レイモンドバローズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年3月10日生
調教師上村洋行(栗東)
馬主猪熊 広次
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 7戦[2-0-2-3]
総賞金2,399万円
収得賞金900万円
英字表記Raymond Barows
血統 ヴィクトワールピサ
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
レッドレイチェル
血統 ][ 産駒 ]
Medaglia d'Oro
クーデンビーチ
兄弟 レッドベロムアスターデカゴン
前走 2021/05/09 NHKマイルカップ G1
次走予定

レイモンドバローズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/05/09 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 181170.01215** 牡3 57.0 浜中俊上村洋行 482
(+6)
1.33.4 1.834.7⑰⑰シュネルマイスター
21/04/17 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 1861225.573** 牡3 56.0 浜中俊上村洋行 476
(+10)
1.34.5 0.335.0④④ホウオウアマゾン
21/02/13 東京 7 3歳1勝クラス 芝1400 165105.221** 牡3 56.0 松山弘平上村洋行 466
(-8)
1.21.6 -0.235.1アラビアンナイト
21/01/16 中京 5 3歳未勝利 芝1600 162311.951** 牡3 56.0 松山弘平上村洋行 474
(0)
1.34.1 -0.036.5マテンロウアレス
20/10/31 京都 3 2歳未勝利 芝1800 1371012.948** 牡2 55.0 松山弘平上村洋行 474
(-2)
1.49.2 1.737.3ステラリア
20/10/10 京都 3 2歳未勝利 芝1800 13575.633** 牡2 55.0 松山弘平上村洋行 476
(0)
1.50.7 0.438.9ギャラントウォリア
20/09/20 中京 5 2歳新馬 芝2000 1371026.465** 牡2 54.0 松山弘平上村洋行 476
(--)
2.03.6 1.035.2ジュンブルースカイ

レイモンドバローズの関連ニュース

 ◆横山武騎手(リッケンバッカー4着)「ペースが速く、押っつけ通しだった。それでもしまいは来ているので能力は高い」

 ◆岩田望騎手(ロードマックス5着)「ゲートを五分に出て勝ち馬の後ろにつけて、折り合いも問題なかった。しまいは脚を使ってくれることを信じて追った。精神的にも成長しています」

 ◆M・デムーロ騎手(タイムトゥヘヴン6着)「上手にスタートして、いいところを選んで通ったが、勝負どころで狭くなった」

 ◆津村騎手(アナザーリリック7着)「理想的な位置で折り合って走れた。最後まで食らいついているし、今後が楽しみ」

 ◆石橋騎手(ランドオブリバティ8着)「スタートは速かったが、他が行ったのでポケットに入れてジッとしていた。モタれることもなく、しっかりと競馬をしてくれた」

 ◆武豊騎手(ホウオウアマゾン9着)「イメージ通りの競馬はできた。トモがパンとしてくれば、大きなところを狙える」

 ◆幸騎手(ルークズネスト10着)「4コーナーまではイメージ通りでしたが、直線に向くと手応えがなかった」

 ◆戸崎騎手(ヴェイルネビュラ11着)「ペースが速くて追走に苦労した」

 ◆福永騎手(ピクシーナイト12着)「スタートは慌てて出る感じで、道中も張り切りすぎていた」

 ◆田辺騎手(ショックアクション13着)「道中の追走に余裕がなかった」

 ◆三浦騎手(シティレインボー14着)「リズムよく走れて脚は使っているが、前も止まらなかった」

 ◆浜中騎手(レイモンドバローズ15着)「頭を上げたときにタイミングが悪く出遅れた」

 ◆田中勝騎手(ゴールドチャリス16着)「体は(12キロ)減っていたが、頑張ってくれた。筋肉がついてくれば」

 ◆武藤騎手(グレイイングリーン17着)「ペースが速く、4コーナーでは逆手前になってしまった。距離も少し長かった」

★9日東京11R「NHKマイルC」の着順&払戻金はこちら

サンスポ連載企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』今週は馬次郎さんが登場!<NHKマイルカップ2021> 2021年5月9日() 12:00

毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティとのタイアップ企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』
今週は、馬次郎さんのNHKマイルC予想が掲載されています。

それでは早速、予想をご覧いただきましょう。

東京5週連続G1が幕を開けます。先陣を切るのはNHKマイルC。本日は、ウマニティユーザー予想家の馬次郎さんに、この注目の3歳マイル王決定戦を予想してもらいましょう。「当該レースの過去の3着以内馬の近2走の条件・着順・最終調教場所を重視し、前走との間隔や血統を加味して有力馬を絞り込む予想法」から導かれる結論にご注目ください。

「まず、結果の出ていない最終追い切りがCWの馬は消し」としたうえで、「どの馬にも多少は気掛かりな点があり、上位勢の差はほとんどない」と評価。最終的に、マイナス材料の少なかった◎④バスラットレオン、○⑧グレナディアガーズ、▲⑮シュネルマイスターという順に重いシルシが打たれました。以下、⑬ホウオウアマゾン、⑱ピクシーナイト、①レイモンドバローズを押さえ、馬券は単複④、馬連流し④→①⑧⑬⑮⑱で勝負します。

ウマニティの予想コロシアムでは、さまざまなタイプの凄腕予想家の予想を閲覧することができます。ぜひチェックしてくださいね!
(ウマニティ編集長・岡田大)




===================
本レース以外の馬次郎さんの予想は、ウマニティの予想コロシアムでご確認ください。
===================

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】NHKマイルC2021 徳光和夫さん、カンニング竹山さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年5月9日() 05:30


※当欄ではNHKマイルCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
バスラットレオン
タイムトゥヘヴン
グレナディアガーズ
ヴェイルネビュラ
シュネルマイスター
ピクシーナイト
ワイド流し
④-③⑤⑥⑦⑧⑪⑭⑮

【カンニング竹山】
◎⑮シュネルマイスター
3連単1着軸流し
⑮→③④⑧⑩⑬⑱

【DAIGO】
◎⑧グレナディアガーズ
ワイド
⑧-⑮シュネルマイスター

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑬ホウオウアマゾン
○④バスラットレオン
▲⑧グレナディアガーズ
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑩ソングライン
△①レイモンドバローズ
△⑨ゴールドチャリス
3連単1頭軸流しマルチ
⑬→①④⑦⑧⑨⑩

【杉本清】
◎⑧グレナディアガーズ
○④バスラットレオン
▲③ルークズネスト
☆⑱ピクシーナイト
△⑤リッケンバッカー
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑩ソングライン
△⑬ホウオウアマゾン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩ソングライン

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑧グレナディアガーズ

【林修】
注目馬
グレナディアガーズ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③ルークズネスト
○⑮シュネルマイスター
▲⑧グレナディアガーズ
△④バスラットレオン
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑪ヴェイルネビュラ
△⑬ホウオウアマゾン
△⑱ピクシーナイト

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑧グレナディアガーズ

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑧グレナディアガーズ
○④バスラットレオン
▲⑮シュネルマイスター
☆⑤リッケンバッカー
△②アナザーリリック
△③ルークズネスト
△⑱ピクシーナイト

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑧グレナディアガーズ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑬ホウオウアマゾン
○⑧グレナディアガーズ
▲③ルークズネスト
△⑮シュネルマイスター
△④バスラットレオン
△⑤リッケンバッカー
△⑱ピクシーナイト

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ルークズネスト
シュネルマイスター

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑧グレナディアガーズ

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑬ホウオウアマゾン

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑧グレナディアガーズ

【橋本マナミ】
◎④バスラットレオン
○⑧グレナディアガーズ
▲⑬ホウオウアマゾン
△⑮シュネルマイスター
△③ルークズネスト
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑩ソングライン
△⑱ピクシーナイト

【横山ルリカ】
◎⑮シュネルマイスター

【神部美咲】
◎⑦タイムトゥヘヴン
3連単ボックス
バスラットレオン
タイムトゥヘヴン
グレナディアガーズ
ソングライン
シュネルマイスター
ワイド流し
⑦-③⑮

【旭堂南鷹】
◎③ルークズネスト
○②アナザーリリック
▲⑱ピクシーナイト
△⑭ショックアクション
△⑧グレナディアガーズ

【稲富菜穂】
◎③ルークズネスト
○④バスラットレオン
▲⑧グレナディアガーズ
△⑬ホウオウアマゾン
△⑮シュネルマイスター
△⑱ピクシーナイト

【やべきょうすけ】
◎⑮シュネルマイスター
○⑧グレナディアガーズ
▲②アナザーリリック
△③ルークズネスト
△④バスラットレオン
△⑩ソングライン
△⑱ピクシーナイト

【小木茂光】
◎⑧グレナディアガーズ
3連単フォーメーション
③⑧⑫→②③④⑦⑧⑩⑫⑬⑮⑱→③⑧⑫

【津田麻莉奈】
◎③ルークズネスト

【キャプテン渡辺】
◎⑮シュネルマイスター
馬連・ワイド
⑮-③ルークズネスト

【安田和博(デンジャラス)】
◎④バスラットレオン
○①レイモンドバローズ
▲⑬ホウオウアマゾン
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑪ヴェイルネビュラ
△⑫ランドオブリバティ
△⑯ロードマックス

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑩ソングライン
○⑧グレナディアガーズ
▲⑤リッケンバッカー
☆④バスラットレオン
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑪ヴェイルネビュラ
△⑫ランドオブリバティ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑬ホウオウアマゾン
○⑧グレナディアガーズ
▲⑮シュネルマイスター
△②アナザーリリック
△③ルークズネスト
△④バスラットレオン
△⑱ピクシーナイト

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑮シュネルマイスター
3連単フォーメーション
⑮→③④⑧⑩→③⑧
3連単2頭軸流しマルチ
⑮→④→①②③⑤⑦⑧⑩⑫⑬⑱
⑮→⑩→①②③④⑤⑦⑧⑫⑬⑱

【ギャロップ林】
◎⑩ソングライン
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑮→②④⑦⑧⑫

【こいで(シャンプーハット)】
◎③ルークズネスト
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑧→④⑫⑬⑮⑰⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎②アナザーリリック
3連単2頭軸流しマルチ
②→③→①④⑦⑧⑩⑫⑬⑮⑯⑱
②→⑧→①③④⑦⑩⑫⑬⑮⑯⑱

【浅越ゴエ】
◎④バスラットレオン
ワイド
④-⑪ヴェイルネビュラ
3連単1頭軸流しマルチ
④→③⑦⑧⑪⑮⑱

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎③ルークズネスト
馬単マルチ
③→⑧
3連単フォーメーション
③⑧→①②④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→③⑧
①②④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→③⑧→③⑧
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑮シュネルマイスター
3連単フォーメーション
⑧⑮→②③④⑤⑥⑦⑩⑬⑭⑰⑱→⑧⑮
⑧⑮→⑧⑮→②③④⑤⑥⑦⑩⑬⑭⑰⑱

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎②アナザーリリック
ワイド流し
②-③⑦⑬⑮⑱

【リリー(見取り図)】
◎③ルークズネスト
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑧→⑤⑦⑪⑮⑰

【岡野陽一】
◎⑩ソングライン
○④バスラットレオン
▲⑫ランドオブリバティ
△③ルークズネスト
△⑧グレナディアガーズ
△⑬ホウオウアマゾン
△⑮シュネルマイスター

【船山陽司】
◎⑫ランドオブリバティ

【上村彩子】
◎②アナザーリリック

【篠原梨菜】
◎④バスラットレオン

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎④バスラットレオン

【大島麻衣】
◎⑧グレナディアガーズ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑱ピクシーナイト
○⑧グレナディアガーズ
▲⑫ランドオブリバティ
△⑮シュネルマイスター
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑯ロードマックス

【柴田阿弥】
◎⑮シュネルマイスター
ワイド流し
⑮-⑧⑬⑯⑱

【高田秋】
◎④バスラットレオン

【原奈津子】
◎⑮シュネルマイスター
○③ルークズネスト
▲⑱ピクシーナイト

【森咲智美】
◎⑱ピクシーナイト
○③ルークズネスト
▲⑧グレナディアガーズ
△⑬ホウオウアマゾン
△④バスラットレオン
△⑮シュネルマイスター
☆⑤リッケンバッカー

【ほのか】
◎④バスラットレオン
○③ルークズネスト
▲⑫ランドオブリバティ
☆⑭ショックアクション
△⑤リッケンバッカー
△⑱ピクシーナイト

【守永真彩】
◎⑧グレナディアガーズ
3連複フォーメーション
⑧-③④-②③④⑦⑩⑫⑬⑭⑮⑱

【天童なこ】
◎⑮シュネルマイスター
○③ルークズネスト
▲⑬ホウオウアマゾン
☆⑧グレナディアガーズ
△⑩ソングライン
△④バスラットレオン
△⑫ランドオブリバティ
△⑭ショックアクション
△⑱ピクシーナイト

【目黒貴子】
◎⑮シュネルマイスター



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【NHKマイル】直前気配 2021年5月9日() 04:53

 <東京競馬場>

 グレナディアガーズはGI2勝目を狙って午前11時6分に到着。「1度使って良くなっていて、昨年より良化もしています。いかに自分のリズムで走れるかという点が最大の課題」と中内田調教師。

 矢作厩舎の2騎は午前10時31分に現地入り。キズナ産駒のGI初制覇がかかるバスラットレオンについて、矢作調教師は「思っている以上に成長が早く、いろんな意味で上がっています。勝つときは逃げていますので、その形がベストなのかな」と先手必勝の構え。キングカメハメハとの父子制覇を目指すホウオウアマゾンについては「優等生でスタートが良く、折り合いがついてセンスがある。バスラットレオンの後ろの位置取りだろう」と思い描く。

 ピクシーナイトは午後4時17分に到着。「ひと叩きしての中2週で調整しやすかった。前走より、追い切りの動きも良く見えた」と音無調教師。

 ルークズネストは午後4時12分に現地へ。浜田調教師は「(ゲート)練習では大丈夫だけど、偶数に越したことはなかった」と先に入る奇数枠を警戒。

 シティレインボーは午後3時14分に到着。「GIの方が、流れが速くなっていい。他の馬の後ろで我慢できるような競馬ができれば」と池添兼調教師。

 ショックアクションは午後3時31分に到着。「特に悪いところもなく順調です」と大久保調教師。

 リッケンバッカーも午後3時31分に決戦の地へ。「前からでも後ろからでも競馬はできる。良馬場ならしまいは切れるよ」と西村調教師は色気あり。

 ゴールドチャリスは午後4時に到着。「稽古をやっても体重が減らなくなった。ピンクカメオ(2007年V)のめいっ子だし、頑張ってくれないかな」と武幸調教師。

 グレイイングリーンは午後4時に現地に入った。「気配は良くなっている。いい馬場でどれだけやれるか」と兼武助手。

 デビュー戦V舞台で復権を期すロードマックスは、午後4時12分に到着。「プール調教でリフレッシュしながら体を動かして、うまく調整できている。左回りの方がいいので、はまってくれれば」と藤原英調教師。

 レイモンドバローズは午後4時17分に到着。「輸送は経験しているし、この(最内)枠でも前に行ける馬だから」と上村調教師。

 <美浦トレセン>

 シュネルマイスターは南Wコースを1周。体調は最高潮だ。「いい感じで来ているし、状態は申し分ないです」と手塚調教師は自身の4年連続GI制覇に意欲を見せた。

 ランドオブリバティは北Cコース(ダート)をキャンターで1周。「能力は高いので、チャンスはある」と鹿戸調教師。

 ソングラインは南Bコース(ダート)→坂路でラスト1ハロン16秒6。「前向きさがあるなかで、どっしりと落ち着きもある。体の張り、毛づやも良く、いい状態で臨めそう」と林調教師。僚馬のアナザーリリックは南Bコースでインターバルを挟んで合計2周半。「穏やかにレースへ向かうことを主眼に置いてきました。長くいい脚を使うので舞台替わりはいい」と力こぶ。

 ヴェイルネビュラは南Bコースを1周半。「体をほぐして、レースに向けて元気をためる感じで。ポテンシャルは高いが気性が幼い。GIでどれだけやれるか」と岩藤助手。

 タイムトゥヘヴンは厩舎周りの運動。「十分仕上がっているので引き運動のみ。落ち着いて、いい感じです」と斎藤助手。

NHKマイルCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【NHKマイル】前走後の談話 2021年5月9日() 04:52

 〔1〕レイモンドバローズ「道中で少し力んでいた」(アーリントンC3着=浜中騎手)

 〔2〕アナザーリリック「距離はもう少し長くても良さそう」(アネモネS1着=津村騎手)

 〔3〕ルークズネスト「直線で一度は差されたが、力がある」(ファルコンS1着=幸騎手)

 〔4〕バスラットレオン「今日はつかまっていただけ。最後も流す余裕があった」(ニュージーランドT1着=藤岡佑騎手)

 〔5〕リッケンバッカー「捕まえられるかなと思ったけど…」(アーリントンC2着=幸騎手)

 〔6〕シティレインボー「よく頑張ってくれた」(ニュージーランドT3着=横山典騎手)

 〔7〕タイムトゥヘヴン「外枠は厳しかった。1600メートルはいい」(ニュージーランドT2着=Mデムーロ騎手)

 〔8〕グレナディアガーズ「道中は力んでいましたが、それでも辛抱して走ってくれました」(ファルコンS2着=川田騎手)

 〔9〕ゴールドチャリス「まだ非力なぶんかな」(ニュージーランドT6着=田中勝騎手)

 〔10〕ソングライン「いいポジションを取れたところで外から来られ、気持ちが切れた」(桜花賞15着=池添騎手)

 〔11〕ヴェイルネビュラ「良馬場の方が合う」(スプリングS5着=戸崎騎手)

 〔12〕ランドオブリバティ「1~2コーナーでコントロールが利かない感じになった」(スプリングS7着=三浦騎手)

 〔13〕ホウオウアマゾン「ゲートもスムーズに出ることができ、並びも良かったです」(アーリントンC1着=川田騎手)

 〔14〕ショックアクション「もう少し伸びてもいいと思ったけど…」(ファルコンS10着=戸崎騎手)

 〔15〕シュネルマイスター「いいパフォーマンスができた。ムキムキのマイラー体形で、2000メートルはぎりぎり」(弥生賞ディープインパクト記念2着=ルメール騎手)

 〔16〕ロードマックス「思ったほど伸びなかった」(ファルコンS9着=福永騎手)

 〔18〕ピクシーナイト「踏ん張りが利かなかったのは、GIを控えているぶん(の仕上げ)」(アーリントンC4着=福永騎手)

NHKマイルCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【NHKマイル】枠順の明暗 2021年5月8日() 04:58

 3歳マイル王に向けて、追い風が吹いた。前哨戦のアーリントンCを勝って勢いに乗るホウオウアマゾンは〔7〕枠(13)番。やや外めながら、安藤助手は満足げに切り出した。

 「外枠で良かった。あまり器用じゃなくて、長くいい脚を使うタイプ。外枠の方がスムーズに運べるので」

 (13)番はNHKマイルCで最多の4勝を挙げており、アマゾンに縁のある馬も多い。1997年の勝ち馬シーキングザパールは、コンビを組む武豊騎手の手綱。2004年のキングカメハメハは父で、11年のグランプリボスは厩舎の先輩。これ以上ない吉兆枠といっていい。

 安藤助手は「追い切り後も歩様に硬さがなくていい感じですよ」と好気配を伝える。GI初制覇へ、お膳立ては整った。

 <美浦トレセン>

 林厩舎の2騎は、アナザーリリックが〔1〕枠(2)番。ソングラインは〔5〕枠(10)番に入った。「一般的には偶数がいいといわれますが、2頭とも枠入りや駐立に関しても特に問題はないです。ジョッキーに納得して乗ってもらえれば」と林調教師は悠然と構える。

 シュネルマイスターは〔7〕枠(15)番。過去25回で唯一連対のない枠となった。「欲をいえば偶数の方がよかったが、外枠でいいんじゃない。追い切り後も順調だし、この馬の競馬をしてくれれば…」と手塚調教師は話した。

 ヴェイルネビュラは昨年の優勝枠〔6〕枠(11)番に入った。「追い切り後も変わりなく来ている。スタートが速いタイプではないが、真ん中なら(ゲートを)出たなりに競馬ができそう」と岩藤助手は期待を寄せる。

 ランドオブリバティは〔6〕枠(12)番。「偶数で頭数も多いので、真ん中ぐらいでいい。スタートが悪いわけじゃないので、マイルでもある程度流れに乗れると思う」と鹿戸調教師は満足顔。

 タイムトゥヘヴンは過去2勝の〔4〕枠(7)番。「内すぎても外すぎても嫌だったので、いい枠が引けましたね。枠内の駐立も大丈夫だし奇数枠も気にならない」と戸田調教師。



 <栗東トレセン>

 ニュージーランドTで逃走Vを決めたバスラットレオンは、過去2勝の〔2〕枠(4)番。2016年にはメジャーエンブレムが逃げ切っている。安藤助手は「内枠で良かったと思います。外枠なら出していくと掛かる心配があるけど、ここならそんなに出していかなくてもいい」と歓迎した。

 昨年の朝日杯FS勝ち馬グレナディアガーズは〔4〕枠(8)番。13年にマイネルホウオウが勝っている。片山助手は「決まった枠でやるだけです」と語った。

 ピクシーナイトは大外の〔8〕枠(18)番。音無調教師は「他の馬の様子を見ていけるし、向こう正面が長いから外々を回るわけでもない。好位差しの競馬をするのなら、枠はどこでもいい」と話した。

 ルークズネストは〔2〕枠(3)番。浜田調教師は「悪い枠ではないけど、少し内すぎるかな。(ここ2戦逃げ切りの)バスラットレオン((4)番)と逆だったら良かったのに」と“並び”を気にしていた。

 ロードマックスは〔8〕枠(16)番。内枠を望んでいた藤原英調教師は「仕方がない。これから作戦を考える」と思案顔だった。

 レイモンドバローズは〔1〕枠(1)番。馬主の猪熊広次氏はこの枠で、一昨年の日本ダービーロジャーバローズ)を勝った。「前哨戦で権利を獲得して浜中騎手というのも同じ。最内だけど、スタートが速いし、馬群を気にするわけでもないからね」と上村調教師。

 グレイイングリーンは〔8〕枠(17)番。「偶数が良かったですけど、うまくスタートのタイミングを合わせられれば」と兼武助手。

 ショックアクションは〔7〕枠(14)番。「もう少し内の方が良かったね。馬の方は追い切ったあとも順調にきています」と大久保調教師。

 リッケンバッカーは〔3〕枠(5)番。西村調教師は「偶数に越したことはなかったけど、どこでも良かった。自在性があるから出たなりで」とうなずいた。

 シティレインボーは〔3〕枠(6)番。「内寄りの偶数枠で言うことなし。馬の後ろで我慢する競馬ができれば」と池添兼調教師。

 ゴールドチャリスは〔5〕枠(9)番。「極端な内でなければいいと思っていた。出たなりでごちゃつかずに運んでほしい」と武幸調教師。



NHKマイルCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

レイモンドバローズの関連コラム

関連コラムはありません。

レイモンドバローズの口コミ


口コミ一覧
閲覧 132ビュー コメント 8 ナイス 35

文章、画像は、jcastニュースより。

「ウマ娘」が描き切れなかった、競走馬サイレンススズカの濃密すぎる4年半

 「ウマ娘 プリティーダービー」アニメ第1期で主人公格のキャラクターとして描かれたのがサイレンススズカである。1998年11月1日、秋の天皇賞での悲劇的な最期のためか、ウマ娘では儚げな美少女キャラクターが同じ名前をいただいた。

 「ウマ娘 プリティーダービー」アニメ第1期で主人公格のキャラクターとして描かれたのがサイレンススズカである。1998年11月1日、秋の天皇賞での悲劇的な最期のためか、ウマ娘では儚げな美少女キャラクターが同じ名前をいただいた。

 「沈黙の日曜日」で突然絶たれたサイレンスズカのドラマだが、デビューから「逃げ馬」の名声を確立するまでにもドラマがあった。そんなスズカの馬生と、ゲームの中での彼女の歩みを比較してみる。

■遅れてきたダービー候補

 サイレンススズカは1994年5月1日生まれと、3・4月の出生が多い競走馬の中では遅めの時期に生まれ、そして馬体重もデビュー時は436kgと小柄な馬だった。デビュー戦も遅めの4歳(現3歳)2月で、舞台は京都芝1600mだった。

 そのデビュー戦でスズカは逃げた。2番手がほぼ斜め後ろで追走できる抑え気味の逃げだったが、一本のムチも入れなかったどころか、4コーナーで気合を入れてからは一切追わず、結果2着馬と0.7秒で約7馬身差の圧勝劇だった。

 鞍上は上村洋行騎手だったが、後々主戦となる武豊騎手も同じレースに騎乗しており、後ろからそれを見ていた。同じ日にはもう一つ同じ距離で新馬戦があったのだが、時計が1分37秒8。これに対してスズカの時計は1分35秒2と2秒6もの差があった。遅れてきたダービー候補という評価を受けるのは当然で、それまで有力とされてきた馬たちにとっては脅威の存在であったのだ。

 「逃げ馬」ぶりはゲーム「ウマ娘」でも忠実に描かれ、ゲーム内のストーリー1話でトレセンでの模擬レースを大逃げで快勝したシーンが登場する。道中7馬身の差をつけて逃げ、そのまま逃げ切って「気持ちいい...」と漏らすスズカ。史実のデビュー戦の再現であろう。

■弥生賞での「事件」

 だが、2戦目となった1997年弥生賞で事件が起こる。サイレンススズカはデビュー直後に出たソエで強い調教ができておらず、なんとか皐月賞の出走権を得るために強行気味に弥生賞に出走した。2番人気で迎えたレース、各馬ゲートインとなったところでサイレンススズカがしゃがみ込んでしまい、さらにはゲート下を潜り出てしまったのである。この影響で上村騎手は足を痛めてしまった。

 なんとか馬体検査を受けて出走は可能となったが8番枠から大外発走になってしまう。上村騎手は無理を押してそのまま騎乗。だが、結局ゲートが開いた直後にサイレンススズカは暴れてしまい大きな出遅れ。それでも追いかけて4コーナーでは3番手まで上がるという脚を見せるのだが結果8着と完敗してしまったのである。

 その後、プリンシパルSは勝利するも、ダービーは9着に終わる。

 一度ゲートを潜ったことで気性の心配をされたサイレンススズカにメンコ(覆面)がついたのは、ダービーの大歓声で興奮させないために耳を覆うためである。ウマ娘でのスズカは緑の耳をピョコピョコかわいく動かしているが、これを見るたび、「景色に集中させたい」とでも言えるような当時の厩舎関係者による懸命な歩み寄り、寄り添ってきた努力の形が思い出される。

 ダービー完敗後、上村騎手は「いろいろなことを求めすぎた結果、とうとう精神的にキレてしまったんです」というコメントを残している。ウマ娘でのスズカならば会話ができるので気持ちを汲むことができるが、史実のスズカは当然話せない。気持ちを汲み取るのは相当大変だっただろう。
自然に走らせてみた結果...

 厩舎関係者、上村騎手、ともにスズカの能力を出させてあげる答えが出たのが次戦となった神戸新聞杯だ。

 「好きなように駆けさせてあげよう」。簡単に聞こえるが、ペースや展開がある競馬においてその判断は容易ではなかったはずだ。上村騎手はこのレース、一切追っていないし止めにもいっていない。自然と逃げに行ったのである。

 だが4コーナーまで後続に3馬身の差をつけ快勝ムードが漂ったところ1頭だけ猛烈な追い込みをみせてきた馬がいた。その後菊花賞を勝つマチカネフクキタルである。直線に入って追ったのが遅すぎた結果となり、マチカネフクキタルに交わされて2着と敗れてしまったことで、上村騎手は主戦を外されてしまった。

 好きに逃げることで好走はできた。だが、史実のスズカはそう簡単にはいかなかった。

 サイレンススズカには左旋回癖があった。アニメでも悩むと左回りでぐるぐる回るし、ゲームでのローディング画面でもたまにスズカが左回りでフラフラしているシーンが描かれている。一見可愛らしいように見えるが、蹄鉄のすり減りや馬体のバランスにも影響するので現実の競馬ではあまり褒められた癖ではない。

 この癖を治そうと厩舎関係者は天井から畳を吊るして行動を制限させる試みをしたエピソードがあるのだが、それがむしろストレスになったとも言われ、まだスズカは圧倒的な強さを見せることができなかった。

■「自由」を得て逃げまくった1998年

 最後の転機は香港競馬から招待馬として選出され、香港国際カップに出走した1997年の香港遠征である。上村から主戦を引き継いでいた河内騎手は別のレースが決まっていたため、鞍上となったのが、武豊騎手だ。

 武ジョッキーはサイレンススズカに「完全に自由に」走らせる選択をとった。1800mのレースだったが、1000m通過が58秒2という時計で逃げ、結果5着に敗れたものの「抑えず競馬したほうがいい」という確信を得たのである。そもそも生まれもデビューも遅めで小柄だった馬、古馬となって完成する可能性を秘めていた。スズカの成長と、時間をかけたスタッフの理解があって、翌年からスズカの快進撃が始まるのである。

 1998年のスズカは気持ち良いくらいに逃げ、勝ちまくった。1800-2200mのレースに条件を定めて破竹の6連勝。連勝の始まりのバレンタインSですでに後続を10馬身離して逃げ、2着と0.7秒差をつけて圧勝してからは一切の「我慢」をやめた。解き放たれたスズカに敵はいなかったのである。

 そしてやはり、ウマ娘のシナリオにも含まれる伝説の金鯱賞に触れないわけにはいかない。単勝は最終オッズ2.0倍であったが、2倍つくのかつかないのか、普段2倍の単勝なんて買わない私もドキドキしながらなけなしのお金で単勝を買っていた。

 レースでスズカは鞍上の武騎手が手綱を動かすことなくすんなり先頭を走ると、伸び伸びと前に進み続け、手綱を持ったまま道中の時点で後続に大差をつけて逃げ、そのままムチ一つ入れず大差のまま逃げ切った。1頭だけ違う次元でレースをしていたという表現がぴったりなのではなかろうか。

 もはや自由を手に入れたスズカと、寄り添えた関係者にとって騎手が替わることに問題はなかったのかもしれない。宝塚記念は武騎手ではなく南井克巳騎手となった。これは本来宝塚記念を目指していなかったスズカ陣営がファン投票選出もあって出走を後から決めた影響で、武豊騎手はエアグルーヴ騎乗の先約があったためである。

 「どちらもいい馬で、どちらか回避してくれないかと思った」と武豊騎手が後に語るほど悩ましい選択だっただろう。そして、スズカは毎日王冠、運命の天皇賞(秋)へと歩を進めた。

■ウマ娘で「迷走期」にトレーナーが出した答え

 こうしたサイレンススズカの歩みを、「ウマ娘」ではゲーム育成システムの絡みもあって、史実通り完全な再現はできなかった。デビューは遅い時期であったためジュニア級の時期はレースをしていなかったわけだし、そもそも複雑で多くの競馬ファンが「迷走していた」といわれる時期を全て盛り込むことは厳しかっただろう。

 それでもストーリー1話で模擬レースを勝った後、2話では8着と敗れた弥生賞をイメージしたであろう物語が展開される。初代のトレーナーは我慢しない逃げではなく抑えて駆けるようにとの指示を出し 、自由に走れないことで完敗してしまうというものだ。

 その後トレーナーが交代し、実際ゲームをするプレイヤーはこの時点からサイレンススズカのトレーニングに関わるようになる設定。だから、育成シナリオでのデビュー戦が史実の3戦目で逃げて快勝した阪神芝2000mなのであろう。

 史実の2戦目である弥生賞での内容がゲームでは違っているが、当時の競馬ファンがサイレンススズカに抱いた「一体何があったのか」と思える迷走からどうサイレンススズカの将来を考えるかに強いスポットが当たっていることは同じだ。

 そう、答えは「スズカの好きなように先頭の景色を見せてあげること」だったのだから。

■仮想のライバル・エアグルーヴとの因縁

 先頭の景色を完璧に見た大差逃げ切り勝ちの金鯱賞は、ウマ娘でもスズカにとって転機となる。他のウマ娘にも衝撃を与え、スズカに挑みたいと心に火がつく。その次走となった宝塚記念で他馬に挑まれる形となるわけだが、史実通りに寄せ付けずに勝つと、エアグルーヴに話しかけられるシーンが登場する。

 少し遡るが、スズカとエアグルーヴにはウマ娘内では因縁が設定されている。ゲーム内のストーリー2話で8着となったシーンは史実での弥生賞のイメージのレースであるが、模擬レース2戦目でトレーナーの指示通りに逃げず抑えたレースをするスズカが苦悩する中、横からエアグルーヴがブチ抜いている。しかしエアグルーヴは模擬レース2戦目の基となっている弥生賞には出走していない。

 その後、ゲームでのエアグルーヴは宝塚記念で「成長したスズカ」と再戦する形になっている。そして宝塚記念でスズカが勝つと、エアグルーヴがプライドを賭けてスズカに再戦を申し込むのだ。

 史実で再戦は実現していないが、当時牝馬最強だった女帝エアグルーヴと、無敵と化したスズカが宝塚記念の後に再戦したとしたら、という可能性を用意し、それを宝塚記念後に挑戦の申し込みを笑顔で受けるスズカの姿として描いているのである。

 ウマ娘はゲームシナリオの制約上、デビュー時期が2歳相当のジュニア級に固定されているため現実との相違がどうしても発生するわけだが、そこを逆手に利用し、随所に「盛り込んできている」。なんと恐ろしいゲーム開発者の競馬愛だろうか。

 サイレンススズカの史実における最期の話はしない。ウマ娘でのスズカのシナリオは最後が天皇賞(秋)である。思う存分、逃げて勝たせてあげてほしい。シナリオのラストが10月後半となるため、その後のURAファイナルズやチーム戦向けの育成をするための調整期間もとりやすく、ゲーム上では非常に育成しやすいウマ娘の一人となっている。

 最後に、最初の主戦だった上村騎手は現在調教師として3年目。まだ重賞勝ちはないが、今年レイモンドバローズをG1に始めて出走させており、あのころスズカに寄り添った苦労がトレーナーとなって生きることで活躍してほしいと願うばかりである。

(公営競技ライター 佐藤永記)

 DEEB 2021年5月9日() 18:24
恥ずかしい馬予想2021.05.09[結果]
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 4

東京 9R 湘南ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 ロードシャムロック…7着
○12 トーセンリスト…15着
☆ 3 オールザゴー…16着
[結果:ハズレ×]

東京10R ブリリアントステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 6 ハヤヤッコ…8着
○ 8 ラストマン…7着
▲ 4 エルデュクラージュ…9着
△12 グレートタイム…4着
× 7 バンクオブクラウズ…2着
[結果:ハズレ×]

東京11R NHKマイルカップ GⅠ 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎ 8 グレナディアガーズ…3着
○ 4 バスラットレオン…中止
▲15 シュネルマイスター…1着
△ 3 ルーネスト…10着
× 1 レイモンドバローズ…15着
× 2 アナザーリリック…7着
☆ 6 シティレインボー…14着
[結果:ハズレ×]

中京 4R 3歳未勝利(混合)
◎ 1 リフレーミング…2着
○ 7 ディーコンセンテス…10着
☆ 6 ヒシカムイ…7着
[結果:ハズレ×]

中京10R 橘ステークス (L) 3歳オープン(国際)(特指)
◎12 エルカスティージョ…8着
○ 5 ニシノアジャスト…7着
▲10 ワザモノ…5着
△ 6 ダディーズビビッド…1着
[結果:ハズレ×]

中京11R 鞍馬ステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 ケープコッド…5着
○ 5 ナランフレグ…2着
▲11 タイセイアベニール…3着
☆ 7 トウショウピスト…11着
[結果:ハズレ×]

新潟 6R 4歳以上1勝クラス(混合)
◎ 9 レッドレビン…1着
○15 デルマラピスラズリ…5着
× 8 ☆イグナーツ…13着
[結果:ハズレ×]

新潟 7R 4歳以上1勝クラス(混合)
◎ 6 カーフライターク…5着
○12 サトノジヴェルニー…1着
☆ 7 ロマネスク…7着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 新潟大賞典 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 サトノエルドール…10着
○10 ポタジェ…2着
▲ 6 ヒュミドール…11着
× 2 ☆サンレイポケット…1着
×12 ☆ニシノデイジー…12着
[結果:アタリ△ 複勝 2 170円、ワイド 2-10 440円]

新潟12R 三条ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)牝(特指)
◎13 リネンファッション…1着
○ 7 プリティーチャンス…5着
☆ 6 バラーディスト…11着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:10戦0勝9敗1分]
完敗です。
豚さんは、ミニブタではなく、大きくなりそうな感じでした。

[もっと見る]

 スペースマン 2021年5月9日() 10:39
NHKマイルカップ、
閲覧 110ビュー コメント 0 ナイス 7

新潟の天気も風が吹いて、雨が降りそうで、いまいち!

午後から晴れるみたいだけどね!

そんな中、緊急事態宣言も延長するということで、

東京コロナの感染が、トップになってしまった!

自粛なんかやめて、外出禁止にしないと駄目だな!

いっそのこと山手線止めたほうが、いいのにね!

武蔵野線もとめるか?

どうなるか?

さて、NHKマイルカップは、池添が乗る◎ソングラインから

狙ってみたいと思う!

桜花賞は、メイケイエールから接触の影響でレースが出来ず、

不完全燃焼で終わった?

今度は、東京コースで勝っているので、大丈夫だと思うよ!

ましてや桜花賞は、レコードタイムだからね!

この馬だって、1分33秒1のタイムだからね!

悪くは、ないだろう!

馬体も良いのでね!

期待する!

〇対抗は、外国産馬のシュネルマイスターだな!

弥生賞を2着して、このレースに標準をあわせてきた!

意外と前走マイルでなく、千八や二千から参戦して、

好走することがあるので、期待したい!

▲単穴は、浜中が乗るレイモンドバローズかな?

やはり、トライアル3着は、怖いね!

ましてや東京コースも勝っているんでね!

浜中の1番枠、何かあるかな?

ダービーも1番だった!

菊花賞も1番だった!

何かあるかな?

あとは、パドックを見てからだ!


NHKのチャンネルは?

今夜のNHK?

[もっと見る]

⇒もっと見る

レイモンドバローズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  きんにく   フォロワー:0人 2021年1月18日(月) 22:24:42
つよ

レイモンドバローズの写真

投稿写真はありません。

レイモンドバローズの厩舎情報 VIP

2021年5月9日NHKマイルカップ G115着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レイモンドバローズの取材メモ VIP

2021年5月9日 NHKマイルカップ G1 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。