サンチェサピーク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2014年2月26日生
調教師加藤征弘(美浦)
馬主株式会社 加藤ステーブル
生産者芳住 鉄兵
生産地新冠町
戦績11戦[3-2-2-4]
総賞金3,330万円
収得賞金950万円
英字表記Sun Chesapeake
血統 ヴァーミリアン
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
スカーレットレディ
マスターギラティナ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスデジタル
イシノスター
兄弟 カラリエーヴァサツキサンダー
前走 2019/08/18 大通公園特別
次走予定

サンチェサピークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/18 札幌 10 大通公園特別 2勝クラス ダ1700 12793.115** 牡5 57.0 C.ルメー加藤征弘534(-8)1.46.1 0.837.1⑪⑩⑧⑧スマートセラヴィー
19/06/02 東京 12 三浦特別 2勝クラス ダ1600 16244.428** 牡5 57.0 M.デムー加藤征弘542(+6)1.38.3 1.837.1ゴルトマイスター
19/05/05 東京 7 4歳以上500万下 ダ1600 15592.311** 牡5 57.0 M.デムー加藤征弘536(+6)1.35.3 -0.835.7④④トーセンヴィータ
19/02/10 東京 7 4歳以上500万下 ダ1600 16351.513** 牡5 57.0 戸崎圭太加藤征弘530(+2)1.39.1 0.136.5ペイシャボム
18/12/08 中京 6 3歳以上500万下 ダ1800 158151.518** 牡4 57.0 B.アヴド加藤征弘528(+2)1.55.3 2.540.4④④④テイエムオスカー
18/11/03 東京 7 3歳以上500万下 ダ1600 166112.712** 牡4 57.0 戸崎圭太加藤征弘526(+2)1.37.8 0.637.3トーホウフライト
17/06/25 東京 12 3歳以上500万下 ダ1600 165102.411** 牡3 54.0 戸崎圭太加藤征弘524(-4)1.36.9 -1.135.6ポップアップスター
17/05/14 東京 10 青竜S OP ダ1600 143434.394** 牡3 56.0 四位洋文加藤征弘528(+4)1.35.7 0.535.9⑦⑤サンライズソア
17/04/29 東京 7 3歳500万下 ダ1600 16483.923** 牡3 56.0 岩田康誠加藤征弘524(+4)1.38.0 0.837.3④④アンティノウス
17/02/18 東京 3 3歳未勝利 ダ1600 167143.211** 牡3 56.0 四位洋文加藤征弘520(-2)1.38.7 -0.436.8ゲンパチマサムネ
17/01/28 東京 3 3歳新馬 ダ1600 16593.822** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘522(--)1.39.5 0.238.1ワイルドカード

サンチェサピークの関連ニュース

 JBCクラシック4着ノンコノユメは、濃霧のなかWコースで先行し、内サンチェサピーク(500万下)、中ミライオー(新馬)と併入した(計測不能)。内田騎手は「変わらず、いい感じ。ペースが流れるか、逆に馬群が固まってくれれば追い上げやすい」と見据える。加藤征調教師は「上がってきて息遣いが荒かった。モヤで周りが見えなくて逆に集中したのか、普段より負荷がかかった」と自然の“恩恵”を感じた様子。課題のゲートも、発走前に駐立の練習で万全を期す。



★チャンピオンズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【レパードS】追って一言2017年8月3日(木) 05:09

 ◆イブキ奥村武師 「久々になるが、長めに乗り込んで息はできていて、具合もいい」

 ◆クリノフウジン・高橋忠師 「状態は悪くない。精神的に安定してきた部分もある」

 ◆サルサディオーネ・羽月師 「手応えもあったし、動きもよかった」

 ◆サンチェサピーク・吉田隼騎手 「乗り味がいいし、勝負どころでうまく対応できればやれる。楽しみ」

 ◆シゲルコング・松永康師 「2歳馬相手の併せ馬。新潟への輸送があるので十分だ」

 ◆タガノカトレア・北野助手 「動きはよかった。不安なところはないですよ」

 ◆タガノグルナ・大根田師 「思っていた通りの追い切りができた」

 ◆ダンサクドゥーロ・中山助手 「思ったような調教が2週続けてできている。伸びしろもある」

 ◆テイエムアンムート・柴田光師 「しまいはこれぐらいは動く。ゲートを五分に出てくれたら」

 ◆テンザワールド・鍋島助手 「3回使って体もできている」

 ◆トラネコ・堀井師 「けいこの動きは素軽く状態もいい」

 ◆ノーブルサターン・鮫島良騎手 「テンションを上げないように。前回ぐらいは維持している」

 ◆ブライトンロック・田中清師 「気配は悪くないが、もう1本ほしい感じ」

 ◆ホーリーブレイズ・佐藤正師 「ここ2週しっかりやれているので、今週は調整程度」

 ◆マンカストラップ・伊藤大師 「状態はいいし、ダートの適性はある」

 ◆メイプルブラザー・上籠助手 「もともと時計の出る馬。状態はいいよ」

 ◆ラユロット・津曲助手 「先週で体も息もできている感じ。やりすぎないようにした」

 ◆ローズプリンスダム・畠山師 「攻め駆けするのでまずまずの動き」

レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードS】サンチェサピーク楽に併入2017年8月2日(水) 11:45

 前走で7馬身差勝ちの新星は、新コンビの吉田隼騎手を背に美浦Wコースで併せ馬。後方からオーダードリブンが追いついてくると楽な手応えで対応し、併入した。

 ◆吉田隼騎手「いい馬ですね。やれば動きそうだったし、ドッシリして乗り味が柔らか。小回りがどうかだけど、モノはいいですよ」

(夕刊フジ)

レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードS】エピカリス、3歳最強の証明! 2017年8月1日(火) 05:05

 夏の新潟2週目のメインは、3歳馬によるダート重賞のレパードステークス(6日、GIII、ダ1800メートル)。多くの砂巧者がエントリーしてきたが、注目は何といっても国内ダート4戦全勝のエピカリスだ。米3冠最終戦のベルモントSは無念の出走取り消しとなったが、症状は軽度で帰国後の調整も順調。世代のダートNO・1ホースとして、改めてその実力を誇示する。

 ベルモントS無念の出走取り消しから2カ月。エピカリスが国内復帰戦のレパードSで、再び頂点へと上り詰める。

 デビューから圧勝に次ぐ圧勝で無傷の4連勝。国内の3歳ダート路線に敵なしの状況から海外に活躍の場を求めた。いきなりUAEダービーで地元ドバイのサンダースノーと壮絶な競り合いを演じ、短頭差2着。世界にその名を知らしめた。その後は勇躍、米3冠レース最終戦のベルモントSに向けて調整していたが、右前肢の蹄に不安を発症。レース直前に右前肢跛行(はこう)で取り消しとなった。

 萩原調教師は「炎症は深刻なものではなく、ほぼ出走できる状態でしたが、時間が足りませんでした」と振り返る。帰国後、蹄のケアをしながら着地検査を受ける福島・ノーザンファーム天栄で調整。7月20日に美浦トレセンに帰厩した。

 「米国では状況が整わず出走がかないませんでしたが、帰国後も馬体を緩めずに調整して、いい状態を保てていると思います」

 トレーナーの言葉どおり、27日のWコースでの追い切りは5ハロン65秒5、ゴール前で仕掛けられただけで3ハロン37秒6-12秒4と鋭い伸びを見せた。「輸送の影響や、疲れもないとの判断でここへの出走を決めました。馬体重を含め、これまでのレース前と変わりない感じで調整できています」とゴーサイン。エピカリスが海外に挑戦している間の国内3歳ダート路線はレースごとに勝ち馬が変わり、ライバルらしい馬の台頭もない。帰国初戦とはいえ、“1強”という勢力図は不変だ。

 萩原調教師も「順調に来ているし、距離やコースに関しても不安はありません」と、自信を持って送り出すエピカリス。有無を言わせぬ強さで、国内統一は間違いない。

★展望

 国内4戦で圧巻のパフォーマンスを見せているエピカリスが注目の的。出走取り消し明けだが、1週前の動きは絶品で、不安を感じさせない。他馬との斤量差がない馬齢戦ならVが有望だ。JDD3着のタガノディグオはダート【3・5・2・0】の安定感が魅力。地力強化著しいハルクンノテソーロも決め手が生きる展開なら侮れない。古馬相手の連勝で勢いに乗るテンザワールドも要注意だ。抽選対象の2勝馬では、ヒヤシンスSでエピカリスに食い下がったアディラート、前走圧勝のサンチェサピークなどが有力視される。

レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードS】レース展望 2017年7月31日(月) 19:12

 夏の新潟開催2週目の日曜メインは、3歳馬によるダートGIIIのレパードステークス(6日、1800メートル)。今年で9回目と歴史は浅いが、過去の勝ち馬では第1回トランセンド(2010&11年ジャパンCダートなどGI・4勝)、第2回ミラクルレジェンド(11&12年JBCレディスクラシック=現在GI)、第4回ホッコータルマエ(13&14年東京大賞典、14年チャンピオンズCなどGI・10勝)をはじめ、第5回インカンテーション、第8回グレンツェントなど、後に重賞戦線で活躍した馬が多く、今年も大いに注目される。

 最大の焦点はエピカリス(美浦・萩原清厩舎、牡)の出走だ。ちょうど1年前の新潟新馬戦(ダート1800メートル)からプラタナス賞、北海道2歳優駿、ヒヤシンスSと4連勝し、次のUAEダービーで僅差2着。その後、渡米して3冠最終戦のベルモントSは残念ながら右前肢跛行(はこう)のため出走を取り消したため、今回が帰国初戦となる。

 脚部不安明けだけに状態がどの馬よりも気になるが、帰国後は牧場で患部の治療と遠征疲れを十分にケア。7月20日に美浦トレセンに帰厩した。27日の1週前追い切りは南Wコースで5ハロン65秒5、ラスト1ハロン12秒4をシャープな動きでマークしており、「帰国後もいい状態は保てていると思う。これまでと特に変わりない感じで、距離やコースにも関しても不安はない」と萩原調教師は期待を寄せている。UAEダービーを勝ったサンダースノーはその後、愛2000ギニーで2着と好走し、前走のジャンプラ賞で昨年のクリテリウムアンテルナシオナルに次ぐGI・2勝目をマーク。エピカリスも世界レベルの力があるのは明らかで、強い姿が見られそうだ。

 タガノディグオ(栗東・宮徹厩舎、牡)は重賞初挑戦となった2走前の兵庫チャンピオンシップ(兵庫CS)を勝ち、続くジャパンダートダービー(JDD)で3着と善戦。左回り未経験という点で不安は残るが、ダートでは【3・5・2・0】と全く崩れていないので今回も上位争いが期待できる。

 ハルクンノテソーロ(美浦・高木登厩舎、牡)は500万下を勝った後、青竜S、ユニコーンSでともに2着。1600メートルまでしか経験がないので、200メートルの距離延長が課題になるが、ダートの左回りは【2・2・1・0】と全て馬券圏内に入っている。大崩れはなさそうだ。

 テンザワールド(栗東・大久保龍志厩舎、牡)は古馬相手の500万下、濃尾特別(1000万下)と連勝中。以前は短距離を中心に使われていたが、距離が延びて頭角を現してきた。初めての重賞挑戦になるが、まだまだ伸びしろがあり、引き続き好勝負が望める。追って味があるタイプなので、初めてコンビを組む岩田康誠騎手とも手が合いそうだ。

 スターストラック(美浦・栗田博憲厩舎、牡)も3歳馬同士の500万下を勝った後、3カ月半の休み明けで古馬と初対戦となった檜山特別(1000万下)を制したように、能力は高い。休み明け2戦目で状態面の上積みも見込めるだけに、有力候補の一頭になる。

 ノーブルサターン(栗東・牧浦充徳厩舎、牡)は兵庫CS2着、JDD5着と、ともに逃げて善戦。実際、未勝利戦を新潟ダート1800メートルで勝っているように、先行有利な舞台だけに狙い目は十分ある。

 ローズプリンスダム(美浦・畠山吉宏厩舎、牡)は2走前の鳳雛(ほうすう)Sを勝った後、続くJDDは8着。安定性を欠くが、外めをスムーズに走れれば、上位に入っても不思議はない。

 抽選対象(7/17)の中にも出てくれば怖い馬がいる。アディラート(栗東・須貝尚介、牡)は4走前のヒヤシンスSでエピカリスの3/4馬身差の2着。UAEダービーは12着に惨敗したが、帰国後は青梅特別、香嵐渓特別ともに2着と安定している。1800メートルの克服がポイントになるが、前々で器用に立ち回れる脚質は魅力だ。

 サンチェサピーク(美浦・加藤征弘厩舎、牡)はデビューからの5戦いずれも東京ダート1600メートルに出走して【2・1・1・1】。馬券圏内を外したのは青竜S(4着)の1度だけという堅実派だ。前走は500万下ながら7馬身差の圧勝だっただけに勢いもある。

 ダンサクドゥーロ(栗東・松永昌博厩舎、牡)は古馬相手のダート1800メートルで 未勝利-500万下を連勝中。充実感が漂うだけに、抽選をクリアすればマークしたい。

レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードステークス】特別登録馬2017年7月30日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンチェサピークの関連コラム

関連コラムはありません。

サンチェサピークの口コミ


口コミ一覧

三浦特別

 しんすけ47 2019年6月2日() 16:17

閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 10

◎④サンチェサピーク
〇⑫オンザロックス
△①ゴルトマイスター
△⑪ビービーガウディ

枠連②―④
馬連④ー⑫
馬単④ー⑫
三連複④・⑫ー①・⑪
三連単④ー⑫ー①・⑪

 たぶお統括本部長 2019年6月1日() 15:49
コロガシ&推奨馬・日曜日(6/2)
閲覧 187ビュー コメント 1 ナイス 5

《コロガシ&推奨馬》
土曜日からの繰越金9400円からスタートします

★阪神10R・加古川特別
推奨馬◎⑤クイックファイアで勝負!!
相手は○⑪キーフラッシュ、▲⑩アポロテネシー、△⑬テイエムチューハイ、△⑨シップーコウライの4頭
馬単
⑤→⑪⑩各2200円
⑤→⑬⑨各1500円
⑪⑩→⑤各1000円
これが的中したら全額を
 ↓↓
★東京11R・安田記念(GⅠ)
馬単
⑭→⑧⑮各30%
⑭→②⑤⑦⑬各10%
これも的中したら全額を
 ↓↓
★東京12R・三浦特別
推奨馬◎①ゴルトマイスターで勝負!!
相手は○⑫オンザロックス、▲④サンチェサピーク、△⑯エングローサー、△⑪ビービーガウディの4頭
馬単
①→④⑫各30%
①→⑯⑪各10%
④⑫→①各10%

※途中で外れたらまた5千円からスタートします。

[もっと見る]

 あらこん 2019年2月10日() 07:14
勝負レースわっしょい⑬
閲覧 145ビュー コメント 6 ナイス 55

関東地方大雪にならず良かったですね〜
今日は午後から仕事にいきます☆彡

東京7レース5番サンチェサピークで勝負(^^)v

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンチェサピークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サンチェサピークの写真

投稿写真はありません。

サンチェサピークの厩舎情報 VIP

2019年8月18日大通公園特別5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンチェサピークの取材メモ VIP

2019年8月18日 大通公園特別 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。