キャナルストリート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
キャナルストリート
キャナルストリート
キャナルストリート
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2014年3月5日生
調教師大竹正博(美浦)
馬主村野 康司
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績12戦[5-2-0-5]
総賞金6,956万円
収得賞金2,450万円
英字表記Canal Street
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
フィラストリート
血統 ][ 産駒 ]
Cozzene
Phydilla
兄弟 ブロードストリートポップジュエル
前走 2019/05/11 京王杯スプリングC G2
次走予定

キャナルストリートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/11 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 164817.285** 牝5 54.0 石橋脩大竹正博470(+4)1.19.6 0.233.5⑤⑤タワーオブロンドン
19/02/11 東京 10 雲雀S 1600万下 芝1400 137109.851** 牝5 53.0 石橋脩大竹正博466(+16)1.20.7 -0.033.0④④ボンセルヴィーソ
18/11/24 東京 12 3歳以上1000万下 芝1400 14112.711** 牝4 55.0 田辺裕信大竹正博450(-10)1.20.7 -0.133.8⑥⑤ヴェルスパー
18/10/27 東京 9 国立特別 1000万下 芝1400 1861220.782** 牝4 53.0 浜中俊大竹正博460(-2)1.19.9 0.033.5⑧⑨エスターテ
18/08/18 新潟 12 3歳以上500万下 芝1400 18353.611** 牝4 55.0 福永祐一大竹正博462(+8)1.21.7 -0.034.7エスターテ
18/04/29 新潟 10 五泉特別 500万下 芝1400 16236.631** 牝4 55.0 丸山元気大竹正博454(-8)1.21.0 -0.034.6ウインシャトレーヌ
18/02/11 東京 7 4歳以上500万下 芝1800 16124.328** 牝4 54.0 池添謙一大竹正博462(+16)1.48.0 0.935.6④④⑤ジュンヴァリアス
17/06/25 東京 7 3歳以上500万下 芝1600 165108.342** 牝3 49▲ 野中悠太大竹正博446(0)1.34.2 0.234.2パルティトゥーラ
17/04/23 東京 11 フローラS G2 芝2000 182329.8812** 牝3 54.0 蛯名正義大竹正博446(-8)2.02.1 0.834.9⑦⑦⑥モズカッチャン
17/02/19 東京 6 3歳500万下 芝1600 16128.459** 牝3 54.0 武豊大竹正博454(+6)1.35.2 0.534.8⑫⑩ランガディア
16/10/22 東京 9 アイビーS OP 芝1800 9338.234** 牝2 54.0 柴山雄一大竹正博448(-4)1.49.6 0.734.2⑥⑦⑤ソウルスターリング
16/09/25 中山 5 2歳新馬 芝2000 138132.211** 牝2 54.0 柴山雄一大竹正博452(--)2.02.9 -0.035.0⑦⑦⑥ベストリゾート

キャナルストリートの関連ニュース

 ◆戸崎騎手(ロジクライ3着)「早めに広いスペースへ出したかったけど、そこでスムーズさを欠いた。進路があいてからはしぶとい脚を使ってくれた」

 ◆福永騎手(トゥザクラウン4着)「ブリンカーを外したことでリラックスして走れた。初めての重賞でも走破時計は優秀」

 ◆石橋騎手(キャナルストリート5着)「競馬が上手で、手応え通り反応してくれた」

 ◆坂井騎手(リライアブルエース6着)「枠順を生かしてロスなく乗れました」

 ◆池添騎手(スマートオーディン7着)「脚質的にはまるかはまらないかのタイプ。レコード決着では分が悪かった」

 ◆三浦騎手(ドーヴァー8着同着)「仕掛けどころで離されたけど、ラストでしぶとく食らいついてくれた」

 ◆大野騎手(ストーミーシー8着同着)「レコード決着でも差のないところまできてくれた」

 ◆松岡騎手(ダイメイフジ10着)「一発を狙って積極策。ただ、暑さが苦手な馬なので」

 ◆田辺騎手(エントシャイデン11着)「1400メートルはやや忙しい」

 ◆M・デムーロ騎手(ロードクエスト12着)「行くところ行くところで前が狭くなった」

 ◆田中勝騎手(タイムトリップ13着)「反応は良かったが、ラストで止まった」

 ◆蛯名騎手(スターオブペルシャ14着)「時計が速く、最後は余力がなくなった」

 ◆杉原騎手(ブロワ15着)「自分の競馬はできました」

【斬って捨てる!】京王杯SC 前走で待機策をとった馬の過信は禁物!父キングマンボ系も不振傾向!2019年5月11日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の京王杯SCの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
過去の当レースで連対経験がある馬を除くと、前走でダービー卿チャレンジトロフィーに出走、かつ6着以下敗退馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ドーヴァー
ロードクエスト

近3走内に芝の非重賞戦で10着以下敗退がある馬の連対例は皆無(2008年以降)

ブロワ

前走でG1以外のレースに出走、かつ前走の斤量56キロ以下、かつ0秒8以上敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ブロワ

【人気】
12番人気以下の連対例は皆無(2008年以降)
※10時30分現在の12番人気以下

リライアブルエース
ストーミーシー
タイムトリップ
ブロワ
ダイメイフジ

前走G1以外のレースに出走、かつ前走の斤量57キロ以下、かつ前走の単勝人気が10番人気以下、かつ4着以下敗退馬の好走例はなし(2008年以降)

リライアブルエース
ブロワ

【脚質】
前走の4角通過順が13番手以降だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

リライアブルエース
タイムトリップ
エントシャイデン
スターオブペルシャ
スマートオーディン

【枠順】
4枠の連対例は皆無(2008年以降)

リナーテ
キャナルストリート

馬番枠14番、16番の好走例はゼロ(2008年以降)

スターオブペルシャ
スマートオーディン

馬番枠1番、7番、8番の連対例は皆無(2008年以降)

リライアブルエース
リナーテ
キャナルストリート

【血統】
父キングマンボ系の連対例はゼロ(2008年以降)

トゥザクラウン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サトノアレス
ロジクライ
タワーオブロンドン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】京王杯SC 5歳馬優勢!前走根幹重賞組の変わり身に注意!2019年5月11日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、京王杯SCのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走レース別では高松宮記念ダービー卿チャレンジトロフィーマイラーズC東京新聞杯、各組の5着以下敗退馬の巻き返しが目立つ(2008年以降)

ドーヴァー
ストーミーシー
ロジクライ
タワーオブロンドン
ロードクエスト

前走オープン特別出走馬や昇級馬の激走が多い(2008年以降)

トゥザクラウン
キャナルストリート
タイムトリップ
ダイメイフジ

5歳馬が6勝、2着3回、3着4回と優勢(2008年以降)

サトノアレス
トゥザクラウン
リナーテ
キャナルストリート
タイムトリップ
ダイメイフジ

【人気】
人気サイドから入る場合、2番人気が軸向き(2008年以降)
※10時00分現在の2番人気

タワーオブロンドン

3~5番人気の好走例が目立つ(2008年以降)
※10時00分現在の3~5番人気

ロジクライ
ロードクエスト
スマートオーディン

【脚質】
2008年以降、4角6~9番手通過馬が7勝

ドーヴァー
ロジクライ
キャナルストリート
タワーオブロンドン
タイムトリップ
スターオブペルシャ
ダイメイフジ

※近走の内容を参考に4角6~9番手辺りに位置しそうな馬を想定

【枠順】
6~7枠が7勝、2着4回、3着3回(2008年以降)

エントシャイデン
ロードクエスト
ブロワ
スターオブペルシャ

馬番10~12番が6勝(2008年以降)

タイムトリップ
エントシャイデン
ロードクエスト

【血統】
近年の好走馬の大半がサンデーサイレンスを内包

リライアブルエース
ドーヴァー
サトノアレス
トゥザクラウン
ストーミーシー
ロジクライ
リナーテ
キャナルストリート
エントシャイデン
ロードクエスト
スターオブペルシャ
ダイメイフジ
スマートオーディン

ヘイロー系×ノーザンダンサー系の好走が目立つ(2013年以降)

リライアブルエース
サトノアレス
リナーテ
ロードクエスト
ブロワ
スマートオーディン


【4項目以上該当馬】
ロードクエスト(6項目)
ロジクライ(4項目)
キャナルストリート(4項目)
タイムトリップ(4項目)
ダイメイフジ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】京王杯SC 高松宮記念経由のハーツクライ産駒が反撃可能のデキ!同厩舎の5歳牝馬も気配良好!2019年5月11日() 10:00

京王杯SCの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


リライアブルエース
帰厩後は栗東坂路と栗東CWを交えて調整され、毎週のように好時計を記録。坂路で実施した最終追いでは、ラスト2F24秒4-12秒2の好ラップを余力残しでマークした。一方、前膝が出が硬く、突っ張るような走りは相変わらず。良くも悪くも平行線といった印象を受ける。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。

ドーヴァー
坂路で実施した1週前追いでは、4F50秒8の好タイムをマーク。南Wに場所を移して行われた最終追いでも、マズマズのラップを記録した。一方、頭の位置が高く物見がち。手前を替える際に、モタついてるあたりも心配材料。脚取り自体は力強く、前回の中間気配よりも上向いているのは確かだが、首位争いに加わるには、もう一段階変わり身がほしい。

サトノアレス
最終追いは坂路で併せ馬を実施。序盤は軽快に登坂していたものの、先行していたレッドゲルニカに並びかけてからの反応が悪く、先着を許してしまった。ケイコ映えしないタイプとはいえ、好調時はもう少し前進気勢を表に出すタイプ。このひと追いでどこまで変わってくるか、という仕上がり具合ではないか。

トゥザクラウン
2週前、1週前と栗東CWで好時計を刻み、いい調教過程を踏んでいたが、今週のCW追いは微妙な線。相手が攻め巧者のクライムメジャーとはいえ、アッサリと交わされたあとは、ほぼ無抵抗のままゴールする心許ない内容。稽古にムラがあるタイプなので判断しづらいが、併せ馬では力を出せない印象を受ける。近走の成績が示すとおり、積極的に運んで活路を見出したい。

ストーミーシー
南Wで実施した1週前追いでは、及第点以上のタイムをマーク&クラウンディバイダに優勢。同じく南Wで行われた最終追いは、先行していた僚馬にアオられたものの、1秒以上のビハインドがあったことを考慮すれば、最後までしぶとく食い下がっていた。いい頃の行きっぷりが戻りつつあり、復調ムードにあるのは確か。展開次第では、侮れない1頭になりそうだ。

ロジクライ
最終追いは栗東坂路で実施。他の併せ馬を目標に置き、ラチ沿いへ進路をとると、鞍上の合図に鋭い反応を示し、軽々とパス。その後もしっかりと脚を伸ばしていた。ラスト2Fのラップは24秒0-11秒9。荒れていないコースを通ったとはいえ、優に合格点を与えられる。この中間は坂路で4F49秒台を叩いているように、G1出走の疲労はまったく窺えない。反撃可能のデキとみる。

リナーテ
帰厩後は栗東坂路で調整。2週前に行われた併せ馬では、ロジクライに先着。4F自己ベストの49秒3を叩き出した。1週前追いはセーブされたものの、今週の本追い切りでは、素軽い身のこなしを披露。4F51秒7、ラスト2F24秒2-12秒2の好タイムをマークした。乗り込み量は少なめだが、ブレの少ないフォームで登坂する姿はなかなかのもの。気配良好。

キャナルストリート
1週前に南Wで長めから追われ、及第点以上のタイムを計測。同じく南Wで行われた最終追いは流す程度の内容ながら、パワフルな走りを見せた。頭の位置がやや高く、行きたがる気素振りを見せるシーンもあるが、制御はしっかり利いているので、過度に不安視する必要はない。力を出せる仕上がりとみる。

タワーオブロンドン
坂路と南Wを交えて丹念に乗り込み、攻め量は十分すぎるほど。1週前にスターオブペルシャの先導役を務め、上々のタイムを記録。最終追いでは立場をスイッチして、大きく追いかける格好の併せ馬を施し、手応え優勢で同入フィニッシュした。低い重心から繰り出す、回転鋭いフットワークは目を見張るものがある。好仕上がり。

タイムトリップ
この中間は南Wで調整。1週前追いでは重い馬場を苦にせず、及第点のタイムを記録&追走先着。最終追いでは、68-52-38-12.5という、均整のとれたラップを馬なりで刻んできた。ストライドを大きく伸ばして駆け抜けるさまは、見応え十分。いい雰囲気でレースに臨めるのではないか。

エントシャイデン
最終追いは栗東CWで実施。パートナーのラヴズオンリーユーに並ばれると、一瞬のうちに突き放され、その後懸命に追うも差が詰まることはなかった。本馬自身の調整というよりも、ラヴズオンリーユーに主眼を置いた追い切りに映る。加えて、約2カ月半ぶりの実戦の割に、トレセンでの攻め量が少ない点も気になるところ。今回は割引が必要かもしれない。

ロードクエスト
この中間はいつもにまして入念な乗り込み。2日と5日に南Wで及第点のタイムをマーク。同じく南Wで実施した今週の3頭併せでは、キッチリと最先着を果たした。時計こそ平凡だが、行きたがるところなく、リラックスして走れている点は好感度が高い。自身の力を発揮できる態勢とみる。

ブロワ
間隔が詰まることもあって、この中間の攻めは8日の坂路追い1本だけ。それも流す程度の調整とあっては、強調材料に欠ける。肝心の動きについても、四肢が空回りしているような走りで見映えは今ひとつ。折り合いをつけ、まっすぐ登坂している点は評価できるが、自己条件ならともかく、さすがに別定G2では厳しいだろう。

スターオブペルシャ
この中間は、いつも通り南W主体に折り合い重視の調整。1週前追いでは、タワーオブロンドンを相手に互角以上の動きを見せた。一方、今週の併せ馬は先行していたとはいえ、掛かりっぱなし。最後まで脚いろを維持していた点は評価できるものの、レースで落ち着いて走れるかどうかについては疑問符がつく。積極的には手が出ない。

ダイメイフジ
連闘。栗東坂路で実施した前回(先週)の最終追いでは、ソコソコの4Fタイムを記録した一方、良い頃と比べて終いのラップが物足りなく感じた。そのうえ、中5週で速い攻めは2本。仕上がり途上だったことは間違いなく、鞍馬Sはココ狙いの叩き台と判断できる。余裕があれば、ヒモの末席に加えてみるのもアリかもしれない。

スマートオーディン
栗東坂路で実施した最終追いは、明と暗がハッキリした内容。序盤はテンションが高く、抑えっぱなし。首のアクションに安定感はなく、脚元の動きもバラバラという有様。反面、僚馬をパスしたあとは落ち着きを取り戻し、別馬のごとく豪快に駆け登った。後半部分だけをみると、デキ自体は悪くなさそうだが……。いずれにせよ、気分を損ねず走れるかどうかが、大きな焦点となる。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】京王杯SC 指数上位馬を中心に攻めるべき!頼れるのは高指数の東京巧者!2019年5月11日() 09:20

京王杯SCの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2014年以降で3着入りした15頭のうち、12頭がU指数6位以内。指数上位馬を中心に攻めるべきレースと言えよう。

指数6位以内

ドーヴァー
サトノアレス
トゥザクラウン
ストーミーシー
ロジクライ
ロードクエスト

<ポイント②>
軸馬の絞り込みは悩ましいが、頼れるのは高指数の東京巧者。なかでも、指数3位以内かつ重賞連対経験かつ東京芝コースで勝利経験がある馬の期待値が高く、毎年のように上位を賑わせている。

条件を満たす馬

サトノアレス
ロジクライ
ロードクエスト

<ポイント③>
指数95.0未満の好走例はゼロ。指数95.0に満たない馬は苦戦が続いている。

指数95.0未満

キャナルストリート
エントシャイデン
ブロワ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京王杯SC】キャナルストリート重賞獲りへ「ベスト舞台」 2019年5月10日(金) 11:47

 昇級即Gチャレンジとなるが、キャナルストリートは1年前から間隔を空けながら(1)(1)(2)(1)(1)着。ここは休み明けを心配するよりも、さらなる成長ぶりを楽しみにしたい。

 「けいこは先週しっかりやっているので、今週は整える程度。以前はカイ食いが細かったけど、食べられるようになってようやく充実してきた。馬体重も前走から少しプラスになると思う」と大竹調教師。前5走がすべて左回りの1400メートルで、「この舞台がベスト。コントロールもつくようになったし、牡馬が相手でも」と、一気の重賞獲りを見据えている。(夕刊フジ)



京王杯SCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

キャナルストリートの関連コラム

閲覧 1,690ビュー コメント 1 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。

5月12日(日) 東京11R 第14回ヴィクトリアマイル(4歳以上G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

デンコウアンジュ(C)中2週
前走で久しぶりの重賞勝ち。パドックでは落ち着きもありドッシリとした感じで、かなり出来は良さそうだった。今回は中2週となり間隔も詰っているので軽めの調整だが、前走時の感じからは大きく調子を落とすということはなさそう。

ミッキーチャーム(B)中4週
休み明けの中山牝馬Sではパドックでウルサイ面を見せていたが、前走時は落ち着きもあり馬体重も増えていて良い状態だったのではないかと思う。今回は、休み明け3戦目で前走時にほぼ馬もできていたので、無理にビシビシやる必要はなさそう。関東への輸送もあるので、最終追い切りは馬なりでテンションを上げないような調整が理想的。


<以下、賞金上位馬>

レッツゴードンキ(B)中6週
この中間もいつも通り乗り込まれていて2週前、1週前と坂路で好時計。1週前にはいつものように岩田騎手が追い切りに騎乗して好時計を出していて、引き続き調子は良さそう。

クロコスミア(B)中4週
中山牝馬S、阪神牝馬Sと休み明けの2戦ともにパドックでは良く見せており、この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。最終追い切りも馬なりで良い動きなら、十分力は出せそう。

ソウルスターリング(C)7ヶ月
休養明けでのレースとなり、2ヶ月ほど前から乗り込まれてきているが、1週前追い切りの動きを見ると馬が小さく見えて、物足りない動きに見えた。牧場である程度仕上げて来る時代だが、トップクラスの藤沢厩舎がどんな感じで仕上げてくるか、最終追い切りの動きには注目したい。

フロンテアクイーン(A)中8週
前走の中山牝馬Sの時にも◎にしたくらい、調教の動きが良かった馬。この中間もしっかりと乗り込まれていて、1週前には南Wを三浦皇成騎手騎乗で追い切られ、内めを回ったとはいえ手応え良く馬なりで先着。パドックでテンションが高くなる馬なので、馬なりで楽に先着できたことはプラスになりそう。

カンタービレ(A)中4週
休み明けの前走時は、追い切りでは併走馬を突き放して先着とかなり仕上がりは良かった。この中間も、1週前追い切りでは楽に先着していて、一度使われての上積みがありそう。

ワントゥワン(C)中4週
昨夏の良い頃に比べると、調教での時計が物足りない印象で、1週前追い切りでもビッシリ追われてわずかに先着と、この辺りにも動きが重い感じを残す。

ノームコア(A)中8週
ここ2戦と比べても坂路、南Wでの時計が出ていて1週前追い切りでは楽に併走相手を突き放し調子は良さそう。1週前に併せ馬で強く追っているので、直前はそんなに強くやらなくても良さそう。

レッドオルガ(C)中4週
いつもと同じで1週前にジョッキーが騎乗して併せ馬で強めに追われている。ただ、走りやすそうな馬場の割に重心が高く、併走相手の手応えと比べても物足りない動きに見えた。

ミエノサクシード(D)中4週
前走時は中間の坂路、CWで好時計が出ていたが、この中間は間の日曜坂路での時計が物足りず、前走ほどの出来ではなさそう。

キャナルストリート(B)3ヶ月
この中間はいつもの1週前追い切りと比べるとかなり良い時計が出ていて、休み明けにしては仕上がりは良さそう。ただこのレースは回避して、土曜の京王杯SCに出走予定。

メイショウオワラ(E)中2週
今回は間隔も詰っているので軽めの調整だが、良い時は坂路で好時計が出ており今回は物足りず。

サトノワルキューレ(C)中4週
休み明けを2回使われているが、その2回ともに1週前追い切りのコースが違っていて、今回も前回とは違いCWを併せ馬で調整。併走相手の手応えがかなり良かったので目立たないが、それでも休み明けを2度使われて前走時よりは良くなっている様子がうかがえる。

アマルフィコースト(D)中4週
この2戦人気薄で好走しているが、坂路でかなり良い時計が出ていたので調子自体が良かったと思う。今回は、1週前追い切りをCWに変えてきた点は気になる。


<以下、除外対象馬>

サウンドキアラ(D)中2週
1月から5戦使われてきていて、今回は中2週で1週前の速い時計は無し。これまでペースの緩いレースばかりが多く、一気の相手強化で厳しいレースになるとどうか。


※なお、ラッキーライラックアエロリットプリモシーンの3頭に関してはプロ予想最前線ニュースにてコメントしておりますのでそちらの公開をお待ち下さい(金曜夜公開予定)。


◇今回はヴィクトリアマイル編でした。
JRAのレースも、毎週予想をしていると運が味方してくれる時と、ソッポを向いてしまう時があるもの。特に運が味方してくれない時というのは、印象に残ることが多いものです。
先行している馬が粘って粘って最後差されることもあれば、凄い勢いで追い込んできたと思ったら差し届かず。2頭の首の上げ下げになればハナ差競り負けと、長く競馬をしているとこのようなことが続くなんてシーンにもしばしば遭遇します。個人的に、そんな時はどうしようもないと諦めるしかないと思っているのですが、ただ私の場合は地方競馬も予想するので、そちらに救いの手があったりもします( ^^) 
JRAの調子が悪いと平日の地方競馬が調子良かったり、またその逆パターンも。今は海外競馬の馬券も発売するようになっていますし、ウマニティでは香港競馬の予想もすることができます。同じ競馬であってもそれぞれ違う視点で予想するため、自分の中でモードを切り替えてそれぞれの予想をしているようなところがあって、引きずっているとモードが切り替わらないので気持ちの切り替えはかなり早い方だと思っています。
それでもどうしてもJRAがメインになってしまいますが、平日の1Rから地方競馬で配当は安くても予想した馬が予想通り走ってくれれば嬉しいものですし、ナイター競馬の最終Rで高配当が当たれば何か得した気分にもなります。先日の香港クイーンエリザベス2世カップでも、その日のJRAの予想が振るわなかったなかでの最後の最後に予想通りの的中と、しっかり予想していればどこかの女神が微笑んでくれるものだなぁと痛感してしまいました。
負けている時こそ勉強できる時だと思っているので、その時に何をしたかが何日後であったり何週間後の的中を呼び込む力になるのだと思います。

それでは次回、オークス編でお会いしましょう。


ヴィクトリアマイル出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年5月9日(木) 10:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル2019
閲覧 1,948ビュー コメント 0 ナイス 12



GWは、10連出勤も早めに帰れるので、遠出は出来ませんでしたが(したくない・・・^^;)、競馬もやれたし、子供たちとも外で遊べて、いい時間が過ごせました。NHKマイルCは、グランアレグリアの前が開かずに外に外に行った挙句に、直線でよれて接触もあり、正直ルメール騎手らしからぬ残念騎乗でした。多少ハイペースでも、内から早めスパートの形が外から差すより良かったと思いますが......。割と人気薄に本命を打っての2着続きから、人気馬に本命打って凡走ときていますので、今週末は巻き返したいところです。日本での馬券発売もあったケンタッキーダービーは、本命を打った1番人気馬が降着になりましたが、どっちみちヒモ抜けだったので、運を使い果たさず逆にラッキーくらいに割り切っています(笑)

ヴィクトリアマイルも14回目になるというのに、やはりいまいちG1としてピンときていないのは、安田記念と違って、道中スロー気味だったりして前が残って荒れたりもあり、難しく、大儲けした思い出が無いからかもしれませんね。そろそろ大当たりしないと。

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 ラッキーライラック中山記念では古馬の牡馬と一緒に2着と好走したこともあり、前哨戦の阪神牝馬Sで1番人気の支持を集めたが結果は8着と裏切った。アーモンドアイが居なければ5連勝で桜花賞馬となっていたであろう馬だが、瞬発力はイマイチで直線の長いコースは正直あまり向かなそう。人気考えると消して妙味か。今後活躍の場はローカル牝馬中距離重賞では(馬格があって、母方はダート血統でもあり、ダートの鬼の可能性もあるが)。

2番人気想定 アエロリット:東京1600~1800mが最も得意な条件で、海外帰りの疲れも無さそう。今年もそれなりにやれて良い。横山典騎手に戻るのも良さそう。ただ瞬発力は無く、スローからの瞬発力勝負になると分が悪い。自らが鍵を握る道中の流れひとつか。

3番人気想定 ミッキーチャーム:昨秋は逃げて秋華賞2着、そして前哨戦の阪神牝馬Sは先行からの勝利と、逃げても、逃げなくても勝負強いタイプだが、輸送が苦手で中山牝馬Sでは入れ込んで惨敗した。関東圏のこのレースも消して妙味か(先週、同じ理由で軽視のカテドラルは、苦手な輸送を克服してしまったが)。

4番人気想定 レッドオルガ:2月の東京新聞杯で今回と同条件の東京マイルで2着し、母エリモピクシーの仔は皆この条件得意と良いのだが、今回それなりに人気もしそうで妙味はあまり無いか。

5番人気想定 プリモシーン:中山マイルのダービー卿CTでは2着だったが、昨夏の関屋記念を鋭く差し切っており、左回りで直線長いマイル戦ならここでも頭まである楽しみな一頭。

6番人気想定 ソウルスターリング:6戦5勝でオークスを制したあたりまでがピークで、秋に毎日王冠で暴走逃げで沈没して以降、気持ちが切れたのか能力を出せなくなった。もう繁殖で期待でいいのでは。

7番人気想定 ノームコア:前がドン詰まりで1番人気7着だった中山牝馬Sからの参戦だが、人気落とすここは逆に狙い目かも。昨秋のエリザベス女王杯で2番人気だったように実力はある馬。

8番人気想定 デンコウアンジュ:福島牝馬Sを制して6歳でも元気。同じメイショウサムソン産駒フロンテアクイーンとともに、春の直線の短い福島と中山の牝馬重賞Vと活躍。ただ両頭ともに、直線の長い東京でもそれなりにやれるタイプで、ヒモにはありなタイプ。

9番人気想定 カンタービレ:昨秋の秋華賞で3着の後はエリザベス女王杯6着、前哨戦ともいえる阪神牝馬S6着と結果が出ていない。成長力がいまひとつなのかもしれないが、着順ほど内容は悪くなく、それなりにやれても良い。

10番人気以下想定
レッツゴードンキヴィクトリアマイルに4度目の出場となるこの馬だが、10着、11着、6着と結果は出ていない。力は落ちていないがもっとスプリント路線に絞って使った方がいいのでは。

フロンテアクイーン:一昨年の年末から牝馬重賞でずっと活躍してきている馬で、中山牝馬S勝ちでの臨戦となる。昨秋の府中牝馬Sで3着と、東京マイルも平気で、ヒモにはありか。

アマルフィコースト:準オープンで2~3着4回の後に、牝馬重賞でも3着、2着と人気薄で頑張り、しかも前走の2着は実績の乏しかったマイルの阪神牝馬Sでのもので更に前進をみせている。こちらも、ヒモにはありなタイプでは。

クロコスミア:一昨年秋の府中牝馬Sで、今回と同条件の東京マイル勝ちの後は勝ち星は無いが、そう力は落ちておらず、ヒモにはありでは。

サトノワルキューレ:昨年のこの時期はフローラSを豪快な末脚で差し切って、オークスでも3番人気に推されたが、3月の金鯱賞も阪神牝馬Sも惨敗。成長力がいまひとつなのか、体調がすぐれないのか、狙いにくい。

サウンドキアラ:1000万下での5回の2着、3着の後にようやく勝ち上がってきたが、こういう惜敗タイプは強い相手にも食らいつける可能性もある。ただ、まだ一線級とは差があるのでは。

ミエノサクシード:6歳牝馬だが能力はあまり下がっていないようで、今年はマイルのG3とG2で人気薄で3着と頑張っている。頭は無くてもヒモにはありなタイプか。

ワントゥワン:昨秋は3戦連続G3で2着と活躍したが、力がさすがに落ちてきたのか前走はビリ。そろそろ繁殖入りの時期なのでは。

キャナルストリート:牝馬重賞で活躍したブロードストリートの半妹。1400m実績ばかりで、非根幹距離向きのマンハッタンカフェ産駒だけに、東京マイルで激走というのはいまひとつピンと来ない。

メイショウオワラ:11頭立ての10番人気で準オープンを勝ち上がったが、オープンでは2戦ともに通用せず掲示板外。それまでも人気薄での勝ち星が多いのだが、さすがにここでの大金星は無いのでは。


<まとめ>
有力:プリモシーンアエロリット

人気で危険:ラッキーライラックミッキーチャームレッドオルガソウルスターリング

ヒモ穴に:ノームコアデンコウアンジュカンタービレフロンテアクイーンアマルフィコーストクロコスミアミエノサクシード

[もっと見る]

キャナルストリートの口コミ


口コミ一覧

京王杯スプリングカップ

 しんすけ47 2019年5月11日() 13:36

閲覧 149ビュー コメント 0 ナイス 14

漸く結論が出ましたー。

もっと前に決まってたんだけどね。

歯医者に行ってました。

東京11R 京王杯スプリングカップ

◎⑦リナーテ
△②ドーヴァー
△⑤ストーミーシー
△⑧キャナルストリート
△⑨タワーオブロンドン
△⑯スマートオーディン

馬連⑦ー②・⑤・⑧・⑨・⑯への5点。

もう何が何だか・・・。血迷って購入予定だったサトノアレスやロジクライを切ってしまった。
その代わり買う予定が無かったドーヴァーやストーミーシーを購入。迷走状態ですな。

後は結果を出して明日に備えましょ!

 グリーンセンスセラ 2019年5月11日() 11:48
🐎無料情報 当たりはずれあり。 自己責任で。2019年5月11日... 
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 6

https://umanity.jp/home/view_friend.php?owner_id=b76ea9f56e  ドキンちゃんもチェックしておこうよ。

963,900円 ドキンちゃんが東京11RNHKマイル当てたのだ!!


━━━━ 5月11日(土) ━━━━


東京11R
京王杯SC(G2)

◎ 4番 トゥザクラウン
○ 3番 サトノアレス
▲ 8番 キャナルストリート
△ 6番 ロジクライ
△ 7番 リナーテ
△ 9番 タワーオブロンドン
△ 12番 ロードクエスト

三連複軸1頭流し

軸:4
相手:3, 6, 7, 8, 9, 12

ハズレ~ 軸4じゃないね。それに5がない。 相手で馬連のBOXなら9-7で🎯なんだが・・・
---------------------------------------


京都11R
都大路S

◎ 10番 サンマルティン
○ 3番 ソーグリッタリング
▲ 7番 サトノフェイバー
△ 6番 ブラックバゴ
△ 4番 ヒーズインラブ
△ 8番 エイシンティンクル
△ 9番 ミライヘノツバサ

三連複軸1頭流し

軸:10
相手:3, 4, 6, 7, 8, 9


ハズレ~ ハズレ~ 3連複・三連単ともにハズレ~ 5がない。

---------------------------------------


新潟11R
中ノ岳特別

◎ 7番 コマビショウ
○ 13番 フクサンローズ
▲ 2番 パレスハングリー
△ 4番 マイネルツァイト
△ 1番 スペリオルシチー
△ 10番 シュプリームゾーン
△ 12番 クイックファイア

三連複軸1頭流し

軸:7
相手:1, 2, 4, 10, 12, 13

ハズレ~ ハズレ~ 

[もっと見る]

 スペースマン 2019年5月11日() 05:35
京王杯スプリングカップ、
閲覧 185ビュー コメント 1 ナイス 5

今日の新潟は、晴れ、熱くなるぞ!

納付のことで、頭がまわらんけど、税金の分、稼がんとな!

今日は、仕事やから、

さて、◎本命は、キャナルストリートだな!

東京で4勝、馬体も良いし、格下かもしれないけど、

狙ってみたいな!

〇対抗は、武豊の乗るリナーテだ!

この馬も良いよ!

▲単穴は、馬体の良いロジクライだな!

あとは、サトノクランに流してだ!

税務署にK.O.パンチだ!

[もっと見る]

⇒もっと見る

キャナルストリートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

キャナルストリートの写真

キャナルストリート
キャナルストリート
キャナルストリート

キャナルストリートの厩舎情報 VIP

2019年5月11日京王杯スプリングC G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キャナルストリートの取材メモ VIP

2019年5月11日 京王杯スプリングC G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。