カプリ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カプリ
写真一覧
抹消  芦毛 2014年2月7日生
調教師A.オブライエン(アイルランド)
馬主D.スミス,J.マグニア夫人&M.テイバー
生産者
生産地
戦績 1戦[0-0-0-1]
総賞金0万円
収得賞金0万円
英字表記Capri
血統 (No Data) (No Data)
(No Data)
(No Data) (No Data)
(No Data)
兄弟
前走 2018/11/25 ジャパンカップ G1
次走予定

カプリの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1471231.8611** 牡4 57.0 R.ムーアA.オブラ480(--)2.23.7 3.136.0⑫⑪⑫⑫アーモンドアイ

カプリの関連ニュース

 ◆菊沢師(ミッキースワロー5着) 「初めての東京だったが、いいファイトを見せてくれた。しまいもいい脚を使って伸びていた」=有馬記念も視野に。

 ◆服部茂騎手(ハッピーグリン7着) 「ゲートをうまく出て、いい位置が取れた。馬群の中から最後はしっかりと伸びてくれた」

 ◆内田騎手(ウインテンダネス8着) 「体勢が整う前にスタートが切られて少し出遅れた。ここ2走はハナに行っていたので、脚を使い切れなかった」

 ◆ビュイック騎手(サトノクラウン9着) 「前で競馬できれば上位に食い込めたと思うが、スタートを出ても前に行けなかった。メンタル面で精彩を欠いている感じだ」

 ◆F・ベリー騎手(サンダリングブルー10着) 「大観衆の声援で馬が驚いて集中力を欠いてしまった。直線はよく伸びていたが、前の馬たちが速すぎた」

 ◆ムーア騎手(カプリ11着) 「これだけ時計が速いと対応できない」

 ◆蛯名騎手(ガンコ12着) 「自分の競馬はできたが、芝が硬くて時計が速すぎる」

 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ13着) 「ペースが速くて、この馬の形で競馬できなかった」

 ◆田辺騎手(サウンズオブアース14着) 「速い馬場だとタメが利かないし、道中で脚を使わされた」

★25日東京11R「ジャパンC」の着順&払戻金はこちら

【ジャパンC】13年ぶり外国馬Vならずカプリ11着 ムーア「これだけ時計速すぎては…」 2018年11月25日() 19:08

 11月25日の東京11Rで行われた第38回ジャパンカップ(3歳以上オープン、GI、芝2400メートル、定量、14頭立て、1着賞金=3億円)は、年長馬と初対戦ながら単勝1.4倍と断然の人気を背負った今年の3冠牝馬アーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が、クリストフ・ルメール騎手に導かれて正攻法の競馬で完勝した。3歳牝馬の優勝は2012年のジェンティルドンナ以来、6年ぶり史上2頭目。タイム2分20秒6(良)は、アルカセットが2005年のジャパンCでマークした2分22秒1(良)を1秒5上回るJRAレコード。

 昨年愛ダービーを制し、続く英セントレジャーも制覇しGI2勝をあげ、今年の凱旋門賞でも5着に入ったカプリは、後方3番手からレースを進めるも見せ場なく11着。2005年のアルカセット(英国)以来、13年ぶりの外国馬によるジャパンカップ制覇はならなかった。

 R.ムーア騎手「とにかく馬場ですね。これだけ時計が速すぎては、対応できませんでした」

★【ジャパンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】ジャパンカップ マー君、ノリさんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想!2018年11月25日() 09:53

※当欄ではジャパンカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎①アーモンドアイ
○⑪スワーヴリチャード
▲⑧キセキ
△③サトノダイヤモンド
馬単1着軸流し
①→③⑧⑪

【木梨ノリゾー(木梨憲武)】
◎①アーモンドアイ
○⑪スワーヴリチャード
▲⑨シュヴァルグラン
☆③サトノダイヤモンド
△④サトノクラウン
△⑥サンダリングブルー
△⑫カプリ
3連単フォーメーション
①→③④⑥⑨⑪⑫→③④⑥⑨⑪⑫

【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
アーモンドアイ
ミッキースワロー
キセキ
シュヴァルグラン
スワーヴリチャード

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑨シュヴァルグラン
○①アーモンドアイ
▲⑪スワーヴリチャード
△③サトノダイヤモンド
△⑧キセキ
△⑫カプリ
△⑥サンダリングブルー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑨→①③⑥⑧⑪⑫
3連単
⑨→①→⑧
⑨→⑧→①
①→⑨→⑧

【DAIGO】
◎①アーモンドアイ
ワイド
①→⑧
⑧→⑪

【徳光和夫】
3連単ボックス
サトノダイヤモンド
サンダリングブルー
サウンズオブアース
シュヴァルグラン
ウインテンダネス
ワイド1頭軸流し
⑦→①③④⑥⑧⑨⑪⑬

【杉本清】
◎⑪スワーヴリチャード

【林修】
注目馬
アーモンドアイ

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑪スワーヴリチャード
単勝


【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎①アーモンドアイ
○⑪スワーヴリチャード
▲⑨シュヴァルグラン
△⑧キセキ
△⑤ミッキースワロー
△③サトノダイヤモンド
3連単フォーメーション
①⑨⑪→①③⑤⑧⑨⑪→①③⑤⑧⑨⑪

【安田美沙子】
◎①アーモンドアイ
3連単フォーメーション
①→⑧⑨⑪⑫⑭→⑧⑨⑪⑫⑭

【稲富菜穂】
◎①アーモンドアイ
○⑧キセキ
▲③サトノダイヤモンド
△⑫カプリ
△⑪スワーヴリチャード
△⑨シュヴァルグラン
△②ハッピーグリン

【やべきょうすけ】
◎①アーモンドアイ
○⑪スワーヴリチャード
▲⑧キセキ
△③サトノダイヤモンド
△⑤ミッキースワロー
△⑨シュヴァルグラン
△⑭ウインテンダネス
馬単
①→⑪
①→⑧

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑬ノーブルマーズ
ワイド
⑬→①

【キャプテン渡辺】
◎⑧キセキ
馬単1着軸流し
⑧→①⑪
3連単ボックス
①⑧⑪

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑨シュヴァルグラン
○①アーモンドアイ
▲⑤ミッキースワロー
△⑥サンダリングブルー
△⑪スワーヴリチャード
△⑫カプリ
△⑭ウインテンダネス

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧キセキ
○①アーモンドアイ
▲③サトノダイヤモンド
△⑨シュヴァルグラン
△⑪スワーヴリチャード
△⑬ノーブルマーズ
△⑭ウインテンダネス
3連単フォーメーション
⑧→①③⑪→①③⑨⑪⑬⑭
①③⑪→⑧→①③⑨⑪⑬⑭

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎③サトノダイヤモンド
○⑪スワーヴリチャード
▲⑨シュヴァルグラン
△①アーモンドアイ
△⑥サンダリングブルー
△⑧キセキ
△⑫カプリ
3連単フォーメーション
③→⑥⑨⑪⑫→①⑥⑨⑪⑫
⑥⑨⑪⑫→③→①⑥⑨⑪⑫

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎①アーモンドアイ
○⑪スワーヴリチャード
▲⑧キセキ
△③サトノダイヤモンド
△⑤ミッキースワロー
△⑨シュヴァルグラン
△⑫カプリ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨シュヴァルグラン
3連単フォーメーション
①⑨→①⑨→③⑤⑦⑧⑪⑬
①⑨→③⑤⑦⑧⑪⑬→①⑨
3連単ボックス
①⑧⑨

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑪スワーヴリチャード
3連単
⑪→①→⑧

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑭ウインテンダネス
3連単フォーメーション
①→⑭→③⑤⑧⑨⑪
①→③⑤⑧⑨⑪→⑭
ワイド
⑭→①

【船山陽司】
◎⑭ウインテンダネス

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑪スワーヴリチャード

【今井りか】
◎⑨シュヴァルグラン

【祥子】
◎①アーモンドアイ
○⑪スワーヴリチャード
▲⑦サウンズオブアース
△⑧キセキ
△⑨シュヴァルグラン
単勝

馬連1頭軸流し
①→⑦⑧⑨⑪
3連単1着軸流し
①→⑦⑧⑨⑪
3連複ボックス
①⑦⑧⑨⑪

【高見侑里】
◎①アーモンドアイ

【高田秋】
◎⑧キセキ

【目黒貴子】
◎①アーモンドアイ

【天童なこ】
◎⑪スワーヴリチャード



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】ジャパンカップ U指数上位の人気サイドが堅実!低指数の古馬は期待薄!2018年11月25日() 09:30

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
ヒモ荒れはあるが、勝ち切れるのは上位人気で、2012年以降はすべて5番人気以内が勝利。U指数も5位以内が堅実で、5番人気以内かつU指数5位以内の馬の単勝回収率は196.3%。

5番人気以内かつU指数5位以内の馬
※8時30分現在の5番人気以内かつU指数5位以内の馬

サトノダイヤモンド
キセキ
シュヴァルグラン
スワーヴリチャード

<ポイント②>
信頼できる5番人気以内かつU指数5位以内の馬を1着固定にして馬単総流しで購入した際の回収率は125.4%。近年ほぼ用なし状態の外国馬を買い目から除くと回収率は164.1%。

条件を満たす馬を1着固定にした馬単総流し買い目
※8時30分現在の5番人気以内かつU指数5位以内の馬を1着固定

③→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭
⑧→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭
⑨→①②③④⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑭
⑪→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑭

条件を満たす馬を1着固定、かつ外国馬を除いた馬単流し買い目
※8時30分現在の5番人気以内かつU指数5位以内の馬を1着固定

③→①②④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑭
⑧→①②③④⑤⑦⑨⑩⑪⑬⑭
⑨→①②③④⑤⑦⑧⑩⑪⑬⑭
⑪→①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑬⑭

<ポイント③>
高指数の出にくい3歳馬を除くと、2012年以降で馬券になった馬はすべて指数98.5以上。2着連対にハードルを上げると指数99.0以上。指数99.0未満の古馬は【0.0.3.20】。上位人気の該当例はほぼないが、指数98.5に満たない古馬ならびに外国馬を外せば購入対象をかなり絞り込める。

指数99.0未満の古馬

ミッキースワロー
ガンコ
ノーブルマーズ
ウインテンダネス

指数98.5未満の古馬ならびに外国馬

ミッキースワロー
サンダリングブルー
カプリ
ノーブルマーズ
ウインテンダネス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】ジャパンカップ 父ノーザンダンサー系は壊滅状態!前走敗退の美浦所属馬も劣勢!2018年11月25日() 09:25

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、ジャパンカップの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
外国調教馬の好走例はゼロ(2008年以降)

サンダリングブルー
カプリ

前走で2着以下に敗れていた美浦所属馬の連対例は皆無(2008年以降)

サトノクラウン
ミッキースワロー

前走で天皇賞(秋)あるいは凱旋門賞に出走していた馬を除くと、前走6着以下敗退馬の好走例はみられない(2008年以降)

ハッピーグリン
サトノクラウン
ミッキースワロー
サウンズオブアース
ガンコ
ノーブルマーズ

中9週以上の間隔で臨んだ国内調教馬の好走例はゼロ(2008年以降)

サトノクラウン
ミッキースワロー

【人気】
10番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の10番人気以下

ハッピーグリン
サトノクラウン
サウンズオブアース
ガンコ
ノーブルマーズ

3番人気以下、かつ関東所属ジョッキー騎乗馬の連対例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の3番人気以下、かつ関東所属ジョッキー騎乗馬

ミッキースワロー
サウンズオブアース
ガンコ
ウインテンダネス

G1で2着以内の経験あるいはG2勝利経験のある馬を除くと、5番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の5番人気以下、かつ要件を満たしていない馬

ハッピーグリン
ノーブルマーズ

前走(JRAのレースに限る)で2桁人気だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

サウンズオブアース

【脚質】
前走(国内のレースに限る)4角1番手通過馬の好走例はゼロ(2008年以降)

キセキ
ウインテンダネス

前走(国内のレースに限る)4角2~4番手通過馬は、そのレースで2着以内だった馬を除くと好走例は皆無(2008年以降)

シュヴァルグラン
ノーブルマーズ

【枠順】
馬番枠3番、8番、11番、14番の好走例はゼロ(2008年以降)

サトノダイヤモンド
キセキ
スワーヴリチャード
ウインテンダネス

馬番枠13番の連対例は皆無(2008年以降)

ノーブルマーズ

【血統】
父ノーザンダンサー系の好走例はゼロ(2008年以降)

ハッピーグリン
サトノクラウン
サンダリングブルー
カプリ

父グレイソヴリン系を除くと6歳以上馬の好走例は皆無(2008年以降)

サトノクラウン
サウンズオブアース
シュヴァルグラン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
アーモンドアイ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ジャパンC】最新ナマ情報2018年11月25日() 04:06

◆筋肉にメリハリ〔1〕アーモンドアイ

 前売り1番人気の3冠牝馬は午前7時ちょうどに東京競馬場に到着。高ぶる気配もなく馬房に収まった。根岸助手は「落ち着いています。今年は全部、前日輸送で1泊。同じリズムで臨めるのはいい」と笑顔。「使って筋肉にメリハリが出てきました。古馬とはやってみないと分からないけれど、力を出せる状態。うまくジョッキーがさばいてくれれば、いい脚を使ってくれると思います」と(1)番枠からの競馬をルメール騎手に託した。

◆道産子の意地で〔2〕ハッピーグリン

 ホッカイドウ競馬の期待を背に、午前9時54分に到着。約20時間の長旅後もピンピンしている。「輸送は慣れているので、中でも遊んでいました。状態はいい。距離は初めてだけど、折り合いはつく馬。道営代表という気持ちだし、参加賞では終わりたくない」と加藤厩務員は意気込む。

◆名手で完全復活〔3〕サトノダイヤモンド

 完全復活を目指すGI2勝馬は、関西勢で一番乗りの午後2時7分に到着。約30分間の引き運動を行った。ダービー2着以来、1年半ぶりの東京でも落ち着き払い、歴戦の古馬らしい風格を漂わせていた。「追い切り後も変わりないですね。(けいこでも)しっかり動けるようになり、良くなっています。あとはジョッキーに任せます」と、中澤助手はモレイラ騎手に全てを託す。

◆納得の仕上がり〔4〕サトノクラウン

 坂路を4ハロン71秒0で上がる最終調整。久々になるが、力を出せる態勢は整ったようだ。森助手は「精神面も含めて、ここまでは順調にきています。追い切りでジョッキーに感触をつかんでもらったのは、競馬に向けていいと思う。馬体にはいくらか余裕がありますが、いい状態で臨めそうです」と納得の仕上がりを伝えた。

◆持ち味生かして〔5〕ミッキースワロー

 金曜にゲート確認とPコースで左回りの走りを確かめ、満を持しての東京前日入厩。落ち着いた脚取りで馬房に入ってリラックスした。「輸送は何事もなく来られました。2週続けて(横山典)ジョッキーが追い切りに乗ってくれたし、馬場の広い東京で持ち味を生かせれば…」と小山助手は期待を寄せる。

◆1年でデキ最高〔7〕サウンズオブアース

 一昨年の2着馬は、7歳の古豪らしく落ち着いた様子で府中入りした。丸2年連対していないが、新妻厩務員は「状態はこの1年で一番いいんじゃないかな。前走後はここを目標にやってきたし、何とかかっこいいところを見せたい」とファイティングポーズだ。

◆前走の疲れなし〔8〕キセキ

 昨年の菊花賞馬は、この秋3度目の東京輸送。それでも疲れを見せることなく、勢いのある歩様で馬房に入っていった。「賢くて手がかからないので輸送は問題ないです」と清山助手。「前走後は疲労もありましたけど、回復は早かったですね。一番成長するといわれる時期で、手に取るように充実ぶりがわかります」と、デキの良さをアピールしていた。

◆先行力を生かす〔10〕ガンコ

 予定より東京への到着が1時間ほど遅れたが、「特に問題なかったですよ。名前とは反対で素直な馬なので」と中村助手は笑顔。「秋3戦目で状態は一番いい。スタートを決めて前につけられれば」と持ち前の先行力を生かす構えだ。

◆春の強さ見せる〔11〕スワーヴリチャード

 午後4時59分に東京入り。馬房に入ると寝床を確かめるようにして、リラックスモードへ。カイバおけに顔を突っ込んで食欲も旺盛だ。「渋滞で1時間ぐらい到着が遅れたけどおとなしかった。体重がどれぐらい減っているかだけど状態は悪くないよ。前走は出遅れが全て。春(大阪杯)のような強さを見せられれば」と久保淳助手は巻き返しを誓う。

◆叩いて上向きも〔13〕ノーブルマーズ

 渋滞もあって到着が遅れたものの、「小倉よりは時間が短いですから。輸送中はおとなしくてボーッとしていましたよ」と石原助手。ただ、「急仕上げの前走を使って状態は上がっていますけど、絶好調だった宝塚記念(3着)よりは…」と慎重な姿勢を崩さなかった。

◆得意府中で期待〔14〕ウインテンダネス

 事故渋滞の影響で遅くなったが、馬は泰然とした様子で問題なし。小川助手は「旅慣れていますから」と笑顔を見せた。東京では緑風S、目黒記念と連勝し、秋もアルゼンチン共和国杯4着。「秋3戦目にジャパンCと思ってやってきたし、自信を持って出せる状態。決め手勝負は分が悪いので、そうならないでほしい」と希望の展開を口にした。

◆すごくいい状態〔6〕サンダリングブルー

 東京ダートで軽くキャンターを1周。パドックでスクーリングもこなした。「体はできているし、すごくいい状態」とムニュイジエ調教師。レース時のエキサイトぶりで知られるオーナーのウォッシュボーン氏は「今からワクワクしているし、大声を出して応援したい」と笑顔で話した。

◆仕上がり太鼓判〔12〕カプリ

 東京ダートを約1周、軽快な脚取りで回った。キーティング助手は「非常に柔らかく、いい動きだった。今年はあまり使っていないので、しっかり仕上げている。マイペースな馬なので、大観衆に驚くことはないと思う」とレースを見据えた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カプリの関連コラム

閲覧 834ビュー コメント 1 ナイス 6



先週は、25(日)に京都競馬場でG1ジャパンCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ジャパンCは、単勝1.4倍の断然人気に支持されたアーモンドアイに注目が集まる中、2番人気にスワーヴリチャード(単勝6.5倍)、3番人気にサトノダイヤモンド(同7.1倍)、4番人気にキセキ(同9.2倍)、5番人気にシュヴァルグラン(同12.9倍)という上位人気を形成。6番人気カプリ以下は単勝30倍以上と、やや上位5頭が抜け出したオッズでスタートの時を迎えます。
キセキノーブルマーズガンコといったところがまずまずのスタートを決め、先手争い。最内枠から5分以上のスタートを決めたアーモンドアイは、これらに次ぐ2列目を確保し好位の一角へ。スワーヴリチャードシュヴァルグランウインテンダネスらも好位集団に追従していき、対してサトノダイヤモンドハッピーグリンサトノクラウンサウンズオブアースらはこれらを先に行かせて中団から後方を選択。さらにここからカプリミッキースワローと続き、離れて最後方にサンダリングブルーが追走の形となります。
先頭を奪い切ったのはキセキで、ややリードを広げるようにしながら、2番手にノーブルマーズを従えての1コーナーの入り。直後の3番手には注目のアーモンドアイが続き、マイペースな流れとなった馬群は徐々に向こう正面へと突入していきます。後続を寄せ付けまいとこのあたりから逃げるキセキはペースアップを図り、リードを3馬身近くにまで広げる構え。前半1000mの通過は59.9秒(推定)を計時。馬群が少しばらけ始めると、その後も緩めずにラップを刻みタイムトライアルレースの様相となってレースは終盤へ。2番手に浮上したアーモンドアイが、2馬身ほど後ろでキセキをぴったりとマークしながらコーナリング。外を通ってガンコサウンズオブアースらが進出を始める一方、人気どころスワーヴリチャードシュヴァルグランあたりはまだ軽く促される程度。各馬少しずつ横に広がりながら、全14頭が4コーナーを出ます。
直線を向いて、隊列は依然手応え十分のキセキの後方に1馬身半差でアーモンドアイ。そこから2馬身ほど空いてスワーヴリチャードノーブルマーズとなって、以下はウインテンダネスガンコシュヴァルグランサトノダイヤモンドといったところ。残り400m手前から懸命に追われるキセキに対し、真後ろにつけたアーモンドアイはまだ持ったまま。余裕の手応えで追い出しのタイミングを図る鞍上の指示を待つ状態で、直線半ばを通過します。ようやくGOが掛かって、キセキの外に持ち出されるとここから一気に末脚を爆発。レースは完全に2頭のマッチアップとなり、単独3番手に浮上していたスワーヴリチャードはみるみる突き放され、逆に後続に差を詰められる展開となります。
アーモンドアイに右ムチが1発、2発と入り、応戦するキセキは次第に脚色劣勢に。勢いのままにアーモンドアイが堂々先頭へ躍り出ると、内で死力を尽くして食い下がるキセキとの差を、最後は1馬身3/4差まで広げゴール。2分20秒6という驚愕の世界レコードタイムで2400mを駆け抜け、G1・4連勝を達成。また史上2頭目の3歳牝馬によるジャパンC制覇を飾っています。2着キセキから3馬身1/2差開いた3着にはスワーヴリチャードが入っています。
公認プロ予想家では、馬侑迦プロスガダイプロ伊吹雅也プロはははふほほほプロ夢月プロサラマッポプロマカロニスタンダーズプロ他、計14名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
24(土)は勝負予想レース東京9R東京11Rでの的中などでプラス収支を達成。25(日)も東京2R東京5R京都10R京都11Rと高精度予想を幾度となく披露し、最後はG1ジャパンC的中で締め括り。土日ともに的中率40%超、回収率160%のハイアベレージで終えた先週は、トータル回収率164%、収支10万3,280円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
25(日)京都1R◎▲的中、京都2R◎▲的中で勢いに乗ると、東京5Rラレータ東京7Rアントリューズ京都8Rメイショウテムズなどの好調予想を披露。週末トータル回収率130%をマークし、これで3週連続週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、24(土)東京3R、25(日)京都7RG1ジャパンCG3京阪などで活躍を披露し、2週連続週末プラスを達成。2日間トータルで的中率57%、回収率171%、収支7万3,540円プラスをマークししています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
24(土)京都7Rベルエスメラルダ(単勝11.9倍)、京都9Rマイハートビート(単勝11.9倍)、東京10Rエレクトロポップ(単勝7.3倍)、25(日)京都1Rレサイヤ(単勝8.9倍)など随所に好調◎を披露した先週は、土日トータル回収率149%の好成績をマーク。収支トップの17万2,800円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(日)東京6Rでの◎ジュニエーブル-△アオテン馬連的中計46万8,500円払戻しのビッグヒットをはじめ、東京7Rでの◎アントリューズ的中などの活躍を披露した先週は、週末トータル回収率136%、収支17万190円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
25(日)東京6Rジュニエーブル(単勝35.2倍)的中で計22万4,500円を払戻し!土日トータル回収率214%、収支15万4,800円プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(236%←3週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(135%)、馬侑迦プロ(118%)、KOMプロ(113%)、山崎エリカプロ(111%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(110%←4週連続週末プラス)、覆面ドクター・英プロ(108%)、マカロニスタンダーズプロ(100%←2週連続週末プラス)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(107%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

カプリの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

カプリの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

カプリの写真

カプリ

カプリの厩舎情報 VIP

2018年11月25日ジャパンカップ G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カプリの取材メモ VIP

2018年11月25日 ジャパンカップ G1 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。