ブレイブメジャー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ブレイブメジャー
ブレイブメジャー
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2016年4月2日生
調教師萩原清(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 7戦[3-2-0-2]
総賞金3,850万円
収得賞金1,500万円
英字表記Brave Major
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
シーイズトウショウ
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
ジェーントウショウ
兄弟 トウショウピストトウショウジャイロ
前走 2020/05/24 フリーウェイS
次走予定

ブレイブメジャーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/24 東京 10 フリーウェイ 3勝クラス 芝1400 14464.215** 牡4 55.0 C.ルメー萩原清486(+6)1.20.0 0.333.8⑥⑥アビーム
19/11/09 東京 10 三鷹特別 2勝クラス 芝1400 7441.911** 牡3 56.0 川田将雅萩原清480(-4)1.21.4 -0.133.0カルリーノ
19/09/21 中山 12 3歳以上2勝クラス 芝1600 167142.712** 牡3 55.0 戸崎圭太萩原清484(-4)1.32.9 0.034.6モルフェオルフェ
19/06/30 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 16368.847** 牡3 54.0 戸崎圭太萩原清488(0)1.50.5 0.737.0ブレイキングドーン
19/04/28 東京 7 3歳500万下 芝1600 9662.711** 牡3 56.0 D.レーン萩原清488(0)1.32.9 -0.034.4ヘイワノツカイ
19/03/10 阪神 7 3歳500万下 芝1600 8447.142** 牡3 56.0 岩田康誠萩原清488(0)1.35.5 0.133.9ミッキーブリランテ
18/12/23 中山 4 2歳新馬 芝1600 166114.621** 牡2 55.0 池添謙一萩原清488(--)1.39.1 -0.435.6ファンシーラン

ブレイブメジャーの関連ニュース

 来週のマイルCSに参戦するダノンキングリー(美・萩原、牡3)は、4日のJBCレディスクラシックの落馬負傷で戦線離脱した主戦の戸崎騎手に替わって、横山典騎手と挑むことが決まった。

 6日の1週前追い切りでは調教助手を背にWコース67秒3-12秒4をマーク。ステッキが数発入る意欲的な内容で、外ブレイブメジャー(2勝クラス)を2馬身ちぎった。萩原調教師は「動きは良かった。(長距離)輸送をこなせるように努めて、いい状態で競馬に迎えるようにしたい」と好ムードだ。

 なお、関係者によると戸崎騎手は6日に手術を受けたもよう。レース直後の診断では右肘の開放骨折の疑いとされたが、現時点で正確なけがの症状、全治などは明らかになっていない。



マイルチャンピオンシップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ラジNIK賞】レースを終えて…関係者談話 2019年7月1日(月) 05:10

 ◆宮崎騎手(ダディーズマインド4着)「馬場が緩くて滑るところはあったけど、かわされてからも頑張ってくれました」

 ◆横山典騎手(アドマイヤスコール5着)「この馬にとっては軟らかい馬場は良かった。大外枠から頑張ってくれたよ」

 ◆丸山騎手(ヒルノダカール6着)「道悪もある程度はこなせると思ったけど、さすがにここまで悪くなるとね」

 ◆戸崎騎手(ブレイブメジャー7着)「レースは上手だけど、もう少し距離は短い方がいいのかも」

 ◆武藤騎手(ポルーニン8着)「もまれたくないので外へ。うまく立ち回ってくれましたが…」

 ◆M・デムーロ騎手(ヒシイグアス9着)「馬場が合いませんでした」

 ◆内田騎手(サヴォワールエメ10着)「ゲートを滑って出ていたし、その後も終始ノメっていた」

 ◆石橋騎手(ディキシーナイト11着)「結果的に馬場に気を使っていたし、ハンデも背負っていたので最後は厳しくなった」

 ◆菊沢騎手(インテンスライト12着)「馬場と並びが難しく、スムーズにスペースを見つけてあげられなかった」

 ◆北村友騎手(レッドアネモス13着)「返し馬で状態の良さは分かったけど、レースでは脚を取られていた」

 ◆津村騎手(ウインゼノビア14着)「いいフットワークで走るので、ノメって力を出せなかった」

 ◆松山騎手(ランスオブプラーナ15着)「コーナー4つの舞台で力を出せなかった。広いコースの方がいい」

 ◆三浦騎手(ギルマ16着)「4コーナーはいい感じだったんですが…。センスはいいし、一生懸命走ります」

★30日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【U指数的考察】ラジオNIKKEI賞 連複の軸は指数4位以内から!ハンデ53~54キロの低指数馬に要注意!2019年6月30日() 10:10

ラジオNIKKEI賞の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
U指数下位の台頭が目立つ一戦ではあるが、連軸は基本的に指数上位馬から選ぶべき。事実、2013年以降は指数90.0以上かつ4位以内の馬が欠かさず馬券に絡んでいる。

指数90.0以上かつ4位以内

サヴォワールエメ
ヒルノダカール
ブレイキングドーン
ランスオブプラーナ

<ポイント②>
指数6位以下で3着入りを果たした馬は11頭。そのうち10頭をハンデ53~54キロの馬で占めている。人気薄で穴をあけるケースも珍しくなく、該当馬に対する警戒は怠れない。

ハンデ53~54キロかつ指数6位以下

ギルマ
マイネルサーパス
ダディーズマインド
ポルーニン
ブレイブメジャー
インテンスライト
ヒシイグアス
ウインゼノビア
ゴータイミング
アドマイヤスコール

<ポイント③>
低指数馬に対する注意は必要だが、1~2着連対を果たした馬の最低指数は85.9。指数85.9未満の馬は、あっても3着まで、というスタンスで構えるべきだろう。

指数85.9未満

ギルマ
ポルーニン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】ラジオNIKKEI賞 ハンデ52キロ以下は劣勢!キャリア4戦以下の連対は人気サイドのみ!2019年6月30日() 09:50

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のラジオNIKKEI賞の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
ハンデ52キロ以下の好走例はなし(2008年以降)

サヴォワールエメ

前走重賞で5着以内あるいは0秒3差以内の馬や無敗馬を除くと、2カ月以上休養馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ギルマ
ダディーズマインド
ブレイブメジャー
ゴータイミング
ランスオブプラーナ
アドマイヤスコール

【人気】
キャリア4戦以下、かつ当日3番人気以下の連対例は皆無(2008年以降)
※8時00分現在の3番人気以下、かつ該当馬

ブレイブメジャー
サヴォワールエメ
ゴータイミング

【脚質】
前走の通過順が全角1番手だった馬は、そのレースで勝利していた馬を除くと連対ゼロ(2008年以降)

サヴォワールエメ

【枠順】
馬番13番枠の好走例は皆無(2008年以降)

ゴータイミング

13頭立て以上の場合、7~8枠の連対例はゼロ(開催時期が開幕週に移行された2013年以降)

ゴータイミング
ブレイキングドーン
ランスオブプラーナ
アドマイヤスコール

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の連対例はなし(2008年以降)

マイネルサーパス

父ロベルト系の連対例は皆無(2008年以降)

ウインゼノビア

当日1番人気の支持を集めた馬を除くと、ダイワメジャー産駒の好走例はゼロ(産駒初出走以降)
※8時00分現在の2番人気以下、かつダイワメジャー産駒

ディキシーナイト
ブレイブメジャー
サヴォワールエメ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ポルーニン
インテンスライト
ヒシイグアス
レッドアネモス
ヒルノダカール



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】ラジオNIKKEI賞 白百合Sで不利に泣いたアノ馬が上位争いを意識できる状態!プリンシパルS善戦のエイシンフラッシュ産駒も上昇ムード!2019年6月29日() 16:30

日曜日に行われるラジオNIKKEI賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ギルマ
4月以来の実戦となるが、栗東坂路と栗東CWを併用して乗り込み量は十分。1週前のCW追いでは、ビッシリ攻めて及第点のタイムをマーク。今週の坂路追いは、しっかり攻めた割に上がりタイムは凡庸に映るが、もともと坂路では目立たない馬。過度に気にする必要はない。この馬なりに動ける態勢とみる。

マイネルサーパス
最終追いは坂路で併せ馬を実施。序盤こそスムーズさを欠いたものの、立て直したあとは脚をしっかりと伸ばして併入(やや優勢)。ラスト2F25秒6-12秒3の好ラップを記録した。仕掛けに対する反応が少し鈍いように映るが、加速がついてからの体を大きく使った走りには見どころがある。少なくとも前回より気配はいい。

ダディーズマインド
南Wで実施した1週前追いでは格下相手とはいえ、約2秒のビハインドをものともせず、あっさりと先着。ポリトラックで行われた今週の追い切りは、軽めの内容にとどめたものの、1勝クラス相手に優位な体勢でフィニッシュした。追うごとに素軽さが増している印象を受ける。仕上がり良好。

ポルーニン
最終追いはポリトラックで併せ馬を実施。ソールインパクトを後ろからつつく内容だったが、相手に寄られてもヒルむことなく同入に持ち込んだ。折り合いを決め、ラストまで脚勢を落とすことなくリズムのいい走りを展開。好調キープとみていいだろう。

ディキシーナイト
帰厩後は坂路主体の調整。1週前追いでは、4F自己ベストをマークし、パートナーのレレマーマを圧倒。今週の併せ馬では4F50秒9と、さらに時計を詰め、お釣り残しでサトノキングダムを制した。大型馬の久々だが、俊敏な反応とスムーズな加速は目を引くものがある。力を出せる状態とみたい。

ブレイブメジャー
最終追いは北Cで併せ馬を実施。未勝利馬相手ではあるが、追走先着を果たした。ただ、ステッキを入れたにもかかわらず、僚馬をなかなかパスできないもどかしい内容。ケイコ映えする馬ではないうえに、ダートが合わない可能性もあるとはいえ、物足りなさを感じるのも確か。このひと追いでスイッチが入ってくれば、といった塩梅ではないか。

インテンスライト
南Wの1週前追いでは、内を回ったとはいえ上々のタイムを記録。今週の坂路追いでは、1秒近くのハンデを苦にすることなく悠々と追いつき、同入でフィニッシュした。タイムこそ平凡に映るが、ラストは僚馬に速度を合わせる調整なので、気にする必要はない。機敏な走りは目を引くほどで、集中力も十分。上昇ムードが漂う1頭だ。

サヴォワールエメ
最終追いは栗東坂路で実施。4F51秒2、ラスト2F24秒2-12秒3のタイムを余力残しでマークした。1週前のCW追いでは、ラスト1F11秒台半ばの鋭さを示している。前走の大幅馬体減を懸念してか、強い攻めがない点は気がかりだが、輸送を控えながらも合格点以上の数字を刻んでいる点は好印象。あとは、馬体を維持できるかどうかが焦点となろう。

ヒシイグアス
1週前に南Wでベルキャニオンを2秒以上追いかける意欲的な調教を消化。今週の坂路追いは終い重点の内容ながら、楽な手応えのまま加速ラップを記録した。攻め巧者なので、過度の評価はしづらいものの、いい調整を積んでいることは間違いない。合格点の仕上がりとみる。

レッドアネモス
今週の追い切りは栗東CWで3頭併せを実施。最後方から追走し、優勢のかたちでゴールした。序盤は少し若さを出し、掛かる気配を見せていたものの、鞍上がキッチリ抑えて、ラストは上々の伸び脚を披露。ひと頃と比べて、精神的に大人びてきた印象を受ける。テンションを維持できれば、上位を脅かす存在になりそうだ。

ヒルノダカール
1週前に栗東CWで実施した併せ馬では、2勝クラスを圧倒。6F79秒近辺、4F50秒台半ば、ラスト1F11秒台の好タイムを記録した。今週の坂路追いでは終いに負荷をかけ、ラスト2F24秒8-12秒1のラップをマーク。少し気の悪さを出しているものの、鞍上の仕掛けに対する鋭い反応と、ギアが変わってからの力強い走りは見応え十分。上位争いを意識できる状態とみる。

ウインゼノビア
フローラSオークスと主要路線を歩んできた疲れが残っているせいか、この中間は軽めのメニューに終始。とはいえ、1週前の南Wでは及第点のタイムをマーク。今週の坂路追いでは、ラスト2F25秒0-12秒2の好ラップを計時した。気合乗りのよい走りをみるに、デキ落ちはなさそう。勝ち切るまではどうかも、ヒモならチャンスはありそうだ。

ゴータイミング
栗東CWの1週前追いでは、僚馬を約2秒追いかける意欲的な攻めを消化。及第点のタイムを刻み、キッチリと先着を果たした。今週のCW追いはラスト重点の内容ながら、上々の伸び脚を示している。ただ、ハミが浅く自発的に走っているというよりは、鞍上に焚きつけられながら動いている印象。そのあたりを考慮すると、小回りの舞台はどうか。走り自体は悪くないので、バッサリとはいかないまでも、ヒモ評価に留めておくのが賢明だろう。

ブレイキングドーン
最終追いは栗東CWで7Fからみっちりと攻め、上々の時計をマーク。1週前にはサトノアッシュとの併せ馬で追走先着を果たしている。稽古駆けするタイプなので、額面以上の評価はできないものの、良い調整を積み重ねているのは間違いない。あとは、馬込みを嫌がる弱点を克服できるかどうか。その1点に尽きる。

ランスオブプラーナ
2週前から今週にかけて上々のラップを連発しているように、数字的には十分すぎるほど。一方で、中10週の割に乗り込み量は少なめ。本田厩舎にはよくあることだし、軽快なフットワークをみるに、決して調子は悪くはないと思うのだが……。いずれにせよ、トップハンデでフルゲートの重賞に臨むにしては、攻めが少ない印象。これで勝ち切るようなら適性ならびに能力が一枚上ということ。今回は連下までの評価が正解とみる。

アドマイヤスコール
今週の坂路追いでは、2勝クラスを相手に追走先着。4F52秒1、ラスト2F24秒6-12秒1の好ラップを記録した。道中スムーズに折り合い、集中力も十分。安定感のあるフォームでハツラツと駆け登るさまは、見映えがする。乗り込み量の不足もなく、いい仕上がりとみてよさそうだ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】ラジオNIKKEI賞 実績不問!ふたケタ人気がしばしば波乱を演出!2019年6月29日() 16:10

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるラジオNIKKEI賞のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
斤量53~55キロの上位占有率が高い(2008年以降)

ギルマ
マイネルサーパス
ダディーズマインド
ポルーニン
ブレイブメジャー
インテンスライト
ヒシイグアス
レッドアネモス
ヒルノダカール
ウインゼノビア
ゴータイミング
ブレイキングドーン
アドマイヤスコール

斤量53~55キロかつ、春のG1未出走馬もしくは重賞連対経験のない馬が狙いどころ(2008年以降)

ギルマ
マイネルサーパス
ダディーズマインド
ポルーニン
ブレイブメジャー
インテンスライト
ヒシイグアス
レッドアネモス
ヒルノダカール
ウインゼノビア
ゴータイミング
アドマイヤスコール

【人気】
ふたケタ人気がしばしば波乱を演出(2008年以降)
※土曜日15時30分現在の10番人気以下

ギルマ
ポルーニン
インテンスライト
サヴォワールエメ
ウインゼノビア
ブレイキングドーン
アドマイヤスコール

単勝オッズ帯15.0~19.9倍の回収率が高い(1999年以降)
※土曜日15時30分現在の単勝オッズ15.0~19.9倍

ギルマ
ポルーニン
インテンスライト
ブレイキングドーン
ランスオブプラーナ

【脚質】
回収率は先行勢が圧倒(1999年以降)

ダディーズマインド
ディキシーナイト
ブレイブメジャー
ヒシイグアス
ウインゼノビア
ランスオブプラーナ
アドマイヤスコール

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
内枠(1~3枠)が好成績(1999年以降)

ギルマ
マイネルサーパス
ダディーズマインド
ポルーニン
ディキシーナイト
ブレイブメジャー

【血統】
ディープインパクトの血脈を持つ馬が好相性(2011年以降)

ダディーズマインド
ポルーニン
ゴータイミング
アドマイヤスコール

機動力を持ち味とするサンデーサイレンス系を父に持つ馬の好走例が多い(2008年以降)

ディキシーナイト
ブレイブメジャー
サヴォワールエメ
レッドアネモス
ヒルノダカール
ブレイキングドーン


【4項目以上該当馬】
ポルーニン(6項目)
ギルマ(5項目)
ダディーズマインド(5項目)
ブレイブメジャー(5項目)
アドマイヤスコール(5項目)
インテンスライト(4項目)
ウインゼノビア(4項目)
ブレイキングドーン(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレイブメジャーの関連コラム

閲覧 1,996ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ラジオNIKKEI賞 2019年06月30日(日) 福島芝1800m


<ピックアップデータ>

【“東京・京都・福島、かつ1600~2000mのレース”における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [4-5-6-32](複勝率31.9%)
×なし [2-1-0-39](複勝率7.1%)

 コース適性に注目したい一戦。2013年以降の3着以内馬18頭中15頭は“東京・京都・福島、かつ1600~2000mのレース”を勝ち上がってきた馬です。今回と同じ福島はもちろん、中央場所なら東京・京都に向いている馬を重視したいところ。中山や阪神、すなわちゴール前の直線に急坂があるコースを得意としている馬は評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤスコールサヴォワールエメブレイブメジャー
主な「×」該当馬→ゴータイミングブレイキングドーンランスオブプラーナ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「父がディープインパクト系種牡馬」だった馬は2013年以降[3-1-0-3](複勝率57.1%)
主な該当馬→アドマイヤスコールゴータイミング

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

ブレイブメジャーの口コミ


口コミ一覧

5月24日のWIN5予想

 藤沢雄二 2020年5月24日() 14:41

閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 7

今週もWIN5のお時間がやってまいりました。
今回は手広く買えばなんとかなりそうな気がしなくはないが、そこを少ない点数で突破できたら格好いいだろうと、PATの残金が少ない言い訳に使ってみますw


【京都10R 鳳雛S】⑪ダイメイコリーダ ⑮ミステリオーソ
【東京10R フリーウェイS】③レノーア
【新潟11R 韋駄天S】⑭ジョーカナチャン
【京都11R 烏丸S】⑤マスターコード ⑪ショウリュウイクゾ
【東京11R 優駿牝馬】①デゼル ④デアリングタクト
2×1×1×2×2=8

今年はフルゲートと過去6回とは様相の違う鳳雛Sだけど、結局は前有利なんでしょ?と考えて前走内容が優秀なダイメイコリーダをファーストチョイス。次いでミステリオーソも押さえた。有力馬は五指に余るが、これまでの勝ちっぷりの良さならこの2頭。

フリーウェイSは斬れる馬を探してレノーアにたどり着いた。対戦比較ならカルリーノよりは上だと思う。ブレイブメジャーも怖いけど、ここは1頭で突破を目指す。

韋駄天Sは去年の秋と違ってジョーカナチャンの巻き返しに妙味あり。

烏丸Sは斬れる脚の使える馬を探したらマスターコードとショウリュウイクが残った。

オークスは内枠の人気馬に流されましたw

とにかく当たってほしいです。

 お美沙@爆益舎 2019年9月22日() 07:37
中山の馬場について~内絶対有利状態!
閲覧 109ビュー コメント 2 ナイス 19

千葉在住の私からの現地レポートです!

まぁ現地レポートもなにも・・・JRAのHPを見れば判るのですが、芝良、ダート良
現在の千葉は快晴です。

ということは、イン絶対有利の高速馬場が本日も継続ということになります。

中山オープニング週だった2週間前の京成杯オータムHでは、トロワゼトワルがマイル日本レコードで逃げ切り圧勝。2着も3番手追走のディメンシオンン
3着も最内枠を活かして内ラチ沿いを回ってきただけのジャンダルム(10番人気)

先週のセントライト記念は道中終始インの3番手追走のリオンリオンが抜け出し。
2着サトノルークスは後方からの競馬でしたが、直線で選択したコースは内から2~3頭目のイン!
3着サダルもインでした。

そして昨日土曜日はメインがダートだったので10Rを参考にすると
逃げたエンゲージリングが2着に残り、これを捕らえたエスターテも終始2番手追走からの抜け出し。
昨日の最終12Rもモルフェオルフェが逃げ切り、2着も道中2番手追走のブレイブメジャーがそのまま入線!

こうして見ると今月の中山芝コースには明確な傾向があります。
徹底的に内有利の高速馬場・・ということです。
逆に、直線、外から差すタイプの馬にとっては非常に厳しい馬場状態だと言えます。
前に行った馬が止まらないので、少しでも外に振られコースロスのあった馬は、よほどの力量差が無いと挽回が難しい。

この内目絶対有利の傾向は今日も続くと思いますので、馬券の参考になるかもしれません。
つまり・・
時計の早い競馬に対応できそうな先行馬を重視し、たとえ人気馬だろうと外差し得意の馬を過信するな・・ということです。

とは言え、レースで馬に乗るのはジョッキーです。
もし私が自分が馬券買った馬に騎乗したら、どんだけ窮屈になろうとも絶対にインを譲りませんが、
ジョッキーがどう乗るかなんてゲートが開くまで判りません。
特に新馬戦なんて脚質自体が未定なんです。
なので私達はレース映像観ながら「絶対に外に出すなよ~~」とか念じるしかないわけです。


では~今日も頑張りましょう!

[もっと見る]

 低リスク 2019年9月20日(金) 23:16
土曜日の競馬
閲覧 165ビュー コメント 0 ナイス 19

土曜日のメンバー構成を見ると人を小馬鹿にするような
少頭数レースばかり・・
頭数の多いレースは難解なレースばかりと人の自信をなくさせようとする魂胆か💧💧💧
阪神6R ⑦ツ-シャ-プ 
昇級・6か月休養明けだがコ-ス相性・距離相性が良い
阪神7R ⑤オ-ヴェルニュ
現級連続2着で最有力。
阪神12③コマビショウ
力は上位。
中山4R⑨コウギョウブライト
コ-ス・距離とも【1・4・1・0】は信頼度は高い。
中山12R⑭ブレイブメジャー
良馬場前提なら連は外していない。力量は未知。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレイブメジャーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブレイブメジャーの写真

ブレイブメジャー
ブレイブメジャー

ブレイブメジャーの厩舎情報 VIP

2020年5月24日フリーウェイS5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブレイブメジャーの取材メモ VIP

2020年5月24日 フリーウェイS 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。