ゴールデンシロップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2018年2月26日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主ゴドルフィン
生産者Hall of Fame Stud
生産地
戦績 3戦[1-0-0-2]
総賞金620万円
収得賞金400万円
英字表記Golden Syrup
血統 Havana Gold
血統 ][ 産駒 ]
Teofilo
Jessica's Dream
Muscovado
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
Only Royale
兄弟
前走 2021/03/07 報知弥生ディープ記念 G2
次走予定

ゴールデンシロップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/03/07 中山 11 ディープ記念 G2 芝2000 101126.478** 牡3 56.0 北村宏司木村哲也524(-8)2.03.6 1.635.4⑥⑥⑥⑦タイトルホルダー
21/02/14 東京 5 3歳未勝利 芝1800 16367.531** 牡3 56.0 北村宏司木村哲也532(+2)1.46.7 -0.234.1コスモマイン
20/10/18 東京 5 2歳新馬 芝1800 143417.664** 牡2 55.0 北村宏司木村哲也530(--)1.52.7 0.334.1ヴァイスメテオール

ゴールデンシロップの関連ニュース

 ◆大野騎手(ソーヴァリアント4着)「終始リズムよく運べた。この相手によく頑張っている」

 ◆M・デムーロ騎手(テンバガー5着)「スタートをうまく出ていいポジションを取れたが、ペースが遅かった。ジリジリと脚を使うスタミナタイプなので、ヨーイドン(瞬発力勝負)の競馬は合わなかった」

 ◆三浦騎手(タイムトゥヘヴン6着)「今回は馬を前に置いてレースをしたかった。前残りの展開で早めに動いたので、最後は伸び切れなかった」

 ◆田辺騎手(ワンデイモア7着)「流れが遅かったのもあるが、現状では力の差を感じました」

 ◆北村宏騎手(ゴールデンシロップ8着)「すごくいいコンディションでした。枠を生かした立ち回りをしたが、馬群の中で他馬に気を使う感じで、最後は苦しくなってしまった」

 ◆奥村武師(ホウオウサンデー9着)「これからの馬ですね。スタートも甘かったし、ああいう形になっても自分を持っている馬。今日は相手も強かったです」

 ◆石橋騎手(タイセイドリーマー10着)「3~4コーナーでペースが上がってからついていけず、この馬のレースができなかった」

★7日中山11R「弥生賞ディープインパクト記念」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】弥生賞ディープインパクト記念2021 徳光和夫さん、大久保先生ほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2021年3月7日() 05:30


※当欄では弥生賞ディープインパクト記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎②ダノンザキッド
3連単1着軸流し
②→④⑤⑥⑨⑩

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎②ダノンザキッド
○③テンバガー
▲⑦タイムトゥヘヴン
△④タイトルホルダー
△⑥ワンデイモア
△⑨タイセイドリーマー
△⑩シュネルマイスター

【DAIGO】
◎②ダノンザキッド

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑦タイムトゥヘヴン
○⑩シュネルマイスター
▲②ダノンザキッド
△④タイトルホルダー
△⑧ソーヴァリアント
△⑥ワンデイモア
△①ゴールデンシロップ
3連単1頭軸流しマルチ
⑦→①②④⑥⑧⑩

【杉本清】
◎②ダノンザキッド
○⑦タイムトゥヘヴン
▲③テンバガー
☆⑩シュネルマイスター
△⑤ホウオウサンデー
△⑥ワンデイモア
△⑧ソーヴァリアント
△④タイトルホルダー

【林修】
注目馬
ダノンザキッド

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ダノンザキッド
テンバガー
シュネルマイスター

【橋本マナミ】
◎②ダノンザキッド
○⑩シュネルマイスター
▲⑥ワンデイモア
△③テンバガー
△④タイトルホルダー
△⑦タイムトゥヘヴン

【横山ルリカ】
◎②ダノンザキッド

【神部美咲】
◎②ダノンザキッド

【旭堂南鷹】
◎⑨タイセイドリーマー
○②ダノンザキッド
△⑧ソーヴァリアント
△⑩シュネルマイスター
△③テンバガー

【稲富菜穂】
◎④タイトルホルダー
○②ダノンザキッド
▲⑦タイムトゥヘヴン
△⑩シュネルマイスター
△③テンバガー
△⑧ソーヴァリアント

【小木茂光】
◎⑥ワンデイモア
3連単フォーメーション
②③⑥→②③④⑥⑦⑧⑩→②③⑥

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎④タイトルホルダー
単勝


【キャプテン渡辺】
◎④タイトルホルダー
単勝

馬単・馬連
④→②ダノンザキッド
3連単
④→②→①
②→④→①

【土屋伸之(ナイツ)】
◎①ゴールデンシロップ

【安田和博(デンジャラス)】
◎②ダノンザキッド

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎②ダノンザキッド

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎②ダノンザキッド
3連単フォーメーション
②→③④⑥⑦⑧⑩→⑥⑦⑧

【ギャロップ林】
◎⑥ワンデイモア
単勝

3連単フォーメーション
②→⑥→⑤⑦⑩

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑧ソーヴァリアント
3連単フォーメーション
②⑩→②③④⑥⑦⑩→⑧

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧ソーヴァリアント
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→②→①③④⑤⑥⑦⑨⑩
馬単
②→⑧
⑧→②

【浅越ゴエ】
◎②ダノンザキッド
馬単
②→④
②→⑥
3連単フォーメーション
②→④⑥→④⑥
④⑥→②→④⑥

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎④タイトルホルダー
3連単2頭軸流しマルチ
④→②→①③⑤⑥⑦⑧⑨⑩
3連単ボックス
①③⑨
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑥ワンデイモア
3連単1着軸流し
⑥→①②③④⑤⑦⑧⑨⑩

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑥ワンデイモア
ワイド流し
⑥-③④⑦
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→②→④⑩

【リリー(見取り図)】
◎⑩シュネルマイスター
3連単フォーメーション
②⑩→②⑩→⑥⑦⑧

【船山陽司】
◎⑥ワンデイモア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎③テンバガー

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧ソーヴァリアント
○②ダノンザキッド
▲③テンバガー
△⑩シュネルマイスター
△④タイトルホルダー
△①ゴールデンシロップ

【皆藤愛子】
◎⑩シュネルマイスター

【高田秋】
◎⑦タイムトゥヘヴン

【守永真彩】
◎⑥ワンデイモア
3連複フォーメーション
⑥-②⑩-②③④⑦⑩

【目黒貴子】
◎④タイトルホルダー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【弥生賞ディープインパクト記念】ゴールデンシロップ2歳王者倒す 2021年3月6日() 11:24

 昨年の最優秀2歳牡馬ダノンザキッドが始動する。うり二つの足跡から早くも「コントレイルの再来」との声が上がるが、果たしてどうか。東スポ杯2歳Sの勝ち時計はコントレイルより3秒も遅く、逃げた馬が4コーナーで逸走するアクシデントがあったとはいえ、ホープフルSも同日の2歳未勝利戦より0秒2速いだけ。少なくとも、タイム面からはそれほど強調できる存在ではない。

 2歳王者を倒す“究極の刺客”としてゴールデンシロップを指名する。

 強調したいのは何より前走の勝ち時計。東京芝1800メートル=1分46秒7(良)は、エフフォーリアが快勝した同日の共同通信杯を0秒9も上回った。昨年10月のデビュー戦よりタイムを6秒も詰めてのVに、北村宏騎手は「目標にされながらもよく押し切ってくれた。まだまだ良くなりそう」と手応えを感じていた。

 血統的な魅力も大きい。祖母オンリーロワイヤルは芝2400メートルの英GIヨークシャーオークスを連覇し、近親には芝3200メートルの豪GIメルボルンCを制したプリンスオブペンザンスがいる。大舞台向きの底力と距離適性を兼ね備えており、2000メートルへの1F延長は望むところだ。

 中間の攻め気配はさらに上昇している。3日はWコースで5F69秒3、ラスト1F12秒6(馬なり)。ジョッキー騎乗で目一杯に追われた3歳未勝利に併入し、古馬2勝クラスには3馬身先着。動きの鋭さには目を見張るものがあった。

 「中2週になるが、初戦のあとに比べれば回復は早かった。前走は強い内容。落ち着きがカギだが、どれだけやれるか見たい」と木村調教師。木村厩舎とゴドルフィンのタッグといえば、昨年はダーリントンホール共同通信杯を制してクラシックへ駒を進めた。今年もロイヤルブルーの勝負服が皐月賞への勝負駆けを決める。

 “究極の3連単”はゴールデンとダノンを1・2着に固定。3着候補に5頭を置く10点で勝負だ!(夕刊フジ)

弥生賞ディープインパクト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】弥生賞ディープインパクト記念2021 順調に好追い切りを消化したダノンザキッドが唯一のA評価 2021年3月5日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は弥生賞ディープインパクト記念・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われる弥生賞ディープインパクト記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

ゴールデンシロップ【B】
美浦南W併走。余力十分の手ごたえのまま、僚馬2頭に体勢有利の形でフィニッシュした。頭を上げるタイミングで背中の位置が下がるように映る点は気になるものの、脚元の動きは力強く、良い意味の前向きさもある。それなりに上積みは見込めそうだ。

ダノンザキッド【A】
栗東CW併走。しまい重点の内容ながら、鋭い伸び脚を披露した。背中が安定したブレの少ないフォームは見映えがするし、鞍上の仕掛けに対する反応も上々。前哨戦の仕上がりとすれば、優に合格点だろう。

テンバガー【B】
栗東CW併走。折り合い重視の調整で、直線は僚馬と並走。手前の切り替えに手間取りながらも、最後は体勢有利の形でゴールした。見た目は地味だが、自身から抜きにかかる前向きさは評価できるし、余力も十分に残している。好調維持と判断したい。

タイトルホルダー【B】
美浦南W単走。軽めの調整ながら、ブレの少ない好フォームで駆け抜けた。折り合い面に不安がある馬なので、落ち着いて走れている点は好印象。あとは、他馬がいる場合にテンションを保てるか否か。そのあたりが焦点となる。

ホウオウサンデー【C】
美浦坂路併走。肩の出が窮屈で前肢のさばきが硬く、手ごたえの割にしまいの伸びを欠いている印象。前に出ようとする勝負根性は買えるが、相手強化のトライアルで上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

ワンデイモア【B】
美浦南W併走。手ごたえに余力を残したまま先着を決めた。大型馬の割にこぢんまりとした走りではあるが、前膝を効果的に使って進む姿をみるに調子は良さそう。圏内突入の場面があってもおかしくはない。

タイムトゥヘヴン【B】
美浦南W併走。行きたがる面を見せるも、直線まで何とか我慢。解放されると大きなストライドを駆使して、僚馬を並ぶ間もなく突き放した。攻め馬では良く見せるタイプなので過度の評価はしづらいが、順調とみてよさそうだ。

ソーヴァリアント【C】
美浦南W併走。体勢有利でゴールしたものの、後肢が遅れてくるような感じで、そのぶんスピードの乗りが悪く映る。首を使って懸命に前へ進もうとする姿勢は好感が持てるが、上位進出には馬場や展開など何らかの恩恵がほしい。

タイセイドリーマー【C】
栗東坂路単走。それなりの時計を刻んだ一方で、促されてからの伸びは今ひとつ。低い重心を保ち、力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。評価は上げづらい。

シュネルマイスター【B】
美浦南W併走。ほぼ馬任せのまま僚馬に並びかけ、最後は馬体を併せてゴール。その後は前に出た。やや重心が高く、追ってさらに伸びるかどうかについては半信半疑だが、道中の軽快な脚さばきをみるに体調面の不安はなさそう。いい仕上がり具合ではないか。


【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、②ダノンザキッドがトップ評価となる。帰厩後は順調に本数を重ね、1週前、今週と好内容の追い切りを展開。鋭い反応と弾力性に富んだフットワークは目を引くものがある。動ける態勢とジャッジしたい。

<注目馬>
ダノンザキッド

[もっと見る]

【弥生賞ディープインパクト記念】厩舎の話 2021年3月5日(金) 04:55

 ◆ゴールデンシロップ・木村師「前走は半信半疑な部分もあったが、あれで結果が出せたのは良かった」

 ◆シュネルマイスター・手塚師「調整過程は本当に申し分ない。能力は相当あると思う」

 ◆ソーヴァリアント・大野騎手「1週前より素軽かった。現状では条件もベスト」

 ◆タイセイドリーマー・矢作師「新馬戦を勝っている条件だし、舞台は大丈夫」

 ◆タイムトゥヘヴン・斎藤助手「気性は成長しているので(皐月賞の)権利を取りたい」

 ◆ダノンザキッド・上野助手「(雨が降っても)調教でノメるようなこともないし大丈夫」

 ◆テンバガー・藤岡師「体質も強くなってきているし、成長してくれている」

 ◆ホウオウサンデー奥村武師「動きは十分。このメンバー相手にどんな競馬をしてくれるか」

 ◆ワンデイモア・国枝師「体重も増えてきて元気がある。道悪も対応してくれそう」



弥生賞ディープインパクト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】弥生賞ディープインパクト記念2021 ダノンザキッドが単独A評価! 2021年3月4日(木) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は弥生賞ディープインパクト記念・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われる弥生賞ディープインパクト記念の登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

ゴールデンシロップ【B】
美浦南W併走。余力十分の手応えのまま、僚馬2頭に体勢有利の形でフィニッシュした。頭を上げるタイミングで背中の位置が下がるように映る点は気になるものの、脚元の動きは力強く、良い意味の前向きさもある。それなりに上積みは見込めそうだ。

シュネルマイスター【B】
美浦南W併走。ほぼ馬任せのまま僚馬に並びかけ、最後は馬体を併せてゴール。その後は前に出た。やや重心が高く、追ってさらに伸びるかどうかについては半信半疑だが、道中の軽快な脚さばきをみるに体調面の不安はなさそう。いい仕上がり具合ではないか。

スペシャルトーク【C】
美浦南W単走。及第点のラップを踏んだものの、重心が高いうえに地面をしっかり掴めておらず、走りに力感がない。全体的に華奢な印象で、相手強化のG2では期待よりも不安のほうが先立つ。

ソーヴァリアント【C】
美浦南W併走。体勢有利でゴールしたものの、後肢が遅れてくるような感じで、そのぶんスピードの乗りが悪く映る。首を使って懸命に前へ進もうとする姿勢は好感が持てるが、上位進出には馬場や展開など何らかの恩恵がほしい。

タイセイドリーマー【C】
栗東坂路単走。それなりの時計を刻んだ一方で、促されてからの伸びは今ひとつ。低い重心を保ち、力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。評価は上げづらい。

タイムトゥヘヴン【B】
美浦南W併走。行きたがる面を見せるも、直線まで何とか我慢。解放されると大きなストライドを駆使して、僚馬を並ぶ間もなく突き放した。攻め馬では良く見せるタイプなので過度の評価はしづらいが、順調とみてよさそうだ。

ダノンザキッド【A】
栗東CW併走。しまい重点の内容ながら、鋭い伸び脚を披露した。背中が安定したブレの少ないフォームは見映えがするし、鞍上の仕掛けに対する反応も上々。前哨戦の仕上がりとすれば、優に合格点だろう。

テンバガー【B】
栗東CW併走。折り合い重視の調整で、直線は僚馬と並走。手前の切り替えに手間取りながらも、最後は体勢有利の形でゴールした。見た目は地味だが、自身から抜きにかかる前向きさは評価できるし、余力も十分に残している。好調維持と判断したい。

ホウオウサンデー【C】
美浦坂路併走。肩の出が窮屈で前肢のさばきが硬く、手ごたえの割にしまいの伸びを欠いている印象。前に出ようとする勝負根性は買えるが、相手強化のトライアルで上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

ワンデイモア【B】
美浦南W併走。手ごたえに余力を残したまま先着を決めた。大型馬の割にこぢんまりとした走りではあるが、前膝を効果的に使って進む姿をみるに調子は良さそう。圏内突入の場面があってもおかしくはない。


【調教予想からの注目馬】
ダノンザキッド

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールデンシロップの関連コラム

閲覧 1,147ビュー コメント 1 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月7日(日) 中山11R 第58回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(3歳G2・芝2000m)

ダノンザキッド(B)中9週
この中間もCWを中心に長めから追われていて2週前、1週前と追われるごと反応は良くなっている感じ。1週前追い切りでは終い軽く追われただけで併走相手を一気に突き放して先着と、トライアル戦とはいえ仕上がりは良さそう。

タイムトゥヘヴン(C)中6週
新馬戦以外は中2週で使われてきた馬で、今回は中6週と間隔に余裕があって2週前、1週前と南Wで強めに追われている。動きを見ると南Wではモタモタするような感じもあり、併走相手の手応えと比べても動きは物足りないように見える。

タイトルホルダー(A)中9週
ホープフルSからの中9週でこの中間は乗り込み量も豊富。坂路、南Wとともに好時計をマークしている。1週前の動きを見ても素軽さがあり、楽に先着していて仕上がり良好。

シュネルマイスター(B)中10週
休み明けの前走時は、+14キロでも太いというよりはまだ緩いといった印象。この中間も間隔が空いたが、1週前に強めに追われて楽に先着しており、これで馬体が締まってくればさらに良くなりそう。

ワンデイモア(A)中8週
大きな馬でこの中間も1ヶ月ほどの入念な乗り込み。終いの脚に見どころのあるタイプで、1週前の併せ馬での動きも力強く順調な仕上がりに映る。

ゴールデンシロップ(B)中2週
前走時が休み明けでかなり入念に乗り込まれていた一方、1週前、最終追い切りと強めに追われていたこともあってか、かなりテンションが高くレースでもかなり行きたがっていた。それでも直線先頭で押し切るのだから能力は相当だが、今回距離延長で同じようにイレ込むとスタミナ切れが心配。この中間は間隔も詰まることから、日曜日に坂路で強めに追われ速い時計を出してきているが、直前はソフトに仕上げたいところ。

ソーヴァリアント(B)中5週
3走前に1位入線も失格で予定は狂ったところもあるとは思うが、前走で勝ち上り能力のあるところは見せた。この中間も、1週前に併せ馬で先着と、間隔が詰まっていた前走時よりは順調な内容。

タイセイドリーマー(C)中5週
前2走時のパドックでは、まだ緩さのある馬体でこれから良くなっていく途上といった感。この中間も坂路で乗り込まれ、使われるごとに速い時計も出るようになってはいるもののガラッと良くなったという印象はまだない。

テンバガー(C)中6週
前走時の追い切りもそうだったが、1週前の動きを見てもまだフワフワした走りをしていて力強さがない。速い時計は出る馬なので、そのあたりが変わってくればもっと上でもやれそうだが。

ホウオウサンデー(D)中9週
新馬戦以来の出走で、この中間も坂路で乗り込まれ速い時計をマークしてきている。ただ、併せ馬を行った1週前追い切りの動きを見ると終いもうひと伸びがほしい感じ。一気の相手強化に対応できるか不安が残る。


このコラムからの推奨馬はワンデイモアタイトルホルダーダノンザキッドの3頭をあげておきます。


◇今回は報知杯弥生賞ディープインパクト記念編でした。
3月に入り今週から新人騎手がデビューします。今年デビューの騎手たちは、3年前の競馬学校の説明会に参加した時に1年生だった子たち。実際に会って質疑応答に応えてくれたこともあり、個人的には親近感がとてもあります。その時のことは、以前コラムでも触れたように、想像以上にみんな夢や希望に満ち溢れていて、目標のある人間というのは年齢に関係なく素晴らしくて見習わなくてはと思うほど関心したものでした。ちなみにその時の学校説明会で質問に答えてくれた子たちは4名だったのですが、今年デビューする騎手の名前のなかにその4名全員の名前がありました。
人を見る目があるかどうかはいざ知らず、あの時感じた情熱はたしかなものだったのだと思います。そして何より、みんな頑張って乗り越えてここまでたどりつけたのだと拍手を送りたいと思っています。彼らにとってはまだスタート地点に立ったばかりだと思いますが、存在感があって華のある、彼らを見てジョッキーになりたいと思われるような、そんなジョッキーになってもらいたいものです。
怪我には気をつけて、それぞれの大きな目標に向かって頑張って下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=rOvROSWCOMc&list=PLhZFZK9xnQ3-kXfrDPkD1MKVCSaZaL78m

それでは次回、フジテレビ賞スプリングS編でお会いしましょう。


弥生賞ディープインパクト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

ゴールデンシロップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 196ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

一雨ごとに暖かい?寒の戻りは週末まで?
来週は、さらに暖かくなるみたい!?
桜の開花(愛知17日頃)も早まるみたいですね!!

もうすぐ”春分”だと言うのに、
懐だけは冬将軍の溜まり場?寒い…。 (^_^;)

<春分(しゅんぶん)とは?>
太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日。3月20~21日頃。
今年は、3月20日(祝・土)「春分の日」。

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には春頃更新?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には春頃更新?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第3期途中経過】
第3期(2/28~3/21)7日間(中山記念~阪神大賞典)12戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3オーシャンSでは、3番カレンモエ軸で勝負!
馬連(3-2,4,13,15,16) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「オーシャンS」の軸馬カレンモエ(1人気)、先行2番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、好位でレースを進めたコントラチェック(11人気)が、直線で脚を伸ばして、先に抜け出したカレンモエをゴール寸前で捕らえ、ハナ差優勝。さらに1.1/4馬身差の3着に逃げたビアンフェ(6人気)が入り、中波乱決着!? 馬券は相手馬が抜けてハズレ…。反省点として、相手馬の選択!? 優勝したコントラチェックがノーマーク!? 過去のレース展開は先行有利なのだが、ハイブリッド新聞推定前半3F 4位コントラチェックまでは、抑えることができなかった。血統からも母父Mr.Prospector系で引っかかるぐらいで、強調されるほどでもなかっただけに…残念。過去、重賞勝利馬の先行馬に要注意!!


土曜、G2チューリップ賞では、1番メイケイエール軸で勝負!
馬連(1-2,4,5,8,12) 
結果は、的中。(馬連 910円)🎯

土曜「チューリップ賞」の軸馬メイケイエール(1人気)、相変わらず折り合いに苦労しながら4番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、内側からエリザベスタワー(3人気)が並んでゴール。写真判定の結果、この2頭の1着同着。3着争いも際どいものとなったが、ストゥーティ(4人気)が制し、この3頭が桜花賞の優先出走権を獲得。本命決着となり馬連的中!反省点として、馬券種の選択!? 1着同着は想定外だったが、もう少し買い方を工夫すれば…残念。とりあえず、狙い方は完璧(自負)だった。


日曜、G2弥生賞では、2番ダノンザキッド軸で勝負!
馬連(2-1,5,6,8,10) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「弥生賞」の軸馬ダノンザキッド(1人気)、先行5番手追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、スローペースに惑わされて3着までが精一杯!? 優勝は先手を取ったタイトルホルダー(4人気)がそのままゴールまで逃げ切り、2番手追走のシュネルマイスター(2人気)2着馬に1.1/4馬身差をつけ優勝、中波乱決着!?馬券は、ハズレ…(ノД`)・゜・。反省点として、軸馬の選択!? 仮にこのレースがG1だったら、多分間違いなく2着までに絡んでいるたはず…。 過去のレース展開は先行有利だけに、ハイブリッド新聞推定後半3F 1位シュネルマイスターを軸馬に推すべきだった…残念。



【第3期 短 評】
週末、3戦2敗1分…みたいな感じ。 先週、「G2弥生賞」の軸馬ダノンザキッドに関しては、個人的に血統で検証する項目に引っかかっていなかった。なのにどうして軸馬に推したのか?? 何か違和感があっただけに…残念。今週末(中山牝馬S、フィリーズレビュー、金鯱賞)も頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(オーシャンS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6位"
ただし、指数値55以上 のみを対象。
該当馬(55)=16番(ラヴィングアンサー)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(8着)


(チューリップ賞)
注目(馬連)したのは、"日刊馬番コンピ指数1~3位"
*無条件に指数1~3位の馬連BOX3点買い
該当馬=1番(メイケイエール)、2番(ストゥーティ)、8番(テンハッピーローズ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(1着→3着→10着)


(弥生賞)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
*無条件
該当馬=1番(ゴールデンシロップ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(8着)

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(中山牝馬S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数8~9位"

ただし、指数値51-50 のみを対象。
過去10年内(0-0-2-2/4)
勝率0%/連対率0%/複勝率50%/的中率50%/回収率207%
近5年内 (0-0-2-1/3)
勝率0%/連対率0%/複勝率66%/的中率66%/回収率276%

昨年出現(ハズレ)しているだけに、今年は期待大!!


(フィリーズレビュー)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数8位"

*無条件
過去10年内(2-0-3-5/10)
勝率20%/連対率20%/複勝率50%/的中率50%/回収率249%
近5年内 (2-0-1-2/5)
勝率40%/連対率40%/複勝率60%/的中率60%/回収率252%

昨年出現していないだけに、今年は期待大!! 


(金鯱賞)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"

ただし、指数値59~57 のみを対象。
過去10年内(3-0-0-3/6)
勝率50%/連対率50%/複勝率50%/的中率50%
単勝回収率425%/複勝回収率116%
近5年内 (1-0-0-2/3)
勝率33%/連対率33%/複勝率33%/的中率33%
単勝回収率330%/複勝回収率80%

近年すべて低迷だけに、今年は期待大!! 


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 DEEB 2021年3月7日() 17:18
恥ずかしい馬予想2021.03.07[結果]
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 3

中山 9R 湾岸ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎12 エアジーン…6着
○ 4 ネプチュナイト…3着
×10 ☆クラヴェル…4着
[結果:ハズレ×]

中山10R 総武ステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎15 ハヤヤッコ…3着
○ 1 シェダル…12着
▲12 ☆バレッティ…4着
△ 5 メモリーコウ…2着
×10 ダノンファスト…10着
[結果:ハズレ×]

中山11R 報知杯弥生賞ディープインパクト記念 GⅡ 3歳オープン(国際)(指定)
◎ 2 ダノンザキッド…3着
○10 シュネルマイスター…2着
▲ 6 ワンデイモア…7着
△ 3 テンバガー…5着
× 1 ゴールデンシロップ…8着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 大阪城ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 ヒンドゥタイムズ…1着
○15 ブレステイキング…14着
▲ 6 レッドジェニアル…9着
△ 7 ☆サトノフェイバー…16着
×13 マンオブスピリット…15着
× 5 ☆マイネルフラップ…3着
[結果:アタリ○ 複勝 5 1,430円、ワイド 5-8 3,380円]

小倉 8R 4歳以上1勝クラス(混合)
◎ 7 ウインアステロイド…5着
○ 5 アイロンワークス…8着
☆ 9 メイショウカクウン…2着
[結果:アタリ△ 複勝 9 360円]

小倉 9R 4歳以上1勝クラス牝
◎ 9 アンジェリーブル…6着
○ 1 ワンダーシエンプロ…1着
▲ 6 ブライトパス…4着
△10 ☆シェーン…14着
×13 チェインストーリー…3着
[結果:ハズレ×]

小倉10R稲佐山特別 4歳以上1勝クラス
◎ 7 デルマラッキーガイ…5着
○ 3 ウインエアフォルク…6着
▲ 8 ☆プレイリードリーム…2着
[結果:アタリ△ 複勝 8 320円]

小倉12R 壇之浦ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 リトミカメンテ…4着
○ 7 ダブルシャープ…2着
▲ 3 パトリック…3着
△11 マイネルウィルトス…1着
[結果:アタリ○ 7-11 1,190円]

今日は、何しましょう。
妻さんと散歩に行こうかな。
寒いかな。

[今日の結果:8戦2勝4敗2分]
来週も、何とか競馬ができるような結果でした。

[もっと見る]

 スペースマン 2021年3月7日() 10:22
報知杯弥生賞ディープインパクト記念、うっせぇわ?
閲覧 258ビュー コメント 0 ナイス 5

うっせぇーうっせぇーうっせぇわ♪

あなた思うより健康です♪

何やら過激な歌が、流行っているみたいな?

緊急事態宣言の延長は、しょうがないかな?

守る店もあるし、守らないで、8時以降も営業する店もある!

生活が、かかっているんだからね!

しょうがないかな?

話は、変わるが、新潟出身の新人ジョッキー、永野猛蔵騎手が、

見事、初騎乗、初勝利しました!

おめでとう!

ちなみに、新潟出身のデビューは、酒井学以来、23年ぶり

なんだわ!

もしかしたら、4月10日から、福島の代替で新潟が、

始まるので、新潟に来るかな?

さて、弥生賞は、ダノンザキッドを本命にしません!

もう賞金5500なんで、勝たなくても、皐月賞に出れるんで、

ここは、賞金が、少ないゴールデンシロップから狙って

みたいと思う!

前走タイムも優秀で、1分46秒7は、速いでしょう!

馬体も良いんでね!

馬体重530㎏と大きいけど、なんとかやってくれると思うよ!

〇対抗は、2連勝しているワンデイモアかな?

▲単穴は、とりあえずダノンザキッドを押さえますわ!

ダノンの馬は、クラシック勝てるんかな?

あとは、パドックを見てからだな!

ゴールデンシロップ、糖蜜、

世の中、そんなに甘くは、ないか?

なめんなよ!

うっせぇーうっせぇーうっせぇわ♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールデンシロップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ゴールデンシロップの写真

投稿写真はありません。

ゴールデンシロップの厩舎情報 VIP

2021年3月7日報知弥生ディープ記念 G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールデンシロップの取材メモ VIP

2021年3月7日 報知弥生ディープ記念 G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。