クリスマスパレード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 青鹿毛 2021年3月29日生
調教師加藤士津八(美浦)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金1,809万円
収得賞金900万円
英字表記Christmas Parade
血統 キタサンブラック
血統 ][ 産駒 ]
ブラックタイド
シュガーハート
ミスエリカ
血統 ][ 産駒 ]
Blame
Le Relais
兄弟 ミスヨコハマデバッグ
市場価格
前走 2024/02/24 水仙賞
次走 2024/04/21 サンスポ賞フローラS G2

クリスマスパレードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/04/21 東京 11 フローラS G2 芝2000 -- 14814------** 牝3 55.0 石川裕紀加藤士津 -- --------
24/02/24 中山 9 水仙賞 1勝クラス 芝2200 7553.021** 牝3 55.0 石川裕紀加藤士津 464
(-2)
2.14.3 -0.235.8マイネルフランツ
23/12/03 中山 5 2歳新馬 芝2000 166124.421** 牝2 55.0 石川裕紀加藤士津 466
(--)
2.00.7 -0.235.8パシフィックハイツ

クリスマスパレードの関連ニュース


今週日曜、東京競馬場のメイン競走はフローラステークス。JRAのレーティング(公式格付)をベースとし、これにいくつかモノサシを組み合わせ出走各馬の真の力関係を解き明かしていく。まずはベースのモノサシ、JRAレーティングの比較から入ろう(各馬デビュー以来の数値を採用)。

103 エルフストラック
102 カニキュル
100 コスモディナーラヴァンダ
99 マルコタージュ

(以下格付なし)

フローラステークスの例年の勝ち馬レーティングはほぼ106。今回出走する予定の14頭のうち、そもそも格付けされているのはわずかに5頭。今年の3歳牝馬のレベル云々を語る前に、実質的には1勝クラスの特別レースくらいのメンバー構成になっていて、逆に予想が困難にも思えてくる。よって、歴代の勝ち馬に近い数値のエルフストラックには一応敬意を払い、レーティングから見た本命格として残しつつ、残りは別の指標で見ることとした。

第2のモノサシは「本賞金」。パフォーマンス内容に応じて与えられる「賞金」は、中心視するべき馬が見つかりにくいレースにおいて役に立つことが多い。その賞金にはいくつか種類があるが、レースでの1~5着に与えられる種類の賞金「本賞金」を今回はモノサシとして使用してみた。多い順に上から6頭ピックアップした結果が以下の内容だ。

コスモディナー…2960万円 エルフストラック…1910万円 クリスマスパレード…1790万円 アドマイヤベル…1420万円 ラヴァンダ…1270万 ニシノコイゴコロ…1002万

他の馬と比べて大きく賞金面で差をつけているのは3頭。その3頭であるコスモディナーエルフストラッククリスマスパレードにここでは加点しておきたい。

第3のモノサシは4角平均ポジション。フローラステークス過去5年の3着以内馬のレース内容を確認してみると、直線の長い東京競馬場で同レースが行われることで上がりの速い馬たちが活躍していると思いきや、実は4角7番手以内の先行ポジションでレースを進めていた馬のほうが圧倒的に好走数が多く、この条件に該当したのは15頭中12頭、率にして80%をマークしていた。第2のモノサシでピックアップした6頭の近3走、4角ポジションの平均値は以下の通り。

クリスマスパレード…1.00番手(2走) エルフストラック…2.00番手 ラヴァンダ…6.67番手 アドマイヤベル…7.33番手 ニシノコイゴコロ…8.00番手 コスモディナー…9.33番手

上位2頭の通過順位が圧倒的に前で、他は大きな差が見られない。経験値の少ない3歳牝馬の重賞なれば先行有利と考えるのは定石で、ここでは上位2頭、クリスマスパレードエルフストラックに加点をしておきたい。 

諸々の比較から、◎はクリスマスパレード。数少ない2勝馬である上に負けなしのキャリア。しかも父キタサンブラックという良血はここでも注目に値する。○にはレーティング上位を重く見てエルフストラック。▲にコスモディナーで、最後に△ラヴァンダ。馬券は◎からの馬単、馬連、ワイドのみで攻めたい。

【モノサシ比較による注目馬】
クリスマスパレード ○エルフストラック ▲コスモディナー △ラヴァンダ

モノサシの正誤判定は4/21(日)だ。

【フローラS2024】万券ハンター ヒノくんの選ぶ3頭「不利がなければどこまで伸びるのか?」 NEW!2024年4月19日(金) 15:00

政治騎手でお馴染み、競馬最強の法則など各種メディアで活躍するヒノくん氏が18日、ウマニティチャンネル「スガダイの勝ちに行く競馬予想」に出演。フローラS (3歳牝・G2・芝2000m)に出走する馬の中から注目馬を3頭ピックアップし、その推奨理由について解説した。

ヒノくん氏の注目馬1頭目はバロネッサ。「デビューからの2戦はともにスタートが決まらず後方からの競馬で敗戦したが、末脚は確かなものだった。特に中山で行われた2走前のレースはスローで逃げ馬が勝利した流れの中、1頭だけ違う脚で追い込んでの2着と好内容。前走はスタートを決めると、好位からでもこれまで通りの末脚を見せて完勝だった。勝ちタイムも優秀でここまでのレース内容からも距離が伸びて折り合いに苦労するタイプには見えず、ここは有力。」と高評価。

注目馬の2頭目はラヴァンダ。「チューリップ賞を見直すと直線に向いてまったく進路がなく、右往左往しながら脚を余しての7着。それでも良い脚をしっかり使えていて、スムーズな競馬ができていたらどこまで伸びていたのかだろうと想像させられた。」と前走の不利についてコメント。「人気もするタイプには見えないので美味しい1頭」と妙味も含めて注目した。

注目馬3頭目はクリスマスパレード。「前走の水仙賞は7頭立てではあったが、メンバーレベルは水準以上のレース。その中で牝馬ながら好位から抜け出す危なげないレース内容は評価できる。」と前走内容を高く評価。「2戦2勝で底を見せておらず、2000mでの距離実績もある。レースぶりにも隙がない」と外せない1頭と評価した。

[もっと見る]

【フローラS2024】予想神スガダイの選ぶ3頭「前走は全体時計が優秀で非常に強い競馬」 2024年4月19日(金) 12:02

ウマニティ・プロ予想MAXにて活躍している殿堂プロ予想家のスガダイ氏が18日、ウマニティチャンネル「スガダイの勝ちに行く競馬予想」に出演。フローラS (3歳牝・G2・芝2000m)に出走する馬の中から注目馬を3頭ピックアップし、その推奨理由について解説した。

スガダイ氏の注目馬1頭目はバロネッサ。「勝ち上がるのに3戦を要した馬だが、最初の2戦はスタートが決まらず後方のポジションになるもグイグイ伸びて目立つ末脚を見せた。ルメール騎手に乗り替わってスタートを決めた前走は好位で折り合って上がり最速、全体時計も優秀で非常に強い競馬だった。」と前走内容を高評価。「懸念点として再びスタートを決められるかが鍵となるが、鞍上の津村騎手は今年はだいぶ良い感じに乗れている。ある程度スタートを決めれば馬券内は十分。」とコメントした。

2頭目の注目馬はラヴァンダ。「前走のチューリップ賞を見返している時にやたらと脚を余している馬がいるなと。それがこの馬。前をカットされ、スペースはあったが、外に持ち出し、だいぶ追い出しを待たされての敗戦。まともに直線終えていたら際どい勝負になったはず」と前走は力を出し切っていない点を強調。「距離に関しては分からないが、前走の脚を見ると終いを生かす形であれば何とかなるのではないか。恐らく人気もしなそうで妙味もある」と穴の大駆けに期待した。

注目馬の3頭目はクリスマスパレード。「この2戦は時計、メンバーを見ても水準以上の内容で今回のメンバーでは十分上位に位置する。」と能力を評価。「レースが上手で安定した先行力が魅力。府中の開幕週という点も考えるとその点も好材料で外枠でも外せない馬」と先行できる脚質も評価した。

[もっと見る]

【サンスポ賞フローラS】厩舎の話 2024年4月19日(金) 04:59

アドマイヤベル・加藤征師「適性を見越してデビューから中距離を使ってきた。東京の芝2000メートルは一番いい舞台じゃないかな」

エルフストラック・中村師「上がりが極端に速くなるとどうかだけど、持続力を生かす競馬になれば」

カニキュル・菊沢師「骨折明けの前走は落ち着きを欠いていたが、それでも見せ場はあった。この舞台は合う」

クリスマスパレード・加藤士師「走りにバネがあって元気もある。オークスが楽しみな馬なので権利を取りたい」

コスモディナー・松岡騎手「暖かくなって掛かる面が出て前向きになってきた。中団で脚をためられれば」

コンテソレーラ・手塚師「先行有利の馬場がどうかだが、距離は延びていい」

サンセットビュー・新谷師「緩やかだけど、精神面も肉体面も順調に成長。距離も2000メートルくらいあった方がいい」

トロピカルティー・林師「(放牧を挟んで)1本目からいい動きでしたし、心身ともに回復してフレッシュな状態で臨めそうです」

ニシノコイゴコロ・根本師「ストライドが大きくなっていい頃の状態に戻ってきた」

マルコタージュ・菅原明騎手「引き続き好調をキープ。何度も調教で乗って特徴を把握できている」

メアヴィア・金成師「まだこれからの馬。前走は恵まれた面もあり、どこまでやれるか」

ユキワリザクラ田中剛師「変にテンションが上がらず、落ち着いているのはいい」

ラヴァンダ・中村師「初めての距離になるけど、競馬に行くとスッとスピードに乗れないところがあるので逆にいいかなと思う」

[もっと見る]

【フローラS2024】あの人気馬はココが不安 どうしても気になるアドマイヤベルの乗り替わり 2024年4月18日(木) 15:00


今週末、東京競馬場ではオークスTR・フローラSが行われます。各メディアの人気予想では、2戦2勝のクリスマスパレード、近2走は今回と同じ東京芝2000m戦で3着、2着と安定しているアドマイヤベルが上位人気となっています。

ここで、筆者はクリスマスパレードをターゲットにして難癖を付けていこうと着手したのですが、現時点ではどうしても弱点が見つかりませんでした。散々悩んだ末に、これを断念、代わりにアドマイヤベルのほうをターゲットにすることにしました。まだ1勝馬ということ以外にも、同馬には次のような“重箱”ポイントがあります。

アドマイヤベルが、前走のフリージア賞で2着に敗れた際、当時手綱を取っていた三浦皇成騎手が「勝ち馬(の鞍上)に上手く乗られてしまった」というコメントを残しているのを見かけました。今回はその三浦皇成騎手から横山武史騎手に乗り替わりとなります。横山武史騎手が乗るのならプラス材料になるのでは? という考え方もあるのですが、筆者にはどうしてもこの乗り替わりについて気になる点があります。

これまで 3戦のキャリアがあるこの馬ですが、昨年8月に新馬戦を勝った時は菱田裕二騎手が手綱を取っていました。2戦目の百日草特別(3着)時は浜中俊騎手、そして前走のフリージア賞では前述した通り、三浦皇成騎手が騎乗しました。

毎回、鞍上が替わっています。そして今回も乗り替わりとなります。三浦皇成騎手が語る「勝ち馬(の鞍上)に上手く乗られてしまった」はその通りなのかもしれませんが、乗っている騎手もアドマイヤベルという馬の特徴をどの程度把握した上で手綱を取っているのか、少々気になります。何しろ毎回手替わりですから。少なくとも、競馬専門紙のコメントなどでよく登場する「手の内に入れている」という状態ではないと思われます。

騎手の乗り替わりに関する話というのは、その馬のその後の予定とも密接に関係しているため、安易に憶測で語るべき部分ではないのかもしれませんが、それでもこんな話を少々。今回手綱を取る横山武史騎手が、今年に入り先週までJRAで騎乗した223回のうち、アドマイヤベルを管理する美浦・加藤征弘厩舎の馬に乗った回数が17回で、これは最も多い数字です。先週までに挙げた38勝のうち、最多となる4勝を同厩舎の所属馬で挙げています。

横山武史騎手が所属する鈴木伸尋厩舎よりも、騎乗機会も、勝ち星も加藤征弘厩舎のほうが多いのですから、調教師やスタッフとの信頼関係も良好ではないかと想像されます。アドマイヤベルについても、しっかりとした引き継ぎが行われるのだろうと思いますが、逆にこの馬に関してはこれまで騎乗していなかった経緯も気になります。単にスケジュールが合わなかったからなのかもしれませんが、最も多く乗っている厩舎の馬なのに何故? などと、つい余計なことを考えたくなってしまうのです。

まあ、そういう難癖を付けるのがこのコーナーですので、かなりの確率でどうでもいい話であることには違いなさそうですが(笑)。果たしてこの乗り替わりはアドマイヤベルにとってプラスなのか、それとも……。筆者はプラスにならないと思っていますが、結果次第ではオークスの馬券戦術にも影響与えそうなレースではないでしょうか。

[もっと見る]

【サンスポ賞フローラS】厩舎の話 2024年4月18日(木) 11:52

アドマイヤベル・加藤征調教師「非常に穏やかで落ち着いて走れていた。体幹が強くなり、筋肉に張りが出てきた」

エルフストラック・中村調教師「長距離輸送が3回目で疲れがどうか。持久力勝負が理想」

カニキュル・菊沢調教師「落ち着きがあるし、跳びが大きいので東京替わりはプラス。使った上積みも見込める」

クリスマスパレード・加藤士調教師「理想どおりの追い切り。伸び伸びと走ってバネもあり、楽しみな感じ。権利を」

コスモディナー・松岡騎手「掛かる面が出て前向きになってきた。いい傾向ととらえたい」

コンテソレーラ・手塚調教師「距離延長はプラス。力はあるので良の芝でどれだけやれるか」

サンセットビュー・新谷調教師「輸送を考慮して無理しない感じで。心身ともに成長している」

トロピカルティー・林調教師「しっかり動けた。心身とも回復してフレッシュな状態にある」

ニシノコイゴコロ・根本調教師「ストライドが大きくなった。いいころの状態に戻ってきた」

マルコタージュ・菅原明騎手「前進気勢は強くないが、実戦タイプ。特徴も把握できている」

メアヴィア・金成調教師「順調だが、まだこれからの馬。前走は恵まれた面もあり、どこまで」

ユキワリザクラ田中剛調教師「時計が速くなったが、バテずに伸びた。落ち着きもある」

ラヴァンダ・中村調教師「攻め駆けするタイプ。初の長距離輸送になるが、能力は通用する」(夕刊フジ)

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリスマスパレードの関連コラム

関連コラムはありません。

クリスマスパレードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 3

フローラステークスで帰厩初戦となる馬の外厩情報共有します。

 1番バロネッサ(津村明秀騎手)ノーザンF天栄

 2番ニシノコイゴコロ(野中悠太郎騎手)西山牧場阿見分場

 3番ラヴァンダ(岩田望来騎手)チャンピオンヒルズ

 4番エルフストラック(横山和生騎手)ノーザンFしがらき

 6番トロピカルティー(戸崎圭太騎手)ノーザンF天栄

 7番コスモディナー(松岡正海騎手)ビッグレッドファーム鉾田

 8番アドマイヤベル(横山武史騎手)ノーザンF天栄

 9番サンセットビュー(三浦皇成騎手)千代田牧場

11番ユキワリザクラ(鮫島克駿騎手)山元トレセン

14番クリスマスパレード(石川裕紀人騎手)ノーザンF天栄

以上になります。

 競馬が大好き(複勝男 2024年4月19日(金) 02:04
フローラステークス 2
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 2

フローラステークス

芝2000M GⅡ 3歳牝馬

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント◎3ポイント○2ポイント▲1ポイント◬0.5ポイント

クリスマスパレード 21.5ポイント
(まだ無敗なので、前走も牡馬相手に勝利もしている。先行力もあるので下記捲週もプラスかな。キャリアの少なさと左回りに替わる不安はある。)

アドマイヤベル 14.5ポイント
(ここ2戦1勝クラスで善戦しているので重賞ですが相手は強くいないのでチャンスは高そう。いい脚は毎回使っていて開幕週でいい位置から進めることが出来れば楽に進めれる。スタート重要。)

トロピカルティー 9.5ポイント
(前走は馬場が悪かったのもあるので反動は気になるが勝ち馬が皐月賞にも出ていたのでこの馬も弱くはないと思う。東京コースと良馬場ならチャンスは上がると思う。)

バロネッサ 9ポイント
(未勝利勝ち直後で前走も2番手から進めれたので今回も出来るかどうか。コースは前走で勝利したし、まだ3戦馬券外もないから安定感もあるのでまぁいい位置から進めれば。)

カニキュル 6ポイント
(叩き2走目で期待は出来そう。東京コースで勝利しているし前走を見た限り広いコースの方がいいのかなと、中団ぐらいにいるのかなと、追い込みだとかなりいい脚を使わないといけないので。)

エルフストライク 4.5ポイント
(前走はフラワーカップで逃げて5着で少し展開は向いてなかったので今回開幕週で逃げれば粘る安いので穴馬的にはこれかなと思うが直線が長いんでそこまで踏ん張れる感じはないかな。)

マルコタージュ 3ポイント
(フラワーカップは後ろから進み過ぎて脚を余した感じなので、東京なら巻き返しは可能だし新馬戦は東京コースで勝利なのでまぁいい位置から進められるかどうかですね。まだ見限れない馬。)

ラヴァンダ 1ポイント
(チューリップ賞は差しては北がスムーズではなかったので距離延長と左回りで変わり身あるかどうか?岩田望騎手と相性もいいし安定感はある馬と思う。穴馬ですね。)

コスモディナー 0ポイント△5こ
(ここ3戦で力負けな感じで相手は弱くなるかなと思うけどこのままでは早熟馬で終わってしまうかな。距離延長はプラスかなと思うし、東京コースがダメな感じもしていないのでレース経験は多めなので。)

サンセットビュー 0ポイント△4こ
(クイーンカップ6着0.6差は相手も強かったので健闘はしたと思う。継続騎乗もいいし距離延長で新味を見せれるかも。相手弱化だとは思っているから間隔空いての状態次第でチャンスは上がると思う。)

ユキワリザクラ 0ポイント△2こ
(まだ2戦で前走未勝利戦からなので相手強化になっているし前走逃げ切りなんでね。東京コースに替わって合うかどうかと先行逃げが出来るかどうかになりそう。)

コンテソレーラ 0ポイント△1こ
(未勝利戦がダートで捲って勝っている感じで芝に戻ってどうか?2着になっているのは道悪なので、開幕週の東京コースだと速い脚で劣るのかなと思われますね。スタートも遅そうで・・・)

メアヴィア 0ポイント 着差 -0.1
(3戦目で勝利で前に行けることが出来たので今回相手強化で前走の様な競馬が出来るかどうか?毎回乗り替わっているんでねちょっとしんどい感じもしている。)

ニシノコイゴコロ 0ポイント 着差 0.8
(1勝クラスの中山の2戦は後ろから進んで差して届いてないので、東京コースならプラスと思うしベゴニア賞で健闘が出来てるので期待もできそう。距離延長と位置取りになるのかなと。)

現時点予想

◎ アドマイヤベル
○ カニキュル
▲ サンセットビュー
△ クリスマスパレード
△ バロネッサ
穴 エルフストライク
穴 ニシノコイゴコロ



[もっと見る]

 プラス1 2024年4月18日(木) 20:10
サンケイスポーツ賞フローラステークスGⅡ 事前予想(2024/4/...
閲覧 162ビュー コメント 0 ナイス 1

あぁ しんど


何とか 週末に辿りつけそうですわ


しかし 今週から 京都・東京が 2ヶ月続く、福島とは 夏競馬まで お別れ(別に それでいいです)という感じで


果たして!

馬券的にどうなるか!



京都、東京と 相性悪かったら 2ヶ月 やられることになりますからね


えっ、そのときは やらんかったらいいやん って?



競馬(馬券)に!

買わなければとかは!

ない!(いや ある)



まぁ 今週 またウマコロの 新しい期が始まりますからね

今週は割と重要(今週ダメだったら 多分 今期はダメで終わるでしょう)




とりあえず 事前予想ですが


サンケイスポーツ賞フローラステークスGⅡ

トロピカルティー
クリスマスパレード
バロネッサ


福島牝馬ステークスGⅢ

ラリュエル
エリオトローピオ
ライトクオンタム


という感じでした


読売マイラーズカップGⅡは 同条件のレースデータが足りてないということか 出力がうまく出ませんでした・・

いや これは これで ありがたいか・・?(予想がうまく出なかったら そのレース パスするので 財布に優しい・・?)



その他は


センテニアル・パークステークス

デコラシオン
ジュリアバローズ
ヒヅルジョウ



鎌倉ステークス

プラチナジュビリー
バグラダス
ロードフォンス



福島中央テレビ杯

ヨール
ゴルトリッチ
メイショウハボタン



ということでした



今週は POG関連馬が 3頭出てくれるんですけど

いうて もう 大勢は決してしまっている・・


いや まだ 1ヶ月半ほど残っているから 登録馬が 連闘しまくって 勝ちまくってくれたら・・ 漫画でも そんなことはないわ・・・




そういや ちょっとGWが見えてきましたね、早よ 来てくれ~(いうて 来たら 過ぎ去るのは早いので この 待っているぐらいが 丁度 いいのかも知れませんけど)

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリスマスパレードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:68人 2024年2月24日() 14:41:28
水仙賞楽勝!!

クリスマスパレードの写真

投稿写真はありません。

クリスマスパレードの厩舎情報 VIP

2024年2月24日水仙賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クリスマスパレードの取材メモ VIP

2024年2月24日 水仙賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。