オールアットワンス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
オールアットワンス
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2018年4月24日生
調教師中舘英二(美浦)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[3-0-2-1]
総賞金7,842万円
収得賞金2,950万円
英字表記All at Once
血統 マクフィ
血統 ][ 産駒 ]
Dubawi
Dhelaal
シュプリームギフト
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
スーヴェニアギフト
兄弟 ラフェリシテアッタヴァンティ
前走 2021/07/25 アイビスサマーD G3
次走予定

オールアットワンスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/07/25 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 177144.111** 牝3 51.0 石川裕紀中舘英二 448
(+8)
0.54.2 -0.132.0--ライオンボス
21/05/29 中京 11 葵ステークス G 芝1200 184839.593** 牝3 54.0 和田竜二中舘英二 440
(+12)
1.08.2 0.134.3⑥④レイハリア
21/02/27 阪神 10 マーガレット (L) 芝1200 11116.345** 牝3 54.0 福永祐一中舘英二 428
(-12)
1.08.7 0.234.6⑧⑦アスコルターレ
20/12/19 中京 10 中京2歳S OP 芝1200 14225.333** 牝2 55.0 菅原明良中舘英二 440
(0)
1.09.7 0.235.6ゴールドチャリス
20/09/26 中山 9 カンナS OP 芝1200 8446.831** 牝2 54.0 丸山元気中舘英二 440
(+10)
1.09.9 -0.235.7クムシラコ
20/07/19 福島 6 2歳新馬 芝1200 12683.411** 牝2 54.0 丸山元気中舘英二 430
(--)
1.10.9 -0.035.6コスモサンレミ

オールアットワンスの関連ニュース

 サマースプリントシリーズ第3戦のアイビスサマーダッシュが25日、新潟競馬場で16頭によって争われ、石川騎乗の3歳牝馬オールアットワンスが1番人気に応えて快勝。マクフィ産駒はJRA重賞初制覇となった。2着には2番人気ライオンボスが入り3年連続の連対。一頭だけ内ラチ沿いを進んだ14番人気バカラクイーンが3着だった。

 幅員25メートルの広い芝コースで内、外に大きく分かれた3頭の追い比べ。見慣れない光景に場内が大きくどよめくなか、ゴール前で抜け出したのは51キロの3歳牝馬オールアットワンスだった。

 「外枠だったのであまり深く考えずに、彼女のスピードを信じて乗りました。斤量の味方があったとはいえ、強い牡馬相手によく勝ち切ってくれました」

 初騎乗で勝利へと導いた石川騎手が胸を張る。序盤は先行集団で進み、他馬の手綱が激しく動き始めた中盤でもまだ馬なりで絶好の手応え。最後は右ステッキに応えて外で逃げ粘るライオンボス、内ラチ沿いを走る奇襲策に出たバカラクイーンを振り切り、重賞初制覇のゴールへと飛び込んだ。

 「ライオンボスが速いことはわかっていたし、石川には『その後ろには入らず、しっかりと自分の進路を確保してほしい』とだけ伝えておいた。完璧でしたね」。現役騎手時代に“千直”で歴代最多タイの25勝を挙げた中舘調教師も絶賛するレース運びだった。

 父マクフィにJRA重賞初Vを届けた孝行娘。この日の馬体重は過去最高の448キロと、ここへきての充実が著しい。「馬の状態も本当に良かった。今回は今までのように調教を加減せず、強めに攻めることができていました」とトレーナー。レース後は競馬場から直接、ノーザンファーム天栄(福島県)に移動しており、今後の予定は状態を見ながら決められる。

 「お客さんのいる競馬場で力を発揮できて素晴らしい金メダルでした。これからどんどん成長して、もっともっと活躍してくれると思います」

 日本選手の活躍が続く東京五輪になぞらえた鞍上は、快速牝馬の豊かな将来性を確信している。まだキャリアは6戦。輝くメダルをさらに積み重ねていくはずだ。(漆山貴禎)

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

オールアットワンス 父マクフィ、母シュプリームギフト、母の父ディープインパクト。鹿毛の牝3歳。美浦・中舘英二厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は吉田勝己氏。戦績6戦3勝。獲得賞金7842万8000円。重賞は初勝利。アイビスサマーダッシュ中舘英二調教師、石川裕紀人騎手ともに初勝利。馬名は「曲名より」。

【アイビスSD】ライオンボスは2年連続2着惜敗…鮫島駿「勝ち馬との6キロ差が…」 2021年7月25日() 19:57

 7月25日の新潟11Rで行われた夏の名物重賞・第21回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上オープン、別定、芝・直線1000メートル、16頭立て=ロジクライが出走取消、1着賞金=3900万円)は、1番人気に支持されたオールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が持ち前のスピードを存分に発揮して勝利。2006年のサチノスイーティー以来、15年ぶりに3歳牝馬によるVを果たした。勝ちタイムは54秒2(良)。



 一昨年の覇者で昨年は2着惜敗。3年連続での参戦となったライオンボス(2番人気)は、好スタートを決めて外ラチ沿いを奪取すると、脚色衰えることなく先頭をキープしたが、レース終盤で内から勝ち馬に並びかけられると、ゴール前で突き放されてしまい、2年連続で2着に惜敗した。



 ◆鮫島克駿騎手「前回は馬場が合わなかったけど、今回は巻き返せるだけの状態にありました。自信を持って乗って、考えていたベストのコースを通れました。勝ち馬は51キロで6キロ差があり、いいレースをされた」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アイビスSD】バカラクイーンが内ラチ沿い激走3着!菅原明「迷いなく内ラチ沿いを進んだ」 2021年7月25日() 19:56

 7月25日の新潟11Rで行われた夏の名物重賞・第21回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上オープン、別定、芝・直線1000メートル、16頭立て=ロジクライが出走取消、1着賞金=3900万円)は、1番人気に支持されたオールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が持ち前のスピードを存分に発揮して勝利。2006年のサチノスイーティー以来、15年ぶりに3歳牝馬によるVを果たした。勝ちタイムは54秒2(良)。



 2勝クラスからの格上挑戦で14番人気の低評価だったバカラクイーンは、最内枠からスタートを切ると、外ラチ沿いへ殺到する他馬を横目に単騎で内ラチへ一直線。レコードタイム続出の高速馬場を味方に上位争いを演出すると、上位2頭には離されたものの3着をキープして、3連単22万馬券の立役者となった。



 ◆菅原明良騎手「開幕週の馬場である程度、やれると思っていました。指示通りに迷いなく内ラチ沿いを進み、一瞬は勝てるかと思いました。(格上挑戦でも)頑張ってくれました」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アイビスSD】初の直線競馬となったトキメキが4着善戦 田辺「うまくタメが利いた」 2021年7月25日() 19:56

 7月25日の新潟11Rで行われた夏の名物重賞・第21回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上オープン、別定、芝・直線1000メートル、16頭立て=ロジクライが出走取消、1着賞金=3900万円)は、1番人気に支持されたオールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が持ち前のスピードを存分に発揮して勝利。2006年のサチノスイーティー以来、15年ぶりに3歳牝馬によるVを果たした。勝ちタイムは54秒2(良)。



 今回が初の直線競馬挑戦となったトキメキ(11番人気)は、近走3勝クラスでも掲示板を外すレースが続いていたが、舞台変わりで走りが一変。馬群の中を割るように伸びて、オープン馬を相手に4着善戦を果たした。



 ◆田辺裕信騎手「連闘で格上挑戦だったが、うまくタメが利いたぶん、最後は脚を使ってくれました」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アイビスSD】韋駄天S制覇のタマモメイトウは7着に終わる…津村「前が止まってくれなかったです」 2021年7月25日() 19:55

 7月25日の新潟11Rで行われた夏の名物重賞・第21回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上オープン、別定、芝・直線1000メートル、16頭立て=ロジクライが出走取消、1着賞金=3900万円)は、1番人気に支持されたオールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が持ち前のスピードを存分に発揮して勝利。2006年のサチノスイーティー以来、15年ぶりに3歳牝馬によるVを果たした。勝ちタイムは54秒2(良)。



 春の新潟開催で同舞台の韋駄天Sを制覇。初の直線競馬で大きな変わり身を見せたタマモメイトウ(4番人気)だったが、3キロ増の斤量や馬場状態の違いが影響したのか、レース序盤から後方を追走するのが精一杯。最後は勝ち馬に次ぐ上がり(3F32秒2)で挽回するも、上位争いには加われず7着に終わった。



 ◆津村明秀騎手「(時計の)速い馬場だったこともあり、前が止まってくれなかったですね」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アイビスSD】ロードエースは15着惨敗…松山「いい形かと思ったのですが…」 2021年7月25日() 19:55

 7月25日の新潟11Rで行われた夏の名物重賞・第21回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上オープン、別定、芝・直線1000メートル、16頭立て=ロジクライが出走取消、1着賞金=3900万円)は、1番人気に支持されたオールアットワンス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が持ち前のスピードを存分に発揮して勝利。2006年のサチノスイーティー以来、15年ぶりに3歳牝馬によるVを果たした。勝ちタイムは54秒2(良)。



 3年半ぶりの芝レース参戦、さらには初の直線競馬となった前走の韋駄天Sで3着に善戦していたロードエース(5番人気)。同舞台への連続参戦で注目を集めると、レース序盤は果敢に上位争いを繰り広げたものの、各馬がスパートしたレース中盤でスピードに乗り切ることができず一気にポジションを下げ、15着に惨敗した。



 ◆松山弘平騎手「スタートが決まりましたし、いい形かと思ったのですが、(時計の)速い馬場がこたえて、最後は苦しくなってしまいました」

★25日新潟11R「アイビスSD」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

オールアットワンスの関連コラム

閲覧 2,017ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 アイビスサマーダッシュ 2021年07月25日(日) 新潟芝1000m直


<ピックアップデータ>

【性が牡・センだった馬の、枠番別成績(2015年以降)】
×1~5枠 [0-0-0-28](3着内率0.0%)
○6~8枠 [2-3-2-17](3着内率29.2%)

 性が牡・センの馬は2015年以降[2-3-2-45](3着内率13.5%)、性が牝の馬は2015年以降[4-3-4-33](3着内率25.0%)。どちらかと言えば牝馬が優勢でした。なお、性が牡・センだったにもかかわらず3着以内となった7頭は、いずれも枠番が6~8枠。外寄りの枠を引けなかった牡馬は強調できません。

主な「○」該当馬→未定
主な「×」該当馬→未定


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が4着以内」だった馬は2015年以降[4-6-5-21](3着内率41.7%)
主な該当馬→オールアットワンスグレイトゲイナー

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年2月24日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年02月24日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(242)
閲覧 1,920ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、マーガレットステークス・仁川ステークス・すみれステークス・阪急杯中山記念の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年02月27日(土) 阪神10R マーガレットステークス
【“JRA、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が5着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以内”となった経験の有無別成績(2018年以降)】
●あり [2-3-3-7](3着内率53.3%)
●なし [1-0-0-11](3着内率8.3%)
→実績や先行力の高さを素直に評価したい一戦。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が5着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以内”となった経験があるのは、アスコルターレエムオーシャトルオールアットワンスフォドラマイネルジェロディリメスの6頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
阪神芝1200m内×ロードカナロア×4歳以下
→3着内率41.2%、複勝回収率102%


▼2021年02月27日(土) 阪神11R 仁川ステークス
【“JRA、かつ1900~2200m、かつ3勝クラス以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [8-7-8-53](3着内率30.3%)
●なし [0-1-0-31](3着内率3.1%)
→距離適性がポイント。1800m以下のレースを主戦場としてきた馬は特に期待を裏切りがちでした。


▼2021年02月28日(日) 阪神10R すみれステークス

[もっと見る]

2020年12月16日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年12月16日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(232)
閲覧 2,042ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、中京2歳ステークス・ターコイズステークス・タンザナイトステークス・ベテルギウスステークス・ディセンバーステークス・朝日杯フューチュリティステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年12月19日(土) 中京10R スポーツ報知杯 中京2歳ステークス
【“JRA、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017~2019年のクリスマスローズステークス)】
●あり [3-1-2-5](3着内率54.5%)
●なし [0-2-1-29](3着内率9.4%)
→中山芝1200m外でほぼ同じ時期に施行されていた2017~2019年のクリスマスローズステークスは、実績馬が堅実。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験があるのは、オールアットワンスクムシラコゴールドチャリスセレッソフレイムフォドラの5頭だけです。


▼2020年12月19日(土) 中山11R ターコイズステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1のレース”において10着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [4-4-4-20](3着内率37.5%)
●なし [0-0-0-32](3着内率0.0%)
→近年の3着以内馬は、G1で善戦したことがあった馬ばかり。まだビッグレースに出走した経験すらない馬は強調できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山芝1600m外×キズナ×牝
→3着内率47.4%、複勝回収率148%


▼2020年12月19日(土) 阪神11R タンザナイトステークス
【“前年以降、かつJRA、かつ芝1400m以下、かつ出走頭数が14頭以上、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [3-3-3-16](3着内率36.0%)
●なし [0-0-0-22](3着内率0.0%)
→近走成績を素直に評価した方が良さそう。少頭数のレース、条件クラスのレースなどにしか実績がない馬は過信禁物と見るべきでしょう。


▼2020年12月20日(日) 阪神10R ベテルギウスステークス
【馬齢別成績(2016年以降)】
●3歳 [0-0-0-4](3着内率0.0%)
●4~5歳 [4-2-4-19](3着内率34.5%)
●6歳以上 [0-2-0-23](3着内率8.0%)
→近年は3着以内となった馬の大半が4~5歳馬。高齢馬はもちろん、3歳勢も扱いに注意すべきだと思います。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2020年12月3日(木) 12:59 伊吹雅也
【伊吹雅也のPOG分析室 (2020) 】~第10回各ワールド上位者の考察~
閲覧 2,615ビュー コメント 0 ナイス 9

 早いもので、今年も残すところ1か月弱。開幕から半年が経過した「ウマニティPOG 2020」は、これからの中盤のクライマックスを迎えます。12月13日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月20日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月26日にはホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)が施行される予定。G1ウイナーの称号や、JRA賞最優秀2歳牡馬・JRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルを目指し、現2歳世代の有力馬が一堂に会する見込みです。

 主要なG1前哨戦が終了したこともあり、各ワールドのランキングもだいぶ勢力図が固まってきました。既にはっきり明暗が分かれつつあるとはいえ、スペシャル以外の各ワールドは最後の仮想オーナー募集枠解放(来週12月7日)を控えていますし、「仮想オーナー馬数 拡大アイテム」「未出走馬返却券」といったアイテムの存在も考慮すると、まだほとんどのプレイヤーに上位進出の目が残っていると言っても過言ではありません。

 今回は11月29日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしていきたいと思います。今後の追加入札、もしくは来シーズン以降を見据えた戦略検討のヒントとしてご活用ください。

 なお“JRA、かつ2歳のレース”における競走馬ごとの本賞金額(11月29日終了時点)トップ20は下記の通りでした。

ソダシ(ブチコの2018) 6700万円
メイケイエール(シロインジャーの2018) 6700万円
モントライゼ(ムーングロウの2018) 5790万円
レッドベルオーブ(レッドファンタジアの2018) 4590万円
ワンダフルタウン(シーオブラブの2018) 4520万円
ステラヴェローチェ(オーマイベイビーの2018) 4000万円
ダノンザキッド(エピックラヴの2018) 4000万円
ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018) 3990万円
ホウオウアマゾンヒカルアマランサスの2018) 3890万円
リンゴアメ(マイネデセールの2018) 3800万円
ショックアクション(Reset In Blueの2018) 3790万円
ルクシオン(ヘヴンリーヴォイスの2018) 3010万円
カイザーノヴァ(ステラリードの2018) 2990万円
ラヴケリー(ダームドゥラックの2018) 2850万円
シュヴァリエローズ(ヴィアンローズの2018) 2710万円
ラーゴム(シュガーショックの2018) 2680万円
アスコルターレ(アスコルティの2018) 2460万円
オーソクレースマリアライトの2018) 2400万円
ランドオブリバティ(ドバウィハイツの2018) 2300万円
レモンポップ(Unreachableの2018) 2300万円
ポールネイロン(イングランドローズの2018) 2300万円
ラストリージョ(コスモマクスウェルの2018) 2300万円
ウインアグライア(ウインアルテミスの2018) 2300万円
ブルーバード(エーシンベタラネリの2018) 2300万円
オールアットワンスシュプリームギフトの2018) 2300万円

 オープンクラスのレースを複数回勝っているのは、9月5日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、10月31日のアルテミスステークス(2歳G3・東京芝1600m)を制したソダシ、9月6日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)、11月7日のファンタジーステークス(2歳G3・阪神芝1400m内)を制したメイケイエール、8月15日のフェニックス賞(2歳オープン・小倉芝1200m)、8月29日のひまわり賞(2歳オープン・小倉芝1200m)を制したヨカヨカの3頭だけ。層の厚さを問われる展開と言えるでしょう。

 1頭1オーナー制のスペシャルワールドでトップに立っているのはたけぼう54さん。本賞金額トップ20にランクインしている指名馬こそヨカヨカだけですが、落札した20頭のうち15頭が獲得後のレースで勝ち上がりを果たしています。現時点で2位のddb1c93afaさんに5千万円以上、3位のムーンシュタイナーさんに1億円以上の差をつけており、今後もしばらくは主役の座に君臨しそうです。
 改めてたけぼう54さんの指名馬をチェックしてみると、トーホウジャッカル産駒とハーツクライ産駒が2頭ずつ、モーリス産駒が4頭いる一方で、その他の12頭はすべて異なる父の産駒。そして、ディープインパクト直仔が一頭もいません。血統などからイメージできる各馬のレース適性や、2頭の外国産馬を含む生産者のラインナップを見ても、非常にバランス良くピックアップされているような印象を受けました。大半の馬をデビュー前の入札で獲得していますから、一般的なルールのPOGにおいても良いお手本となりそう。ぜひ一度チェックしてみてください。

 複数のプレイヤーが同一馬を指名できるスペシャル以外のワールドは、どこもかなりの混戦模様となっています。3つのG1競走が終わった後には、勢力図がガラッと変わっているかもしれません。

 G1ワールドは、2億4464万円を獲得したウーピンさんが、2億4338万円の蒼井光太郎さんをわずかに抑えてトップ。ウーピンさんはレッドベルオーブワンダフルタウンを、蒼井光太郎さんはソダシメイケイエールを指名しているプレイヤーです。なお、ウーピンさんがすべての指名馬をデビュー前の入札で獲得しているのに対し、蒼井光太郎さんはファンタジーステークス直前の入札でメイケイエールを獲得していたりと、このお二方は戦略が対照的。3位以下のプレイヤーも含め、どちらのスタイルが優勢になるのかも見どころのひとつといえるでしょう。

 G2ワールドはステラヴェローチェワンダフルタウンを指名しているてっちゃん75さんが2億4121万円を獲得し、2億3348万円のゴロウニャンさんらを上回ったところ。今後も毎週のように首位が入れ替わるのではないかと思います。もっとも、てっちゃん75さんのラインナップには、ノーザンファーム生産馬やトップトレーナーの管理馬など、これから出世してきそうな馬もたくさんいました。年明け以降は別の馬たちが獲得ポイントを底上げしてくるかもしれません。

 G3ワールドでトップを走っているのは、モントライゼらを指名している雅夢。さん。このモントライゼを第1回の入札で獲得するなど、ラインナップの大半はデビュー前の入札で指名した馬です。なお、獲得した20頭はすべてデビュー済み。年末や年明けまで初陣がずれ込むと、さすがにその後のレース選択が難しくなってしまいます。私もそうなのですが、この時期になっても未出走の指名馬がたくさんいるというプレイヤーは、いま一度戦略を見直すべきでしょう。

 オープンワールドは、モントライゼワンダフルタウンらを指名しているうぐいす坊やさんが首位に君臨中。プロフィールのコメントに「基本的には同じ誕生日の馬から選択してます♪」とあり、実際に4月4日生まれの馬を7頭指名していて、その中からモントライゼアスコルターレといったオープン馬が出ました。もちろん、これだけが勝因というわけではなく、他の日に産まれた馬を含めノーザンファーム生産馬やトップトレーナーの管理馬といったところから的確に素質馬をピックアップされているのですが、遊び心も交えたチョイスでこれだけの結果を残しているのはお見事。私もこれくらいカッコ良い指名ができるよう、まだまだ精進しなければなりません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

オールアットワンスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 55ビュー コメント 1 ナイス 7

実は、日記予想は大好きである
先週のアイビスSDもバカラクイーンの紐付け3着は想定内
直前までは、グリグリの●⑭オールアットワンス
騎手時代から、儲けまくった、逃げの中舘調教師に確信があった。

⑫ライオンボスは、休養明け立て直しで迷い中だった。

しかし、①②③の3着受けは、想定内

何を血迷ったか、パドックでわざわざ、大飛びの⑮セピアノーツの藤田菜々子に
色目使いw

⑫ライオンは、間違いなく2~3着だと確信

⑭を突如⑮の頭に変えて、3連単

⑮は、大飛びで新千直重賞には、向かない。

⑭は、小走りで良馬場の千直にドンピシャ

素直に買っとけばよかった。

まあ、いつもこないなチョンボで、高額馬券を取り逃がしてる
凡才に言うまでもなく、ミイラである

しかし、」今週からワイヤレスキーボードを追加して、
本気で、予想日記をやってみようかと・・・

さきに、クイーンS
ルメールを蹴飛ばして、社台4頭BOXでガチで買うか
ルメールから、4頭に3連単固定でいくか、
それしかない。
新潟JPSは、後ほど。

 Haya 2021年7月29日(木) 07:00
【~術はある~】(2021.7.29.)(クイーンステークス) 
閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

“TOKYO2020” オリンピックが活況ですね!?
前半での日本メダルラッシュの勢いは、期待以上の活躍!!
TV観戦でも十分、ワクワクドキドキ感が止まりません。
暑さに負けず、頑張りましょう!?

何故でしょう?? わが懐だけ、冷え冷えで寒さが止まりません。 

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第7期最終結果】
第7期(7/3~7/25)5日間(ラジオNIKKEI賞~アイビスSD)8戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3アイビスサマーダッシュでは、12番ライオンボスに注目!!
ワイド(11-12) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3 アイビスSD」で注目していたライオンボス(2人気)は、スタート良く外ラチ沿いに逃げて優勝…のはずが、好位につけたオールアットワンス(1人気)が、追い比べから抜け出し、ライオンボスに3/4馬身差をつけ優勝。さらに1馬身差の3着にバカラクイーン(14人気)が入った。注目していたもう1頭、ロードエース(5人気)は序盤ライオンボスと並走していたが、後半力尽き馬群に沈み込み15着惨敗。当然ながら馬券はハズレ。 反省点として、相手馬の選択!? っていうより、メンタル面の弱さがでた結果?? 馬連で狙うなら優勝したオールアットワンスと思いながら、ロードエースの3着狙い(ワイド)を選択したのが失敗…残念。何故なら過去5年でハイブリッド新聞(指数)の推定前半3F(1位-2位)の組合せ、3回(2年連続中)と高確率。ちなみに、今年の推定前半3F 1位ライオンボス(2着)、2位オールアットワンス(1着)だった。


【第7期 総評】
最終週末、1戦1敗…完敗。 最後に、メンタル面の弱さが出てしまい攻める姿勢が、守りへ…残念。第7期を振り返って、8戦1勝7敗の厳しい結果。的中率12.5%/回収率119.6% と何とかプラス収支で終了。前期に続きプラスで終われて、結果オーライ!! 来期(8/1~9/5)12戦7日間の長期戦もプラス収支を目標に頑張りましょう!?



【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(アイビスサマーダッシュ)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
該当馬=4位指数値57(8番タマモメイトウ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(6着)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(クイーンステークス)
注目(単勝/複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(6-2-0-2/10)
勝率60%/連対率80%/複勝率80%
/的中率80%/回収率(単勝170%/複勝117%)

近5年内 (3-1-0-1/5)
勝率60%/連対率80%/複勝率80%
/的中率80%/回収率(単勝174%/複勝122%)

昨年(6着)外れているだけに、今年は期待大!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 DEEB 2021年7月28日(水) 15:22
恥ずかしい馬予想2021.07.25[結果]
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 9

新潟10R 糸魚川特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎ 6 ランドオブリバティ…1着
○ 3 タガノディアーナ…2着
▲ 9 ☆ミトロジー…11着
△10 アルディエンテ…7着
[結果:アタリ△ 馬連 3-6 490円]

新潟11R アイビスサマーダッシュ GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎12 ライオンボス…2着
○ 6 モントライゼ…12着
▲14 オールアットワンス…1着
△ 7 グレイトゲイナー…5着
× 4 ジュランビル…5着
×11 ☆ロードエース…15着
[結果:アタリ△ 馬連 12-14 1,040円]

函館 8R 3歳以上1勝クラス
◎ 7 スズカマクフィ…6着
○ 5 タイセイシェダル…3着
▲ 1 ラルフ…2着
△ 8 ヌンカプト…8着
×11 ブロッコリー…7着
[結果:ハズレ×]

函館 9R 北海ハンデキャップ 3歳以上2勝クラス(混合)
◎ 3 プライムフェイズ…4着
○ 7 インペリアルフィズ…9着
▲ 2 ☆エンデュミオン…1着
△ 1 モリノカンナチャン…2着
× 8 ☆メイショウカクウン…8着
[結果:アタリ△ 複勝 2 180円]

函館11R UHB杯 3歳以上3勝クラス(混合)
◎14 ボンオムトゥック…7着
○ 6 ペイシャキュウ…6着
▲ 9 ハギノリュクス…9着
△10 シゲルタイタン…10着
× 8 デルマオニキス…5着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:5戦0勝2敗3分]
アカンです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オールアットワンスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 01:33:26
wコロ、同厩舎勝ち上がり馬やり走る、小柄で仕上がり早い、2,3へ

オールアットワンスの写真

オールアットワンス

オールアットワンスの厩舎情報 VIP

2021年7月25日アイビスサマーD G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オールアットワンスの取材メモ VIP

2021年7月25日 アイビスサマーD G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。