エリザベスタワー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エリザベスタワー
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2018年1月23日生
調教師高野友和(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者Shadai Farm
生産地
戦績 4戦[2-0-0-2]
総賞金4,404万円
収得賞金3,000万円
英字表記Elizabeth Tower
血統 Kingman
血統 ][ 産駒 ]
Invincible Spirit
Zenda
Turfdonna
血統 ][ 産駒 ]
Doyen
Turfaue
兄弟
前走 2021/04/11 桜花賞 G1
次走予定

エリザベスタワーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1871312.5613** 牝3 55.0 川田将雅高野友和508(+2)1.32.6 1.534.7⑧⑪ソダシ
21/03/06 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 12558.031** 牝3 54.0 川田将雅高野友和506(-6)1.33.8 -0.034.3メイケイエール
21/02/06 中京 10 エルフィンS (L) 芝1600 12332.119** 牝3 54.0 武豊高野友和512(0)1.36.5 0.533.8⑩⑩⑪サルファーコスモス
20/12/19 阪神 5 2歳新馬 芝1600 186123.521** 牝2 54.0 武豊高野友和512(--)1.36.9 -0.233.6⑭⑫ウインアキレウス

エリザベスタワーの関連ニュース



当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2017年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 新良さん、この【乗り替わり勝負度チェック!】が好評のようで、今週から土曜日版と日曜日版の2本立てでお送りしていくことになりました。

新良(以下、新) ありがたいお話です。引き続き全力を尽くすことに変わりはありませんが、よりいっそう頑張らないとですね。

編 よろしくお願いします! 先週は推奨4頭がすべて馬券絡みと絶好調。桜花賞では、乗り替わりのなかで最先着を果たしたファインルージュ(8番人気3着)を指名していましたし、ほぼ完璧な内容だったと思います。

新 我ながら上出来の予想ができました。今週も連続勝利といきたいですね。

編 期待しております。リニューアルされた当コーナーは土曜日と日曜日のレースを別々に取り上げることになりましたので、まずは土曜日の狙い目を教えてください。

新 アーリントンCをピックアップします。推奨するのは松山弘平騎手から川田将雅騎手に乗り替わる⑨ホウオウアマゾンです。

編 川田騎手の勢いが止まりません。ダノンスマッシュレイパパレでのG1連勝も見事ですが、じつは土曜日がすごいことになっていて、チューリップ賞エリザベスタワー(1着)、ファルコンSグレナディアガーズ(2着)、毎日杯シャフリヤール(1着)、阪神牝馬Sデゼル(1着)と、3月以降の土曜重賞ではほぼ毎週のように連対を果たしています。新良さんも、毎日杯阪神牝馬Sを当コーナーで推奨して的中させました。

新 馬鹿のひとつ覚えのように川田騎手を買うのはどうかという気持ちもある反面、実際にバンバン来るのだから買うしかないという思いもあります。今週のホウオウアマゾンもそんな1頭です。

編 それはもう、当たるに越したことはありませんからね。

新 はい。ホウオウアマゾンには過去3戦、松山騎手が騎乗してきましたが、陣営は初勝利を挙げたときの相棒の川田騎手に手綱を戻してきました。松山騎手が騎乗停止で乗れないという事情はあるとはいえ、この乗り替わりは勝負がかりを示すシグナルと考えられます。

編 まさに必勝態勢とみていいと?

新 そういう認識を持つべきでしょう。川田騎手の阪神芝1600mにおけるコース勝率は、2017~2019年が22.9%、2020年以降が35.7%と付け入る隙がありません。

編 馬との相性もコースとの相性も、完璧というわけですね。

新 強調材料はまだまだあります。今回が矢作芳人厩舎からの依頼。これも大きなプラス要素になるんです。

編 どういうことでしょう?

新 最近、矢作厩舎は色気があるときに川田騎手を起用するケースが目立ちます。2020年に限ると、川田騎手×矢作厩舎の複勝率はなんと75.0%。今年の京都記念でも、ラヴズオンリーユーの主戦のM.デムーロ騎手を非情にも降ろし、川田騎手にスイッチして勝利を収めました。

編 川田騎手×矢作厩舎は、それだけで買い材料になるんですね。

新 そうなんです。交流重賞戦線でも、大活躍しているマルシュロレーヌで結果を残しています。

編 確かに、そう言われてみると勝ちまくっていますね。

新 ただでさえ絶好調の川田騎手が矢作厩舎の馬に騎乗するとなれば、買わないわけにはいきません。

編 川田騎手というと中内田充正厩舎のイメージが強いですが、馬券的には矢作厩舎のほうに注目すべきなんですね。

新 ぜひ覚えておいてください。

編 皐月賞ダノンザキッドに継続騎乗となりますので、その前日に川田騎手の乗り替わりで稼いでおきたいですね。

新 しっかり決めてもらいましょう。


★その他の注目乗り替わり★
阪神7R ⑦スズカパンサー藤岡康太福永祐一
中山10R ⑫サクラルーフェン黛弘人M.デムーロ
新潟11R ④キンノマサカリ(ルメール→吉田隼人


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

【桜花賞】レースを終えて…関係者談話 2021年4月12日(月) 04:54

 ◆M・デムーロ騎手(アールドヴィーヴル5着)「スタートはとても良かったし、いい位置に行けた。直線はスムーズに外に出せて伸びていたんだけど」

 ◆藤岡佑騎手(ククナ6着)「追走に無駄に脚を使わせないように運び、最後は脚を使ってくれました。これから成長してくると思います」

 ◆岩田望騎手(エンスージアズム8着)「ペースが速く忙しかったけど、追い出してからそれなりに反応し、最後まで頑張ってくれました。もう少し距離が長い方が、持ち味が出そうですね」

 ◆丸田騎手(ホウオウイクセル9着)「速い馬場は初めてでしたし、道中の追走から楽じゃなかった」

 ◆藤岡康騎手(ミニーアイル10着)「スタートを上手に出て折り合いもつきましたが、直線で脚を使えませんでした」

 ◆北村宏騎手(ジネストラ11着)「落ち着いていて、デキは良かった。ゲートの出も良く、スピードに乗っていいリズムで走れたけど、直線に向いたときは手応えが厳しかった」

 ◆田辺騎手(ストライプ12着)「流れが速くて(道中で)脚を使わされた。馬場も速かったし、心配していたことが出ましたね」

 ◆川田騎手(エリザベスタワー13着)「3コーナーから左への張りが強く、曲がっていくので精いっぱいでした。そのぶん、早々と苦しくなりました」

 ◆柴田大騎手(ブルーバード14着)「よく頑張っている。現時点では精いっぱいですね」

 ◆池添騎手(ソングライン15着)「外めからいいポジションをとれたところで外から来られ、気持ちが切れました」

 ◆和田竜騎手(シゲルピンクルビー16着)「いいスタートを切れましたが、内に潜り込めなかった。4コーナーの手前で手応えがなかった」

 ◆幸騎手(ヨカヨカ17着)「3~4コーナーでまくられて、手応えが悪くなりました」

 ◆横山典騎手(メイケイエール18着)「返し馬から気持ちが高ぶり、ゲートの中でもじっとしていなかった」

★11日阪神11R「桜花賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】桜花賞2021 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年4月11日() 05:30


※当欄では桜花賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
ストライプ
ソダシ
メイケイエール
エンスージアズム
アールドヴィーヴル
シゲルピンクルビー
ワイド流し
⑩-①②④⑤⑧⑩⑬⑱

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦ククナ
単勝


【DAIGO】
◎⑧メイケイエール
ワイド流し
⑧-⑬⑱
⑬-④⑱

【田中裕二(爆笑問題)】
◎②ファインルージュ
○⑤アカイトリノムスメ
▲④ソダシ
△⑬エリザベスタワー
△⑯ソングライン
△⑭ミニーアイル
△⑫ヨカヨカ
3連単1頭軸流しマルチ
②→④⑤⑫⑬⑭⑯

【杉本清】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑬エリザベスタワー
☆⑧メイケイエール
△①ストライプ
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑯ソングライン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑧メイケイエール

【林修】
注目馬
ソダシ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑱サトノレイナス

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑤アカイトリノムスメ
☆⑯ソングライン
△⑩アールドヴィーヴル
△⑧メイケイエール

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎④ソダシ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑱サトノレイナス
○⑩アールドヴィーヴル
▲④ソダシ
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑯ソングライン

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ソダシ
サトノレイナス

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑱サトノレイナス

【東信二(元JRA騎手)】
◎④ソダシ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎④ソダシ

【橋本マナミ】
◎④ソダシ
○⑱サトノレイナス
▲⑬エリザベスタワー
△⑤アカイトリノムスメ
△②ファインルージュ
△⑧メイケイエール
△⑩アールドヴィーヴル
△⑯ソングライン

【横山ルリカ】
◎⑱サトノレイナス

【黒澤ゆりか】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑧メイケイエール
△⑤アカイトリノムスメ
△②ファインルージュ

【神部美咲】
◎④ソダシ
3連単ボックス
ソダシ
メイケイエール
アールドヴィーヴル
エリザベスタワー
サトノレイナス
馬連流し
④-⑧⑬

【旭堂南鷹】
◎⑮シゲルピンクルビー
○⑱サトノレイナス
▲⑯ソングライン
△⑤アカイトリノムスメ
△⑬エリザベスタワー

【松木安太郎】
馬連ボックス
ソダシ
アカイトリノムスメ
メイケイエール
エリザベスタワー
サトノレイナス

【稲富菜穂】
◎⑧メイケイエール
○④ソダシ
▲⑱サトノレイナス
△⑫ヨカヨカ
△⑬エリザベスタワー
△⑮シゲルピンクルビー

【やべきょうすけ】
◎②ファインルージュ
○⑱サトノレイナス
▲⑩アールドヴィーヴル
△④ソダシ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑧メイケイエール
△⑬エリザベスタワー

【小木茂光】
◎⑱サトノレイナス
3連単フォーメーション
⑤⑦⑱→①②④⑤⑦⑧⑩⑪⑬⑱→⑤⑦⑱

【津田麻莉奈】
◎⑱サトノレイナス

【キャプテン渡辺】
◎⑬エリザベスタワー
単勝

馬単・馬連・ワイド
⑬→⑱サトノレイナス
3連単
⑬→⑱→④
⑬→⑱→⑧

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑱サトノレイナス
○⑩アールドヴィーヴル
▲⑧メイケイエール
△①ストライプ
△②ファインルージュ
△④ソダシ
△⑤アカイトリノムスメ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑯ソングライン
○②ファインルージュ
▲⑱サトノレイナス
☆⑧メイケイエール
△⑤アカイトリノムスメ
△⑧メイケイエール
△⑩アールドヴィーヴル
△⑬エリザベスタワー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑱サトノレイナス
○⑬エリザベスタワー
▲④ソダシ
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑧メイケイエール
△⑯ソングライン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎②ファインルージュ
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑧→④⑤⑥⑦⑩⑬⑮⑯⑰⑱
②→⑯→④⑤⑥⑦⑧⑩⑬⑮⑰⑱
②→⑰→④⑤⑥⑦⑧⑩⑬⑮⑯⑱

【ギャロップ林】
◎⑯ソングライン
馬連流し
⑯-②④⑤⑧⑩⑬⑰⑱

【こいで(シャンプーハット)】
◎②ファインルージュ
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑤→①④⑦⑧⑩⑪⑬⑮⑯⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑮シゲルピンクルビー

【浅越ゴエ】
◎⑬エリザベスタワー
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑩→④⑤⑮⑯⑱
⑬→⑱→④⑤⑩⑮⑯

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑬エリザベスタワー
馬単マルチ
⑬→④ソダシ
3連複フォーメーション
⑬-⑤⑰⑱-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮⑯⑰⑱
3連単フォーメーション
④⑬→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→④⑬
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→④⑬→④⑬
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑯ソングライン
3連単2頭軸流しマルチ
⑯→⑱→①②④⑤⑥⑦⑧⑩⑫⑬⑭⑮⑰

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑮シゲルピンクルビー
ワイド流し
⑮-②④⑤⑦⑬

【リリー(見取り図)】
◎⑱サトノレイナス
馬連流し
⑱-②④⑧⑩⑬⑯

【岡野陽一】
◎⑯ソングライン
○②ファインルージュ
▲⑧メイケイエール
△④ソダシ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑱サトノレイナス

【船山陽司】
◎⑬エリザベスタワー

【鷲見玲奈】
◎④ソダシ
馬連
④-②ファインルージュ
馬連流し
④-①⑤⑧⑬⑱
⑱-①②⑤⑧⑬

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑧メイケイエール

【大島麻衣】
◎④ソダシ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧メイケイエール
○⑯ソングライン
▲②ファインルージュ
△④ソダシ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑬エリザベスタワー

【高見奈央】
◎⑧メイケイエール
○④ソダシ
▲⑱サトノレイナス
△⑬エリザベスタワー
△⑤アカイトリノムスメ

【皆藤愛子】
◎④ソダシ

【高田秋】
◎⑬エリザベスタワー

【原奈津子】
◎⑱サトノレイナス
○⑩アールドヴィーヴル
▲⑬エリザベスタワー

【神谷由香】
◎④ソダシ
○⑱サトノレイナス
▲⑤アカイトリノムスメ
△⑬エリザベスタワー
△⑧メイケイエール

【ほのか】
◎④ソダシ
○⑧メイケイエール
▲②ファインルージュ
△⑱サトノレイナス
△⑥ストゥーティ
△⑬エリザベスタワー

【森咲智美】
◎⑱サトノレイナス
○④ソダシ
▲⑧メイケイエール
☆⑬エリザベスタワー
△⑮シゲルピンクルビー
△⑤アカイトリノムスメ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑯ソングライン

【守永真彩】
◎⑱サトノレイナス
3連複1頭軸流し
⑱-②④⑧⑫⑬

【天童なこ】
◎⑩アールドヴィーヴル
○⑧メイケイエール
▲④ソダシ
☆⑱サトノレイナス
△②ファインルージュ
△⑤アカイトリノムスメ
△⑥ストゥーティ
△⑨エンスージアズム
△⑯ソングライン

【目黒貴子】
◎⑩アールドヴィーヴル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【桜花賞】直前気配~関西馬 2021年4月11日() 04:53

 <栗東トレセン>

 4戦4勝の2歳女王ソダシはCWコースを1周。弾むようなフットワークで駆け抜け、最終調整を終えた。今浪厩務員は「いい状態だね。馬が楽に走れている。馬体の張りもいいし、ぜい肉が取れて、いいところに筋肉がついている。落ち着きもあるし、オンとオフも分かっている」とうなずいた。勝てば、白毛馬初のクラシック制覇となる。

 メイケイエールはEコースを落ち着いて1周。武英調教師は「息を整える程度で、いい感じで来ています。ポテンシャルは高いし、自分の力を出せれば」と期待を込めた。

 エリザベスタワーは角馬場で体をほぐした後、坂路で4ハロン68秒1-15秒9。高野調教師は「いいコンディションです。ここまで無事にこれたので、あとは川田騎手に任せます」と語った。

 アールドヴィーヴルは角馬場から坂路で4ハロン64秒1-15秒0。今野調教師は「元気がいいですね。大きい舞台に強いジョッキーなので期待しています」とM・デムーロ騎手の手腕に託した。

 ヨカヨカは角馬場で調整。川端助手は「(2走前は)逃げたけど、今回は控える形になると思う。ひと叩きしたぶん、(距離は)もつと思う」と力を込めた。

 シゲルピンクルビーは4ハロン68秒7-16秒5で登坂。「引っ掛かる馬ではないので、距離は大丈夫だと思います」と渡辺調教師。

 エンスージアズムは坂路で4ハロン66秒0-15秒4。「切れる脚もあるし勝負根性もあるので、楽しみにしています」と原口厩務員。

 ミニーアイルはEコースを1周。南井助手は「馬格もあるし、能力はあるからね。距離延長はいいと思う」と期待を込めた。

 ストゥーティは角馬場で調整。奥村豊調教師は「変わりなくきています。毎回走り切ってくれるところがいいところです」と話した。



桜花賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】前走後の談話 2021年4月11日() 04:52

 〔1〕ストライプ「1600メートルにも対応できそう」(田辺騎手)

 〔2〕ファインルージュ「ポテンシャルが高い馬。今日はライバルがいなかった」(ルメール騎手)

 〔3〕ブルーバード「本来の姿ではなかった。休養が長すぎた」(柴田大騎手)

 〔4〕ソダシ「馬場が悪かったからなのか、思ったよりもはじけなかった。両サイドに有力馬が見えていたので、必死に追った」(吉田隼騎手)

 〔5〕アカイトリノムスメ「無理をせずにポジションが取れたし、しっかりと反応して伸びてくれた」(戸崎騎手)

 〔6〕ストゥーティ「最後で踏ん張りきれなかったのは坂か…」(松山騎手)

 〔7〕ククナ「良馬場で内枠だったし、精いっぱい頑張った」(ルメール騎手)

 〔8〕メイケイエール「いい勝ち方ではなかった。向こう正面で全く抑えが利かなかった」(武豊騎手)

 〔9〕エンスージアズム「もう少し前で競馬をしたかった」(岩田望騎手)

 〔10〕アールドヴィーヴル「勝負どころでズブさを見せたけど、最後はよく伸びている」(松山騎手)

 〔11〕ジネストラ「強風とモタれたぶん、力を使ってしまった」(北村宏騎手)

 〔12〕ヨカヨカ「勝ち馬がすごい切れ味だった」(幸騎手)

 〔13〕エリザベスタワー「コントロールがとても難しいので、精神面がより成長してくれれば」(川田騎手)

 〔14〕ミニーアイル「直線で突き抜けそうな感じもあった」(藤岡康騎手)

 〔15〕シゲルピンクルビー「スタートが速くて、枠も良かった」(和田竜騎手)

 〔16〕ソングライン「ゲートをクリアしてくれたし、折り合いもついた」(林師)

 〔17〕ホウオウイクセル「距離は延びてもいいタイプ」(丸田騎手)

 〔18〕サトノレイナス「勝ち馬の後ろで競馬ができたけど、直線で忙しくなって離されてしまった」(ルメール騎手)



桜花賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】“立ち回りうまい母アパパネ×ディープの切れ”で桜冠いただく!アカイトリノムスメ 2021年4月10日() 11:06

 無敗の2歳女王ソダシと、阪神JFでハナ差に迫ったサトノレイナス。この2頭が中心になりそうだ。だが、2頭は約4カ月ぶりのぶっつけで臨むことをチョイスした。過去10年で阪神JFまたは朝日杯FSから直行で連対した馬は2頭しかいない。最低でも年内1戦は必要。それなら、クイーンCを制したアカイトリノムスメにも勝機があるはずだ。

 デビュー戦こそ競馬がまるで分かっていない走りで7着だったが、そこから一気に3連勝。中団からでも好位を取っても最後に確実に伸びてくる姿は、牝馬3冠を制した母アパパネをほうふつさせるもの。馬体が母よりふた回りほど小さいだけに道悪になるとどうかだが、荒れた良馬場なら不安はないはず。立ち回りのうまさは阪神のマイル戦で生きてくる。

 母も管理した国枝調教師は、「レースが上手。落ち着いた競馬でしまいは伸びてくるからね。アパパネは牡馬みたいな力強さがあったけど、こちらはディープ牝馬らしい切れがある。調教でモタれるような癖もないから、右回りでも大丈夫」と、タイプこそ違えど母同様、大きな期待を寄せている。

 手綱を取る関東のホープ横山武騎手は、2走前の赤松賞で手綱を取って快勝している。「赤松賞は3コーナーからゴールまで左に張っていた。それでも勝ち切ったように能力は高いですね。1週前追い切りでも左に張る面を一瞬見せたけど、すぐに修正できました」と自信を持って大一番に臨む。

 好位から動くソダシが隣の枠。大外枠に入ったサトノレイナスは後方から差す形になるだろう。立ち回りのうまいアカイトリにとって、ソダシを近くに見ながら運べるのは好材料。2歳女王の仕掛けに合わせて動いていけばゴール前で抜け出せる。

 “究極の3連単”は、アカイトリノムスメソダシの1、2着折り返し。3着にファインルージュメイケイエールエリザベスタワーシゲルピンクルビーサトノレイナスを置いた10点で勝負する。(夕刊フジ)



桜花賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エリザベスタワーの関連コラム

閲覧 1,449ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月11日(日) 阪神11R 第81回桜花賞(3歳G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:24頭】(フルゲート:18頭)

<以下、優先出走馬>(7頭)

エリザベスタワー(B)中4週(新馬512キロ→前走506キロ)
大きな馬だが前走時のパドックでは無駄肉が取れ、かなり締まった好馬体に。この中間も、坂路で乗り込まれて力強い動きを披露と、仕上りは良さそう。

シゲルピンクルビー(B)中3週(新馬480キロ→前走464キロ)
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて、馬体も絞れてかなりの好仕上がりに見せた。中3週となるこの中間は、1週前追い切りでは疲れは感じられず動きも力強かった。ただ切れる脚を使う馬で、仕掛けるタイミングが難しい。外回りよりも内回りのほうが乗りやすいのではないか。

ジネストラ(A)中3週(新馬430キロ→前走440キロ)
2走前には細く見せていたが、休み明けの前走時はふっくらとした好馬体に。追い切りでも速い時計が出ていて、しっかりと身になっていた印象。この中間も、1週前には南Wで追われ力強い動きで楽に先着、日曜も坂路で好時計と出来はさらに上昇中。

ストゥーティ(D)中4週(新馬426キロ→前走422キロ)
小柄な馬でパドックでは元気に周回しているが、トモが寂しく映る。この中間の追い切りの動きを見ても、出来自体は良さそうだが力強さに欠ける印象がある。

ミニーアイル(D)中3週(新馬500キロ→前走480キロ)
この中間も坂路で乗り込まれているが、良くも悪くも(時計的に)変わってこない。走りを見ると、短い距離のほうが向いている感じがする。

メイケイエール(B)中4週(新馬462キロ→前走462キロ)
前走時の調教では、抑え込もうとする内容の追い切りが目についたが、この中間は無理に抑え込むよりも気分よく走らせるような内容に変えてきている。レース内容も変えてくる可能性もありそう。土曜の坂路では、前走以上の好時計が出ており、出来に関して上昇が窺える。

ヨカヨカ(E)中4週(新馬452キロ→前走458キロ)
この中間も1週前にCWを長めから追い切られているが、終い伸びきれず動きも重い。


<以下、収得賞金順(9頭)>

ソダシ(A)4ヶ月(新馬472キロ→前走472キロ)
4ヶ月ぶりの休み明け。2月中旬から坂路で乗り込まれていて、3週前からはジョッキー騎乗で本格的な調整に入っている。3週前が、コースで3頭併せの真ん中に併せて抜け出す内容。2週前は、坂路でビッシリと併せ馬で追われてこの時点で馬体もほぼ仕上がった感じ。1週前は、前に馬を置いて終い抜け出すというレースでの折り合いを重視した内容できている。トライアルを使わない代わりに、かなり入念に乗り込まれ、課題をクリアするための調整が施されていて仕上り良好。

ホウオウイクセル(D)中2週(新馬422キロ→前走414キロ)
小柄な馬で前走のフラワーCがギリギリの馬体だった。今回中2週となり、1週前も時計にならないくらいの軽めの調整。関西への輸送もあるので、強めの追い切りができない点はマイナスになるか。

アカイトリノムスメ(B)中7週(新馬440キロ→前走450キロ)
使われるごとに良くなっている感じはあるが、まだまだ良くなりそうな気配。追い切りの時計も使われる度に良くなっていて、1週前追い切りの動きも見栄えがして好雰囲気。右回りも追い切りの動きを見ると問題なさそうなので、あとは関西への輸送をクリアできれば。

サトノレイナス (A)4ヶ月(新馬472キロ→前走474キロ)
休み明けで、乗り込み豊富なこの中間。2歳時よりも追い切りで時計が出るようになっていて上積みも感じられる。1週前追い切りの動きを見ても、出来上昇を伝える力強さがある。

ファインルージュ(C)3ヶ月(新馬482キロ→前走492キロ)
こちらは、休み明けでも乗り込み量控えめ。1週前の動きを見ても、反応が鈍い印象が残りやや物足りない。

エンスージアズム(C)中2週(新馬420キロ→前走416キロ)
この中間は金曜日に坂路で軽めの調整。小柄な馬で、休み明けの前走時にしっかり乗り込まれ仕上がっていた反面、関東への輸送を挟んでもうこれ以上馬体を減らせない感じ。さらに今回中2週となり、良い時計は出ているので調子落ちはなさそうだが、上積みまではどうか。

ストライプ(B)中9週(新馬500キロ→前走514キロ)
クロッカスSからの休み明けでここへ。乗り込み量は豊富で、いつものように南W、坂路と好時計が出ていて、順調。ただ、やはり追い切りで力強さがあってスピードに勝る動きを見せていて、短い距離のほうが向きそうな感じがする。

ソングライン(B)3ヶ月(新馬468キロ→前走480キロ)
休み明けを2連勝しているが、それでもここ2戦は調教時計としては物足りず、能力で勝ち切ってきた。今回も休み明けだが、この中間のほうが速い時計が出ており、やや動きに硬さはあるものの上積みが見込めるデキ。

アールドヴィーヴル(A)中7週(新馬446キロ→前走428キロ)
強烈な勝ち方をした新馬戦以来の前走は、-18キロでの出走でもパドックでは細い印象はなく、二人引きで気合いも乗ってかなり良い出来に見えた。この中間もしっかり乗り込まれて、1週前追い切りも坂路で好時計をマークと引き続き高状態。今回は長距離輸送もなく、前走で減った馬体も増えてくるだろう。坂路での走りを見ると、捌きが柔らかく素質自体かなり高そう。

ククナ(D)中7週(新馬448キロ→前走452キロ)
人気になりながら、なかなか勝ち切れないレースが続いている。この中間は近走に比べると時計が掛かり、1週前追い切りの反応も鈍い印象を受けた。

ブルーバード(D)中3週(新馬414キロ→前走430キロ)
休み明けを一度使われてのこの中間も、坂路で乗り込まれる。1週前の動きを見ると、首が上がり気味で伸び脚が物足りない。


このコラムからの推奨馬は、ジネストラソダシアールドヴィーヴルの3頭をあげておきます。



◇今回は桜花賞編でした。
桜花賞は牝馬クラシック一戦目。3歳牝馬にとっては一生に一度しか出走するチャンスがなく、距離適性や状態面に不安があっても使えるものなら使いたいというのが関係者の気持ちではないかと思います。まだ成長段階で小柄な馬も多く、関東馬に関しては慣れない長距離輸送も。そういった意味で、各陣営馬体重の増減も考慮しながらの調整となります。
2歳時に重賞で勝ち負けして万全の状態で出走してくる馬たちと、直前で権利を取って出走してくる馬たち。調教内容を重視して予想していると特に、これらの馬たちの間には、調整過程における大きな差があるように、毎年感じています。

それでは次回、皐月賞編(予定)でお会いしましょう。

桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年4月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年04月04日号】特選重賞データ分析編(248)~2021年桜花賞
閲覧 2,072ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 桜花賞 2021年04月11日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2016年以降)】
○中3週以内 [1-0-1-38](3着内率5.0%)
×中4週以上 [4-5-4-35](3着内率27.1%)

 2016年以降の3着以内馬15頭中13頭は、前走との間隔が中4週以上。フィリーズレビュー・アネモネステークス・フラワーカップを使った馬は強調できません。これらのレースとは異なる資質を求められるだけでなく、余裕のない臨戦過程になる点も影響しているのでしょう。

主な「○」該当馬→エリザベスタワーククナサトノレイナスソダシ
主な「×」該当馬→エンスージアズムシゲルピンクルビー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2016年以降[2-3-3-8](3着内率50.0%)
主な該当馬→サトノレイナスソダシ

[もっと見る]

エリザベスタワーの口コミ


口コミ一覧

ソダシV!見事な横綱相撲!

 あべしぃ 2021年4月11日() 16:29

閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 4

どうもあべしぃです!
桜花賞はソダシが勝ちましたね!
コースレコードまで出ました!お見事です!
スタートも良く、折り合いも素晴らしかったです。
最後の直線もインからこじ開けるように躍り出て来ました。
この先も楽しみです!

ストゥーティ、見せ場はありました。7着と差は付けられましたが途中までは入着もありそうな気配でしたね!スタートも良かっただけに残念です。

エリザベスタワー、全く伸びず...サトノレイナス等はしっかり伸びてきているので力は違えどちょっとうーん...とはなってしまいますね、

サトノレイナス、また2着、また僅差と悔しい結果になりました。
驚異的な末脚を誇るこの馬ですが、個人的にはオークスなら勝てるのでは...と感じています、今現在の3歳牝馬前線の中だとこの馬が
1番中長距離が合いそうな馬体をしています。そしてあの脚。長い直線はピッタリでしょうね!かなり綺麗な馬体なので興味のある方は是非一度見てみてください!

以上、今週も良く盛り上がる事ができました!
来週が待ち遠しいです!
それではまた!

 サンダーガルチ 2021年4月11日() 14:07
競馬番組論者の桜花賞予想
閲覧 181ビュー コメント 0 ナイス 2

再来年まで京都競馬場が改装工事が行われるため、
関西は2年間以上変則開催となる。

その間、関東で重賞を勝った馬は、2~3か月後
に関西で重賞を勝つことはできないはずだ。その
逆もまたしかりである。

その辺をわかっていないと、アリストテレスのよ
うな馬が1倍台のオッズとなり、諸人こぞりて状
態となってしまう。

桜花賞にも関西の重賞を勝った馬が出走している
が、彼女らには少なくとも1着席は与えられない
はずだ。

昨年の桜花賞の結果を見ても、あるいは高松宮記
念の結果を見てもわかるように、トライアル1着
馬の入った枠は基本的に2着枠である。

桜花賞トライアルは3つあるが、アネモネステー
クスは関東で行われたから、変則開催の関西では
用無し。フィリーズレビューは55回のゾロ目開催
だから、81回の桜花賞ではいらないだろう。

残るはチューリップ賞だが、このレースはメイケ
イエールとエリザベスタワーの2頭が1着だった。

エリザベスタワーはフィリーズレビュー1着のシ
ゲルピンクダイヤの枠に入れられた。おそらく、
この枠は消えるだろう。

後はメイケイエールはククナとともに4枠に入っ
た。この2頭のどちらかが2着ではないか。

1着だが、西のGⅠはの1着馬はいずれも秋季番
組からの直行組である。それも重賞を勝っている。

ありきたりだが、やっぱりソダシか。とりあえず
サトノレイナスも買っておく。

馬単 ④⑱→⑦⑧

[もっと見る]

 スペースマン 2021年4月11日() 11:48
桜花賞、桜の季節に何が咲く?
閲覧 177ビュー コメント 0 ナイス 4

数ある花のその中で、背中で咲かせた遠山桜、散らせるもの

なら、散らせてみせい!

と遠山金さんの名セリフですな!

果たして、桜の季節に何が咲くのか?

今日の新潟は、快晴で、まさに競馬日和ですわ!

そんな中、桜花賞は、◎本命は、ソングラインから狙って

みようかな?

馬体も張りがあって、光っている!

前走、前々走も抜け出してから3馬身の圧勝!

言うことないな!

キズナ産駒で、ノーザンファームの生産、赤バツの

サンデーレーシングで、池添なら決まりかな?

このコンビ、オルフェーブルを思い出す!

関東馬だが、期待したい!

〇対抗は、サトノレイナスだね!

根拠は、今のところ2番人気だからだ!

なかなか1番人気が、勝てなくて、2番人気が、3年連続

勝っているので、サトノレイナスを入れてみた!

ただそれだけ!

▲単穴は、人気ないが、ストライプだね!

馬体は、良いよ!

あとは、パドックを見てからだ!

今回の桜花賞は、関東馬9頭と半数出ているので、関東馬から

狙ってみた!

ちなみに、なぜエリザベスタワーを買わないか?

社台の馬は、トライアル勝ったら、本番は、勝たないからね!

昨日のデゼルも本番は、勝たないかもよ!

桜の季節に何が咲くのか?

新潟の桜は、散っているなぁ~!

[もっと見る]

⇒もっと見る

エリザベスタワーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エリザベスタワーの写真

エリザベスタワー

エリザベスタワーの厩舎情報 VIP

2021年4月11日桜花賞 G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エリザベスタワーの取材メモ VIP

2021年4月11日 桜花賞 G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。