0戦0勝
●32位 スーパーアグリ(クラシックリディアの2020) 0戦0勝
●33位 サトノグランツ(チェリーコレクトの2020) 0戦0勝
●40位 レヴォルタードバウンスシャッセの2020) 0戦0勝
●49位 ディンディンドン(ベルアリュール2の2020) 0戦0勝
●53位 フリームファクシ(ライツェントの2020) 0戦0勝
●54位 ルモンドブリエ(ラクレソニエールの2020) 0戦0勝
●58位 ポルトロッソ(ポルトフィーノの2020) 0戦0勝
●71位 ハレアカラフラ(オーキッドレイの2020) 0戦0勝
●79位 グラングスト(バラダセールの2020) 0戦0勝
●84位 マイネルエンペラー(マイネテレジアの2020) 0戦0勝
●98位 ジャスティンレオンダイワパッションの2020) 0戦0勝
●99位 バロンゾラーレ(ステファニーズキトゥンの2020) 0戦0勝

 報道によると、注目POG馬ランキング4位のデューデットデニムアンドルビーの2020)は10月8日の阪神05R(2歳新馬・芝1600m外)でデビューする見込みとなっている模様。レースの結果はもちろん、入札がどのように進んだかもしっかり確認して、今後の指名に活かしましょう。

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●3位 プレドミナル(クルミナルの2020) 0戦0勝
●7位 ジャスティンボルト(マラコスタムブラダの2020) 0戦0勝
●11位 テンペストシーザリオの2020) 0戦0勝
●19位 リプレゼント(ファイネストシティの2020) 0戦0勝
●23位 マキシラキシスの2020) 0戦0勝
●27位 ドナウパールドナウブルーの2020) 0戦0勝
●29位 バトルハーデン(ラヴズオンリーミーの2020) 0戦0勝
●31位 ルージュベルメール(レッドファンタジアの2020) 0戦0勝
●34位 ダノンジュリアス(オーマイベイビーの2020) 0戦0勝
●35位 セリエンホルデの2020 0戦0勝
●46位 サファイア(イサベルの2020) 0戦0勝
●47位 アースクロニクル(クロノロジストの2020) 0戦0勝
●50位 マンデヴィラ(マンデラの2020) 0戦0勝
●59位 ダストテイル(ダストアンドダイヤモンズの2020) 0戦0勝
●61位 ミッキーキャンバス(コンヴィクション2の2020) 0戦0勝
●62位 ヴォレトンクール(アイムユアーズの2020) 0戦0勝
●64位 アイリッシュパール(ホームカミングクイーンの2020) 0戦0勝
●68位 アルメリアアルビアーノの2020) 0戦0勝
●69位 オールマイデイズ(ロザリンドの2020) 0戦0勝
●72位 ダノンプレジャー(スピニングワイルドキャットの2020) 0戦0勝
●73位 ダノンボレロ(クイーンビー2の2020) 0戦0勝
●74位 ペリファーニア(ケイティーズハートの2020) 0戦0勝
●78位 ラディアンシア(ラドラーダの2020) 0戦0勝
●81位 ホペロア(ファイナルスコアの2020) 0戦0勝
●82位 ミスドバウィの2020 0戦0勝
●83位 アズライトムーン(アズールムーンの2020) 0戦0勝
●85位 サロミナの2020 0戦0勝
●87位 アロマティコの2020 0戦0勝
●88位 レッドマジック(イルーシヴウェーヴの2020) 0戦0勝
●89位 モズアカボス(Indiaの2020) 0戦0勝
●96位 ミッキーゴージャス(ミッキークイーンの2020) 0戦0勝
●97位 ジェイパームス(キラーグレイシスの2020) 0戦0勝
●100位 モンテコルノ(ラカリフォルニーの2020) 0戦0勝

 注目POG馬ランキング3位のプレドミナル(クルミナルの2020)はノーザンファームしがらきで調整中とのこと。母のクルミナルは2015年の桜花賞で2着に、同年のオークスで3着に健闘した名牝ですが、デビューを果たしたのは年が明けてからでした。血統背景などから「まだ間に合う」と判断できる馬なら、狙う価値は十分にあるはず。他のランキング上位馬もぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年6月8日(水) 15:57 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2022) ~第3回入札分析~
閲覧 2,003ビュー コメント 0 ナイス 3

 先週からJRAの夏季競馬が始まり、新シーズン「ウマニティPOG 2022」も本格的にスタート。“開幕週”にはクラックオブドーン(クラックシードの2020)・ジョウショーホープ(スターフォーユーの2020)・ダイヤモンドハンズ(メチャコルタの2020)・ノッキングポイントチェッキーノの2020)・モリアーナ(ガルデルスリールの2020)が勝ち上がりを果たしました。獲得していた仮想オーナーの皆様、おめでとうございます。
 ちなみに、5頭中3頭は新種牡馬の産駒。それぞれある程度の支持を集めていた馬ではあるものの、POG的にはなかなか興味深い幕開けだったと言えるのではないでしょうか。

 今回は、進行中の第2回入札や来週以降に向けての指針とすべく、第1回入札の結果を分析してみました。まずは締め切り&開札前の時点における注目POG馬ランキング(「2022/06/03 01:00更新」分)ベスト100をご覧ください。









 種牡馬別の頭数を見ると、14頭のハーツクライロードカナロアがトップタイ、9頭のエピファネイアが3位、7頭のドゥラメンテサトノダイヤモンドが4位タイ、6頭のリアルスティールモーリスキタサンブラックが6位タイとなっています。キングカメハメハディープインパクトの直仔が激減した分、人気を読みづらい状況になっていましたが、やはり基本的には実績のある種牡馬が相応の支持を集めているようです。
 生産者別の頭数を見ると、83頭のノーザンファームが単独トップ、3頭の社台ファームが2位となっていました。ノーザンファーム以外の生産馬でベスト10圏内に食い込んだのは、レイクヴィラファーム生産馬で先週末の出走が確定していたエゾダイモン(メジロツボネの2020)のみ。今年も断然の支持を集めているので、ノーザンファーム生産馬にはやや多めのPOGポイントを割り当てた方が良いかもしれません。
 調教師別の頭数(JRAに登録済みの馬のみ)を見ると、7頭の友道康夫調教師が単独トップ、5頭の矢作芳人調教師が2位、4頭の木村哲也調教師・国枝栄調教師が3位タイ、3頭の斉藤崇史調教師・手塚貴久調教師・中内田充正調教師が5位タイ。まだJRAに登録されていない馬を含めると、藤原英昭調教師あたりの管理予定馬も人気を集めています。ベスト100圏外であっても、これらの厩舎に預託される見込みの馬は、獲得を目指すプレイヤーが比較的多いと見ておくべきでしょう。

 なお、注目POG馬ランキング上位10頭の第1回入札結果は下記の通りでした。

フェイト(サンタフェチーフの2020)
・スペシャルワールド落札者:中(ナカ)さん(2億0600万PP)
・他ワールド落札価格中央値:3億3330万PP
アスパルディーコアパパネの2020)
・スペシャルワールド落札者:霧さん(1億0000万PP)
・他ワールド落札価格中央値:1億0000万PP
●クルミナルの2020
・スペシャルワールド落札者:merucoさん(1億0000万PP)
・他ワールド落札価格中央値:3億1440万PP
デューデットデニムアンドルビーの2020)
・スペシャルワールド落札者:バンコクの夜は熱い、昼も暑いさん(1億2100万PP)
・他ワールド落札価格中央値:2億1230万PP
エゾダイモン(メジロツボネの2020)
・スペシャルワールド落札者:四白流星タイテエムさん(2億0110万PP)
・他ワールド落札価格中央値:2億8000万PP
リバティアイランド(ヤンキーローズの2020)
・スペシャルワールド落札者:四白流星タイテエムさん(8600万PP)
・他ワールド落札価格中央値:2億0110万PP
ジャスティンボルト(マラコスタムブラダの2020)
・スペシャルワールド落札者:長澤まさみさん(2億2100万PP)
・他ワールド落札価格中央値:1億2340万PP
ダイヤモンドハンズ(メチャコルタの2020)
・スペシャルワールド落札者:夢月さん(2億0000万PP)
・他ワールド落札価格中央値:3億0020万PP
ヤングローゼス(ローザフェリーチェの2020)
・スペシャルワールド落札者:シスター闘将さん(1億4400万PP)
・他ワールド落札価格中央値:1億2000万PP
グランヴィノス(ハルーワスウィートの2020)
・スペシャルワールド落札者:四白流星タイテエムさん(1億0110万PP)
・他ワールド落札価格中央値:1億5010万PP

 今後の入札におけるひとつの目安としてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

グランヴィノスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

もう、12月(師走)ですか?
1年が、“アッ”と言う間に過ぎて逝きます。
しかし、ポジティブに考えれば、まだ31日も!?
年内に出来ることは、済ませたい!

とりあえず年賀状から始めます!?

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期最終結果】
第11期(11月5日~11月27日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3京都2歳Sでは、6番グランヴィノスに注目!
ワイド(6-4,7,13) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都2歳S」で注目したグランヴィノス(1人気)は、先団(6番手)後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、期待していた伸びを欠き6着…残念。レースは、先手を取ったグリューネグリーン(5人気)が、そのまま逃げ切り、内から追い込んだトップナイフ(3人気)にアタマ差をつけ優勝。さらに1.1/4馬身差の3着にヴェルテンベルク(11人気)が入り、中波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 2歳若駒のレースでは、幾度となく繰り返される事例?? デビュー戦を期待通りに勝利、2戦目重賞で敗退のパターン…反省。仮に、先行馬狙いで選択した3頭だけを複勝馬券(7番=390円/4番=310円)を買っていたら…残念。
 
日曜、G1ジャパンカップでは、14番ダノンベルーガに注目!
枠連[3]-[7]
結果は、的中! (枠連470円)

日曜「ジャパンカップ」で注目したダノンベルーガ(2人気)は、中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、前走ほどの伸びを欠き5着まで…残念。レースは、中団でレースを進めたヴェラアズール(3人気)が、直線で馬群を割って追い込みを決め、外から追い込んだシャフリヤール(1人気)に3/4馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にヴェルトライゼンデ(4人気)が入り、本命決着!? 馬券は枠連1点で的中!🎯  反省点として、馬券種の選択!? とは言え、枠番発表後に1点で狙うなら”枠連”とファーストインスプレーション!! 当初、「6番枠内までが優勢」のデータが気になり、3枠両頭(5番グランドグローリー6着/6番ヴェラアズール1着)に注目!! さらに、7枠3頭(13番テーオーロイヤル14着/14番ダノンベルーガ5着/15番シャフリヤール2着)にも注目!! つまり、5頭まで絞り込んで正直迷った?? 軸馬候補として7枠2頭(14番ダノンベルーガ/15番シャフリヤール)から、本来なら14番ダノンベルーガを選択していた…アクシデントがあったとは言え5着になり馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。実際、当てた枠連が低配当も、普段なら複勝・ワイド馬券を購入している身なのでラッキー!!
 
日曜、G3京阪杯では、7番ファストフォースに注目!
複勝(7番ファストフォース) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「京阪杯」で注目したファストフォース(9人気)は、スタートで後手を踏み中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き7着…残念。レースは、好位後ろでレースを進めたトウシンマカオ(1人気)が、先に抜け出したキルロード(10人気)をゴール前で差し切り、これに1.1/4馬身差をつけ優勝。さらに1.3/4馬身差の3着にスマートクラージュ(4人気)が入り、中波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 荒れる傾向の強いレースなので、逃げ・先行馬から選択?? 実際、このレースで逃げたビアンフェ(16着)、2番手キルロード(2着)の結果から一目瞭然!! ちなみに、優勝したトウシンマカオも先行5番手から抜け出した…残念。
 

【総 評】
先週末、3戦1勝2敗…ブラボー!!みたいな感じ。毎週末、当ててはいても、なかなかプラスに転じない…11月。最終週末、何とG1ジャパンカップで大逆転…キタ~!! 確かに、金額的にはショボいかも?? ただ、予想は枠連1点勝負!! 複勝・ワイド馬券より(ほんの少し)高額配当?? 素晴らしい!久々に、今期第11期(11月5日~11月27日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦を、プラス収支で終えることが出来ました。反省点としては、的中率をアップさせることが回収率アップにつながるはず!! 今年も残すところ1ヶ月。来期第12期(12月3日~12月28日)9日間(ステイヤーズS~ホープフルS)11戦も頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(京都2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
6番グランヴィノスが該当=結果6着ハズレ…(ノД`)・゜・。

ジャパンカップ
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"
6番ヴェラアズールが該当=結果1着的中!(複勝160円)

京阪杯
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"
11番タイセイビジョンが該当=結果14着ハズレ…(ノД`)・゜・。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
ステイヤーズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"

*無条件
過去10年内(2-1-2-5/10)
勝率20%/連対率30%/複勝率50%/単勝回収値202/複勝回収値115
近5年内 (2-0-1-2/5)
勝率40%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値404/複勝回収値128

昨年(1着)馬券に絡んでいるだけに、今年は期待薄!?


(チャレンジC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(4-1-0-5/10)
勝率40%/連対率50%/複勝率50%/単勝回収値148/複勝回収値77
近5年内 (3-1-0-1/5)
勝率60%/連対率80%/複勝率80%/単勝回収値218/複勝回収値116

昨年(4着)外しているだけに、今年は期待大!?


(チャンピオンズC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

*無条件
過去10年内(1-2-2-5/10)
勝率10%/連対率30%/複勝率50%/単勝回収値159/複勝回収値147
近5年内 (0-1-1-3/5)
勝率0%/連対率20%/複勝率40%/単勝回収値0/複勝回収値118

昨年(11着)外しているだけに、今年は期待大!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 たぶお統括本部長 2022年11月28日(月) 22:12
今週の推奨馬+先頭の◎成績
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 2


《今週の推奨馬》

★土曜日・阪神10R・妙見山S(3歳以上3勝クラス・ダート1200m)
ジゲン
前走は福島ダート1150mのフルーツラインカップを1番人気に支持されたが僅か0.1秒差3着に惜敗。
これで現級では2着3回、3着4回と明らかに実力上位でクラス卒業は近い。
今回のダート1200mは〔2.4.2.3〕で、阪神では〔0.2.0.1〕と現級2着2回と得意にしている。
まず連軸としては最適でコース替わりで勝ち負け必至。

★日曜日・中山10R・市川S(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)
メンアットワーク
(前走に続き2度目の推奨)
前走は11月に2ヶ月半ぶりで府中ダート1600mの錦秋Sを+10kgの馬体で僅か0.4秒差4着に惜敗。
これでダートは〔3.0.0.1〕と前走が初めての着外だった。
今回の中山ダートは初めてだが、右回りダートに限れば2戦2勝の無敗だ。
芝の新馬戦では先週のGⅠ天皇賞(秋)を勝ったイクイノックスの2着だった実力馬で、ちなみに3着だったのがGⅠ阪神JF勝ち馬のサークルオブライフだ。
まだダートでは底を見せておらず、クラス2戦目で負け知らずの右回りなら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京10R・シャングリラ
4着ヴァルツァーシャル

★日曜日・東京11R・ウェルカムS
1着バトルボーン
単勝180円
複勝120円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[38.18.12.38]
勝率・0.358
連対率・0.528
複勝率・0.641

単複回収率(106戰)
単勝・79.3%(8410円)
複勝・80.5%(8540円)
総合・79.9%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都杯2歳S(GⅢ)
6着グランヴィノス

京阪杯(GⅢ)
6着テイエムスパーダ

ジャパンカップ(GⅠ)
2着シャフリヤール
複勝140円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔20.21.18.59〕
勝率・0.169
連対率・0.347
複勝率・0.500

単複回収率(118戦)
単勝・62.7%(7410円)
複勝・81.3%(9600円)
総合・72.0%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★キャピタルS
1着ララクリスティーヌ
単勝530円
複勝220円

成績・[33.19.13.81]
勝率・0.226
連対率・0.356
複勝率・0.445

単複回収率(146戦)
単勝・82.6%(12060円)
複勝・77.6%(11330円)
総合・80.1%

[もっと見る]

 おがちゃん 2022年11月27日() 08:11
馬券に絡む寸評上位馬 (11月27日)
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 3

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。 
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

11月27日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

阪神10R ◎⑦ノースザワールド

< 上位争い >

東京2R  △⑩オーグメントコード
東京3R  ○⑮フリッパー

阪神2R  注⑤ゼットカレン

【 特注高確馬A 】

東京9R  ◎⑧ジュンブロッサム

阪神7R  ◎①メイクアリープ
阪神5R  ◎⑥スマッシャー
阪神10R ◎⑦ノースザワールド

【 特注高確馬B 】

東京7R  △⑤カリカ

阪神6R  ◎⑪ハーバー
阪神12R ◎⑭トウシンマカオ

11月26日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

東京1R  注①ニシノシャイニング 10着、7番人気

阪神2R  △①リンデザ 9着、4番人気

< 上位争い >

東京2R  ◎①ニシノピウモッソ 1着、1番人気

阪神6R  ◎③ワンダフルトゥデイ 4着、1番人気
阪神12R ◎①メイショウドウドウ 2着、3番人気

【 特注高確馬A 】

東京7R  ◎④シュトルーヴェ 1着、1番人気

阪神6R  ◎③ワンダフルトゥデイ 4着、1番人気
阪神11R ◎⑥グランヴィノス 6着、1番人気

【 特注高確馬B 】

東京10R ○⑪イグザルト 7着、1番人気

阪神5R  ◎④クファシル 1着、2番人気
阪神7R  ◎⑩ロードオルデン 8着、1番人気
阪神8R  ◎⑤ミッキーヌチバナ 1着、1番人気
阪神9R  ◎⑦タイムオブフライト 1着、1番人気
阪神12R ◎①メイショウドウドウ 2着、3番人気

本年までの実積

< 勝ち負け >

1着 44回  2着 31回  3着 26回  着外90回
勝率 23.0% 連対率 39.3%、複勝率 52.9%

< 好勝負 >

1着 93回  2着 57回  3着 59回  着外 227回
勝率 21.3% 連対率 34.4% 複勝率 47.9%

< 上位争い >

1着 167回  2着 138回  3着 100回  着外 574回
勝率 17.1% 連帯率 31.2% 複勝率 41.4%

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランヴィノスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  マホッ   フォロワー:0人 2022年11月27日() 01:56:00
残念ながら、実力抜けてはいませんでしたねw

クラシックには乗るやも知れませんが
確勝級からは、これで脱落ですね。

グランヴィノスの写真

投稿写真はありません。

グランヴィノスの厩舎情報 VIP

2022年11月26日ラジオN杯京都2歳S G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グランヴィノスの取材メモ VIP

2022年11月26日 ラジオN杯京都2歳S G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。