会員登録はこちら

ジャパンC G1

日程:2022年11月27日() 15:40 東京/芝2400m

ジャパンCデータ分析

コース図東京芝2400m

国際招待競走としてかつては外国馬の活躍が目立っていたレースであったが、外国馬が最後に勝ったのは2005年(アルカセット)で、2006年(ウィジャボード、3着)以降は3着以内にも入っていない。馬場や検疫など国内の問題、あるいは12月の香港国際競走との兼ね合いで海外招待馬のレベルが下がった面は否めない。対する日本馬、とくに古馬にとっては最高の舞台である。1着賞金が4億円(2015~2021年の3億円から1億円増額)と有馬記念と並ぶ高額であることはもちろん、大回りの東京コースを1周して実力勝負になりやすい、ダービー&オークスと同じ芝2400mでの施行。ここで強い競馬をすることはダービーで好走するのと同等の評価を得ることができ、引退後の繁殖需要にも関わってくるからだ。ちなみに2009年優勝のスクリーンヒーローはG1 1勝ながらも種牡馬となり、複数頭の活躍馬を輩出している。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
1番人気は2008年以降で6勝と平凡な成績。着外に敗れたのは2011年デインドリーム(6着)、2014年ジェンティルドンナ(4着)、2019年レイデオロ(11着)の3頭で、2~3着の取りこぼしも目立つ。ちなみに前走で秋の天皇賞馬となり1番人気に支持された馬は2010年ブエナビスタ(1位入線2着降着)、2015年ラブリーデイ(3着)、2017年キタサンブラック(3着)、2020年アーモンドアイ(1着)の4頭で、そのうち3頭はここで惜敗。2003年のコース改修後は、2004年のゼンノロブロイ、2020年のアーモンドアイの2頭しか、秋天・JCの連勝を果たした馬はいない。近年で3連単が6ケタ配当となったのは2011年と2013年。2011年は14番人気ジャガーメイルが3着に入って32万馬券、2013年は11番人気トーセンジョーダンが2着に入って22万馬券であった。ジャガーメイルは前年の4着馬で、トーセンジョーダンは2年前の2着馬。ともにG1ウイナーで、このレースでも好走経験のある馬が必要以上に人気を下げての穴馬券演出だった。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 8-3-6-3 40.0% 55.0% 85.0% 93.5% 104.0%
2番人気 1-5-5-9 5.0% 30.0% 55.0% 17.0% 83.5%
3番人気 3-2-2-13 15.0% 25.0% 35.0% 111.5% 69.0%
4番人気 4-2-0-14 20.0% 30.0% 30.0% 203.5% 68.0%
5番人気 2-4-0-14 10.0% 30.0% 30.0% 121.0% 75.5%
6~9番人気 2-3-5-70 2.5% 6.3% 12.5% 76.9% 55.6%
10番人気以下 0-1-2-149 0.0% 0.7% 2.0% 0.0% 24.9%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 3-1-2-0 50.0% 66.7% 100.0% 71.7% 110.0%
2.0~2.9倍 3-2-3-0 37.5% 62.5% 100.0% 87.5% 118.8%
3.0~4.9倍 3-3-5-12 13.0% 26.1% 47.8% 47.0% 68.3%
5.0~7.9倍 2-4-2-15 8.7% 26.1% 34.8% 50.9% 65.2%
8.0~14.9倍 7-6-5-26 15.9% 29.5% 40.9% 171.6% 110.9%
15.0~19.9倍 0-1-0-20 0.0% 4.8% 4.8% 0.0% 10.0%
20.0~49.9倍 2-3-1-60 3.0% 7.6% 9.1% 93.2% 54.4%
50.0倍以上 0-0-2-139 0.0% 0.0% 1.4% 0.0% 20.4%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 1,330円 140円 542円
複勝 1,220円 110円 234円
枠連 6,230円 350円 1,755円
馬連 10,160円 330円 2,617円
ワイド 20,770円 150円 1,468円
馬単 18,510円 610円 4,725円
3連複 63,800円 300円 10,493円
3連単 224,580円 1,340円 45,110円

【脚質】
最初のコーナーまでは350mほどであり、長距離戦ともあって先行争いはそう厳しくならないが、東京芝コースは525mの直線と高低差約2mの上り坂が最後に待ち構えているので、上のクラスでこれを逃げ切るのは容易ではない。2003年のコース改修後に逃げ馬が馬券に絡んだのは、2003年1着のタップダンスシチー、2016年1着のキタサンブラック、2018年2着のキセキの3頭となっている。脚質的に好成績なのは差し馬でこれに次ぐのが先行馬。東京コースに必要とされる“長くいい脚を使える”ことが求められる。なお追い込み馬には厳しく、2012年3着のルーラーシップのように上がり3F32秒9の鬼脚で追い込んでも、上位勢(同年は1着ジェンティルドンナ、2着オルフェーヴル)にこれと近い脚を使われれば届かない。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 2-1-1-18 9.1% 13.6% 18.2% 80.0% 32.3%
先行 6-8-5-58 7.8% 18.2% 24.7% 50.4% 66.5%
差し 12-8-10-110 8.6% 14.3% 21.4% 81.7% 61.1%
追込 0-3-4-86 0.0% 3.2% 7.5% 0.0% 19.9%

【枠順】
東京芝2400mはペースが落ちつきやすく、1コーナーまでに決まったポジションのまま1周してくることもあり、距離ロスの小さい内目の枠が有利となっている。このレースでも同様で、2007年以降で1~3枠の馬が1頭も3着以内に入れなかったのは3→1→2番人気で決まった2012年のみ。一方、3着以内に1~3枠の馬が2頭以上入った年は10度もある。もっとも、外枠がダメかというとそうでもなく、前出の2012年はジェンティルドンナとオルフェ―ヴルの枠連⑧⑧での決着。馬が強ければ外目でもそれほど気にする必要はない。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 7-4-3-22 19.4% 30.6% 38.9% 160.6% 132.5%
2枠 3-0-4-31 7.9% 7.9% 18.4% 57.9% 32.1%
3枠 3-1-5-30 7.7% 10.3% 23.1% 44.9% 71.8%
4枠 1-3-3-32 2.6% 10.3% 17.9% 5.4% 48.5%
5枠 1-6-1-31 2.6% 17.9% 20.5% 6.9% 44.1%
6枠 1-2-0-36 2.6% 7.7% 7.7% 3.3% 15.6%
7枠 2-0-3-44 4.1% 4.1% 10.2% 40.4% 24.1%
8枠 2-4-1-46 3.8% 11.3% 13.2% 89.8% 38.7%

【血統】
東京芝2400mと言えばディープインパクト産駒。このレースでも産駒初出走となった2012年に、唯一の出走馬ジェンティルドンナが優勝した。翌2013年はジェンティルドンナとデニムアンドルビーの牝馬同士のワンツー。さらに、2015年はショウナンパンドラとラストインパクトによるワンツー、2019年はカレンブーケドールとワグネリアンが2、3着を占めた。2020~2021年にはコントレイルが2着→1着の活躍を見せ、2021年3着のシャフリヤールもディープインパクト産駒である。ほかのサンデーサイレンス系も強く、2008年以降の勝ち馬でサンデーサイレンスの血を持たなかったのは2009年のウオッカのみとなっている。穴で注意したいのは、母系にノーザンテーストを持つ馬。2008年9番人気1着のスクリーンヒーローと2011年14番人気3着のジャガーメイルは母母父、2013年11番人気3着のトーセンジョーダンは母父がノーザンテーストであった。

◆同コース種牡馬別成績(東京競馬場/芝/2400m/過去5年)集計期間:2017/11/20~2022/11/20

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 35-27-26-186 12.8% 22.6% 32.1% 112.9% 76.7%
2 ハーツクライ 18-9-9-112 12.2% 18.2% 24.3% 110.1% 50.0%
3 ルーラーシップ 14-13-5-76 13.0% 25.0% 29.6% 62.9% 57.7%
4 ステイゴールド 10-10-4-78 9.8% 19.6% 23.5% 50.4% 51.3%
5 ハービンジャー 9-10-6-65 10.0% 21.1% 27.8% 83.1% 53.9%
6 オルフェーヴル 7-6-8-41 11.3% 21.0% 33.9% 33.7% 95.0%
7 キングカメハメハ 5-5-2-44 8.9% 17.9% 21.4% 25.9% 127.1%
8 ドゥラメンテ 5-3-2-17 18.5% 29.6% 37.0% 64.8% 65.2%
9 ロードカナロア 5-2-1-14 22.7% 31.8% 36.4% 138.2% 60.0%
10 ゴールドシップ 4-6-10-47 6.0% 14.9% 29.9% 43.7% 98.2%

データ予想班の注目馬を見る

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2022年12月10日(
中日新聞杯  G3
2022年12月11日(
カペラS  G3
阪神ジュベナイルF  G1

競馬番組表

2022年12月10日(
5回中山3日目
6回中京3日目
6回阪神3日目
2022年12月11日(
5回中山4日目
6回中京4日目
6回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 デアリングタクト 牝5
61,092万円
5 ソダシ 牝4
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡5
54,968万円
7 シャフリヤール 牡4
54,685万円
8 ディープボンド 牡5
54,083万円
9 サリオス 牡5
45,763万円
10 レシステンシア 牝5
44,953万円
» もっと見る

3歳
1 イクイノックス 牡3
40,324万円
2 セリフォス 牡3
39,571万円
3 スターズオンアース 牝3
39,499万円
4 ドウデュース 牡3
38,595万円
5 アスクビクターモア 牡3
34,528万円
6 スタニングローズ 牝3
28,586万円
7 ジオグリフ 牡3
23,581万円
8 ダノンスコーピオン 牡3
23,191万円
9 ナムラクレア 牝3
19,490万円
10 ダノンベルーガ 牡3
19,086万円
» もっと見る