最新競馬ニュース

【血統アナリシス】チャンピオンズC2023 キングカメハメハを中心に、Kingmamboの血を引く馬が毎年のように上位を賑わす


ウマニティ


 6,430  3  0

【血統アナリシス】チャンピオンズC2023 キングカメハメハを中心に、Kingmamboの血を引く馬が毎年のように上位を賑わす

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャンピオンズC2023・血統予想をお届けします!


2014年にレース名の改称、施行場所の変更と装いを新たにした本競走は、ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)の勝利で幕が上がった。それ以降もKingmamboの血脈を持つ馬が幅をきかせており、同じキングカメハメハ産駒のチュウワウィザードが2020年1着&2021年2着とリピーターとして活躍、2022年ジュンライトボルトがG1初制覇を飾るほか、2019年には母の父エルコンドルパサークリソベリルが3歳ながらに古馬勢を一蹴、2015年にはスズカマンボ産駒のサンビスタが牝馬によるダートG1制覇という偉業を達成している。

なお、2021年の勝ち馬テーオーケインズにおいても2代母の父がジェイドロバリーであることは興味深く、同馬のMr. Prospector、Northern Dancer、Specialから成る血統構成はKingmamboを想起させるものだろう。また、2017年1着&2019年2着&2020年2着とリピート好走したゴールドドリームはジェイドロバリーの近親にあたり、その3代母Statisticが年子の全妹であることも気にとめておきたい。

クラウンプライドは、父リーチザクラウン×母エミーズプライド(母の父キングカメハメハ)。昨年は「父または母の父がキングカメハメハ」となる馬で1~3着を占める結果となったが、そのうち2着に好走していたのが本馬となる。また、22年1着ジュンライトボルト、18年3着サンライズソア、14年3着ローマンレジェンドなど、父系祖父スペシャルウィークもレースで主要な血脈となりつつある。国内外を転戦して大崩れしない堅実さも魅力。


アイコンテーラーは、父ドゥラメンテ×母ボイルトウショウ(母の父ケイムホーム)。父は「父キングカメハメハ×2代母エアグルーヴ」となるため、昨年の勝ち馬ジュンライトボルトとはサイアーラインとボトムラインが共通。また、本馬は同年にBSN賞を勝っている実績も引き合いに出しやすいところだろう。中京競馬場は、愛知杯中日新聞杯と芝重賞でも上位争いをしてきた相性のいい舞台であり、底を見せないダートであれば更なる躍進も。

テーオーケインズは、父シニスターミニスター×母マキシムカフェ(母の父マンハッタンカフェ)。本馬は2年前の勝ち馬で、昨年も3着とクビ差の4着で入線。前述のとおり、2代母の父ジェイドロバリーの血脈を評価しやすく、ゴールドドリームの例からもリピート好走に気を配りたいタイプとなる。今年は勝利こそつかめていないものの、もとより父系は息の長い活躍をする血統であり、川崎記念帝王賞のレースぶりからも衰えは感じられない。


【血統予想からの注目馬】
クラウンプライド ⑭アイコンテーラー ④テーオーケインズ

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月3日()
ディープ記念 G2
3月2日()
チューリップ G2
オーシャンS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月25日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
48,668万円
10 セリフォス 牡5
46,879万円
» もっと見る

3歳
1 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
10,494万円
3 レガレイラ 牝3
8,278万円
4 コラソンビート 牝3
7,811万円
5 シンエンペラー 牡3
6,906万円
6 ナナオ 牝3
5,692万円
7 エコロヴァルツ 牡3
5,584万円
8 シュトラウス 牡3
5,390万円
9 ダノンデサイル 牡3
5,313万円
10 ノーブルロジャー 牡3
4,885万円
» もっと見る