モルフェオルフェ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
モルフェオルフェ
モルフェオルフェ
モルフェオルフェ
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2015年3月27日生
調教師大江原哲(美浦)
馬主並河 賢一郎
生産者宮内牧場
生産地浦河町
戦績23戦[4-1-1-17]
総賞金4,795万円
収得賞金2,400万円
英字表記Morphe Orfe
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
スマッシュ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ロフティーエイム
兄弟 トモノモアナスマッシュパワー
前走 2020/03/14 中山牝馬ステークス G3
次走予定

モルフェオルフェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16612124.6138** 牝5 52.0 江田照男大江原哲450(-4)1.51.1 0.938.7フェアリーポルカ
20/02/09 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 162359.41116** 牝5 54.0 江田照男大江原哲454(+8)1.35.5 2.537.4プリモシーン
20/01/18 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 162454.61414** 牝5 53.0 丹内祐次大江原哲446(-4)2.04.1 3.040.0デンコウアンジュ
19/12/28 中山 10 立志S 3勝クラス 芝1600 1671419.481** 牝4 52.0 江田照男大江原哲450(+10)1.34.1 -0.035.8ルーカス
19/09/21 中山 12 3歳以上2勝クラス 芝1600 164711.351** 牝4 53△ 木幡育也大江原哲440(+4)1.32.9 -0.035.3ブレイブメジャー
19/09/07 中山 10 木更津特別 2勝クラス 芝1600 117931.2106** 牝4 52.0 江田照男大江原哲436(+2)1.32.4 0.334.4ジョーアラビカ
19/08/10 札幌 11 STV賞 2勝クラス 芝1500 123382.2115** 牝4 55.0 黛弘人大江原哲434(+4)1.29.0 0.335.7ワールドヘリテージ
19/07/07 函館 9 3歳以上2勝クラス ダ1000 88818.058** 牝4 52▲ 団野大成大江原哲430(0)1.01.0 2.137.5スリーランディア
19/06/30 函館 12 道新スポ杯 2勝クラス 芝1200 144648.71313** 牝4 55.0 黛弘人大江原哲430(+2)1.10.5 1.036.6ジョーマンデリン
19/05/18 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 18510167.01414** 牝4 52▲ 菅原明良大江原哲428(0)1.21.7 1.236.1モアナ
19/04/21 福島 11 福島中央TV 1000万下 芝1200 1671421.51114** 牝4 52.0 柴田善臣大江原哲428(-8)1.10.0 1.035.9カネトシブレス
19/01/14 中山 12 4歳以上1000万下 芝1200 161116.7713** 牝4 51▲ 木幡育也大江原哲436(-2)1.09.3 1.136.2④④クインズサリナ
18/12/09 中山 12 3歳以上1000万下 芝1200 164712.256** 牝3 51▲ 野中悠太大江原哲438(+8)1.08.9 0.435.3タケショウベスト
18/07/29 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 1751065.71212** 牝3 51.0 江田照男大江原哲430(+4)0.55.0 1.233.0--ダイメイプリンセス
18/07/15 福島 8 3歳以上500万下 芝1200 15583.621** 牝3 49▲ 木幡育也大江原哲426(+6)1.09.2 -0.135.1トーセンアンバー
18/04/29 東京 7 3歳500万下 芝1600 1381216.778** 牝3 54.0 柴田善臣大江原哲420(-2)1.34.3 1.034.8ランウェイデビュー
18/03/17 中山 11 フラワーC G3 芝1800 136840.178** 牝3 54.0 吉田隼人大江原哲422(-8)1.49.8 0.636.1カンタービレ
18/02/03 東京 9 春菜賞 500万下 芝1400 155810.367** 牝3 54.0 吉田隼人大江原哲430(0)1.22.9 0.736.3アルモニカ
18/01/14 中山 5 3歳未勝利 芝1600 1661111.141** 牝3 54.0 吉田隼人大江原哲430(+4)1.35.6 -0.335.3リビングマイライフ
17/12/17 中山 3 2歳未勝利 芝1600 1581521.763** 牝2 54.0 吉田隼人大江原哲426(-6)1.35.7 0.236.2マルターズルーメン

⇒もっと見る


モルフェオルフェの関連ニュース

 ★フェブラリーS2着ケイティブレイブ(栗・杉山晴、牡7)は、かしわ記念(5月5日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)を視野に入れる。金鯱賞10着の僚馬ロードマイウェイ(牡4)は、武豊騎手との新コンビで大阪杯(4月5日、阪神、GI、芝2000メートル)へ。

 ★オーストラリアGI・ドンカスターマイルへの遠征を取りやめたマイスタイル(栗・昆、牡6)は、ダービー卿CT(4月4日、中山、GIII、芝1600メートル)やマイラーズC(4月26日、京都、GII、芝1600メートル)を視野に。

 ★中山牝馬S2着リュヌルージュ(栗・斉藤崇、牝5)、13着ゴージャスランチ(美・鹿戸、牝5)は福島牝馬S(4月25日、福島、GIII、芝1800メートル)に向かう。5着レイホーロマンス(栗・橋田、牝7)は新潟大賞典(5月10日、新潟、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 ★スワンS15着ロードクエスト(美・小島、牡7)は、コーラルS(4月4日、阪神、L、ダ1400メートル)で復帰。

 ★名古屋大賞典4着フィードバック(美・鈴木伸、牡4)は、ブリリアントS(5月10日、東京、L、ダ2100メートル)へ進む。

 ★東京新聞杯勝ちのプリモシーン(美・木村、牝5)は高松宮記念の登録を見送ってダービー卿CTへ。引き続きM・デムーロ騎手で。同レースには東風S5着イレイション(美・池上、牡8)も予定。

 ★東風Sを勝ったストーミーシー(美・斎藤誠、牡7)、6着カツジ(栗・池添兼、牡5)、10着ジャンダルム(栗・池江、牡5)はダービー卿CTへ。8着キャプテンペリー(美・岩戸、セン7)は六甲S(29日、阪神、L、芝1600メートル)へ向かう。

 ★ポラリスS1着スマートダンディー(栗・石橋、牡6)は、かきつばた記念(5月4日、名古屋、交流GIII、ダ1400メートル)を目指す。2着ドリュウ(美・土田、牡5)は、吉田隼騎手で名鉄杯(28日、中京、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★金鯱賞8着のマイネルファンロン(美・手塚、牡5)は、福島民報杯(4月19日、福島、L、芝2000メートル)へ。

 ★中山牝馬S8着モルフェオルフェ(美・大江原、牝5)は、放牧を挟んで福島牝馬Sへ。

 ★甲南S快勝のリワードアンヴァル(美・藤原辰、牡4)は、アンタレスS(4月19日、阪神、GIII、ダ1800メートル)が有力。

 ★大和S16着モンペルデュ(栗・松永幹、牝4)は天王山S(5月2日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。

 ★ポラリスS5着ヴァニラアイス(栗・高柳大、牝4)は京葉S(4月19日、中山、L、ダ1200メートル)に登録。除外なら天王山Sへ。

【斬って捨てる!】中山牝馬S2020 7歳以上の連対皆無!ハンデ52キロ以下は3着まで! 2020年3月14日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、中山牝馬Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
7歳以上の連対例は皆無(2009年以降)

デンコウアンジュ
レイホーロマンス

ハンデ52キロ以下の連対例はゼロ(2009年以降の中山開催)

レッドランディーニ
フェアリーポルカ
メイショウグロッケ
ウインシャトレーヌ
レイホーロマンス
モルフェオルフェ
ゴージャスランチ
リュヌルージュ
ロフティフレーズ

前走で牝馬限定戦に出走、かつ9着以下に敗れていた馬の連対例はみられない(2009年以降)

レッドランディーニ
レッドアネモス
ゴージャスランチ

過去の中山牝馬Sで2着以内の経験がある馬を除くと、前走でターコイズSに出走、かつ3着以下に敗れていた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

フィリアプーラ

前走で3勝クラス(旧1600万下)に出走、かつ2着以下敗退馬の連対例はみられない(2009年以降の中山開催)

ロフティフレーズ

前走の馬体重が430キロ未満だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

レイホーロマンス

前年11月以降未出走馬の好走例はみられない(2009年以降)

レッドアネモス

【人気】
7番人気以下、かつ前走G1・G2出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)
※10時30分現在の7番人気以下、かつ前走G1・G2出走馬

レッドアネモス
ゴージャスランチ

【枠順】
馬番枠2番の好走例は皆無(2回中山3週目開催が定着した2004年以降の中山開催)

フィリアプーラ

重賞勝利経験がある馬を除くと、馬番枠1番の連対例はみられない(2004年以降の中山開催)

レッドランディーニ

2008年以降、1枠の連対例はゼロ

レッドランディーニ
フィリアプーラ

【血統】
キングカメハメハを経由しない父ミスプロ系の連対例は皆無(2009年以降の中山開催)

リュヌルージュ

G1勝利経験がある馬を除くと、前走の馬体重が450キロ以下だった父サンデーサイレンス系の連対例はゼロ(2009年以降の中山開催)

レッドランディーニ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カリビアンゴールド
エスポワール
コントラチェック
ウラヌスチャーム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】中山牝馬S2020 斤量の増減が1キロ以内のハンデ53~54キロ馬が活躍!前走愛知杯組&牡馬混合戦経由の馬に要注意! 2020年3月14日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、中山牝馬Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
年明け1~2戦目の馬が好パフォーマンス(2008年以降)

レッドランディーニ
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
メイショウグロッケ
デンコウアンジュ
ウインシャトレーヌ
レッドアネモス
カリビアンゴールド
エスポワール
コントラチェック
ゴージャスランチ
ウラヌスチャーム
リュヌルージュ
ロフティフレーズ

前走愛知杯組が好相性(2008年以降)

レッドランディーニ
フェアリーポルカ
デンコウアンジュ
ウインシャトレーヌ

近年は前走で牡馬相手に敗れた馬の巻き返しが目立つ

カリビアンゴールド
モルフェオルフェ
ウラヌスチャーム

前走から斤量の増減が1キロ以内のハンデ53~54キロ馬が活躍(2008年以降)

フィリアプーラ
カリビアンゴールド
エスポワール
ウラヌスチャーム

【人気】
4~6番人気、かつ前走から中4週以上の5~6歳馬が好成績(2008年以降)
※9時30分現在の4~6番人気、かつ前走から中4週以上の5~6歳馬

ウラヌスチャーム

7番人気以下、かつ前走G3出走の5歳馬または前走3勝クラス(旧1600万下)出走の距離延長馬が狙い目(2008年以降)
※9時30分現在の7番人気以下、かつ条件を満たす馬

レッドランディーニ
モルフェオルフェ

【脚質】
差し優勢(2000年以降)

レッドランディーニ
デンコウアンジュ
エスポワール
レイホーロマンス
ウラヌスチャーム

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

逃げ・先行馬の一発に注意(近年の傾向)

フェアリーポルカ
レッドアネモス
コントラチェック
モルフェオルフェ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2枠から真ん中あたり(6枠あたり)までを狙うのがよさそう(2008年以降)

フェアリーポルカ
メイショウグロッケ
デンコウアンジュ
ウインシャトレーヌ
レッドアネモス
カリビアンゴールド
エスポワール
レイホーロマンス
コントラチェック
モルフェオルフェ

【血統】
父もしくは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬が優勢(2013年以降)

レッドランディーニ
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
メイショウグロッケ
ウインシャトレーヌ
レッドアネモス
カリビアンゴールド
エスポワール
レイホーロマンス
コントラチェック
モルフェオルフェ
ゴージャスランチ
ウラヌスチャーム
ロフティフレーズ

ノーザンダンサーのクロス(5代内・同系統馬のクロスを含む)を持つ馬が活躍(2013年以降)

フィリアプーラ
フェアリーポルカ
メイショウグロッケ
デンコウアンジュ
ウインシャトレーヌ
レッドアネモス
カリビアンゴールド
エスポワール
レイホーロマンス
コントラチェック
モルフェオルフェ
ロフティフレーズ


【6項目以上該当馬】
フェアリーポルカ(6項目)
カリビアンゴールド(6項目)
エスポワール(6項目)
モルフェオルフェ(6項目)
ウラヌスチャーム(6項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス】特別登録馬 2020年3月8日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ハヤヤッコ、マーチSを視野 2020年2月12日(水) 05:00

 ★東京新聞杯2着のシャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月11日、阪神、GII、芝1600メートル)からヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)へ。3着クリノガウディー(栗・藤沢則、牡4)の次走は未定で、登録しているフェブラリーSには向かわない。11着ケイアイノーテック(栗・平田、牡5)は、引き続き津村騎手でダービー卿CT(4月4日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。16着モルフェオルフェ(美・大江原、牝5)は中山牝馬S(3月14日、中山、GIII、芝1800メートル)が有力だが、東風S(同15日、中山、L、芝1600メートル)の可能性も。

 ★アルデバランS10着ハヤヤッコ(美・国枝、牡4)は、マーチS(3月29日、中山、GIII、ダ1800メートル)を視野。15着エアアンセム(栗・吉村、牡9)は大阪城S(3月8日、阪神、L、芝1800メートル)へ。

 ★橿原Sを勝ってオープン入りしたレッドルゼル(栗・安田隆、牡4)は、放牧を挟んでコーラルS(4月4日、阪神、L、ダ1400メートル)を視野に入れる。

 ★山城Sを勝ったプリディカメント(栗・吉村、牝5)は、京都牝馬S(22日、京都、GIII、芝1400メートル)に挑戦する。

ハヤヤッコの競走成績はこちら

[もっと見る]

【東京新聞杯】プリモシーン、今年こそマイル王へ! 2020年2月10日(月) 05:06

 東京新聞杯が9日、東京競馬場で16頭によって争われ、M・デムーロ騎乗で4番人気のプリモシーンが、好位から直線で差し切って1年半ぶりの勝利を飾った。今後はヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)を含めたマイルGIが視野に入る。6番人気のシャドウディーヴァが2着、1番人気のレッドヴェイロンは9着に終わった。

 はっきりと光が見えてきた。プリモシーンが2018年関屋記念以来、1年半ぶりのV。中山金杯のトリオンフと同様に、初騎乗馬で重賞勝ちを飾ったM・デムーロ騎手が笑顔を見せる。

 「すごく手応えが良かったし、自信を持って乗っていました。(レースを見ていて)いつも切れる馬。強い競馬でした」

 最内枠から6番手の内を追走。モルフェオルフェが後続を離して逃げる中、「内枠でペースも完璧」と自信を持って騎乗し、直線で外から力強く伸びて末脚比べを制した。

 「(強いプリモシーンが)戻ってきてくれるか半信半疑でした。ホッとした気持ちです」

 18年マイルCSステルヴィオ)以来の重賞Vとなった木村調教師も安堵の表情を見せる。昨春はヴィクトリアマイルで2着に好走したが、秋は重賞2戦ともに2桁着順。復活へ向け、中間は牧場での食生活から変えて「ドッシリした」と手応えを得て、見事に答えを出した。

 リスグラシューインディチャンプと、近2年の勝ち馬がGIホースに成長した縁起のいい一戦に優勝。次走については「まだ2月ですが、マイルのGIになると思います」とトレーナー。昨年2着のヴィクトリアマイルの他にも、オーストラリアでGI4勝の母モシーンという血統背景を思えば、豪州遠征も選択肢に入りそうだ。 (千葉智春)

プリモシーン 父ディープインパクト、母モシーン、母の父ファストネットロック。青鹿毛の牝5歳。美浦・木村哲也厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績14戦4勝。獲得賞金2億210万円。重賞は2018年GIIIフェアリーS、GIII関屋記念に次いで3勝目。東京新聞杯木村哲也調教師が初勝利、ミルコ・デムーロ騎手は17年ブラックスピネルに次いで2勝目。馬名は「 最高(イタリア語)+場面」。



★9日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルフェオルフェの関連コラム

閲覧 1,030ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、17(土)に中京競馬場でG3ファルコンS、中山競馬場でG3フラワーCが、18(日)に阪神競馬場でG2阪神大賞典、中山競馬場でG2スプリングSが、それぞれが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファルコンSは、1番人気ダノンスマッシュは出負けして後方から。先手を奪ったのはモズスーパーフレアで、ダッシュを効かせてそのまま後続をやや引き離しながら3コーナーへ。依然人気のダノンスマッシュは後方馬群の中、2番人気の支持を集めたテンクウも最後方、対して3番人気ミスターメロディは4番手の好位で4コーナーを回って直線を迎える展開。モズスーパーフレアのリードは2馬身ほど。各馬横に大きく広がっての追い比べに持ち込まれると、内から伸びたミスターメロディモズスーパーフレアをとらえ残り100mで先頭へ。後続からは同じく内を突いたタイセイプライドアサクサゲンキアンブロジオフロンティアといったところも迫りますがこれらは2着争いまで。芝初挑戦のミスターメロディが、最後は1馬身1/4差をつけて勝利を収めています。2着には7番人気アサクサゲンキが入り、そこからクビ差の3着には5番人気フロンティアが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ岡村信将プロ夢月プロ蒼馬久一郎プロマカロニスタンダーズプロスガダイプロKOMプロろいすプロほか、計17名が的中しています。
 
G3フラワーCは、中からモルフェオルフェが出ていき先頭に立って向こう正面へ。5、6番手のインに2番人気のカンタービレ、直後の7、8番手を1番人気ロックディスタウン、後方3番手を3番人気トーセンブレスとなって前半1000mを61.5秒(推定)で通過していきます。道中で終始頭を上げてスムーズさを欠いたロックディスタウンは3角でズルズルと後退。代わって後方からは、トーセンブレスファストライフといったところが外を回して進出して直線勝負へ。前では、横並びの争いからカンタービレが脚色良く抜け出す構えで、大外からはこれにトーセンブレスが急追して残り100mを通過します。しかし、先に抜け出したカンタービレがこの追い上げを封じてV。連勝で重賞初勝利を飾っています。坂を駆け上がったところまでの勢いでは完全に上回っていたトーセンブレスはクビ差2着まで。そこから2馬身差の3着には、4番人気ノームコアが入っています。
公認プロ予想家では、おかべプロイータン育成プロほか、計7名が的中しています。
 
G2阪神大賞典は、1週目の3コーナーまでにヤマカツライデンがハナを奪ってレースを引っ張る展開。前半1000mを60.1秒(推定)という過去10年で最も速いペースで通過すると、1番人気クリンチャーはこの流れの中を序盤掛かり気味になりながら4番手あたりでの追走、2番人気アルバートは後方3番手からとなって1コーナーへ。一旦緩めたところから再びヤマカツライデンが次第にペースを上げながらラップを刻んでいきます。向こう正面を過ぎて縦にばらけていた隊列が徐々にひと塊になるようにして3コーナーを通過。2番手からムイトオブリガードが先頭に並び掛け、クリンチャーも3番手から進出。6枠両頭が並んで浮上し、アルバートは依然後方から。迎えた直線、最も手応えよく4角を出たレインボーラインが残り200m手前で一気に先頭に立つと、2番手にはサトノクロニクルクリンチャーとなって、アルバートも直後からこれを追います。しかし、抜け出した3番人気レインボーラインが一気に後続を突き離し、そのまま先頭でゴールを駆け抜け優勝。1馬身1/4差の2着に4番人気サトノクロニクルが入り、さらにそこから1馬身1/2差の3着にはクリンチャーが入っています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ西野圭吾プロほか、計10名が的中しています。
 
G2スプリングSは、コスモイグナーツが途中から後続を大きく引き離しての逃げで軽快に飛ばすと、終始離れた2番手に3番人気エポカドーロの形で展開していきます。この流れの中、1番人気ステルヴィオは中団馬群の外を追走し、2番人気ルーカスも直後に続き、1頭+ひと塊の他12頭の隊列は早くも3コーナーへ。ここで、早めに進出を開始したステルヴィオが先団の1列後ろまで位置を上げると、2番手エポカドーロ、3番手マイネルファンロンの直後に続く形で直線に入ります。脚色が鈍ったコスモイグナーツに代わって、堂々先頭はエポカドーロ、そしてこれを追うようにマイネルファンロンステルヴィオ、内を伸びてはハッピーグリンバールドバイといったあたりが続き残り200mを通過。一瞬にしてこの2番手争いに蹴りをつけたステルヴィオが、ここからもう一段階のギアを見せてエポカドーロも射程圏の伸びを見せると、最後はゴール直前で鮮やかに差し切ってV。ステルヴィオが重賞初制覇をあげています。ハナ差2着のエポカドーロから3馬身1/2差の3着には6番人気マイネルファンロンが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロイータン育成プロおかべプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週は、17(土)中京5Rでの◎▲○パーフェクト的中などで午前中から好調予想を連発して好ダッシュを決めると、大波乱となった阪神11Rで◎ロードアクシス(単勝334.4倍)の予想を披露し大ホームラン!3連複10点勝負(登録はほかに馬連など11点)で64万2,490円馬券を見事仕留めました。18(日)も阪神10Rで◎ケンホファヴァルト(単勝45.9倍)からの○◎▲的中などで連日の大幅プラスをマーク!“ファンタジスタ”ぶりをいかんなく発揮した先週は、週末トータルでは回収率トップの379%、収支91万6,530円を記録しました!これで、2月最終週から4週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
17(土)の中山10Rで、3連単40万8,080円馬券的中のビッグヒットを披露!土曜収支2ケタプラスをマークすると、18(日)には中山10Rで◎ウインオスカーからの3連単136万8,150円馬券的中の特大アーチ!!土日トータル回収率277%、収支122万8,040円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
17(土)のG3フラワーCで馬連1点的中、18(日)G2スプリングSをワイド1点的中で仕留めてみせた先週は、週末トータル回収率285%をマーク!2月3日以来の7週連続週末プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(206%)、イータン育成プロ(170%)、山崎エリカプロ(161%)、☆まんでがんプロ(156%)、蒼馬久一郎プロ(125%)、きいいろプロ(123%)、スガダイプロ(122%)、西野圭吾プロ(117%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

モルフェオルフェの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2020.03.14[結果]

 DEEB 2020年3月14日() 17:20

閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 4

中山 7R 4歳以上1勝クラス牝[指定]
◎11 ペイシャキュウ…4着
○14 ☆グロリアーナ…1着
▲12 シャルロッテミノル…3着
△ 8 ワンダーマンボ…6着
× 2 コンスタンティナ…8着
[結果:アタリ△ 複勝 14 130円]

中山11R ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎11 コントラチェック…16着
○ 9 エスポワール…3着
▲ 5 デンコウアンジュ…4着
△ 2 ☆フィリアプーラ…10着
×12 モルフェオルフェ…8着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 阪神スプリングジャンプ J・GⅡ 障害4歳以上オープン(混合)
◎ 4 ★トラスト…3着
○ 2 オジュウチョウサン…1着
▲ 6 シングンマイケル…2着
× 8 ☆ブライトクォーツ…6着
[結果:アタリ△ 複勝 4 110円、馬連 2-6 230円、3連複 2-4-6 220円]

阪神11R ポラリスステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 ダノンフェイス…9着
○15 スマートダンディー…1着
▲ 8 バティスティーニ…4着
△13 ヴァニラアイス…5着
× 1 テーオーヘリオス…7着
[結果:ハズレ×]

阪神12R 4歳以上2勝クラス(特指)
◎ 6 ロングファイナリー…2着
○ 5 モサ…10着
▲ 7 エピックアン…8着
× 1 ☆メリッサーニ…7着
[結果:ハズレ×]

中京 9R 4歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 6 フラッグアドミラル…2着
○ 5 ☆スターリーパレード…4着
▲ 1 ペルソナデザイン…6着
△ 9 シゲルヒラコー…7着
[結果:ハズレ×]

中京11R 中日スポーツ賞ファルコンステークス GⅢ 3歳オープン(国際)(特指)
◎10 ラウダシオン…2着
○ 6 シャインガーネット…1着
▲ 9 アブソルティスモ…11着
△ 7 ゼンノジャスタ…8着
× 5 トリプルエース…4着
× 2 ヴェスターヴァルト…3着
[結果:アタリ○ 馬連 6-10 1,780円]

中京12R 瀬戸特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 ★トップウイナー…1着
○ 5 ドゥラリュール…11着
▲12 マンハッタンロック…6着
△ 7 ドルチェリア…2着
× 6 ネクストムーブ…7着
☆ 2 ドゥリトル…12着
[結果:アタリ○ 単勝 3 220円、複勝 3 130円、馬連 3-7 1,360円]

今日は、休み。
家で競馬、寂しいですね。

[今日の結果:8戦2勝4敗2分]
マアマアな結果でした、
それにしても、生で馬が見たいです。

 DEEB 2020年3月14日() 10:22
恥ずかしい馬予想2020.03.14
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 3

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山 7R 4歳以上1勝クラス牝[指定]
◎11 ペイシャキュウ
○14 ☆グロリアーナ
▲12 シャルロッテミノル
△ 8 ワンダーマンボ
× 2 コンスタンティナ

中山11R ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎11 コントラチェック
○ 9 エスポワール
▲ 5 デンコウアンジュ
△ 2 ☆フィリアプーラ
×12 モルフェオルフェ

阪神 8R 阪神スプリングジャンプ J・GⅡ 障害4歳以上オープン(混合)
◎ 4 ★トラスト
○ 2 オジュウチョウサン
▲ 6 シングンマイケル
× 8 ☆ブライトクォーツ

阪神11R ポラリスステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 ダノンフェイス
○15 スマートダンディー
▲ 8 バティスティーニ
△13 ヴァニラアイス
× 1 テーオーヘリオス

阪神12R 4歳以上2勝クラス(特指)
◎ 6 ロングファイナリー
○ 5 モサ
▲ 7 エピックアン
× 1 ☆メリッサーニ

中京 9R 4歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 6 フラッグアドミラル
○ 5 ☆スターリーパレード
▲ 1 ペルソナデザイン
△ 9 シゲルヒラコー

中京11R 中日スポーツ賞ファルコンステークス GⅢ 3歳オープン(国際)(特指)
◎10 ラウダシオン
○ 6 シャインガーネット
▲ 9 アブソルティスモ
△ 7 ゼンノジャスタ
× 5 トリプルエース
× 2 ヴェスターヴァルト

中京12R 瀬戸特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 ★トップウイナー
○ 5 ドゥラリュール
▲12 マンハッタンロック
△ 7 ドルチェリア
× 6 ネクストムーブ
☆ 2 ドゥリトル

今日は、休み。
家で競馬、寂しいですね。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2020年3月14日() 09:54
本日の見所(中山牝馬Sなど)
閲覧 280ビュー コメント 0 ナイス 10

2020年 ファルコンS・中山牝馬S
_________________

●ファルコンステークス

中京競馬場が新装オープンし、ファルコンSが芝1400mで行われるようになって今年で8年目。過去8年の逃げ馬の着順はというと、2012年のエクセルシオール・17着、2013年のカシノランナウェイ・14着、2014年のネロ・8着、2015年のセカンドテーブル・9着、2016年のミスキララ・13着、2017年のレジーナフォルテ・15着、2018年モズスーパーフレア・5着、2019年スタークォーツ・9着とことごとく馬群に沈んでいます。(全て15~18頭立て)

過去8年の前半3F-後半3Fのレースラップは、2012年は34秒8-36秒8、2013年は34秒9-35秒5、2014年は33秒0秒-36秒3、2015年は34秒4-36秒9、2016年は33秒3-39秒7(極悪馬場)、2017年は34秒0-35秒3、2018年は34秒9-35秒5、2019年は34秒2-35秒0。中京はビックアーサーが優勝した2016年の高松宮記念当日以前は、かなり時計の掛かる馬場状態でしたが、それ以降も雨の影響を受けていることも多く、ハイペースの傾向。

つまり、ファルコンSは全体的な傾向として、逃げ、先行型が苦戦の傾向のレース。その一番の理由は、中京芝1400mという舞台が、スタートして約120mほど坂を上って、そこから4コーナー過ぎまで、一気に坂を下って行くコースだからでしょう。

また、この時期は3歳馬がレース経験を重ねたことで体力もついてくる時期。この先、スプリント路線に行くのか、マイル路線に行くのかも視野に入れて、逃げ、先行馬が行けるだけ、行かせるようなレースをさせるのも、このレースでハイペースが発生しやすい理由でしょう。

今回は先行馬が集った中で、ビアンフェ、デンタルバルーンの逃げ馬2頭が出走。おそらく二の脚が速く、前走ジャニアリーSで折り合いを欠きながら、5F57秒7で通過したデンタルバルーンが逃げ、朝日杯フューチュリティSを5F通57秒2のオーバーペースにしたビアンフェが競って行く形。当然、ハイペースが濃厚でしょう。

ビアンフェもデンタルバルーン底力がありますが、「道悪のハイペースで前から押し切れるか?」と聞かれたら、何とも言えない面があります。やはり中心にすべきは、差し馬でしょう。


●中山牝馬ステークス

今開催は中山芝1800mで、中山記念、中山牝馬S、フラワーS、スプリングSと連続で重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCとなります。

古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下り(3.5~4F目)で減速させないため(序盤が極端なスローペースだと、この地点で勢いに乗せる場合もある)、道悪にでもならない限り、向こう上面で大きくペースが緩むことはほどんどありません。それゆえに最初の1コーナーまでの距離が約205mと短く、前半で急坂を上るコースながら、前が潰れることもしばしばあります。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。これについては、来週のフラワーC時にお伝えしますが、その中間的なペースになるのが中山牝馬SとスプリングSです。

実際に中山牝馬Sの過去10年を見ても、逃げ馬不在で逃げ馬ではない馬が逃げた2013年、2016年、そして逃げ馬が貧弱だった2017年こそスロー~超スローペース。しかし、逃げ馬が出走し、逃げ馬がそれなりに強ければ(PP指数の赤い数字をマークしている馬)が出走していた場合には、全て平均~超ハイペースで決着しています。

今回は雨の影響で道悪が予想されますが、ここは差し、追い込み馬が揃っており、先行馬が手薄。逃げ馬もモルフェオルフェとコントラチェックの2頭です。それもモルフェオルフェの「逃げ宣言」に対して、コントラチェックは「2番手でもいい」と陣営がコメントしているだけに、道悪を加味しても平均ペースくらいで収まるのではないでしょうか。

2歳時のサフラン賞で逃げてコントラチェックを降したことがあるレッドアネモスが逃げたら、またひと味違うレースになりそうですが、津村騎手ですから、陣営から指示が出ていないと逃げないでしょう。前からの押し切りも視野に入れつつ、能力重視で予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★
Twitterもよろしく!
@_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★

[もっと見る]

⇒もっと見る

モルフェオルフェの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

モルフェオルフェの写真

モルフェオルフェ
モルフェオルフェ
モルフェオルフェ

モルフェオルフェの厩舎情報 VIP

2020年3月14日中山牝馬ステークス G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モルフェオルフェの取材メモ VIP

2020年3月14日 中山牝馬ステークス G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。