会員登録はこちら
日経新春杯 G2   日程:2019年1月13日() 15:45 京都/芝2400m

日経新春杯追い切り情報

【日経新春杯】厩舎の話
 アイトーン・五十嵐調教師「水曜が雪だったので、けさに延ばした。予定どおりの内容で順調」 アフリカンゴールド・西園調教師「2400メートルで一番強い競馬をしている。52キロのハンデなら」 ウインテンダネス・山本助手「ラストで追ったらしっかり反応。持久力勝負に持ち込みたい」 エーティーサンダー・湯窪調教師「攻め馬ではいい動きだった。軽ハンデを生かしてどこまで」 ガンコ・藤岡佑騎手「いいころに近づいてきた。馬場は合いそうだが、ハンデが重いね」 グローリーヴェイズ・尾関調教師「ゴール後も少し伸ばした。動きは良かったし、このタイミングで成長している」 ケントオー・西橋調教師「先週もしっかりやっているし、動きは良かった。流れに乗れれば」 サラス・川又助手「しまいはしっかり動けていた。能力はあると思うし、49キロなら楽しみだ」 シュペルミエール・木村調教師「いい状態。厩舎の期待馬だし、敷居が高いとは思わない」 ダッシングブレイズ・斉藤崇調教師「調教で工夫して力みが取れてきた。瞬発力勝負なら」 ノーブルマーズ・宮本調教師「復調ムードは間違いなくある。京都の2400メートルは合っている」 マサハヤドリーム・徳江助手「短期放牧を挟んで順調。折り合いをつけてうまく立ち回れるか」 ムイトオブリガード・角田調教師「加減せずにできているし、続けて使えるようになった。この距離ではきっちり走る」 メイショウテッコン・鵜木助手「菊花賞は行けなかったのがすべて。ここまで順調にきている」 ルックトゥワイス・藤原英調教師「思っていたより成長している。ここに入っても遜色はない」 ロードヴァンドール・昆調教師「少し良化がスローだが、昨年2着に走っている舞台なので」(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 11:13

 1,896

【日経新春杯】ムイト12秒1!雪を切り裂き加速
 日経新春杯の追い切りが9日、東西トレセンで行われた。雪に見舞われた栗東では、ムイトオブリガードが、サンケイスポーツ調教評価で『S』となる素晴らしい動きを見せた。CWコースでの3頭併せで最先着。重賞初勝利に向けて充実ぶりを誇示した。美浦では菊花賞5着のグローリーヴェイズがWコースで躍動した。 重賞初勝利にかける思いが、白い湯気となって馬体からあふれ出た。雪中の栗東で、上位人気確実のムイトオブリガードが確かな伸びを披露。動きを見届けた角田調教師は、満足げに切り出した。 「無事に追い切りができてよかった。1頭だと全然動かないけど、追いかける形が合っている。休み明けとしてはいい状態で臨めると思います」 未明から降り続く雪の影響で馬場状態が悪化。追い切りを延期する陣営もいた後半の時間帯にCWコースに登場し、3頭併せの最後方からスタートした。折り合いをつけて3コーナー過ぎから徐々に加速。一杯に追われた僚馬に最内から悠々と並びかけると、仕掛けられてグイッと伸びた。6ハロン80秒3、3ハロン38秒2-12秒1をマークし、楽々と最先着。水分を含んだ馬場を考慮すれば上々の内容だ。 2歳秋に芝でデビュー(2着)したが、脚元に不安があったため、3歳になると負担の少ないダートに転向。成長を待って不安が解消した昨年に再び芝の舞台に戻ってくると、降級と休養を挟んで条件戦を3連勝してオープン入り。前走のGIIアルゼンチン共和国杯では、不向きな展開でもメンバー最速の末脚で2着を確保した。高野助手は「以前に比べて加減せず調教ができるようになって、継続してレースを使えるようになってきたのが大きい」と、本格化した要因を分析する。 今回は3戦3勝の2400メートル戦。近走は左回りで良績を残しているが、昨年2月に小倉芝2600メートルのコースレコードを樹立するなど2勝を挙げる右回りにも不安はない。角田調教師は「いい舞台なのでスタートさえ決まれば。脚元のことがあるので一回一回が勝負」と結んだ。 吹雪の中で躍動したムイトオブリガードが、“明け4歳世代旋風”もはね返し、初タイトルをつかみ取る。 (川端亮平)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:07

 1,702

【日経新春杯】アフリカンゴールド12秒8、西園師「順調」
 アフリカンゴールドは、CWで一杯に追われた。道中で少し行きたがる面を見せたぶん、しまいが甘くなり、6ハロン82秒9、3ハロン39秒2-12秒8でフィニッシュ。西園調教師は「長めからしっかり負荷をかけて、馬場を考えれば時計的にも十分でしょう。順調にきている」とうなずいた。 前走の菊花賞はイレ込んで12着だったが、少しずつ落ち着きが出てきた。師は「今回は二重メンコなどいろいろ工夫して臨む。2400メートルは一番強い競馬をしているので楽しみ」と期待する。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:06

 1,002

【日経新春杯】ルックトゥワイス、伸びて12秒8
 ルックトゥワイスは坂路で強めに追われ、しまいを伸ばした。視界をさえぎられるほどの雪の中でも、しっかりした脚取りで4ハロン55秒4-12秒8でまとめた。藤原英調教師は「予定通りで悪くないよ」と納得の表情だ。 気難しい面を考慮してデビューから左回りを選択してきたが、初めての右回りだった前走を快勝してオープン入り。師は「思ったより成長していて、右回りにもうまく対応して走った。経験を積んで突き抜けてくれれば」と締めくくった。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:06

 838

【日経新春杯】グローリー、楽々先着12秒7
 菊花賞5着馬グローリーヴェイズが、重賞初制覇へ向けて躍動した。時計がかかるWコースを力強い脚さばきで駆け抜けラスト1ハロン12秒7(4ハロン54秒5)。楽々と僚馬ブショウ(500万下)を1馬身引き離した。 「しまい重点でしっかりと。ゴール後も少し伸ばしました。力の要る馬場状態でもしっかり走れていましたし、良かったと思います。今の京都もそんなに馬場が良くないでしょうから」 尾関調教師が好仕上がりをアピールだ。この中間で馬体も460キロ半ばまで成長。「今まで440キロ台があまり変わらなかったけれど、このタイミングで成長。馬も元気だからよく食べています」と充実期だ。 大外枠で超スローの展開という不利が重なりながら5着まで押し上げた菊花賞の走りは本物だ。強い4歳世代の実力派が【2・1・0・0】と好相性のM・デムーロを迎えて初タイトルを取りに行く。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:06

 807

【日経新春杯】追って一言
 ◆ウインテンダネス・杉山師 「先週やっているのでしまいだけだが、動きは良かった。前走の経験が生きれば」 ◆エーティーサンダー・湯窪師 「攻め馬は動く方だけど、馬場状態を考えても悪くない。軽ハンデを生かして」 ◆ケントオー・西橋師 「先週もしっかりやっているし、具合は良さそう。流れに乗って運びたい」 ◆シュペルミエール・木村師 「いい状態を維持。若いときから厩舎の期待馬で、この舞台が敷居が高いとは思わない」 ◆ダッシングブレイズ・斉藤崇師 「工夫して、少しずつ力みが取れてきた。折り合いがつけば、距離は大丈夫」 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「使いつつ徐々に復調してきている。強い相手と戦った前走の経験が生きれば」 ◆マサハヤドリーム・徳江助手 「短期放牧をはさんで調整は順調。折り合いをつけて、うまく立ち回りたい」 ◆ロードヴァンドール・昆師 「上昇度は遅いが、良くはなっている。去年も差のない競馬をしている」★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:05

 1,328

【日経新春杯】一発狙うアフリカンゴールド
 アフリカンゴールドは、菊花賞12着以来の参戦。格上挑戦だがハンデ52キロは魅力だ。西園調教師は「気性がきつい面があるけど、だいぶ落ち着きが出ている。2走前に強い競馬をしていて、距離は2400メートルの方がいい」と一発を狙う。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 12:09

 1,382

【日経新春杯】アフリカンゴールド追って13秒1
 菊花賞12着以来のアフリカンゴールドは栗東CWコースで単走。半マイル過ぎからペースアップしたが、早朝から間断なく降る雪でウッドチップが重くなったせいで力を要したか。ラスト1Fでビッシリ追われたものの13秒1と時計は伸びなかった。 「長めから行って、しっかり負荷をかけることができた。半兄アフリカンストーリーが7歳でドバイワールドCを勝ったことを思えば、4歳はかわいいもの。2400メートルで強い競馬をしたし、ハンデ52キロを生かしたい」と西園調教師。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 11:47

 1,028

【日経新春杯】シュペルミエール抜群12秒1
 シュペルミエールは1年8カ月の休養から復帰後、(2)(1)着と安定した走りを見せている。前走・オリオンSではトップハンデ57・5キロを背負いながら押し切り、「斤量を背負っていた分、詰め寄られたが、最後までよく頑張った。力がある馬」と、北村宏騎手は高い能力を改めて感じ取った。 最終追いは美浦坂路で強めに追われて、4F52秒9からラスト1F12秒1と抜群の切れ味。体調は良好だ。一昨年の菊花賞6着を除けば、すべて3着以内という堅実派。ハンデ55キロならGIIでも侮れない。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 11:46

 1,407

【日経新春杯】テンダネス重賞2勝目へ12秒3
 昨春の目黒記念に続く重賞2勝目を狙うウインテンダネスは、栗東CWコースで単走。道中は馬任せで進み、しまい重点。雪で馬場は湿っていたものの、ラスト1Fで追われると力強い脚取りで12秒3と伸びた。 「道中の反応が少し鈍かったのでしまいを少し追ったら、しっかり伸びた。叩き良化型らしく、昨秋に3走して上昇。時計がかかっている今の京都はいい。持久力勝負に持ち込みたい」と、山本助手はタフネスぶりに期待する。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 11:44

 887

【日経新春杯】ルックトゥワイス無駄のない走り!
 準OPのグレイトフルSを勝って再び重賞に挑む。栗東坂路で馬場の真ん中を無駄のないフットワークで駆け上がった。 ◆藤原英調教師「右回りの前走で結果を出し、選択肢が増えた。初めての京都だが、能力的に遜色はない」(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 11:41

 828

【日経新春杯】グローリーヴェイズ1馬身先着
 グローリーヴェイズは超スローの菊花賞で大外(18)番枠から、上がり3F最速タイで5着に追い込んだ。間隔は空いたが、美浦Wコースで4F54秒8、ラスト1F12秒6をマークし、馬なりのままブショウに1馬身先着。仕上がりは上々だ。 京都は他もきさらぎ賞2着、京都新聞杯4着と実績があり、チャンスは十分。尾関調教師も「コース適性や距離的にも、ここが一番いい。安定して走ってくれるし、展開に応じてどんな競馬でもできる」と重賞初Vを意識している。(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 11:41

 798

【日経新春杯】ノーブルマーズ力強く先着
 向正面から栗東CWコースに入り、半マイルから。外に入った直線でラスト1F11秒8と力強く伸び、ガンケン、セグレドスペリオルをねじ伏せるようにクビ先着した。 ◆宮本調教師「長めから掛からないように半マイルから。復調ムードは間違いない。京都の12Fは3戦して着外なしだ」(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 11:40

 677

【日経新春杯】ルックトゥワイス、初京都にも自信
 ルックトゥワイスは、昨年末のグレイトフルSを勝ってオープン入り。勢いに乗って重賞初勝利を狙う。藤原英調教師は「左回りが得意だったけど、前走で右回りでも走れたので選択肢が広がった。状態は悪くない。初めての京都になる今回は挑戦だけど、能力はここに入っても遜色はない」とうなずいた。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 05:03

 1,137

【日経新春杯】グローリーヴェイズ、55キロでチャンス
 菊花賞5着グローリーヴェイズは、入念な乗り込み量を消化してきた。「コース適性や距離的にも、ここが一番いいと思っていた。安定して走ってくれるし、展開に応じてどんな競馬でもできる」と尾関調教師は力を込める。京都コースは菊花賞の前にもきさらぎ賞2着、京都新聞杯4着と接戦を繰り広げてきた。「結果次第では天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)も考えたい」とトレーナー。ハンデも55キロなら念願の重賞初制覇は目前だ。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月9日(水) 05:03

 1,016

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月30日(
CBC賞  G3
ラジオNIKKEI賞  G3

競馬番組表

2019年6月29日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2019年6月30日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る