エアエミネム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1998年5月21日生
調教師伊藤雄二(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者A. W. I. Ltd
生産地
戦績17戦[8-1-3-5]
総賞金37,240万円
収得賞金7,775万円
英字表記Air Eminem
血統 Danehill
血統 ][ 産駒 ]
Danzig
Razyana
Kissagram
血統 ][ 産駒 ]
Alysheba
Dancing Goddess
兄弟 アラバンサパラソニオ
前走 2003/09/28 産経賞オールカマー G2
次走予定

エアエミネムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
03/09/28 中山 11 オールカマー G2 芝2200 10781.411** 牡5 58.0 蛯名正義伊藤雄二500(+2)2.14.4 -0.134.9ファストタテヤマ
03/08/24 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 9771.712** 牡5 57.0 蛯名正義伊藤雄二498(-6)2.00.3 0.034.4サクラプレジデント
03/07/27 函館 11 函館記念 G3 芝2000 15344.311** 牡5 58.0 蛯名正義伊藤雄二504(+2)1.59.9 -0.335.5⑦⑦④ヒマラヤンブルー
03/05/31 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 141115.073** 牡5 58.0 蛯名正義伊藤雄二502(0)1.59.2 0.335.7⑤⑤⑤④タップダンスシチー
03/04/26 東京 11 東京リニュー OP 芝2400 13573.713** 牡5 57.5 武豊伊藤雄二502(-14)2.24.5 0.835.2⑤⑤⑤⑤タップダンスシチー
03/01/19 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 138137.236** 牡5 58.0 松永幹夫伊藤雄二516(+2)2.26.8 1.035.9⑦⑥⑤④バンブーユベントス
02/12/08 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 167145.225** 牡4 58.0 松永幹夫伊藤雄二514(-6)2.00.1 0.636.1④⑤④イブキガバメント
02/11/02 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 167135.1212** 牡4 59.0 松永幹夫伊藤雄二520(+18)1.47.4 0.635.9ビッグゴールド
01/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 15584.533** 牡3 57.0 松永幹夫伊藤雄二502(+2)3.07.4 0.234.4④④⑤⑥マンハッタンカフェ
01/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 128121.811** 牡3 56.0 松永幹夫伊藤雄二500(0)1.59.5 -0.034.5サンライズペガサス
01/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 9225.821** 牡3 53.0 蛯名正義伊藤雄二500(+2)2.00.1 -0.434.4④④④ファイトコマンダー
01/07/08 函館 11 巴賞 OP 芝1800 11553.711** 牡3 51.0 松永幹夫伊藤雄二498(+6)1.48.3 -0.235.1アンブラスモア
01/05/27 東京 7 駒草賞 OP 芝2000 8112.211** 牡3 56.0 武豊伊藤雄二492(-4)2.03.6 -0.734.5④④⑤メイクマイデイ
01/04/14 阪神 9 若草S OP 芝2200 8221.618** 牡3 55.0 四位洋文伊藤雄二496(-10)2.14.6 0.737.1④⑤④マイネルライツ
01/03/24 阪神 7 3歳500万下 芝2200 10111.711** 牡3 55.0 四位洋文伊藤雄二506(-2)2.12.9 -0.334.7⑤⑤⑤アデレードシチー
01/03/04 阪神 6 3歳新馬 芝2000 13692.711** 牡3 55.0 松永幹夫伊藤雄二508(-10)2.06.4 -0.336.5④⑤プレシャスソング
01/02/25 阪神 2 3歳新馬 ダ1800 13691.916** 牡3 55.0 M.デムー伊藤雄二518(--)1.57.0 1.740.5ヒカリホーオー

エアエミネムの関連ニュース

日曜日に行われる日経新春杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


メロディーレーン
母は丹頂S(札幌芝2600m)の勝ち馬で、父は三冠馬のオルフェーヴル。母父のモティヴェーターは現役時に英ダービーを制し、種牡馬としては凱旋門賞連覇などG1 6勝のトレヴを送り出している。力を要する馬場の持久力勝負に適したタイプとみていいだろう。父系祖父ステイゴールドの隔世遺伝からくるものなのか、小兵と称するのもためらうほどの小さな馬体がネックではあるが、49キロの軽ハンデならば、その弱点をクリアする可能性もある。浮上の場面があってもおかしくはない。

レッドジェニアル
さかのぼると、1907年に輸入されたフロリースカップにたどり着く名門牝系。代々重ねられてきた種牡馬として、本馬の父キングカメハメハなど、5頭の日本ダービー馬が名を連ねる。母は2008年のフローラSを制し、2010年の当レースで3着と好走。本馬自身も京都新聞杯を制しているように、大箱コースとは相性がいい。ただ、在来牝系の出自ゆえに本質は野芝がしっかりと効いた馬場がベター。野芝の状態が悪く、洋芝優位となっている今の京都コースでは、最後の詰めが甘くなる可能性もある。勝ち切れない場面は想定しておいたほうがいいだろう。

マスターコード
ハービンジャー×サンデーサイレンスというオーソドックスな組み合わせ。叔父にはマイルCS香港マイルを制したハットトリックがいる。ただし、本馬はリボー系×ダマスカス配合の祖母の影響が濃いためか、持久力を末脚に凝縮したかのような仕様になっており、これまでと同じスタイルでは勝負どころで後手を踏む可能性が高い。この舞台で上位争いに食い込むには、相応のスタミナを必要とする展開や馬場、あるいは自身から積極的に動いて、消耗戦に持ち込むかたちが必須となろう。

レッドレオン
母のレッドエルザは未勝利に終わったが、その全兄イングリッシュチャンネルはBCターフなど6つのG1を制覇。祖母の全姉も米G1を制しており、想像以上に血統的価値は高い。ディープインパクト×米国ミスプロ系の配合は昨年の勝ち馬グローリーヴェイズと同じ。ミスプロ系×ヌレイエフ系の肌馬に父を重ねたパターンは、ヴィルシーナヴィブロスの姉妹と共通する。古馬重賞初挑戦といえども、侮ってはいけない存在だ。

チェスナットコート
父のハーツクライは2013年の勝ち馬カポーティスターを輩出。父母父であるトニービンの当レース相性も良い。ヘイローのインブリードを有し、ノーザンダンサー系とミスプロ系を組み合わせた母を持つ父産駒という点はシュヴァルグランと共通。母系にリボー系種牡馬を内包しているところは、フェイムゲームを想像させる。淀の長丁場にマッチした血統構成といえよう。ただ、昨秋以降は4戦連続1秒以上敗退と精彩を欠く近走。前回より相手が強くなるG2で上位圏内に足りるかどうか。積極的には手が出ない。

モズベッロ
ディープブリランテ×ハーランズホリデーの組み合わせ。スピードの持続力と馬力が強調された配合に、機動力に優れたヘイローの多重クロスを併せ持つことから、キレよりも長くいい脚を求められる今回の舞台に適したスキルを備えているものと推察される。米G1勝ち馬の母を擁する牝系の系譜も悪くなく、ポテンシャルの面で大きな差はない。持ち前のパワーが優位に働く競馬質になれば、上位進出の目もありそうだ。

タイセイトレイル
祖母はシンコウラブリイで、その父はニジンスキー直仔のカーリアン。そこにシンボリクリスエスハーツクライを重ねている。中距離以上の持続力勝負で能力を発揮するタイプとみていい。やや母方の持久力が強く出ているぶん、後半のスピード勝負になると辛い面がある一方で、上がりを要する展開と化せば、上位圏内まで視野に入る。祖母の子孫にセカンドクラスの重賞で活躍した面々が並んでいることを踏まえると、G1→G2の臨戦過程も好材料。警戒を怠れない1頭だ。

エーティーラッセン
近親にステイヤーズS2着など重賞戦線で活躍したアラバンサ、重賞4勝のほか菊花賞でも3着に健闘したエアエミネムがいる筋の通った牝系。その反面、近い親族の重賞勝ちは2003年産経賞オールカマーエアエミネムが最後で、ここに入ると活力的に見劣る印象は否めない。サマーバード産駒の当該コース成績が奮わない点も懸念材料だ。ニジンスキー(5×3のクロスを内包)独特の粘り強さは評価できるものの、相応の決め脚を求められる京都芝2400m、それも相手強化のG2では厳しいだろう。

ロードヴァンドール
父はスピードの持続力に優れたダイワメジャー。その父に、パワーと持続力に長けたストームキャット×リボー系の肌馬を重ね、上質の機動力を生み出している。一方で、パワー色の強い牝系の血脈が影響しているせいか、根幹距離でラストの決め脚勝負になると分が悪い。持ち味を活かすには、一昨年の2着時と同様に先手をとって我慢比べに持ち込むか、あるいはロングスパートを仕掛けることが不可欠となる。

サイモンラムセス
しぶとさが身上のブラックタイドを父に持ち、母はマヤノトップガン×リアルシャダイという、持久力に優れたロベルト系同士の配合馬。一定以上のスタミナを問われる現在の京都芝コースの傾向を踏まえると、それなりの適性を備えているものと考えられる。ただ、近い親族をみるとプライドキムやシスティーナあたりが最たる存在。それゆえ、G2では活力の面で物足りない。ましてや、昨年3月以来の実戦。上位争いを期待するのは酷だろう。

サトノガーネット
母はノネット賞3着の実績を持つフランス産馬。母父は仏2000ギニーの勝ち馬で、その父フェアリーキングはサドラーズウェルズの全弟。重ねて母母父は欧州ロベルト系と、小柄なディープインパクト産駒ながらも、力を要する馬場に適した血統構成とみていいだろう。その点、時計がかかる今の京都芝コースはフィットする可能性もある。脚質的にアテにしづらいが、その一方でハマッた時の威力は抜群。注文が叶うようなら出番はある。

スズカディープ
父のディープインパクトは京都芝外回り重賞で多数の活躍馬を輩出。近親に高松宮記念勝ちのスズカフェニックスがいる牝系についても見劣りしない。その一方で、母父にボールドルーラー系種牡馬を持つ馬の当該コース成績が芳しくない点は気がかり。相手強化で一変のケースが少ない父産駒の特徴を鑑みると、OP特別8着→G2の臨戦過程も大きな不安材料となる。加えて、約8か月ぶりの実戦ではいかにも分が悪い。

アフリカンゴールド
父は近年の日経新春杯で産駒が好パフォーマンスを示しているステイゴールド。半兄のアフリカンストーリーはドバイワールドカップの勝ち馬と、額面上の構成は文句なし。一族をひも解くと経験を積みながら力をつけていくタイプが多い。本馬も例に漏れず、去勢したことで気性の難しさが解消されつつあり、安定して走れるようになっている。昨年の当レースで大敗を喫しているが、ノーカウントととらえてもいいだろう。父系、母系ともに奥手の血統とあって、まだ強くなる可能性を秘めている。要注目の1頭だ。

プリンスオブペスカ
チーフベアハート×ゴールデンフェザントの肌馬にハーツクライを掛け合わせているのだから、備えている持久力はかなりのもの。タフなコースを好むタイプであるうえに、父、母ともに当レースと好相性のグレイソヴリンの影響が濃く、相応の舞台適性を秘めているのは間違いない。ただ、近い親族をみると、ヘッドシップやボールドノースマンあたりが上位の存在で活力不足の印象。OP特別11着→G2の臨戦で一気にパフォーマンスを上げてくることは考えづらい。馬券圏内までには至らないのではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

エアエミネムの関連コラム

関連コラムはありません。

エアエミネムの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

エアエミネムの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エアエミネムの写真

投稿写真はありません。

エアエミネムの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

エアエミネムの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。