ダイシンバルカン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡8 鹿毛 2012年2月20日生
調教師吉田直弘(栗東)
馬主大八木 信行
生産者有限会社新冠タガノファーム
生産地新冠町
戦績50戦[4-3-3-40]
総賞金8,526万円
収得賞金2,200万円
英字表記Daishin Balkan
血統 サクラバクシンオー
血統 ][ 産駒 ]
サクラユタカオー
サクラハゴロモ
ダイシンモード
血統 ][ 産駒 ]
マイネルラヴ
ダイシンシルビア
兄弟 ダイシンステルラディモンド
前走 2020/05/24 韋駄天ステークス OP
次走予定

ダイシンバルカンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/24 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 1623230.11510** 牡8 53.0 勝浦正樹吉田直弘504(-10)0.55.1 0.932.7--ライオンボス
20/05/10 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 125579.196** 牡8 56.0 国分優作吉田直弘514(0)1.08.7 1.033.8⑥⑥タイセイアベニール
20/04/12 中山 11 春雷S (L) 芝1200 1635162.31511** 牡8 53.0 田中勝春吉田直弘514(0)1.08.9 0.634.6⑦⑧ラヴィングアンサー
20/02/16 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 172454.1149** 牡8 56.0 勝浦正樹吉田直弘514(-6)1.11.0 1.036.3⑪⑪シヴァージ
20/02/02 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1835136.81617** 牡8 54.0 松田大作吉田直弘520(+2)1.10.4 1.436.0アウィルアウェイ
20/01/11 京都 11 淀短距離S (L) 芝1200 155869.1129** 牡8 56.0 勝浦正樹吉田直弘518(+6)1.10.4 0.835.2⑤⑤アイラブテーラー
19/11/24 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 18818153.2176** 牡7 56.0 勝浦正樹吉田直弘512(+8)1.09.4 0.634.1⑪⑩ライトオンキュー
19/11/03 福島 11 みちのくS 3勝クラス 芝1200 162318.181** 牡7 57.0 勝浦正樹吉田直弘504(-6)1.08.5 -0.234.0⑨⑦グッドジュエリー
19/10/20 京都 10 桂川S 3勝クラス 芝1200 183520.684** 牡7 54.0 国分優作吉田直弘510(+12)1.09.3 0.234.7アイラブテーラー
19/08/31 小倉 11 北九州短距離 3勝クラス 芝1200 173615.586** 牡7 54.0 国分優作吉田直弘498(0)1.08.4 0.234.4メイショウカズヒメ
19/07/28 小倉 11 佐世保S 3勝クラス 芝1200 1771438.0115** 牡7 57.0 国分優作吉田直弘498(-8)1.07.7 0.235.3エイシンデネブ
19/06/15 阪神 11 水無月S 3勝クラス 芝1200 162419.366** 牡7 54.0 松若風馬吉田直弘506(-2)1.09.5 0.835.6ウインストラグル
19/05/26 京都 9 御池特別 1000万下 芝1200 1671328.091** 牡7 54.0 松若風馬吉田直弘508(-2)1.08.0 -0.233.6タイセイアベニール
19/04/21 福島 11 福島中央TV 1000万下 芝1200 161212.867** 牡7 54.0 勝浦正樹吉田直弘510(0)1.09.5 0.535.2カネトシブレス
19/02/17 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 1881730.8114** 牡7 57.0 松田大作吉田直弘510(-14)1.08.9 0.234.8ミラアイトーン
19/02/02 京都 9 乙訓特別 1000万下 芝1200 106613.065** 牡7 57.0 和田竜二吉田直弘524(+8)1.10.0 0.534.7イサチルホープ
19/01/05 京都 12 4歳以上1000万下 芝1200 161153.8113** 牡7 57.0 松田大作吉田直弘516(+6)1.09.5 0.734.9エンゲルヘン
18/12/02 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1200 163521.799** 牡6 57.0 国分恭介吉田直弘510(+12)1.09.3 0.534.5⑦⑥ミトノレインボー
18/10/20 新潟 11 飛翼特別 1000万下 芝1000 183515.565** 牡6 54.0 小崎綾也吉田直弘498(+14)0.55.4 0.432.7--ジョーカナチャン
18/08/04 札幌 12 HBC賞 1000万下 芝1200 145721.169** 牡6 57.0 勝浦正樹吉田直弘484(-16)1.09.4 0.535.3カイザーメランジェ

⇒もっと見る


ダイシンバルカンの関連ニュース

 6月4日に門別競馬場で行われる北海道スプリントカップのJRA出走予定馬および補欠馬が17日、次の通り発表された。

 「第24回北海道スプリントカップ」(門別競馬場、交流GIII、3歳上オープン、ダート・右1200メートル)

 【JRAの出走予定馬】4頭サクセスエナジー(牡6歳、栗東・北出成人厩舎、騎手未定)スズカコーズライン(牡6歳、栗東・木原一良厩舎、酒井学騎手)ノボバカラ(牡8歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)マテラスカイ(牡6歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ショーム2.ヒロシゲゴールド3.ダイシンバルカン4.ダイメイフジ5.ヨシオ

【シルクロード】レースを終えて…関係者談話 2020年2月3日(月) 05:07

 ◆松若騎手(モズスーパーフレア4着)「枠も良く、自分の競馬はできました。4コーナーも手応えよく回って来られたんですが、差し馬向きの馬場になっているだけに…。その割にはよく頑張っています」

 ◆幸騎手(セイウンコウセイ5着)「58キロだったし、左回りの方がいいですからね。本番に向けていいレースができました」

 ◆和田騎手(ラヴィングアンサー6着)「前半に流れに乗せすぎた。その分、いつもほどの切れがなかった」

 ◆川又騎手(ジョイフル7着)「今までよりいい位置につけられたんですが、そうなるといつもの脚が使えませんでした。(重賞クラスに)慣れてくれば」

 ◆吉田隼騎手(ハッピーアワー8着)「自分の競馬をして伸びかけたんですが、そこで止まってしまう感じ。まだリズムがうまくかみ合わない感じで…」

 ◆岩田康騎手(ペイシャフェリシタ9着)「前に乗ったときよりも素軽かった。直線で(上位争いに)きてくれているけど、ラストは甘くなった」

 ◆松山騎手(ダイメイプリンセス10着)「大外枠でもいいポジションが取れ、脚をためて運べました。直線で一瞬は脚を使ってくれましたが、あと1ハロンで甘くなりました」

 ◆大野騎手(カラクレナイ11着)「デキは良かったんですが、内枠で馬場の悪いところを走らされた分、いつもの行き脚も伸びもなくて…」

 ◆酒井騎手(ディープダイバー12着)「いいリズムで行けたけど、3コーナーでごちゃついたときにもたれた」

 ◆国分優騎手(ティーハーフ13着)「3コーナーの不利でリズムが悪くなった。もったいないレースでした」

 ◆池添騎手(ディアンドル14着)「3コーナーから手応えがなくなった。(原因が)馬場なのか気持ちなのか、初騎乗でよくわかりませんが…」

 ◆高倉騎手(ビップライブリー15着)「イメージ通りの競馬ができたけど、3コーナーで手応えが怪しくなった」

 ◆斎藤騎手(ラブカンプー16着)「伸びかけたところから、進んでいかなくなりました」

 ◆松田騎手(ダイシンバルカン17着)「思っていたよりも止まるのが早かった。もう少し頑張ってくれると思っていたんだけど」

 ◆フォーリー騎手(レッドアンシェル18着)「ゲートが開く前に、押し出る感じでスタート。それで体のどこかを痛めた感じの走りだったので、無理に走らせるのはやめました」



★2日京都11R「シルクロードS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シルクロード】直線一気!アウィルアウェイが重賞初V 2020年2月2日() 15:49

  2月2日の京都11Rで行われた第25回シルクロードステークス(GIII、4歳以上オープン、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気アウィルアウェイ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)が後方追走から直線は馬場の真ん中を鋭く伸びて初の重賞タイトルをものにした。タイムは1分9秒0(良)。

 クビ差の2着には勝ち馬の外から追い込んだエイティーンガール(6番人気)、さらにクビ差遅れた3着にシンガリ追走から大外を追い込んだナランフレグ(8番人気)。

 シルクロードSを勝ったアウィルアウェイは、父ジャスタウェイ、母ウィルパワー、母の父キングカメハメハという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は吉田勝己氏。通算成績は10戦4勝。重賞初制覇。

 ◆川田将雅騎手(1着 アウィルアウェイ)「無事に(末脚が)届いてくれてホッとしています。ゲートの駐立が得意じゃなく、今日もじょうずに出ませんでした。今日はこの競馬が最善だと思って切り替えました。道中のリズムも雰囲気も良く、追走できました。手応え良く回って来られて、外に出して加速しながら、直線で内との距離を確認して、これなら届くなと思って安心して追っていました。ハンデを重く背負わされた中でも勝ち切ってくれて、いい内容だったと思います」



 ※1番人気のレッドアンシェル(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎)は3番手の内めを追走し、直線は手綱を抑えたまま17着のダイシンバルカンから大差(10馬身以上)離れた18着に入線した。JRAは『最後の直線コースで、1番レッドアンシェルの騎手S.フォーリーは十分に追うことができませんでした。これは同騎手が同馬の歩様に違和を感じ、危険回避のため追うのを控えたものでした』と裁決レポートを出している。



★2日京都11R「シルクロードS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】シルクロードS2020 8歳以上の連対ゼロ!芝1200mの過去実績を要確認! 2020年2月2日() 08:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、シルクロードSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上の連対例はゼロ(2009年以降)

ティーハーフ
ダイシンバルカン

連勝中の馬や重賞連続連対中の馬を除くと、4歳馬の好走例はなし(2009年以降)

エイティーンガール
アウィルアウェイ
ディープダイバー
ディアンドル
ナランフレグ
ハッピーアワー

ハンデ53キロ未満の連対例は皆無(2009年以降)

ラブカンプー

前走がタイム差なしの1着だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

レッドアンシェル

前走でG3より下のクラスに出走、かつ10着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

ティーハーフ
ラブカンプー

前走で京阪杯に出走、かつ0秒6以上敗退馬の好走例はみられない(2009年以降)

モズスーパーフレア

芝1200m重賞で5着以内の経験、または芝1200mで3勝以上の実績がない馬の連対例は皆無(2009年以降)

ダイシンバルカン
ラヴィングアンサー
ナランフレグ
ハッピーアワー

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の連対例はゼロ(2009年以降)
※7時30分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

ペイシャフェリシタ
セイウンコウセイ
ハッピーアワー

【枠順】
馬番枠5番、14、15番の連対例は皆無(2回京都開催の2000年以降)

ダイシンバルカン
セイウンコウセイ
ナランフレグ

馬番枠17~18番の連対例はゼロ(初めて出走頭数が16頭を超えた2015年以降)

ビップライブリー
ダイメイプリンセス

【血統】
ノーザンファーム生産馬の好走例はゼロ(2009年以降)

レッドアンシェル
アウィルアウェイ
ディアンドル
ビップライブリー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カラクレナイ
ジョイフル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】シルクロードS2020 一変あっても驚けない舞台巧者の7歳馬!堅実駆けのローエングリン牝駒にも魅力あり! 2020年2月1日() 14:00

日曜日に行われるシルクロードSの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


レッドアンシェル
マンハッタンカフェを父に持ち、叔父に”キングジョージ”の勝ち馬、叔母に愛オークス馬を擁する重厚な構成ではあるが、母の父ストームキャットが重さを中和。距離の融通が利く、持久力タイプと推察される。軽さを欠くぶん、タフなコンディションのほうがベター。速い上がりを求められると確度は落ちる。勝ち切るには、ソフトな馬場の出現、あるいは自身から早めに動いて後続の脚を封じることが不可欠といえよう。

カラクレナイ
祖母のレッドチリペッパーは重賞2勝のほかNHKマイルCでも3着と活躍。祖母を基点とするファミリーの重賞勝ち馬こそ本馬だけだが、総じて堅実に走っている。ローエングリン産駒の当該コース成績も優秀で、相応の舞台適性を備えているものと判断できる。欧州ノーザンダンサー系の父の影響ゆえに瞬発力勝負では分が悪い反面、タフな競馬質では滅法強い。上がりを要する展開と化せば、首位争いに絡んでくる可能性はある。

モズスーパーフレア
父はBCスプリントの勝ち馬で、母父はダンチヒ系のスピードタイプ。加えて、レイズアネイティヴのクロス、ボールドルーラーの多重クロスを内包しており、ガチガチの米国系快速仕様とみていいだろう。それゆえ、速力で押し切れるコースがベスト。直線平坦のコース形態は悪くないはずだ。反面、一本調子なところがあり、スムーズさを欠くとモロいのも事実。すんなり運べれば、という条件付きの狙いとなる。

ティーハーフ
半兄のラッキーナインをはじめ、母父、祖母など、母系に短距離G1馬が多数並ぶスプリント一族。本馬自身、京都芝1200mで4勝、昨年の当レースでは3着好走しているように舞台適性は高い。ただし、父のストーミングホームはミスプロ系のなかでも中距離指向がやや高く、短距離重賞で水準以上の時計を求められると今ひとつ。加齢に伴う能力減退も加味すると、積極的には手が出ない。

ダイシンバルカン
マイネルラヴ×デヘア(ヴァイスリージェント系)の肌にサクラバクシンオーを重ねた速力特化型の構成。額面どおり、直線平坦の短距離戦でスピードを活かしたいタイプだろう。その点、京都芝1200m自体は合いそうだが、同舞台の近2走の成績は尻すぼみ。ここで好走するには相当の恩恵がないと厳しい。前回より斤量が軽くなるぶん、着順は上げてくるかもしれないが、馬券圏内には届かないのではないか。

エイティーンガール
父のヨハネスブルグは当該コースと相性が良いストームバード系。祖母はG2勝ち馬、3代母の全姉にシャダイアイバーがいる牝系についても筋が通っている。一族にはエアジハードなど古馬になってから本格化を迎えるタイプが多く、本馬もまだまだ成長余地を残しているものと思われる。父産駒の傾向から冬場の時計を要する馬場はプラスに作用するはず。斤量差を活かすことができれば、浮上の場面があってもおかしくはない。

ラブカンプー
父系祖父のサクラバクシンオーは当レースにおける活躍血脈のひとつ。父のショウナンカンプ高松宮記念の勝ち馬にして、産駒の当該コースにおけるパフォーマンスも上々。そのうえ、母父のマイネルラヴはスプリントG1馬。構成はメンバー上位の存在と判断できる。とはいえ、牝馬は一旦調子を落とすと、立て直しが非常に難しい。大敗続きの現状を踏まえると、評価を上げるまでには至らない。

アウィルアウェイ
昨年の安田記念マイルCSを制したインディチャンプを半兄に持ち、叔父にはリアルインパクトネオリアリズムなどを擁する、ポテンシャルの高い牝系の出自。本馬の場合は短距離指向の濃い祖母トキオリアリティーの影響が強く、ベストは1400m近辺と推測される。それゆえ、芝1200mなら適度に時計を要する馬場がベスト。今の京都芝コースはフィットする可能性もある。軽くは扱えない存在だ。

ラヴィングアンサー
ダイワメジャー×ロックオブジブラルタルという組み合わせ。母方がノーザンダンサー血脈でガチガチに固められており、スピードの持続力を活かしたいクチ。4~5走前の連勝時のように、前半をゆったり構えて、中盤以降から徐々にギアを上げて行くかたちがベストと推察される。視点を変えると、1200m+相手強化の重賞で自分の競馬ができるかどうかは甚だ疑問。評価は下げざるを得ない。

ペイシャフェリシタ
半姉のペイシャフェリスはオープン特別を2勝。一族には重賞4勝を挙げたエアエミネムがいる。父と母父から、やや中距離指向が強い配合に思えるが、母の仔はスピード型が多く、本馬も1400m前後が合うタイプに出た様子。ただ、母方の欧州色が濃いため、力を要する馬場がベスト。その点、野芝の状態が悪く、洋芝優位となっている今の京都コースはプラスに働く可能性もある。不気味さが漂う1頭だ。

ディープダイバー
母父のレイヴンズパスは、父として昨年のスプリンターズS勝ち馬タワーオブロンドンを輩出。力を要する馬場状態を加味すると、祖母の父にサドラーズウェルズを配している点も悪くない。その一方で、祖母から広がるファミリーに国内重賞級の存在は見受けられず、ここに入ると活力の面で物足りない印象。ブラックタイド産駒の当該コース成績も、可もなく不可もなしといった塩梅で、条件面の上積みは見込めそうにない。一変は厳しいだろう。

ジョイフル
祖母のレリッシュザソートはサドラーズウェルズの直仔にして英オークス3着馬。そこへスピードとパワーに優れたストリートクライ、身体能力の高いキングズベストを重ねており、馬力と持続力に秀でたタイプであるのは間違いない。近走は異なる競馬場で安定した末脚を繰り出しているように、ここへきて充実期を迎えている可能性もある。これまでのレースぶりから、気性面のコントロールが課題になりそうだが、そのあたりがクリアできるようなら、面白い存在といえよう。

ディアンドル
ルーラーシップ×スペシャルウィークという、持久力に優れた馬同士の掛け合わせ。本馬が1200mで良績を残しているのは、短距離指向が強い母ならびに祖母の持つスピードがあってこそのものだろう。とはいえ、軽い芝の高速決着では分が悪い。その点、冬場の適度に時計を要する馬場は大歓迎だ。無理なく好位をとれるようであれば、チャンスはおおいにある。

セイウンコウセイ
ダート指向の強い母父のカポウティと、内包しているミスプロのクロスが強く反映されているせいか、やや単調な面があり、決め手勝負は不向き。その点、外回り1400m→内回り1200mのコース替わりは好転材料と化す可能性が高い。もとより、シルクロードSでは過去2着2回と高いレース適性を示している。馬力型ゆえに今の力を要する馬場状態も好材料。ガラリ一変があっても驚けない。

ナランフレグ
半兄に京王杯SC3着などOPクラスで活躍したインプレスウィナーがおり、さかのぼると3代母の半兄にホウヨウボーイの名が見られる由緒ある牝系の出自。その反面、今世紀に入ってから近い親族の重賞勝ち馬はゼロ。ここに入ると活力的に見劣る印象は否めない。ゴールドアリュール×ブライアンズタイムというダート色の濃い配合ゆえ、パワーを求められる今の京都コースは合いそうだが、突き抜けまではどうか。連下の押さえまで、という評価が妥当とみる。

ハッピーアワー
祖母はヨハネスブルグの半妹、一族にはテイルオブザキャットやプルピットが名を連ねる筋が通った牝系だ。その牝系にディープインパクトとハービンジャーを重ねているのだから、相応のポテンシャルを潜在させた馬であることは間違いない。近い親族に重賞級がいない点はネックだが、本馬自身すでに重賞を制し、G1でも奮戦している。ハンデG3ならば大きな差はないものと考えたい。展開次第で上位進出の目はある。

ビップライブリー
父はスピードの持続力に優れたダイワメジャー。母は近年のシルクロードSで活躍顕著なフォーティナイナー系と、額面上の構成については不足がない。ダノンヨーヨーを半兄に擁し、叔父にナリタトップロード、近親にマツリダゴッホらが名を連ねる牝系も上質だ。その一方、相手強化で巻き返しが効きづらい父産駒の特徴を鑑みると、OP特別6着→G3の臨戦過程は懸念材料。昨年も8着に敗れており、大望まではどうか。

ダイメイプリンセス
父のキングヘイローは産駒として、2009年のスプリンターズS勝ち馬ローレルゲレイロを輩出。当レースでもBMSとして、2016年の2着馬を送り出している。エルグランセニョールなど数多くの活躍馬を送り出した牝系についても申し分がない。反面、本馬の良績が夏場に集中している点は気がかり。同じローテで臨んだ昨年は6着敗退。年齢をひとつ重ねた今回、それを超える結果を望むのは酷かもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】シルクロードS2020 ハンデを背負っている馬のほうが強いレース!人気薄の大駆けにご用心! 2020年2月1日() 13:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、シルクロードSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
好走馬の多くが5~6歳馬(2008年以降)

レッドアンシェル
カラクレナイ
モズスーパーフレア
ラブカンプー
ラヴィングアンサー
ジョイフル

57キロ以上の馬が毎年のように上位進出(2008年以降)

レッドアンシェル
ティーハーフ
セイウンコウセイ

55キロ以上の牝馬の好走が目につく(2008年以降)

カラクレナイ
モズスーパーフレア
アウィルアウェイ
ディアンドル
ダイメイプリンセス

【人気】
1~4番人気が及第点の成績(2000年以降)
※土曜日12時30分現在の1~4番人気

レッドアンシェル
モズスーパーフレア
エイティーンガール
ディアンドル

多頭数では、2ケタ人気馬の好走率が高まる(2011年以降)
※土曜日12時30分現在の10番人気以下

ティーハーフ
ダイシンバルカン
ラブカンプー
ラヴィングアンサー
ペイシャフェリシタ
ディープダイバー
ハッピーアワー
ビップライブリー
ダイメイプリンセス

【脚質】
逃げ・先行有利(2000年以降)

カラクレナイ
モズスーパーフレア
ラブカンプー
ディアンドル
セイウンコウセイ
ビップライブリー

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
多頭数の場合は内枠(1~2枠)をプラス評価(2000年以降)

レッドアンシェル
カラクレナイ
モズスーパーフレア
ティーハーフ

【血統】
父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬が優勢(2012年以降)

モズスーパーフレア
ティーハーフ
ダイシンバルカン
ラブカンプー
アウィルアウェイ
ディープダイバー
ジョイフル
ディアンドル
セイウンコウセイ
ビップライブリー

芝1200mの国内G1を自身が勝利、もしくは産駒を輩出している種牡馬を父または母父に持つ馬の好走例が多い(近年の傾向)

ダイシンバルカン
ラブカンプー
アウィルアウェイ
ラヴィングアンサー
ディープダイバー
セイウンコウセイ
ビップライブリー
ダイメイプリンセス


【4項目以上該当馬】
モズスーパーフレア(6項目)
ラブカンプー(5項目)
レッドアンシェル(4項目)
カラクレナイ(4項目)
ティーハーフ(4項目)
ディアンドル(4項目)
セイウンコウセイ(4項目)
ビップライブリー(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイシンバルカンの関連コラム

閲覧 1,067ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2015年12月12日()の凄馬!>
極凄馬
中山4R 2歳未勝利
⑫コラージェン(+5.8)

超凄馬
中京1R 2歳未勝利
①アンペラール(+3.4)

超凄馬
中山2R 2歳未勝利
アルセナーレ(+3.3)

超凄馬
中山1R 2歳未勝利
スキャットエディ(+3.1)

超凄馬
中京3R 3歳以上500万以下
ダイシンバルカン(+3.0)

超凄馬
阪神3R 2歳未勝利
ダンツエンペラー(+3.0)

超凄馬
中京9R 3歳以上500万以下
アースコネクター(+2.9)

超凄馬
阪神2R 2歳未勝利
ミスキララ(+2.8)

超凄馬
中京7R 2歳未勝利
サカジロテンオー(+2.4)

超凄馬
阪神10R 六甲アイランドS
ダイシンサンダー(+2.3)

超凄馬
中京4R 障害3歳以上未勝利
⑨ドリームトレイン(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2015年12月13日、集計数:24,050レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2015年1月13日(火) 13:00 km
≪km≫次走の狙い馬#284
閲覧 458ビュー コメント 0 ナイス 7

1/10

中山4R キービスケット…やや晩成の血統で、レースぶりが徐々にだが良くなってきた。力をつけた今なら距離を延ばしても問題なさそうだ。

1/11

京都1R ダイシンバルカン…力をつけている。芝ダートは問わない。1400がベスト。

京都3R サンウィノナ…馬体は小さいが、パサパサのダートが合う。小回りなら距離が延びても熟せるだろう。

1/12

京都5R マツリダアンバター…寒い季節が合うようだ。ギアが足りないのでダート替わりで狙いたい。

京都9R フォンタネットポー…敗因は馬(の能力)以外の部分。道中のペースが緩むことが好走の条件だから、クラスが上がると苦しむタイプかも。中距離をゆったりと先行させたらかなり強い…のでは?


km(けーえむ)
ウマニティ公認プロ。ウマニティ主催の第2回プロテストで抜群の成績を収めて合格。現在プロ予想家として活動中。
情報収集を重視した独特の思考フィルターとU指数を加味したレース分析に定評がある。

[もっと見る]

ダイシンバルカンの口コミ


口コミ一覧

シルクロードS展望

 藤沢雄二 2020年2月2日() 09:17

閲覧 177ビュー コメント 0 ナイス 10

シルクロードSを考えてみる。

荒れ馬場のフルゲートで芝6Fのハンデ戦。
シチュエーション的にはどう考えてもまともに収まりそうにはない。
「どこからでも入れる」ならサイコロを振ったり、子供やペットに決めてもらったりした方がいいんじゃないかとさえ思えてくる。

だが、しかし…。

過去10年の勝ち馬像を見てみると、ハンデの平均は牡馬換算で57.3kg。単勝は453円と、おおよそハンデ戦のイメージとは程遠い。馬連万馬券すら1回もないどころか馬連1,000円未満の配当だったのが2回ある。

2012年には単勝1.4倍のロードカナロアが勝って、2着も2番人気のエーシンダックマンだったのに、3着には最低人気のケンブリッジエルが飛び込んで3連単は7万3,940円だった。
2014年は2番人気のストレートガールが勝って、2着は1番人気のレディオブオペラで馬連380円にもかかわらず、3着が13番人気のリトルゲルダで3連単は4万6,380円。
3連単になると最低でも4万円台の配当なのだ。
要は3着に伏兵が飛び込んでくる可能性が高いのである。

その辺を勘案して◎はモズスーパーフレアに着地した。
音無調教師が「4角では一人旅のレースを」とのコメントを出している点を重視してみた。
配当から逆算すると、モズスーパーフレアのこの形が成就すれば3着の穴を狙いやすい。
また、他の上位人気馬の頭を考えた時にどんな展開になるかをシミュレートすると複数の可能性があって馬券を絞りにくい。
松若に手が戻ればスプリンターズSのイメージで乗るだろう。それなら、モズスーパーフレアを追いかけた組は苦しくなってそのチョイ後ろの組が浮上すると読んでみた。
まあ芝1200mと考えるから難しいのであって、稍重のダート1200mぐらいに思っていたらいいんじゃないかと。

一応、〇はアウィルアウェイにしてみたのだが、川田頼みがかなりのウェートを占める。

問題は▲というより★の存在なのだが、狙ってみたいのは朝の時点で16番人気のダイシンバルカン。
京阪杯は大外枠から0.6秒差の6着。モズスーパーフレアには先着していて、アウィルアウェイとは0.1秒差。
3走前のみちのくSではラチ沿いをスルスルと抜け出して快勝を収めている。
この競馬ができれば頭はなくとも馬券圏内のチャンスはあるハズだ。

とりあえず3連複で③ー⑧⑤ー全の組み合わせは仕込んでおくとして、③ー⑤ー⑧の3連複と③→⑧⇄⑤の3連単は分厚く買いたい。
オッズを見たら予想以上に高かったのでレースが非常に楽しみです。

 ネアルコとハイペリオ 2020年2月2日() 01:27
シルクロードステークス買いました
閲覧 211ビュー コメント 0 ナイス 5

今回はあんまり高配当は望めない買い方になりました。アウィルアウェイ→エイティーンガール→ダイシンバルカンで80万が最高かな。いつも推してたティーハーフは切りました、さすがに前走怪我明けとはいえあれだけ惨敗したら厳しいかなと、内枠自体は良いけど国分優作はティーハーフ乗ると内枠でも後ろからいくしオッズもいまいち魅力ないし切りました。10歳だしもう引退させて兄貴と一緒に種牡馬やったれ

◎アウィルアウェイ(母父ミスプロ系)
○モズスーパーフレア(父ミスプロ系)

ちなみに過去5年父ミスプロ系が全勝、2018,2019年はミスプロ系が1,2,3着独占。だからといってまた父ミスプロ系が勝つとは限らない

[もっと見る]

 回収率予報官 2020年2月2日() 00:08
【回収率予報】 [G3]シルクロードS/[G3]根岸ステークス
閲覧 267ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。

根岸ステークスに注目。
1番人気2.2倍のコパノキッキングは予測回収率50%で苦戦します。
15番ダノンフェイスは13倍しかついていませんが、
私の予測ではコパノキッキングよりも勝率で上回っているので「◎」です。
他にも予測回収率100%が多く全部で6頭います。狙い目です。

他のレースについては、「予想コロシアム」をご覧ください。

■京都11R 芝1200m 4歳上オープン 15:35 [G3]シルクロードS

*1 70% × 5.2倍 レッドアンシェル
*2 80% ・ 16.3倍 カラクレナイ
*3 100% ◎ 5.1倍 モズスーパーフレア
*4 50% ・ 71.6倍 ティーハーフ
*5 80% ・ 153.8倍 ダイシンバルカン
*6 90% ○ 10.2倍 エイティーンガール
*7 70% ・ 69.9倍 ラブカンプー
*8 70% ▲ 9.4倍 アウィルアウェイ
*9 80% ・ 71.7倍 ラヴィングアンサー
10 60% ・ 29.9倍 ペイシャフェリシタ
11 70% ・ 159.5倍 ディープダイバー
12 80% △ 8.1倍 ジョイフル
13 70% ・ 4.9倍 ディアンドル
14 100% ・ 29.6倍 セイウンコウセイ
15 90% ・ 14.2倍 ナランフレグ
16 80% ・ 19.7倍 ハッピーアワー
17 50% ・ 284.2倍 ビップライブリー
18 80% ・ 32.4倍 ダイメイプリンセス

■東京11R ダート1400m 4歳上オープン 15:45 [G3]根岸ステークス

*1 100% ・ 16.4倍 テーオージーニアス
*2 80% ・ 172.7倍 テーオーヘリオス
*3 80% ○ 4.4倍 ミッキーワイルド
*4 100% ▲ 10.4倍 ワンダーリーデル
*5 50% △ 2.2倍 コパノキッキング
*6 100% ・ 15.4倍 ワイドファラオ
*7 90% ・ 25.6倍 スマートアヴァロン
*8 80% ・ 27.9倍 ブルベアイリーデ
*9 100% ・ 41.6倍 カフジテイク
10 70% ・ 217.4倍 ノボバカラ
11 100% × 9.2倍 モズアスコット
12 80% ・ 49.8倍 アードラー
13 60% ・ 72.1倍 ヨシオ
14 90% ・ 219.4倍 サングラス
15 100% ◎ 13.0倍 ダノンフェイス
16 80% ・ 43.5倍 ドリームキラリ

表は左から、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイシンバルカンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイシンバルカンの写真

投稿写真はありません。

ダイシンバルカンの厩舎情報 VIP

2020年5月24日韋駄天ステークス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイシンバルカンの取材メモ VIP

2020年2月2日 シルクロードS G3 17着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。