プリンシパル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2016年3月18日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者Cheveley Park Stud Ltd
生産地
戦績 6戦[0-0-0-6]
総賞金50万円
収得賞金0万円
英字表記Principal
血統 Pivotal
血統 ][ 産駒 ]
Polar Falcon
Fearless Revival
Sea The Bloom
血統 ][ 産駒 ]
Sea The Stars
Red Bloom
兄弟
前走 2019/08/24 3歳未勝利
次走予定

プリンシパルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/24 札幌 4 3歳未勝利 芝1500 143476.91113** 牡3 55☆ 坂井瑠星矢作芳人514(+24)1.31.8 1.438.1クリノイヴァンカ
19/07/06 中京 7 3歳未勝利 芝2000 1871349.11014** 牡3 56.0 高倉稜矢作芳人490(-10)2.04.2 1.236.4ビスタストリカ
19/06/09 阪神 3 3歳未勝利 ダ1800 162443.488** 牡3 55☆ 坂井瑠星矢作芳人500(-4)1.55.9 1.839.2⑧⑦⑦⑧ノイーヴァ
19/05/19 京都 1 3歳未勝利 ダ1400 161118.7710** 牡3 56.0 藤岡康太矢作芳人504(-6)1.27.7 2.039.5⑩⑨タガノゴマチャン
19/02/02 京都 1 3歳未勝利 ダ1200 15475.425** 牡3 56.0 北村友一矢作芳人510(-14)1.14.5 0.638.1⑤④スナークスター
19/01/19 京都 2 3歳新馬 ダ1800 167146.4410** 牡3 55☆ 坂井瑠星矢作芳人524(--)1.57.5 1.640.5⑤⑤⑤⑤アヴァンセ

プリンシパルの関連ニュース

日曜日に行われるラジオNIKKEI賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ギルマ
4月以来の実戦となるが、栗東坂路と栗東CWを併用して乗り込み量は十分。1週前のCW追いでは、ビッシリ攻めて及第点のタイムをマーク。今週の坂路追いは、しっかり攻めた割に上がりタイムは凡庸に映るが、もともと坂路では目立たない馬。過度に気にする必要はない。この馬なりに動ける態勢とみる。

マイネルサーパス
最終追いは坂路で併せ馬を実施。序盤こそスムーズさを欠いたものの、立て直したあとは脚をしっかりと伸ばして併入(やや優勢)。ラスト2F25秒6-12秒3の好ラップを記録した。仕掛けに対する反応が少し鈍いように映るが、加速がついてからの体を大きく使った走りには見どころがある。少なくとも前回より気配はいい。

ダディーズマインド
南Wで実施した1週前追いでは格下相手とはいえ、約2秒のビハインドをものともせず、あっさりと先着。ポリトラックで行われた今週の追い切りは、軽めの内容にとどめたものの、1勝クラス相手に優位な体勢でフィニッシュした。追うごとに素軽さが増している印象を受ける。仕上がり良好。

ポルーニン
最終追いはポリトラックで併せ馬を実施。ソールインパクトを後ろからつつく内容だったが、相手に寄られてもヒルむことなく同入に持ち込んだ。折り合いを決め、ラストまで脚勢を落とすことなくリズムのいい走りを展開。好調キープとみていいだろう。

ディキシーナイト
帰厩後は坂路主体の調整。1週前追いでは、4F自己ベストをマークし、パートナーのレレマーマを圧倒。今週の併せ馬では4F50秒9と、さらに時計を詰め、お釣り残しでサトノキングダムを制した。大型馬の久々だが、俊敏な反応とスムーズな加速は目を引くものがある。力を出せる状態とみたい。

ブレイブメジャー
最終追いは北Cで併せ馬を実施。未勝利馬相手ではあるが、追走先着を果たした。ただ、ステッキを入れたにもかかわらず、僚馬をなかなかパスできないもどかしい内容。ケイコ映えする馬ではないうえに、ダートが合わない可能性もあるとはいえ、物足りなさを感じるのも確か。このひと追いでスイッチが入ってくれば、といった塩梅ではないか。

インテンスライト
南Wの1週前追いでは、内を回ったとはいえ上々のタイムを記録。今週の坂路追いでは、1秒近くのハンデを苦にすることなく悠々と追いつき、同入でフィニッシュした。タイムこそ平凡に映るが、ラストは僚馬に速度を合わせる調整なので、気にする必要はない。機敏な走りは目を引くほどで、集中力も十分。上昇ムードが漂う1頭だ。

サヴォワールエメ
最終追いは栗東坂路で実施。4F51秒2、ラスト2F24秒2-12秒3のタイムを余力残しでマークした。1週前のCW追いでは、ラスト1F11秒台半ばの鋭さを示している。前走の大幅馬体減を懸念してか、強い攻めがない点は気がかりだが、輸送を控えながらも合格点以上の数字を刻んでいる点は好印象。あとは、馬体を維持できるかどうかが焦点となろう。

ヒシイグアス
1週前に南Wでベルキャニオンを2秒以上追いかける意欲的な調教を消化。今週の坂路追いは終い重点の内容ながら、楽な手応えのまま加速ラップを記録した。攻め巧者なので、過度の評価はしづらいものの、いい調整を積んでいることは間違いない。合格点の仕上がりとみる。

レッドアネモス
今週の追い切りは栗東CWで3頭併せを実施。最後方から追走し、優勢のかたちでゴールした。序盤は少し若さを出し、掛かる気配を見せていたものの、鞍上がキッチリ抑えて、ラストは上々の伸び脚を披露。ひと頃と比べて、精神的に大人びてきた印象を受ける。テンションを維持できれば、上位を脅かす存在になりそうだ。

ヒルノダカール
1週前に栗東CWで実施した併せ馬では、2勝クラスを圧倒。6F79秒近辺、4F50秒台半ば、ラスト1F11秒台の好タイムを記録した。今週の坂路追いでは終いに負荷をかけ、ラスト2F24秒8-12秒1のラップをマーク。少し気の悪さを出しているものの、鞍上の仕掛けに対する鋭い反応と、ギアが変わってからの力強い走りは見応え十分。上位争いを意識できる状態とみる。

ウインゼノビア
フローラSオークスと主要路線を歩んできた疲れが残っているせいか、この中間は軽めのメニューに終始。とはいえ、1週前の南Wでは及第点のタイムをマーク。今週の坂路追いでは、ラスト2F25秒0-12秒2の好ラップを計時した。気合乗りのよい走りをみるに、デキ落ちはなさそう。勝ち切るまではどうかも、ヒモならチャンスはありそうだ。

ゴータイミング
栗東CWの1週前追いでは、僚馬を約2秒追いかける意欲的な攻めを消化。及第点のタイムを刻み、キッチリと先着を果たした。今週のCW追いはラスト重点の内容ながら、上々の伸び脚を示している。ただ、ハミが浅く自発的に走っているというよりは、鞍上に焚きつけられながら動いている印象。そのあたりを考慮すると、小回りの舞台はどうか。走り自体は悪くないので、バッサリとはいかないまでも、ヒモ評価に留めておくのが賢明だろう。

ブレイキングドーン
最終追いは栗東CWで7Fからみっちりと攻め、上々の時計をマーク。1週前にはサトノアッシュとの併せ馬で追走先着を果たしている。稽古駆けするタイプなので、額面以上の評価はできないものの、良い調整を積み重ねているのは間違いない。あとは、馬込みを嫌がる弱点を克服できるかどうか。その1点に尽きる。

ランスオブプラーナ
2週前から今週にかけて上々のラップを連発しているように、数字的には十分すぎるほど。一方で、中10週の割に乗り込み量は少なめ。本田厩舎にはよくあることだし、軽快なフットワークをみるに、決して調子は悪くはないと思うのだが……。いずれにせよ、トップハンデでフルゲートの重賞に臨むにしては、攻めが少ない印象。これで勝ち切るようなら適性ならびに能力が一枚上ということ。今回は連下までの評価が正解とみる。

アドマイヤスコール
今週の坂路追いでは、2勝クラスを相手に追走先着。4F52秒1、ラスト2F24秒6-12秒1の好ラップを記録した。道中スムーズに折り合い、集中力も十分。安定感のあるフォームでハツラツと駆け登るさまは、見映えがする。乗り込み量の不足もなく、いい仕上がりとみてよさそうだ。



ウマニティ重賞攻略チーム

【宝塚記念】リスグラシュー色気十分! 2019年6月20日(木) 05:08

 宝塚記念の追い切りが19日、東西トレセンで行われた。栗東では、紅一点のリスグラシューが坂路での併せ馬で活気十分に先着。今週で短期免許期間が終了するダミアン・レーン騎手(25)=オーストラリア=は、GI制覇締めに意気込んだ。3年前の日本ダービー以来のGI制覇を目指すマカヒキが坂路4ハロン50秒6(ラスト1ハロン12秒5)の自己ベストをマークし、調教評価は最高の『S』となった。

 紅一点のリスグラシューが、元気いっぱいだ。まだ涼しい朝一番の坂路での併せ馬で貫禄の先着。初めて感触を確かめたレーン騎手は、満足げに切り出した。

 「非常にいいフィーリングだった。仕上がりは完璧だと思う。前向きで反応も良く、最後までしっかりした脚を見せてくれた」

 先導役のプリンシパル(未勝利)の後ろにピタリとつく形でスタートし、引っ張りきりの手応えで駆け上がる。ラスト1ハロンで内に進路を取ると、馬なりのまま一気に加速し、あっという間にかわし去り、僚馬に1馬身半先着した。4ハロン54秒3-12秒1と攻め駆けするタイプとしては時計が遅めだが、岡助手は「速くなり過ぎないようにしたかったので、馬の後ろで我慢させてうまく乗ってくれた」と狙い通りの仕上げにうなずいた。

 香港GI・クイーンエリザベスIIC3着以来の国内復帰戦ながら、調整はすこぶる順調だ。同助手は「馬体の張りや毛づやがよくて体を大きく見せている。遠征の疲れはなく、逆に状態が上がっている」と証言。前走海外組は2007年のアドマイヤムーンを最後に勝っていないが、割り引く必要はなさそうだ。

 今週で短期免許期間が終了するレーン騎手にとっては、最後を締める大レースとなる。初来日からここまでの2カ月間で、GI・ヴィクトリアマイルを含め、短期免許では史上最多の重賞5勝をマーク。腕利きぶりを遺憾なく発揮している25歳は「ペースが流れた方がいいタイプで、壁を作ってしまいの脚を生かすレースが理想。コース設定はまったく問題ないし、スムーズなレースができれば」とグランプリでの有終Vへ、しっかりとイメージを膨らませた。

 GI馬6頭がそろう豪華メンバーとなった春のグランプリ。今シーズンの上半期を彩った“レーン旋風”に乗ったリスグラシューが、豪快に牡馬を蹴散らす。 (川端亮平)

★レーン帝王賞へ

 レーン騎手はJRAの短期免許期間が25日で終了するが、地方競馬全国協会(NAR)の短期免許(26日から7月25日まで)を交付されており、帝王賞(26日、大井、交流GI、ダ2000メートル)でオメガパフューム(栗・安田翔、牡4)に騎乗予定。同騎手は「素晴らしい経験をできたので、ぜひ来年も短期免許で乗りたい」と語った。オファーを受けているジャパンダートダービー(7月10日、大井、GI、ダ2000メートル)にも騎乗する可能性がある。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】リスグラシュー、レーン背に2馬身先着 2019年6月19日(水) 10:59

 リスグラシューは昨秋のエリザベス女王杯を制したあと、香港ヴァーズ2着→金鯱賞2着→香港クイーンエリザベスIIC3着。いかなる舞台でも力を見せてきた。

 レーン騎手が跨がり、栗東坂路でプリンシパルの真後ろにピタリとつけた。折り合いに専念しながらラスト1Fで内に入り、少し仕掛けられると機敏に反応して2馬身先着。鞍上とのコンタクトも十分に取れていた。

 「ラスト100メートルの反応もいいし、最後までしっかり脚を使っていた。非常にいいフィーリングで仕上がりは完璧。前向きで元気そうだ」と、ジョッキーは好感触。

 「ペースが流れたほうが向く。いい流れで、道中は壁を作り、しまいを生かす形が理想だ。5、6頭勝てるチャンスのある馬がいるが、もちろんそのなかの1頭だ」と、ヴィクトリアマイルノームコア)に続くGI制覇を意識している。(夕刊フジ)

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】柴田阿弥ヴェロックス&高見侑里ランフォザ! 2019年5月25日() 05:06

 競馬の祭典、ダービーに2人の人気キャスターが登場!! 競馬中継でMCを務める柴田阿弥(26)と高見侑里(31)が3年連続でダービー予想に挑戦する。3月に結婚した高見は、予想も絶好調。一方、柴田は昨年◎エポカドーロが2着に惜敗し、今年こそ…と力が入っている。

 柴田 サンスポさんで3度目の日本ダービー予想。侑里さんは一昨年、◎にしたレイデオロが勝ちましたよね。

 高見 去年は阿弥ちゃんの◎エポカドーロ(4番人気)が2着。なんか懐かしいね。

 柴田 それより、侑里さんは最近絶好調と聞きましたよ。

 高見 そうそう、最近調子がいいの。先週のオークスは◎クロノジェネシス(3着)の複勝と1頭軸の3連複(2万8210円)が当たって、あとは平安Sの◎チュウワウィザード(1着)単・複も。

 柴田 すご~い! オークス2着のカレンブーケドール(12番人気)を入れていたのは激アツです。ご結婚された効果って本当にあるんですか!?

 高見 そう言えたらいいけど、結婚したから(運気が)変わると思ったら、全然そうでもなくて。令和になったら…と思っても、そうでもなくて。ホントここ2週の調子が良くて。京王杯SCの◎タワーオブロンドン(1着)、プリンシパルSの◎ヒシゲッコウ(3着)も。レーン様のおかげです。

 柴田 ということは、ダービーもレーン様ですか?

 高見 サートゥルナーリアは強そうだもんね。4戦4勝だし、皐月賞は上がり最速で最後も競り勝ち。以前だったらすぐにサートゥルナーリアって言ってた。でも、少しずつ競馬を覚えてくると、素直に人気の馬に飛びつけなくなっちゃって。

 柴田 何か違うのが来るかも、って思っちゃいますよね。

 高見 私は距離の経験って大きいのかなと思って、青葉賞組が穴をあけるのかなと。

 柴田 勝ったリオンリオンですか?

 高見 そう思うでしょ。2着の◎(14)ランフォザローゼスの方が気になるの。休み明けをひと叩きされて、連対を外していない安定感。距離も経験していて、長くいい脚を使えそうな感じもする。福永騎手も去年のダービージョッキー。この馬のお母さんやお兄さんにも乗っているから、初コンビでもよく分かっているのかなという期待を込めて、単複と1頭軸の3連複で。

 柴田 気持ち的には青葉賞が番組の社杯(テレビ東京杯)なので、リオンリオンを応援したいんですけど、今まで勝っていないのが気になって。やっぱり皐月賞組かなと。◎(13)ヴェロックスにします。2000メートルを3回走って2回勝っていますし、皐月賞も頭差の2着。それに最近、調子がいい川田騎手ですから。どうでしょう? 単勝だけにしようか、複勝も買おうか、迷っています。

柴田 阿弥(しばた・あや) 1993(平成5)年4月1日生まれ、26歳。愛知県出身。2010年9月、SKE48に研究生として加入。同12月、正規メンバーに昇格。16年8月末に卒業。テレビ東京系「ウイニング競馬」(BSジャパンでは土曜午後2時30分~)にレギュラー出演中。154センチ。

高見 侑里(たかみ・ゆり) 1987(昭和62)年6月30日生まれ、31歳。神奈川県出身。立大在学中の2008年にミス立教大学に選ばれ、ミスオブミスキャンパスクィーンコンテスト2008で、グランプリに輝いた。フジテレビ系「めざましテレビ」などで人気に。「BSイレブン競馬中継」(土、日の正午~)で土曜メインMCを務めている。161センチ。3月にflumpoolのベーシスト、尼川元気と結婚した。

[もっと見る]

【GI前哨戦ズバッと診断】ダービー 2019年5月21日(火) 05:05

 GIウイーク限定企画『GI前哨戦 ズバッと診断』。ラップ分析に定評のある久保和功氏と夏目耕四郎氏が、日本ダービーの前哨戦を徹底分析し、注目馬を推奨する。夏目氏は『S』ランクの皐月賞を制したサートゥルナーリア、久保氏は逆転候補に2着のヴェロックスを挙げた。

 久保 今年の皐月賞は前半5ハロン59秒1。平均ペースですが、ラスト3ハロンのレースラップは11秒7-11秒6-11秒4と速く、非常に優秀でした。

 夏目 文句なしの『S』評価です。サートゥルナーリアは上がり最速でV。上位3頭の中で、一番後ろかつ一番外からねじ伏せており、着差以上の差があると思います。2冠が濃厚では?

 久保 2着のヴェロックスは、レースぶりが安定しており、全6戦のうち上がり最速4回、2位1回。逆転があるなら、この馬でしょう。

 夏目 日本ダービー皐月賞より中盤が緩むことも多いので、爆発力ならヴェロックスより3着ダノンキングリーの方が上かも。共同通信杯は上がり最速の32秒9でしたし東京コースなら持ち味を存分に生かせるはず。

 久保 京都新聞杯は5ハロン通過が60秒0の平均ペース。ゴールまで1ハロン12秒0前後で、地力の高さが問われました。

 夏目 レースレベルは『B』。勝ったレッドジェニアルは上がり最速を3回マーク。ただ、33秒台は一度もないですね。

 久保 2着ロジャーバローズも上がりの速い東京は向かない印象。近年は高速決着&瞬発力勝負への対応力が問われるので…。

 夏目 NHKマイルCは、ハイペースの外差し決着でレースレベルは『B』。直線で大きな不利を受けて4着だったダノンチェイサーは、距離が延びて速い脚を使えるかどうか。プリンシパルSも『B』。レコードが連発する超高速馬場だったことを考えると、走破時計がもの足りません。

 久保 青葉賞はレースラップのラスト1ハロンが12秒9。勝ち時計は近4年で最も遅かったです。

 夏目 スタミナ勝負の内容で、上がりが遅すぎて本番にはつながらない。『C』評価です。

 久保 リオンリオンは速い流れで引っ張って逃げ切り勝ち。ただ、日本ダービーを逃げ切るのは至難の業ですからね。2着ランフォザローゼスも上がり8位で厳しいでしょう。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

ザダル、ダービー見送り…脚元に疲れ 2019年5月16日(木) 05:03

 プリンシパルSで無傷の3連勝を飾ったザダル(美・大竹、牡)が、出走権を得たダービーへの参戦を見送ることが15日に決まった。

 所属するキャロットファームのホームページによると、念のため行ったエコー検査で、脚元の疲れの一種が見られたもよう。大竹調教師は「ダービーは特別な舞台ではありますが、このような状態であることが分かった以上、この馬の将来を守るためにも無理はできない」とコメントしている。しばらく様子を見た後に放牧に出される。

ザダルの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

プリンシパルの関連コラム

日本ダービー2019

2019年5月21日(火) 18:15

覆面ドクター・英

閲覧 3,333ビュー コメント 1 ナイス 18

今年もいよいよダービーの時期ですね。POGの締めともなりますね。私のPOG馬としては、ノーヴァレンダダイワメジャー×クロフネなのに意外にもダート馬として、全日本2歳優駿を獲ってくれました。種牡馬の距離適性や傾向というのは当然ありますが、数少ない例外タイプを典型的なタイプ同様に考えて、消去法に使うと、的外れになってしまうケースがあるというのも競馬の難しさであり、面白さだと思っています。キタサンブラックが母父サクラバクシンオーだから距離がもたないだったり、古くは松永幹騎手(現調教師)が乗っていたニホンピロウイナー産駒のメガスターダムがダービー4着後に、菊花賞で3着に来たり......。後から振り返ると、かなり残念な経験もあります。
オークスは本命を打ったシゲルピンクダイヤは、輸送がダメだったようで撃沈。WIN5は当たるも、4万4千円と小さくてがっかり。

今年の日本ダービーは、皐月賞の3強が明らかに強すぎて、かつ皐月賞馬のサートゥルナーリアがぶっつけで年明け初戦に選んだ皐月賞を制覇し、当初からここダービーが照準......、と誰もが「堅いだろう」と思ってしまいがちな状況。ですが、最高峰のレースだから力通りかというと、そうとも限らないと歴史は示しています(特に3着あたりには穴馬来たり)。瞬発力勝負のレースでもあり、末脚が鈍い馬は粘って3着くらいが限界のレース。


それでは恒例の全頭診断へ

1番人気想定 サートゥルナーリアシーザリオの仔で4戦4勝の負け知らず。皐月賞がもっとも負けやすい状況かと思われたが、体当たり込みで勝ってしまっただけに、あと2つは変にスローにならなければ、3冠もあるのでは。

2番人気想定 ヴェロックス:本命を打った皐月賞はぶつけられたこともあり、惜敗の2着。成長力があり、ここも楽しみではあるが瞬発力はいまひとつで、勝ち切るには早めのスパートなど必要か。

3番人気想定 ダノンキングリー:3連勝で臨んだ皐月賞は3着止まりだったが、実力をつけてきておりここも十分圏内。アドマイヤマーズをずばっと差し切った共同通信杯が示すように、瞬発力自慢だけに皐月賞より東京の長い直線で良さが出そう。

4番人気想定 ランフォザローゼス:新馬戦勝ちの後に、500万下でも京成杯でも青葉賞でも3戦連続2着と、勝ち切れないが力をつけてきた。父キングカメハメハ、母がディープインパクト×エアグルーヴという血統的には現代競馬の最高峰とも言えるのでは。頭までは無いまでも、ヒモには十分圏内では。

5番人気想定 リオンリオン:出世レースの大寒桜賞を逃げ切り勝ちの次戦に、青葉賞も逃げ切ったが、ダービーで楽逃げは不可能で、サニーブライアンのように逃げ切るのは至難の業。

6番人気想定 アドマイヤジャスタ皐月賞は序盤でもたついて8着と負けたが、まだまだ伸びしろは有り。前半にのんびり走りつつ、好位をとれればヒモにはやれて良い。

7番人気想定 ダノンチェイサー:NHKマイルCは3番人気4着。ディープインパクト×ロックオブジブラルタルだが、母母父レインボウクエストで言われているほどマイル向きでなく、距離は融通が利きそうとみる。ただ、瞬発力不足で現代ダービー向きではない。

8番人気想定 メイショウテンゲンディープインパクト産駒だが母メイショウベルーガが強く出ているか。弥生賞は、道悪も良かったのか8番人気での勝利を果たしており、ここも道悪要員か。

9番人気想定 シュヴァルツリーゼ:11月の新馬勝ちから、休み明けで弥生賞を選択していきなり2着した。皐月賞では不利もあり12着と大敗したが、サンデーレーシングでものんびり育成気味の白老F生産だけに、今回大駆けがあっても良い。

10番人気以下想定
ニシノデイジー:母母がセイウンスカイ×ニシノフラワーという先代を含め西山家の思いが詰まった血統だが、皐月賞では17着と惨敗しており、頭打ち感もあり。昨秋までのような活躍は期待薄。

レッドジェニアル京都新聞杯を11番人気で勝ってきたし、まだ5戦しか使っていない社台F生産馬でここくらいから伸びてくるのかもしれない。ただ瞬発力はイマイチでもあり、夏のローカル重賞あたりが活躍の場か。

クラージュゲリエ:2歳時は新馬勝ち、札幌2歳S3着、ラジオNIKKEI杯京都2歳S勝ちと、ダービー候補の一角にいたのだが、成長力がいまいちなのか、年明け以降は共同通信杯3着、皐月賞5着と頂点から遠ざかりつつあるように見える。ただまだ頭打ちではなく、ローテにもゆとりがある状況で、上位に来ても全然おかしくない。人気を落とす今回は狙って面白い一頭か。

ザダル:1週順延となったプリンシパルSを5番人気ながら差し切って勝ったが、脚元の疲れということで出走回避。

ロジャーバローズ:5戦2勝2着2回とそれなりに堅実にステップアップしてきたディープインパクト産駒だが、瞬発力が無いことから前走京都新聞杯も逃げて2着粘り込みという内容だった。ダービーは、ちょっとそれでは厳しい。

サトノルークスディープインパクト×リッスンという世代有数の良血馬と言えるのだろうが、新馬戦を2着に取りこぼす。その後は、未勝利、500万下、すみれSと派手に3連勝してきたが、皐月賞では14着と惨敗。もう少しやれる力はあるのだろうが、馬券には要らないか。

タガノディアマンテきさらぎ賞2着、スプリングS4着、皐月賞6着、京都新聞杯では1番人気を裏切ったものの5着と、それなりに頑張っているのだが、頂点からは次第に遠ざかっている印象。

ヴィント:4月末に連闘で未勝利と500万下を連勝してきたが、連闘明けで大一番というのはいかにも厳しい。

エメラルファイト:10番人気でスプリングSを制した馬。6戦3勝で力を少しずつつけてきているのだが、あまりダービー向きというタイプではなく、ローカル中距離重賞向きでは。

ナイママ:マル地で、数少ないダノンバラード産駒で、昨夏の札幌ではコスモス賞勝ち、+札幌2歳S2着と好成績。ただ以降は上位陣とは離されつつある印象。前走は京都新聞杯では10番人気4着と気を吐いたが、東京の瞬発力比べは向かない。

マイネルサーパス:アイルハヴアナザー産駒にしては珍しい芝馬で、昨秋に未勝利、500万下を連勝した。ただ、朝日杯FSでは10着、プリンシパルSは9着と、一線級とは瞬発力の差があり厳しい。

ヒーリングマインド:ゴドルフィン軍団のマル外、タニノギムレット産駒で3月に未勝利、500万下と連勝。ただ、次戦に選んだ前走京都新聞杯が7着と壁に当たり、ここで通用の力はまだ無さそう。

ディスモーメントディープインパクト産駒で母がクロフネ×トニービンという結構高そうな配合なのだが、瞬発力が無く、物見したり外に張ったりとまじめに走らない。4月末に逃げてようやく未勝利勝ち止まりでは、ここでは要らなそう。秋にはもう少し良くなってくるのかもしれないが。

カフジジュピターディープインパクト産駒で母がアンブライドルズソング×ストームキャットという、いかにも活躍しそうな血統なのだが、昨年11月の2000m新馬戦で勝ったきり、伸び悩みで2勝目すら上げられていない現状。出走も、好走も期待できず。

ヒルノダカール:5/11にようやく500万下を勝ったばかりの晩成傾向で、ようやく強くなってきた感のあるヴィクトワールピサ×メジロマックイーンという配合の馬。有力馬が回避する傾向にある菊花賞など、秋には楽しみな存在になっているかも。

トーラスジェミニ:キングズベスト産駒らしく瞬発力が無いのを、逃げてカバーしてきたが、そういう次元の相手でない。


<まとめ>
有力:皐月賞上位3頭のサートゥルナーリアヴェロックスダノンキングリー

ヒモで:ランフォザローゼスアドマイヤジャスタシュヴァルツリーゼクラージュゲリエ


登録済みの方はこちらからログイン

プリンシパルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 8

先週のPOG戦線は4頭が出走。
ノルマに設定したのは3勝でしたが、なんとかグラディーヴァが新馬戦を突破して1勝することができました。

【出走結果】
・12月22日 阪神3R
△ブールバール 5着 1.37.1・稍重(1着馬とのタイム差+0.5)
単勝オッズ 9.2倍(4番人気)
【採点:5.5】
《ラップタイム》12.9-11.7-12.7-12.4-12.4-11.1-11.2-12.2

阪神の未勝利戦に出走したブールバールは5着に終わりました。

《酒井学騎手》
人気馬を見ながら、いい形でレースができたと思います。
1600mの分、道中は無理なく追走できましたし、タメもしっかりと利いていました。それなのにビュッと伸び切れなかったですね。
今日に関しては馬場もありましたし、メンタル面では集中して走れていたように、成長していますし、あとは良馬場など条件さえ噛み合えば。

マイル戦だと1400mよりは一列前で競馬ができてはいるんだけど、結局、前残りのレースになって位置取りを守り切っただけというレースに。
稍重というコンディションも影響はあったとは思うけど、阪神の外回りだとマイルは長いですね。これが京都の内回りなら直線が平坦な分だけマイルでもなんとかなりそうな感じはしますけど、酒井騎手のコメントにもあるように色々と噛み合わないと…と条件がつきますね。

で、じゃあ次走は?と考えた時に、そもそもの話として2月までの京都の2開催で芝の未勝利戦は1600m以上のレースしか組まれていないのです。中京なら1月20日と2月3日に1400mの未勝利戦はありますけど、いずれにせよ適距離(1400~1600m)のレースを求めた場合に最低でも中2週の間隔は空くわけですから、スワンSの日から中3週を2回使ったのであれば放牧も納得はいくところ。どのみち年末年始の変則日程にもなるわけだし。

その一方で、ここまで6戦消化して【0-2-2-2】と複勝率66.7%、掲示板率83.3%と頑張ってはいるけどワンパンチ足りない感も否めません。
そこで過去の指名馬に準えると…
・クローバーリーフ:デビューから芝1400~1600【0-1-4-1】の掲示板率100%でダート投入の未勝利戦を快勝。
・ロスヴァイセ:デビューから芝1200~1600【0-0-1-4】も掲示板率100%でダート投入から未勝利→500万下を連勝。全弟は2戦2勝のヴァイトブリック。
・ファームフェイス:デビューから芝1400~1600【0-3-1-1】でダート投入から未勝利→500万下を連勝。500万下で負かした相手はアンジュデジール。

というわけで、次はダートかな~という気がします。でも上記の例からもダート投入がマイナスと思うどころか、2つ(未勝利→500万下)はイケるんじゃない?とポジティブなイメージはあります。母の唯一の勝利もダート1000mですから、ダート替わりは少なくともマイナスにはならないでしょう。
それ故に、次がダートなら優先出走権を放棄した方が馬券的には信頼度が高くなる(というか、芝で優先出走権を得た馬のダート投入で権利行使は人気になる割には危なっかしい)ので、その観点からも放牧は正解ですね。


・12月22日 阪神5R
☆グラディーヴァ 1着 1.49.9・稍重(2着馬とのタイム差-0.3)
単勝オッズ 18.3倍(6番人気)
【採点:8.0】
《ラップタイム》12.8-11.8-12.0-12.6-13.0-12.6-11.3-11.8-12.0

阪神の新馬戦に出走したグラディーヴァは6番人気の低評価を覆して、見事に勝ち上がりました。

《ミルコ・デムーロ騎手》
パドックからおとなしかったし、返し馬での動きも良かった。
賢いし、強かったね。

ミルコの日本語なので“おとなしかった”というのは「落ち着いていた」ってことなんでしょうね。まあ自分はそう解釈しますw

競馬ブックの短評によれば「仕上がる」と書いてあったけども、陣営からも「使ってから」のコメントは出ていたし、だいたい、ミルコが乗るノーザンファームの生産馬で、しかも血統もエアグルーヴの系統なのに単勝18倍なんだから、仕上がっていたのではなく「その調整過程でも走れた」ってことだと思いますよ。

だからこその嬉しい誤算ですよね。
直線を向いた時に、わざわざ進路を変える必要がないほどに前がキレイに開いたけど、抜け出す脚といい抜け出してからといい「強い!」の一言。それなりに評判馬の揃った一戦でノーステッキですからね。ゴール前は流す余裕もあったし、その舞台が阪神の外回りですからこれは夢が広がります♪
思わず桜花賞から逆算して「次はエルフィンSかな?」なんて思っちゃいますね。まだ次走報は発表になっていませんが、とにかく先が楽しみになりました。


・12月23日 中山3R
△サトノエルドール 3着 2.03.0・良(1着馬とのタイム差+0.2)
単勝オッズ 4.4倍(3番人気)
【採点:5.5】
《ラップタイム》12.5-11.2-12.3-12.5-13.0-12.7-12.6-12.2-11.9-11.9

有馬記念デーの中山の未勝利戦に出走したサトノエルドールでしたが、またしても3着という結果に終わりました。

《オイシン・マーフィー騎手》
ルメール騎手をマークして運びました。
素晴らしい馬でこのクラスにいる馬ではありませんよ。
少し大事に乗りすぎてしまいました。もっとアグレッシブに乗っても良かったです。
それに今日は勝った馬が強かったです。距離は問題ありません。

ルメールをマークという乗り方は決して悪くはなかったとは思うのですけど、結果論にはなってしまいますけど、ルメールの少し前という位置取りが正解だったのかと。
まあ前走のVTRを見ていたのであれば、やっぱり控えたくなるかな。でも中山だと脚を余しちゃうのよね。

何度も書くけど、とにかく新馬戦の6着馬までが結果を出しているので本当に歯痒いです。当然、サトノエルドールも500万下までは突破できると思っているので、年内で未勝利戦を勝てずに終わるとは思ってもいませんでした。

木曜日の時点でも在厩になっているので、ひょっとしたら中1週で1月6日の2000mに使う可能性もありそうですね。レース後のコメントで「距離は問題ない」とありましたから。
1月の中山の未勝利戦を使わざるを得ないことから皐月賞路線は厳しいかもしれませんが、なんとかプリンシパルSは勝ち上がれるくらいのところまでは行ってほしいものです。


・12月23日 阪神9R 千両賞
☆アーデンフォレスト 9着 1.36.7・稍重(1着馬とのタイム差+0.9)
単勝オッズ 2.5倍(1番人気)
【採点:4.0】
《ラップタイム》12.8-10.8-11.8-12.6-12.5-11.4-11.8-12.1

阪神の千両賞で1番人気の支持を集めたアーデンフォレストでしたが、9着に敗れWIN5のキャリーオーバーの主犯になってしまいました(白目)

《北村友一騎手》
稽古はいい意味でも悪い意味でも遊びがあったけど、実戦ではそれがなくて、ハミを噛んで、抜けるところがありませんでした。
距離はもう少し短い方がいいと思います。

Boo~~~!と北村友一にはやってやりたい。
どの面下げて距離短縮を進言するのかね?

今シーズンでは百日草特別のボスジラでの田辺の乗り方及びコメントと同じくらい酷いヤツですね。向こうは6頭立てのおかげで馬券対象にはなったけど、こっちは戦歴に傷のつく結果だけに余計に酷いですね。
百歩譲って負けはともかく9着まで負けますか?
いずれにせよ納得いかないレースでした。

既に放牧に出ているので、次は立て直した本来の姿が見られるものだと思います。
あっ、騎手はちゃんと選んでくださいね(切実)


※第30節終了時
13-16-9-23/61
《指名馬の騎手成績》
クリストフ・ルメール:3-2-0-1
福永祐一:2-1-1-1
川田将雅:2-0-0-0
戸崎圭太:1-3-1-5
田辺裕信:1-2-0-0
内田博幸:1-1-1-1
北村友一:1-0-0-4
荻野極:1-0-0-1
ミルコ・デムーロ:1-0-0-0
北村宏司:0-2-2-2
ジョアン・モレイラ:0-2-0-1
酒井学:0-1-1-1
クリスチャン・デムーロ:0-1-0-1
ウィリアム・ビュイック:0-1-0-0
オイシン・マーフィー:0-0-1-0
横山典弘:0-0-1-1
岩田康誠:0-0-1-0
ブレントン・アヴドゥラ:0-0-0-1
和田竜二:0-0-0-1
丸山元気:0-0-0-1
津村明秀:0-0-0-1


《人気度数》
1番人気:8-4-2-3
2番人気:2-5-0-7
3番人気:1-4-4-4
4番人気:0-1-2-3
5番人気:0-0-1-2
6番人気:1-0-0-1
7番人気:0-1-0-1
8番人気:1-1-0-1


先々週だったかな。ツイッターのあるフォロワーさんが土日で出資馬が6頭走って3勝とソロバンを弾いていたのに未勝利だったと嘆いていたのを思えば、同じく3勝を目論んでいたところで1勝できたのは良かったです。ただ、それが一番期待していなかった馬の勝利なのでわからないものですね(^^;

これで13勝目になりましたけど、ラインナップからはまだ勝ち星が足りないですね。少なくとも3つはね。
もちろんPOGは育成のゲームだと思っているので、必ずしも勝利至上主義にどっぷりと浸かるものではないとは思っていますけど、目先の勝利には貪欲にいきたいですね。そりゃ馬券が介在する話でもありますから。

 今崎ホセ 2017年5月22日(月) 19:31
2017日本ダービー考察①_時計・展開
閲覧 220ビュー コメント 0 ナイス 8

①時計・展開考察

今走はアダムバローズが不在の為、皐月賞と比較するとややペースが遅くなることが想定されます。
テンのスピードを考慮するとおそらく主導権を握るのはトラストでしょうか。
2番手にクリンチャーが付けて、これを見るような形でサトノクロニクルやダイワキャグニー。
あるいは押してマイスタイルがハナを主張してくる可能性も考えられます。
この馬は皐月賞よりも前で競馬をしそうな感じはあります。

いずれにせよ1000Mの通過はやや遅い~通常ペースくらいで流れそうな感じがしています。
マイスタイルが無理に主張するようなことにならなければ激流にはならなそうですが、
やや速いくらいまではペースアップする可能性はありそうです。

5ハロン目から7ハロン目辺りからは緩んだ流れになり逃げた馬も一息つけそうですが、
8ハロン目辺りからクリンチャーが動き出しそうなイメージがあるので、
ペースアップはこの辺りから始まりそうです。

先週のオークスでは9ハロン目から11秒台が終わりまで続くラップを刻んでいましたが、
さすがにここまではいかないながらも、9ハロン目~11ハロン目までは11秒台のラップが続き、
ラスト12ハロン目で12秒台前半~中盤くらいでフィニッシュしそうなイメージです。
ラップの構成としては今年の青葉賞に近い感じかもしれません。

決着の時計は2分23秒台前半~中盤になりそうですが、
前半が想定より速くなるようだと2分22秒台後半となる可能性もありそうです。


②求められる適正

先週のオークスを見てもわかるように、
ダービーもかなりの高速時計による決着を見そうな感があります。
高速時計への対応力は必要となりそうです。

そしてやや早めから流れが速くなりそうな事も考えれば、
タフさが必要になりそうでもあります。

終始後方からで直線を向いてくるような馬だと、
高速時計になれば届かず終いという想定も出来るので、
ペースアップのタイミングに合わせて動き出しても、
最後まで脚を持続させるスタミナが求められそうです。

皐月賞・プリンシパルS・青葉賞といずれも高速決着となったので、
この辺りの対応力についてはそう大きな差はないかもしれません。
問題はタフさというところでしょうか。


③まとめ

・前半のペースはそう速くはならなそう
・展開の鍵を握るのはマイスタイル?
・ペースアップは早いかも(残り4ハロン辺りから?)
・場合によっては2分22秒台後半も想定される高速時計による決着になりそう
・高速時計はの対応力とタフさが求められそう


④雑記

とりあえずダービーの出走登録馬を見てはいるんですが、
どの馬が勝ちそうかのイメージが全く湧きません…。
幸いまだ日にちはあるので、納得のいく馬券を買えるようにじっくり考えたいとは思います。

[もっと見る]

 ハルカン 2017年5月9日(火) 12:42
スズカメジャー
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 0

プリンシパルSに出走したスズカメジャー
スタート失敗後方からコーナー膨らんで直線は追ってない
10着 スズカメジャー(岩田康誠騎手)
「道中コントロールが効きませんでした。力はあるのですが……。直線手前からは左にもたれていました」ラジオNIKKEI

ダイワキャグニーの走破タイム速い

[もっと見る]

⇒もっと見る

プリンシパルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プリンシパルの写真

プリンシパル

プリンシパルの厩舎情報 VIP

2019年7月6日3歳未勝利14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

プリンシパルの取材メモ VIP

2019年2月2日 3歳未勝利 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。