ウェディングフジコ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2004年4月8日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主荻原 昭二
生産者ヤナガワ牧場
生産地門別町
戦績48戦[5-9-7-27]
総賞金13,656万円
収得賞金4,580万円
英字表記Wedding Fujiko
血統 フジキセキ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ミルレーサー
ウェディングハニー
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ヘイアンパール
兄弟 ツクバプリティツクバエンジェル
前走 2012/01/18 TCK女王盃 G3
次走予定

ウェディングフジコの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
12/01/18 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 11--------4** 牝8 56.0 蛯名正義戸田博文465(--)1.53.8 0.2----ハルサンサン
11/12/07 船橋 10 クイーン賞 G3 ダ1800 14--------5** 牝7 54.0 蛯名正義戸田博文469(--)1.54.4 1.2----クラーベセクレタ
11/11/03 大井 9 JBCレディ G ダ1800 13--------5** 牝7 55.0 吉田豊戸田博文466(--)1.51.3 1.7----ミラクルレジェンド
11/10/16 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 16510375.31516** 牝7 55.0 黛弘人戸田博文462(+2)1.48.2 1.435.7イタリアンレッド
10/10/17 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 1761254.5135** 牝6 55.0 丸山元気戸田博文460(0)1.46.8 0.433.6⑧⑧⑧テイエムオーロラ
10/08/15 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 1481427.199** 牝6 55.0 吉田隼人戸田博文460(+6)1.48.3 0.735.3④⑥⑤④アプリコットフィズ
10/07/07 川崎 10 スパーキング G3 ダ1600 14--------3** 牝6 55.0 内田博幸戸田博文454(--)1.40.7 0.7----ラヴェリータ
10/05/16 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 182473.51012** 牝6 55.0 吉田隼人戸田博文454(0)1.33.0 0.634.5⑥⑥ブエナビスタ
10/04/24 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 16245.933** 牝6 55.0 吉田隼人戸田博文454(0)1.49.1 0.236.3④④④④レジネッタ
10/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1651014.682** 牝6 54.0 吉田隼人戸田博文454(-1)1.47.7 0.134.9⑥⑥⑥⑤ニシノブルームーン
10/02/24 川崎 10 エンプレス杯 G2 ダ2100 13--------5** 牝6 55.0 菊沢隆徳戸田博文455(--)2.15.2 0.7----ブラボーデイジー
10/01/20 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 14--------2** 牝6 54.0 菊沢隆徳戸田博文455(--)1.52.9 0.0----ユキチャン
09/12/19 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 184714.766** 牝5 54.0 菊沢隆徳戸田博文450(+2)2.00.1 0.434.8⑤⑤④④リトルアマポーラ
09/12/06 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 14226.831** 牝5 52.0 菊沢隆徳戸田博文448(0)1.33.0 -0.134.8⑤④ホクトグレイン
09/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1811217.9178** 牝5 56.0 菊沢隆徳戸田博文448(-2)2.15.2 1.633.4⑮⑮⑱⑰クィーンスプマンテ
09/10/18 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 184870.01415** 牝5 55.0 菊沢隆徳戸田博文450(-10)1.46.4 1.836.1ムードインディゴ
09/08/30 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 1871346.51713** 牝5 51.0 菊沢隆徳戸田博文460(+6)2.00.0 0.433.1⑬⑮ホッコーパドゥシャ
09/06/21 阪神 10 マーメイドS G3 芝2000 165920.077** 牝5 52.0 菊沢隆徳戸田博文454(0)2.00.9 0.735.6⑤⑤コスモプラチナ
09/05/24 中京 9 パールS 1600万下 芝1800 13444.731** 牝5 55.0 菊沢隆徳戸田博文454(0)1.46.0 -0.034.3④④タガノティアーズ
09/05/02 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 17125.9214** 牝5 53.0 菊沢隆徳戸田博文454(-4)2.00.1 1.035.7⑥⑤④ニシノブルームーン

⇒もっと見る


ウェディングフジコの関連ニュース

 第15回TCK女王盃(18日、大井11R、交流GIII、4歳以上、牝馬、ダート1800メートル、1着賞金2200万円=出走11頭)今野忠成騎手騎乗の7番人気ハルサンサン(牝4歳、船橋・佐藤賢二厩舎)が重賞初制覇。勝ちタイム1分53秒6(良)。

 JRA勢が先行集団を形成するなか、鞍上になだめられながら好位の内ラチ沿いを追走したハルサンサン。直線で外に出されると、前で叩き合いを演じるカラフルデイズプレシャスジェムズウェディングフジコのJRA勢3頭を大外から強襲。最後は粘り込む1番人気カラフルデイズをゴール寸前、アタマ差捕らえた。

 勝利にエスコートした今野忠成騎手は「思ったより流れが遅くて折り合いを欠いたが、最後は良く反応してくれました。馬に勝たせてもらいましたね」と笑顔。なお、ハルサンサンにはエンプレス杯(2月29日、川崎、交流GII、ダート2100メートル)の優先出走権が与えられる。

 2着から1馬身差の3着には逃げ粘った2番人気プレシャスジェムズ、さらにハナ差の4着には好位で食い下がった6番人気ウェディングフジコが入り、3番人気パールシャドウは5着だった。

 ハルサンサンは父サウスヴィグラス、母ハルワカ、母の父ワカオライデンという血統。通算成績15戦5勝。重賞初勝利。今野忠成騎手は10年ユキチャン以来2度目、佐藤賢二調教師は初の同レース制覇。

【TCK女王盃】ユキチャン重賞3勝目 2010年1月21日(木) 05:02

 今野忠成騎乗で単勝1番人気に推された白毛のアイドル・ユキチャンが、4番手追走から直線で抜け出し、内を突いたウェディングフジコの猛追をクビ差しのいでゴール。重賞3勝目を挙げた。1分52秒9(良)。ユキチャンはエンプレス杯(2月24日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)の優先出走権を獲得した。

 ゴール前で歓声と悲鳴が同時に上がる。早めに先頭に立ったユキチャンに、ウェディングフジコが強襲。際どい着差になったが、軍配はクビ差でユキチャン。人気に応えて女王の座を守った。

 今野騎手は「ゴール前でビュッとこられるのが一番嫌だったから、ゴール前は腋にビッシリ汗をかいたよ」と苦笑い。「でも横に馬が見えたら、もう一度伸びてくれた」とユキチャンの勝負根性を称えた。一方、山崎尋美調教師は「いい位置につけていたし、追い出せばきっちり先頭でゴールすると思っていた。でも“友達”がこないと走らないのかな」と余裕の表情でゴール前の攻防を振り返った。

 次走は優先出走権を獲得したエンプレス杯。関東オークスで重賞初制覇を飾った舞台で、ホームコースだ。「これ以上太らせないためにも、甘やかさないでビシビシ攻めたい」と山崎師。地元ファンの前で恥ずかしい競馬はできない-。トレーナーの強い思いが感じられた。(大貫師男)

[もっと見る]

【ターコイズS】ウェディングフジコが快勝2009年12月7日(月) 05:03

 ターコイズS(6日、中山11R、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金2300万円=出走14頭)菊沢隆徳騎乗の3番人気ウェディングフジコ(美・戸田、牝5、父フジキセキ)が、直線内から鋭く伸びて1番人気のホクトグレインをかわして通算5勝目を挙げた。1分33秒0(稍重)。中1週で愛知杯(19日、中京、GIII、芝2000メートル)に挑み重賞獲りを狙う。08年桜花賞レジネッタは5着、同オークストールポピーは12着だった。

[もっと見る]

ウェディングフジコの関連コラム

閲覧 437ビュー コメント 0 ナイス 0

12.6-10.8-11.9-12.7-12.3-11.9-12.2-11.7-12.8=1.48.9
(35.3-36.9-36.7) △3▼5△11 瞬発戦

走破時計が若干遅いことからも分かる通り、今年の福島の芝は時計が掛かる馬場となっていました。
天候不順による芝の生長の遅れが主な原因だと思われます。
それに加えて先週の降雪によるダメージというのも大きかったでしょう。
ではその辺りを頭に置いて見てみます。

逃げ馬3頭のうちの1頭キシュウグラシアが出遅れたがそれでも速い馬が2頭残っている。
よってテンの3Fの35.3秒はやや速め。
但しガンガンに逃げまくるのではなく隊列が整った2コーナー~向正面にかけて緩みが入り一旦脚を溜めます。
残り800mの3コーナーから各馬スパート開始で想定通りのロングスパート戦に突入します。
▼5の加速で瞬発戦にはなっていますがこれは逃げていたブライティアパルスが4コーナーで一旦緩みを入れたための数字で他の馬の脚の使い方は瞬発レースというよりは平坦レースだったと思われます。
実際平坦巧者のワンツースリーの結果となっていました。
レース内容は逃げた2頭からやや離れて単独3番手を追走していたブラボーデイジーが直線入って手応えよく先頭に立ちそのまま押し切るかと思いきや、外からレジネッタが見事差しきって桜花賞以来の勝利というもの。
3着には4番手で先行していたウェディングフジコでした。

結局このレースは「謎解き編」で書いた通り問われたものはロングスパート適性でした。
瞬発力ではなく長く使える脚です。
ラップバランス的に脚質の有利さというのはあまりなかったと思われます。
以外に必要だったのはやはり馬場適性でしょう。
時計の掛かる馬場ということである程度のパワーも必要でした。
出走メンバー中、札幌福島函館の芝1800m以上のレースで連対経験があったのは
ブラボーデイジーアルコセニョーラレジネッタピエナビーナスチェレブリタダイワジャンヌ
の6頭となっていて実にこの内の4頭が5着以内に入った結果となっています。
残る1頭は3着のウェディングフジコとなる訳ですがダート戦での連対率が5割を超える馬でパワーがないはずはありません。

このレースはヴィクトリアMの前哨戦の一つという位置付けなので現段階でのヴィクトリアMに向けての見解は以下の通り。
・復活したレジネッタはゲート再審査が義務付けられてしまったためヴィクトリアMは参戦出来なくなってしまった。残念。
ブラボーデイジーは昨年のヴィクトリアM2着馬ですが昨年は強風のためパワーも必要となったレースで今年も馬場状態などこの馬に味方する要素があればチャンスありだと思いますが高速決着や瞬発力決着となると厳しいかも
ウェディングフジコフジキセキ×トニービンの配合でブラボーデイジーよりも府中の瞬発戦にも対応可能ですがやや小粒感があるのも確かで2強が参戦となれば厳しいのでは
ジェルミナルマイネレーツェル辺りは賞金的に出走ゲートにすら入れないのではないか?


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ウェディングフジコの口コミ


口コミ一覧

TCK女王盃(JpnIII)予想

 河内一秀 2012年1月17日(火) 22:13

閲覧 242ビュー コメント 1 ナイス 8

◎プレシャスジェムズ
○パールシャドウ
▲カラフルデイズ
△プロヴィナージュ
×ウェディングフジコ

3連単フォーメーション
◎→○→▲△×(3点)
◎→▲→○(1点)

プレシャスジェムズの前走は前走は案外だったが、牝馬限定の交流重賞なら一枚上と言っても良い存在。

パールシャドウは、前走で脚質に進境を見せた。このメンバーなら大崩れは無い。

カラフルデイズは、頭までは難しいが能力分だけはきっちり走る。

プロヴィナージュ・ウェディングフジコは、かつての勢いは無く連下が精一杯。

 河内一秀 2010年7月4日() 22:00
スパーキングレディーカップ(JpnIII)
閲覧 49ビュー コメント 4 ナイス 0

◎トーホウドルチェ
○ラヴェリータ
▲ウェディングフジコ

◎○→◎○→▲(2点)

◎トーホウドルチェ

マリーンカップではラヴェリータを負かしているし、直線の短い川崎では先行力が活きる。

○ラヴェリータ

能力的には1番だが、1600mだと先行力に不安があり、再びトーホウドルチェを捕まえきれない可能性も。

▲ウェディングフジコ

交流重賞を2走しているが、いずれも芝と比べて目立ったパフォーマンスアップは見られなかった。となれば、牡馬相手に好走経験のある上位2頭に対しては分が悪いと言わざるを得ない。

[もっと見る]

 河内一秀 2010年1月17日() 22:10
TCK女王盃(JpnIII)予想
閲覧 118ビュー コメント 15 ナイス 0

◎チャームナデシコ
○ウェディングフジコ
▲テイエムヨカドー
△ユキチャン
×ヤマトマリオン

3連単フォーメーション
◎→○▲△×→○▲△×(12点)
○→◎→▲△×(3点)

◎チャームナデシコ

牝馬限定の交流重賞のレベルは、JRAで言えば1000万下に毛が生えた程度。1000万下、1600万下を連勝しているのだから本命視は当然。

○ウェディングフジコ

フジキセキはダートの方が走る。芝での能力をそのまま発揮できれば頭まである。

▲テイエムヨカドー

前走の敗因は距離不足。距離延長で巻き返し必至。

△ユキチャン

前走は、久しぶりに持ち味の先行力を発揮しての復活勝利。ただ今回は、相手が強く勝ち負けまではさらなる上昇が必要。

×ヤマトマリオン

オペラハウスの産駒は、直線的に成長したり衰えたりする印象が強く、突然の復活は考えにくい。オッズ次第では切る予定。

[もっと見る]

ウェディングフジコの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ☆まんでがん   フォロワー:9人 2008年12月17日(水) 23:44:11
500万を計17戦でやっと卒業(計2勝)と常識にかかるまで時間要した。
が1000万は1戦目で勝ちあがり連勝とした。
続くターコイズS オープンはザレマの0.4差6着。ここまで26戦[3-6-5-12]
上がり目は期待できないのが常識なのだが・・・
おもしろいのは芝・ダート兼用馬ということ。
確実なのは母父 トニービン の影響か左まわりが得意だということ。
人気馬が差し追い込みの際 2.3番手からの抜け出しで粘りこむ穴として狙いたい馬

ウェディングフジコの写真

投稿写真はありません。

ウェディングフジコの厩舎情報 VIP

2011年10月16日府中牝馬ステークス G216着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウェディングフジコの取材メモ VIP

2011年10月16日 府中牝馬ステークス G2 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。