ルルーシュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ルルーシュ
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2008年3月19日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主山本 英俊
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績22戦[6-3-2-11]
総賞金18,935万円
収得賞金6,300万円
英字表記Lelouch
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
ダンスーズデトワール
血統 ][ 産駒 ]
Highest Honor
Latifolia
兄弟 オメガホームランステージプレゼンス
前走 2016/02/28 阪急杯 G3
次走予定

ルルーシュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1812163.91615** 牡8 56.0 杉原誠人藤沢和雄510(-2)1.21.0 1.135.2⑥⑦ミッキーアイル
16/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 145785.61313** 牡8 57.0 柴田善臣藤沢和雄512(-14)1.35.3 1.234.0⑦⑦スマートレイアー
16/01/24 中山 11 AJCC G2 芝2200 16510103.71415** 牡8 56.0 柴田善臣藤沢和雄526(+24)2.18.6 6.641.8ディサイファ
14/08/24 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1471273.91013** 牡6 57.0 福永祐一藤沢和雄502(-10)2.02.9 3.839.7④④④⑨ハープスター
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 165951.21116** 牡5 57.0 福永祐一藤沢和雄512(+8)2.42.8 10.547.0オルフェーヴル
13/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1761125.766** 牡5 57.0 福永祐一藤沢和雄504(0)2.26.3 0.234.0⑤④ジェンティルドンナ
13/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 18234.633** 牡5 57.5 北村宏司藤沢和雄504(-2)2.31.1 0.235.2④⑤④アスカクリチャン
13/08/18 函館 11 札幌記念 G2 芝2000 16236.9315** 牡5 57.0 内田博幸藤沢和雄506(+6)2.12.5 6.043.4⑨⑩⑫⑪トウケイヘイロー
13/05/26 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 188166.322** 牡5 57.0 C.ウィリ藤沢和雄500(-10)2.29.8 0.234.7⑥⑥⑦⑦ムスカテール
13/01/20 中山 11 AJCC G2 芝2200 12792.417** 牡5 57.0 D.マクド藤沢和雄510(-4)2.14.1 1.036.7⑦⑦⑦⑦ダノンバラード
12/12/23 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681615.668** 牡4 57.0 横山典弘藤沢和雄514(+12)2.33.4 1.537.1ゴールドシップ
12/11/04 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 15343.821** 牡4 56.0 横山典弘藤沢和雄502(-16)2.29.9 -0.234.5ムスカテール
12/09/23 中山 11 オールカマー G2 芝2200 16122.414** 牡4 56.0 横山典弘藤沢和雄518(+10)2.15.9 0.436.2ナカヤマナイト
12/08/04 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 11221.611** 牡4 55.0 横山典弘藤沢和雄508(-2)2.38.8 -0.434.6メイショウクオリア
12/07/01 函館 11 巴賞 OP 芝1800 128122.512** 牡4 55.0 内田博幸藤沢和雄510(+4)1.48.1 0.035.6トウカイパラダイス
12/06/09 東京 10 江の島特別 1000万下 芝1600 9221.811** 牡4 57.0 横山典弘藤沢和雄506(+6)1.37.8 -0.235.5アルキメデス
12/05/06 東京 12 湘南S 1600万下 芝1600 14333.412** 牡4 57.0 四位洋文藤沢和雄500(-10)1.34.9 0.036.3シルクアーネスト
12/04/22 東京 9 石和特別 1000万下 芝1800 9331.911** 牡4 57.0 四位洋文藤沢和雄510(+2)1.48.7 -0.133.5④⑤④サンライズマルス
12/03/31 阪神 12 4歳以上1000万下 芝2000 10772.013** 牡4 57.0 K.デザー藤沢和雄508(+6)2.07.5 0.337.8⑦⑦⑤⑦ナムラボルテージ
11/01/30 東京 7 3歳500万下 芝2000 10333.511** 牡3 56.0 A.クラス藤沢和雄502(+4)2.07.2 -0.133.3⑤⑤インプレザリオ

⇒もっと見る


ルルーシュの関連ニュース

 2010年のGII青葉賞勝ち馬ペルーサ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡9歳、父ゼンノロブロイ)が、7月1日付で競走馬登録を抹消した。最後の出走は2月20日のダイヤモンドS(16着)。通算成績は28戦5勝(うち重賞1勝)。獲得賞金は2億9308万4000円。

 僚馬で12年のGIIアルゼンチン共和国杯を制したルルーシュ(牡8歳、父ゼンノロブロイ)も、1日付で競走馬登録を抹消。2月28日の阪急杯(15着)がラストランとなった。通算成績は22戦6勝(うち重賞1勝)。獲得賞金は1億8935万1000円。

 いずれも今後は種牡馬となるが、繋養先は未定。

ペルーサの競走成績はこちら★ルルーシュの競走成績はこちら

【東京新聞杯】ルルーシュ、馬なりも躍動12秒9 2016年2月5日(金) 05:04

 マイル路線に矛先を向けてきたルルーシュは、美浦坂路を単走。馬なりながら躍動感のある動きで4ハロン54秒4-12秒9をマークした。

 「順調。元気いっぱいだよ」と藤沢和調教師は状態の良さに笑みを浮かべた。「前走(AJCC15着)は力んでしまったからね。東京1600メートルは以前に使って((2)(1)着と)結果が良かった。今回は仕切り直しだね」と3年8カ月ぶりのマイル戦に前向きだ。

東京新聞杯の出馬表はこちら

[もっと見る]

【AJCC】藤沢和勢2騎は併入「2頭ともいい感じ」2016年1月22日(金) 05:04

 藤沢和厩舎の2騎は坂路で併せ馬を行い、先行した外のルルーシュは馬なりで4ハロン54秒7、追走した内のスーパームーンは直線追われて同54秒5。いずれもラスト1ハロン12秒4で併入した。

 「走りやすい馬場で時計もいいし、2頭ともいい感じだね」と藤沢和調教師。ゴール前の手応えがよかったルルーシュについて「張り切っている。いい動きだったよ。(追い切り本数を)乗っているし、久々を感じさせないね」と好仕上がりに目を細めた。スーパームーンはあまり攻め駆けしないが、「順調に使えているのはいいね。相手は強くなるけれど、重賞でも東京で差のない競馬をしているし、この2200メートルは使いたいなと思っていた」と期待を寄せる。

アメリカジョッキークラブカップの出馬表はこちら

[もっと見る]

【AJCC】ディサイファなど21日追い切り2016年1月21日(木) 05:04

 重賞3勝のディサイファは坂路で4ハロン65秒8をマークし、翌日の追い切りに備えた。「調子に波がなく、デキはいい意味で維持している。昨年くらいから完成の域に入った」と小島太調教師。

 2度目の重賞挑戦となるライズトゥフェイムは、坂路を4ハロン70秒3で駆け上がり調整した。「中山金杯で勝っても負けても(その後は)ここへと思っていた。中2週なのでそんなに速い時計はいらない」と加藤征調教師。

 藤沢和厩舎の2騎、スーパームーンは坂路で4ハロン66秒3、ルルーシュは4ハロン66秒7とそれぞれ調整。スーパームーンは「使いながら良くなるタイプ。前走は自分から動いて力のあるところを見せられた」、ルルーシュは「ここを目標にしっかりと乗り込んでいる。前向きだし、気持ちも若い」と津曲助手。

★アメリカジョッキークラブCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】ルルーシュの妹レッドシルヴィがV! 2015年9月20日() 12:44

 20日の中山5R2歳新馬(芝1600メートル、牝馬限定)は、蛯名正義騎手騎乗の3番人気レッドシルヴィ(美浦・鹿戸雄一厩舎)がゴール前の混戦から抜け出して快勝した。タイムは1分38秒2(良)。

 ヨイミヤが先手を取ってマイペースの逃げ。アデューシャークが2番手につけて、その外にジスターキが続く。ハヤブサミカリンが好位のインを追走して、レッドシルヴィ、フジマサアクトレススなどが好位集団を形成。人気のフラワーオブライフは後方2番手からのレースとなった。ヨイミヤが先頭のまま直線に入り、懸命に粘りを見せる。外から脚を伸ばすレッドシルヴィに、内から迫るハヤブサミカリン、さらにゴール前で急襲したウェーニーウィキーも加わったが、最後はレッドシルヴィが抜け出してV。1/2馬身差の2着は9番人気のヨイミヤが逃げ粘り、さらに1/2馬身差の3着が2番人気のウェーニーウィキーだった。

 レッドシルヴィは、父ヴィクトワールピサ、母ダンスーズデトワール、母の父Highest Honorという血統。母は仏GIマルセルブーサック賞の2着馬。兄ルルーシュはGIIアルゼンチン共和国杯の勝ち馬。

 蛯名騎手は「使った方がいいと思っていましたが、いい馬場でうまく流れに乗れました。心身ともに、これから良くなってくる馬です。リラックスして走れるようになれば、さらにいいですね」と今後の成長を見込んでいた。

★20日中山5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】レッドシルヴィ初陣飾るぞ2015年9月17日(木) 11:22

 現役時代にドバイワールドCなどGI3勝をあげた新種牡馬ヴィクトワールピサは、ここまでJRAで産駒4頭がV。これからさらに成績を伸ばしてきそうだ。

 19日の中山芝1800メートルで初陣を迎えるのがレッドシルヴィ(牝、美浦・鹿戸厩舎、母ダンスーズデトワール)。12年アルゼンチン共和国杯を制したルルーシュ(父ゼンノロブロイ)を筆頭に、兄姉5頭が中央で勝ち星をあげている。

 16日には美浦Wコース5F70秒1、ラスト1F13秒6(馬なり)で3歳未勝利と併入。

 「420キロ台と小柄で、ルルーシュとはちょっとタイプが違うかな。ただ、気性的に素直だし、順調に乗り込めている。古馬とも互角に動けているから実戦でさらに良さが出そう」と、トレーナーは期待を寄せている。(夕刊フジ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルルーシュの関連コラム

閲覧 810ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「アメリカジョッキークラブカップ GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ディサイファマイネルフロストの2頭で第2グループ(黄)は、ルルーシュショウナンマイティ。第3グループ(薄黄)は、フラガラッハクランモンタナまでの4頭となっています。

さて、凄馬出馬表をチェックするとマイネルフロストルルーシュ間、ショウナンマイティフラガラッハ間に1.0以上の溝があります。その他は大きな溝はない分布ですので各グループを隔てるように溝が発生しているのが特徴と言えそうです。

この分布を見ると素直に溝をうまく使ったフォーメーションで組むのが良いのかもしれませんが、どうも上位馬に不安を感じます。ディサイファは中山で明らかにパフォーマンスを落とすタイプ、マイネルフロストは前走相当恵まれていますし、ルルーシュショウナンマイティは久々ですし、信頼は置けません。

ということで私の本命は◎スズカデヴィアスとします。近走は距離不適の舞台を走っており、ノーカウント。覚醒したラブリーデイと接戦を演じた京都記念の内容からここで一変すると睨んでいます。全体的に高齢馬が多いメンバーですので、実績がないものの勢いがある馬を重視します。ステイゴールド産駒で当舞台で怖い○ショウナンバッハ、前走不利な展開で一番強い競馬をしていた▲ライズトゥフェイム、以下△ディサイファサトノラーゼンフラガラッハマイネルディーンステラウインド、☆ヤマニンボワラクテと印を打ちます。

【3連複1頭軸ながし】
14

6,7,8,9,11,12,13,15


【馬連フォーメーション】
14

6,7,8,9,11,12,13,15

計36点

人気のディサイファサトノラーゼンは危険な人気馬な気がするので手広く広げてみます。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年12月25日(水) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~☆まんでがんプロ月曜阪神3Rで81万払戻しのホームラン!
閲覧 357ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、22(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
好天に恵まれた第58回・G1有馬記念は、最後にトーセンジョーダンがおさまってスタート。ルルーシュが先頭に立ち、2番手に カレンミロティックとなって、1週目の3、4コーナーを通過してスタンド前へ。3番手以下は、ダノンバラードラブリーデイナカヤマナイトアドマイヤラクティトーセンジョーダントゥザグローリーデスペラードウインバリアシオンタマモベストプレイゴールドシップオルフェーヴルヴェルデグリーンラブイズブーシェテイエムイナズマとなって、全16頭が順に12万の観衆が見守るスタンド前を横切ります。
1コーナーを迎えて、前半1000mの通過は60秒8。淀みない流れでルルーシュが引っ張り、2コーナーをカーブしていきます。2、3番手カレンミロティックダノンバラードといったところの隊列も変わらずのままで、注目の1番人気オルフェーヴルは後方4番手で2番人気ゴールドシップをぴったりとマークする形。3コーナーに差し掛かるところで、オルフェーヴルが前を行くゴールドシップに先んじて動き出すと、負けじとゴールドシップと直後にいたウインバリアシオンも連れて進出を開始しますが、懸命に追われるゴールドシップウインバリアシオンに対してオルフェーヴルは楽な手応えであっという間に先団へ。脱落したルルーシュに代わって先頭に立ったカレンミロティックも、オルフェーヴルが馬なりで交わして直線勝負に入ります。
抜群の手応えで独走の構えを見せるオルフェーヴルに対して、後続からはウインバリアシオンが残り300m地点で単独2番手に上がり、さらにその後ろからはゴールドシップが懸命に追われて3番手に。しかし、これら後続勢の追撃は遠く及ばず。ワンサイドゲームを見せたオルフェーヴルが、その差を8馬身差に広げて圧勝。圧倒的なパフォーマンスで自らの引退戦に花を添えました。勝ち時計は2分32秒3(良)。
公認プロ予想家の中では、岡村信将プロ蒼馬久一郎プロ河内一秀プロら計7名が的中しています。

その他では、☆まんでがんプロ夢月プロきいいろプロ佐藤洋一郎プロろいすプロkmプロ導師嵐山プロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
21(土)のG3ラジオNIKKEI2歳ステークスで本命◎アズマシャトルからの3連複含む計10万6450円の払戻しをマーク。22(日)には中山6Rで馬連◎▲的中で15万9630円!23(月)には阪神3Rで、本命◎エスシープリンセス(単勝108倍)の単複勝負で計81万9600円のホームランと絶好調!週末3日間では、トータル回収率176%・収支54万4190円プラスの好成績をマークしています!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
21(土)の阪神5Rで本命◎ワイレアワヒネの予想を披露し13万7000円を払戻すと、22(日)阪神5Rでは、単勝52.5倍のサクラエール本命◎予想を披露し52万5000円払戻しのホームランを記録!さらに、中山7Rなどスマッシュヒットを積み重ねると、締めくくりは23(月)のG2阪神カップリアルインパクトの単勝的中で15万4000円を払戻すスマッシュヒットをマークしています。週末のトータルでは、回収率198%・収支69万9000円プラスを記録しました!

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
21(土)のG1中山大障害で▲◎馬連的中を披露!払戻しは52万2000円のホームランとなりました。さらに、G3ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは◎▲○の3連複1点的中含む計42万2100円払戻しをマークするなど絶好調!22(日)中山11Rでも10万1300円の払戻しをマークした先週は、回収率186%・収支60万8500円プラスを記録しています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
21(土)の中山3Rで3連単◎△△含む計12万9450円を払戻し!さらに23(月)の中山3Rで▲◎で3連単43万4980円馬券、続く中山4Rで3連単&単勝計30万3660円払戻しとビッグヒットを連発!週末のトータルでは、回収率163%・収支41万3990円プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → ろいすプロ
22(日)の阪神9Rで本命◎セレッソレアルの予想を披露。▲◎2頭軸で3連複33万2100円馬券を見事的中!週末のトータル回収率は308%のトップ成績をマークしました!

☆☆☆注目プロ → kmプロ
21(土)のG3ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで、◎▲△3連単9万7270円馬券を400円分的中!38万9080円を払戻しています。23(日)の中山9Rでは、◎○▲のパーフェクト的中を披露し3連単500円分の的中!こちらは10万3250円を払戻しています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
22(日)の中山6Rで○◎▲馬連&3連複的中!計11万2660円の払戻しをマーク。23(月)阪神5Rでも馬連&3連複計14万1960円の払戻しを記録しています。

☆☆☆注目プロ → 蒼馬久一郎プロ
22(日)のG1有馬記念を◎▲○できっちり3連単的中(1万5720円払戻し)すると、翌23(月)のG2阪神カップでは馬連&3連複をそれぞれ200円分的中!計12万1840円払戻しのスマッシュヒットを記録しています!

他には、レイトバスタープロ(153%)、岡村信将プロ(111%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


2013年の中央競馬も先週で全日程が終了しました。1年間「プロ予想MAX」をご愛顧頂きありがとうございました。
2014年も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家が集結する「プロ予想MAX」をよろしくお願い申し上げます。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年11月26日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~ 山崎エリカプロがG3京阪杯で28万オーバーの払戻し!
閲覧 448ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、24(日)に東京競馬場でG1ジャパンカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
外国馬3頭を迎え、17頭立てで迎えたG1ジャパンカップ。戦前の見立て通り、積極的にハナを主張する馬がいない中、好発を決めた3番人気エイシンフラッシュが押し出されるように先頭に立って1コーナーを通過していきます。2番手にはトーセンジョーダン、以下ルルーシュヴィルシーナと続き、1番人気ジェンティンルドンナは好位の5番手から。直後にナカヤマナイトアンコイルドジョシュアツリー。馬群が途切れてアドマイヤラクティヒットザターゲットが中団追走の形で、またここから1馬身ほど空いてホッコーブレーヴドゥーナデンシメノンと続き、デニムアンドルビーファイヤースマートギアが後方から。ぽつんと2馬身後方に2番人気ゴールドシップの隊列となって向う正面へ。
逃げる形となったエイシンフラッシュが刻んだ前半1000mのラップは62秒4。近10年で最も遅い、異例のスローペースとなって3コーナーに向かいます。
ヒットザターゲットが掛かり気味に先団に取りつき、後方からはドゥーナデンゴールドシップデニムアンドルビーらも進出を開始。馬群が密集しながら4コーナーを出て直線へ。
依然先頭はエイシンフラッシュエイシンフラッシュの内に進路を取ってジェンティンルドンナ。外にはトーセンジョーダンヒットザターゲット、そして少し遅れてルルーシュの態勢。
残り400mを過ぎてジェンティンルドンナが先頭に並び掛けると、後方勢からはドゥーナデンデニムアンドルビーが鋭い伸び。その後ろのゴールドシップは伸びあぐねて苦しい展開に。
坂を駆け上がったところでジェンティンルドンナが一歩抜け出し、2番手にはエイシンフラッシュを交わしてトーセンジョーダンが浮上。外からデニムアンドルビーも迫ります。勢いのままに突っ込んだデニムアンドルビージェンティンルドンナに並び掛け、写真判定に持ち込まれますが、ジェンティンルドンナが辛くも振り切ってG1・5勝目を挙げた。ジャパンカップの連覇は史上初。勝ち時計は2分26秒1(良)。
ハナ差2着のデニムアンドルビーからクビ差の3着にはトーセンジョーダンが入った。
公認プロ予想家の中では、ろいすプロ伊吹雅也プロ山崎エリカプロ夢月プロきいいろプロ導師嵐山プロ栗山求プロが的中しています。

その他では、dream1002プロkmプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
23(土)のG3京阪杯で本命◎アースソニックからの馬連143.9倍を2000円分的中!払戻しは28万7800円のビッグヒットとなりました。他にも、G1ジャパンカップなどで的中をマークした先週は、トータル回収率421%・収支28万9700円プラスの素晴らしい成績を収めています!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
23(土)の東京5Rで単勝1万円一点的中で22万3000円払戻し!さらに東京8R、翌24(日)京都8Rでは、それぞれ16万7000円、16万1000円を払戻しと好調ぶりをアピール。2日間のトータルでは、回収率231%・収支62万円プラスの好成績をマーク!

☆☆☆注目プロ → ろいすプロ
G1ジャパンカップは、本命◎ジェンティルドンナから「このメンバーなら穴で期待」との4番手評価×トーセンジョーダンの軸2頭ながしで3連複6万3800円馬券を的中!週末のトータルでは回収率107%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
24(日)の東京4Rで、3連単10万3340円的中のスマッシュヒットを披露!週末のトータル回収率127%・収支13万1280円プラスを記録しています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
24(日)の京都8Rで3連単500円分を的中。11万5550円の払戻しをマークしています。


他には、伊吹雅也プロ(140%)、栗山求プロ(133%)、スガダイプロ(112%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1・ジャパンカップダート!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年11月5日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~夢月プロがG2アルゼンチン共和国杯で12万7000円払戻し!
閲覧 309ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、2(土)に東京競馬場で重賞アルテミスステークスが、3(日)に同競馬場でG2アルゼンチン共和国杯が、京都競馬場でG3みやこステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
2(土)に行われたアルテミスステークスは、プライマリーコードのペースで直線へ。インを突いたパシフィックギャルが直線半ばで先頭に立つと、注目の1番人気クリスマスがそこに並び掛け、さらに外からはマーブルカテドラル、内からはサクラパリュールニシノミチシルベも加わっての争いに。ゴール直前で内の各馬を鋭い伸び脚でまとめて差し切った2番人気マーブルカテドラルが優勝。1/2馬身差の2着にパシフィックギャルが粘り込み、そこからさらに1/2馬身差の3着には、インを伸びたニシノミチシルベが入っています。
公認プロ予想家の中では、ろいすプロdream1002プロスガダイプロが的中しています。
3(日)のG2アルゼンチン共和国杯は、コスモラピュタがハナを奪い前半1000mを61.3秒(推定)のペースで通過。直線を向いて3番人気ルルーシュが早めの抜け出しを図ると、直後を通ってアスカクリチャンが鋭い伸びで猛追。さらに中団から3分どころを通って良く伸びたアドマイヤラクティも3番手に浮上してこの3頭による争いに。残り100mで突き抜けたアスカクリチャンルルーシュを内から交わしてV。1馬身1/2差の2着に、ゴール直前でルルーシュをクビ差交わしたアドマイヤラクティが入っています。
こちらは、夢月プロレイトバスタープロ山崎エリカプロシムーンプロが的中しています。
G3みやこステークスは、3~4角中間で早々と先頭に立った2番人気ブライトラインに、直線で1番人気ローマンレジェンドインカンテーションが迫り、4番手以下は完全に引き離されての三つ巴の叩き合いに。59キロが応えてか、残り100mを切って中ローマンレジェンドが後退。内で粘り込みを図るブライトラインに、外インカンテーションがグイグイと詰め寄ってこの2頭鼻面を合わせてゴール。際どい争いは、ブライトラインに軍配が上がり、昨春のG3ファルコンS以来の重賞2勝目を飾りました。2着インカンテーションから1馬身1/4差の3着にローマンレジェンド
公認プロ予想家の中では、きいいろプロ蒼馬久一郎プロ山崎エリカプロスガダイプロdream1002プロ佐藤洋一郎プロ伊吹雅也プロ霧プロはははふほほほプロ河内一秀プロサラマッポプロの計11名が的中をマークしています。

その他では、☆まんでがんプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
2(土)の東京5Rで29万2000円払戻しのスマッシュヒットを飛ばすと、3(日)のG2アルゼンチン共和国杯ではアスカクリチャンを本命◎に指名し、単勝を的中(12万7000円払戻し)!さらに福島12Rでダメ押しとなる10万8000円払戻しをマークした先週は、土日トータル回収率135%・収支25万5000円プラスの好成績を収めています!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
2(土)の東京10Rで3連単11万9810円馬券を的中すると、続く京都11Rでは、本命◎キクノフレヴァン(単勝210.9倍)からの3連複を200円分を的中し、42万8420円払戻しのスマッシュヒットを記録!週末2日間のトータル回収率は112%をマークしています。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
2(土)の福島1Rで、3連単11万5230円馬券を200円分的中するスマッシュヒット!さらに3(日)には、福島11Rで3連単300円分を的中し、18万円の払戻しを記録しています。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
2(土)のアルテミスS、3(日)のG3みやこSの2重賞で3連単を的中。京都7Rでは3連単10万9630円馬券的中をマークした先週は、トータル回収率102%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → 蒼馬久一郎プロ
3(日)のG3みやこSでは、◎▲○の予想で馬単・3連複・3連単のトリプル的中をマーク。計9万4870円の払戻しを記録しています!

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
3(日)のG3みやこSでは、本命◎インカンテーションからの馬連3000円分を的中し9万6000円を払戻し!

他には、シムーンプロ(139%)、岡村信将プロ(138%)、スガダイプロ(137%)、霧プロ(128%)、伊吹雅也プロ(125%)、3連複プリンセスプロ(109%)、山崎エリカプロ(105%)ら7名が土日回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1エリザベス女王杯!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年10月30日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第257AR共和国杯(謎解き編)~
閲覧 314ビュー コメント 0 ナイス 8

第257話 「AR共和国杯」


08年 36.0-42.2-36.5-36.1 =2.30.8 ▼ 4△7▼1 平坦戦
09年 37.0-43.2-36.0-34.7 =2.30.9 ▼13△8△1 瞬発戦
10年 35.0-42.6-36.6-35.8 =2.30.0 ▼ 4▼2△8 平坦戦
11年 36.2-43.8-35.8-35.7 =2.31.5 ▼ 5△2△8 瞬発戦
12年 35.0-43.6-36.8-34.5 =2.29.9 ▼ 6▼3△6 瞬発戦

09年こそ▼13と大きな加速が生じていますが、レースの上がりが35秒以上であまり大きな加速が生じない瞬発戦になりやすいのがこのレース。
つまり脚を溜めての爆発力というよりはスタミナと底力もある程度問われる舞台になるでしょう。
このレースから多くのGⅠ馬が輩出されるのもそういうことが要因なのだと思います。
何故そうなるかと言えば(以前から言っていることではありますが)スタートしてから1コーナーまでの距離が100m長いのが肝でその分テンが速くなりやすい。
テンが速くなりやすい分上がりが掛かりやすいということです。

このレースはGⅡですがハンデ戦、しかも秋天の次週での開催というのが一つのポイント。
前走1600万下以下のクラス出走馬が多く好走しています。
2-3-2-10 勝率11.8% 連対率29.4% 複勝率41.2%
秋天には出走出来なかった実績馬、もしくは出走しなかった実績馬に勢いに乗っている馬が十分勝ち負け出来るレースということです。
前走1600万以下のクラス出走馬で2着以内だった馬の成績は
2-3-2-5 勝率16.7% 連対率41.7% 複勝率58.3%
と更に上昇します。
今年の登録メンバーでこの条件にあてはまるのは
エックスマークシゲルササグリスーサングレートホッコーブレーヴ
の4頭で出走して来たら要注意でしょう。

一方、実績馬の取捨選択ですがまず年齢があげられます。
7歳以上の馬は0-0-0-20となっていて6歳以下が目安でしょう。
但し、7歳以上の馬はほとんど人気がない馬ばかり(12年のオウケンブルースリが最上位人気で4番人気でした)なので近走好調で上位人気の高齢馬がいれば軽視禁物かもしれません。

次は斤量です。
ハンデ戦なのでこのファクターはポイントでしょう。
実績馬の買いポイントは斤量増の馬です。
前走より斤量が重くなった馬の成績は
2-1-1-9 勝率15.4% 連対率12.1% 複勝率30.8%
となっていますが6歳以下になると
2-1-1-7 勝率18.2% 連対率27.3% 複勝率36.4%
となります。
前走より斤量が重くなった6歳以下の馬は今年の登録メンバーでは
アドマイヤラクティムスカテールルルーシュ
の3頭です。

上記にあげた好調の昇級戦馬と斤量増の実績馬の成績を「or条件」とすると
4-4-3-12 勝率17.4% 連対率34.8% 複勝率47.8%
となります。
馬券になった15頭のうち11頭はこれらの条件に該当しますが4頭は違うということです。
その4頭はルルーシュジャミールヒカルカザブエカワキタコマンドで近走好調馬か長距離重賞実績のどちらかがあった馬でした。
しかも連対した2頭はどちらも2番人気でした。

上記にあげたエックスマークシゲルササグリスーサングレートホッコーブレーヴアドマイヤラクティムスカテールルルーシュの8頭に
近走好調&人気になりそうなメイショウナルト阪神大賞典2着のデスペラードを加えた馬の争いかなと思われます。

このレースは特に4歳馬が好調なのですがエックスマークはどちらかといえばスローからの瞬発戦が得意な馬でシゲルササグリは内回り向きの馬でちょっと狙いにくい。
ならばアドマイヤラクティをイチオシとします。
スタミナ豊富で舞台は合うはず。
春の目黒記念は10着と惨敗でしたが馬の適性と格からすればそんなに惨敗するはずはありません。
そのレースのせいで今回人気を落とすようなら買いでしょう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アドマイヤラクティムスカテールホッコーブレーヴ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年10月23日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第256天皇賞・秋(謎解き編)~
閲覧 476ビュー コメント 0 ナイス 17

第256話 「天皇賞・秋」


08年 35.2-46.8-35.2 =1.57.2 ▼4±0△13 平坦戦
09年 35.6-47.9-33.7 =1.57.2 ▼9△5△ 3 瞬発戦
10年 35.3-48.0-34.9 =1.58.2 ▼5▼4△ 6 瞬発戦 稍重
11年 34.3-46.0-35.8 =1.56.1 ▼1△2▼ 3 平坦戦
12年 34.8-45.9-36.6 =1.57.3 △2△8▼10 瞬発戦

昨年はシルポートの大逃げでラスト1F▼10の加速が生じる特殊ラップとなっています。
2番手追走のカレンブラックヒルが実質逃げたレースと仮定すると83.2-34.1というレース展開で83.5-33.7の09年に近い流れだったと思われます。
つまり近年の天皇賞秋は中盤で緩みのない平坦戦になるケースもあればスローからの瞬発戦もあるということです。

今年はシルポート不在でレースの流れを作るのは高確率でトウケイヘイローになるでしょう。
人気の1頭なのでほったらかしになることはないので直線向いてトウケイヘイロー目掛けて、というレース展開が予想されます。
2000m重賞を3連勝していますが全て内回り小回りコースなので直線の長い東京コースに替わることで武豊Jがどう乗るのか?というのが今年の秋天の最大のポイントになるはず。
鳴尾記念はスローからの瞬発戦でしたが函館記念札幌記念は速い流れで押し切っているので私的にはこちらを選択するかなと思っています。

今年の出走馬はスローからの瞬発戦が得意な馬が多い印象。
ズバリ狙い目とすれば東京コースで平坦戦だった重賞連対経験馬。
今年の登録メンバーでは
ジェンティルドンナジャスタウェイダークシャドウトーセンジョーダントゥザグローリールルーシュレッドスパーダ
の7頭です。
6歳以上の高齢馬は1-0-0-39で割り引きが必要。
(とはいえ今年のメンバーは例年よりも若干弱い印象なので高齢馬も活躍可能かも、とは思います)
となれば
ジェンティルドンナジャスタウェイルルーシュ
の3頭が浮上します。

イチオシはジャスタウェイ
東京向きの馬でスローの瞬発戦にも対応可能ですが昨年の毎日王冠クビ差2着がなかなかの内容。
昨年の秋天0.5秒差6着ならそれほど通用しないという感じでもないし、4歳になってソロソロ本格化のハーツクライ産駒。
もう少し1列前で競馬が出来れば勝ち切ることが出来るのでは。
先週菊花賞勝利の福永Jが勢いに乗ってもう一丁。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ジャスタウェイルルーシュジェンティルドンナ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルルーシュの口コミ


口コミ一覧

過去の有馬記念振り返り

 モズ@ 2018年12月19日(水) 15:19

閲覧 277ビュー コメント 0 ナイス 17



【2017年】

6.8-11.6-11.9-12.2-12.3 -
13.3-13.2-12.8-12.2-12.1-11.9-11.4-11.9

1着キタサンブラック 逃げ
2着クイーンズリング 先団内
3着シュヴァルグラン 中団外

内枠好スタートのキタサンブラックを
先団外の馬ががっちりガード。
前半スローも押し上げが利かず、
武騎手の独擅場。

4コーナーもペースが上がらず、
前の馬が消耗無く行けた事で
先行~内が有利な加速戦。

2~3番手外で後続を封じた、
福永騎手と川田騎手が良くも悪くもMVP。



【2016年】

6.8-11.3-12.0-11.9-12.1-
13.4-12.8-12.9-11.9-11.6-12.1-11.9-11.9

1着サトノダイヤモンド 中団~先団外
2着キタサンブラック 先団内
3着ゴールドアクター 先団内

前半はマルターズアポジーの時計で、
2番手キタサンブラック以降は
2017年とほぼ同じペース。

2017年と違う点は、
向正面途中からキタサン潰しに
サトノノブレスが押し上げてきた事で、
それにより前を含めた
各馬が残り800でペースアップ。

しかし、その後すぐに
キタサンブラックが流れを緩めたため、
行き場を失くした後続が外に広がる展開。

結果、外差し勢はロスが大きくなり、
先団~内を回した馬が完全有利。



【2015年】

7.0-11.7-12.2-12.5-12.7-
12.8-12.6-12.6-12.0-11.9-11.5-11.3-12.2

1着ゴールドアクター 先団内
2着サウンズオブアース 中団内
3着キタサンブラック 逃げ

先行争いが全く激化せず、
外枠キタサンブラックが楽にハナ。

道中も動きは何も無く
緩く淡々と進んでいたが、
向正面途中からゴールドシップが
玉砕覚悟の無謀な押し上げで、
3~4コーナーから一気にペースアップ。

ただ、前が余力残しで進んでいる中で
コーナー加速戦になった事で、
外差し勢はただただ苦しい競馬になり
この年も内目から加速を使える馬が有利。



【2014年】

7.0-11.8-12.3-12.6-12.5-
13.6-13.2-13.0-12.3-12.4-11.5-11.2-11.9

1着ジェンティルドンナ 先団内目
2着トゥザワールド 中団内目
3着ゴールドシップ 後方~中団外

2015年と同じく
先行争いは何も起こらず、
内田騎手ヴィルシーナの緩逃げで
川田騎手のエピファネイアは番手抑え込み。

これも2015年と同じく、
ゴールドシップが強引に動いた事で
終盤はコーナーからの加速勝負。

エピファネイアの川田騎手は
抑えて2F勝負に持ち込みたかった感じだが、
そう甘くは行かず。



【2013年】

6.9-11.2-11.8-12.0-12.4-
12.8-12.4-12.0-11.8-12.3-12.7-11.8-12.2

1着オルフェーヴル 後方外
2着ウインバリアシオン 後方外
3着ゴールドシップ 後方外

逃げるルルーシュに
戸崎騎手のカレンミロティックが競りかけ
前半は淡々とした流れ。

向正面から若干ペースが上がるが、
ルルーシュが早めに垂れた所で
前の集団が一気にペースダウン。

内目の馬たちが渋滞を起こし、
完全に外差しの競馬。

最近で言うと
2017年のホープフルSに近い形。



【2012年】

7.0-11.3-11.6-12.0-12.2-
12.7-12.6-12.5-11.9-12.1-12.2-11.9-11.9

1着ゴールドシップ 後方外
2着オーシャンブルー 後方内
3着ルーラーシップ 大出遅れ

福永騎手アーネストリーの逃げ。

ペース自体は
序盤が若干速いが
そこまで悪いように見えず、

外差し有利の流れには思えないが、
地力差がハッキリしていたのか
先団に付けた馬はほぼ全滅。

キセキの父親で
とんでもない出遅れのルーラーは
道中をかなり厳しいペースで
淡々と運んでいそうなので、

キセキは出遅れずに
父親と同じ競馬ができるかどうか。





こうして振り返ってみると、
似たような馬たちが出てくるので
結果も当然似たような形になるなと。

今年はキセキが
流れを変える可能性はあるので
2013年~2017年のような緩い競馬には
ならないと思うが、

有馬記念の川田騎手は
消極的な乗り方も目立つので、
そこだけは少し不安。

 馬券のAエース 2016年2月4日(木) 04:35
≪攻略ポイント≫東京新聞杯♪ 
閲覧 361ビュー コメント 0 ナイス 6

≪攻略ポイント≫東京新聞杯 芝1600m

傾向)
紛れが少なく、実力を発揮しやすいコースだが、気をつけたいのは馬番。
先週の日曜も東京芝は⑥番より外で3着以内に来た馬は1頭だけ!
圧倒的“内有利”は頭に入れておこう。軸馬は4枠より内からをお奨めする☆

≪好走条件≫
○4歳馬のGⅠ3着以内経験馬(過去10年3着以内の4歳馬8頭中6頭に該当)
 ○ダノンプラチナ○アルマワイオリ
◎過去10年、近2走でテン3Fで③~⑤番手に位置取りした馬が必ず絡む(30頭中16頭)
 ◎ルルーシュ◎マイネルアウラート◎トーセンスターダム◎テイエムタイホー

≪凡走条件≫
▼7歳馬【0-1-1-30】・エキストラエンド・サトノギャラント・テイエムタイホー・マーティンボロ
×8歳以上【0-0-0-13】・ルルーシュ
▼牝馬【1-0-0-13】・スマートレイアー
×半年以上の休み明け【0-0-0-7】・サトノギャラント
×前走1200m【0-0-0-10】※該当なし
×前走1800m【0-0-0-14】※該当なし
×前走OP特別で6番人気以下【0-0-0-23】※該当なし

≪危険人気馬≫
過去①人気の馬が京都金杯①②着の場合は全部ドボン!!  ※該当なし
買うなら当日③人気以下になる金杯連対馬か金杯⑤人気以内で負けた馬 ×マーティンボロ

≪穴馬を狙うなら≫
トータルの複勝率は関東馬13.5% 関西馬24.1%と関西馬有利だが、
8番人気以下の成績は
関東馬【3-2-1-38】複勝率15.5%
関西馬【0-1-1-41】複勝率4.6%
穴馬は「関東馬」から!

【見解】
今年は後ろから行くメンバーがそろった(*^▽^*)
≪好走条件≫で書いた◎近2走でテン3F③~⑤番手(30頭中16頭)って凄くないですか!?
毎年1頭以上は3着以内に絡み、今年は該当馬がたったの4頭。
軸を選ぶのにはこの上ない条件だと思います。

東京コースということで末脚のある馬に目が行きがちですが、、、
・ルルーシュ・マイネルアウラート・トーセンスターダム・テイエムタイホー
皆さんの買い目候補には1頭くらいしか入ってないかもしれませんね(笑)

≪追記≫
その16頭をさらに詳しく調べました。
◆共通点は近2走、阪神カップ1400m以外は1600m以上を使っていること!
・1600万・OPなら勝ち星、重賞なら0.3秒以内の好走があること!(GⅠなら0.6秒差以内)
○トーセンスターダム○テイエムタイホーが当て嵌まります。
そして近2走以内にGⅠ出走経験があれば2ケタ馬番でもOK!それ以外は1ケタ馬番

マイネルアウラートは1600m実績がなく、阪神C9着で重賞ではまだ…と人気は大きく下げますが
阪神Cの上がりは飲込まれながらクラレント・サンライズメジャーとタイ。
個人的には東京コースでのテイエムタイホー(7歳馬の連闘明け)より、
こっちの前残りに期待があります。。。内に入れば穴指名で!

[もっと見る]

 馬券のAエース 2016年1月19日(火) 15:19
≪攻略ポイント≫AJCC♪ 
閲覧 376ビュー コメント 0 ナイス 9

【AJCC】中山2200m ※過去11年

≪傾向≫
①人気【3-0-0-8】過去の3勝はいずれも単勝1倍台の大本命

≪前走≫近11年3着以内馬の前走クラス
GⅠ…11頭、GⅡ…4頭、GⅢ…10頭、OP…4頭、1600万…4頭
※有馬記念・金杯組が数では多いが、中山金杯で⑥人気以下だった馬は【0-1-0-16】
▼マイネルディーン▼ステラウインド

≪好走条件≫
・単勝オッズ1倍台の①人気はパーフェクト1着
・斤量58kg以上の馬【3-2-1-3】1頭のみ出頭の年は全連対 ※該当ナシ
・伊藤正調教師【3-2-1-1】※該当ナシ
・金琥賞直行馬【1-0-2-1】○ディサイファ

≪凡走条件≫
・追込み馬【0-0-0-31】4角10番手以下の馬は3着以内ナシ
・馬体重470kg以下の馬【0-0-1-28】3着は一昨年のフェイムゲームのみ
▼サトノラーゼン▼ショウナンバッハ▼マイネルディーン
・前走、GⅠ以外で勝ち馬から0.6秒差以上負けた馬(3着以内33頭中1頭のみ)
▼アップルジャック▼スズカデヴィアス▼マイネルメダリスト
・半年以上の休み明け【0-0-0-8】
×ショウナンマイティ×ルルーシュ

【見解】
昨年まで鉄板の
・①人気1倍台・斤量58kgともに当て嵌まったゴールドシップがトビヽ( ̄Д ̄*)
○▲△で決まったものの鉄板馬が・・・でハズレ。ゴールドシップの常識は「非常識」(笑)
しかし、今年は混戦模様でとても単勝2倍以下はでない様子。
① 人気は来ない年になってくれるかな(^o^)
基本、近2走で上がり上位を使った馬が馬券内を占めているが、上記のとおり
後ろからの追込み馬は不要☆///近2走上がり最速のショウナンバッハ・ライズトゥフェイム
は長期休み明けの馬もいるので4角までに⑩番手以内に上がってこれるかですね!
基本は中団から速い上りを出せる馬をピックアップしたい。
(近2走で上り4位以内経験の馬)
○サトノラーゼン≪▼馬体重≫
○ショウナンバッハ≪▼馬体重≫≪▼位置取り後方≫
○ショウナンマイティ≪×長期休み明け≫≪▼位置取り後方≫
○スーパームーン
○マイネルディーン≪▼馬体重≫
○マイネルフロスト
○マイネルメダリスト≪▼前走0.6秒差以上負け≫
○ヤマニンボワラクテ
○ライズトゥフェイム≪▼位置取り後方≫

※過去5年着以内15頭中14頭がこの条件に当てはまる

≪指数≫上位馬 ※数値は土曜にならないと出ないので上か下だけ。
サトノラーゼン…馬体重が増えていれば、不安点はナシ。だが、中山に合うかは??
ディサイファ…唯一の好走条件馬☆上がりが近2走6位9位だがGⅡGⅠでのもの。
ヤマニンボワラクテ…条件戦上がりだがマイナス点なく、相手なりに走るタイプ。
ライズトゥフェイム…中山金杯で見せた上がり3Fは秀逸、後は道中の位置取り。
スズカデヴィアス…2度の坂越えレースはこの馬の得意とするところではないが展開妙味
ショウナンバッハ…前走はGⅠジャパンカップで上がり最速☆素材逸品もコースとの兼合い
マイネルメダリスト…凡走条件あるが叩き3戦目、昨年は⑩番手以降のレースで惨敗。

スピードレースにはならないので≪指数≫よりも○近2走で上り4位以内経験の馬を
重視した方が良いと思います!
あと、このレースの傾向は☆調教量の多い馬をチェック♪
ココを使った馬はこのあと先に進む適当なレースがないため、乗込み量=本気度です。
昨年のミトラは年明け坂路速い時計を7本☆
今年は長期休み明けだが、ルルーシュが15本中5本速い時計、
モンタナ・ラーゼン(休み明け)・マイティ(長期休み明け)ムーン・デヴィアスが3本
年明け金杯を使ってすでに速い時計を1本消化したフロスト。

総合的なオススメ馬は
○マイネルフロスト
○スーパームーン
穴☆スズカデヴィアス

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルルーシュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルルーシュの写真

ルルーシュ

ルルーシュの厩舎情報 VIP

2016年2月28日阪急杯 G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルルーシュの取材メモ VIP

2016年2月28日 阪急杯 G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。